【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

北海道網走市【地方公共団体・地方自治体】

網走市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、北海道網走市の紹介です。

北海道網走市のホームページ

網走市 概要・地域の情報やトピック

網走市

網走市(あばしりし)は、北海道にある市。オホーツク総合振興局所在地。 「網走」という地名は「ア・パ・シリ」(我らが見つけた土地)や「アパ・シリ」(入り口の地)、「チバ・シリ」(幣場のある島)などの諸説があって定まっていないが、いずれせよ「アパシリ」というアイヌ語を漢字にあてたものとされている。 地理 オホーツク総合振興局東部に位置し、オホーツク海に面している。丘陵地が多く、市街地は網走川河口付近とその南側に続く海岸段丘上の平地にある。北西部に能取湖、中部に網走湖、東部に濤沸湖があり、内陸部は森や農村地帯が広がり、市域は「網走国定公園」の一部となっている。美岬にあるヤチダモの木は「森の巨人たち百選」に選定され、濤沸湖は2005年(平成17年)に「ラムサール条約湿地」に登録された。能取湖や濤沸湖のサンゴ草(アッケシソウ)群落は秋になる湖岸を真っ赤に染め、卯原内のサンゴ草群生地は「日本紅葉の名所100選」に選定されている。 地勢は、網走川右岸の一部にある沖積土地帯を除きほとんど泥炭地で構成される平野で、網走湖は南から網走川が流れ込み、女満別川などを集めて北東部から再び網走川としてオホーツク海に流れている。

creative commons(wikipedia:網走市

網走市立郷土博物館

網走市立郷土博物館(あばしりしりつきょうどはくぶつかん)は、北海道網走市にある郷土博物館である。1936年(昭和11年)竣工の本館建物は、北海道を代表する建築家田上義也の設計。分館に1966年(昭和41年)に開館したモヨロ貝塚館(2013年リニューアルオープン)がある。 網走市郷土博物館は、「地方の教育、学術及び文化の発展に寄与するために郷土各般の産業、教育文化の参考資料を収集展示し、一般の閲覧に供すること(網走市郷土博物館条例第2条)」を目的に設置されている。 前身は、北見郷土館。モヨロ貝塚を発見した米村喜男衛が資料の散逸を防ぐために、住友財閥の支援を受けて設立した。後に米村自身も館長に就任している。 入館料 大人 120円 小学生及び中学生 60円 団体(20人以上) 大人96円 小学生及び中学生48円 開館時間・休館日 5月から10月まで - 午前9時から午後5時まで 11月から4月まで - 午前9時から午後4時まで 休館日 国民の祝日に関する法律に規定する休日 月曜日 12月31日から1月5日まで 所在地 本館 網走市桂町1丁目1番3号 分館「モヨロ貝塚館」 網走市北1条東2丁目 出典 外部リンク 網走市 網走市例規集座標: 北緯44度1分3.8秒 東経144度16分8秒。

creative commons(wikipedia:網走市立郷土博物館

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引