【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

北海道美深町【地方公共団体・地方自治体】

美深町 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、北海道美深町の紹介です。

北海道美深町のホームページ

美深町 概要・地域の情報やトピック

美深町

美深町(びふかちょう)は、北海道の上川地方北部に位置する町。 町名の由来はアイヌ語「ピウカ」(石の多い場所)の意。 地理 町内を南北にかけて天塩川が流れ、国道40号、宗谷本線が走る。町面積のほとんどは森林。西の天塩山地、東の北見山地に囲まれる。特別豪雪地帯。 山: 函岳(1,124m) 河川: 天塩川 湖沼: 隣接している自治体 上川総合振興局管内 名寄市 中川郡:音威子府村、中川町 雨竜郡:幌加内町 宗谷総合振興局管内 枝幸郡:枝幸町 オホーツク総合振興局管内 紋別郡:雄武町 気候 内陸性の気候で寒暖の差が激しく、冬は日本屈指の酷寒地帯であり、1月の平均気温は-9.2℃である。

creative commons(wikipedia:美深町

美深町営軌道

美深町営軌道(びふかちょうえいきどう)は、かつて北海道美深町にあった簡易軌道。 1935年に宗谷本線の美深駅から仁宇布二十五線までを結ぶ殖民軌道仁宇布線として開業。当初は馬力に頼っており、木材輸送が目的であった。 1942年には北海道庁の拓殖部殖民課から地方林課へ無償貸与し、仁宇布森林軌道となった。 1944年より蒸気機関車やガソリン機関車(戦後ディーゼル化)を投入し、近代化を図る。戦後は北海道林務部道有林課の美深林務署への所轄変更に伴い、美深森林鉄道と名乗っていた。 1956年にトラック輸送へ切り替えて木材輸送を廃止、その際に美深駅 - 仁宇布駅間以外の支線は撤去、1957年から町営になり美深町営軌道として運行を開始した。しかし、並行して日本国有鉄道の美幸線が敷設されることになり、路線が競合する部分も出てきたため、1962年に廃止となった。 路線データ 廃止時 路線距離:美深 - 仁宇布間21.516km 軌間:762mm 動力: 沿革 1935年(昭和10年)10月 運行組合の手で、美深駅 - 仁宇布駅間開業 1942年(昭和17年)3月13日 仁宇布森林軌道に変更 1944年(昭和19年) 仁宇布駅 - 三十線駅間開業 1957年(昭和32年)4月 美深町営軌道仁宇布線に変更 1963年(昭和38年)3月4日 廃止告示(実際は前年の冬到来とともに運転終了) 停留所一覧 美深駅(びふか) 七郷駅(ななごう) 辺渓駅(ぺんけ) 緑泉駅(ろくせん) 清瀬駅(きよせ) 仁宇布駅(にうぷ) 三十線駅(さんじゅっせん) 脚注および参考文献 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳 - 全線・全駅・全廃線』1 北海道、新潮社、2008年。

creative commons(wikipedia:美深町営軌道

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引