【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

北海道幌延町【地方公共団体・地方自治体】

幌延町 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、北海道幌延町の紹介です。

北海道幌延町のホームページ

幌延町 概要・地域の情報やトピック

幌延町

幌延町(ほろのべちょう)は、北海道北部、宗谷管内中部の西海岸に位置する町。 北緯45度線の通る町である。冷涼な気候を生かして、トナカイの飼育の他、ヒマラヤの青いケシ(メコノプシス)などの高山植物の栽培も行われている。海岸近くにある大風車群(オトンルイ風力発電所)の光景が、ビューポイントとなっている。「北海道総合振興局及び振興局設置条例」が施行された2010年(平成22年)4月以前までは留萌支庁の管轄区域だったが、稚内市や豊富町を始めとする旧宗谷支庁管内の自治体との結びつきが強いことから、同条例施行時に宗谷総合振興局に管轄が移動した。 1980年代から2000年ごろにかけて、原子力関連施設の誘致の是非で揺れた、いわゆる幌延問題の起こった町である。 町名の由来 アイヌ語の「ポロ・ヌプ」(大きい・野原=大平原)が「ほろのぶ」と転訛しこれに「幌延」の漢字が当てられ、さらに「ほろのべ」と転訛したもの。

creative commons(wikipedia:幌延町

幌延町営軌道

幌延町営軌道(ほろのべちょうえいきどう)は、かつて北海道幌延町にあった簡易軌道。 宗谷本線問寒別駅より、幌延町内の輸送を目的に敷設された。 1930年に、駅前から上問寒別の間で馬力の殖民軌道として開業。地域住民による運行組合を組織し、北海道庁がこれに補助金を交付、軌道の維持監督をした。 1940年に前年の問寒別川の氾濫が原因で運転休止となったが、同年に日本白金クローム鉱業株式会社が軌道を復旧させ、軍需物資として砂クローム輸送に供用されるようになる。この時、十五線から二十線及びその先の採掘場まで約4.3km延伸された。翌年、道庁、運行組合、天塩鉱業株式会社の協議により、天塩鉱業株式会社が道庁より軌道を借り受けて運営に当たった。 1942年には5tの蒸気機関車1両と、2t、5tのガソリン機関車1両ずつの計3両が導入された。なお、自走客車(気動車)は廃止まで投入されることがなかった。 砂クロームの採掘及び輸送は終戦と共に中止となったが、代わって北方産業株式会社により石炭の採掘が始まり、1947年に二十線から約3kmの炭坑用路線を延伸した。

creative commons(wikipedia:幌延町営軌道

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引