【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

北海道【全国の特別地方公共団体・広域連合一覧】

北海道庁及び特別地方公共団体・広域連合・広域行政組合

このページは、北海道特別地方公共団体・広域行政機関の紹介です。

北海道の広域行政機関・広域連合・広域行政組合のホームページ

北海道庁について・概要など

北海道庁

北海道庁(ほっかいどうちょう)は、地方公共団体である北海道の行政機関である。 1869年(明治2年) - 開拓使設置、蝦夷地を北海道と改称11国86郡を置く。 1882年(明治15年) - 開拓使を廃止、札幌県・函館県・根室県の3県を設置 1886年(明治19年) - 3県1局を廃止し、北海道庁を設置 1888年(明治21年) - 北海道庁の本庁舎(現在の赤れんが庁舎)落成 1897年(明治30年) - 北海道区制、一級町村・二級町村制公布。郡役所を廃止し、19支庁を設置 1901年(明治34年) - 第1期北海道議会議員選挙(定数35人) 1904年(明治37年) - 屯田兵条例廃止 1923年(大正12年) - 戸長役場を全廃し、町村制を施行(市6、一級町村99、二級町村155) 1947年(昭和22年) - 普通地方公共団体として北海道を設置 1958年(昭和33年) - 北海道大博覧会開催 1968年(昭和43年) - 北海道百年記念祝典開催 1972年(昭和47年) - 第11回冬季オリンピック札幌大会開催。

creative commons(wikipedia:北海道庁

北海道庁 (1886-1947)

北海道庁(ほっかいどうちょう)は、1947年まで存在した、内務省直轄の行政区画北海道を管轄する地方行政官庁である。 北海道庁長官の下に、長官官房、総務部、学務部、経済部、土木部、拓殖部、警察部が置かれ、事務を分掌した。北海道はその成立の歴史的経緯等から他の府県とは法的な位置付けが異なり、北海道地方費法(明治34年法律3号)に基づいて設置された「北海道地方費」を他の府県に準ずる公法人扱いとした。また別途に北海道会法(明治34年法律2号)があり、これに基づいて北海道会(現在の北海道議会に相当する)及び北海道参事会が設けられた。なお、これらの法令においては府県制の規定が準用される部分も多く見られた。 1869年7月8日 開拓使を設置。 1869年8月15日 それまで和人地および蝦夷地と呼称されていた地域名を北海道と改め、域内に11箇国86郡を設置。 1870年2月13日 樺太開拓使設置に伴い、北海道開拓使と改称。 1871年8月7日 樺太開拓使を統合し再び開拓使に復す。 1882年2月8日 北海道開拓使を廃止し、函館県・札幌県・根室県の3県を置く(廃使置県)。

creative commons(wikipedia:北海道庁 (1886-1947)

北海道庁長官

『北海道庁 (1886-1947)』より : 北海道庁(ほっかいどうちょう)は、1947年まで存在した、内務省直轄の行政区画北海道を管轄する地方行政官庁である。 北海道庁長官の下に、長官官房、総務部、学務部、経済部、土木部、拓殖部、警察部が置かれ、事務を分掌した。北海道はその成立の歴史的経緯等から他の府県とは法的な位置付けが異なり、北海道地方費法(明治34年法律3号)に基づいて設置された「北海道地方費」を他の府県に準ずる公法人扱いとした。また別途に北海道会法(明治34年法律2号)があり、これに基づいて北海道会(現在の北海道議会に相当する)及び北海道参事会が設けられた。なお、これらの法令においては府県制の規定が準用される部分も多く見られた。 1869年7月8日 開拓使を設置。 1869年8月15日 それまで和人地および蝦夷地と呼称されていた地域名を北海道と改め、域内に11箇国86郡を設置。 1870年2月13日 樺太開拓使設置に伴い、北海道開拓使と改称。 1871年8月7日 樺太開拓使を統合し再び開拓使に復す。 1882年2月8日 北海道開拓使を廃止し、函館県・札幌県・根室県の3県を置く(廃使置県)。

creative commons(wikipedia:北海道庁長官

北海道庁旧本庁舎

北海道庁旧本庁舎(ほっかいどうちょうきゅうほんちょうしゃ)は、かつて北海道庁の本庁舎として建築された煉瓦造りの西洋館(国の重要文化財)である。「旧道庁」や「道庁赤レンガ庁舎」、「赤レンガ」などと呼ばれ、親しまれている。 館内は北海道開拓関係資料を展示・保存する北海道立文書館等として一般に公開されているが、一部は隣接する現道庁の会議室として現在でも使用されている。北海道(道庁)にとっての象徴的存在であり、広報番組などのタイトルにしばしば「赤レンガ」が用いられている。道庁前のイチョウの並木は大正14年、勅任技師名井九介の指導により植えられたもの。 所在地 - 北海道札幌市中央区北3条西6丁目 竣工 - 1888年(明治21年) 重要文化財指定年 - 1969年(昭和44年) 設計 - 北海道庁土木課(平井晴二郎) 構造 - 煉瓦造 地上2階地下1階 デザイン - アメリカ風 ネオバロック様式 沿革 1888年(明治21年)- 赤れんが庁舎完成 1896年(明治29年)- 八角塔・換気筒撤去 1909年(明治42年)- 赤れんが庁舎火災 1911年(明治44年)- 赤れんが庁舎復旧工事完了 1924年(大正13年) - 赤れんが庁舎前の道路が近代舗装される(札幌で初めての近代舗装) 1967年(昭和42年)- 赤れんが庁舎所在地が国の史跡指定 1968年(昭和43年)- 八角塔・換気筒などの復元工事完了 1969年(昭和44年)- 赤れんが庁舎が国の重要文化財に指定 2014年(平成26年) - 赤れんが庁舎前に江別産赤れんがを敷き詰めた歩行者専用スペース「札幌市北3条広場」(愛称・アカプラ)がオープン 館内の施設 北海道立文書館(展示室、閲覧室、文書庫、事務室) 観光情報コーナー 北海道の歴史ギャラリー(北海道博物館) 樺太関係資料館 赤れんが北方領土館 記念室(旧北海道庁長官室) 会議室 脚注 関連項目 北海道・東北の史跡一覧 歴史主義建築 ドーチョくん 札幌市北3条広場 外部リンク 「赤れんが庁舎の紹介ページ」 北海道総務部総務課 北海道の公式ホームページ 北海道立文書館 赤れんが北方領土館 北海道博物館座標: 北緯43度3分50.2秒 東経141度20分52.8秒 / 北緯43.063944度 東経141.348000度 / 43.063944; 141.348000。

creative commons(wikipedia:北海道庁旧本庁舎

北海道庁赤レンガ庁舎

『北海道庁旧本庁舎』より : 北海道庁旧本庁舎(ほっかいどうちょうきゅうほんちょうしゃ)は、かつて北海道庁の本庁舎として建築された煉瓦造りの西洋館(国の重要文化財)である。「旧道庁」や「道庁赤レンガ庁舎」、「赤レンガ」などと呼ばれ、親しまれている。 館内は北海道開拓関係資料を展示・保存する北海道立文書館等として一般に公開されているが、一部は隣接する現道庁の会議室として現在でも使用されている。北海道(道庁)にとっての象徴的存在であり、広報番組などのタイトルにしばしば「赤レンガ」が用いられている。道庁前のイチョウの並木は大正14年、勅任技師名井九介の指導により植えられたもの。 所在地 - 北海道札幌市中央区北3条西6丁目 竣工 - 1888年(明治21年) 重要文化財指定年 - 1969年(昭和44年) 設計 - 北海道庁土木課(平井晴二郎) 構造 - 煉瓦造 地上2階地下1階 デザイン - アメリカ風 ネオバロック様式 沿革 1888年(明治21年)- 赤れんが庁舎完成 1896年(明治29年)- 八角塔・換気筒撤去 1909年(明治42年)- 赤れんが庁舎火災 1911年(明治44年)- 赤れんが庁舎復旧工事完了 1924年(大正13年) - 赤れんが庁舎前の道路が近代舗装される(札幌で初めての近代舗装) 1967年(昭和42年)- 赤れんが庁舎所在地が国の史跡指定 1968年(昭和43年)- 八角塔・換気筒などの復元工事完了 1969年(昭和44年)- 赤れんが庁舎が国の重要文化財に指定 2014年(平成26年) - 赤れんが庁舎前に江別産赤れんがを敷き詰めた歩行者専用スペース「札幌市北3条広場」(愛称・アカプラ)がオープン 館内の施設 北海道立文書館(展示室、閲覧室、文書庫、事務室) 観光情報コーナー 北海道の歴史ギャラリー(北海道博物館) 樺太関係資料館 赤れんが北方領土館 記念室(旧北海道庁長官室) 会議室 脚注 関連項目 北海道・東北の史跡一覧 歴史主義建築 ドーチョくん 札幌市北3条広場 外部リンク 「赤れんが庁舎の紹介ページ」 北海道総務部総務課 北海道の公式ホームページ 北海道立文書館 赤れんが北方領土館 北海道博物館座標: 北緯43度3分50.2秒 東経141度20分52.8秒 / 北緯43.063944度 東経141.348000度 / 43.063944; 141.348000。

creative commons(wikipedia:北海道庁赤レンガ庁舎

北海道庁爆破事件

『北海道道庁爆破事件』より : 北海道庁爆破事件(ほっかいどうちょうばくはじけん)とは、1976年に北海道庁舎に仕掛けられた爆弾が爆発し、2名の死者を出した事件。 事件の概要 1976年3月2日午前9時2分頃、札幌市中央区の道庁本庁舎1階ロビー西側エレベーター付近で爆発が起こり、出勤途中の職員2名が殉職、80名余りが重軽傷を負い、天井が落下するなどの被害を出した。その後、爆発したのは時限式消火器爆弾と判明。また事件当日、地下鉄大通駅のコインロッカーから「東アジア反日武装戦線」を名乗る犯行声明文が見つかった。声明は、道庁を標的にしたのは、道庁がアイヌ侵略の拠点であるとの理由からだ、としていた。 「反日闘争」を進めている人物を中心に捜査が進められ、同年8月2日、容疑者大森勝久が逮捕された。その後の家宅捜索で「反日戦線」との交友関係を示す証拠や自室内にあった工具類が発見されている。 この事件は直接証拠が見つからず、大森は黙秘を貫き、裁判では無罪を主張した。ただし、大森は犯人の残した声明文に含まれる政治思想(アイヌ革命論など)については支持するという特異な状況であった。

creative commons(wikipedia:北海道庁爆破事件

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引