【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

北海道釧路市【地方公共団体・地方自治体】

釧路市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、北海道釧路市の紹介です。

北海道釧路市のホームページ

釧路市 概要・地域の情報やトピック

釧路市

釧路市(くしろし)は、北海道東部、太平洋沿岸にある市である。 釧路地方裁判所や北海道釧路総合振興局をはじめとした道東地方を管轄する国や道の出先機関のほか、日本銀行支店が設置され、道東の政治経済の中心として役割をもつ。市町村面積としては道内で第4位となっており、また市人口も道東では最大であり道内でも第4位であるが、1984年以降人口は減少に転じており、2014年(平成26年)4月1日には全域が過疎地域に指定されている。 国際バルク戦略港湾(穀物)に選定された釧路港を持ち、製紙工場や食料品工場、医薬品製造工場、発電所などを擁する臨海工業都市である。また、道東で唯一の定期国際便が就航する釧路空港と、釧路湿原国立公園及び阿寒国立公園の2つの国立公園を市域に有する。 地理 北海道の東部太平洋側、釧路総合振興局南部に位置する。 市内を釧路川、阿寒川が流れるほか、阿寒湖、春採湖(はるとりこ)がある。旧釧路市は平地に位置するため山はほとんどなかったが、合併により、白糠町を囲むような形で西側への飛び地ができ(合併経緯参照)、北西部に旧阿寒町の雄阿寒岳などの山岳地帯を含むようになった。

creative commons(wikipedia:釧路市

釧路市こども遊学館

釧路市こども遊学館(くしろしこどもゆうがくかん)は北海道釧路市にある体験参加型の社会教育施設。科学館と児童館の機能を併せ持つ。 ‎ 釧路市青少年科学館の後継施設として、2005年7月に開館した。体験型の展示物とプラネタリウムなどの視聴覚施設を持つ。また、天体観測用ドームや望遠鏡を搭載した移動天文車「カシオペヤ号」を所有している。 運営は釧路市民文化振興財団及びNPO法人こども遊学館市民ステージがコンソーシアムを組織し、指定管理者として釧路市より委託されて行っている。理念の一つに「市民協働」を掲げ、市民ボランティアも多数参加している。 「来館者が自ら遊び、遊びを通して学ぶ」というコンセプトのため、展示についての解説表示は必要最低限にとどめている。 2006年、基本設計から実施設計まで市民が協議に参加した公共建築としての在り方が評価され、日本建築学会北海道支部が主催する第31回北海道建築賞を受賞した。また同年、ディスプレイ産業賞優秀賞(経済産業省商務情報政策局長賞)を受賞した。 年譜 前史 1963年(昭和38年)6月15日 - 前身施設 釧路青少年科学館 開館。

creative commons(wikipedia:釧路市こども遊学館

釧路市立博物館

釧路市立博物館(くしろしりつはくぶつかん)は、北海道釧路市にある博物館。 座標: 北緯42度58分27.1秒 東経144度24分12.8秒 1936年(昭和11年)7月14日に釧路市役所内の水道建設事務所2階に設けられた「釧路市立郷土博物館」が前身。 旧丸三鶴屋百貨店への臨時移設を経て、1949年(昭和24年)には鶴ヶ岱公園に当時の釧路市警察署の建物を移転・改築し、展示活動を行った。 1965年(昭和40年)に「博物館移築促進期成会」が発足。1977年(昭和52年)に「釧路市埋蔵文化財調査センター」を春採湖畔に設置、1983年(昭和58年)11月3日に建物が完成し、「釧路市立博物館」として開館した。 建物はタンチョウが翼を広げた姿をイメージして作られた。設計は釧路市出身の毛綱毅曠によるもので、1984年(昭和59年)に第36回日本建築学会賞を受賞している。 「マンモスのふみしめた大地」「タンチョウをはぐくむ釧路湿原」「海霧につつまれた自然と人びとがおりなす歴史」をテーマに、釧路の自然と歴史に関連した約4100点の展示物を取り扱っている。

creative commons(wikipedia:釧路市立博物館

釧路市動物園

釧路市動物園(くしろしどうぶつえん)は北海道釧路市阿寒町にある動物園。 1975年に開園。総敷地面積47.8haとゆったりしており、北海道最大の動物園である。(開園当時は国内最大の面積)。国内最東端の動物園でもある。動物の保護研究機関として1995年に世界で初めてシマフクロウの飼育下での繁殖に成功しており、国内唯一のシマフクロウ保護育成センターになっている。 飼育動物 シマフクロウ タンチョウ ニホンザル レッサーパンダ ホッキョクグマ グラントシマウマ コミミズク ライオン アムールトラ アルパカ バッファロー きりん アザラシ ヒグマ オラウータン チンパンジー 施設 タンチョウ保護増殖センター 釧路市丹頂鶴自然公園 釧路市阿寒国際ツルセンター 年表 1975年:開園。北海道で初めてネパールレッサーパンダ、アフリカゾウが来園。 1976年:こども動物園が完成。国内で初めてレッサーパンダ、ホッキョクギツネの繁殖に成功する。 1977年:国内で初めてアカシカ、マーモットの繁殖に成功する。 1979年:国内で初めてオタリアの繁殖に成功する。 1982年:タンチョウ保護増殖センターが完成。 1983年:国内で初めてオオハクチョウの繁殖に成功する。 1985年:国内で初めてアメリカヘラジカの繁殖に成功する。 1986年:国内で初めてゼニガタアザラシの人工保育に成功する。 1989年:国内で初めてオジロワシ、エゾフクロウ、シロフクロウの人工孵化に成功する。 1995年:国内で初めてシマフクロウの繁殖に成功する。 1999年:国内で初めてハクトウワシの繁殖に成功する。 2002年:世界で初めてクマタカの繁殖に成功する。 2004年:アムールトラが来園。 交通 釧路駅から約18 km。

creative commons(wikipedia:釧路市動物園

釧路市民球場

釧路市民球場(くしろしみんきゅうじょう)は、北海道釧路市にある野球場。 東北海道の拠点となる総合運動公園を目指して整備している釧路大規模運動公園にあり、附属球場・屋内練習場を併設している。 屋内練習場は雨天時や冬期間の練習施設として市民球場と附属球場の間に建設。地元産カラマツ材を生かした木造平屋建ての内部は人工芝で覆われており、投球練習のほかトスバッティングのような打撃練習も可能。硬式・軟式野球とソフトボールで利用することができ、マウンドの距離も少年・大人問わず対応可能で、通年利用できる有料施設となっている。 施設の老朽化による大規模な改修工事を2014年(平成26年)から行っており、北海道内初となる全面人工芝を導入する予定。釧路市は工事終了後に北海道日本ハムファイターズ1軍公式戦の再誘致を目指すとしている。 施設 釧路市民球場 利用期間:5月1日から10月10日 釧路市民球場附属球場 利用期間:5月1日から10月10日 グラウンド面積:10,290m² 両翼 92m・センター 110m 夜間照明設備完備 屋内練習場 室内床面積:324.6m² マウンド5ヶ所(人工芝) 照明14基 交通 北海道旅客鉄道(JR北海道)釧路駅からバスで約20分(「湿原の風アリーナ」バス停下車) 脚注 参考資料 “釧路市大規模運動公園体育施設条例”. 釧路市例規類集. 釧路市. 2015年12月18日閲覧。

creative commons(wikipedia:釧路市民球場

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引