【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

北海道函館市【地方公共団体・地方自治体】

函館市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、北海道函館市の紹介です。

北海道函館市のホームページ

函館市 概要・地域の情報やトピック

函館市

函館市(はこだてし)は、北海道にある市である。渡島総合振興局所在地。2005年(平成17年)10月1日に中核市へ移行した。 函館市は北海道南端の渡島半島南東部に位置し、天然の良港である函館港によって北海道と本州を結ぶ交通結節点、道南地域の中心都市として発展してきた。 毎年500万人近い観光客が訪れる観光都市となっており、市町村の魅力度ランキング調査で1位にランクインする都市になっている。フランスのタイヤメーカー、ミシュランが発行する旅行ガイド『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』では一つ星以上の星が付いている観光地が函館市内に21ある。一方で人口減少が著しく、2014年(平成26年)4月1日から市域のすべてが「過疎地域」に指定されているが、北海道新幹線の開業により微増が見込まれる。 地名の由来 室町時代の1454年(享徳3年)、津軽の豪族河野政通が宇須岸(ウスケシ、アイヌ語で「湾の端」という意味)に館を築き、形が箱に似ていることから「箱館」と呼ばれるようになった。

creative commons(wikipedia:函館市

函館市交通局

函館市企業局交通部(はこだてしきぎょうきょくこうつうぶ)は、北海道函館市の地方公営企業である函館市企業局の交通部局。軌道(路面電車、函館市電)事業を行っている。 2003年(平成15年)3月31日までは路線バス事業(函館市営バス)も行っていたが、函館バスに移管された。 事業所は、函館市駒場町15番1号。路面電車は札幌市交通局が運営している札幌市電とともに北海道遺産の一つに選ばれている。 2011年3月31日までは函館市交通局の名称であったが、水道局(現、函館市企業局上下水道部)との統合による企業局の発足により、翌4月1日から交通部門は企業局交通部となった。 1897年に下湯川村の一商人であった佐藤祐知などが起こした亀函馬車鉄道(きかんばしゃてつどう)が、東京馬車鉄道と小田原馬車鉄道(現・箱根登山鉄道)の技術指導により開業した馬車鉄道を起源とし、1913年にその路線を引き継いだ電力会社、函館水電(現・北海道電力)が電化して北海道初の路面電車として運転を開始した。

creative commons(wikipedia:函館市交通局

函館市電

『函館市交通局』より : 函館市企業局交通部(はこだてしきぎょうきょくこうつうぶ)は、北海道函館市の地方公営企業である函館市企業局の交通部局。軌道(路面電車、函館市電)事業を行っている。 2003年(平成15年)3月31日までは路線バス事業(函館市営バス)も行っていたが、函館バスに移管された。 事業所は、函館市駒場町15番1号。路面電車は札幌市交通局が運営している札幌市電とともに北海道遺産の一つに選ばれている。 2011年3月31日までは函館市交通局の名称であったが、水道局(現、函館市企業局上下水道部)との統合による企業局の発足により、翌4月1日から交通部門は企業局交通部となった。 1897年に下湯川村の一商人であった佐藤祐知などが起こした亀函馬車鉄道(きかんばしゃてつどう)が、東京馬車鉄道と小田原馬車鉄道(現・箱根登山鉄道)の技術指導により開業した馬車鉄道を起源とし、1913年にその路線を引き継いだ電力会社、函館水電(現・北海道電力)が電化して北海道初の路面電車として運転を開始した。

creative commons(wikipedia:函館市電

函館市電本線

『函館市交通局』より : 函館市企業局交通部(はこだてしきぎょうきょくこうつうぶ)は、北海道函館市の地方公営企業である函館市企業局の交通部局。軌道(路面電車、函館市電)事業を行っている。 2003年(平成15年)3月31日までは路線バス事業(函館市営バス)も行っていたが、函館バスに移管された。 事業所は、函館市駒場町15番1号。路面電車は札幌市交通局が運営している札幌市電とともに北海道遺産の一つに選ばれている。 2011年3月31日までは函館市交通局の名称であったが、水道局(現、函館市企業局上下水道部)との統合による企業局の発足により、翌4月1日から交通部門は企業局交通部となった。 1897年に下湯川村の一商人であった佐藤祐知などが起こした亀函馬車鉄道(きかんばしゃてつどう)が、東京馬車鉄道と小田原馬車鉄道(現・箱根登山鉄道)の技術指導により開業した馬車鉄道を起源とし、1913年にその路線を引き継いだ電力会社、函館水電(現・北海道電力)が電化して北海道初の路面電車として運転を開始した。

creative commons(wikipedia:函館市電本線

函館市電宝来・谷地頭線

『函館市交通局』より : 函館市企業局交通部(はこだてしきぎょうきょくこうつうぶ)は、北海道函館市の地方公営企業である函館市企業局の交通部局。軌道(路面電車、函館市電)事業を行っている。 2003年(平成15年)3月31日までは路線バス事業(函館市営バス)も行っていたが、函館バスに移管された。 事業所は、函館市駒場町15番1号。路面電車は札幌市交通局が運営している札幌市電とともに北海道遺産の一つに選ばれている。 2011年3月31日までは函館市交通局の名称であったが、水道局(現、函館市企業局上下水道部)との統合による企業局の発足により、翌4月1日から交通部門は企業局交通部となった。 1897年に下湯川村の一商人であった佐藤祐知などが起こした亀函馬車鉄道(きかんばしゃてつどう)が、東京馬車鉄道と小田原馬車鉄道(現・箱根登山鉄道)の技術指導により開業した馬車鉄道を起源とし、1913年にその路線を引き継いだ電力会社、函館水電(現・北海道電力)が電化して北海道初の路面電車として運転を開始した。

creative commons(wikipedia:函館市電宝来・谷地頭線

函館市電大森線

『函館市交通局』より : 函館市企業局交通部(はこだてしきぎょうきょくこうつうぶ)は、北海道函館市の地方公営企業である函館市企業局の交通部局。軌道(路面電車、函館市電)事業を行っている。 2003年(平成15年)3月31日までは路線バス事業(函館市営バス)も行っていたが、函館バスに移管された。 事業所は、函館市駒場町15番1号。路面電車は札幌市交通局が運営している札幌市電とともに北海道遺産の一つに選ばれている。 2011年3月31日までは函館市交通局の名称であったが、水道局(現、函館市企業局上下水道部)との統合による企業局の発足により、翌4月1日から交通部門は企業局交通部となった。 1897年に下湯川村の一商人であった佐藤祐知などが起こした亀函馬車鉄道(きかんばしゃてつどう)が、東京馬車鉄道と小田原馬車鉄道(現・箱根登山鉄道)の技術指導により開業した馬車鉄道を起源とし、1913年にその路線を引き継いだ電力会社、函館水電(現・北海道電力)が電化して北海道初の路面電車として運転を開始した。

creative commons(wikipedia:函館市電大森線

函館市電湯の川線

『函館市交通局』より : 函館市企業局交通部(はこだてしきぎょうきょくこうつうぶ)は、北海道函館市の地方公営企業である函館市企業局の交通部局。軌道(路面電車、函館市電)事業を行っている。 2003年(平成15年)3月31日までは路線バス事業(函館市営バス)も行っていたが、函館バスに移管された。 事業所は、函館市駒場町15番1号。路面電車は札幌市交通局が運営している札幌市電とともに北海道遺産の一つに選ばれている。 2011年3月31日までは函館市交通局の名称であったが、水道局(現、函館市企業局上下水道部)との統合による企業局の発足により、翌4月1日から交通部門は企業局交通部となった。 1897年に下湯川村の一商人であった佐藤祐知などが起こした亀函馬車鉄道(きかんばしゃてつどう)が、東京馬車鉄道と小田原馬車鉄道(現・箱根登山鉄道)の技術指導により開業した馬車鉄道を起源とし、1913年にその路線を引き継いだ電力会社、函館水電(現・北海道電力)が電化して北海道初の路面電車として運転を開始した。

creative commons(wikipedia:函館市電湯の川線

函館市交通局宝来・谷地線

『函館市交通局』より : 函館市企業局交通部(はこだてしきぎょうきょくこうつうぶ)は、北海道函館市の地方公営企業である函館市企業局の交通部局。軌道(路面電車、函館市電)事業を行っている。 2003年(平成15年)3月31日までは路線バス事業(函館市営バス)も行っていたが、函館バスに移管された。 事業所は、函館市駒場町15番1号。路面電車は札幌市交通局が運営している札幌市電とともに北海道遺産の一つに選ばれている。 2011年3月31日までは函館市交通局の名称であったが、水道局(現、函館市企業局上下水道部)との統合による企業局の発足により、翌4月1日から交通部門は企業局交通部となった。 1897年に下湯川村の一商人であった佐藤祐知などが起こした亀函馬車鉄道(きかんばしゃてつどう)が、東京馬車鉄道と小田原馬車鉄道(現・箱根登山鉄道)の技術指導により開業した馬車鉄道を起源とし、1913年にその路線を引き継いだ電力会社、函館水電(現・北海道電力)が電化して北海道初の路面電車として運転を開始した。

creative commons(wikipedia:函館市交通局宝来・谷地線

函館市営バス

『函館市交通局』より : 函館市企業局交通部(はこだてしきぎょうきょくこうつうぶ)は、北海道函館市の地方公営企業である函館市企業局の交通部局。軌道(路面電車、函館市電)事業を行っている。 2003年(平成15年)3月31日までは路線バス事業(函館市営バス)も行っていたが、函館バスに移管された。 事業所は、函館市駒場町15番1号。路面電車は札幌市交通局が運営している札幌市電とともに北海道遺産の一つに選ばれている。 2011年3月31日までは函館市交通局の名称であったが、水道局(現、函館市企業局上下水道部)との統合による企業局の発足により、翌4月1日から交通部門は企業局交通部となった。 1897年に下湯川村の一商人であった佐藤祐知などが起こした亀函馬車鉄道(きかんばしゃてつどう)が、東京馬車鉄道と小田原馬車鉄道(現・箱根登山鉄道)の技術指導により開業した馬車鉄道を起源とし、1913年にその路線を引き継いだ電力会社、函館水電(現・北海道電力)が電化して北海道初の路面電車として運転を開始した。

creative commons(wikipedia:函館市営バス

函館市交

『函館市交通局』より : 函館市企業局交通部(はこだてしきぎょうきょくこうつうぶ)は、北海道函館市の地方公営企業である函館市企業局の交通部局。軌道(路面電車、函館市電)事業を行っている。 2003年(平成15年)3月31日までは路線バス事業(函館市営バス)も行っていたが、函館バスに移管された。 事業所は、函館市駒場町15番1号。路面電車は札幌市交通局が運営している札幌市電とともに北海道遺産の一つに選ばれている。 2011年3月31日までは函館市交通局の名称であったが、水道局(現、函館市企業局上下水道部)との統合による企業局の発足により、翌4月1日から交通部門は企業局交通部となった。 1897年に下湯川村の一商人であった佐藤祐知などが起こした亀函馬車鉄道(きかんばしゃてつどう)が、東京馬車鉄道と小田原馬車鉄道(現・箱根登山鉄道)の技術指導により開業した馬車鉄道を起源とし、1913年にその路線を引き継いだ電力会社、函館水電(現・北海道電力)が電化して北海道初の路面電車として運転を開始した。

creative commons(wikipedia:函館市交

函館市千代台公園野球場

スタジアム名称 函館市千代台公園野球場(オーシャンスタジアム)
愛称 Hakodate Chiyogadai Baseball Stadium (Ocean Stadium)
所在地 北海道函館市千代台町22-26
開場 1950年(1994年改築)
所有者 函館市
管理・運用者 函館市文化・スポーツ振興財団(指定管理者)
グラウンド 内野:クレー舗装外野:芝 天然芝
照明 なし
設計者
使用チーム、大会 函館太洋倶楽部(社会人野球、クラブチーム)
北海道日本ハムファイターズ(日本プロ野球/パシフィックリーグ所属 プロ野球球団)
収容能力 20,000人
規模 グラウンド面積:13,650m²両翼:99.1 m中堅:122 m
フェンスの高さ
函館市千代台公園野球場(はこだてし ちよがだいこうえん やきゅうじょう)は、北海道函館市の千代台公園内にある野球場。愛称オーシャンスタジアム。施設は市が所有し、函館市文化・スポーツ振興財団が指定管理者として運営管理を行っている。

creative commons(wikipedia:函館市千代台公園野球場

函館市交通局30形電車

函館市交通局30形電車とは、1993年に復元された函館市交通局の路面電車である。
愛称は箱館ハイカラ號。
1992年(平成4年)の函館市市制施行70周年記念事業の一環として、明治から昭和初期にかけて旅客車として活躍した後にササラ電車へ改造されていた車両を1993年(平成5年)に旅客車へ復元した車両である。
1910年(明治43年)天野工場(後の「日本車輌製造東京支店」)で製作された。前身は千葉県成田市で路面電車を運行していた成宗電気軌道が1910年(明治43年)に購入した車輌であるが、この車両は同社が経営難で1918年(大正7年)に当時の函館水電(現在の北海道電力)が車両増備のため5両購入し、函館市交通局10形電車 10形の36号~40号として就役した。なお、成宗電気軌道は、1916年(大正5年)に成田電気軌道へ社名変更をしている。

creative commons(wikipedia:函館市交通局30形電車

函館市交通局500形電車

函館市交通局500形電車(はこだてしこうつうきょく500がたでんしゃ)とは、1948年(昭和23年)に登場した函館市企業局交通部(導入当時は函館市交通部、後に函館市交通局。函館市電)の路面電車車両である。 1948年に登場した、名古屋市電BLA形の流れを汲む半鋼製低床ボギー車で、札幌市電600形とも同属とされる。 登場当時は2枚引戸の3扉であったが、1963年(昭和38年)11月より中扉を締め切り、前後2扉のみを使用するようになった。1970年(昭和45年)よりワンマン化改造が行われ、前中の2扉となった(後述)。当初は装備されていなかった暖房装置も改造によって装備された。塗色は上半部マンチュアサンドライト(=ベージュ)、下半部マジュルカブルー(=ダークブルー)。函館市電では最大両数を誇ったが、近年では廃車が進み、現在では501(2代、旧番号505)と530の2両のみとなっている。 車体設計に関して 車体設計に関しては、戦前に運行されていた大型ボギー車50形や1934年(昭和9年)の函館大火の復興にあたって大火に強い半鋼製車として設計された300形を手掛けた函館市交通局の白旗譲技師が行ったものである。

creative commons(wikipedia:函館市交通局500形電車

函館市交通局9600形電車

函館市交通局9600形電車(はこだてしこうつうきょく9600けいでんしゃ)とは、2007年3月20日に営業運転を開始した函館市交通局の路面電車である。愛称はらっくる号。
函館市交通局では初の全面超低床電車 低床車。アルナ車両が開発したリトルダンサーシリーズの一つで、同シリーズでは初の2車体連接型の車両である。
函館市交通局では2002年に在来車の機器流用更新で部分低床構造の函館市交通局8100形電車 8100形1両を先行製作したが、部分低床構造には実用面での問題があったため(詳細は、同車両の記事参照)、これに続く本形式は2車体連接台車 連接(連結部に台車はない)の新造車となった。なお、交通局では、本車両を「純国産初の2連接電車」としている。
床面高さが最低360mmの低床ノンステップ構造となっており、補助スロープによって車椅子での乗降が可能である。座席は、ほぼ全面的に鉄道車両の座席 ロングシートとなっており、一部の座席をはねあげることで2台の車椅子を固定することができる。また、車内の案内表示に液晶ディスプレイを採用している。この液晶ディスプレイは、次駅や運賃などの一般的な案内のほか、映像ソフトの上映が可能であり、それを利用した映画の上映イベントが行なわれたこともある(北海道新聞2007年8月10日紙面)。

creative commons(wikipedia:函館市交通局9600形電車

函館市交通局1000形電車

函館市交通局1000形電車(はこだてしこうつうきょく1000がたでんしゃ)とは、1970年に登場した函館市交通局(現・函館市企業局交通部、函館市電)の路面電車車両である。 1970年(昭和45年)に、単車300形の置き換えのため、東京都電7000形を譲受して登場した。東京都交通局(当時は東京市電気局)からの車両導入は、1934年(昭和9年)の函館大火の際に被災した車両補充のために木造単車「ヨヘロ形」を35両を購入し200形(2代目)として就役させて以来であった。 譲受された当初はワンマン化改造は行われず、車番の書き換え及び函館市交通局の局章を取り付けた以外は、クリーム色の車体に赤帯の塗装という都電時代の姿のままでツーマン運転されていた。なお、不調車であった1010号はこの姿のまま廃車解体された。 ワンマン化に合わせ、車体色を函館市電の標準色に塗り替えたほか、車体正面の窓割りを変則2枚窓に改造や、集電装置をビューゲルからZ型パンタグラフへ載せ換え、車内暖房設置などの諸改造が行われた。

creative commons(wikipedia:函館市交通局1000形電車

函館市交通局710形電車

函館市交通局710形電車(はこだてしこうつうきょく710がたでんしゃ)とは、1959年に登場した函館市企業局交通部(導入当時は函館市交通局。函館市電)の路面電車車両である。8000形と同じく函館市電の主力車両である。 1959年に登場し、1961年までの間に14両が製造された。 車体 車体設計は700形を元にしているが、東京都電8000形の影響も受けている。前扉は2枚引戸、中扉は片開きの2扉車で、側窓は上窓Hゴム固定、下窓上昇式のいわゆる「バス窓」である。前面及び側面の窓上に方向幕を備えるが、711 - 714の初期に製造された車両には側面の窓上の方向幕は装備されていなかった。但し、側面の窓上の方向幕は現在使用されておらず、方向幕窓のガラス部分を局章と社番を表記した鉄板に置き換えている車両や、方向幕窓自体を鉄板で溶接し閉塞している車両もある。 登場時の標準塗色は上半部アイボリー、下半部アイスランドグリーンであった。本形式と同様の車体は、800形や706形でも採用された。 機器 制御方式は間接自動制御で、力行3ノッチ、ブレーキ3ノッチが刻まれる。

creative commons(wikipedia:函館市交通局710形電車

函館市千代台運動公園野球場

函館市千代台公園野球場(はこだてし ちよがだいこうえん やきゅうじょう)は、北海道函館市の千代台公園内にある野球場で、愛称は「オーシャンスタジアム」。施設は市が所有し、函館市文化・スポーツ振興財団が指定管理者として運営管理を行っている。 1950年(資料により1949年 - 1951年となっている)完成。函館など道南地区の中心的な野球場として、高校野球や社会人野球などの公式戦が行われた。函館市には社会人野球の名門クラブチームである函館太洋倶楽部(函館オーシャン倶楽部)が本拠地を置いており、本球場は同チームの試合会場や練習場としても使われていた。 この間、プロ野球公式戦も数度開催されているが、一軍の公式戦は1988年を最後に開催されなくなった。また、1966年から1978年までの間は冬季間の活用策としてフィールドをスケートリンクとして供用していた。 しかし、老朽化のため全面改築されることとなり、1994年に全面鉄骨鉄筋コンクリート造のメインスタンドが完成。フィールドも両翼99.1メートル、中堅122メートルと拡張され、プロ野球公式戦開催規格を充足。

creative commons(wikipedia:函館市千代台運動公園野球場

函館市千代台公園陸上競技場

ファイル:Hakodate Chiyogadai Park Stadium, 2009-07-18.jpg thumb 函館市千代台公園陸上競技場
函館市千代台公園陸上競技場(はこだてし・ちよがだいこうえん・りくじょうきょうぎじょう)は、北海道函館市の千代台公園内にある陸上競技場。球技場としても使用される。施設は函館市が所有し、函館市文化スポーツ振興財団が指定管理者として運営管理を行っている。
2001年に全面改修工事を実施し、日本プロサッカーリーグ Jリーグ・コンサドーレ札幌の準本拠地としての使用が開始された。このスタジアムはメインスタンドが椅子席、第3コーナーから第4コーナー(サッカーで使用する場合はホーム側)のサイドスタンドがコンクリートベンチ席、バックスタンドと第1コーナーから第2コーナー(同アウェー側)のサイドスタンドが芝生席という変則工法となっている。

creative commons(wikipedia:函館市千代台公園陸上競技場

函館市交通局8100形電車

函館市交通局8100形電車(はこだてしこうつうきょく8100がたでんしゃ)とは、2002年に登場した函館市企業局交通部(導入当時は函館市交通局。函館市電)の路面電車車両である。 1990年から1997年にかけて800形を車体更新した8000形の設計を基本とし、2002年に部分低床電車として車体更新を行い誕生した車両である。 車体構造 8000形とは異なり、8100形はバリアフリー化のため台車間の入口扉、車椅子スペース付近がノンステップ化(軌道上高さ350mm)され、中扉には電動スロープが取付けられている。また、主抵抗機及び補助電源ははノンステップ化により機器搭載場所が限られるため屋根上に新製の上で設置された。 部分低床でありながらホームとの段差をなくすほど低床化がなされたが、台車に関しては名鉄モ800形電車のような特殊な台車ではなく種車である800形から流用したものをそのまま使用しており、車内をスロープでつなぐ手法がとれなかった。

creative commons(wikipedia:函館市交通局8100形電車

函館市場

株式会社函館市場(はこだていちば)は、岡山県岡山市北区に本社を置く回転寿司店舗を運営する企業である。店舗名称は、すし処 函館市場である。また、株式会社サンマルクホールディングスの傘下でもある。 経営形態 外食産業のチェーンとして、函館市場が直営あるいはフランチャイズで展開している。店舗としては、郊外型のロードサイド立地の店が多く、無料の駐車場を備えていることがほとんどである。地下街やショッピングセンター内にも出店している。 なお、株式会社函館市場は、2006年3月1日に旧株式会社サンマルク(同日付で株式会社サンマルクカフェに商号変更)が業種ごとに分割されて発足した会社である。 回転寿司の価格の安さ、価格の透明性を保ちながら、より高級な食材を提供することを特徴とする。結果として一般の回転寿司よりは価格的に高くなるが、それでも良いという顧客を取り込み、一般寿司店と格安回転寿司店との中間層を狙っていく戦略である。 北海道のイメージを打ち出しているが、特に北海道の食材が多い訳ではない。また、「市場」と付いているが、鰊番屋や卸売市場のイメージは無く、内装は綺麗にまとめてある。

creative commons(wikipedia:函館市場

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引