【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

青森県五所川原市【地方公共団体・地方自治体】

五所川原市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、青森県五所川原市の紹介です。

青森県五所川原市のホームページ

五所川原市 概要・地域の情報やトピック

五所川原市

五所川原市(ごしょがわらし)は、青森県西部、津軽半島の中南部に位置する市である。旧市浦村域は飛地となっている。 地理 河川 - 岩木川 湖沼 - 十三湖、境野沢ため池、藤枝ため池 ダム - 小田川ダム、飯詰ダム 隣接している自治体 青森市 つがる市 北津軽郡:板柳町、鶴田町、中泊町 東津軽郡:今別町、外ヶ浜町、蓬田村 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行にともない、北津軽郡に五所川原村、栄村、中川村、三好村、長橋村、七和村、松島村、飯詰村が誕生。 1898年(明治31年)7月1日 - 五所川原村が町制施行し五所川原町となる。 1952年(昭和27年)11月26日 - 五所川原税務署襲撃事件。 1954年(昭和29年)10月1日 - 五所川原町、栄村、中川村、三好村、長橋村、松島村、飯詰村が合併し、五所川原市誕生。 1956年(昭和31年)9月30日 -北津軽郡七和村(下石川を除く)を編入する。 1956年(昭和31年)11月1日 - 北津軽郡鶴田町梅田と中泉を編入。

creative commons(wikipedia:五所川原市

五所川原市内循環100円バス

商店街循環バス(しょうてんがいじゅんかんばす)は青森県五所川原市内を運行するコミュニティバスである。 五所川原商工会議所が運営し、弘南バスが運行を受託している。 沿革 1999年4月15日 - 五所川原商工会議所が「中心市街地活性化に向けた賑わい創出事業」の一環として、「五所川原市内100円循環バス」の試行運行開始。 2000年4月1日 - 本格運行開始。 2004年5月1日 - 「新宮・若葉コース」と「一ッ谷・松島町コース」を統合・再編し、「若葉・松島町コース」の運行開始。 2008年12月25日 - 運賃を100円から120円に値上げし、「商店街循環バス」と改称。 2012年 - 車体更新と塗装変更を実施。 担当営業所 弘南バス五所川原営業所 運行経路 エルムの街直行バス 「立佞武多号」 五所川原駅前 - 布屋町 - 田町東北電力前 - 中央二丁目 - エルムの街 所要時間 - 約15分。

creative commons(wikipedia:五所川原市内循環100円バス

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引