【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

青森県八戸市【地方公共団体・地方自治体】

八戸市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、青森県八戸市の紹介です。

青森県八戸市のホームページ

八戸市 概要・地域の情報やトピック

八戸市

八戸市(はちのへし)は、青森県東南部に位置し、太平洋に面する施行時特例市であり、青森市・弘前市と共に青森県旧三市の一角を構成する都市である。 県東部を占める南部地方の中心都市であり、八戸都市圏は約33万人の人口を擁する。また商圏は隣接する岩手県北東部に及び、商圏人口は東北地方有数の約60万人を誇り、人口密度は県内1位である。港町と工業都市の2つの性格を併せ持った街である。さらに2002年(平成14年)12月には東北新幹線が八戸駅まで延伸開業し、東京駅まで最短2時間56分で結ばれた。 伝統芸能であるえんぶり(朳)および八戸三社大祭、騎馬打毬は共に国の重要無形民俗文化財に指定されている。伝統工芸品には八幡馬、八戸焼、南部姫毬などが、郷土料理には南部煎餅・八戸せんべい汁・いちご煮などがあり、お盆には「背中あて」を食べる慣習が根付いているほか、温泉・銭湯も歴史的に多く存在する都市である。

creative commons(wikipedia:八戸市

八戸市営バス

八戸市営バス(はちのへしえいバス)は、青森県八戸市の八戸市交通部が運営している公営バス。 営業所 旭ヶ丘営業所(交通部庁舎併設) 八戸市新井田小久保頭4-1 過去には新荒町に初代営業所が設置され、鮫町に車庫が設置されていた。その後初代営業所機能は大杉平に移転され新荒町支所は車庫機能のみとなった。続いて旭ヶ丘にも整備工場が設置され営業所が新設された。現在は旭ヶ丘支所も数回再編されたほか、新荒町支所や鮫町支所の機能は廃止され、大杉平支所も車庫機能のみとなった(大杉平バスセンター)。 沿革 1932年 - 八戸市営バス営業を開始。新荒町-鮫町、八戸駅(現:本八戸駅)-鮫町間を運行。 1933年 - 特定貨物自動車運送事業開始。 1935年 - 新井田まで路線免許認可。種差まで夏季遊覧バスを運行。 1938年 - 木炭バス(代用燃料車)を運用。 1943年 - 市営バス事業を五戸鉄道(現・南部バス)に統合。 1948年 - 五戸鉄道から市内路線の営業権と車両を譲り受け、市営バス事業再発足。

creative commons(wikipedia:八戸市営バス

八戸市中心部バス停留所

八戸市中心部バス停留所(はちのへしちゅうしんぶばすていりゅうじょ)とは、青森県八戸市の中心市街地にあるバス停留所である。
停留所名称は「十一日町(じゅういちにちまち)」・「八日町(ようかまち)」・「三日町(みっかまち)」がある。
八戸市中心部は旧城下町であったことから、道幅が狭く自動車交通に適しづらいことから、一方通行を採用している。その為、バスターミナルとしては市内中心部より外れた八戸駅と八戸ラピアバスターミナルがあるが、中心部では街区を挟んでバス停留所を設けることで運用を行っている。
南部バスと八戸市営バスで停留所の場所が同じ場所でも停留所名が異なったり、同じ停留所名でも行き先により乗り場が異なるので注意が必要である。

creative commons(wikipedia:八戸市中心部バス停留所

八戸市立白銀南中学校

八戸市立白銀南中学校(はちのへしりつ しろがねみなみちゅうがっこう)は、青森県八戸市大久保にある市立中学校。 沿革 1991年4月1日 - 八戸市立白銀中学校より分離独立し、八戸市立白銀南中学校新設。 1991年10月12日 - 開校落成式 1992年8月21日 - プール落成式 1993年6月2日 - 校歌発表会 2000年11月18日 - 創立10周年記念式典・祝賀会 2005年7月11日 - すこやかみなみネット創設 2010年10月8日 - 創立20周年記念式典・祝賀会 校章の由来 平成3年4月1日制定。 太平洋を望む高台に建てる八戸市立白銀南中学校。 知・徳・体の調和のとれた人格形成をめざし、次代を担う心身ともに健康な国民の育成を期する八戸市立白銀南中学校。 八戸のシンボル「うみねこ」は、豊かな心で輝く明日へ向かって雄々しく飛翔する生徒の姿である。 ゴールドライト[GOLD LIGHT]「中」は明朗さを、スカイブルー[SKY BLUE]は太平洋を象徴している。

creative commons(wikipedia:八戸市立白銀南中学校

八戸市営バス旭ヶ丘営業所

八戸市営バス旭ヶ丘営業所(はちのへしえいバスあさひがおかえいぎょうしょ)は、青森県八戸市大字新井田字小久保頭4-1にある八戸市交通部の営業所である。 大規模な営業所であり、市内の大半を運行区域としている。 また、2005年3月まではJRバス東北の八久線が営業所構内を経由していた。 所在地 青森県八戸市大字新井田字小久保頭4-1 沿革 1964年 - 旭ヶ丘団地内へ開設 1972年 - 現在地へ移転 199x年 - 国道45号拡張工事に伴い待合室を移転新築。同時期に右折時の進入方法を変更。 2004年頃 - 降車バス停を待合室脇へ移設 所管路線 (2011年10月1日現在) ※1:運行経路上の「矢印」表記は片方向のみの運行 ※2:運行経路上の「」で囲んだ停留所は一部便のみ乗り入れ ★:八戸市地域公共交通会議による「市地域公共交通連携計画」の策定に基づき、2010年4月1日以降、中心街乗り入れ路線にて「方面別ナンバリング記号」を導入している(詳細は八戸市営バス#路線ナンバリング制度を参照のこと)。

creative commons(wikipedia:八戸市営バス旭ヶ丘営業所

八戸市立根城中学校

校名=八戸市立根城中学校
国公私立=公立学校
設置者=八戸市
学区=
併合学校=
校訓=
設立年月日=
創立記念日=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
郵便番号=039-1166
所在地=青森県八戸市根城5丁目11-42
電話番号=0178-22-2065
FAX番号=0178-71-1308
八戸市立根城中学校(はちのへしりつねじょうちゅうがっこう)は、青森県八戸市根城 (八戸市) 根城に位置する市立中学校。
:若鷲に見立てた「中」の字が木の根から飛び立つ様子をデザインしたもの。正式な校章である。
:イチョウの葉の中に「中」の字が描かれている。サブバックやリュックに描かれているサブ校章である。

creative commons(wikipedia:八戸市立根城中学校

八戸市立轟木小学校

八戸市立 轟木小学校(はちのへしりつ とどろきしょうがっこう)は、青森県八戸市にある公立小学校。その他の轟木小学校として、岩手県山田町に山田町立轟木小学校がある。(2006年12月現在)
所在地 - 八戸市大字市川町字和野22番地4
電話番号 - 0178-52-3458
八戸市指定避難所 収容人数約500人
1876年(明治9年)5月 - 「轟木小学」創立
※創立時の住所は現在の八戸市大字市川町字高丁場99番地。(当時の住所は三戸郡市川村字高丁場99番地)
1887年(明治20年)4月 - 「轟木尋常小学校」に変更。
1897年(明治30年)4月 - 「轟木尋常高等小学校」に変更。
1948年(昭和23年)4月 - 水目沢分校を設置。
1951年(昭和26年)4月 - 水目沢分校を分離独立。(現在の八戸市立桔梗野小学校)

creative commons(wikipedia:八戸市立轟木小学校

八戸市営バス大杉平営業所

八戸市営バス大杉平バスセンター(はちのへしえいバスおおすぎたいバスセンター)は、青森県八戸市大字糠塚字大杉平にある八戸市交通部のバスセンターである。 比較的古くからある中規模のバスセンターである。かつては八戸市営バス大杉平営業所であった。 所在地 青森県八戸市大字糠塚字大杉平1-1 沿革 1959年 - 現在地へ開設 2012年3月末 - 老朽化のため閉鎖・旭ヶ丘営業所へ統合、同地はバスプール化・窓口の乗車券販売業務は回数券のみに縮小(詳細は八戸市営バス#八戸市営バス事業経営健全化計画を参照) 2012年4月1日-八戸市営バス大杉平バスセンターに名称変更。 所管路線 (2011年10月1日現在) ※1:運行経路上の「矢印」表記は片方向のみの運行 ※2:運行経路上の「」で囲んだ停留所は一部便のみ乗り入れ ★:八戸市地域公共交通会議による「市地域公共交通連携計画」の策定に基づき、2010年4月1日以降、中心街乗り入れ路線にて「方面別ナンバリング記号」を導入している(詳細は八戸市営バス#路線ナンバリング制度を参照のこと)。

creative commons(wikipedia:八戸市営バス大杉平営業所

八戸市立図南小学校

八戸市立図南小学校(はちのへしりつ となんしょうがっこう)は、青森県八戸市にある公立小学校。
所在地 - 青森県八戸市大字糠塚字大開4-1
電話番号 - 0178(44)4661
八戸市指定避難所 - 収容人数 550人
1979年 - 開校
長者地区にある大杉平・二ツ屋・休場・笹子・鍛冶畑
1部学区外のところもあり(白山台→一部の人)
八戸市
青森県の公立小学校
八戸市の学校 となんしようかつこう

creative commons(wikipedia:八戸市立図南小学校

八戸市交通部

『』より : 八戸市営バス(はちのへしえいバス)は、青森県八戸市の八戸市交通部が運営している公営バス。 営業所 旭ヶ丘営業所(交通部庁舎併設) 八戸市新井田小久保頭4-1 過去には新荒町に初代営業所が設置され、鮫町に車庫が設置されていた。その後初代営業所機能は大杉平に移転され新荒町支所は車庫機能のみとなった。続いて旭ヶ丘にも整備工場が設置され営業所が新設された。現在は旭ヶ丘支所も数回再編されたほか、新荒町支所や鮫町支所の機能は廃止され、大杉平支所も車庫機能のみとなった(大杉平バスセンター)。 沿革 1932年 - 八戸市営バス営業を開始。新荒町-鮫町、八戸駅(現:本八戸駅)-鮫町間を運行。 1933年 - 特定貨物自動車運送事業開始。 1935年 - 新井田まで路線免許認可。種差まで夏季遊覧バスを運行。 1938年 - 木炭バス(代用燃料車)を運用。 1943年 - 市営バス事業を五戸鉄道(現・南部バス)に統合。 1948年 - 五戸鉄道から市内路線の営業権と車両を譲り受け、市営バス事業再発足。

creative commons(wikipedia:八戸市交通部

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引