【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

青森県鶴田町【地方公共団体・地方自治体】

鶴田町 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、青森県鶴田町の紹介です。

青森県鶴田町のホームページ

鶴田町 概要・地域の情報やトピック

鶴田町

鶴田町(つるたまち)は、青森県津軽平野にある町である。また、「スチューベン」(ぶどうの品種)の生産量が日本一である。 地理 山 高山 河川 岩木川 湖沼 津軽富士見湖(廻堰大溜池) 隣接している自治体 五所川原市 弘前市 つがる市 北津軽郡:板柳町 人口 沿革 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により鶴田村、強巻村、大巻村、大性村、菖蒲川村、鶴泊村が合併して鶴田村が発足。 1941年(昭和16年)10月1日 - 鶴田村が町制施行して鶴田町となる。なお、北津軽郡内での町制施行は、当町が最後である。 1955年(昭和30年)3月1日 - 鶴田町が梅沢村、六郷村、西津軽郡水元村と合併し、改めて鶴田町が発足。 1956年(昭和31年)11月1日 - 大字梅田、中泉が五所川原市に編入。 1958年(昭和33年)11月1日 - 大字石野、野中が板柳町に編入。 行政 町長:相川正光(1期、任期:2014年(平成26年)8月20日) - ) 前青森県議会議員 中野掔司(1929年(昭和4年)11月7日生)・前町長は、1974年8月町議会議員から町長選挙に立候補し初当選して以降、2010年8月1日に行われた町長選挙まで10期連続当選。

creative commons(wikipedia:鶴田町

鶴田町 (鹿児島県)

『さつま町』より : 鶴田町(つるだちょう)は、かつて鹿児島県薩摩郡に存在した町である。2005年3月22日に宮之城町、薩摩町と合併、さつま町となった。 1889年4月1日 - 町村制が施行されたのに伴い、鶴田村が成立する。 1963年4月1日 - 鶴田村が町制施行。鶴田町が誕生する。 2005年3月22日 - 宮之城町、薩摩町と新設合併し、さつま町となる。 地域 教育 = 中学校 = 鶴田町立鶴田中学校 = 小学校 = 鶴田町立鶴田小学校 鶴田町立柏原小学校 鶴田町立紫尾小学校 交通 道路 国道267号 鉄道 町の廃止時点では存在せず。

creative commons(wikipedia:鶴田町 (鹿児島県)

鶴田町 (青森県)

自治体名=鶴田町
区分=村
都道府県=青森県
支庁=
郡=北津軽郡
コード=02384-1
面積=46.39
境界未定=
人口=15,695)
人口の時点=2004年10月31日
隣接自治体=五所川原市、弘前市、つがる市、北津軽郡板柳町
木=マツ
花=リンゴ
シンボル名=町の鳥
鳥など=タンチョウ

creative commons(wikipedia:鶴田町 (青森県)

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引