【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

青森県平内町【地方公共団体・地方自治体】

平内町 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、青森県平内町の紹介です。

青森県平内町のホームページ

平内町 概要・地域の情報やトピック

平内町

平内町(ひらないまち)は、青森県東津軽郡の夏泊半島に位置する町である。 ホタテ養殖の発祥地。夏泊半島の他白鳥の飛来地である浅所海岸や夜越山スキー場など自然レジャー・観光施設が多い。 地理 町の東西を貫く国道4号、青い森鉄道線(旧・東北本線)の沿線付近に人口が集中する。小湊川の下流にある小湊周辺には町役場が置かれている。町の南部は山地になっている。 河川:小湊川、清水川(水源の森百選青垣の山) 隣接している自治体 青森市 上北郡:野辺地町、東北町、七戸町 名前の由来 平内という名前の由来は、アイヌ語のピラ・ナイからといわれている。ピラは崖を意味し、ナイは川を意味する。峡谷を流れる川という意味がある。 1889年(明治22年)4月1日 - 村制施行により、中平内村、東平内村、西平内村がそれぞれ誕生。 1928年(昭和3年)10月1日 - 中平内村が小湊町として町制施行。 1955年(昭和30年)3月31日 - 小湊町、東平内村、西平内村の1町2村が合併して、平内町が誕生する。

creative commons(wikipedia:平内町

平内町民バス狩場沢線

『平内町民バス』より : 平内町民バス(ひらないちょうみんバス)は、青森県東津軽郡平内町を走る廃止代替の自治体バスである。一部の路線は青森市・上北郡野辺地町にも乗り入れる。 平内町内のバスは元々、青森市に本社を置いていた青森バスによって、青森市内から運行されていた。1954年に青森市営バスに買収され、平内側からの効率的な運用を行うために1959年10月1日に青森市交通部小湊営業所(平内町大字沼館字沼館尻1番地)が設置された。1979年12月1日には現在地(平内町大字沼館字家岸142番地)に移転した。 その後、平内町内の過疎化が進み利用者の減少が目に見えてきた。特に青森市内への直通便は、並行するJR東北本線より軒並み運賃が高かったことから利用者は減少していた。そのため1994年4月1日改正で青森市営バスの中野(現・平内中野) - マリンパーク浅虫(現・浅虫水族館通り)間を休止。下北交通に路線を譲渡し、平内町による欠損補助を前提とした下北交通小湊線(野辺地・清水川 - 浅虫温泉・青森)の運行を開始した。

creative commons(wikipedia:平内町民バス狩場沢線

平内町民バス東田沢線

『平内町民バス』より : 平内町民バス(ひらないちょうみんバス)は、青森県東津軽郡平内町を走る廃止代替の自治体バスである。一部の路線は青森市・上北郡野辺地町にも乗り入れる。 平内町内のバスは元々、青森市に本社を置いていた青森バスによって、青森市内から運行されていた。1954年に青森市営バスに買収され、平内側からの効率的な運用を行うために1959年10月1日に青森市交通部小湊営業所(平内町大字沼館字沼館尻1番地)が設置された。1979年12月1日には現在地(平内町大字沼館字家岸142番地)に移転した。 その後、平内町内の過疎化が進み利用者の減少が目に見えてきた。特に青森市内への直通便は、並行するJR東北本線より軒並み運賃が高かったことから利用者は減少していた。そのため1994年4月1日改正で青森市営バスの中野(現・平内中野) - マリンパーク浅虫(現・浅虫水族館通り)間を休止。下北交通に路線を譲渡し、平内町による欠損補助を前提とした下北交通小湊線(野辺地・清水川 - 浅虫温泉・青森)の運行を開始した。

creative commons(wikipedia:平内町民バス東田沢線

平内町民バス茂浦線

『平内町民バス』より : 平内町民バス(ひらないちょうみんバス)は、青森県東津軽郡平内町を走る廃止代替の自治体バスである。一部の路線は青森市・上北郡野辺地町にも乗り入れる。 平内町内のバスは元々、青森市に本社を置いていた青森バスによって、青森市内から運行されていた。1954年に青森市営バスに買収され、平内側からの効率的な運用を行うために1959年10月1日に青森市交通部小湊営業所(平内町大字沼館字沼館尻1番地)が設置された。1979年12月1日には現在地(平内町大字沼館字家岸142番地)に移転した。 その後、平内町内の過疎化が進み利用者の減少が目に見えてきた。特に青森市内への直通便は、並行するJR東北本線より軒並み運賃が高かったことから利用者は減少していた。そのため1994年4月1日改正で青森市営バスの中野(現・平内中野) - マリンパーク浅虫(現・浅虫水族館通り)間を休止。下北交通に路線を譲渡し、平内町による欠損補助を前提とした下北交通小湊線(野辺地・清水川 - 浅虫温泉・青森)の運行を開始した。

creative commons(wikipedia:平内町民バス茂浦線

平内町民バス童子・松野木線

『平内町民バス』より : 平内町民バス(ひらないちょうみんバス)は、青森県東津軽郡平内町を走る廃止代替の自治体バスである。一部の路線は青森市・上北郡野辺地町にも乗り入れる。 平内町内のバスは元々、青森市に本社を置いていた青森バスによって、青森市内から運行されていた。1954年に青森市営バスに買収され、平内側からの効率的な運用を行うために1959年10月1日に青森市交通部小湊営業所(平内町大字沼館字沼館尻1番地)が設置された。1979年12月1日には現在地(平内町大字沼館字家岸142番地)に移転した。 その後、平内町内の過疎化が進み利用者の減少が目に見えてきた。特に青森市内への直通便は、並行するJR東北本線より軒並み運賃が高かったことから利用者は減少していた。そのため1994年4月1日改正で青森市営バスの中野(現・平内中野) - マリンパーク浅虫(現・浅虫水族館通り)間を休止。下北交通に路線を譲渡し、平内町による欠損補助を前提とした下北交通小湊線(野辺地・清水川 - 浅虫温泉・青森)の運行を開始した。

creative commons(wikipedia:平内町民バス童子・松野木線

平内町民バス

平内町民バス(ひらないちょうみんバス)は、青森県東津軽郡平内町を走る廃止代替の自治体バスである。一部の路線は青森市・上北郡野辺地町にも乗り入れる。 平内町内のバスは元々、青森市に本社を置いていた青森バスによって、青森市内から運行されていた。1954年に青森市営バスに買収され、平内側からの効率的な運用を行うために1959年10月1日に青森市交通部小湊営業所(平内町大字沼館字沼館尻1番地)が設置された。1979年12月1日には現在地(平内町大字沼館字家岸142番地)に移転した。 その後、平内町内の過疎化が進み利用者の減少が目に見えてきた。特に青森市内への直通便は、並行するJR東北本線より軒並み運賃が高かったことから利用者は減少していた。そのため1994年4月1日改正で青森市営バスの中野(現・平内中野) - マリンパーク浅虫(現・浅虫水族館通り)間を休止。下北交通に路線を譲渡し、平内町による欠損補助を前提とした下北交通小湊線(野辺地・清水川 - 浅虫温泉・青森)の運行を開始した。

creative commons(wikipedia:平内町民バス

平内町民バスよごしやま環状線

『平内町民バス』より : 平内町民バス(ひらないちょうみんバス)は、青森県東津軽郡平内町を走る廃止代替の自治体バスである。一部の路線は青森市・上北郡野辺地町にも乗り入れる。 平内町内のバスは元々、青森市に本社を置いていた青森バスによって、青森市内から運行されていた。1954年に青森市営バスに買収され、平内側からの効率的な運用を行うために1959年10月1日に青森市交通部小湊営業所(平内町大字沼館字沼館尻1番地)が設置された。1979年12月1日には現在地(平内町大字沼館字家岸142番地)に移転した。 その後、平内町内の過疎化が進み利用者の減少が目に見えてきた。特に青森市内への直通便は、並行するJR東北本線より軒並み運賃が高かったことから利用者は減少していた。そのため1994年4月1日改正で青森市営バスの中野(現・平内中野) - マリンパーク浅虫(現・浅虫水族館通り)間を休止。下北交通に路線を譲渡し、平内町による欠損補助を前提とした下北交通小湊線(野辺地・清水川 - 浅虫温泉・青森)の運行を開始した。

creative commons(wikipedia:平内町民バスよごしやま環状線

平内町民バス浅虫温泉線

『平内町民バス』より : 平内町民バス(ひらないちょうみんバス)は、青森県東津軽郡平内町を走る廃止代替の自治体バスである。一部の路線は青森市・上北郡野辺地町にも乗り入れる。 平内町内のバスは元々、青森市に本社を置いていた青森バスによって、青森市内から運行されていた。1954年に青森市営バスに買収され、平内側からの効率的な運用を行うために1959年10月1日に青森市交通部小湊営業所(平内町大字沼館字沼館尻1番地)が設置された。1979年12月1日には現在地(平内町大字沼館字家岸142番地)に移転した。 その後、平内町内の過疎化が進み利用者の減少が目に見えてきた。特に青森市内への直通便は、並行するJR東北本線より軒並み運賃が高かったことから利用者は減少していた。そのため1994年4月1日改正で青森市営バスの中野(現・平内中野) - マリンパーク浅虫(現・浅虫水族館通り)間を休止。下北交通に路線を譲渡し、平内町による欠損補助を前提とした下北交通小湊線(野辺地・清水川 - 浅虫温泉・青森)の運行を開始した。

creative commons(wikipedia:平内町民バス浅虫温泉線

平内町民バス稲生線

『平内町民バス』より : 平内町民バス(ひらないちょうみんバス)は、青森県東津軽郡平内町を走る廃止代替の自治体バスである。一部の路線は青森市・上北郡野辺地町にも乗り入れる。 平内町内のバスは元々、青森市に本社を置いていた青森バスによって、青森市内から運行されていた。1954年に青森市営バスに買収され、平内側からの効率的な運用を行うために1959年10月1日に青森市交通部小湊営業所(平内町大字沼館字沼館尻1番地)が設置された。1979年12月1日には現在地(平内町大字沼館字家岸142番地)に移転した。 その後、平内町内の過疎化が進み利用者の減少が目に見えてきた。特に青森市内への直通便は、並行するJR東北本線より軒並み運賃が高かったことから利用者は減少していた。そのため1994年4月1日改正で青森市営バスの中野(現・平内中野) - マリンパーク浅虫(現・浅虫水族館通り)間を休止。下北交通に路線を譲渡し、平内町による欠損補助を前提とした下北交通小湊線(野辺地・清水川 - 浅虫温泉・青森)の運行を開始した。

creative commons(wikipedia:平内町民バス稲生線

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引