【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

青森県六戸町【地方公共団体・地方自治体】

六戸町 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、青森県六戸町の紹介です。

青森県六戸町のホームページ

六戸町 概要・地域の情報やトピック

六戸町

六戸町(ろくのへまち)は、青森県上北郡の東南部に位置した町である。一面が平坦な地形にて形成されており、目立った高山・湖沼はない。十和田湖を源流とする奥入瀬川が東西を流れ、流域には水田が広がる。積雪は多くなく年間を通して穏やかな気候である。 地理 上北郡の東南部に位置する。町の南部の東西を十和田湖を源流とする奥入瀬川が流れる。 中北部は、三本木原と呼ばれる台地であり、奥入瀬川から十和田市法量にて分岐した人工河川・稲生川(三本木原用水路)が、東流している。 北部の三沢市との境界付近には、姉沼川の支流も流れている。 古来、「六戸」という地名は、単独の村の呼称ではなく、現六戸町域以外のおいらせ町や三沢市南部も含めた、奥入瀬川(旧称・相坂川)流域一帯を指した呼称であったという説がある。 1889年(明治22年)4月1日:町村制施行に伴い、折茂村、柳町村、小平村、鶴喰村、犬落瀬村、上吉田村、下吉田村の7箇村合併により上北郡六戸村成立。

creative commons(wikipedia:六戸町

六戸町民バス

六戸町民バス(ろくのへちょうみんバス)は青森県上北郡六戸町が運行する自治体バスである。 運行概要 運転日 第2・第4土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日 - 1月3日)は全便運休。第1・第3・第5土曜日と春休み(3月27日 - 4月6日)・夏休み(7月22日 - 8月23日)・冬休み(12月24日 - 28日、1月4日 - 14日)期間の平日は一部の便のみ運転。なお、冬季(11月 - 3月)は一部路線の最終便で時刻が30分程度繰り上がる。 運賃(使用料) 町民バスでは運賃のことを「使用料」と呼んでいる。 大人100円、子供50円 大人回数券(11枚綴り)1,000円、子供回数券(22枚綴り)1,000円 十和田観光電鉄の通目木線・鉄道代替線などの六戸町内区間も、事前に回数券を購入することで町民バスと同額での利用が可能(役場ホームページでは「民営路線バス」と表記している)。

creative commons(wikipedia:六戸町民バス

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引