【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

岩手県【地方公共団体・地方自治体】

岩手県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、岩手県の紹介です。

岩手県のホームページ

岩手県 概要・地域の情報やトピック

岩手県

岩手県(いわてけん)は、東北地方に属する日本の都道府県の一つ。県庁所在地は盛岡市。 東北地方の北部(北東北)に所在し、北は青森県、西は秋田県、南は宮城県と境界を接している。面積は15,275.01km²で、日本の都道府県としては、北海道に次いで2番目に広い。県の人口およそ130万人のうち、100万人以上(7割強)は、内陸部の北上盆地に集中している。盆地と海岸部以外は山地や丘陵地が多く、緑豊かな県である。 藩制時代は、現在の岩手県の前身にあたる地域伊達藩北部と南部藩南東部で構成されていた(このため県内において、呼称としての「南部」は地理的な意味とは逆に県北部を指す場合がある)。また、岩手県内で陸前に該当する地域は釜石以南の三陸地方のみである。南部(県北)地域は陸中に当たる。 「岩手」の名称は、県庁の置かれた盛岡市の所属郡名「岩手郡」に由来する。その起源については、「住民の悪鬼追討の祈りに対し、人々の信仰を集めて『三ツ石さま』と呼ばれていた大岩(三ツ石の神、現:三ツ石神社)がそれを懲罰し、二度とこの地を荒らさないという鬼の確約を岩の上に手形で残させた」という故事に倣うとされる。

creative commons(wikipedia:岩手県

岩手県の廃止市町村一覧

岩手県の廃止市町村一覧(いわてけんのはいししちょうそんいちらん)は岩手県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:江刺町→江刺市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:好地村→石鳥谷町)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:岩手県の廃止市町村一覧

岩手県立宮古工業高等学校

岩手県立 宮古工業高等学校(いわてけんりつ みやここうぎょうこうとうがっこう)は、岩手県宮古市赤前にある本州最東端に位置すると自称する県立の工業高等学校(本州最東端の魹ヶ埼をもつ宮古市の中にあって、その最も東にあることから)。 男女共学だが、圧倒的に男子が多い。 沖縄県宮古島の沖縄県立宮古工業高等学校とは同名校交流を行っている。 設置課程 全日制 機械科(創立〜) 電気電子科(2006年度〜) 建築設備科(2006年度〜) 部活動 校内規定により、生徒全員が何らかのクラブに所属する事に決まっている。 文化部 アマチュア無線部 1993年度コンテスト初参加。電気科実習棟屋上に各種アンテナを設置できるように専用アンテナマスト(地上14m)3基が造られたが、部員の資格取得状況に応じてアンテナが設置されたり撤去されたりしている(電波法)。2005年度、無線免許を持つ最後の生徒が卒業することとなったが、2月末に1年生4名が資格取得したため、アンテナは残っている。

creative commons(wikipedia:岩手県立宮古工業高等学校

岩手県立盛岡北高等学校

岩手県立盛岡北高等学校(いわてけんりつ もりおかきたこうとうがっこう, Iwate Prefectural Morioka Kita High School)は、岩手県滝沢市にある高校。略称は「北高」(きたこう)、「盛北」(もりきた)。 岩手県教育委員会が進める高校改革で定員削減を受け、1学年280名となった(2006年度)。かつては進学実績向上のために「0校時」を実施していた。 歴史 1974年(昭和49年)に開校した。2009年(平成21年)に創立35周年を迎えた。設立の経緯 本校設立まで、盛岡地域には普通科高校が少なかった。高校入学難を緩和するものとして1973年12月設立が決まり、わずか4ヵ月でスピード開校した。開校がいかに急であったかを示す逸話として、開校当時同校で使われた公文書等には、まだ同校のロゴ入りの書類用紙等が印刷できていなかったため、他校のロゴが入った公文書が使われていたエピソードが残っている。

creative commons(wikipedia:岩手県立盛岡北高等学校

岩手県出身の人物一覧

岩手県出身の人物一覧(いわてけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、岩手県出身の人物の一覧表である。
原敬(第19代内閣総理大臣):盛岡市
斎藤実(第30代内閣総理大臣):奥州市
米内光政(第37代内閣総理大臣):盛岡市
東條英機(第40代内閣総理大臣):盛岡市(※出生地は東京市)
鈴木善幸(第70代内閣総理大臣):山田町
田子一民(第33代衆議院議長):盛岡市
阿部千一(岩手県知事一覧 岩手県知事):花巻市
工藤巌(岩手県知事、元衆議院議員、元盛岡市長)
国分謙吉(岩手県知事)
達増拓也 (岩手県知事、元衆議院議員):盛岡市
千田正(岩手県知事、元参議院議員):金ケ崎町
中村直(岩手県知事):紫波町
浅野史郎(宮城県知事一覧#日本国憲法下における公選知事 宮城県知事):大船渡市

creative commons(wikipedia:岩手県出身の人物一覧

岩手県を舞台にした映画作品

『岩手県』より : 岩手県(いわてけん)は、東北地方に属する日本の都道府県の一つ。県庁所在地は盛岡市。 東北地方の北部(北東北)に所在し、北は青森県、西は秋田県、南は宮城県と境界を接している。面積は15,275.01km²で、日本の都道府県としては、北海道に次いで2番目に広い。県の人口およそ130万人のうち、100万人以上(7割強)は、内陸部の北上盆地に集中している。盆地と海岸部以外は山地や丘陵地が多く、緑豊かな県である。 藩制時代は、現在の岩手県の前身にあたる地域伊達藩北部と南部藩南東部で構成されていた(このため県内において、呼称としての「南部」は地理的な意味とは逆に県北部を指す場合がある)。また、岩手県内で陸前に該当する地域は釜石以南の三陸地方のみである。南部(県北)地域は陸中に当たる。 「岩手」の名称は、県庁の置かれた盛岡市の所属郡名「岩手郡」に由来する。その起源については、「住民の悪鬼追討の祈りに対し、人々の信仰を集めて『三ツ石さま』と呼ばれていた大岩(三ツ石の神、現:三ツ石神社)がそれを懲罰し、二度とこの地を荒らさないという鬼の確約を岩の上に手形で残させた」という故事に倣うとされる。

creative commons(wikipedia:岩手県を舞台にした映画作品

岩手県の県道一覧

岩手県の県道一覧(いわてけんのけんどういちらん)は、岩手県を通る県道の一覧である。 主要地方道 1 盛岡横手線(秋田県道と共通だが秋田県側は国道107号と重複) 2 盛岡停車場線(旧国道4号。盛岡市役所方面への東行きは平日7:00-9:00と17:00-18:30バスレーン規制) 3 一関停車場線 4 釜石港線(旧国道45号) 5 一戸山形線 6 二戸五日市線(旧・二戸安代線) 7 久慈岩泉線 8 水沢米里線(旧・水沢人首住田線) 9 大船渡綾里三陸線(旧国道45号) 10 江刺室根線 11 八戸大野線(青森県道と共通、青森県八戸市内に一方通行区間あり) 12 花巻大曲線(秋田県道と共通。

creative commons(wikipedia:岩手県の県道一覧

岩手県道

『岩手県の県道一覧』より : 岩手県の県道一覧(いわてけんのけんどういちらん)は、岩手県を通る県道の一覧である。 主要地方道 1 盛岡横手線(秋田県道と共通だが秋田県側は国道107号と重複) 2 盛岡停車場線(旧国道4号。盛岡市役所方面への東行きは平日7:00-9:00と17:00-18:30バスレーン規制) 3 一関停車場線 4 釜石港線(旧国道45号) 5 一戸山形線 6 二戸五日市線(旧・二戸安代線) 7 久慈岩泉線 8 水沢米里線(旧・水沢人首住田線) 9 大船渡綾里三陸線(旧国道45号) 10 江刺室根線 11 八戸大野線(青森県道と共通、青森県八戸市内に一方通行区間あり) 12 花巻大曲線(秋田県道と共通。

creative commons(wikipedia:岩手県道

岩手県立盛岡第一高等学校

岩手県立盛岡第一高等学校(いわてけんりつ もりおかだいいちこうとうがっこう, Iwate Prefectural Morioka Daiichi High School)は、岩手県盛岡市上田三丁目にある県立高等学校。 歴史 同校の起源は1880年(明治13年)に創設された「公立岩手中學校」に端を発し、県内の高等学校の中では岩手県立盛岡農業高等学校に次ぐ歴史を有する。2010年(平成22年)に創立130周年を迎えた。設置課程・学科 (2010年度(平成22年度)募集まで) 全日制課程 2学科 普通科(1組~7組) 理数科(8組)2007年度(平成19年度)から、1年次は全日制普通・理数科に改変(括り募集)。2年次から、普通科(7クラス)または理数科(1クラス)を選択する。設置課程・学科 (2011年度(平成23年度)募集から) 全日制課程 2学科 普通科(1組~6組) 理数科(7組)2年次から、普通科(6クラス)または理数科(1クラス)を選択する。

creative commons(wikipedia:岩手県立盛岡第一高等学校

岩手県立盛岡第一高校

『岩手県立盛岡第一高等学校』より : 岩手県立盛岡第一高等学校(いわてけんりつ もりおかだいいちこうとうがっこう, Iwate Prefectural Morioka Daiichi High School)は、岩手県盛岡市上田三丁目にある県立高等学校。 歴史 同校の起源は1880年(明治13年)に創設された「公立岩手中學校」に端を発し、県内の高等学校の中では岩手県立盛岡農業高等学校に次ぐ歴史を有する。2010年(平成22年)に創立130周年を迎えた。設置課程・学科 (2010年度(平成22年度)募集まで) 全日制課程 2学科 普通科(1組~7組) 理数科(8組)2007年度(平成19年度)から、1年次は全日制普通・理数科に改変(括り募集)。2年次から、普通科(7クラス)または理数科(1クラス)を選択する。設置課程・学科 (2011年度(平成23年度)募集から) 全日制課程 2学科 普通科(1組~6組) 理数科(7組)2年次から、普通科(6クラス)または理数科(1クラス)を選択する。

creative commons(wikipedia:岩手県立盛岡第一高校

岩手県交通

岩手県交通株式会社(いわてけんこうつう)は、岩手県盛岡市に本社を置くバス事業者である。岩手県北自動車(県北バス)とともに岩手県を代表するバス事業者で、盛岡市以南の市町村で路線バスや花巻空港への空港連絡バスを運行する。 前身は戦時統合により発足した岩手中央バス(中央バス)・花巻バス・岩手県南バス(県南バス)の3社である。1960年代以降のモータリゼーションの波を受けて利用者減少により経営が悪化、3社中2社が会社更生法の適用を申請しており、賃金遅配によるストライキが頻発した。1976年の合併後も合理化は進まなかったが、1986年に国際興業の傘下に入ってからは業績も上向きとなり、高速バス路線展開もうまく作用して単年度黒字を計上するまでになった。近年では盛岡市近郊の輸送改善にも積極的である。通称は「県交通」(けんこうつう)または「岩交」(いわこう)。保有車両数は2012年8月現在、計577両(乗合車両525、貸切車両52)。 沿革 本節では、単に「県」と表記した場合は岩手県をさすものとする。

creative commons(wikipedia:岩手県交通

岩手県小学校一覧

岩手県小学校一覧(いわてけんしょうがっこういちらん)は、岩手県に現在存在する小学校の一覧。 国立小学校 盛岡広域振興圏 = 盛岡市 = 岩手大学教育学部附属小学校 公立小学校 盛岡広域振興圏 = 盛岡市 = = 八幡平市 = = 滝沢市 = = 岩手郡 = = 紫波郡 = 県南広域振興圏 = 奥州市 = = 一関市 = = 花巻市 = = 北上市 = = 遠野市 = = 和賀郡 = = 胆沢郡 = = 西磐井郡 = 沿岸広域振興圏 = 釜石市 = = 宮古市 = = 大船渡市 = = 陸前高田市 = = 気仙郡 = = 上閉伊郡 = = 下閉伊郡 = 県北広域振興圏 = 久慈市 = = 二戸市 = = 九戸郡 = = 二戸郡 = 私立小学校 盛岡広域振興圏 = 盛岡市 = 盛岡白百合学園小学校 関連項目 学校記事一覧 岩手県高等学校一覧 岩手県中学校一覧 岩手県幼稚園一覧 岩手県小学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:岩手県小学校一覧

岩手県立大学

岩手県立大学(いわてけんりつだいがく、英語: Iwate Prefectural University)は、岩手県滝沢市巣子152番地52に本部を置く日本の公立大学である。1998年に設置された。大学の略称は県立大・県大(岩手県内の略称)、IPU。 大学全体 第6代岩手県知事の増田寛也が、前知事工藤巌の提唱した「県立大学構想」を引き継ぎ、1998年に開学させた。設立当初の設置者は岩手県で、キャンパスは岩手郡滝沢村の岩手県畜産試験場跡地に建設された。初代学長には、民間教育臨調会長で教育基本法の改正論者でもある西澤潤一(当時東北大学総長)を招聘した。 2005年度に地方独立行政法人化され、現在の設置者は公立大学法人岩手県立大学である。 建学の理念 建学の理念については、同大ホームページに詳しい。なお、建学の精神は「素心知困」である。 学風および特色 実業界から多くの教員を集め、抽象的な学術研究よりも「実学」中心の布陣である。

creative commons(wikipedia:岩手県立大学

岩手県立盛岡短期大学

『岩手県立大学』より : 岩手県立大学盛岡短期大学部(いわてけんりつだいがくもりおかたんきだいがくぶ、英語: Morioka Junior College, Iwate Prefectural University)は、岩手県滝沢市巣子152-52に本部を置く日本の公立大学である。1951年に設置された。大学の略称は盛岡短大。 大学全体 かつて岩手県立盛岡短期大学として盛岡市住吉町1-48にキャンパスが置かれていたが、岩手県立大学開学に伴い岩手郡滝沢村(現滝沢市)に移転され県立大学併設の短期大学となり、学科体制が2学科と1学科2専攻から、従来の1学科2専攻と新設1学科として再編され現在にいたっている。盛岡市の旧キャンパス跡地は現在岩手県林業公社が利用している。 教育および研究 全国の短大でも数少ない国際文化学科が設置されている。英語ほか中国語やハングル語・ロシア語などがあり東北地方では数少ないものとなっている。 学風および特色 岩手県立大学に併設された短大であるため、キャンパスは大学と共用である。

creative commons(wikipedia:岩手県立盛岡短期大学

岩手県立宮古短期大学

『岩手県立大学』より : 岩手県立大学(いわてけんりつだいがく、英語: Iwate Prefectural University)は、岩手県滝沢市巣子152番地52に本部を置く日本の公立大学である。1998年に設置された。大学の略称は県立大・県大(岩手県内の略称)、IPU。 大学全体 第6代岩手県知事の増田寛也が、前知事工藤巌の提唱した「県立大学構想」を引き継ぎ、1998年に開学させた。設立当初の設置者は岩手県で、キャンパスは岩手郡滝沢村の岩手県畜産試験場跡地に建設された。初代学長には、民間教育臨調会長で教育基本法の改正論者でもある西澤潤一(当時東北大学総長)を招聘した。 2005年度に地方独立行政法人化され、現在の設置者は公立大学法人岩手県立大学である。 建学の理念 建学の理念については、同大ホームページに詳しい。なお、建学の精神は「素心知困」である。 学風および特色 実業界から多くの教員を集め、抽象的な学術研究よりも「実学」中心の布陣である。

creative commons(wikipedia:岩手県立宮古短期大学

岩手県北自動車

岩手県北自動車株式会社(いわてけんぽくじどうしゃ、英語: Northern Iwate Transportation Inc.)は、岩手県の盛岡市、宮古市を主たる営業エリアとするバス会社である。 岩手県交通とともに岩手県を代表するバス事業者である。 岩手県北部の事業者が戦時統合により設立された。1978年より運行開始した106急行バス以降、高速路線を積極的に展開する。またバス事業のみならず宮古市の浄土ヶ浜を中心に観光船事業も展開する。 沿革 創業期から戦時統合まで 岩手県に初めてバスが走ったのは、1912年に盛岡と宮古を結んだ盛宮自動車で、その前身は1906年からこの区間に馬車を運行していた盛宮馬車である。徒歩で約3日かかっていたものが馬車で12時間に、さらにバスとなったことで8時間に短縮されたという。バス輸送の黎明期において、100kmに及ぶ長距離運転を行っていたことが特筆される。イタリア製の20人乗りの大型自動車を4台導入していたが、当時の宮古街道はかなりの悪路で、とても大型自動車の運行ができるような道路ではなく、1916年には新渡戸稲造を乗せたバスが転覆するという事故も発生している。

creative commons(wikipedia:岩手県北自動車

岩手県北バス

『岩手県北自動車』より : 岩手県北自動車株式会社(いわてけんぽくじどうしゃ、英語: Northern Iwate Transportation Inc.)は、岩手県の盛岡市、宮古市を主たる営業エリアとするバス会社である。 岩手県交通とともに岩手県を代表するバス事業者である。 岩手県北部の事業者が戦時統合により設立された。1978年より運行開始した106急行バス以降、高速路線を積極的に展開する。またバス事業のみならず宮古市の浄土ヶ浜を中心に観光船事業も展開する。 沿革 創業期から戦時統合まで 岩手県に初めてバスが走ったのは、1912年に盛岡と宮古を結んだ盛宮自動車で、その前身は1906年からこの区間に馬車を運行していた盛宮馬車である。徒歩で約3日かかっていたものが馬車で12時間に、さらにバスとなったことで8時間に短縮されたという。バス輸送の黎明期において、100kmに及ぶ長距離運転を行っていたことが特筆される。イタリア製の20人乗りの大型自動車を4台導入していたが、当時の宮古街道はかなりの悪路で、とても大型自動車の運行ができるような道路ではなく、1916年には新渡戸稲造を乗せたバスが転覆するという事故も発生している。

creative commons(wikipedia:岩手県北バス

岩手県出身の有名人一覧

岩手県出身の人物一覧(いわてけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する岩手県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 首相経験者 原敬(第19代内閣総理大臣):盛岡市 斎藤実(第30代内閣総理大臣):奥州市水沢区 米内光政(第37代内閣総理大臣):盛岡市 東條英機(第40代内閣総理大臣):盛岡市(※出生地は東京市) 鈴木善幸(第70代内閣総理大臣):山田町議長経験者 田子一民(第33代衆議院議長):盛岡市 = その他の主な政治家 = 後藤新平(台湾総督府民政長官、満鉄初代総裁、逓信大臣、内務大臣、外務大臣、東京市市長):奥州市水沢区 小沢佐重喜(衆議院議員、運輸大臣、逓信大臣、郵政大臣、電気通信大臣、建設大臣、行政管理庁長官、北海道開発庁長官):奥州市水沢区 椎名悦三郎(商工次官、軍需次官、衆議院議員、内閣官房長官、通商産業大臣、外務大臣、自由民主党・政調会長、総務会長、副総裁):奥州市水沢区 千田正(参議院議員、岩手県知事):金ケ崎町 佐々木洋平(衆議院議員):一関市 志賀節(衆議院議員、環境庁長官) 高橋嘉信(衆議院議員、小沢一郎の秘書):奥州市胆沢区 玉澤徳一郎(衆議院議員、防衛庁長官、農林水産大臣):宮古市 工藤堅太郎(参議院議員):洋野町 菊池長右ェ門(衆議院議員):宮古市 山田揆一(仙台市長):一関市 深沢晟雄(沢内村長)民選知事 国分謙吉(初代岩手県知事) 阿部千一(第2代岩手県知事):花巻市 千田正(第3代岩手県知事、元参議院議員):金ケ崎町 中村直(第4代岩手県知事):紫波町 工藤巌(第5代岩手県知事、元衆議院議員、元盛岡市長) 達増拓也 (第7代岩手県知事、元衆議院議員):盛岡市 浅野史郎(宮城県知事):大船渡市現職国会議員 衆議院議員 階猛(民・岩手1区):盛岡市 鈴木俊一 (自・岩手2区、外務副大臣、元環境大臣) :山田町 黄川田徹(民・岩手3区):陸前高田市 小沢一郎(生・岩手4区、党共同代表、元自治大臣、国家公安委員会委員長、自由民主党幹事長、新生党代表幹事、新進党党首、自由党党首、民主党代表代行、民主党代表、民主党幹事長、国民の生活が第一代表):奥州市水沢区(※出生地は東京市) 畑浩治(生・東北比例):久慈市 藤原良信(生・東北比例):大船渡市 穀田恵二(共・近畿比例、国会対策委員長):奥州市水沢区(※選挙区は京都1区) 参議院議員 平野達男(無・岩手県選挙区、元復興大臣):北上市  主濱了(生・岩手県選挙区):滝沢市 行田邦子(無・埼玉県選挙区、元みどりの風代表代行・国会対策委員長):遠野市政治運動家 鈴木東民 軍人 板垣征四郎 陸軍大将、陸軍大臣 及川古志郎 海軍大将 斎藤実 海軍大将、海軍大臣、ジュネーブ海軍軍縮会議主席全権、総理大臣 東條英教 陸軍中将、東條英機の実父 栃内曽次郎 海軍大将 山屋他人 海軍大将 米内光政 海軍大将、連合艦隊司令長官、海軍大臣、総理大臣 多田武雄 海軍中将(事実上最後の海軍次官) 官僚 阿部美樹志 及川昭伍 及川耕造(特許庁長官) 小松正之 法曹 岡原昌男(第8代最高裁判所長官):奥州市水沢区 吉田瑞彦(弁護士、日本弁護士連合会理事):奥州市水沢区 文化人 僧侶 水無昭善(祥炎山不動院住職):久慈市 記者 横川省三 学者 芦東山(儒学者) 阿部美樹志 伊能嘉矩(人類学者、民族学者) 大槻玄沢(蘭学者) 大槻磐渓(漢学者、儒学者) 大槻文彦(国語学者) 大村幸弘(考古学者) 小田中聰樹(法学者) 小野清一郎(法学者) 小野寺直助(医学者) 小原一男(生物学者) 加藤哲郎(政治学者) 加藤寛(経済学者) 菊地正幸(地震学者) 木村泰賢 金田一京助(言語学者、民族学者) 菊池武夫(法学者) 岸田袈裟(栄養学者、JICA専門家) 熊谷清一郎(機械工学、エンジン燃焼研究の権威) 島善鄰(農学者) 佐々木信夫(行政学者) 佐々木喜善(民族学者) 佐藤昌介(農学者) 鈴木正朝(法学者) 高野長英(江戸時代後期の医者、蘭学者) 高橋富雄(歴史学者) 高山宏(評論家) 建部清庵(医学者、蘭学者) 田中館愛橘(物理学者、地球科学者) 鄭大均 那珂通世(歴史学者、東洋史学者) 夏井高人(法学者) 新渡戸稲造(教育者、農学者) 森嘉兵衛(歴史学者) 箕作省吾(地理学者) 山折哲雄 山田晟(法学者) 画家 及川豪鳳 萬鉄五郎 佐々木精治郎 佐藤圀夫 村田林藏 作家 評論家 伊藤政則 神山睦美 菊池清麿 菊池久 後藤和智 斎藤環 高橋勇夫 ジャーナリスト 新井直之 及川仁 小松沢陽一 千田善 松田賢弥 山口光 俳人・詩人・歌人・書家 石川啄木 大西民子 小笠原鳥類 小田島孤舟 城戸朱理 嵯峨直樹 佐藤通雅 白石公子 巽聖歌 富田砕花 村上昭夫 山口青邨 山崎和賀流 写真家 畠山直哉 みやこうせい 渡辺克巳 彫刻家 舟越保武 舟越桂 ギター製作家 水原洋 漫画家 イラストレーター 鴨沢祐仁 なかだえり 中村龍徳  川村敏江 グラフィックデザイナー 工藤強勝 小島良平 福田繁雄 名久井直子 アニメーション関係者 桑畑絹子 千葉道徳 映画監督 及川拓郎 大友啓史 古新舜 佐藤嗣麻子 志村正浩 相米慎二 高橋栄樹 田口哲 脚本家 浅沼晋太郎 奥寺佐渡子 上野火山 山田典枝 高屋敷英夫 作詞家・作曲家 瀬川英史 柴田晃一 巽聖歌 鳥取春陽 八木澤教司 四方章人 日下歩睦 仲邑かおる 杜丘 俊 潟丘 悠 星 吉昭 佐藤将展 アナウンサー NHK(現在所属の放送局などは各人物の項目を参照すること) 阿部渉(奥州市) 伊藤博英(遠野市) 佐藤龍文(花巻市)IBC岩手放送 神山浩樹(花巻市) 菊池幸見(遠野市) 田中康男(奥州市 現:県南支社長) 照井健(花巻市 アナウンス部専任部長) 吉田瑞穂(紫波郡紫波町 現:テレビ局編成業務部所属)テレビ岩手 高橋美佳(滝沢市 北日本放送より移籍) 古舘友華(盛岡市)岩手めんこいテレビ 高橋裕二(宮古市)岩手朝日テレビ 山田理(盛岡市、現在はアナウンサー以外の部署に所属、青森ケーブルテレビより移籍)県外の局アナ 秋山博子(盛岡市、青森放送) 小笠原亘(北上市、TBS) 小田島卓生(北上市、東海テレビ) 加藤真輝子(久慈市、テレビ朝日) 北田牧子(盛岡市、元NHK盛岡・NHK仙台契約キャスター→秋田朝日放送)  佐々木佑花(盛岡市、北海道放送) 白澤奈緒子(滝沢市、元JNNニュースバードキャスター→東日本放送・現在は他部署に異動) 鈴木耕治(奥州市、エフエム青森)  卓田和広(宮古市、北海道放送) 立花麻理(盛岡市、TVQ九州放送) 千田淳一(一関市、福島テレビ・報道部記者) 津田禎(奥州市、青森テレビ)  名久井麻利(盛岡市、東北放送) 松原稜典(花巻市、宮城テレビ放送)フリー・元職 赤平大(盛岡市、フリー・ザ・ユニバース所属、元テレビ東京) 石田麻衣(紫波郡紫波町 フリー、元IBC岩手放送) 及川暁(盛岡市、岩手朝日テレビ・ラジオNIKKEIなどの競馬実況アナウンサー) 大橋都希子(滝沢市、旧姓「佐々木」、フリー・オフィス・ラダーズ所属、元中部日本放送、元FM岩手パーソナリティー、東京在住) 小笠原佐弥(盛岡市、フリー、「IBCラジオ競馬中継」アシスタント、岩手県内民放テレビのレポーター) 小田島建夫(北上市、元栃木放送) 小野礼子(奥州市、フリー、元テレビ山口) 斉藤光子(盛岡市、フリー、元FM石川) 佐藤茜(一関市、フリー、元北陸放送→元イーグルベイ所属) 鈴木直志(北上市、元テレビ岩手) 菅原牧子(陸前高田市、日本大学芸術学部放送学科特任教授、元TBS) 鈴木智恵(盛岡市、気象予報士・気象キャスター、元FM岩手アナウンサー、元NHK仙台放送局・私立TBC気象台気象キャスター) 大徳絵里(盛岡市、フリー・ホリプロ所属、元東北放送→元圭三プロダクション所属)  高橋佳代子(盛岡市、フリー、元テレビ岩手、日本テレビ系「午後は○○おもいッきりテレビ」でアシスタントを務めた) 高橋圭三(花巻市、元NHK→フリー、圭三プロダクション創設者) 千葉絢子(西磐井郡平泉町、元岩手めんこいテレビ) 千葉星子(岩手郡岩手町 「月刊acute」モデル、IBCテレビ「じゃじゃじゃTV」リポーター) 土村萌(盛岡市、元IBC岩手放送) 戸田信子(二戸郡一戸町、元IBC岩手放送→TBSに出向→フリー→IBCに復職→アナウンサーを引退) 南部広美(花巻市、フリー・TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」アシスタント、元日本短波放送→J-WAVEニュース担当アナウンサー) 野口あきこ(本名:野口亜紀子、一関市、フリー、元青森放送) 北條愁子(奥州市、フリー・圭三プロダクション所属、元テレビ金沢→テレビユー福島) 村上まゆこ(盛岡市、フリー、元ニッポン放送) 矢羽々恵匡(盛岡市、元青森放送→テレビ静岡) 米澤絹(盛岡市、フリー、ローカルタレント、モラドカンパニー所属、「きぬ」として活動) 六華亭遊花(本名:川野目江里子、遠野市、落語家、NHK仙台放送局・東北放送ラジオパーソナリティー) 鷲塚由美子(盛岡市、FM岩手北上支局員として番組に出演、元東北放送ラジオカーリポーター) その他の文化人 円舘金 - 天文学愛好家 大村公二 - 特殊メイクアーティスト 岡田真奈美 - 花巻市、ロハスナビゲーター、環境ナビゲーター、気象キャスター、食育インストラクター、ラジオパーソナリティー きくち伸 - フジテレビジョンプロデューサー 姉帯俊之 - 元IBC岩手放送プロデューサー、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、エッセイスト、(株)SP代表取締役 ケンジ・ステファン・スズキ - 環境活動家 小松千寿子 - ゲームシナリオライター ジョヴァンニ安東 - (一関市)芸術家(サイバーゲージツ家) 鈴木裕 - ゲームクリエイター 千田幸信 - スクウェア・エニックス取締役 中津川昴 - 超常現象研究家 碑文谷創 - 葬送ジャーナリスト 村井達雄 - 映像ディレクター(nicographics) 吉田由美 - タレント、モデル、自動車評論家 芸能人 アイドル 演歌歌手 音楽家 声優 タレント 相沢なほこ 安東あゆか イズミ(123☆45) きくち教児 倉本剛(ロケット団) 菊地秀規(いつもここから) 酒井くにお・とおる 高松知美 田山真美子 長澤喜稔(マキシマムパーパーサム) ばうんど 畠山達也(ガスマスクガール) 福田萌 ふじポン 三又又三(元ジョーダンズ) 山川恵里佳  岩手蛍 俳優 舞踊家 モデル 落語家 スポーツ選手 野球 = 現役選手 = 畠山和洋(東京ヤクルトスワローズ内野手):花巻市 銀次(東北楽天ゴールデンイーグルス内野手):下閉伊郡普代村 佐藤千尋(ノース・レイア内野手・外野手):金ヶ崎町 阿部寿樹(中日ドラゴンズ内野手):一関市 菊池雄星(埼玉西武ライオンズ投手):盛岡市 風張蓮(東京ヤクルトスワローズ投手):九戸村 大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ投手・外野手):奥州市 岸里亮佑(北海道日本ハムファイターズ外野手):久慈市 高橋樹也(広島東洋カープ投手):花巻市 = 元選手・指導者・関係者 = 獅子内謹一郎(アマチュア野球選手、「岩手野球の父」と呼ばれた) 久慈次郎(大日本東京野球倶楽部捕手、主将 第1回野球殿堂入り):盛岡市 煤孫伝(元・大東京ライオン):花巻市 鈴木銀之助(元・広島カープ内野手) 小田野柏(元・高橋ユニオンズ外野手):一戸町 沢藤光郎(元・近鉄パールス投手) 白坂長栄(元・大阪タイガース内野手):一戸町 岩崎哲郎(元・国鉄スワローズ捕手):二戸市 円子宏(元・南海ホークス投手) 阿部雄厚(元・近鉄バファローズ投手) 立花照人(元・阪急ブレーブス捕手) 及川宣士(元・太平洋クラブライオンズ投手):釜石市 泉沢彰(元・西鉄ライオンズ投手) 小笠原正一(元・阪神タイガース外野手) 阿部成宏(元・近鉄バファローズ外野手) 佐々木剛 (元・東映フライヤーズ外野手):釜石市 佐々木茂(元・ヤクルトアトムズ投手) 上森合直幸(元・ロッテオリオンズ投手) 樋沢良信(元・読売ジャイアンツ内野手):久慈市 瀬戸和則(元・ヤクルトスワローズ投手):釜石市 神農清治(元・ロッテオリオンズ外野手) 鈴木弘規(元・読売ジャイアンツ投手) 鈴木正幸(元・ヤクルトスワローズ投手) 田鎖博美(元・西武ライオンズ投手) 欠端光則(元・ロッテオリオンズ→横浜大洋ホエールズ・横浜ベイスターズ投手):二戸市 小田英明(日本ハムファイターズ捕手) 高島覚(元・中日ドラゴンズ→福岡ダイエーホークス投手):一関市 山蔭徳法(元・日本ハムファイターズ投手) 太田貴(元・阪神タイガース投手):盛岡市 猪久保吾一(元・千葉ロッテマリーンズ捕手) 高橋幸二 (元・中日ドラゴンズ投手、内野手) 木立章成(元・阪神タイガース内野手):北上市 志田宗大(元・東京ヤクルトスワローズ外野手):大船渡市 木村正太(元・読売ジャイアンツ投手):一関市 三浦翔太(元・福岡ソフトバンクホークス投手):大槌町 下沖勇樹(元・福岡ソフトバンクホークス投手):二戸市 サッカー = Jリーグ = 小笠原満男(鹿島アントラーズ):盛岡市 飯尾一慶(横浜FC):奥州市 松田賢太(グルージャ盛岡):大船渡市 山本脩斗(鹿島アントラーズ):盛岡市 林勇介(グルージャ盛岡):盛岡市 藤嶋洸(グルージャ盛岡):八幡平市 藤村慶太(ベガルタ仙台):盛岡市 久保海都(グルージャ盛岡):盛岡市 谷村憲一(グルージャ盛岡):盛岡市 = JFL・地域リーグ・日本女子サッカーリーグ = 大谷哲也(塩釜FCヴィーゼ):盛岡市 下屋敷恒太郎(SC鳥取ドリームス): 高橋臣徳(TDK親和会):北上市 宮川葉月(伊賀フットボールクラブくノ一): 山形雄介(佐川印刷SC):盛岡市 岩清水梓(日テレ・ベレーザ):滝沢市 宮川美乃(福岡J・アンクラス): 橋場貴之(横河武蔵野フットボールクラブ):久慈市 吉田吏玖(ソニー仙台FC): 中村楓(アルビレックス新潟レディース):岩手町 = 元選手・指導者・関係者 = 工藤孝一(元サッカー日本代表監督):岩手町 八重樫茂生(元古河電気工業サッカー部):花巻市 斎藤重信(盛岡商業高等学校サッカー部監督):盛岡市 古前田充(元ベルマーレ平塚監督):盛岡市 瀬田竜彦(元日立製作所サッカー部):盛岡市 千田善(元サッカー日本代表監督イビチャ・オシム通訳):奥州市 三浦俊也(元ヴァンフォーレ甲府監督):釜石市 吉田暢(元グルージャ盛岡監督):紫波町 五十嵐和也(元ジェフユナイテッド市原) 岩渕弘幹(元川崎フロンターレユース監督):釜石市 菊池新吉(川崎フロンターレGKコーチ):遠野市 奥友敏朗(元鹿島アントラーズ) 藤原寿徳(ジェフユナイテッド市原・千葉GKコーチ) 菊池忍(湘南ベルマーレフィジカルコーチ):奥州市 平聡(元ベガルタ仙台):花巻市 千葉恵二(元清水エスパルス) 根子達也(元横浜FC):花巻市 菊池直喜(元ジュビロ磐田):遠野市 菊池利三(元東京ヴェルディ1969):遠野市 佐々木仁(元ベルマーレ平塚) 今野章(川崎フロンターレU-18監督):大船渡市 鳴尾直軌(グルージャ盛岡監督):岩泉町 佐藤大実(元サガン鳥栖):紫波町 斉藤乙(元水戸ホーリーホック):盛岡市 中村学(元ベガルタ仙台):盛岡市 照井篤(元湘南ベルマーレ):遠野市 中田洋介(元ベガルタ仙台):大船渡市 福士徳文(元ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ):盛岡市 森本華江(元TEPCOマリーゼ):滝沢市 赤塚京介(元FC大阪): フットサル 渡辺幸彦(元ステラミーゴいわて花巻コーチ): 浅利真(元ステラミーゴいわて花巻、元日本代表): 小原謙吾(元ステラミーゴいわて花巻): 山谷紘大(元ステラミーゴいわて花巻): 倉沢飛輝(元ステラミーゴいわて花巻):盛岡市 千葉裕也(元ステラミーゴいわて花巻、U-24日本代表):紫波町 内村俊太(湘南ベルマーレフットサルクラブ、日本代表):盛岡市 佐々木諒(湘南ベルマーレフットサルクラブ) ラグビー 笹田学 小野寺政人(釜石シーウェイブス) 佐々木天晃(元釜石シーウェイブス) 洞口孝治(元新日鉄釜石ラグビー部、元日本代表) 千田美智仁(元新日鉄釜石ラグビー部、元日本代表):北上市 高橋善幸(釜石シーウェイブスGM):花巻市 山内智一(元三洋電機ワイルドナイツ):宮古市 北條純一(元サントリーサンゴリアス、元日本代表):奥州市 三浦健博(釜石シーウェイブスヘッドコーチ): 大槌町 山口貴豊(元クボタスピアーズ、元日本代表) 阿部博典(クボタスピアーズ):紫波町 佐々木和樹(釜石シーウェイブス):紫波町 渡邊太生(東芝ブレイブルーパス):北上市 細川進(元釜石シーウェイブス):紫波町 合澤英旦(釜石シーウェイブス):釜石市 金野新(元釜石シーウェイブス):釜石市 瀬川貴久(元サントリーサンゴリアス):花巻市 バスケットボール 三浦祐司(元NKKシーホークス) 近藤雄治(元仙台89ERS) 山本吉昭(元岩手ビッグブルズ):滝沢市 斉藤資(元大阪エヴェッサ):九戸村 長谷川武(元オーエスジーフェニックス東三河) 斎藤智美(三菱電機コアラーズ) 川村卓也(和歌山トライアンズ・日本代表):盛岡市 千葉慎也(岩手ビッグブルズ):奥州市 長谷川技(東芝ブレイブサンダース神奈川) 田中舘洸(元岩手ビッグブルズ):二戸市 澤口誠(青森ワッツ):釜石市 小野寺祥太(岩手ビッグブルズ):一関市 バレーボール 吉田清司(FC東京バレーボールチーム総監督):盛岡市 栗生澤淳一(JTサンダーズ部長 元日本代表):大船渡市 及川英香(元トヨタ車体クインシーズ):一関市 高橋賢行(つくばユナイテッドSun GAIA):滝沢市 熊谷更紗(残波WINGS):盛岡市 鈴木未来(元PFUブルーキャッツ):奥州市 佐々木美麗(日立リヴァーレ):花巻市 高橋沙織(日立リヴァーレ):北上市 細川絢加(日立リヴァーレ):盛岡市 ハンドボール 佐藤良彦(大崎オーソルコーチ) 武藤崇之 上町史織(北國銀行ハニービー、日本代表):盛岡市 長野かづさ(元ソニーセミコンダクタ九州BLUE SAKUYA、元日本代表):盛岡市 藤田東吾(豊田合成ブルーファルコン) 錦織新(ソニーセミコンダクタ九州BLUE SAKUYA、日本代表) ホッケー 西田範次(富士大学ホッケー部総監督):盛岡市 小澤和幸(名古屋フラーテル、ホッケー男子日本代表):岩手町 長岡俊輔(名古屋フラーテル、ホッケー男子日本代表) 小沢みさき(北京オリンピックホッケー女子日本代表):岩手町 田中泉樹(ロンドンオリンピックホッケー女子日本代表):岩手町 卓球 藤井基男:花巻市 今野安子 ソフトボール 藤原麻起子(日立ソフトウェア女子ソフトボール部、日本代表):一関市 藤野遥香(トヨタ自動車女子ソフトボール部、日本代表):一関市 ゴルフ 日蔭温子:岩手町 陸上競技 大井利江(円盤投 アテネパラリンピック銀メダリスト、北京パラリンピック銅メダリスト):洋野町 佐々木七恵(マラソン 第5回東京国際女子マラソン優勝、第6回名古屋国際女子マラソン優勝):大船渡市 那須川瑞穂(マラソン 東京マラソン2009優勝):奥州市 水泳競技 高橋馨(シンクロナイズドスイミング アトランタオリンピック銅メダリスト) スキー 三ヶ田礼一(ノルディック複合 アルベールビルオリンピック金メダリスト) 永井秀昭(ノルディック複合):八幡平市 小林潤志郎(ノルディック複合):八幡平市 フィギュアスケート 佐藤洸彬:盛岡市 カーリング 苫米地美智子:二戸市 大相撲 = 力士 = 宮城山福松(第29代横綱):一関市 前田川克郎(元関脇):奥州市 宮錦浩(元小結):宮古市 栃乃花仁(元小結):久慈市・旧山形村 柏戸秀剛(元前頭):洋野町 及川煌久(元前頭):奥州市 花光節夫(元前頭):八幡平市 若ノ海正照(元前頭):花巻市 影虎和彦(元前頭):軽米町 福ノ里邦男(元十両):軽米町 外ヶ濱信行(元幕下):二戸市 四ツ車大八(元十両):花巻市 錦木徹也(十両):盛岡市 = 行司 = 木村庄之助 (27代):盛岡市 木村晃之助:一関市 柔道 三船久蔵:久慈市 昆野睦武:久慈市 川村禎三:矢巾町 柏崎克彦: 日蔭暢年:宮古市 レスリング 工藤章(モントリオールオリンピック銅メダリスト) 岩間怜那 ウエイトリフティング 長谷場久美:釜石市 ボクシング 小原佳太:北上市 木村久:花巻市 伊藤八郎: 瀬川設男:山田町 大雅アキラ:北上市 八重樫東(WBA世界ミニマム級王者):北上市 佐藤洋太(WBC世界スーパーフライ級王者):盛岡市 八重樫剛(1994年広島アジア大会金メダリスト):花巻市 キックボクシング 藤原敏男(日本人初のムエタイ世界王者):宮古市 空手 金澤弘和 平野雅龍:北上市 総合格闘技 加藤誠:一関市 徹肌ィ郎:奥州市 扇久保博正:久慈市 プロレスラー 赤城マリ子(全日本女子プロレス):盛岡市 石川修司(ユニオンプロレス):奥州市 伊東竜二(大日本プロレス):滝沢市 エル・サムライ(新日本プロレス):花巻市 お船chan(KAIENTAI-DOJO):宮古市 大向美智子(全日本女子プロレス):久慈市 剣舞(みちのくプロレス):北上市 佐々木大地(みちのくプロレス):滝沢市 佐々木貴(プロレスリングFREEDOMS):一関市 ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス):盛岡市 TAKAみちのく(KAIENTAI-DOJO):盛岡市 西川潤 (プロレスラー)(健介office):盛岡市 HIROKI(KAIENTAI-DOJO):盛岡市 藤原喜明(新日本プロレス):北上市 房総ボーイ雷斗(KAIENTAI-DOJO): ミラノ・コレクションA.T(新日本プロレス):盛岡市 YAMATO(DRAGON GATE):一関市 レーシングドライバー 前田剛秀(SUPER GT):盛岡市 佐々木雅弘(スーパー耐久):矢巾町 三浦和樹 競馬 石川夏子 伊藤裕人 大庭和弥(JRA):久慈市 小西喜蔵:盛岡市 小林俊彦(岩手競馬):奥州市 小嶋久輝:奥州市 斉藤澄子:盛岡市 佐々木亜紀 佐々木修一 佐藤雅彦 沢田盛夫利:二戸市 菅原勲(岩手競馬):奥州市 菅原俊吏:奥州市 関本浩司:盛岡市 高橋三郎 高橋哲也 高橋優子 高橋悠里: 高松亮:北上市 千葉四美 南郷家全;盛岡市 村上忍: 山本聡哉:葛巻町 山本政聡:葛巻町 自転車競技 猿館貢(現 高等学校教諭) 竹花敏:滝沢市 藤田晃三 = 競輪選手 = 阿部良二:紫波町 及川裕奨:奥州市 大宮政志:滝沢市 加藤善行(元 高等学校教諭) 佐々木一昭:花巻市 佐藤友和:花巻市 競艇 菊地孝平 中澤和志 漕艇 佐藤翔 (ボート選手):北上市 その他 実業家 菊池恩恵(株式会社コムネット代表取締役) 熊谷史人(ライブドア元代表取締役) 郷古潔(三菱重工業社長、東條内閣顧問) 鈴木孝夫(エス・イー・シーエレベーター株式会社代表取締役社長) 横舘英雄(岩手朝日テレビ元取締役、元テレビ朝日アナウンサー) 白木航 (オフィスミル代表取締役) 漫画作品の登場人物 夏木六三四:盛岡市(村上もとか『六三四の剣』) 武蔵坊数馬(水島新司 『ドカベン』) 義経光(水島新司『ドカベン』) なん子、なん子の母:盛岡市(とりのなん子『とりぱん』) 阿弖流為II世:奥州市(高橋克彦・原哲夫『阿弖流為II世』) いちこ:奥州市(五十嵐大介『リトル・フォレスト』) 草加拓海:紫波町(かわぐちかいじ『ジパング』) 太田 功:釜石市(ゆうきまさみ『機動警察パトレイバー』) コッコちゃん:遠野市(佐藤智一『プチッコホーム』) 藤堂吾郎:遠野市(さいとうたかを『ゴルゴ13〜穀物戦争蟷螂の斧』『ゴルゴ13〜穀物戦争蟷螂の斧汚れた金』) 相原義一:遠野市(『宇宙戦艦ヤマト』シリーズ全作) 菊池ユメ:遠野市(よしづきくみち『魔法遣いに大切なこと』) ロン先生:岩手県(光瀬龍・加藤唯史『ロン先生の虫眼鏡』) 十三階段ベム:岩手県(浜岡賢次『浦安鉄筋家族』) トンズラー(『ヤッターマン』) 岩手毬(『もえちり!』シリーズの擬人化キャラ) 伊吹マヤ(『新世紀エヴァンゲリオン) 三船美優(『アイドルマスターシンデレラガールズ』) 一ノ瀬志希(『アイドルマスターシンデレラガールズ』) 及川雫(『アイドルマスターシンデレラガールズ』) その他の人物 及川裸観(健康を説き全国を行脚した人物) 性風俗関係者 天衣みつ 天野こころ 伊東遥 金沢文子 小桜沙樹 小宮ゆい 森村あすか 中沢慶子 雪乃ほたる 岩手県にゆかりのある人物 公人 小沢一郎 椎名素夫 鈴木俊一 増田寛也 文化人 松本俊介 岩崎信 小山実稚恵 加藤芳郎:父が奥州市水沢区出身。

creative commons(wikipedia:岩手県出身の有名人一覧

岩手県出身の有名人

『岩手県出身の有名人一覧』より : 岩手県出身の人物一覧(いわてけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する岩手県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 首相経験者 原敬(第19代内閣総理大臣):盛岡市 斎藤実(第30代内閣総理大臣):奥州市水沢区 米内光政(第37代内閣総理大臣):盛岡市 東條英機(第40代内閣総理大臣):盛岡市(※出生地は東京市) 鈴木善幸(第70代内閣総理大臣):山田町議長経験者 田子一民(第33代衆議院議長):盛岡市 = その他の主な政治家 = 後藤新平(台湾総督府民政長官、満鉄初代総裁、逓信大臣、内務大臣、外務大臣、東京市市長):奥州市水沢区 小沢佐重喜(衆議院議員、運輸大臣、逓信大臣、郵政大臣、電気通信大臣、建設大臣、行政管理庁長官、北海道開発庁長官):奥州市水沢区 椎名悦三郎(商工次官、軍需次官、衆議院議員、内閣官房長官、通商産業大臣、外務大臣、自由民主党・政調会長、総務会長、副総裁):奥州市水沢区 千田正(参議院議員、岩手県知事):金ケ崎町 佐々木洋平(衆議院議員):一関市 志賀節(衆議院議員、環境庁長官) 高橋嘉信(衆議院議員、小沢一郎の秘書):奥州市胆沢区 玉澤徳一郎(衆議院議員、防衛庁長官、農林水産大臣):宮古市 工藤堅太郎(参議院議員):洋野町 菊池長右ェ門(衆議院議員):宮古市 山田揆一(仙台市長):一関市 深沢晟雄(沢内村長)民選知事 国分謙吉(初代岩手県知事) 阿部千一(第2代岩手県知事):花巻市 千田正(第3代岩手県知事、元参議院議員):金ケ崎町 中村直(第4代岩手県知事):紫波町 工藤巌(第5代岩手県知事、元衆議院議員、元盛岡市長) 達増拓也 (第7代岩手県知事、元衆議院議員):盛岡市 浅野史郎(宮城県知事):大船渡市現職国会議員 衆議院議員 階猛(民・岩手1区):盛岡市 鈴木俊一 (自・岩手2区、外務副大臣、元環境大臣) :山田町 黄川田徹(民・岩手3区):陸前高田市 小沢一郎(生・岩手4区、党共同代表、元自治大臣、国家公安委員会委員長、自由民主党幹事長、新生党代表幹事、新進党党首、自由党党首、民主党代表代行、民主党代表、民主党幹事長、国民の生活が第一代表):奥州市水沢区(※出生地は東京市) 畑浩治(生・東北比例):久慈市 藤原良信(生・東北比例):大船渡市 穀田恵二(共・近畿比例、国会対策委員長):奥州市水沢区(※選挙区は京都1区) 参議院議員 平野達男(無・岩手県選挙区、元復興大臣):北上市  主濱了(生・岩手県選挙区):滝沢市 行田邦子(無・埼玉県選挙区、元みどりの風代表代行・国会対策委員長):遠野市政治運動家 鈴木東民 軍人 板垣征四郎 陸軍大将、陸軍大臣 及川古志郎 海軍大将 斎藤実 海軍大将、海軍大臣、ジュネーブ海軍軍縮会議主席全権、総理大臣 東條英教 陸軍中将、東條英機の実父 栃内曽次郎 海軍大将 山屋他人 海軍大将 米内光政 海軍大将、連合艦隊司令長官、海軍大臣、総理大臣 多田武雄 海軍中将(事実上最後の海軍次官) 官僚 阿部美樹志 及川昭伍 及川耕造(特許庁長官) 小松正之 法曹 岡原昌男(第8代最高裁判所長官):奥州市水沢区 吉田瑞彦(弁護士、日本弁護士連合会理事):奥州市水沢区 文化人 僧侶 水無昭善(祥炎山不動院住職):久慈市 記者 横川省三 学者 芦東山(儒学者) 阿部美樹志 伊能嘉矩(人類学者、民族学者) 大槻玄沢(蘭学者) 大槻磐渓(漢学者、儒学者) 大槻文彦(国語学者) 大村幸弘(考古学者) 小田中聰樹(法学者) 小野清一郎(法学者) 小野寺直助(医学者) 小原一男(生物学者) 加藤哲郎(政治学者) 加藤寛(経済学者) 菊地正幸(地震学者) 木村泰賢 金田一京助(言語学者、民族学者) 菊池武夫(法学者) 岸田袈裟(栄養学者、JICA専門家) 熊谷清一郎(機械工学、エンジン燃焼研究の権威) 島善鄰(農学者) 佐々木信夫(行政学者) 佐々木喜善(民族学者) 佐藤昌介(農学者) 鈴木正朝(法学者) 高野長英(江戸時代後期の医者、蘭学者) 高橋富雄(歴史学者) 高山宏(評論家) 建部清庵(医学者、蘭学者) 田中館愛橘(物理学者、地球科学者) 鄭大均 那珂通世(歴史学者、東洋史学者) 夏井高人(法学者) 新渡戸稲造(教育者、農学者) 森嘉兵衛(歴史学者) 箕作省吾(地理学者) 山折哲雄 山田晟(法学者) 画家 及川豪鳳 萬鉄五郎 佐々木精治郎 佐藤圀夫 村田林藏 作家 評論家 伊藤政則 神山睦美 菊池清麿 菊池久 後藤和智 斎藤環 高橋勇夫 ジャーナリスト 新井直之 及川仁 小松沢陽一 千田善 松田賢弥 山口光 俳人・詩人・歌人・書家 石川啄木 大西民子 小笠原鳥類 小田島孤舟 城戸朱理 嵯峨直樹 佐藤通雅 白石公子 巽聖歌 富田砕花 村上昭夫 山口青邨 山崎和賀流 写真家 畠山直哉 みやこうせい 渡辺克巳 彫刻家 舟越保武 舟越桂 ギター製作家 水原洋 漫画家 イラストレーター 鴨沢祐仁 なかだえり 中村龍徳  川村敏江 グラフィックデザイナー 工藤強勝 小島良平 福田繁雄 名久井直子 アニメーション関係者 桑畑絹子 千葉道徳 映画監督 及川拓郎 大友啓史 古新舜 佐藤嗣麻子 志村正浩 相米慎二 高橋栄樹 田口哲 脚本家 浅沼晋太郎 奥寺佐渡子 上野火山 山田典枝 高屋敷英夫 作詞家・作曲家 瀬川英史 柴田晃一 巽聖歌 鳥取春陽 八木澤教司 四方章人 日下歩睦 仲邑かおる 杜丘 俊 潟丘 悠 星 吉昭 佐藤将展 アナウンサー NHK(現在所属の放送局などは各人物の項目を参照すること) 阿部渉(奥州市) 伊藤博英(遠野市) 佐藤龍文(花巻市)IBC岩手放送 神山浩樹(花巻市) 菊池幸見(遠野市) 田中康男(奥州市 現:県南支社長) 照井健(花巻市 アナウンス部専任部長) 吉田瑞穂(紫波郡紫波町 現:テレビ局編成業務部所属)テレビ岩手 高橋美佳(滝沢市 北日本放送より移籍) 古舘友華(盛岡市)岩手めんこいテレビ 高橋裕二(宮古市)岩手朝日テレビ 山田理(盛岡市、現在はアナウンサー以外の部署に所属、青森ケーブルテレビより移籍)県外の局アナ 秋山博子(盛岡市、青森放送) 小笠原亘(北上市、TBS) 小田島卓生(北上市、東海テレビ) 加藤真輝子(久慈市、テレビ朝日) 北田牧子(盛岡市、元NHK盛岡・NHK仙台契約キャスター→秋田朝日放送)  佐々木佑花(盛岡市、北海道放送) 白澤奈緒子(滝沢市、元JNNニュースバードキャスター→東日本放送・現在は他部署に異動) 鈴木耕治(奥州市、エフエム青森)  卓田和広(宮古市、北海道放送) 立花麻理(盛岡市、TVQ九州放送) 千田淳一(一関市、福島テレビ・報道部記者) 津田禎(奥州市、青森テレビ)  名久井麻利(盛岡市、東北放送) 松原稜典(花巻市、宮城テレビ放送)フリー・元職 赤平大(盛岡市、フリー・ザ・ユニバース所属、元テレビ東京) 石田麻衣(紫波郡紫波町 フリー、元IBC岩手放送) 及川暁(盛岡市、岩手朝日テレビ・ラジオNIKKEIなどの競馬実況アナウンサー) 大橋都希子(滝沢市、旧姓「佐々木」、フリー・オフィス・ラダーズ所属、元中部日本放送、元FM岩手パーソナリティー、東京在住) 小笠原佐弥(盛岡市、フリー、「IBCラジオ競馬中継」アシスタント、岩手県内民放テレビのレポーター) 小田島建夫(北上市、元栃木放送) 小野礼子(奥州市、フリー、元テレビ山口) 斉藤光子(盛岡市、フリー、元FM石川) 佐藤茜(一関市、フリー、元北陸放送→元イーグルベイ所属) 鈴木直志(北上市、元テレビ岩手) 菅原牧子(陸前高田市、日本大学芸術学部放送学科特任教授、元TBS) 鈴木智恵(盛岡市、気象予報士・気象キャスター、元FM岩手アナウンサー、元NHK仙台放送局・私立TBC気象台気象キャスター) 大徳絵里(盛岡市、フリー・ホリプロ所属、元東北放送→元圭三プロダクション所属)  高橋佳代子(盛岡市、フリー、元テレビ岩手、日本テレビ系「午後は○○おもいッきりテレビ」でアシスタントを務めた) 高橋圭三(花巻市、元NHK→フリー、圭三プロダクション創設者) 千葉絢子(西磐井郡平泉町、元岩手めんこいテレビ) 千葉星子(岩手郡岩手町 「月刊acute」モデル、IBCテレビ「じゃじゃじゃTV」リポーター) 土村萌(盛岡市、元IBC岩手放送) 戸田信子(二戸郡一戸町、元IBC岩手放送→TBSに出向→フリー→IBCに復職→アナウンサーを引退) 南部広美(花巻市、フリー・TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」アシスタント、元日本短波放送→J-WAVEニュース担当アナウンサー) 野口あきこ(本名:野口亜紀子、一関市、フリー、元青森放送) 北條愁子(奥州市、フリー・圭三プロダクション所属、元テレビ金沢→テレビユー福島) 村上まゆこ(盛岡市、フリー、元ニッポン放送) 矢羽々恵匡(盛岡市、元青森放送→テレビ静岡) 米澤絹(盛岡市、フリー、ローカルタレント、モラドカンパニー所属、「きぬ」として活動) 六華亭遊花(本名:川野目江里子、遠野市、落語家、NHK仙台放送局・東北放送ラジオパーソナリティー) 鷲塚由美子(盛岡市、FM岩手北上支局員として番組に出演、元東北放送ラジオカーリポーター) その他の文化人 円舘金 - 天文学愛好家 大村公二 - 特殊メイクアーティスト 岡田真奈美 - 花巻市、ロハスナビゲーター、環境ナビゲーター、気象キャスター、食育インストラクター、ラジオパーソナリティー きくち伸 - フジテレビジョンプロデューサー 姉帯俊之 - 元IBC岩手放送プロデューサー、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、エッセイスト、(株)SP代表取締役 ケンジ・ステファン・スズキ - 環境活動家 小松千寿子 - ゲームシナリオライター ジョヴァンニ安東 - (一関市)芸術家(サイバーゲージツ家) 鈴木裕 - ゲームクリエイター 千田幸信 - スクウェア・エニックス取締役 中津川昴 - 超常現象研究家 碑文谷創 - 葬送ジャーナリスト 村井達雄 - 映像ディレクター(nicographics) 吉田由美 - タレント、モデル、自動車評論家 芸能人 アイドル 演歌歌手 音楽家 声優 タレント 相沢なほこ 安東あゆか イズミ(123☆45) きくち教児 倉本剛(ロケット団) 菊地秀規(いつもここから) 酒井くにお・とおる 高松知美 田山真美子 長澤喜稔(マキシマムパーパーサム) ばうんど 畠山達也(ガスマスクガール) 福田萌 ふじポン 三又又三(元ジョーダンズ) 山川恵里佳  岩手蛍 俳優 舞踊家 モデル 落語家 スポーツ選手 野球 = 現役選手 = 畠山和洋(東京ヤクルトスワローズ内野手):花巻市 銀次(東北楽天ゴールデンイーグルス内野手):下閉伊郡普代村 佐藤千尋(ノース・レイア内野手・外野手):金ヶ崎町 阿部寿樹(中日ドラゴンズ内野手):一関市 菊池雄星(埼玉西武ライオンズ投手):盛岡市 風張蓮(東京ヤクルトスワローズ投手):九戸村 大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ投手・外野手):奥州市 岸里亮佑(北海道日本ハムファイターズ外野手):久慈市 高橋樹也(広島東洋カープ投手):花巻市 = 元選手・指導者・関係者 = 獅子内謹一郎(アマチュア野球選手、「岩手野球の父」と呼ばれた) 久慈次郎(大日本東京野球倶楽部捕手、主将 第1回野球殿堂入り):盛岡市 煤孫伝(元・大東京ライオン):花巻市 鈴木銀之助(元・広島カープ内野手) 小田野柏(元・高橋ユニオンズ外野手):一戸町 沢藤光郎(元・近鉄パールス投手) 白坂長栄(元・大阪タイガース内野手):一戸町 岩崎哲郎(元・国鉄スワローズ捕手):二戸市 円子宏(元・南海ホークス投手) 阿部雄厚(元・近鉄バファローズ投手) 立花照人(元・阪急ブレーブス捕手) 及川宣士(元・太平洋クラブライオンズ投手):釜石市 泉沢彰(元・西鉄ライオンズ投手) 小笠原正一(元・阪神タイガース外野手) 阿部成宏(元・近鉄バファローズ外野手) 佐々木剛 (元・東映フライヤーズ外野手):釜石市 佐々木茂(元・ヤクルトアトムズ投手) 上森合直幸(元・ロッテオリオンズ投手) 樋沢良信(元・読売ジャイアンツ内野手):久慈市 瀬戸和則(元・ヤクルトスワローズ投手):釜石市 神農清治(元・ロッテオリオンズ外野手) 鈴木弘規(元・読売ジャイアンツ投手) 鈴木正幸(元・ヤクルトスワローズ投手) 田鎖博美(元・西武ライオンズ投手) 欠端光則(元・ロッテオリオンズ→横浜大洋ホエールズ・横浜ベイスターズ投手):二戸市 小田英明(日本ハムファイターズ捕手) 高島覚(元・中日ドラゴンズ→福岡ダイエーホークス投手):一関市 山蔭徳法(元・日本ハムファイターズ投手) 太田貴(元・阪神タイガース投手):盛岡市 猪久保吾一(元・千葉ロッテマリーンズ捕手) 高橋幸二 (元・中日ドラゴンズ投手、内野手) 木立章成(元・阪神タイガース内野手):北上市 志田宗大(元・東京ヤクルトスワローズ外野手):大船渡市 木村正太(元・読売ジャイアンツ投手):一関市 三浦翔太(元・福岡ソフトバンクホークス投手):大槌町 下沖勇樹(元・福岡ソフトバンクホークス投手):二戸市 サッカー = Jリーグ = 小笠原満男(鹿島アントラーズ):盛岡市 飯尾一慶(横浜FC):奥州市 松田賢太(グルージャ盛岡):大船渡市 山本脩斗(鹿島アントラーズ):盛岡市 林勇介(グルージャ盛岡):盛岡市 藤嶋洸(グルージャ盛岡):八幡平市 藤村慶太(ベガルタ仙台):盛岡市 久保海都(グルージャ盛岡):盛岡市 谷村憲一(グルージャ盛岡):盛岡市 = JFL・地域リーグ・日本女子サッカーリーグ = 大谷哲也(塩釜FCヴィーゼ):盛岡市 下屋敷恒太郎(SC鳥取ドリームス): 高橋臣徳(TDK親和会):北上市 宮川葉月(伊賀フットボールクラブくノ一): 山形雄介(佐川印刷SC):盛岡市 岩清水梓(日テレ・ベレーザ):滝沢市 宮川美乃(福岡J・アンクラス): 橋場貴之(横河武蔵野フットボールクラブ):久慈市 吉田吏玖(ソニー仙台FC): 中村楓(アルビレックス新潟レディース):岩手町 = 元選手・指導者・関係者 = 工藤孝一(元サッカー日本代表監督):岩手町 八重樫茂生(元古河電気工業サッカー部):花巻市 斎藤重信(盛岡商業高等学校サッカー部監督):盛岡市 古前田充(元ベルマーレ平塚監督):盛岡市 瀬田竜彦(元日立製作所サッカー部):盛岡市 千田善(元サッカー日本代表監督イビチャ・オシム通訳):奥州市 三浦俊也(元ヴァンフォーレ甲府監督):釜石市 吉田暢(元グルージャ盛岡監督):紫波町 五十嵐和也(元ジェフユナイテッド市原) 岩渕弘幹(元川崎フロンターレユース監督):釜石市 菊池新吉(川崎フロンターレGKコーチ):遠野市 奥友敏朗(元鹿島アントラーズ) 藤原寿徳(ジェフユナイテッド市原・千葉GKコーチ) 菊池忍(湘南ベルマーレフィジカルコーチ):奥州市 平聡(元ベガルタ仙台):花巻市 千葉恵二(元清水エスパルス) 根子達也(元横浜FC):花巻市 菊池直喜(元ジュビロ磐田):遠野市 菊池利三(元東京ヴェルディ1969):遠野市 佐々木仁(元ベルマーレ平塚) 今野章(川崎フロンターレU-18監督):大船渡市 鳴尾直軌(グルージャ盛岡監督):岩泉町 佐藤大実(元サガン鳥栖):紫波町 斉藤乙(元水戸ホーリーホック):盛岡市 中村学(元ベガルタ仙台):盛岡市 照井篤(元湘南ベルマーレ):遠野市 中田洋介(元ベガルタ仙台):大船渡市 福士徳文(元ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ):盛岡市 森本華江(元TEPCOマリーゼ):滝沢市 赤塚京介(元FC大阪): フットサル 渡辺幸彦(元ステラミーゴいわて花巻コーチ): 浅利真(元ステラミーゴいわて花巻、元日本代表): 小原謙吾(元ステラミーゴいわて花巻): 山谷紘大(元ステラミーゴいわて花巻): 倉沢飛輝(元ステラミーゴいわて花巻):盛岡市 千葉裕也(元ステラミーゴいわて花巻、U-24日本代表):紫波町 内村俊太(湘南ベルマーレフットサルクラブ、日本代表):盛岡市 佐々木諒(湘南ベルマーレフットサルクラブ) ラグビー 笹田学 小野寺政人(釜石シーウェイブス) 佐々木天晃(元釜石シーウェイブス) 洞口孝治(元新日鉄釜石ラグビー部、元日本代表) 千田美智仁(元新日鉄釜石ラグビー部、元日本代表):北上市 高橋善幸(釜石シーウェイブスGM):花巻市 山内智一(元三洋電機ワイルドナイツ):宮古市 北條純一(元サントリーサンゴリアス、元日本代表):奥州市 三浦健博(釜石シーウェイブスヘッドコーチ): 大槌町 山口貴豊(元クボタスピアーズ、元日本代表) 阿部博典(クボタスピアーズ):紫波町 佐々木和樹(釜石シーウェイブス):紫波町 渡邊太生(東芝ブレイブルーパス):北上市 細川進(元釜石シーウェイブス):紫波町 合澤英旦(釜石シーウェイブス):釜石市 金野新(元釜石シーウェイブス):釜石市 瀬川貴久(元サントリーサンゴリアス):花巻市 バスケットボール 三浦祐司(元NKKシーホークス) 近藤雄治(元仙台89ERS) 山本吉昭(元岩手ビッグブルズ):滝沢市 斉藤資(元大阪エヴェッサ):九戸村 長谷川武(元オーエスジーフェニックス東三河) 斎藤智美(三菱電機コアラーズ) 川村卓也(和歌山トライアンズ・日本代表):盛岡市 千葉慎也(岩手ビッグブルズ):奥州市 長谷川技(東芝ブレイブサンダース神奈川) 田中舘洸(元岩手ビッグブルズ):二戸市 澤口誠(青森ワッツ):釜石市 小野寺祥太(岩手ビッグブルズ):一関市 バレーボール 吉田清司(FC東京バレーボールチーム総監督):盛岡市 栗生澤淳一(JTサンダーズ部長 元日本代表):大船渡市 及川英香(元トヨタ車体クインシーズ):一関市 高橋賢行(つくばユナイテッドSun GAIA):滝沢市 熊谷更紗(残波WINGS):盛岡市 鈴木未来(元PFUブルーキャッツ):奥州市 佐々木美麗(日立リヴァーレ):花巻市 高橋沙織(日立リヴァーレ):北上市 細川絢加(日立リヴァーレ):盛岡市 ハンドボール 佐藤良彦(大崎オーソルコーチ) 武藤崇之 上町史織(北國銀行ハニービー、日本代表):盛岡市 長野かづさ(元ソニーセミコンダクタ九州BLUE SAKUYA、元日本代表):盛岡市 藤田東吾(豊田合成ブルーファルコン) 錦織新(ソニーセミコンダクタ九州BLUE SAKUYA、日本代表) ホッケー 西田範次(富士大学ホッケー部総監督):盛岡市 小澤和幸(名古屋フラーテル、ホッケー男子日本代表):岩手町 長岡俊輔(名古屋フラーテル、ホッケー男子日本代表) 小沢みさき(北京オリンピックホッケー女子日本代表):岩手町 田中泉樹(ロンドンオリンピックホッケー女子日本代表):岩手町 卓球 藤井基男:花巻市 今野安子 ソフトボール 藤原麻起子(日立ソフトウェア女子ソフトボール部、日本代表):一関市 藤野遥香(トヨタ自動車女子ソフトボール部、日本代表):一関市 ゴルフ 日蔭温子:岩手町 陸上競技 大井利江(円盤投 アテネパラリンピック銀メダリスト、北京パラリンピック銅メダリスト):洋野町 佐々木七恵(マラソン 第5回東京国際女子マラソン優勝、第6回名古屋国際女子マラソン優勝):大船渡市 那須川瑞穂(マラソン 東京マラソン2009優勝):奥州市 水泳競技 高橋馨(シンクロナイズドスイミング アトランタオリンピック銅メダリスト) スキー 三ヶ田礼一(ノルディック複合 アルベールビルオリンピック金メダリスト) 永井秀昭(ノルディック複合):八幡平市 小林潤志郎(ノルディック複合):八幡平市 フィギュアスケート 佐藤洸彬:盛岡市 カーリング 苫米地美智子:二戸市 大相撲 = 力士 = 宮城山福松(第29代横綱):一関市 前田川克郎(元関脇):奥州市 宮錦浩(元小結):宮古市 栃乃花仁(元小結):久慈市・旧山形村 柏戸秀剛(元前頭):洋野町 及川煌久(元前頭):奥州市 花光節夫(元前頭):八幡平市 若ノ海正照(元前頭):花巻市 影虎和彦(元前頭):軽米町 福ノ里邦男(元十両):軽米町 外ヶ濱信行(元幕下):二戸市 四ツ車大八(元十両):花巻市 錦木徹也(十両):盛岡市 = 行司 = 木村庄之助 (27代):盛岡市 木村晃之助:一関市 柔道 三船久蔵:久慈市 昆野睦武:久慈市 川村禎三:矢巾町 柏崎克彦: 日蔭暢年:宮古市 レスリング 工藤章(モントリオールオリンピック銅メダリスト) 岩間怜那 ウエイトリフティング 長谷場久美:釜石市 ボクシング 小原佳太:北上市 木村久:花巻市 伊藤八郎: 瀬川設男:山田町 大雅アキラ:北上市 八重樫東(WBA世界ミニマム級王者):北上市 佐藤洋太(WBC世界スーパーフライ級王者):盛岡市 八重樫剛(1994年広島アジア大会金メダリスト):花巻市 キックボクシング 藤原敏男(日本人初のムエタイ世界王者):宮古市 空手 金澤弘和 平野雅龍:北上市 総合格闘技 加藤誠:一関市 徹肌ィ郎:奥州市 扇久保博正:久慈市 プロレスラー 赤城マリ子(全日本女子プロレス):盛岡市 石川修司(ユニオンプロレス):奥州市 伊東竜二(大日本プロレス):滝沢市 エル・サムライ(新日本プロレス):花巻市 お船chan(KAIENTAI-DOJO):宮古市 大向美智子(全日本女子プロレス):久慈市 剣舞(みちのくプロレス):北上市 佐々木大地(みちのくプロレス):滝沢市 佐々木貴(プロレスリングFREEDOMS):一関市 ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス):盛岡市 TAKAみちのく(KAIENTAI-DOJO):盛岡市 西川潤 (プロレスラー)(健介office):盛岡市 HIROKI(KAIENTAI-DOJO):盛岡市 藤原喜明(新日本プロレス):北上市 房総ボーイ雷斗(KAIENTAI-DOJO): ミラノ・コレクションA.T(新日本プロレス):盛岡市 YAMATO(DRAGON GATE):一関市 レーシングドライバー 前田剛秀(SUPER GT):盛岡市 佐々木雅弘(スーパー耐久):矢巾町 三浦和樹 競馬 石川夏子 伊藤裕人 大庭和弥(JRA):久慈市 小西喜蔵:盛岡市 小林俊彦(岩手競馬):奥州市 小嶋久輝:奥州市 斉藤澄子:盛岡市 佐々木亜紀 佐々木修一 佐藤雅彦 沢田盛夫利:二戸市 菅原勲(岩手競馬):奥州市 菅原俊吏:奥州市 関本浩司:盛岡市 高橋三郎 高橋哲也 高橋優子 高橋悠里: 高松亮:北上市 千葉四美 南郷家全;盛岡市 村上忍: 山本聡哉:葛巻町 山本政聡:葛巻町 自転車競技 猿館貢(現 高等学校教諭) 竹花敏:滝沢市 藤田晃三 = 競輪選手 = 阿部良二:紫波町 及川裕奨:奥州市 大宮政志:滝沢市 加藤善行(元 高等学校教諭) 佐々木一昭:花巻市 佐藤友和:花巻市 競艇 菊地孝平 中澤和志 漕艇 佐藤翔 (ボート選手):北上市 その他 実業家 菊池恩恵(株式会社コムネット代表取締役) 熊谷史人(ライブドア元代表取締役) 郷古潔(三菱重工業社長、東條内閣顧問) 鈴木孝夫(エス・イー・シーエレベーター株式会社代表取締役社長) 横舘英雄(岩手朝日テレビ元取締役、元テレビ朝日アナウンサー) 白木航 (オフィスミル代表取締役) 漫画作品の登場人物 夏木六三四:盛岡市(村上もとか『六三四の剣』) 武蔵坊数馬(水島新司 『ドカベン』) 義経光(水島新司『ドカベン』) なん子、なん子の母:盛岡市(とりのなん子『とりぱん』) 阿弖流為II世:奥州市(高橋克彦・原哲夫『阿弖流為II世』) いちこ:奥州市(五十嵐大介『リトル・フォレスト』) 草加拓海:紫波町(かわぐちかいじ『ジパング』) 太田 功:釜石市(ゆうきまさみ『機動警察パトレイバー』) コッコちゃん:遠野市(佐藤智一『プチッコホーム』) 藤堂吾郎:遠野市(さいとうたかを『ゴルゴ13〜穀物戦争蟷螂の斧』『ゴルゴ13〜穀物戦争蟷螂の斧汚れた金』) 相原義一:遠野市(『宇宙戦艦ヤマト』シリーズ全作) 菊池ユメ:遠野市(よしづきくみち『魔法遣いに大切なこと』) ロン先生:岩手県(光瀬龍・加藤唯史『ロン先生の虫眼鏡』) 十三階段ベム:岩手県(浜岡賢次『浦安鉄筋家族』) トンズラー(『ヤッターマン』) 岩手毬(『もえちり!』シリーズの擬人化キャラ) 伊吹マヤ(『新世紀エヴァンゲリオン) 三船美優(『アイドルマスターシンデレラガールズ』) 一ノ瀬志希(『アイドルマスターシンデレラガールズ』) 及川雫(『アイドルマスターシンデレラガールズ』) その他の人物 及川裸観(健康を説き全国を行脚した人物) 性風俗関係者 天衣みつ 天野こころ 伊東遥 金沢文子 小桜沙樹 小宮ゆい 森村あすか 中沢慶子 雪乃ほたる 岩手県にゆかりのある人物 公人 小沢一郎 椎名素夫 鈴木俊一 増田寛也 文化人 松本俊介 岩崎信 小山実稚恵 加藤芳郎:父が奥州市水沢区出身。

creative commons(wikipedia:岩手県出身の有名人

岩手県出身

『岩手県出身の有名人一覧』より : 岩手県出身の人物一覧(いわてけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する岩手県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 首相経験者 原敬(第19代内閣総理大臣):盛岡市 斎藤実(第30代内閣総理大臣):奥州市水沢区 米内光政(第37代内閣総理大臣):盛岡市 東條英機(第40代内閣総理大臣):盛岡市(※出生地は東京市) 鈴木善幸(第70代内閣総理大臣):山田町議長経験者 田子一民(第33代衆議院議長):盛岡市 = その他の主な政治家 = 後藤新平(台湾総督府民政長官、満鉄初代総裁、逓信大臣、内務大臣、外務大臣、東京市市長):奥州市水沢区 小沢佐重喜(衆議院議員、運輸大臣、逓信大臣、郵政大臣、電気通信大臣、建設大臣、行政管理庁長官、北海道開発庁長官):奥州市水沢区 椎名悦三郎(商工次官、軍需次官、衆議院議員、内閣官房長官、通商産業大臣、外務大臣、自由民主党・政調会長、総務会長、副総裁):奥州市水沢区 千田正(参議院議員、岩手県知事):金ケ崎町 佐々木洋平(衆議院議員):一関市 志賀節(衆議院議員、環境庁長官) 高橋嘉信(衆議院議員、小沢一郎の秘書):奥州市胆沢区 玉澤徳一郎(衆議院議員、防衛庁長官、農林水産大臣):宮古市 工藤堅太郎(参議院議員):洋野町 菊池長右ェ門(衆議院議員):宮古市 山田揆一(仙台市長):一関市 深沢晟雄(沢内村長)民選知事 国分謙吉(初代岩手県知事) 阿部千一(第2代岩手県知事):花巻市 千田正(第3代岩手県知事、元参議院議員):金ケ崎町 中村直(第4代岩手県知事):紫波町 工藤巌(第5代岩手県知事、元衆議院議員、元盛岡市長) 達増拓也 (第7代岩手県知事、元衆議院議員):盛岡市 浅野史郎(宮城県知事):大船渡市現職国会議員 衆議院議員 階猛(民・岩手1区):盛岡市 鈴木俊一 (自・岩手2区、外務副大臣、元環境大臣) :山田町 黄川田徹(民・岩手3区):陸前高田市 小沢一郎(生・岩手4区、党共同代表、元自治大臣、国家公安委員会委員長、自由民主党幹事長、新生党代表幹事、新進党党首、自由党党首、民主党代表代行、民主党代表、民主党幹事長、国民の生活が第一代表):奥州市水沢区(※出生地は東京市) 畑浩治(生・東北比例):久慈市 藤原良信(生・東北比例):大船渡市 穀田恵二(共・近畿比例、国会対策委員長):奥州市水沢区(※選挙区は京都1区) 参議院議員 平野達男(無・岩手県選挙区、元復興大臣):北上市  主濱了(生・岩手県選挙区):滝沢市 行田邦子(無・埼玉県選挙区、元みどりの風代表代行・国会対策委員長):遠野市政治運動家 鈴木東民 軍人 板垣征四郎 陸軍大将、陸軍大臣 及川古志郎 海軍大将 斎藤実 海軍大将、海軍大臣、ジュネーブ海軍軍縮会議主席全権、総理大臣 東條英教 陸軍中将、東條英機の実父 栃内曽次郎 海軍大将 山屋他人 海軍大将 米内光政 海軍大将、連合艦隊司令長官、海軍大臣、総理大臣 多田武雄 海軍中将(事実上最後の海軍次官) 官僚 阿部美樹志 及川昭伍 及川耕造(特許庁長官) 小松正之 法曹 岡原昌男(第8代最高裁判所長官):奥州市水沢区 吉田瑞彦(弁護士、日本弁護士連合会理事):奥州市水沢区 文化人 僧侶 水無昭善(祥炎山不動院住職):久慈市 記者 横川省三 学者 芦東山(儒学者) 阿部美樹志 伊能嘉矩(人類学者、民族学者) 大槻玄沢(蘭学者) 大槻磐渓(漢学者、儒学者) 大槻文彦(国語学者) 大村幸弘(考古学者) 小田中聰樹(法学者) 小野清一郎(法学者) 小野寺直助(医学者) 小原一男(生物学者) 加藤哲郎(政治学者) 加藤寛(経済学者) 菊地正幸(地震学者) 木村泰賢 金田一京助(言語学者、民族学者) 菊池武夫(法学者) 岸田袈裟(栄養学者、JICA専門家) 熊谷清一郎(機械工学、エンジン燃焼研究の権威) 島善鄰(農学者) 佐々木信夫(行政学者) 佐々木喜善(民族学者) 佐藤昌介(農学者) 鈴木正朝(法学者) 高野長英(江戸時代後期の医者、蘭学者) 高橋富雄(歴史学者) 高山宏(評論家) 建部清庵(医学者、蘭学者) 田中館愛橘(物理学者、地球科学者) 鄭大均 那珂通世(歴史学者、東洋史学者) 夏井高人(法学者) 新渡戸稲造(教育者、農学者) 森嘉兵衛(歴史学者) 箕作省吾(地理学者) 山折哲雄 山田晟(法学者) 画家 及川豪鳳 萬鉄五郎 佐々木精治郎 佐藤圀夫 村田林藏 作家 評論家 伊藤政則 神山睦美 菊池清麿 菊池久 後藤和智 斎藤環 高橋勇夫 ジャーナリスト 新井直之 及川仁 小松沢陽一 千田善 松田賢弥 山口光 俳人・詩人・歌人・書家 石川啄木 大西民子 小笠原鳥類 小田島孤舟 城戸朱理 嵯峨直樹 佐藤通雅 白石公子 巽聖歌 富田砕花 村上昭夫 山口青邨 山崎和賀流 写真家 畠山直哉 みやこうせい 渡辺克巳 彫刻家 舟越保武 舟越桂 ギター製作家 水原洋 漫画家 イラストレーター 鴨沢祐仁 なかだえり 中村龍徳  川村敏江 グラフィックデザイナー 工藤強勝 小島良平 福田繁雄 名久井直子 アニメーション関係者 桑畑絹子 千葉道徳 映画監督 及川拓郎 大友啓史 古新舜 佐藤嗣麻子 志村正浩 相米慎二 高橋栄樹 田口哲 脚本家 浅沼晋太郎 奥寺佐渡子 上野火山 山田典枝 高屋敷英夫 作詞家・作曲家 瀬川英史 柴田晃一 巽聖歌 鳥取春陽 八木澤教司 四方章人 日下歩睦 仲邑かおる 杜丘 俊 潟丘 悠 星 吉昭 佐藤将展 アナウンサー NHK(現在所属の放送局などは各人物の項目を参照すること) 阿部渉(奥州市) 伊藤博英(遠野市) 佐藤龍文(花巻市)IBC岩手放送 神山浩樹(花巻市) 菊池幸見(遠野市) 田中康男(奥州市 現:県南支社長) 照井健(花巻市 アナウンス部専任部長) 吉田瑞穂(紫波郡紫波町 現:テレビ局編成業務部所属)テレビ岩手 高橋美佳(滝沢市 北日本放送より移籍) 古舘友華(盛岡市)岩手めんこいテレビ 高橋裕二(宮古市)岩手朝日テレビ 山田理(盛岡市、現在はアナウンサー以外の部署に所属、青森ケーブルテレビより移籍)県外の局アナ 秋山博子(盛岡市、青森放送) 小笠原亘(北上市、TBS) 小田島卓生(北上市、東海テレビ) 加藤真輝子(久慈市、テレビ朝日) 北田牧子(盛岡市、元NHK盛岡・NHK仙台契約キャスター→秋田朝日放送)  佐々木佑花(盛岡市、北海道放送) 白澤奈緒子(滝沢市、元JNNニュースバードキャスター→東日本放送・現在は他部署に異動) 鈴木耕治(奥州市、エフエム青森)  卓田和広(宮古市、北海道放送) 立花麻理(盛岡市、TVQ九州放送) 千田淳一(一関市、福島テレビ・報道部記者) 津田禎(奥州市、青森テレビ)  名久井麻利(盛岡市、東北放送) 松原稜典(花巻市、宮城テレビ放送)フリー・元職 赤平大(盛岡市、フリー・ザ・ユニバース所属、元テレビ東京) 石田麻衣(紫波郡紫波町 フリー、元IBC岩手放送) 及川暁(盛岡市、岩手朝日テレビ・ラジオNIKKEIなどの競馬実況アナウンサー) 大橋都希子(滝沢市、旧姓「佐々木」、フリー・オフィス・ラダーズ所属、元中部日本放送、元FM岩手パーソナリティー、東京在住) 小笠原佐弥(盛岡市、フリー、「IBCラジオ競馬中継」アシスタント、岩手県内民放テレビのレポーター) 小田島建夫(北上市、元栃木放送) 小野礼子(奥州市、フリー、元テレビ山口) 斉藤光子(盛岡市、フリー、元FM石川) 佐藤茜(一関市、フリー、元北陸放送→元イーグルベイ所属) 鈴木直志(北上市、元テレビ岩手) 菅原牧子(陸前高田市、日本大学芸術学部放送学科特任教授、元TBS) 鈴木智恵(盛岡市、気象予報士・気象キャスター、元FM岩手アナウンサー、元NHK仙台放送局・私立TBC気象台気象キャスター) 大徳絵里(盛岡市、フリー・ホリプロ所属、元東北放送→元圭三プロダクション所属)  高橋佳代子(盛岡市、フリー、元テレビ岩手、日本テレビ系「午後は○○おもいッきりテレビ」でアシスタントを務めた) 高橋圭三(花巻市、元NHK→フリー、圭三プロダクション創設者) 千葉絢子(西磐井郡平泉町、元岩手めんこいテレビ) 千葉星子(岩手郡岩手町 「月刊acute」モデル、IBCテレビ「じゃじゃじゃTV」リポーター) 土村萌(盛岡市、元IBC岩手放送) 戸田信子(二戸郡一戸町、元IBC岩手放送→TBSに出向→フリー→IBCに復職→アナウンサーを引退) 南部広美(花巻市、フリー・TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」アシスタント、元日本短波放送→J-WAVEニュース担当アナウンサー) 野口あきこ(本名:野口亜紀子、一関市、フリー、元青森放送) 北條愁子(奥州市、フリー・圭三プロダクション所属、元テレビ金沢→テレビユー福島) 村上まゆこ(盛岡市、フリー、元ニッポン放送) 矢羽々恵匡(盛岡市、元青森放送→テレビ静岡) 米澤絹(盛岡市、フリー、ローカルタレント、モラドカンパニー所属、「きぬ」として活動) 六華亭遊花(本名:川野目江里子、遠野市、落語家、NHK仙台放送局・東北放送ラジオパーソナリティー) 鷲塚由美子(盛岡市、FM岩手北上支局員として番組に出演、元東北放送ラジオカーリポーター) その他の文化人 円舘金 - 天文学愛好家 大村公二 - 特殊メイクアーティスト 岡田真奈美 - 花巻市、ロハスナビゲーター、環境ナビゲーター、気象キャスター、食育インストラクター、ラジオパーソナリティー きくち伸 - フジテレビジョンプロデューサー 姉帯俊之 - 元IBC岩手放送プロデューサー、音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、エッセイスト、(株)SP代表取締役 ケンジ・ステファン・スズキ - 環境活動家 小松千寿子 - ゲームシナリオライター ジョヴァンニ安東 - (一関市)芸術家(サイバーゲージツ家) 鈴木裕 - ゲームクリエイター 千田幸信 - スクウェア・エニックス取締役 中津川昴 - 超常現象研究家 碑文谷創 - 葬送ジャーナリスト 村井達雄 - 映像ディレクター(nicographics) 吉田由美 - タレント、モデル、自動車評論家 芸能人 アイドル 演歌歌手 音楽家 声優 タレント 相沢なほこ 安東あゆか イズミ(123☆45) きくち教児 倉本剛(ロケット団) 菊地秀規(いつもここから) 酒井くにお・とおる 高松知美 田山真美子 長澤喜稔(マキシマムパーパーサム) ばうんど 畠山達也(ガスマスクガール) 福田萌 ふじポン 三又又三(元ジョーダンズ) 山川恵里佳  岩手蛍 俳優 舞踊家 モデル 落語家 スポーツ選手 野球 = 現役選手 = 畠山和洋(東京ヤクルトスワローズ内野手):花巻市 銀次(東北楽天ゴールデンイーグルス内野手):下閉伊郡普代村 佐藤千尋(ノース・レイア内野手・外野手):金ヶ崎町 阿部寿樹(中日ドラゴンズ内野手):一関市 菊池雄星(埼玉西武ライオンズ投手):盛岡市 風張蓮(東京ヤクルトスワローズ投手):九戸村 大谷翔平(北海道日本ハムファイターズ投手・外野手):奥州市 岸里亮佑(北海道日本ハムファイターズ外野手):久慈市 高橋樹也(広島東洋カープ投手):花巻市 = 元選手・指導者・関係者 = 獅子内謹一郎(アマチュア野球選手、「岩手野球の父」と呼ばれた) 久慈次郎(大日本東京野球倶楽部捕手、主将 第1回野球殿堂入り):盛岡市 煤孫伝(元・大東京ライオン):花巻市 鈴木銀之助(元・広島カープ内野手) 小田野柏(元・高橋ユニオンズ外野手):一戸町 沢藤光郎(元・近鉄パールス投手) 白坂長栄(元・大阪タイガース内野手):一戸町 岩崎哲郎(元・国鉄スワローズ捕手):二戸市 円子宏(元・南海ホークス投手) 阿部雄厚(元・近鉄バファローズ投手) 立花照人(元・阪急ブレーブス捕手) 及川宣士(元・太平洋クラブライオンズ投手):釜石市 泉沢彰(元・西鉄ライオンズ投手) 小笠原正一(元・阪神タイガース外野手) 阿部成宏(元・近鉄バファローズ外野手) 佐々木剛 (元・東映フライヤーズ外野手):釜石市 佐々木茂(元・ヤクルトアトムズ投手) 上森合直幸(元・ロッテオリオンズ投手) 樋沢良信(元・読売ジャイアンツ内野手):久慈市 瀬戸和則(元・ヤクルトスワローズ投手):釜石市 神農清治(元・ロッテオリオンズ外野手) 鈴木弘規(元・読売ジャイアンツ投手) 鈴木正幸(元・ヤクルトスワローズ投手) 田鎖博美(元・西武ライオンズ投手) 欠端光則(元・ロッテオリオンズ→横浜大洋ホエールズ・横浜ベイスターズ投手):二戸市 小田英明(日本ハムファイターズ捕手) 高島覚(元・中日ドラゴンズ→福岡ダイエーホークス投手):一関市 山蔭徳法(元・日本ハムファイターズ投手) 太田貴(元・阪神タイガース投手):盛岡市 猪久保吾一(元・千葉ロッテマリーンズ捕手) 高橋幸二 (元・中日ドラゴンズ投手、内野手) 木立章成(元・阪神タイガース内野手):北上市 志田宗大(元・東京ヤクルトスワローズ外野手):大船渡市 木村正太(元・読売ジャイアンツ投手):一関市 三浦翔太(元・福岡ソフトバンクホークス投手):大槌町 下沖勇樹(元・福岡ソフトバンクホークス投手):二戸市 サッカー = Jリーグ = 小笠原満男(鹿島アントラーズ):盛岡市 飯尾一慶(横浜FC):奥州市 松田賢太(グルージャ盛岡):大船渡市 山本脩斗(鹿島アントラーズ):盛岡市 林勇介(グルージャ盛岡):盛岡市 藤嶋洸(グルージャ盛岡):八幡平市 藤村慶太(ベガルタ仙台):盛岡市 久保海都(グルージャ盛岡):盛岡市 谷村憲一(グルージャ盛岡):盛岡市 = JFL・地域リーグ・日本女子サッカーリーグ = 大谷哲也(塩釜FCヴィーゼ):盛岡市 下屋敷恒太郎(SC鳥取ドリームス): 高橋臣徳(TDK親和会):北上市 宮川葉月(伊賀フットボールクラブくノ一): 山形雄介(佐川印刷SC):盛岡市 岩清水梓(日テレ・ベレーザ):滝沢市 宮川美乃(福岡J・アンクラス): 橋場貴之(横河武蔵野フットボールクラブ):久慈市 吉田吏玖(ソニー仙台FC): 中村楓(アルビレックス新潟レディース):岩手町 = 元選手・指導者・関係者 = 工藤孝一(元サッカー日本代表監督):岩手町 八重樫茂生(元古河電気工業サッカー部):花巻市 斎藤重信(盛岡商業高等学校サッカー部監督):盛岡市 古前田充(元ベルマーレ平塚監督):盛岡市 瀬田竜彦(元日立製作所サッカー部):盛岡市 千田善(元サッカー日本代表監督イビチャ・オシム通訳):奥州市 三浦俊也(元ヴァンフォーレ甲府監督):釜石市 吉田暢(元グルージャ盛岡監督):紫波町 五十嵐和也(元ジェフユナイテッド市原) 岩渕弘幹(元川崎フロンターレユース監督):釜石市 菊池新吉(川崎フロンターレGKコーチ):遠野市 奥友敏朗(元鹿島アントラーズ) 藤原寿徳(ジェフユナイテッド市原・千葉GKコーチ) 菊池忍(湘南ベルマーレフィジカルコーチ):奥州市 平聡(元ベガルタ仙台):花巻市 千葉恵二(元清水エスパルス) 根子達也(元横浜FC):花巻市 菊池直喜(元ジュビロ磐田):遠野市 菊池利三(元東京ヴェルディ1969):遠野市 佐々木仁(元ベルマーレ平塚) 今野章(川崎フロンターレU-18監督):大船渡市 鳴尾直軌(グルージャ盛岡監督):岩泉町 佐藤大実(元サガン鳥栖):紫波町 斉藤乙(元水戸ホーリーホック):盛岡市 中村学(元ベガルタ仙台):盛岡市 照井篤(元湘南ベルマーレ):遠野市 中田洋介(元ベガルタ仙台):大船渡市 福士徳文(元ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ):盛岡市 森本華江(元TEPCOマリーゼ):滝沢市 赤塚京介(元FC大阪): フットサル 渡辺幸彦(元ステラミーゴいわて花巻コーチ): 浅利真(元ステラミーゴいわて花巻、元日本代表): 小原謙吾(元ステラミーゴいわて花巻): 山谷紘大(元ステラミーゴいわて花巻): 倉沢飛輝(元ステラミーゴいわて花巻):盛岡市 千葉裕也(元ステラミーゴいわて花巻、U-24日本代表):紫波町 内村俊太(湘南ベルマーレフットサルクラブ、日本代表):盛岡市 佐々木諒(湘南ベルマーレフットサルクラブ) ラグビー 笹田学 小野寺政人(釜石シーウェイブス) 佐々木天晃(元釜石シーウェイブス) 洞口孝治(元新日鉄釜石ラグビー部、元日本代表) 千田美智仁(元新日鉄釜石ラグビー部、元日本代表):北上市 高橋善幸(釜石シーウェイブスGM):花巻市 山内智一(元三洋電機ワイルドナイツ):宮古市 北條純一(元サントリーサンゴリアス、元日本代表):奥州市 三浦健博(釜石シーウェイブスヘッドコーチ): 大槌町 山口貴豊(元クボタスピアーズ、元日本代表) 阿部博典(クボタスピアーズ):紫波町 佐々木和樹(釜石シーウェイブス):紫波町 渡邊太生(東芝ブレイブルーパス):北上市 細川進(元釜石シーウェイブス):紫波町 合澤英旦(釜石シーウェイブス):釜石市 金野新(元釜石シーウェイブス):釜石市 瀬川貴久(元サントリーサンゴリアス):花巻市 バスケットボール 三浦祐司(元NKKシーホークス) 近藤雄治(元仙台89ERS) 山本吉昭(元岩手ビッグブルズ):滝沢市 斉藤資(元大阪エヴェッサ):九戸村 長谷川武(元オーエスジーフェニックス東三河) 斎藤智美(三菱電機コアラーズ) 川村卓也(和歌山トライアンズ・日本代表):盛岡市 千葉慎也(岩手ビッグブルズ):奥州市 長谷川技(東芝ブレイブサンダース神奈川) 田中舘洸(元岩手ビッグブルズ):二戸市 澤口誠(青森ワッツ):釜石市 小野寺祥太(岩手ビッグブルズ):一関市 バレーボール 吉田清司(FC東京バレーボールチーム総監督):盛岡市 栗生澤淳一(JTサンダーズ部長 元日本代表):大船渡市 及川英香(元トヨタ車体クインシーズ):一関市 高橋賢行(つくばユナイテッドSun GAIA):滝沢市 熊谷更紗(残波WINGS):盛岡市 鈴木未来(元PFUブルーキャッツ):奥州市 佐々木美麗(日立リヴァーレ):花巻市 高橋沙織(日立リヴァーレ):北上市 細川絢加(日立リヴァーレ):盛岡市 ハンドボール 佐藤良彦(大崎オーソルコーチ) 武藤崇之 上町史織(北國銀行ハニービー、日本代表):盛岡市 長野かづさ(元ソニーセミコンダクタ九州BLUE SAKUYA、元日本代表):盛岡市 藤田東吾(豊田合成ブルーファルコン) 錦織新(ソニーセミコンダクタ九州BLUE SAKUYA、日本代表) ホッケー 西田範次(富士大学ホッケー部総監督):盛岡市 小澤和幸(名古屋フラーテル、ホッケー男子日本代表):岩手町 長岡俊輔(名古屋フラーテル、ホッケー男子日本代表) 小沢みさき(北京オリンピックホッケー女子日本代表):岩手町 田中泉樹(ロンドンオリンピックホッケー女子日本代表):岩手町 卓球 藤井基男:花巻市 今野安子 ソフトボール 藤原麻起子(日立ソフトウェア女子ソフトボール部、日本代表):一関市 藤野遥香(トヨタ自動車女子ソフトボール部、日本代表):一関市 ゴルフ 日蔭温子:岩手町 陸上競技 大井利江(円盤投 アテネパラリンピック銀メダリスト、北京パラリンピック銅メダリスト):洋野町 佐々木七恵(マラソン 第5回東京国際女子マラソン優勝、第6回名古屋国際女子マラソン優勝):大船渡市 那須川瑞穂(マラソン 東京マラソン2009優勝):奥州市 水泳競技 高橋馨(シンクロナイズドスイミング アトランタオリンピック銅メダリスト) スキー 三ヶ田礼一(ノルディック複合 アルベールビルオリンピック金メダリスト) 永井秀昭(ノルディック複合):八幡平市 小林潤志郎(ノルディック複合):八幡平市 フィギュアスケート 佐藤洸彬:盛岡市 カーリング 苫米地美智子:二戸市 大相撲 = 力士 = 宮城山福松(第29代横綱):一関市 前田川克郎(元関脇):奥州市 宮錦浩(元小結):宮古市 栃乃花仁(元小結):久慈市・旧山形村 柏戸秀剛(元前頭):洋野町 及川煌久(元前頭):奥州市 花光節夫(元前頭):八幡平市 若ノ海正照(元前頭):花巻市 影虎和彦(元前頭):軽米町 福ノ里邦男(元十両):軽米町 外ヶ濱信行(元幕下):二戸市 四ツ車大八(元十両):花巻市 錦木徹也(十両):盛岡市 = 行司 = 木村庄之助 (27代):盛岡市 木村晃之助:一関市 柔道 三船久蔵:久慈市 昆野睦武:久慈市 川村禎三:矢巾町 柏崎克彦: 日蔭暢年:宮古市 レスリング 工藤章(モントリオールオリンピック銅メダリスト) 岩間怜那 ウエイトリフティング 長谷場久美:釜石市 ボクシング 小原佳太:北上市 木村久:花巻市 伊藤八郎: 瀬川設男:山田町 大雅アキラ:北上市 八重樫東(WBA世界ミニマム級王者):北上市 佐藤洋太(WBC世界スーパーフライ級王者):盛岡市 八重樫剛(1994年広島アジア大会金メダリスト):花巻市 キックボクシング 藤原敏男(日本人初のムエタイ世界王者):宮古市 空手 金澤弘和 平野雅龍:北上市 総合格闘技 加藤誠:一関市 徹肌ィ郎:奥州市 扇久保博正:久慈市 プロレスラー 赤城マリ子(全日本女子プロレス):盛岡市 石川修司(ユニオンプロレス):奥州市 伊東竜二(大日本プロレス):滝沢市 エル・サムライ(新日本プロレス):花巻市 お船chan(KAIENTAI-DOJO):宮古市 大向美智子(全日本女子プロレス):久慈市 剣舞(みちのくプロレス):北上市 佐々木大地(みちのくプロレス):滝沢市 佐々木貴(プロレスリングFREEDOMS):一関市 ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス):盛岡市 TAKAみちのく(KAIENTAI-DOJO):盛岡市 西川潤 (プロレスラー)(健介office):盛岡市 HIROKI(KAIENTAI-DOJO):盛岡市 藤原喜明(新日本プロレス):北上市 房総ボーイ雷斗(KAIENTAI-DOJO): ミラノ・コレクションA.T(新日本プロレス):盛岡市 YAMATO(DRAGON GATE):一関市 レーシングドライバー 前田剛秀(SUPER GT):盛岡市 佐々木雅弘(スーパー耐久):矢巾町 三浦和樹 競馬 石川夏子 伊藤裕人 大庭和弥(JRA):久慈市 小西喜蔵:盛岡市 小林俊彦(岩手競馬):奥州市 小嶋久輝:奥州市 斉藤澄子:盛岡市 佐々木亜紀 佐々木修一 佐藤雅彦 沢田盛夫利:二戸市 菅原勲(岩手競馬):奥州市 菅原俊吏:奥州市 関本浩司:盛岡市 高橋三郎 高橋哲也 高橋優子 高橋悠里: 高松亮:北上市 千葉四美 南郷家全;盛岡市 村上忍: 山本聡哉:葛巻町 山本政聡:葛巻町 自転車競技 猿館貢(現 高等学校教諭) 竹花敏:滝沢市 藤田晃三 = 競輪選手 = 阿部良二:紫波町 及川裕奨:奥州市 大宮政志:滝沢市 加藤善行(元 高等学校教諭) 佐々木一昭:花巻市 佐藤友和:花巻市 競艇 菊地孝平 中澤和志 漕艇 佐藤翔 (ボート選手):北上市 その他 実業家 菊池恩恵(株式会社コムネット代表取締役) 熊谷史人(ライブドア元代表取締役) 郷古潔(三菱重工業社長、東條内閣顧問) 鈴木孝夫(エス・イー・シーエレベーター株式会社代表取締役社長) 横舘英雄(岩手朝日テレビ元取締役、元テレビ朝日アナウンサー) 白木航 (オフィスミル代表取締役) 漫画作品の登場人物 夏木六三四:盛岡市(村上もとか『六三四の剣』) 武蔵坊数馬(水島新司 『ドカベン』) 義経光(水島新司『ドカベン』) なん子、なん子の母:盛岡市(とりのなん子『とりぱん』) 阿弖流為II世:奥州市(高橋克彦・原哲夫『阿弖流為II世』) いちこ:奥州市(五十嵐大介『リトル・フォレスト』) 草加拓海:紫波町(かわぐちかいじ『ジパング』) 太田 功:釜石市(ゆうきまさみ『機動警察パトレイバー』) コッコちゃん:遠野市(佐藤智一『プチッコホーム』) 藤堂吾郎:遠野市(さいとうたかを『ゴルゴ13〜穀物戦争蟷螂の斧』『ゴルゴ13〜穀物戦争蟷螂の斧汚れた金』) 相原義一:遠野市(『宇宙戦艦ヤマト』シリーズ全作) 菊池ユメ:遠野市(よしづきくみち『魔法遣いに大切なこと』) ロン先生:岩手県(光瀬龍・加藤唯史『ロン先生の虫眼鏡』) 十三階段ベム:岩手県(浜岡賢次『浦安鉄筋家族』) トンズラー(『ヤッターマン』) 岩手毬(『もえちり!』シリーズの擬人化キャラ) 伊吹マヤ(『新世紀エヴァンゲリオン) 三船美優(『アイドルマスターシンデレラガールズ』) 一ノ瀬志希(『アイドルマスターシンデレラガールズ』) 及川雫(『アイドルマスターシンデレラガールズ』) その他の人物 及川裸観(健康を説き全国を行脚した人物) 性風俗関係者 天衣みつ 天野こころ 伊東遥 金沢文子 小桜沙樹 小宮ゆい 森村あすか 中沢慶子 雪乃ほたる 岩手県にゆかりのある人物 公人 小沢一郎 椎名素夫 鈴木俊一 増田寛也 文化人 松本俊介 岩崎信 小山実稚恵 加藤芳郎:父が奥州市水沢区出身。

creative commons(wikipedia:岩手県出身

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引