【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

宮城県【地方公共団体・地方自治体】

宮城県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、宮城県の紹介です。

宮城県のホームページ

宮城県 概要・地域の情報やトピック

宮城県

宮城県(みやぎけん)は、日本の県の1つで、東北地方に属する。東は太平洋に面し、西は奥羽山脈に接する。県庁所在地は仙台市。 県の太平洋沿岸部から奥羽山脈の麓にかけて広大な平野部を持ち、ササニシキ、ひとめぼれなどの稲作中心の農業が行われており、米所として有名である。また、世界三大漁場の三陸沖漁場に近いため、県内には気仙沼漁港、石巻漁港、塩釜漁港の3つの特定第3種漁港を初めとする142の漁港があり、全国屈指の水揚げ量を誇る。1県に複数の特定第3種漁港を持つ県は、日本国内において宮城県が唯一である。カツオ、サンマ、マグロのほか、カキ、ふかひれ、ホヤなどの特産の水産物を持つ。その他、高級和牛牛肉の仙台牛、イチゴやナシなどの果物、伝統野菜に山菜など、豊富な食材を多く産出している点から、県は「食材王国みやぎ」を宣伝句に掲げている。 歴史的には、現在の宮城県の領域は古墳時代からヤマト王権の影響下にあり、雷神山古墳や陸奥国府と推定される官衙(郡山遺跡)が名取郡に置かれ、後に宮城郡に多賀城(陸奥国府・鎮守府)や陸奥国分寺、陸奥国分尼寺が置かれた。

creative commons(wikipedia:宮城県

宮城県仙台第二高等学校

宮城県仙台第二高等学校(みやぎけんせんだいだいにこうとうがっこう)は、仙台市都心部の西、青葉山の麓の広瀬川右岸に所在する県立高等学校。開校する際出資した団体が宮城県のみではない為、県立ではない。現在は男女共学であるが、2006年度(平成18年度)までは男子校であった。通称は二高、仙台二高など。 1900年(明治33年)の創立であり、2000年(平成12年)に創立100周年を迎えた。文武一道を校訓とし、自由と規律の双方を重んじる校風を持つ。創立時から男女別学の男子校であったが、2007年度(平成19年度)から共学化された。学生運動によって制服の着用義務が廃止され、私服での通学が可能となっている。 1977年度(昭和52年度)仙台学区の南北分割により、当校は仙台北学区に入った。現校地の周辺は、江戸時代には仙台城に近いため上級家臣の邸宅地が並び、明治維新後は第2師団を初めとした大日本帝国陸軍関連施設が並んでいたが、戦後占領期には進駐軍のキャンプ・センダイとなり、その後、東北大学川内キャンパスや宮城県美術館などが並ぶ文教地区となっている。

creative commons(wikipedia:宮城県仙台第二高等学校

宮城県ナンバースクール

『宮城県』より : 宮城県におけるナンバースクールとは、校名に数字を冠した県立高等学校の通称・総称である。 ナンバースクールとは、宮城県による設立順を示す“ナンバー”を校名に冠した旧制中学校・旧制高等女学校を前身校に持つ6高校の総称(と一覧)である。 戦後の学制改革により、それまでの旧制中学校および高等女学校から新制高校へ転換され、仙台市内には、男子校である仙台一高、仙台二高と、女子校である宮城一女高、宮城二女高、宮城三女高という、比較的長い歴史を持った進学校群があり、それぞれの学区内における入試難易度も上位にあったことから、しばしばひと括りにされた。これに戦後開校された仙台三高が加わって、「ナンバースクール」を構成していた。 宮城県教育委員会による「県立高校の一律共学化」政策のもと、2007年(平成19年)度から2010年(平成22年)度にかけてこれら全ての学校は男女共学とされ、宮城一女高は宮城一高、宮城三女高は仙台三桜高校に改称、宮城二女高は中高一貫校である仙台二華中学校・高校となったが、何れの校名にも数字が残された。

creative commons(wikipedia:宮城県ナンバースクール

宮城県知事

『宮城県』より : 宮城県知事一覧(みやぎけんちじいちらん) 宮城県の歴代知事(官選:36代36人/公選:19代10人)の一覧。 官選知事 参事 塩谷良翰(明治5年1月8日 - ) 宮城時亮(1873年(明治6年)2月7日 - )県令 宮城時亮(1874年(明治7年)9月18日 - )※権令:1874.9.18 - 1878.6.14 松平正直(1878年(明治11年)7月20日 - )※権令:1878.7.20 - 1878.7.25知事 松平正直(1886年(明治19年)7月19日 - ) 船越衛(1891年(明治24年)4月9日 - ) 勝間田稔(1894年(明治27年)1月20日 - ) 樺山資雄(1897年(明治30年)4月7日 - ) 時任為基(1898年(明治31年)6月3日 - ) 大浦兼武(1898年(明治31年)7月28日 - ) 千頭清臣(1898年(明治31年)8月9日 - ) 高崎親章(1900年(明治33年)1月19日 - ) 野村政明(1900年(明治33年)3月19日 - ) 小野田元熈(1900年(明治33年)10月31日 - ) 宗像政(1902年(明治35年)2月8日 - ) 田辺輝実(1903年(明治36年)1月21日 - ) 亀井英三郎(1905年(明治38年)12月24日 - ) 寺田祐之(1908年(明治41年)7月20日 - ) 森正隆(1913年(大正2年)2月27日 - ) 俵孫一(1914年(大正3年)4月28日 - ) 浜田恒之助(1915年(大正4年)8月12日 - ) 森正隆(1919年(大正8年)4月18日 - ) 力石雄一郎(1921年(大正10年)5月27日 - ) 上田万平(1924年(大正13年)6月24日 - ) 牛塚虎太郎(1926年(大正15年)12月18日 - ) 湯沢三千男(1929年(昭和4年)10月9日 - ) 三辺長治(1931年(昭和6年)12月18日 - ) 赤木朝治(1933年(昭和8年)7月21日 - ) 半井清(1934年(昭和9年)7月10日 - ) 井野次郎(1935年(昭和10年)6月28日 - ) 菊山嘉男(1936年(昭和11年)4月12日 - ) 戸塚九一郎(1939年(昭和14年)4月17日 - ) 清水良策(1939年(昭和14年)9月7日 - ) 林信夫(1940年(昭和15年)4月9日 - ) 加藤於兎丸(1942年(昭和17年)10月7日 - ) 内田信也(1943年(昭和18年)7月1日 - ) 丸山鶴吉(1944年(昭和19年)2月25日 - ) 生悦住求馬(1945年(昭和20年)6月10日 - ) 千葉三郎(1945年(昭和20年)10月27日 - ) 渡辺男二郎(1947年(昭和22年)3月5日 - ) 宮城県知事一覧 公選知事 選挙結果 第20回 2013年(平成25年)10月27日実施※当日有権者数:1,884,084人 最終投票率:36.58%(前回比:.ポイント) 第19回 2009年(平成21年)10月25日実施※当日有権者数:1,888,421人 最終投票率:46.57%(前回比:.ポイント) 第18回 2005年(平成17年)10月23日実施※当日有権者数:1,878,673人 最終投票率:40.35%(前回比:.ポイント) 第17回 2001年(平成13年)11月18日実施※当日有権者数:1,841,921人 最終投票率:35.58%(前回比:.ポイント) 第16回 1997年(平成9年)10月26日実施※当日有権者数:人 最終投票率:55.86%(前回比:.ポイント) 第15回 1993年(平成5年)11月21日実施※当日有権者数:人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント) 第14回 1993年(平成5年)2月28日実施※当日有権者数: 人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント) 第13回 1989年(平成元年)3月19日実施※当日有権者数: 人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント) 第12回 1985年(昭和60年)3月3日実施※当日有権者数: 人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント) 第11回 1981年(昭和56年)3月1日実施※当日有権者数: 人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント) 第10回 1977年(昭和52年)5月27日実施※当日有権者数: 人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント) 第9回 1973年(昭和48年)3月4日実施※当日有権者数: 人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント) 第8回 1969年(昭和44年)3月23日実施※当日有権者数: 人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント) 第7回 1965年(昭和40年)3月28日実施※当日有権者数: 人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント) 第6回 1963年(昭和38年)2月24日実施※当日有権者数: 人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント) 第5回 1959年(昭和34年)3月1日実施※当日有権者数: 人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント) 第4回 1956年(昭和31年)9月20日実施※当日有権者数: 人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント) 第3回 1952年(昭和27年)10月5日実施※当日有権者数: 人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント) 第2回 1949年(昭和24年)2月22日実施※当日有権者数: 人 最終投票率:.%(前回比:.ポイント)。

creative commons(wikipedia:宮城県知事

宮城県仙台第一高等学校

宮城県仙台第一高等学校(みやぎけんせんだいだいいちこうとうがっこう)は宮城県仙台市若林区に所在する県立高等学校。一高、仙台一高の通称で呼ばれている。在校生からは一の代わりに壱の字がよく使われる。スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校。 OBでもある劇作家の井上ひさしの「青葉繁れる」のモデルとなった。 1892年に宮城県尋常中学校として開校。2012年に創立120周年を迎えた。仙台二高・仙台三高・宮城一高・仙台二華・仙台三桜と合わせて「ナンバースクール」と呼ばれる。校訓と標語として「自重献身」「自発能動」を掲げており、生徒の自主性を重んじるため、自由な校風である。制服がなく私服校。また一足制で上履きがない。2012年度より文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定(5年間)を受けた。 共学化問題 10年以上、共学化に対する論争が起こっていたが、2009年に県教委の正式な決定がされたことから、2010年度より共学化された。

creative commons(wikipedia:宮城県仙台第一高等学校

宮城県仙台第三高等学校

宮城県仙台第三高等学校(みやぎけんせんだいだいさんこうとうがっこう)は、宮城県仙台市宮城野区に所在する県立高等学校。三高、仙台三高の通称で呼ばれている。スーパーサイエンスハイスクール指定校である。 団塊の世代の高校進学を迎えて高校の増設が急務となっていたことや、同時期仙台市より普通科高校の設置の要望が出されていたことから、これらを受ける形で1963年に開校した。開校当初から進学校として位置付けられていた。 1968年には宮城県初、全国的にも早い段階で理数科が設置された。また、旧男子校、ナンバースクールが宮城県仙台第一高等学校、宮城県仙台第二高等学校と本校であり、開校当初より進学校と位置付けられて進学指導が継続されている。 元々は進学実績で県内でも上位となるように生徒の教育指導を行い、実際にその位置にあった。 2009年度より共学化されたが、校章・校歌はそのまま使用されている。他のナンバースクールの仙台一高、第一女子高ほど積極的に共学化反対運動は行われなかった。共学化を推進したのは、当時の宮城県知事で仙台二高OBの浅野史郎だった。

creative commons(wikipedia:宮城県仙台第三高等学校

宮城県出身の人物一覧

宮城県出身の人物一覧(みやぎけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する宮城県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 ※は現職 砂金玲子(日本人初のアメリカ合衆国ニューヨーク市職員、ソーシャルワーカー、宮城県仙台市出身。母親も宮城県仙台市出身。) 愛知揆一(元大蔵大臣、外務大臣) 愛知治郎※:仙台市(ニューヨーク州生まれ) 秋葉賢也※ 阿子島俊治 安住淳※(元財務大臣) 跡部昌洋 粟屋仙吉(元広島市長) 市川一朗 伊藤信太郎※ 伊藤宗一郎(元衆議院議長) 伊藤康志 内海英男(満州生まれ) 内海安吉 大石武一(元環境庁長官、農林大臣) 大石正光 大石倫治 小野寺五典※(元防衛大臣) 鎌田三之助 亀谷博昭(横須賀生まれ) 菊池福治郎 菊地養之輔 今野東:塩竈市 桜井充※ 佐々木更三 島野武(元仙台市長) 高橋清治郎:大崎市<旧鳴子町> 只野直三郎 千葉卓三郎 土井亨※ 中野正志※ 橋本清仁:柴田町 長谷川峻(元法務大臣、運輸大臣) 日野市朗(元郵政大臣) 日野吉夫 藤沢幾之輔 保坂展人 本間俊一 本間俊太郎(元宮城県知事);加美町<旧中新田町> 三塚博(元大蔵大臣、自由民主党幹事長) 吉野信次(元商工大臣、運輸大臣) 軍人 安藤利吉 陸軍大将 今村均 陸軍大将 多田駿 陸軍大将 松川敏胤 陸軍大将 安部孝一 陸軍中将 阿部平輔 陸軍中将 大場四平 陸軍中将 伊藤忍 陸軍中将 井上達三 陸軍中将 梅沢道治 陸軍中将 笠原幸雄 陸軍中将 斎藤義次 陸軍中将 佐伯文郎 陸軍中将 桜田武 陸軍中将 永沼秀文 陸軍中将 片倉衷 陸軍少将 東海林俊成 陸軍少将 万城目武雄 陸軍少将 遊佐幸平 陸軍少将 甘粕正彦 陸軍大尉 井上成美 海軍大将 山梨勝之進 海軍大将 斎藤七五郎 海軍中将 四竈孝輔 海軍中将 保科善四郎 海軍中将 遠藤忍 海軍大佐 斎藤正久 海軍大佐 菅野直 海軍中佐 実業家 安藤太郎(住友不動産社長) 一力一夫(河北新報社主) 尾形英夫 小野寺正(KDDI代表取締役社長兼会長) 小嶋進(ヒューザー代表取締役社長):色麻町 菅原千恵(元AV女優、ソフト・オン・デマンド取締役社長):仙台市 清野智(東日本旅客鉄道代表取締役社長):仙台市 武田豊(新日本製鐵元社長→会長、経団連副会長):栗原市<旧高清水町> 富田鐵之助(日本銀行第2代総裁) 中鉢良治(ソニー副会長):大崎市<旧鳴子町> 野口美佳(ピーチジョン代表取締役社長) 早川種三 長井勝一(青林堂創業者) 幕田圭一(東北電力元社長) 松田公太(タリーズコーヒージャパン創業者、現参議院議員) 松田咲實(アーツビジョン、アイムエンタープライズ創業者) 氏家照彦(七十七銀行副頭取、仙台経済同友会代表幹事) 相馬黒光(中村屋創業者) その他の公人 仙台四郎(福の神) スポーツ選手 野球 = 現役選手 = 相原和友(現:東北楽天ゴールデンイーグルス) 阿部俊人 (現:東北楽天ゴールデンイーグルス) 伊藤祐介(現:福岡ソフトバンクホークス) 岸孝之(現:埼玉西武ライオンズ) 今野龍太(現:東北楽天ゴールデンイーグルス) 佐藤貴規(現:福島ホープス) 由規(本名・佐藤由規。

creative commons(wikipedia:宮城県出身の人物一覧

宮城県の廃止市町村一覧

宮城県の廃止市町村一覧(みやぎけんのはいししちょうそんいちらん)は宮城県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:多賀城町 → 多賀城市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:十五浜村 → 雄勝町 (宮城県) 雄勝町)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:宮城県の廃止市町村一覧

宮城県小学校一覧

宮城県小学校一覧(みやぎけんしょうがっこういちらん)は、宮城県の小学校の一覧。 国立小学校 宮城教育大学附属小学校 公立小学校 仙台市 = 青葉区 = = 宮城野区 = = 若林区 = = 太白区 = = 泉区 = 石巻市 塩竈市 気仙沼市 白石市 名取市 角田市 多賀城市 岩沼市 登米市 栗原市 東松島市 大崎市 刈田郡 柴田郡 伊具郡 亘理郡 宮城郡 黒川郡 加美郡 遠田郡 牡鹿郡 女川町立女川小学校 本吉郡 私立小学校 関連項目 学校記事一覧 宮城県高等学校一覧 宮城県中学校一覧 宮城県幼稚園一覧 宮城県小学校の廃校一覧 宮城県特別支援学校一覧 外部リンク 小学校区マップ(仙台市) 市立小・中学校の学区検索(仙台市教育委員会) 小学校および中学校の通学区域に関する規則(仙台市)。

creative commons(wikipedia:宮城県小学校一覧

宮城県出身の有名人一覧

宮城県出身の人物一覧(みやぎけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する宮城県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 ※は現職 砂金玲子(日本人初のアメリカ合衆国ニューヨーク市職員、ソーシャルワーカー、宮城県仙台市出身。母親も宮城県仙台市出身。) 愛知揆一(元大蔵大臣、外務大臣) 愛知治郎※:仙台市(ニューヨーク州生まれ) 秋葉賢也※ 阿子島俊治 安住淳※(元財務大臣) 跡部昌洋 粟屋仙吉(元広島市長) 市川一朗 伊藤信太郎※ 伊藤宗一郎(元衆議院議長) 伊藤康志 内海英男(満州生まれ) 内海安吉 大石武一(元環境庁長官、農林大臣) 大石正光 大石倫治 小野寺五典※(元防衛大臣) 鎌田三之助 亀谷博昭(横須賀生まれ) 菊池福治郎 菊地養之輔 今野東:塩竈市 桜井充※ 佐々木更三 島野武(元仙台市長) 高橋清治郎:大崎市<旧鳴子町> 只野直三郎 千葉卓三郎 土井亨※ 中野正志※ 橋本清仁:柴田町 長谷川峻(元法務大臣、運輸大臣) 日野市朗(元郵政大臣) 日野吉夫 藤沢幾之輔 保坂展人 本間俊一 本間俊太郎(元宮城県知事);加美町<旧中新田町> 三塚博(元大蔵大臣、自由民主党幹事長) 吉野信次(元商工大臣、運輸大臣) 軍人 安藤利吉 陸軍大将 今村均 陸軍大将 多田駿 陸軍大将 松川敏胤 陸軍大将 安部孝一 陸軍中将 阿部平輔 陸軍中将 大場四平 陸軍中将 伊藤忍 陸軍中将 井上達三 陸軍中将 梅沢道治 陸軍中将 笠原幸雄 陸軍中将 斎藤義次 陸軍中将 佐伯文郎 陸軍中将 桜田武 陸軍中将 永沼秀文 陸軍中将 片倉衷 陸軍少将 東海林俊成 陸軍少将 万城目武雄 陸軍少将 遊佐幸平 陸軍少将 甘粕正彦 陸軍大尉 井上成美 海軍大将 山梨勝之進 海軍大将 斎藤七五郎 海軍中将 四竈孝輔 海軍中将 保科善四郎 海軍中将 遠藤忍 海軍大佐 斎藤正久 海軍大佐 菅野直 海軍中佐 実業家 安藤太郎(住友不動産社長) 一力一夫(河北新報社主) 尾形英夫 小野寺正(KDDI代表取締役社長兼会長) 小嶋進(ヒューザー代表取締役社長):色麻町 菅原千恵(元AV女優、ソフト・オン・デマンド取締役社長):仙台市 清野智(東日本旅客鉄道代表取締役社長):仙台市 武田豊(新日本製鐵元社長→会長、経団連副会長):栗原市<旧高清水町> 富田鐵之助(日本銀行第2代総裁) 中鉢良治(ソニー副会長):大崎市<旧鳴子町> 野口美佳(ピーチジョン代表取締役社長) 早川種三 長井勝一(青林堂創業者) 幕田圭一(東北電力元社長) 松田公太(タリーズコーヒージャパン創業者、現参議院議員) 松田咲實(アーツビジョン、アイムエンタープライズ創業者) 氏家照彦(七十七銀行副頭取、仙台経済同友会代表幹事) 相馬黒光(中村屋創業者) その他の公人 仙台四郎(福の神) スポーツ選手 野球 = 現役選手 = 相原和友(現:東北楽天ゴールデンイーグルス) 阿部俊人 (現:東北楽天ゴールデンイーグルス) 伊藤祐介(現:福岡ソフトバンクホークス) 岸孝之(現:埼玉西武ライオンズ) 今野龍太(現:東北楽天ゴールデンイーグルス) 佐藤貴規(現:福島ホープス) 由規(本名・佐藤由規。

creative commons(wikipedia:宮城県出身の有名人一覧

宮城県幼稚園一覧

宮城県幼稚園一覧(みやぎけんようちえんいちらん)は、宮城県の幼稚園の一覧。廃止された幼稚園については宮城県幼稚園の廃園一覧を参照。
宮城教育大学附属幼稚園
仙台市立東二番丁幼稚園
仙台市立秋保幼稚園
仙台市立馬場幼稚園
石巻市立住吉幼稚園
石巻市立湊幼稚園
石巻市立稲井幼稚園
石巻市立河北幼稚園
石巻市立桃生幼稚園
気仙沼市立唐桑幼稚園
気仙沼市立松圃幼稚園
気仙沼市立大谷幼稚園
気仙沼市立小泉幼稚園
気仙沼市立津谷幼稚園
気仙沼市立馬籠幼稚園
白石市第一幼稚園
白石市第二幼稚園

creative commons(wikipedia:宮城県幼稚園一覧

宮城県の県道一覧

宮城県の県道一覧(みやぎけんのけんどういちらん)は、宮城県を通る県道の一覧である。 政令指定都市主要地方道に指定されている仙台市道についても記載する。 なお、路線名の後の※印は冬季閉鎖区間があることを示す。 主要地方道 1 古川佐沼線(大崎市古川荒谷~栗原市高清水間は国道4号と重複) 2 石巻鮎川線 3 塩釜吉岡線 4 中田栗駒線 5 気仙沼港線 6 石巻停車場線 7 石巻港線(一方通行区間あり) 8 仙台松島線(利府街道、三陸自動車道利府中IC-松島北IC間も含む) 9 大和松島線 10 塩釜亘理線 11 塩釜港線 12 白石上山線 (山形県道と共通) ※ 13 上山七ヶ宿線 (山形県道と共通) ※ 14 亘理大河原川崎線 15 古川登米線 16 石巻鹿島台大衡線 17 栗駒岩出山線 18 本吉室根線(岩手県道と共通) 19 鹿島台高清水線 20 仙台空港線 21 河南米山線 22 仙台泉線(通称「泉中央通り」、旧国道4号) 23 仙台塩釜線(通称「産業道路」) 24 白石丸森線 25 岩沼蔵王線 26 気仙沼唐桑線(旧国道45号) 27 奥松島松島公園線(愛称「奥松島パークライン」) 28 丸森柴田線 29 河南築館線 30 河北桃生線 31 仙台村田線 32 古川松山線 33 石巻河北線 34 気仙沼陸前高田線(岩手県道と共通。

creative commons(wikipedia:宮城県の県道一覧

宮城県道

『宮城県の県道一覧』より : 宮城県の県道一覧(みやぎけんのけんどういちらん)は、宮城県を通る県道の一覧である。 政令指定都市主要地方道に指定されている仙台市道についても記載する。 なお、路線名の後の※印は冬季閉鎖区間があることを示す。 主要地方道 1 古川佐沼線(大崎市古川荒谷~栗原市高清水間は国道4号と重複) 2 石巻鮎川線 3 塩釜吉岡線 4 中田栗駒線 5 気仙沼港線 6 石巻停車場線 7 石巻港線(一方通行区間あり) 8 仙台松島線(利府街道、三陸自動車道利府中IC-松島北IC間も含む) 9 大和松島線 10 塩釜亘理線 11 塩釜港線 12 白石上山線 (山形県道と共通) ※ 13 上山七ヶ宿線 (山形県道と共通) ※ 14 亘理大河原川崎線 15 古川登米線 16 石巻鹿島台大衡線 17 栗駒岩出山線 18 本吉室根線(岩手県道と共通) 19 鹿島台高清水線 20 仙台空港線 21 河南米山線 22 仙台泉線(通称「泉中央通り」、旧国道4号) 23 仙台塩釜線(通称「産業道路」) 24 白石丸森線 25 岩沼蔵王線 26 気仙沼唐桑線(旧国道45号) 27 奥松島松島公園線(愛称「奥松島パークライン」) 28 丸森柴田線 29 河南築館線 30 河北桃生線 31 仙台村田線 32 古川松山線 33 石巻河北線 34 気仙沼陸前高田線(岩手県道と共通。

creative commons(wikipedia:宮城県道

宮城県石巻商業高等学校

宮城県石巻商業高等学校(みやぎけん いしのまきしょうぎょうこうとうがっこう)は、宮城県石巻市南境字大樋にある県立商業高等学校。地元では「石商」(せきしょう)と呼ばれる。1911年(明治44年)に石巻町立石巻商業補習学校として創立された男子校であったが、2006年(平成18年)度より男女共学になった。 石巻高等学校とは姉妹校であり、6月になると定期戦が開催される。その際には、両校の応援団による応援合戦と共に、サッカー・ボート競技・硬式野球の3種目で競技が行われる。 2005年(平成17年)度からは「活字離れ」が進んでいると言われる現代の高校生に読書する機会を持ってもらうために、テレビやインターネットなどのメディアだけに頼ることなく、活字の媒体から得る知識や教養の大切さを理解し、合わせて国語力やコミュニケーション能力の向上のために、朝の10分間読書を実施している。

creative commons(wikipedia:宮城県石巻商業高等学校

宮城県中学校一覧

宮城県中学校一覧(みやぎけんちゅうがっこういちらん)は、宮城県の中学校及び中等教育学校(前期課程)の一覧。 国立中学校 宮城教育大学附属中学校 公立中学校・中等教育学校 仙台市 = 青葉区 = = 太白区 = = 宮城野区 = = 若林区 = == 県立 宮城県仙台二華中学校 == 市立 = 泉区 = 石巻市 塩竈市 気仙沼市 白石市 名取市 角田市 多賀城市 岩沼市 登米市 栗原市 東松島市 大崎市 == 県立 宮城県古川黎明中学校 == 市立 刈田郡 柴田郡 伊具郡 丸森町立丸森中学校 亘理郡 宮城郡 黒川郡 加美郡 遠田郡 牡鹿郡 本吉郡 私立中学校・中等教育学校 関連項目 学校記事一覧 宮城県高等学校一覧 宮城県小学校一覧 宮城県幼稚園一覧 宮城県特別支援学校一覧 宮城県中学校の廃校一覧 外部リンク 中学校区マップ(仙台市)。

creative commons(wikipedia:宮城県中学校一覧

宮城県信用農業協同組合連合会

『農林中央金庫』より : 農林中央金庫(のうりんちゅうおうきんこ、英称:The Norinchukin Bank)は、1923年(大正12年)に設立された農業協同組合、森林組合、漁業協同組合の系統中央機関の役割を持つ金融機関であり、国内最大規模の機関投資家である。海外では日本最大のヘッジファンドとして名高い。略称は農林中金。 経緯 特殊法人であったが、1986年(昭和61年)に特別民間法人となり、農林中央金庫法を根拠法とする純粋な民間金融機関となった。 1990年代後半より、貸出利率は下落し貸付業務は徐々に魅力をなくした。そのため、潤沢な資金を背景にヘッジファンドとして転換を遂げた。米国一流大学のMBA取得者約300人を抱える有価証券投資部門を擁し、ロンドン、ニューヨーク、シンガポールを拠点に海外積極投資を展開している。 銀行免許を持つ金融機関でありながら金融庁ではなく農林水産省の所管となっている。約3,200人の職員で、JAバンクから上がってくる約80兆円の預金を運用するため、有価証券投資、法人向け大口貸付業務が主流業務となっている。

creative commons(wikipedia:宮城県信用農業協同組合連合会

宮城県民会館

名称=東京エレクトロンホール宮城”Tokyo Electron Hall Miyagi”
通称=
正式名称=宮城県民会館(”Miyagi Prefectural Auditorium”)
旧名称=仙台劇場宮城県労働会館
完成年=1964
完成月=9
完成日=
開館年=1950
開館月=12
開館日=
開館公演=
閉館年=
閉館月=
閉館日=
最終公演=
収容人数=
客席 1,590席
延床面積=12,470.04

creative commons(wikipedia:宮城県民会館

宮城県高等学校一覧

宮城県高等学校一覧(みやぎけん こうとうがっこういちらん)は、宮城県の高等学校及び中等教育学校(後期課程)の一覧。 県立高等学校の正式名称は、北海道の公立高等学校や長野県の県立高等学校同様に「立」が付かない「宮城県○○高等学校」になっている。 全日制課程の存在しない高等学校については、定時制は「○○高等学校{定時制}」通信制は「○○高等学校{通信制}」定時制・通信制共に存在する場合は、定時制表記で記載する。 公立高等学校・中等教育学校 県立高等学校 = 仙台市 = == 青葉区 == 宮城野区 == 若林区 == 太白区 == 泉区 = 石巻市 = = 塩竈市 = = 気仙沼市 = = 白石市 = = 名取市 = = 角田市 = = 多賀城市 = = 岩沼市 = = 登米市 = = 栗原市 = = 東松島市 = = 大崎市 = = 刈田郡 = = 柴田郡 = = 伊具郡 = = 亘理郡 = = 宮城郡 = = 黒川郡 = = 加美郡 = = 遠田郡 = = 本吉郡 = 市町村立高等学校・中等教育学校 私立高等学校・中等教育学校 大崎中央高等学校 秀光中等教育学校 〔下記の仙台育英学園高校とは学校法人が同じ〕 尚絅学院高等学校 〔中学校併設、系列の幼稚園・大学あり〕 聖ウルスラ学院英智高等学校 〔系列の幼稚園・小学校・中学校あり〕 聖ドミニコ学院高等学校 〔中学校併設、系列の幼稚園・小学校あり〕 聖和学園高等学校 〔系列の幼稚園・短大あり〕 仙台育英学園高等学校 〔上記の秀光中等教育学校とは学校法人が同じ〕 仙台白百合学園高等学校 〔中学校併設、系列の幼稚園・小学校・大学あり〕 仙台城南高等学校(2013年4月に東北工業大学高等学校より改称) 〔東北工業大学の系列校〕 東北高等学校 東北学院高等学校 〔中学校併設、系列の幼稚園・大学あり、下記の榴ヶ岡高校とも学校法人が同じ〕 東北学院榴ヶ岡高等学校 〔系列の幼稚園・中学校・大学あり、上記の東北学院高校とも学校法人が同じ〕 東北生活文化大学高等学校 〔東北生活文化大学の系列校、系列の幼稚園あり〕 東陵高等学校 常盤木学園高等学校 西山学院高等学校 古川学園高等学校 〔中学校併設〕 宮城学院高等学校 〔中学校併設、系列の幼稚園・大学あり〕 明成高等学校 〔系列の大学あり〕〈五十音順〉 関連項目 学校記事一覧 宮城県特別支援学校一覧 宮城県中学校一覧 宮城県小学校一覧 宮城県幼稚園一覧 宮城県立高等学校学区制度 宮城県高等学校の廃校一覧 旧制中等教育学校の一覧 (宮城県) 外部リンク 宮城県教育委員会。

creative commons(wikipedia:宮城県高等学校一覧

宮城県総合運動公園

『宮城スタジアム』より : 宮城県総合運動公園(みやぎけん そうごううんどうこうえん)は、宮城県宮城郡利府町にある運動公園。愛称「グランディ・21」。 宮城県が施設を所有し、財団法人宮城県スポーツ振興財団・同和興業・セントラルスポーツグループが運動施設等を、東洋緑化株式会社が広場を、指定管理者としてそれぞれ運営管理を行っている。 松島丘陵東部の、仙台市宮城野区と利府町に位置する県有地の「県民の森」(約410ha)の東側に隣接してある。宮城県の人口重心(北緯38度20分50秒東経140度58分45秒)に隣接している。 宮城県総合運動公園にはアクセス問題があるため、約5万人の収容力がある宮城スタジアムを満席にするようなイベントはほとんど開かれておらず、宮城スタジアムの利用者数は全体の2割程度に留まっている。公園施設利用者数の2/3はセキスイハイムスーパーアリーナが占めており、同アリーナのみが命名権価値がある施設となっている。 公園内の主な施設 括弧内の数字は収容人数 ひとめぼれスタジアム宮城(49,133人) セキスイハイムスーパーアリーナ(総合体育館)(7,063人) セントラルスポーツ宮城G21プール(2,673人) 宮城県総合運動公園テニスコート(1,314人) 宮城県総合運動公園合宿所(リフレッシュプラザ)(196人) 補助競技場 投てき場 広場 丘の広場 芝生広場 遊具広場 集いの広場 利用者数 以下の表の「宮城スタジアム」には、補助競技場、投てき場の利用者数を含む。

creative commons(wikipedia:宮城県総合運動公園

宮城県沖地震

宮城県沖地震(みやぎけんおきじしん)は、日本の宮城県東方沖を震源とする地震。特に日本海溝(海洋プレートと大陸プレートの境界部分)の大陸プレート側を震源として周期的に発生するマグニチュード(M)7.5前後の地震を指す。 東北地方などがのる北アメリカプレートの下に、同地方の東方沖で海洋プレートの太平洋プレートが沈み込んでいる(東北地方がのるプレートはアリューシャンプレートまたはオホーツクプレートとする説もあるが、いずれも北アメリカプレートと同系列、あるいは広義には同じとみなせる)。 この両プレート間で両側のプレートから圧縮を受けて歪みが生じ、プレート間に存在する活断層が活動することによって発生する地震の内、牡鹿半島沖を震源とするマグニチュード(M) 7.1〜7.4 前後の地震が繰り返し発生している。平均発生間隔は約38年である。また、陸よりと海溝よりの2つのアスペリティがあると考えられていて、宮城県沖地震には1930年代の地震のように時間をおいて複数のアスペリティが別々にすべる場合と、1978年の地震のように同時にすべる場合があると考えられている。

creative commons(wikipedia:宮城県沖地震

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引