【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

山形県酒田市【地方公共団体・地方自治体】

酒田市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、山形県酒田市の紹介です。

山形県酒田市のホームページ

酒田市 概要・地域の情報やトピック

酒田市

酒田市(さかたし)は、山形県の北西にある人口約11万人の市。庄内北部の都市である。県内人口第3位。 庄内空港と山形県唯一の重要港湾酒田港がある。 地理 市域の大部分が庄内平野の平坦地で、河川によって運ばれた豊富な土壌で稲作を行っている。そのため、春から夏にかけては田園風景が広がる。海岸沿いの砂丘地ではメロンやイチゴの栽培をしている。市街地は最上川の河口右岸に集中している。また、山形県で唯一の離島である飛島(とびしま、面積2.32km²)が日本海の北西39km沖合にある。 市の北部には鳥海山があり、そのふもとから日向川(にっこうがわ)が流れ出る。 山: 鳥海山、飯森山、鷹尾山、胎蔵山 河川: 最上川、日向川、赤川、京田川(きょうでんがわ)、新井田川(にいだがわ)、荒瀬川、相沢川、田沢川 湖沼:鶴間池、与蔵沼 ダム:田沢川ダム(庄内北部の市町に水を供給する多目的ダム) 峡谷:青沢峡、前ノ川峡フェーン現象により夏場に高温となる場合があり、1978年8月3日には最高気温40.1℃を記録した。

creative commons(wikipedia:酒田市

酒田市民会館「希望ホール」

酒田市民会館「希望ホール」(さかたしみんかいかん「きぼうホール」、Sakata Civic Hall "Kibou Hall")は、山形県酒田市にある多目的ホール。酒田市役所隣に、2004年7月3日に開館した。酒田市が管理と運営を行っている。 2004年には小澤征爾が指揮する新日本フィルハーモニー交響楽団によるコンサートが開催された。現在、希望ホールは酒田フィルハーモニー管弦楽団活動拠点ホール及び、山形交響楽団による庄内公演の拠点地となっている。 山形県内では最も音響設備がよく、有名アーティストによる音楽ライブも年数回行われる。 施設 大ホール(舞台面積 約700m²、客席面積 約1,120m²) 定員1,287名(1F 836席、2F 451席。車椅子スペース4席含)。ホール形式はシューボックス型であり、クラシック主目的の多目的ホールである。座席は2階席まであり、2階席ではサイドバルコニーのロイヤルボックス席を備える。また舞台開口高さを自在に調節できる可動プロセニアム幕が備わっている。 小ホール(約180m²) 定員150名程度(移動椅子設置の場合)。

creative commons(wikipedia:酒田市民会館「希望ホール」

酒田市民会館

『酒田市民会館「希望ホール」』より : 酒田市民会館「希望ホール」(さかたしみんかいかん「きぼうホール」、Sakata Civic Hall "Kibou Hall")は、山形県酒田市にある多目的ホール。酒田市役所隣に、2004年7月3日に開館した。酒田市が管理と運営を行っている。 2004年には小澤征爾が指揮する新日本フィルハーモニー交響楽団によるコンサートが開催された。現在、希望ホールは酒田フィルハーモニー管弦楽団活動拠点ホール及び、山形交響楽団による庄内公演の拠点地となっている。 山形県内では最も音響設備がよく、有名アーティストによる音楽ライブも年数回行われる。 施設 大ホール(舞台面積 約700m²、客席面積 約1,120m²) 定員1,287名(1F 836席、2F 451席。車椅子スペース4席含)。ホール形式はシューボックス型であり、クラシック主目的の多目的ホールである。座席は2階席まであり、2階席ではサイドバルコニーのロイヤルボックス席を備える。また舞台開口高さを自在に調節できる可動プロセニアム幕が備わっている。 小ホール(約180m²) 定員150名程度(移動椅子設置の場合)。

creative commons(wikipedia:酒田市民会館

酒田市立酒田中央高等学校

酒田市立酒田中央高等学校(さかたしりつ さかたちゅうおうこうとうがっこう、Sakata City Sakata Chuo High School)は、山形県酒田市北千日堂前字松境にあった市立高等学校。 2012年(平成24年)3月に閉校し、山形県立酒田光陵高等学校に統合された。閉校後の校舎はそのまま酒田光陵高等学校の校舎として使用されている。 歴史 1940年(昭和15年)創立の「酒田市立酒田実科高等女学校」を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革により新制高等学校となった。現校名になったのは1966年(昭和41年)。2010年(平成22年)に創立70周年を迎えた。2012年(平成24年)3月に酒田市内の公立高校統合再編により閉校し、71年の歴史に幕を下ろした。設置課程・学科 全日制課程 2学科 普通科 情報ビジネス科(商業に関する学科)校章 デザインは前身の実科高等女学校のものを継承し、「白い桜の花弁に輪郭をウグイス色の松葉で縁をとり、中央の淡い青色の円内に銀色で校名の「高」の文字を配している。

creative commons(wikipedia:酒田市立酒田中央高等学校

酒田市立第二中学校

山形県、酒田市にある中学校。
あいさつ、安全、明るい学校
すてきな笑顔あふれる学校
なかよく、思いやりのある学校
ろまんと夢を語り合い、学び合う学校
うたごえ響く、美しい(心・環境・言葉)学校
という「あすなろうの気」を目標としている。
部活動は
運動部:野球、サッカー、バレーボール、男女バスケットボール、男女ソフトテニス、男女卓球、水泳、体操
文化部:吹奏楽、演劇、文芸
がある。
毎年10月に「総合フェスティバル」というこの中学最大の行事がある。
1日目は主に合唱コンクール。他に演劇部、吹奏楽部の発表など。
2日目は体育祭。

creative commons(wikipedia:酒田市立第二中学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引