【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

山形県庄内町【地方公共団体・地方自治体】

庄内町 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、山形県庄内町の紹介です。

山形県庄内町のホームページ

庄内町 概要・地域の情報やトピック

庄内町

庄内町(しょうないまち)は、山形県東田川郡の庄内地方中央に位置する人口約2万人の町。県内の町村では高畠町に次いで人口が多い。 地理 庄内町は庄内平野の中央部から月山のふもとまで、最上川と立谷沢川の流域に広がる、長細い形の町である。余目地区は庄内平野の一角を占め、平坦地にある。国道47号線と県道沿いに住宅や商店、公共施設が集中し、そこを中心に放射状に周辺の集落や市町村に道路が伸びる。庄内町の中心地である。現在は有数の稲作地帯となっているが、土地の標高が最上川の水位より高いため、最上川から取水できず、江戸時代までは広大な原野地帯だった。 狩川地区は狩川駅を中心に住宅や施設が集まっている。清川地区は立谷沢川と最上川の合流する所に位置し、江戸時代最上川舟運の中継地として栄えた。立谷沢地区は立谷沢川沿いに集落が点在する。明治時代後期から昭和初期に広く栽培されたイネ品種「亀ノ尾」の発祥地である。 河川: 最上川、立谷沢川、京田川 湖沼:鶴巻池(鶴巻池)、小出沼(こいでぬま)、舟付沼(ふなつきぬま) 地域区分 庄内町は庄内地方南部の鶴岡市を中心とした田川地区に属するが、北部の酒田市を中心とした飽海地区とも経済的な結びつきが強い。

creative commons(wikipedia:庄内町

庄内町 (山形県)

自治体名=庄内町
区分=町
都道府県=山形県
支庁=
郡=東田川郡
コード=06428-9
面積=249.26
境界未定=なし
人口=24,921
人口の時点=2005年6月30日
隣接自治体=鶴岡市、酒田市、三川町、戸沢村、大蔵村、西川町 (山形県) 西川町
シンボル名=他のシンボル
鳥など=
郵便番号=999-7781
所在地=東田川郡庄内町余目字町132-1

creative commons(wikipedia:庄内町 (山形県)

庄内町 (大分県)

庄内町(しょうないちょう)は大分県のほぼ中央に位置し、大分郡に属していた町である。大分市と大分郡湯布院町のほぼ中間点に位置し、大分市のベッドタウンとしての役割も担う。森や水などの自然に恵まれ、庄内神楽などの伝統芸能が盛ん。 2005年10月1日に、大分郡挾間町、湯布院町と合併して市制を施行し、由布市(ゆふし)となった。それまでの庄内町役場が市役所になっている。 1954年11月1日 - 阿南村・東庄内村・西庄内村・南庄内村・阿蘇野村が対等合併。庄内村となる。 1955年4月1日 - 庄内村が町制施行。庄内町となる。 2005年10月1日 - 挾間町・湯布院町と対等合併して市制施行し、由布市(ゆふし)となり消滅。 地域 教育 = 高等学校 = 大分県立碩南高等学校(現・大分県立由布高等学校) = 小中学校 = 庄内町立庄内中学校 庄内町立阿蘇野小学校 庄内町立阿南小学校 庄内町立大津留小学校 庄内町立星南小学校 庄内町立西庄内小学校 庄内町立東庄内小学校 庄内町立南庄内小学校 = 特別支援学校 = 大分県立庄内養護学校 交通 空港は大分空港が最寄り。

creative commons(wikipedia:庄内町 (大分県)

庄内町 (福岡県)

庄内町(しょうないまち)は、福岡県の中央部に位置していた町である。嘉穂郡に属しており、筑豊を構成する自治体の一つであった。 2006年3月26日、隣接する飯塚市・穂波町・筑穂町・頴田町と対等合併して市制をしき、新市制による飯塚市となった。町役場は現在、飯塚市役所庄内支所となっている。 1889年4月1日 - 町村制施行により、嘉麻郡綱分村、赤坂村、筒野村、高倉村、入水村、山倉村、有安村、多田村、仁保村、大門村、元吉村、有井村の区域をもって庄内村として発足。 1896年2月26日 - 郡制施行により、嘉穂郡庄内村となる。 1958年11月1日 - 町制施行し庄内町となる。 2006年3月26日 - 新市制による飯塚市発足のため自治体廃止。 経済 産業 かつては炭鉱が町の経済を支えていたが、現在ではすべて閉山している。 現在では農業が主産業となっているが、町西部に庄内工業団地を開発している。 企業 幸袋テクノ 地域 教育 = 小・中学校 = 庄内町立庄内小学校 庄内町立庄内中学校 交通 空港はなし。

creative commons(wikipedia:庄内町 (福岡県)

庄内町 (曖昧さ回避)

『』より :

creative commons(wikipedia:庄内町 (曖昧さ回避)

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引