【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

福島県【地方公共団体・地方自治体】

福島県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、福島県の紹介です。

福島県のホームページ

福島県 概要・地域の情報やトピック

福島県

福島県(ふくしまけん)は、日本の都道府県のひとつ。東北地方の南部に位置する。県庁所在地は福島市。太平洋に面し奥羽山脈の東西にまたがって存在する。 面積は北海道、岩手県に次ぐ第3位。都道府県別の人口は第18位。人口密度は第39位である。 地形・気候・交通・歴史などの面から、越後山脈と奥羽山脈に挟まれた日本海側内陸の「会津」、奥羽山脈と阿武隈高地に挟まれた太平洋側内陸の「中通り」、阿武隈高地と太平洋に挟まれた太平洋側沿岸の「浜通り」の3地域に分けられる。現在の福島県は、1876年8月21日に会津地域の前身にあたる若松県と中通り地域の前身にあたる福島県(1876年以前)と浜通り地域の前身にあたる磐前県の3県の合併によって成立した。県名の福島は、当時県庁所在地だった福島町から採ったものである。「福島」の名は福島城として使われたのが最初とされている。 県の広域行政単位は、これらをさらに細分している。方言単位は、上記3区分の他に、3区分横断的な南北分類もされる(関東方言の影響が県南部で見られるため)。

creative commons(wikipedia:福島県

福島県の廃止市町村一覧

福島県の廃止市町村一覧(ふくしまけんのはいししちょうそんいちらん)は福島県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:二本松町→二本松市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:上岡村→双葉町)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:福島県の廃止市町村一覧

福島県出身の人物一覧

福島県出身の人物一覧(ふくしまけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、福島県出身の人物の一覧表である。
菅野弘夫(元東宮大夫):福島市
石井甲二(労働省労働基準局長)
太田義武(環境事務次官)
菅野文治(高松国税局長)
塩田透(東北管区警察局長):福島市
高橋幸男(郵政省郵務局長):福島市
増子正宏(人事院事務総長)
松浦繁(仙台高裁部総括判事):福島市
河野広中(第10代衆議院議長)
堀切善兵衛(第26代衆議院議長)
阿部孝夫(川崎市 川崎市長)
荒井広幸(現参議院議員)
伊東正義(元外務大臣)
石原健太郎(元国会議員 衆議院議員元国会議員 参議院議員)
石原幹市郎(元福島県知事元参議院議員)
鯨岡兵輔(元衆議院議長#副議長 副議長)

creative commons(wikipedia:福島県出身の人物一覧

福島県小学校一覧

福島県小学校一覧(ふくしまけんしょうがっこういちらん)は、福島県の小学校の一覧。 国立小学校 福島大学附属小学校 公立小学校 福島市 会津若松市 郡山市 いわき市 白河市 須賀川市 喜多方市 相馬市 二本松市 田村市 南相馬市 伊達市 本宮市 伊達郡 安達郡 岩瀬郡 南会津郡 耶麻郡 河沼郡 大沼郡 西白河郡 東白川郡 石川郡 田村郡 双葉郡 相馬郡 私立小学校 桜の聖母学院小学校 郡山ザベリオ学園小学校 会津若松ザベリオ学園小学校 関連項目 学校記事一覧 福島県高等学校一覧 福島県中学校一覧 福島県幼稚園一覧 福島県小学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:福島県小学校一覧

福島県立会津高等学校

福島県立会津高等学校(ふくしまけんりつ あいづこうとうがっこう)は、福島県会津若松市表町に所在する県立高等学校。 藩校日新館の流れをくみ旧制会津中学校を前身とする。通称「会高」(かいこう)、地元では(あいづこう)と呼んで会工と分けている。同市には会津工業高校が有り、その略称「会工」も同じ読み方(かいこう)である。旧制中学時代は「会中」(かいちゅう)と呼ばれていた。会津地区のトップ進学校ということで、会津地区中から学生が集まるため、遠方からの生徒もおり、奥会津地域の生徒を中心に単身下宿している生徒も存在する。以前は男子校であったが2002年度より共学化。前史である藩校日新館から考えると、福島県内では最も歴史の古い高校である。 設立の経緯 (前史) 会津藩にはもともと稽古堂とよばれる武士の育成機関があったが、江戸時代が太平期に入り武士の道徳が衰廃しているとの危惧を受け、会津藩5代目藩主・松平容頌の家老であった田中玄宰が「教育の再興」を掲げ、日新館の設立を決めた。

creative commons(wikipedia:福島県立会津高等学校

福島県出身の有名人一覧

福島県出身の人物一覧(ふくしまけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する福島県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 = 議長経験者 = 河野広中(第10代衆議院議長) 堀切善兵衛(第26代衆議院議長、衆議院議員)) 松平恒雄 (初代参議院議長、宮内大臣、外務次官等) = 衆議院議員 = = 参議院議員 = 荒井広幸(新党改革幹事長) 石原健太郎(衆議院議員) 岩城光英(内閣官房副長官、いわき市長) 太田豊秋(農林水産副大臣、北海道開発政務次官、全国農業会議所会長、福島県議会議長) 岡崎トミ子(民主党副代表、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣) 岡野裕(労働大臣) 佐藤正久(自衛隊イラク派遣隊隊長) 下田京子(日本共産党文教部副部長、農政対策委員長) 戸田邦司(運輸省東北運輸局長) 森まさこ(内閣府特命担当大臣、弁護士) = その他政治家 = 太田耕造(文部大臣、内閣書記官長、亜細亜大学創立) 小日山直登(運輸大臣、貴族院議員、南満州鉄道総裁) メイジー・ヒロノ(アメリカ合衆国下院議員、睦合村生まれ、7歳まで在住後母とハワイ州ホノルルに移住) 堀切善次郎(内務大臣、内閣書記官長、東京市長、神奈川県知事) 山本覚馬(同志社大学設立に貢献、京都府議会議長、京都商工会議所会頭) 行政 福島県知事 大竹作摩(衆議院議員) 木村守江(参議院議員、衆議院議員) 日下義雄(長崎県知事、衆議院議員) 佐藤栄佐久(参議院議員) 佐藤善一郎(衆議院議員) 佐藤雄平(参議院議員) 松平勇雄(行政管理庁長官、参議院議員) 村井八郎(衆議院議員) 法曹 池上三郎(函館控訴院検事長) 小貫芳信(最高裁判所判事) 坂田桂三(弁護士、中央選挙管理会委員長) 高木盛之輔 (検事正) 長谷川太一郎(最高裁判所判事、第一東京弁護士会会長) 馬場愿治(大審院部長、中央大学学長) 西川鉄次郎(大審院判事、中央大学創立者の一人、白虎隊士) 三淵忠彦(初代最高裁判所長官) 宗像紀夫(名古屋高検検事長) 矢吹幸太郎(日本弁護士連合会副会長) 軍人・自衛官 実業家 赤羽克己(南満州鉄道理事) 江南哲夫(南山合資会社設立) 金田幸三(ニチレイ創業者) 遠藤敬止(七十七銀行頭取、仙台商工会議所会頭、鶴ヶ城再建の功労者) 大崎裕史(株式会社ラーメンデータバンク取締役会長) 加藤寛六郎(福島農工銀行頭取、福島商工会議所頭取) 木川田一隆(東京電力社長・会長 日商会頭) 北村清士(東邦銀行頭取) 小出伸一(株式会社セールスフォース・ドットコム 代表取締役会長兼CEO。

creative commons(wikipedia:福島県出身の有名人一覧

福島県幼稚園一覧

福島県幼稚園一覧(ふくしまけんようちえんいちらん)は、福島県の幼稚園の一覧。
福島大学附属幼稚園
福島市立森合幼稚園
福島市立杉妻幼稚園
福島市立渡利幼稚園
福島市立岡山幼稚園
福島市立清水幼稚園
福島市立おおとり幼稚園
福島市立大笹生幼稚園
福島市立笹谷幼稚園
福島市立にしね幼稚園
福島市立佐倉幼稚園
福島市立まつかわ西幼稚園
福島市立ひらの幼稚園
福島市立まつかわ東幼稚園
福島市立金谷川幼稚園
福島市立平田幼稚園
福島市立ほうらい幼稚園

creative commons(wikipedia:福島県幼稚園一覧

福島県の県道一覧

福島県の県道一覧(ふくしまけんのけんどういちらん)は、福島県を通る県道の一覧である。主要地方道と一般県道の間以外は欠番がない。 主要地方道(001-076) 1 群馬県道・福島県道1号沼田檜枝岐線(一般車通年通行不可。群馬県方面不通。群馬県片品村-沼田市間は国道120号及び国道401号と重複) 2 山形県道・福島県道2号米沢猪苗代線(西吾妻スカイバレー、以前は有料道路。冬期閉鎖) 3 福島県道3号福島飯坂線(飯坂街道、旧国道13号) 4 福島県道4号福島保原線(保原街道) 5 福島県道5号上名倉飯坂伊達線(フルーツライン・伊達街道) 6 福島県道6号郡山湖南線 7 福島県道7号猪苗代塩川線 8 福島県道8号本宮熱海線(会津街道) 9 福島県道9号猪苗代湖南線 10 茨城県道・福島県道10号日立いわき線 11 福島県道11号白河石川線(御斉所街道) 12 福島県道12号原町川俣線 13 福島県道13号小野田母神線(新町街道) 14 福島県道14号いわき石川線(御斉所街道) 15 福島県道15号小名浜四倉線 16 福島県道16号喜多方西会津線 17 福島県道17号郡山停車場線(郡山駅前大通り) 18 福島県道18号白河停車場線 19 福島県道19号船引大越小野線(新町街道) 20 福島県道20号いわき上三坂小野線 21 福島県道21号喜多方会津坂下線 22 福島県道22号会津坂下会津高田線 23 福島県道23号会津高田上三寄線 24 福島県道24号中の沢熱海線(母成グリーンラインを含む) 25 福島県道25号棚倉鮫川線 26 福島県道26号小名浜平線(鹿島街道) 27 福島県道・茨城県道27号塙大津港線 28 福島県道28号本宮三春線 29 福島県道29号長沼喜久田線 30 福島県道30号本宮土湯温泉線(ミドルライン) 31 福島県道31号浪江国見線(伊達・相馬両市境界部不通) 32 福島県道32号柳津昭和線 33 福島県道33号会津坂下河東線 34 福島県道34号相馬浪江線 35 福島県道35号いわき浪江線 36 福島県道36号小野富岡線 37 福島県道37号白河羽鳥線(白河羽鳥レイクライン) 38 福島県道・宮城県道38号相馬亘理線 39 福島県道39号川俣安達線 40 福島県道40号飯野三春石川線(県内最長) 41 福島県道41号小野四倉線 42 福島県道42号矢吹小野線(一部区間有料の自動車専用道路「あぶくま高原道路」を含む) 43 福島県道43号会津坂下山都線 44 福島県道44号棚倉矢吹線(茨城街道) 45 宮城県道・福島県道45号丸森霊山線(宮城県境区間不通) 46 宮城県道・福島県道46号白石国見線(旧羽州街道) 47 福島県道47号郡山長沼線(郡山南インター線) 48 福島県道48号江名常磐線 49 福島県道49号原町浪江線 50 福島県道50号浪江三春線 51 福島県道51号霊山松川線 52 福島県道52号土湯温泉線 53 福島県道53号会津高田柳津線 54 福島県道54号須賀川三春線(新町街道) 55 福島県道55号郡山矢吹線 56 福島県道56号常磐勿来線(旧国道6号) 57 福島県道57号郡山大越線 58 福島県道58号矢吹天栄線 59 福島県道59号会津若松三島線 60 栃木県道・福島県道60号黒磯棚倉線 61 福島県道61号塩川山都線 62 福島県道62号原町二本松線(一部未舗装区間あり) 63 福島県道63号古殿須賀川線 64 福島県道64号会津若松裏磐梯線(「磐梯山ゴールドラインを含む) 65 福島県道65号小野郡山線 66 福島県道66号小名浜小野線 67 福島県道67号中野須賀川線 68 栃木県道・福島県道68号那須西郷線 69 福島県道69号北山会津若松線 70 福島県道70号福島吾妻裏磐梯線(「磐梯吾妻スカイライン・磐梯吾妻レークライン」を含む) 71 福島県道71号勿来浅川線 72 福島県道72号会津坂下会津本郷線 73 福島県道73号二本松金屋線 74 福島県道74号原町海老相馬線 75 福島県道75号塙泉崎線 76 栃木県道・福島県道76号伊王野白河線(旧・坂本白河線。

creative commons(wikipedia:福島県の県道一覧

福島県道

『福島県の県道一覧』より : 福島県の県道一覧(ふくしまけんのけんどういちらん)は、福島県を通る県道の一覧である。主要地方道と一般県道の間以外は欠番がない。 主要地方道(001-076) 1 群馬県道・福島県道1号沼田檜枝岐線(一般車通年通行不可。群馬県方面不通。群馬県片品村-沼田市間は国道120号及び国道401号と重複) 2 山形県道・福島県道2号米沢猪苗代線(西吾妻スカイバレー、以前は有料道路。冬期閉鎖) 3 福島県道3号福島飯坂線(飯坂街道、旧国道13号) 4 福島県道4号福島保原線(保原街道) 5 福島県道5号上名倉飯坂伊達線(フルーツライン・伊達街道) 6 福島県道6号郡山湖南線 7 福島県道7号猪苗代塩川線 8 福島県道8号本宮熱海線(会津街道) 9 福島県道9号猪苗代湖南線 10 茨城県道・福島県道10号日立いわき線 11 福島県道11号白河石川線(御斉所街道) 12 福島県道12号原町川俣線 13 福島県道13号小野田母神線(新町街道) 14 福島県道14号いわき石川線(御斉所街道) 15 福島県道15号小名浜四倉線 16 福島県道16号喜多方西会津線 17 福島県道17号郡山停車場線(郡山駅前大通り) 18 福島県道18号白河停車場線 19 福島県道19号船引大越小野線(新町街道) 20 福島県道20号いわき上三坂小野線 21 福島県道21号喜多方会津坂下線 22 福島県道22号会津坂下会津高田線 23 福島県道23号会津高田上三寄線 24 福島県道24号中の沢熱海線(母成グリーンラインを含む) 25 福島県道25号棚倉鮫川線 26 福島県道26号小名浜平線(鹿島街道) 27 福島県道・茨城県道27号塙大津港線 28 福島県道28号本宮三春線 29 福島県道29号長沼喜久田線 30 福島県道30号本宮土湯温泉線(ミドルライン) 31 福島県道31号浪江国見線(伊達・相馬両市境界部不通) 32 福島県道32号柳津昭和線 33 福島県道33号会津坂下河東線 34 福島県道34号相馬浪江線 35 福島県道35号いわき浪江線 36 福島県道36号小野富岡線 37 福島県道37号白河羽鳥線(白河羽鳥レイクライン) 38 福島県道・宮城県道38号相馬亘理線 39 福島県道39号川俣安達線 40 福島県道40号飯野三春石川線(県内最長) 41 福島県道41号小野四倉線 42 福島県道42号矢吹小野線(一部区間有料の自動車専用道路「あぶくま高原道路」を含む) 43 福島県道43号会津坂下山都線 44 福島県道44号棚倉矢吹線(茨城街道) 45 宮城県道・福島県道45号丸森霊山線(宮城県境区間不通) 46 宮城県道・福島県道46号白石国見線(旧羽州街道) 47 福島県道47号郡山長沼線(郡山南インター線) 48 福島県道48号江名常磐線 49 福島県道49号原町浪江線 50 福島県道50号浪江三春線 51 福島県道51号霊山松川線 52 福島県道52号土湯温泉線 53 福島県道53号会津高田柳津線 54 福島県道54号須賀川三春線(新町街道) 55 福島県道55号郡山矢吹線 56 福島県道56号常磐勿来線(旧国道6号) 57 福島県道57号郡山大越線 58 福島県道58号矢吹天栄線 59 福島県道59号会津若松三島線 60 栃木県道・福島県道60号黒磯棚倉線 61 福島県道61号塩川山都線 62 福島県道62号原町二本松線(一部未舗装区間あり) 63 福島県道63号古殿須賀川線 64 福島県道64号会津若松裏磐梯線(「磐梯山ゴールドラインを含む) 65 福島県道65号小野郡山線 66 福島県道66号小名浜小野線 67 福島県道67号中野須賀川線 68 栃木県道・福島県道68号那須西郷線 69 福島県道69号北山会津若松線 70 福島県道70号福島吾妻裏磐梯線(「磐梯吾妻スカイライン・磐梯吾妻レークライン」を含む) 71 福島県道71号勿来浅川線 72 福島県道72号会津坂下会津本郷線 73 福島県道73号二本松金屋線 74 福島県道74号原町海老相馬線 75 福島県道75号塙泉崎線 76 栃木県道・福島県道76号伊王野白河線(旧・坂本白河線。

creative commons(wikipedia:福島県道

福島県立磐城高等学校

福島県立磐城高等学校(ふくしまけんりつ いわきこうとうがっこう)は、福島県いわき市平にある県立高等学校。 旧制磐城中学校を前身とする福島県の進学校。通称は「磐高(いわこう、ばんこう)」。 男子高時代は磐城女子(現:磐城桜が丘)と並び、ステータスの高い学校として認識されていた。その為、浪人をしてまで入学を希望する生徒が多く、いわゆる「中学浪人」が問題となった。2001年度より女子の受け入れを再開し、名実共にいわき学区最難関校となった。 2011年度、文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定された。 沿革 1895年 - 福島県尋常中学校磐城分校が認可される。 1896年5月5日 - 福島県尋常中学校磐城分校として開校。 1898年 - 福島県第二尋常中学校と改称。 1899年 - 福島県第二中学校と改称。 1901年 - 福島県立磐城中学校と改称。 1924年 - 平高月台に新校舎竣工。 1948年4月1日 - 学制改革により、福島県立磐城高等学校となる。普通科、併設中学校を設置。 1951年4月1日 - 男女共学開始、女子生徒5名入学。

creative commons(wikipedia:福島県立磐城高等学校

福島県立安積高等学校

福島県立安積高等学校(ふくしまけんりつ あさかこうとうがっこう)は、福島県郡山市開成五丁目に所在する県立高等学校。通称は「安高」(あんこう)。 歴史 1884年(明治17年)創立の「福島県福島中学校」を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革により、新制高等学校となった。長く男子校であったが2001年(平成13年)より男女共学となった。学校正面に立つ旧福島尋常中学校本部(旧本館)は1977年(昭和52年)に国の重要文化財に指定され、現在は安積歴史博物館となっている。2014年(平成26年)に創立130周年を迎える。 設置課程・学科 全日制課程 普通科 かつては理数科を設置していたが、2000年(平成12年)に廃止された。 分校 御舘校(御舘の読みは「みたて」) - 〒963-0831 福島県郡山市中田町柳橋字広平128(地図) 全日制課程 普通科 校訓 「文武両道」、「質実剛健」、「開拓者精神」 校章 桑の葉を背景にして、中央に「高」の形をした桜の花弁を置いている。

creative commons(wikipedia:福島県立安積高等学校

福島県中学校一覧

福島県中学校一覧(ふくしまけんちゅうがっこういちらん)は、福島県の中学校の一覧。廃止された中学校については、福島県中学校の廃校一覧を参照。 国立中学校 福島大学附属中学校 公立中学校 福島市 会津若松市 = 県立 = 福島県立会津学鳳中学校 = 市立 = 郡山市 いわき市 白河市 須賀川市 喜多方市 相馬市 二本松市 田村市 南相馬市 伊達市 本宮市 伊達郡 安達郡 大玉村立大玉中学校 岩瀬郡 南会津郡 耶麻郡 河沼郡 大沼郡 西白河郡 東白川郡 石川郡 田村郡 双葉郡 相馬郡 私立中学校 関連項目 学校記事一覧 福島県高等学校一覧 福島県小学校一覧 福島県幼稚園一覧 福島県中学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:福島県中学校一覧

福島県信用農業協同組合連合会

『農林中央金庫』より : 農林中央金庫(のうりんちゅうおうきんこ、英称:The Norinchukin Bank)は、1923年(大正12年)に設立された農業協同組合、森林組合、漁業協同組合の系統中央機関の役割を持つ金融機関であり、国内最大規模の機関投資家である。海外では日本最大のヘッジファンドとして名高い。略称は農林中金。 経緯 特殊法人であったが、1986年(昭和61年)に特別民間法人となり、農林中央金庫法を根拠法とする純粋な民間金融機関となった。 1990年代後半より、貸出利率は下落し貸付業務は徐々に魅力をなくした。そのため、潤沢な資金を背景にヘッジファンドとして転換を遂げた。米国一流大学のMBA取得者約300人を抱える有価証券投資部門を擁し、ロンドン、ニューヨーク、シンガポールを拠点に海外積極投資を展開している。 銀行免許を持つ金融機関でありながら金融庁ではなく農林水産省の所管となっている。約3,200人の職員で、JAバンクから上がってくる約80兆円の預金を運用するため、有価証券投資、法人向け大口貸付業務が主流業務となっている。

creative commons(wikipedia:福島県信用農業協同組合連合会

福島県立白河高等学校

福島県立白河高等学校(ふくしまけんりつ しらかわこうとうがっこう)は、福島県白河市南登町にある県立高等学校。通称は「白高(はっこう)」。 1922年(大正11年)設置の旧制白河中学校を前身とする県内有数の進学校。普通科と理数科がある。1997年(平成9年)にそれまでの男子校から男女共学の高校となった。県南の中心都市である白河市を中心に西白河郡、東白川郡、石川郡、岩瀬郡の一部から生徒が集まり、栃木県から越境入学してくる生徒もいる。 沿革 1922年 - 福島県立白河中学校として開校。 1923年9月11日 - 授業開始。 1948年4月1日 - 学制改革により福島県立白河高等学校と改称、福島県白河商業学校県移管本校に合併。 1960年 - 県立白河第二高等学校(定時制)本校に移転し施設を共用する併設校となる。 1970年 - 理数科(定員45名)設置される。普通科1学級減。 1972年 - 矢吹分校、白農工高校より白河高校へ移管となる。 1976年 -昭和51年度募集定員の改正により、商業科募集停止、普通科1学級増となり普通科7学級(315名)、理数科1学級(40名)、合計355名、生徒定員1,065名となる。

creative commons(wikipedia:福島県立白河高等学校

福島県立安積黎明高等学校

福島県立安積黎明高等学校(ふくしまけんりつ あさかれいめいこうとうがっこう)は、福島県郡山市長者にある県立高等学校。略称「黎明(れいめい)」。 校訓は「恕(じょ)」。旧校名は福島県立安積女子高等学校、旧略称は「安女(あんじょ)」。 1911年(明治44年)創立の「福島県安積郡立安積実科高等女学校」を前身とする。1948年の学制改革により、新制高等学校となった。創立時より長く女子校であったが2001年(平成13年)より男女共学となった。 また、かつては定時制の福島県立安積第二高等学校(福島県立あさか開成高等学校の前身)と校舎を共有していた。 全国屈指の合唱名門校として知られている(詳細は#コーラス部の活動を参照)。 沿革 高等女学校時代1911年10月13日 - 福島県安積郡立安積実科高等女学校として創立。 1912年4月22日 - 開校。 1915年4月11日 - 福島県安積郡立安積高等女学校と改称。 1920年4月1日 - 県へ移管、福島県立安積高等女学校と改称。 1931年10月17日 - 校歌制定。 1933年9月18日 - 校旗制定。

creative commons(wikipedia:福島県立安積黎明高等学校

福島県立安積女子高等学校

『福島県立安積黎明高等学校』より : 福島県立安積黎明高等学校(ふくしまけんりつ あさかれいめいこうとうがっこう)は、福島県郡山市長者にある県立高等学校。略称「黎明(れいめい)」。 校訓は「恕(じょ)」。旧校名は福島県立安積女子高等学校、旧略称は「安女(あんじょ)」。 1911年(明治44年)創立の「福島県安積郡立安積実科高等女学校」を前身とする。1948年の学制改革により、新制高等学校となった。創立時より長く女子校であったが2001年(平成13年)より男女共学となった。 また、かつては定時制の福島県立安積第二高等学校(福島県立あさか開成高等学校の前身)と校舎を共有していた。 全国屈指の合唱名門校として知られている(詳細は#コーラス部の活動を参照)。 沿革 高等女学校時代1911年10月13日 - 福島県安積郡立安積実科高等女学校として創立。 1912年4月22日 - 開校。 1915年4月11日 - 福島県安積郡立安積高等女学校と改称。 1920年4月1日 - 県へ移管、福島県立安積高等女学校と改称。 1931年10月17日 - 校歌制定。 1933年9月18日 - 校旗制定。

creative commons(wikipedia:福島県立安積女子高等学校

福島県立福島高等学校

福島県立福島高等学校(ふくしまけんりつ ふくしまこうとうがっこう)は、福島県福島市森合町に本拠を置く県立高等学校。通称「福高(ふくこう)」。 歴史 1898年(明治31年)に開校した「福島第三尋常中学校」(旧制中学校)を前身とする。1948年(昭和23年)の学制改革により新制高等学校となった。長く男子校であったが、2003年(平成15年)に男女共学を開始。2016年(平成28年)には創立118周年を迎える。設置課程・学科 全日制課程 普通科(8クラス・セメスター制)校訓(梅章のおしえ) 「清らかであれ 世のためたれ 勉励せよ」教育目標 世界のなかの日本人として高い理想を掲げ、豊かな徳性を備え、広く深い知性と健やかな心身をもつ有為な人材を育成する。校章 梅の花弁の絵を背景にして中央に「高」の文字を置いている。 由来 - 梅はよく厳寒風雪に耐え百花に先駆けて開き、その高尚優美な姿を示す。また、果実は広く薬用として人類のために役立つ。さらに梅花は学問の神として信仰を集めてきた天神の象徴である。校歌 作詞は土井晩翠、作曲は中田章による。

creative commons(wikipedia:福島県立福島高等学校

福島県立川口高等学校

福島県立川口高等学校(ふくしまけんりつかわぐちこうとうがっこう)は、福島県大沼郡金山町に所在する県立高等学校。学生や地元住民からは川高(かわこう)の愛称で親しまれる。2008年に創立60周年を迎えた。 奥会津地域に所在する高校である。小規模である利点を生かして進学指導や就職指導に力を入れており、数学と英語では2学級を3分割した習熟度別授業を実施し、進学補習や公務員試験の補習、個別指導が盛んに行われている。進学では国立大学に毎年合格者を輩出している。また就職ではインターンシップの実施や、訪問介護員2級資格を取得出来る社会福祉コースが設置されている。遠距離通学生のために寄宿舎が存在しており、寄宿舎内で球技大会やクリスマス会等の行事が行われている。なお土・日に部活動に励みたい生徒には金山町の民宿や旅館に宿泊することとなるが、その際に費用の半額を町が補助している。 沿革 1948年7月31日 - 福島県立川口高等学校として開校。定時制農業科・家政科を設置。同郡横田村、沼沢村、昭和村に分校を設置。 1948年8月18日 - 開校式挙行。

creative commons(wikipedia:福島県立川口高等学校

福島県高等学校一覧

福島県高等学校一覧(ふくしまけんこうとうがっこういちらん)は、福島県の高等学校一覧。 公立高等学校 県北地区 県中地区 県南地区 会津地区 いわき地区 相双地区 定時制・通信制のみ設置 私立高等学校 全日制課程の存在しない私立高等学校については、定時制は「○○高等学校{定時制}」通信制は「○○高等学校{通信制}」定時制・通信制共に存在する場合は、定時制表記で記載する。 中通り地区 浜通り地区 会津地区 仁愛高等学校 会津若松ザベリオ学園高等学校 若松第一高等学校 関連項目 学校記事一覧 福島県高等学校の廃校一覧 福島県特別支援学校一覧 福島県中学校一覧 福島県小学校一覧 福島県幼稚園一覧 旧制中等教育学校の一覧 (福島県) 外部リンク 福島県教育委員会。

creative commons(wikipedia:福島県高等学校一覧

福島県立葵高等学校

福島県立葵高等学校(ふくしまけんりつあおいこうとうがっこう)は、福島県会津若松市西栄町にある県立高等学校。 旧校名は福島県立会津女子高等学校、旧通称は「会女(かいじょ)」であった。 沿革 1893年 - 私立会津女学校として開校。 1905年 - 若松市立会津女子技芸学校となる。 1909年 - 福島県立会津高等女学校として創立。 1948年 - 学制改革により、福島県立会津女子高等学校となる。普通科を設置。 2002年 - 福島県立葵高等学校と改称、同時に男女共学高校となる。 設置課程 全日制課程 普通科(6クラス) 進路概況 国公立大学の現役合格者数は、例年50人前後である。 部活動 交通 JR只見線・七日町駅下車 著名な出身者 山本礼子(山本五十六の妻) 和田洋子(前民主党参議院議員) 行定多喜子(旧姓:白川、映画監督・行定勲の妻) 大石邦子(作家) 小野美希(テレビユー福島アナウンサー) 中野知美(フリーアナウンサー) 唐橋ユミ(フリーアナウンサー) 目黒貴子(競馬キャスター) 関連項目 福島県高等学校一覧 高等女学校 旧制中等教育学校の一覧 (福島県) 海老名リン(前身校の創立者) 外部リンク 福島県立葵高等学校。

creative commons(wikipedia:福島県立葵高等学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引