【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

福島県川内村【地方公共団体・地方自治体】

川内村 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、福島県川内村の紹介です。

福島県川内村のホームページ

川内村 概要・地域の情報やトピック

川内村

川内村(かわうちむら)は、福島県双葉郡にある村である。 東京電力福島第一原子力発電所事故の影響により、全村が放射能汚染地域となったため2011年(平成23年)3月17日以降、仮役場を郡山市にあるビッグパレットふくしま内に設置していたが、2012年(平成24年)4月に役場機能を村に戻した。 福島県双葉郡川内村は、東経140度50分、北緯37度19分、阿武隈高地の中央部に位置し、阿武隈高地の最高峰「大滝根山」東斜面に立地し、標高500~600メートルの高原がその大部分を占める。 地勢・気候 阿武隈高地の最高峰、大滝根山をはじめ700~900メートルの起伏の多い山岳に囲まれた高原性の盆地である。耕地は、村の中央を貫流する木戸川とその支流に沿って開け、その中に大小24の集落が散在している。村の大きさは、東西およそ15km、南北およそ13km、総面積197.38km2の約90パーセントが山林、原野で占められている。 隣接する自治体 いわき市 田村市 双葉郡 大熊町 富岡町 楢葉町 地形 この地域は、阿武隈高地の最高峰「大滝根山」東斜面にあたっているために、東に傾斜する高原状地形を木戸川とその支流が浸食し谷を形成している。

creative commons(wikipedia:川内村

川内村立川内中学校

川内村立川内中学校(かわうちそんりつかわうちちゅうがっこう)は、福島県川内村に所在する村立中学校。
1947年4月5日双葉郡川内村立川内中学校創立
1947年10月10日双葉郡川内村立川内中学校PTA発足
1952年8月25日校庭拡張
1952年9月寄宿舎「努ヶ丘寮」完成
1952年11月1日川内村教育委員会設置
1953年7月3日体育館兼講堂落成式挙行
1953年10月校歌制定
1957年11月7日校旗樹立
1962年10月10日特別教室(理科室・技術科実習室)完成
1963年10月中庭噴水池完成
1985年6月28日体育館落成式
1988年3月14日新校旗樹立
1990年3月28日新校舎完成
1993年2月3日コンピュータ導入
福島県中学校一覧
福島県の公立中学校 かわうち
川内村 かわうちちゆうかつこう

creative commons(wikipedia:川内村立川内中学校

川内村 (群馬県)

川内村(かわうちむら)は群馬県の東部、山田郡に属していた村。現在の桐生市川内町(桐生市第16区)に相当する。 「川内」の名称は、村の領域が渡良瀬川の内側(山側)にあることに由来する。 町村制以前の5ヶ村の区域が、それぞれ現在の川内町1-5丁目・みどり市大間々町高津戸の区域にほぼ相当する。 東小倉村 → 1丁目 西小倉村 → 2丁目 須永村 → 3丁目 高津戸村 → 4丁目・みどり市大間々町高津戸  山田村 → 5丁目 地理 渡良瀬川と足尾山地に囲まれており平地は少ない。 山岳:大形山、吾妻山 河川:渡良瀬川、山田川 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により、東小倉村、西小倉村、須永村、高津戸村、山田村が合併し、山田郡川内村が成立する。 1954年(昭和29年)10月1日 東小倉・西小倉・須永・山田・高津戸の東部が、梅田村・相生村とともに桐生市へ編入する。桐生市川内町(桐生市第16区)となる。 高津戸の西部が大間々町へ編入する。山田郡大間々町高津戸となる。 教育 学校 中学校 川内中学校 小学校 川内南小学校 川内北小学校 公民館 川内公民館 交通 道路 群馬県道338号駒形大間々線 群馬県道342号川内堤線 関連項目 群馬県の廃止市町村一覧。

creative commons(wikipedia:川内村 (群馬県)

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引