【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

福島県双葉町【地方公共団体・地方自治体】

双葉町 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、福島県双葉町の紹介です。

福島県双葉町のホームページ

双葉町 概要・地域の情報やトピック

双葉町

双葉町(ふたばまち)は、日本の福島県浜通り中部にある町。 双葉郡に属するが、1896年以前は標葉郡に属していた地域である。元々は新山町(しんざんまち)と長塚村(ながつかむら)であったが、これら2つが1951年に合併して標葉町(しねはまち)となり、その標葉町が1956年に改名して双葉町となった。 福島第一原子力発電所(東京電力)の5号機と6号機が立地している。なお、1号機から4号機までは隣接する大熊町に立地している。 2011年3月11日の東日本大震災で被災し、これに誘発されて同日に発生した福島第一原子力発電所事故(以下「福島原発事故」)の影響に伴い、3月19日以降は町役場を埼玉県内に移転していたが、2013年6月17日以降町役場をいわき市に移転している。2016年2月現在もほぼ全域が「帰還困難区域」(除染・復旧工事関係者以外の一般住民の自由な行き来が終日制限される)に指定されている。 地理 阿武隈山系の東に開けた浜通り地方の中部に位置し、東は太平洋に開ける。行政上では、北の浪江町と南の大熊町に挟まれた位置にある。面積は51.40km²。冬でも雪がほとんど降らないため、福島原発事故の発生前はカーネーションの栽培が盛んであった。

creative commons(wikipedia:双葉町

双葉町 (山梨県)

『甲斐市』より : 双葉町(ふたばちょう)は、山梨県中部に存在した町である。町名は二村合併による願意。 地理 県中央部、中巨摩郡の最南部に位置する。西は塩川、東は貢川によって画される。町域は南北に帯状の形態。 町域北部は茅ヶ岳(かやがたけ)山麓の南西端に属する山地・台地で、六反川や東川などの小河川が南流して釜無川へ合流する。南部は甲府盆地北西端にも属し、南西には旧塩川・釜無川氾濫原である平坦地もある。 先史・古代 町域は茅が岳南麓の乏水地域にあたり、定住は送れていたと考えられている。考古遺跡の分布は少なく、縄文時代の住居址がわずかに見られるのみ。古墳時代前期、甲府盆地では盆地南部の曽根丘陵を中心に前期古墳が出現するが、古墳後期には盆地北西部でも後期古墳が出現し、甲府市千塚の加牟那塚古墳(かむなづかこふん)を盟主墳とする勢力や、町域南部から隣接する旧竜王町域北部にかけての赤坂台地南東斜面には赤坂台古墳群が展開している。

creative commons(wikipedia:双葉町 (山梨県)

双葉町 (福島県)

自治体名=双葉町
区分=町
都道府県=福島県
支庁=
郡=双葉郡
コード=07546-9
面積=51.40
境界未定=なし
人口=7,335
人口の時点=2005年7月1日
隣接自治体=大熊町、浪江町
木=センダン 栴檀
花=サクラ 桜
シンボル名=町の鳥
鳥など=キジ 雉

creative commons(wikipedia:双葉町 (福島県)

双葉町役場

『双葉町 (福島県)』より : 双葉町(ふたばまち)は、日本の福島県浜通り中部にある町。 双葉郡に属するが、1896年以前は標葉郡に属していた地域である。元々は新山町(しんざんまち)と長塚村(ながつかむら)であったが、これら2つが1951年に合併して標葉町(しねはまち)となり、その標葉町が1956年に改名して双葉町となった。 福島第一原子力発電所(東京電力)の5号機と6号機が立地している。なお、1号機から4号機までは隣接する大熊町に立地している。 2011年3月11日の東日本大震災で被災し、これに誘発されて同日に発生した福島第一原子力発電所事故(以下「福島原発事故」)の影響に伴い、3月19日以降は町役場を埼玉県内に移転していたが、2013年6月17日以降町役場をいわき市に移転している。2016年2月現在もほぼ全域が「帰還困難区域」(除染・復旧工事関係者以外の一般住民の自由な行き来が終日制限される)に指定されている。 地理 阿武隈山系の東に開けた浜通り地方の中部に位置し、東は太平洋に開ける。行政上では、北の浪江町と南の大熊町に挟まれた位置にある。面積は51.40km²。冬でも雪がほとんど降らないため、福島原発事故の発生前はカーネーションの栽培が盛んであった。

creative commons(wikipedia:双葉町役場

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引