【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

茨城県牛久市【地方公共団体・地方自治体】

牛久市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、茨城県牛久市の紹介です。

茨城県牛久市のホームページ

牛久市 概要・地域の情報やトピック

牛久市

牛久市(うしくし)は茨城県南部に位置する市である。旧稲敷郡。 東京都心からおよそ50キロ程度の位置にあり、牛久駅を中心とした地域は東京のベッドタウンとして宅地開発が進み、人口が増加した。人口約8万人。市東部には仏像の牛久大仏がある。 地理 市北西部から南東部にかけて小野川が流れ東部から東部に乙戸川、桂川が合流する。また、西部で牛久沼に一部接している。 沖積低地と関東ロームから成る洪積台地の二層構造の地形が特徴である。低地と台地の標高はそれぞれ5mから25mほどで若干の起伏はあるが平野の範囲内である。 人口 地名の由来 牛久の地名の由来には諸説あるが、古語に由来するものと考えられる。ただし、龍ケ崎市の金龍寺に「怠け者の小僧が牛になってしまい、沼に身投げをした。そこから『牛を沼が食った』『牛食う沼』と変わり、その沼が牛久沼と呼ばれるようになった」という昔話が伝わっており、沼の名の由来・地名の由来ともに、この伝説がまるで真説のように流布している。

creative commons(wikipedia:牛久市

牛久市コミュニティバス

牛久市コミュニティバス(うしくしコミュニティバス)とは日本茨城県の牛久市で運行されているコミュニティバスである。愛称はかっぱ号。この愛称は公募による。 交通空白地域解消などの目的で2003年7月1日から試験運行され、2005年4月1日から本格運行に切り替わっている。 開始当初は市内のほぼ全域に路線網を持ちかっぱのイラストが施された5台の専用マイクロバスを使用し毎日運行していたが、2005年7月1日以降は一部の運行系統を除き、定められた曜日のみの運行となっている。 茨城県牛久市は区域の西部に鉄道(JR常磐線)が通る市であるが市域の大半は道路交通のみで、市内にバス路線を走らせていた茨城観光自動車(茨観)の2001年の撤退で路線バス網の縮小が加速する。もっとも市内の車社会化の進展によるバス乗客減少、農村部における乗車率の低さがあり民営でバス事業を行うと採算性が見込めない地区が多い。また道路が狭く一般路線バス車両が入れない住宅地もある。元々路線バスがない地区や路線が廃止された地区住民のうち、自動車を運転できない、運転しない人々は病院通いや買い物など日常の外出に困ることから循環バス運行の要望があり2003年度に市の事業として試験運行を開始した。

creative commons(wikipedia:牛久市コミュニティバス

牛久市コミュニティバス「かっぱ号」

『牛久市コミュニティバス』より : 牛久市コミュニティバス(うしくしコミュニティバス)とは日本茨城県の牛久市で運行されているコミュニティバスである。愛称はかっぱ号。この愛称は公募による。 交通空白地域解消などの目的で2003年7月1日から試験運行され、2005年4月1日から本格運行に切り替わっている。 開始当初は市内のほぼ全域に路線網を持ちかっぱのイラストが施された5台の専用マイクロバスを使用し毎日運行していたが、2005年7月1日以降は一部の運行系統を除き、定められた曜日のみの運行となっている。 茨城県牛久市は区域の西部に鉄道(JR常磐線)が通る市であるが市域の大半は道路交通のみで、市内にバス路線を走らせていた茨城観光自動車(茨観)の2001年の撤退で路線バス網の縮小が加速する。もっとも市内の車社会化の進展によるバス乗客減少、農村部における乗車率の低さがあり民営でバス事業を行うと採算性が見込めない地区が多い。また道路が狭く一般路線バス車両が入れない住宅地もある。元々路線バスがない地区や路線が廃止された地区住民のうち、自動車を運転できない、運転しない人々は病院通いや買い物など日常の外出に困ることから循環バス運行の要望があり2003年度に市の事業として試験運行を開始した。

creative commons(wikipedia:牛久市コミュニティバス「かっぱ号」

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引