【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

茨城県水戸市【地方公共団体・地方自治体】

水戸市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、茨城県水戸市の紹介です。

茨城県水戸市のホームページ

水戸市 概要・地域の情報やトピック

水戸市

水戸市(みとし)は、茨城県の中部に位置する県庁所在地で、特例市である。 水戸徳川家所縁の地として、水戸黄門(徳川光圀)や梅の名園「偕楽園」で知られ、毎年2月には水戸の梅まつりが、8月には水戸黄門まつり、9月には水戸萩まつりが開催される。また明治時代以降は納豆の生産が盛んになり、「水戸納豆」として親しまれ、納豆にちなんだ料理やお土産の販売、納豆早食い世界大会も開かれている。 中心部を含む市域の大部分は旧茨城郡(1878年より東茨城郡)であり、茨城県の名称は県庁が茨城郡水戸に置かれたことに由来する。市域の一部に旧那珂郡域を含む。 水戸都市圏(都市雇用圏)の人口は約66万人(2000年)。前市長の加藤浩一は、隣接市町村との合併で政令指定都市を目指し、市の広報などでその構想を発表している。 地勢 茨城県の中部に位置し、関東平野に属する 地形 市内には那珂川が流れ、那珂川周辺部は低地だがそれ以外は概ね台地である。

creative commons(wikipedia:水戸市

水戸市立女子専門学校 (旧制)

所在地
初代校長
後身校
同窓会
水戸市立女子専門学校 (みとしりつじょしせんもんがっこう) は、1947年 (昭和22年) 4月に設立された公立の旧制専門学校。
水戸市立高等女学校 (現茨城県立水戸第三高等学校) の専攻科を前身として設立された。第二次世界大戦後に急増した女子専門学校 (女専) の一つ。
本科 (修業年限3年、国文科・英文科・被服科) のほか、別科 (修業年限1年) を設置した。
入学者が少なく、水戸市の財政状況から新制短期大学への昇格もできず、1952年3月で廃校となった。
1926年3月20日: 文部大臣により水戸市立高等女学校設立認可。
本科 修業年限4年、入学資格 尋常小学校卒業程度。
1926年5月21日: 第1回入学式。
1928年8月: 校歌制定 『闇にもしるき梅が香の』 (葛原しげる 作詞、小松耕輔 作曲)。

creative commons(wikipedia:水戸市立女子専門学校 (旧制)

水戸市立競技場

水戸市立競技場(みとしりつきょうぎじょう)は茨城県水戸市小吹にある陸上競技場である。また、球技場としても使用される。施設は水戸市が所有し、公益財団法人水戸市スポーツ振興協会が指定管理者として運営管理を行なっている。 なお、茨城県水戸市に本社を置くケーズホールディングスが命名権を取得しており、2009年8月から「ケーズデンキスタジアム水戸」(ケーズデンキスタジアムみと、略称「Ksスタ」)の呼称を用いている(後述)。 施設の概要 日本陸上競技連盟第2種公認 トラック:400m×8レーン(全天候ポリウレタン舗装) フィールド:天然芝(106m×69m) 収容人員:約12,000人 メインスタンド:7,000人 来賓席:108人、記者席:120人、車いす席:28人 バックスタンド:3,000人 サイドスタンド:約2,000人(芝生席) 大型映像装置:アストロビジョン(画寸法6.5m×11.5m) 1987年に開場した本競技場は、当初収容人員約5,000人(観客席はメインスタンドのみ)しかなく、Jリーグが規定する収容人員(J1:15,000人以上、J2:10,000人以上)の半分にも満たなかった。

creative commons(wikipedia:水戸市立競技場

水戸市立陸上競技場

『水戸市立競技場』より : 水戸市立競技場(みとしりつきょうぎじょう)は茨城県水戸市小吹にある陸上競技場である。また、球技場としても使用される。施設は水戸市が所有し、公益財団法人水戸市スポーツ振興協会が指定管理者として運営管理を行なっている。 なお、茨城県水戸市に本社を置くケーズホールディングスが命名権を取得しており、2009年8月から「ケーズデンキスタジアム水戸」(ケーズデンキスタジアムみと、略称「Ksスタ」)の呼称を用いている(後述)。 施設の概要 日本陸上競技連盟第2種公認 トラック:400m×8レーン(全天候ポリウレタン舗装) フィールド:天然芝(106m×69m) 収容人員:約12,000人 メインスタンド:7,000人 来賓席:108人、記者席:120人、車いす席:28人 バックスタンド:3,000人 サイドスタンド:約2,000人(芝生席) 大型映像装置:アストロビジョン(画寸法6.5m×11.5m) 1987年に開場した本競技場は、当初収容人員約5,000人(観客席はメインスタンドのみ)しかなく、Jリーグが規定する収容人員(J1:15,000人以上、J2:10,000人以上)の半分にも満たなかった。

creative commons(wikipedia:水戸市立陸上競技場

水戸市公設地方卸売市場

水戸市公設地方卸売市場(みとしこうせつちほうおろしうりしじょう)は、茨城県水戸市にある公設市場。水戸市公設地方卸売市場条例(平成元年3月28日水戸市条例第12号。以下条例という。)に基づき設置された。青果・野菜・水産物・花きなどを扱っている。 目的 市場の業務、施設の管理等について必要な事項を定め、その適正かつ健全な運営を確保することにより、生鮮食料品等の取引の適正化及び流通の円滑化を図り、もって市民の生活の安定に資することを目的とする。(条例第1条) 取扱品目(条例第4条) 青果部 野菜、果実及びこれらの加工品 水産物部 生鮮水産物及びその加工品 花き部 花き及びその加工品 休場日(条例第5条) 日曜日(1月5日及び12月25日から12月30日までの日曜日を除く。) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日 12月31日から翌年の1月4日までの日(前号に掲げる日を除く。) 上記の他市長が休場することと決定した日 開場時間 午前5時~午後3時(条例第6条) 所在地 水戸市青柳町4566番地(条例第3条) 外部リンク 水戸市公設地方卸売市場ホームページ 水戸市公設地方卸売市場条例 水戸市公設地方卸売市場条例施行規則。

creative commons(wikipedia:水戸市公設地方卸売市場

水戸市立大場小学校

水戸市立大場小学校(みとしりつ おおばしょうがっこう)は、茨城県水戸市大場町にある公立小学校。 1873年(明治6年)5月17日 - 東茨城郡大場村(現大場町)字高原、五上弥左ェ門氏宅に児童16人、教師3人で開校。大成小学校と称する。このとき、現大場小学区内の一村(東茨城郡下入野村、現下入野町)にも小学校が開校。 1880年(明治13年)4月1日 - 大場中等小学校と改称。児童52人、教師4人。 1889年(明治22年)4月11日 - 下入野小学校を統合。大場尋常小学校と改称する。児童67人、教師7人。 1893年(明治26年)12月 - 大字大場山崎(現大場町山崎地区)の現在地に移る。 1917年(大正6年)4月1日 - 大場尋常高等小学校と改称。児童162人、教師9人。 1931年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令により、大場国民学校と改称。児童231人、教師12人。 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革により東茨城郡大場村立大場小学校と改称。児童278人。 1955年(昭和30年)3月31日 - 東茨城郡下大野、稲荷、大場三村合併により東茨城郡常澄村誕生。

creative commons(wikipedia:水戸市立大場小学校

水戸市立緑岡中学校

水戸市立緑岡中学校(みとしりつ みどりがおかちゅうがっこう)は、茨城県水戸市見川町にある公立中学校。 通称「緑中(りょくちゅう)」。 生徒数は約440人。 制服は、 冬服:男子は学ラン・女子はセーラー服でネクタイは緑。 夏服:男子はYシャツに学ランのズボンで女子はジャンパースカートである。 部活動 野球 サッカー ソフトボール テニス(男・女) バスケットボール(男・女) 卓球 剣道 選抜水泳 選抜柔道 造形 吹奏楽陸上部 委員会 中央委員会 生活委員会 体育委員会 給食委員会 広報委員会 緑化委員会 保健委員会 図書委員会 放送委員会 福祉委員会 環境委員会 主な卒業生 武双山正士(元大相撲力士) 渡邊美奈(柔道) 森桜子(ゴルフ) 関連項目 茨城県中学校一覧。

creative commons(wikipedia:水戸市立緑岡中学校

水戸市民球場

水戸市民球場(みとしみんきゅうじょう)は、茨城県水戸市見川町の水戸市総合運動公園内にある野球場。施設は水戸市が所有し、水戸市スポーツ振興協会が指定管理者として運営管理を行っている。 1980年3月竣工。以来高校野球、社会人野球など茨城県内のアマチュア野球のメイン開催球場として使用されている他、ひたちなか市民球場が完成するまではプロ野球公式戦も幾度か開催された。現在もイースタン・リーグ(二軍)公式戦が年数回開催されている。 1994年シーズン中に、スコアボードがパネル式から磁気反転式に改修された。 施設概要 両翼:93m、中堅:120m 内野:クレー舗装、外野:天然芝 照明設備:照明塔6基 収容人員:20,000人(内野:座席、外野:芝生) スコアボード:磁気反転式 駐車場:800台(5箇所) 交通 水戸駅北口4番のりばから茨城交通バス「(37)桜山・桜ノ牧高校経由 医療センター」行で「市民球場前」下車 国道50号沿い 関連項目 日本の野球場一覧。

creative commons(wikipedia:水戸市民球場

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引