【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

栃木県【地方公共団体・地方自治体】

栃木県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、栃木県の紹介です。

栃木県のホームページ

栃木県 概要・地域の情報やトピック

栃木県

栃木県(とちぎけん)は、日本の都道府県の一つで、関東地方北部に位置する。県庁所在地は宇都宮市。県内には日光国立公園が立地し、日光・那須などの観光地・リゾート地を有する。 関東地方北部に位置する県で、人口は約198万人。境界部に海岸線を有しない内陸県である。県内の地域区分は概ね宇都宮市、鹿沼市、下野市、真岡市、さくら市などを中心とする県央。小山市、栃木市、佐野市、足利市など国道50号沿線の県南。那須野が原に広がる那須塩原市、大田原市、那須町や県北西部を占める日光市を中心とする県北に分類される。 地勢は、北部から北西部にかけて奥羽山脈、日光連山、足尾山地が連なり、標高1500m - 2500m程の急峻な山岳が連なっている。これらの山々から流れ出る鬼怒川、那珂川、渡良瀬川等諸河川が関東平野の北端を形成し、更に北に進むと那須野が原に至り、県北の町並みが広がる。 県土のほぼ中央に宇都宮市が立地し、人口は県全体の4分の1に当たる約50万人が集中している。そのほかは、県南の小山市、栃木市、足利市、佐野市、県北の那須塩原市が10万人以上の人口を抱えている。

creative commons(wikipedia:栃木県

栃木県民の歌

『栃木県』より : 「県民の歌」(けんみんのうた)は日本の都道府県の一つ、栃木県が1962年(昭和37年)に制定した県民歌である。作詞は岡きよし、作曲は川島博で「栃木県県章・県民の歌選定委員会」が補作を行っている。 解説 1960年代に入り全国で新しい都道府県民歌が制定されている機運を背景に県章と合わせて公募を実施し、歌詞552編と曲235編が集まった。歌詞は足尾町(現日光市)出身で毎日新聞佐野通信部記者であった神山清志(ペンネーム・岡きよし)の応募作が採用され、曲は足利市出身で愛知教育大学講師(後に教授)の川島博による応募作が選定委員会より「歌詞に最もマッチし、健康で明るく気品の高い作品」との高い評価を受けて採用された。 また、栃木県宇都宮市をホームタウンとする日本プロサッカーリーグに加盟する栃木サッカークラブ(栃木SC)の主催試合において、試合開始前にチームの応援歌ではなくこの「栃木県民の歌」の1番を歌うのが慣例となっており、ホームスタジアムである栃木県グリーンスタジアムの電光掲示板にはこの際県民の歌の歌詞が表示される。

creative commons(wikipedia:栃木県民の歌

栃木県知事

『栃木県』より : 栃木県知事一覧(とちぎけんちじいちらん) 栃木県の歴代知事(官選:36代36人/公選:17代7人)の一覧。 官選知事 公選知事 選挙結果 第1回(1947年) 1947年(昭和22年)4月5日(投票率 : 74.71%) 第2回(1951年) 1951年(昭和26年)4月30日(投票率 : 85.57%) 第3回(1955年) 1955年(昭和30年)2月5日(投票率 : 70.07%) 第4回(1959年) 1959年(昭和34年)2月1日(投票率 : 78.38%) 第5回(1963年) 1963年(昭和38年)2月3日(投票率 : 42.23%) 第6回(1967年) 1967年(昭和42年)2月1日(投票率 : 46.63%) 第7回(1971年) 1971年(昭和46年)1月31日(投票率 : 62.39%) 第8回(1974年) 1974年(昭和49年)12月8日(投票率 : 54.72%) 第9回(1978年) 1978年(昭和53年)11月26日(投票率 : 41.02%) 第10回(1982年) 1982年(昭和57年)11月28日(投票率 : 46.18%) 第11回(1984年) 1984年(昭和59年)12月9日(投票率 : 38.60%) 第12回(1988年) 1988年(昭和63年)12月4日(投票率 : 37.77%) 第13回(1992年) 1992年(平成4年)11月29日(投票率 : 34.34%) 第14回(1996年) 1996年(平成8年)12月1日(投票率 : 28.09%) 第15回(2000年) 2000年(平成12年)11月19日(投票率 : 45.63%) 第16回(2004年) 2004年(平成16年)11月28日(投票率 : 47.65%) 第17回(2008年) 2008年(平成20年)11月16日(投票率 : 32.28%) 第18回(2012年) 2012年(平成24年)11月18日(投票率 : 33.64%) 関連項目 栃木県 都道府県知事。

creative commons(wikipedia:栃木県知事

栃木県出身の人物一覧

栃木県出身の人物一覧(とちぎけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、栃木県出身の人物の一覧表である。
安藤勇寿:旧田沼町(現在の佐野市)
刑部人:都賀町
川上澄生 :鹿沼市
小堀鞆音:佐野市
小杉放庵:日光市
清水登之(二科会 二科賞受賞):栃木市
田中一村:栃木市
矢口洋:宇都宮市
久下塚青蘭:旧二宮町 (栃木県) 二宮町(現在の真岡市)
松本哲男:佐野市(東北芸術工科大学学長)
塚原哲夫:小山市
小久保裕:小山市
柿沼康二:矢板市
相田みつを:足利市
江連卓
飯田善国
粕谷圭司:宇都宮市

creative commons(wikipedia:栃木県出身の人物一覧

栃木県の廃止市町村一覧

栃木県の廃止市町村一覧(とちぎけんのはいししちょうそんいちらん)は、栃木県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:黒磯町 → 黒磯市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:那珂村 → 小川町 (栃木県) 小川町)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:栃木県の廃止市町村一覧

栃木県の県道一覧

栃木県の県道一覧(とちぎけんのけんどういちらん)は、栃木県を通る県道の一覧である。2009年(平成21年)4月現在、297路線が指定されている。 2008年(平成20年)4月1日付で42路線の路線名が市町村合併等に伴い見直された。 主要地方道 1 宇都宮・笠間線 2 宇都宮・栃木線 3 宇都宮・亀和田・栃木線 4 宇都宮・鹿沼線 5 足利・太田線 6 宇都宮・楡木線 7 佐野・行田線 8 足利・館林線 9 佐野・古河線 10 宇都宮・那須烏山線 11 栃木・藤岡線 12 那須烏山・御前山線 13 大子・黒羽線 14 鹿沼・日光線 15 鹿沼・足尾線 16 佐野・田沼線 17 那須高原線 18 小山・壬生線 19 藤原・塩原線 20 足利・邑楽・行田線 21 湯本・漆塚線 22 大沢・宇都宮線 23 川俣温泉・川治線 24 (欠番) 25 那須烏山・矢板線 26 (欠番) 27 那須・黒羽・茂木線 28 大子・那須線 29 常陸太田・那須烏山線 30 矢板・那須線 31 栃木・小山線 32 栃木・粕尾線 33 小山環状線 34 黒磯・黒羽線 35 宇都宮・結城線 36 岩舟・小山線 37 栃木・粟野線 38 足利・千代田線 39 足利・伊勢崎線 40 足利環状線 41 つくば・益子線 42 (欠番) 43 (欠番) 44 栃木・二宮線 45 つくば・真岡線 46 宇都宮・真岡線 47 真岡・上三川線 48 大田原・氏家線 49 (欠番) 50 藤岡・乙女線 51 水戸・茂木線 52 矢板・那珂川線 53 大田原・高林線 54 明野・間々田線 55 西那須野・那須線 56 塩原・矢板線 57 館林・藤岡線 58 草久・足尾線 59 (欠番) 60 黒磯・棚倉線 61 真岡・那須烏山線 62 今市・氏家線 63 藤原・宇都宮線 64 宇都宮・向田線 65 鹿沼・下野線 66 桐生・田沼線 67 桐生・岩舟線 68 那須・西郷線 69 宇都宮・茂木線 70 宇都宮・今市線 71 羽生田・上蒲生線 72 大田原・芦野線 73 上横倉・下岡本線 74 塩谷・喜連川線 75 栃木・佐野線 76 伊王野・白河線 77 宇都宮・船生・高徳線 一般県道 100番台 100 (欠番・かつての石橋停車場線) 101 宝積寺停車場線 102 烏山停車場線 103 間々田停車場線 104 小金井停車場線 105 豊原停車場線 106 久下田停車場線 107 氏家停車場線 108 益子停車場線 109 茂木停車場線 110 下野大沢停車場線 111 七井停車場線 112 雀宮停車場線 113 那須塩原停車場線 114 佐久山・喜連川線 115 田沼・唐沢山公園線 116 足利市停車場線 117 新栃木停車場線 118 下今市停車場線 119 真岡・岩瀬線 120 新鹿沼停車場線 121 壬生停車場線 122 藤岡停車場線 123 葛生停車場線 124 田沼停車場線 125 氏家・宇都宮線 126 栃木・田沼線 127 楡木停車場線 128 佐野・太田線 129 福居停車場線 130 静和停車場線 131 金崎停車場線 132 安塚停車場線 133 岩舟停車場線 134 西田井停車場線 135 市塙停車場線 136 多田停車場線 137 樅山停車場線 138 富田停車場線 139 原向停車場線 140 真岡停車場線 141 唐沢山公園線 142 通洞停車場線 143 黒田原停車場線 144 築地・吉水線 145 (欠番) 146 結城・石橋線 147 小金井・結城線 148 野田・多々良停車場線 149 小来川・文挟・石那田線 150 山久保・平ケ崎線 151 堀米停車場線 152 赤岩・足利線 153 南小林・栃木線 154 下高根沢・氷室線 155 羽生田・鶴田線 156 石末・真岡線 157 下岡本・上戸祭線 158 下岡本・上三川線 159 小林・逆面線 160 和泉・間々田線 161 下河戸・片岡線 162 (欠番) 163 黒田・市塙・真岡線 164 板荷・玉田線 165 市塙・北長島線 166 西田井・二宮線 167 蛭田・喜連川線 168 静・藤岡線 169 栗山・日光線 170 親園・南金丸線 171 山内・上境線 172 上田・壬生線 173 萩島・白鳥線 174 南小林・松原線 175 山形・寺岡線 176 杉山・石末線 177 上久我・栃木線 178 稲沢・高久線 179 稲沢・黒羽線 180 蒲須坂・喜連川線 181 上高根沢・氏家線 182 東小屋・黒羽線 183 下野・壬生線 184 安塚・雀宮線 185 関谷・上石上線 186 寄居・豊原停車場線 187 物井・寺内線 188 大谷観音線 189 (欠番) 190 境・間々田線 191 大戦防・小山線 192 滝沢・野崎停車場線 193 雀宮・真岡線 194 寂光滝線 195 裏見滝線 196 宇都宮停車場線 197 西原・西田井停車場線 198 足利停車場線 199 上永野・下永野線 200番台 200 秋山・葛生線 201 作原・田沼線 202 仙波・鍋山線 203 日光停車場線 204 結城・二宮線 205 須賀川・大子線 206 飯・茂木線 207 高田・筑西線 208 飛駒・足利線 209 (欠番) 210 柏倉・葛生線 211 豊原・高久線 212 赤沢・茂木線 213 栃木停車場線 214 福良・羽川線 215 佐野停車場線 216 岩瀬・二宮線 217 鹿沼停車場線 218 名草・小俣線 219 松田・葉鹿線 220 大久保・蒲須坂線 221 国谷・家中停車場線 222 熊田・喜連川線 223 寺岡・館林線 224 小砂・小口線 225 花岡・狹間田線 226 (欠番) 227 小俣・桐生線 228 (欠番) 229 今市停車場線 230 下大羽・益子線 231 山内・牧野線 232 矢又・大内線 233 小川・大金停車場線 234 小田野・大那地線 235 黒磯停車場線 236 矢板停車場線 237 赤見・本町線 238 (欠番) 239 白沢・下小倉線 240 石裂・上日向線 241 上日向・山越線 242 矢板・塩谷線 243 小山・城内線 244 (欠番) 245 栗山・今市線 246 草久・粟野線 247 日光・今市線 248 日光だいや川公園線 249 黒部・西川線 250 中宮祠・足尾線 251 (欠番) 252 蛭沼・川連線 253 借宿・八幡線 254 丸山・葉鹿線 255 塙・芳賀線 256 竜舞・山前停車場線 257 西小塙・真岡線 258 (欠番) 259 折戸・西那須野線 260 緑町・山辺停車場線 261 野木・古河線 262 益子公園線 263 小山停車場線 264 小山・結城線 265 粟宮・喜沢線 266 中塩原・板室・那須線 267 (欠番) 268 鹿沼環状線 269 太平山公園線 270 佐野環状線 271 大田原・矢板線 272 県民の森・矢板線 273 東古屋・上寺島線 274 牧野・大沢線 275 大山田下郷・小砂線 276 井頭公園線 277 小来川・清滝線 278 中野・福居線 279 大桑・大沢線 280 入粟野・引田線 281 板荷・引田線 282 中・岩舟線 283 仙波・葛生線 284 松田・大月線 285 福原・小川線 286 深沢・岩瀬線 287 山内・上小瀬線 288 大橋・家中線 289 二宮・宇都宮自転車道線 290 那須・甲子線 291 下伊勢畑・増井線 292 矢畑・横倉新田線 293 庚申山公園線 294 東野田・古河線 295 今市スポーツセンター線 296 小山・都賀線 297 山本・下大羽線 298 小口・黒羽線 299 西川田停車場線 300番台 300 新大平下停車場線 301 国谷停車場線 302 おもちゃのまち停車場線 303 黒磯・高久線 304 (欠番) 305 豊原・大島線 306 西那須野・下石上線 307 深程・楡木線 308 那須野が原公園線 309 栃木環状線 310 下野・二宮線 311 小山・大平線 312 (欠番・かつての大平下停車場線) 313 渡良瀬遊水地・壬生自転車道線 314 佐川野・友沼線 315 (欠番) 316 真岡・筑西線 317 西那須野停車場線 318-319 (欠番) 320 二宮・宇都宮線 321 南方・須佐木線 322-334 (欠番) 335 西川田停車場・運動公園線 336 自治医大停車場線 337 下日向・粟野線 338 芳賀・茂木線 339 小山・下野線 340 壬生インター線 341 宝積寺・太田線 342 中田原・寒井線 343 蛭畑・須佐木線 344 湯本・大島線 345 葛生・船越線 346 みかも山公園線 347 佐野田沼インター線 348 上河内スマートインター線 349 那須高原スマートインター線 350 栗山・舘岩線 351 黒磯板室インター線 352 佐野SAスマートインター線 353 蒲須坂・乙畑線 354-368 (欠番) 369 黒磯・田島線 370-399 (欠番) 400番台 400-401 (欠番) 402 桐生・足利・藤岡自転車道線 延長の記録 ※路線長は県内区間に限る。

creative commons(wikipedia:栃木県の県道一覧

栃木県道

『栃木県の県道一覧』より : 栃木県の県道一覧(とちぎけんのけんどういちらん)は、栃木県を通る県道の一覧である。2009年(平成21年)4月現在、297路線が指定されている。 2008年(平成20年)4月1日付で42路線の路線名が市町村合併等に伴い見直された。 主要地方道 1 宇都宮・笠間線 2 宇都宮・栃木線 3 宇都宮・亀和田・栃木線 4 宇都宮・鹿沼線 5 足利・太田線 6 宇都宮・楡木線 7 佐野・行田線 8 足利・館林線 9 佐野・古河線 10 宇都宮・那須烏山線 11 栃木・藤岡線 12 那須烏山・御前山線 13 大子・黒羽線 14 鹿沼・日光線 15 鹿沼・足尾線 16 佐野・田沼線 17 那須高原線 18 小山・壬生線 19 藤原・塩原線 20 足利・邑楽・行田線 21 湯本・漆塚線 22 大沢・宇都宮線 23 川俣温泉・川治線 24 (欠番) 25 那須烏山・矢板線 26 (欠番) 27 那須・黒羽・茂木線 28 大子・那須線 29 常陸太田・那須烏山線 30 矢板・那須線 31 栃木・小山線 32 栃木・粕尾線 33 小山環状線 34 黒磯・黒羽線 35 宇都宮・結城線 36 岩舟・小山線 37 栃木・粟野線 38 足利・千代田線 39 足利・伊勢崎線 40 足利環状線 41 つくば・益子線 42 (欠番) 43 (欠番) 44 栃木・二宮線 45 つくば・真岡線 46 宇都宮・真岡線 47 真岡・上三川線 48 大田原・氏家線 49 (欠番) 50 藤岡・乙女線 51 水戸・茂木線 52 矢板・那珂川線 53 大田原・高林線 54 明野・間々田線 55 西那須野・那須線 56 塩原・矢板線 57 館林・藤岡線 58 草久・足尾線 59 (欠番) 60 黒磯・棚倉線 61 真岡・那須烏山線 62 今市・氏家線 63 藤原・宇都宮線 64 宇都宮・向田線 65 鹿沼・下野線 66 桐生・田沼線 67 桐生・岩舟線 68 那須・西郷線 69 宇都宮・茂木線 70 宇都宮・今市線 71 羽生田・上蒲生線 72 大田原・芦野線 73 上横倉・下岡本線 74 塩谷・喜連川線 75 栃木・佐野線 76 伊王野・白河線 77 宇都宮・船生・高徳線 一般県道 100番台 100 (欠番・かつての石橋停車場線) 101 宝積寺停車場線 102 烏山停車場線 103 間々田停車場線 104 小金井停車場線 105 豊原停車場線 106 久下田停車場線 107 氏家停車場線 108 益子停車場線 109 茂木停車場線 110 下野大沢停車場線 111 七井停車場線 112 雀宮停車場線 113 那須塩原停車場線 114 佐久山・喜連川線 115 田沼・唐沢山公園線 116 足利市停車場線 117 新栃木停車場線 118 下今市停車場線 119 真岡・岩瀬線 120 新鹿沼停車場線 121 壬生停車場線 122 藤岡停車場線 123 葛生停車場線 124 田沼停車場線 125 氏家・宇都宮線 126 栃木・田沼線 127 楡木停車場線 128 佐野・太田線 129 福居停車場線 130 静和停車場線 131 金崎停車場線 132 安塚停車場線 133 岩舟停車場線 134 西田井停車場線 135 市塙停車場線 136 多田停車場線 137 樅山停車場線 138 富田停車場線 139 原向停車場線 140 真岡停車場線 141 唐沢山公園線 142 通洞停車場線 143 黒田原停車場線 144 築地・吉水線 145 (欠番) 146 結城・石橋線 147 小金井・結城線 148 野田・多々良停車場線 149 小来川・文挟・石那田線 150 山久保・平ケ崎線 151 堀米停車場線 152 赤岩・足利線 153 南小林・栃木線 154 下高根沢・氷室線 155 羽生田・鶴田線 156 石末・真岡線 157 下岡本・上戸祭線 158 下岡本・上三川線 159 小林・逆面線 160 和泉・間々田線 161 下河戸・片岡線 162 (欠番) 163 黒田・市塙・真岡線 164 板荷・玉田線 165 市塙・北長島線 166 西田井・二宮線 167 蛭田・喜連川線 168 静・藤岡線 169 栗山・日光線 170 親園・南金丸線 171 山内・上境線 172 上田・壬生線 173 萩島・白鳥線 174 南小林・松原線 175 山形・寺岡線 176 杉山・石末線 177 上久我・栃木線 178 稲沢・高久線 179 稲沢・黒羽線 180 蒲須坂・喜連川線 181 上高根沢・氏家線 182 東小屋・黒羽線 183 下野・壬生線 184 安塚・雀宮線 185 関谷・上石上線 186 寄居・豊原停車場線 187 物井・寺内線 188 大谷観音線 189 (欠番) 190 境・間々田線 191 大戦防・小山線 192 滝沢・野崎停車場線 193 雀宮・真岡線 194 寂光滝線 195 裏見滝線 196 宇都宮停車場線 197 西原・西田井停車場線 198 足利停車場線 199 上永野・下永野線 200番台 200 秋山・葛生線 201 作原・田沼線 202 仙波・鍋山線 203 日光停車場線 204 結城・二宮線 205 須賀川・大子線 206 飯・茂木線 207 高田・筑西線 208 飛駒・足利線 209 (欠番) 210 柏倉・葛生線 211 豊原・高久線 212 赤沢・茂木線 213 栃木停車場線 214 福良・羽川線 215 佐野停車場線 216 岩瀬・二宮線 217 鹿沼停車場線 218 名草・小俣線 219 松田・葉鹿線 220 大久保・蒲須坂線 221 国谷・家中停車場線 222 熊田・喜連川線 223 寺岡・館林線 224 小砂・小口線 225 花岡・狹間田線 226 (欠番) 227 小俣・桐生線 228 (欠番) 229 今市停車場線 230 下大羽・益子線 231 山内・牧野線 232 矢又・大内線 233 小川・大金停車場線 234 小田野・大那地線 235 黒磯停車場線 236 矢板停車場線 237 赤見・本町線 238 (欠番) 239 白沢・下小倉線 240 石裂・上日向線 241 上日向・山越線 242 矢板・塩谷線 243 小山・城内線 244 (欠番) 245 栗山・今市線 246 草久・粟野線 247 日光・今市線 248 日光だいや川公園線 249 黒部・西川線 250 中宮祠・足尾線 251 (欠番) 252 蛭沼・川連線 253 借宿・八幡線 254 丸山・葉鹿線 255 塙・芳賀線 256 竜舞・山前停車場線 257 西小塙・真岡線 258 (欠番) 259 折戸・西那須野線 260 緑町・山辺停車場線 261 野木・古河線 262 益子公園線 263 小山停車場線 264 小山・結城線 265 粟宮・喜沢線 266 中塩原・板室・那須線 267 (欠番) 268 鹿沼環状線 269 太平山公園線 270 佐野環状線 271 大田原・矢板線 272 県民の森・矢板線 273 東古屋・上寺島線 274 牧野・大沢線 275 大山田下郷・小砂線 276 井頭公園線 277 小来川・清滝線 278 中野・福居線 279 大桑・大沢線 280 入粟野・引田線 281 板荷・引田線 282 中・岩舟線 283 仙波・葛生線 284 松田・大月線 285 福原・小川線 286 深沢・岩瀬線 287 山内・上小瀬線 288 大橋・家中線 289 二宮・宇都宮自転車道線 290 那須・甲子線 291 下伊勢畑・増井線 292 矢畑・横倉新田線 293 庚申山公園線 294 東野田・古河線 295 今市スポーツセンター線 296 小山・都賀線 297 山本・下大羽線 298 小口・黒羽線 299 西川田停車場線 300番台 300 新大平下停車場線 301 国谷停車場線 302 おもちゃのまち停車場線 303 黒磯・高久線 304 (欠番) 305 豊原・大島線 306 西那須野・下石上線 307 深程・楡木線 308 那須野が原公園線 309 栃木環状線 310 下野・二宮線 311 小山・大平線 312 (欠番・かつての大平下停車場線) 313 渡良瀬遊水地・壬生自転車道線 314 佐川野・友沼線 315 (欠番) 316 真岡・筑西線 317 西那須野停車場線 318-319 (欠番) 320 二宮・宇都宮線 321 南方・須佐木線 322-334 (欠番) 335 西川田停車場・運動公園線 336 自治医大停車場線 337 下日向・粟野線 338 芳賀・茂木線 339 小山・下野線 340 壬生インター線 341 宝積寺・太田線 342 中田原・寒井線 343 蛭畑・須佐木線 344 湯本・大島線 345 葛生・船越線 346 みかも山公園線 347 佐野田沼インター線 348 上河内スマートインター線 349 那須高原スマートインター線 350 栗山・舘岩線 351 黒磯板室インター線 352 佐野SAスマートインター線 353 蒲須坂・乙畑線 354-368 (欠番) 369 黒磯・田島線 370-399 (欠番) 400番台 400-401 (欠番) 402 桐生・足利・藤岡自転車道線 延長の記録 ※路線長は県内区間に限る。

creative commons(wikipedia:栃木県道

栃木県小学校一覧

栃木県小学校一覧(とちぎけんしょうがっこういちらん)は、栃木県に現存する小学校の一覧。 国立小学校 宇都宮大学教育学部附属小学校 公立小学校 宇都宮市 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市 日光市 小山市 真岡市 大田原市 矢板市 那須塩原市 さくら市 那須烏山市 下野市 河内郡 芳賀郡 下都賀郡 塩谷郡 那須郡 私立小学校 作新学院小学部 関連項目 学校記事一覧 栃木県高等学校一覧 栃木県中学校一覧 栃木県幼稚園一覧 栃木県小学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:栃木県小学校一覧

栃木県立宇都宮白楊高等学校

校名=栃木県立宇都宮白楊高等学校
過去校名=栃木県宇都宮農業高等学校
国公私立=公立学校
設置者=栃木県
設立年月日=1895年(明治28年)4月1日
創立記念日=5月11日
共学・別学=男女共学
課程=全日制課程
単位制・学年制=学年制
設置学科=農業経営科 生物工学科 食品科学科 農業工学科 情報技術科 流通経済科 服飾デザイン科
学期=3学期制
高校コード=09106F
郵便番号=321-0954
所在地=栃木県宇都宮市元今泉8丁目2番1号
電話番号=028-661-1525
FAX番号=028-660-4540
栃木県立宇都宮白楊高等学校(とちぎけんりつうつのみやはくようこうとうがっこう)とは、栃木県宇都宮市下今泉にある高等学校。
現在、3学年7学科の総合選択制高等学校である。明治28年4月、当時北関東地域では初となる栃木県簡易農学校として開校。全国の農業高等学校 農業系高等学校では4番目に古い学校である。その後明治31年、栃木県農学校に改称。平成3年に現在の名称に変更され、同年の学科再編により県内唯一の総合選択制高等学校(様々な学科を選択できる学校)となった。また、高根沢には同高校の農場がある。なお、現在この高校には2つの登録有形文化財がある。本校には、名物として三本ポプラがある。通用口に3本の長いポプラの木が立っており、また学校名の白楊は、ポプラの和名からきている。

creative commons(wikipedia:栃木県立宇都宮白楊高等学校

栃木県立真岡高等学校

栃木県立真岡高等学校(とちぎけんりつ もおかこうとうがっこう、英語: Tochigi Prefectural Moka High School)は、栃木県真岡市白布ヶ丘にある公立高等学校。通称・略称は「真高(もおたか)」。 部活動においてはサッカー部が、全国高等学校サッカー選手権大会に11回、全国高等学校総合体育大会サッカー競技に9回と、両大会共に県内最多の出場経験があり、全国大会における最高成績は、昭和26年度の選手権・平成18年度の総体・平成25年度の総体で記録したベスト4(3回)である。吹奏楽部は県内で東日本大震災の被災地でチャリティーコンサートなどを行っている。旧本館は国の登録有形文化財で、現在は記念館として使用されている。なお、耐震工事の関係で音楽の授業、図書室としても使われた時期があった。 校訓至誠:意義は「人を欺かず、また己を欺かず、自己の良心を尊び、善と信ずることは必ず実行する」。 校歌「朝日直差す白布ヶ丘に」で始まる校歌は、作詞葛原しげる、作曲弘田龍太郎によるもので、昭和初期に制定された二代目。

creative commons(wikipedia:栃木県立真岡高等学校

栃木県出身の有名人一覧

栃木県出身の人物一覧(とちぎけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する栃木県出身の人物の一覧表である。 文化人 画家 刑部人:栃木市(旧都賀町) 小堀鞆音:佐野市 小杉放庵:日光市 清水登之(二科賞受賞):栃木市 高橋由一(洋画家):父親が佐野藩士で、佐野藩の江戸藩邸に生まれる 田中一村:栃木市 松本哲男(東北芸術工科大学学長):佐野市 書家 涼風花:日光市 柿沼康二:矢板市 相田みつを:足利市 丸山暁鶴:栃木市 脚本家 鈴木智:宇都宮市 江連卓 福田雄一:小山市 益子昌一:那須烏山市 大島里美:日光市 阿相クミコ 彫刻家 飯田善国:足利市 斎藤誠治:宇都宮市 写真家 福田俊司:宇都宮市 建築家 佐藤功一 田上義也 料理人 音羽和紀:宇都宮市 デザイナー 日高徹 坂本廣樹 作家・ジャーナリスト・評論家 嬉野秋彦 落合恵子:宇都宮市 千葉省三:宇都宮市 藤水名子:宇都宮市 立松和平:宇都宮市 君島久子:宇都宮市 山手樹一郎:那須塩原市(旧黒磯市) 柳田邦男:鹿沼市 中村彰彦:栃木市 山本有三:栃木市 くしまちみなと:栃木市 梨屋アリエ:小山市 漫画家 相田裕 青木たかお:矢板市 亜桜まる 新井理恵:宇都宮市 石川賢:那須烏山市(旧烏山町) 井上和郎 猪熊しのぶ うさ銀太郎 大島弓子:大田原市 小野寺浩二:宇都宮市 金子節子:茂木町 銀八 熊倉隆敏:栃木市(旧大平町) 倉藤倖 黒乃奈々絵 笹木竹丸 ジョージ秋山:足利市 高口里純:鹿沼市 藤栄道彦 苫谷奈央 野部利雄:宇都宮市 橋本孤蔵 柊あおい:壬生町 福地翼:日光市 藤森ナッツ 真島悦也 山崎さやか:那珂川町 山本ルンルン 横山知生 吉川雅之 わんぱく 学者 井村君江(英文学者、明星大学名誉教授):宇都宮市 亀山郁夫 (ロシア文学者。

creative commons(wikipedia:栃木県出身の有名人一覧

栃木県出身

『栃木県出身の有名人一覧』より : 栃木県出身の人物一覧(とちぎけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する栃木県出身の人物の一覧表である。 文化人 画家 刑部人:栃木市(旧都賀町) 小堀鞆音:佐野市 小杉放庵:日光市 清水登之(二科賞受賞):栃木市 高橋由一(洋画家):父親が佐野藩士で、佐野藩の江戸藩邸に生まれる 田中一村:栃木市 松本哲男(東北芸術工科大学学長):佐野市 書家 涼風花:日光市 柿沼康二:矢板市 相田みつを:足利市 丸山暁鶴:栃木市 脚本家 鈴木智:宇都宮市 江連卓 福田雄一:小山市 益子昌一:那須烏山市 大島里美:日光市 阿相クミコ 彫刻家 飯田善国:足利市 斎藤誠治:宇都宮市 写真家 福田俊司:宇都宮市 建築家 佐藤功一 田上義也 料理人 音羽和紀:宇都宮市 デザイナー 日高徹 坂本廣樹 作家・ジャーナリスト・評論家 嬉野秋彦 落合恵子:宇都宮市 千葉省三:宇都宮市 藤水名子:宇都宮市 立松和平:宇都宮市 君島久子:宇都宮市 山手樹一郎:那須塩原市(旧黒磯市) 柳田邦男:鹿沼市 中村彰彦:栃木市 山本有三:栃木市 くしまちみなと:栃木市 梨屋アリエ:小山市 漫画家 相田裕 青木たかお:矢板市 亜桜まる 新井理恵:宇都宮市 石川賢:那須烏山市(旧烏山町) 井上和郎 猪熊しのぶ うさ銀太郎 大島弓子:大田原市 小野寺浩二:宇都宮市 金子節子:茂木町 銀八 熊倉隆敏:栃木市(旧大平町) 倉藤倖 黒乃奈々絵 笹木竹丸 ジョージ秋山:足利市 高口里純:鹿沼市 藤栄道彦 苫谷奈央 野部利雄:宇都宮市 橋本孤蔵 柊あおい:壬生町 福地翼:日光市 藤森ナッツ 真島悦也 山崎さやか:那珂川町 山本ルンルン 横山知生 吉川雅之 わんぱく 学者 井村君江(英文学者、明星大学名誉教授):宇都宮市 亀山郁夫 (ロシア文学者。

creative commons(wikipedia:栃木県出身

栃木県信用農業協同組合連合会

『農林中央金庫』より : 農林中央金庫(のうりんちゅうおうきんこ、英称:The Norinchukin Bank)は、1923年(大正12年)に設立された農業協同組合、森林組合、漁業協同組合の系統中央機関の役割を持つ金融機関であり、国内最大規模の機関投資家である。海外では日本最大のヘッジファンドとして名高い。略称は農林中金。 経緯 特殊法人であったが、1986年(昭和61年)に特別民間法人となり、農林中央金庫法を根拠法とする純粋な民間金融機関となった。 1990年代後半より、貸出利率は下落し貸付業務は徐々に魅力をなくした。そのため、潤沢な資金を背景にヘッジファンドとして転換を遂げた。米国一流大学のMBA取得者約300人を抱える有価証券投資部門を擁し、ロンドン、ニューヨーク、シンガポールを拠点に海外積極投資を展開している。 銀行免許を持つ金融機関でありながら金融庁ではなく農林水産省の所管となっている。約3,200人の職員で、JAバンクから上がってくる約80兆円の預金を運用するため、有価証券投資、法人向け大口貸付業務が主流業務となっている。

creative commons(wikipedia:栃木県信用農業協同組合連合会

栃木県立宇都宮高等学校

栃木県立宇都宮高等学校(とちぎけんりつ うつのみやこうとうがっこう, Tochigi Prefectural Utsunomiya High School)は、栃木県宇都宮市滝の原三丁目にある県立高等学校。通称・略称は「宇高」(うたか)。   歴史 1879年(明治12年)創立の「栃木中学校」(旧制中学校)を前身とし、1948年(昭和23年)の学制改革で新制高等学校となった。栃木県内の旧制中学校を前身とする高等学校の中では最も長い歴史を持ち、2009年(平成21年)に創立130周年を迎えた。校地 校地のある地名から「瀧(滝)の原」とも呼ばれ、校訓「瀧の原精神 / 主義」を体現すべく学生を「滝の原健児」と呼ぶことがある。 滝の原は原野と雑木林を切り開いた土地であり、敷地の一角を国鉄日光線が横断しており、日光線の北側は現在と同様に普通科に供されていたが、南側には農業科の用地として使用されていた。軌道付設当時、特にフェンスなどで囲まれていたわけでもなく、敷地内は軌道を横断して行き来することができた。

creative commons(wikipedia:栃木県立宇都宮高等学校

栃木県中学校一覧

栃木県中学校一覧(とちぎけんちゅうがっこういちらん)は、栃木県の中学校の一覧。 国立中学校 宇都宮大学教育学部附属中学校 公立中学校 宇都宮市 = 県立 = 栃木県立宇都宮東高等学校附属中学校 = 市立 = 足利市 栃木市 佐野市 = 県立 = 栃木県立佐野高等学校附属中学校 = 市立 = 鹿沼市 日光市 小山市 真岡市 大田原市 矢板市 = 県立 = 栃木県立矢板東高等学校附属中学校 = 市立 = 那須塩原市 さくら市 那須烏山市 下野市 河内郡 芳賀郡 下都賀郡 塩谷郡 那須郡 私立中学校及び中等教育学校 関連項目 学校記事一覧 栃木県高等学校一覧 栃木県小学校一覧 栃木県幼稚園一覧 栃木県中学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:栃木県中学校一覧

栃木県立宇都宮工業高等学校

校名=栃木県立宇都宮工業高等学校
過去校名=栃木県立宇都宮工業学校
栃木県立宇都宮第二工業学校
国公私立=公立学校
設置者=栃木県
校訓=一人は一校を代表す
設立年月日=1923年
共学・別学=男女共学
課程=全日制・定時制
単位制・学年制=学年制
設置学科=工業科
郵便番号=320-8558
電話番号=028-633-0451
FAX番号=028-637-4527
栃木県立宇都宮工業高等学校(とちぎけんりつうつのみやこうぎょうこうとうがっこう)は、栃木県宇都宮市に所在する県立工業高等学校。宇工(うこう)の通称で呼ばれている栃木県立宇都宮高等学校 宇都宮高校の通称は「宇高」と書いて「うたか」と呼ばれている。
全日制課程
インテリア
インテリア設備

creative commons(wikipedia:栃木県立宇都宮工業高等学校

栃木県幼稚園一覧

栃木県幼稚園一覧(とちぎけんようちえんいちらん)は、栃木県の幼稚園の一覧。
宇都宮大学教育学部附属幼稚園
日光市立足尾幼稚園
那須塩原市立塩原幼稚園
塩谷町立塩谷幼稚園
西方町立西方幼稚園
大田原市立岩舟台幼稚園
那須烏山市立烏山幼稚園
那須烏山市立つくし幼稚園
那珂川町立岩戸幼稚園
那珂川町立安徳幼稚園
那珂川町立岩戸北幼稚園
那珂川町立南畑幼稚園
愛隣幼稚園
清愛幼稚園
松が峰幼稚園
さくら幼稚園
マリア幼稚園

creative commons(wikipedia:栃木県幼稚園一覧

栃木県立佐野高等学校

栃木県立佐野高等学校・附属中学校(とちぎけんりつ さのこうとうがっこう・ふぞくちゅうがっこう、英称:Tochigi prefectural Sano senior high school & junior high school)は、栃木県佐野市天神町にある県立高等学校・中学校。中高一貫校。 特色 1901年(明治34年)に栃木県第四中学校として開校した。以来、栃木県内では4番目に古い男子校であったが、2008年(平成20年)に開校した附属中学校の第1期生が高校へ進学した2011年に、100年以上におよぶ男子校の歴史に幕を下ろし、男女共学の中高一貫教育校になった。 高校の通称は「佐高」(読み方には「さこう」と「さたか」の二種類があるが、佐高関係者の自称はほとんど「さこう」であり、「さたか」と呼ぶのは学校関係者以外に多く、住んでいる地域に工業高校がある地域は後者で呼ぶことが多い)、中学の通称は「佐附中」。

creative commons(wikipedia:栃木県立佐野高等学校

栃木県立粟野高等学校

栃木県立粟野高等学校(とちぎけんりつあわのこうとうがっこう)は、栃木県鹿沼市口粟野にあった高等学校。
全日制課程
普通科
野球部
バスケットボール部
テニス部
卓球部
陸上競技 陸上部
柔道 柔相撲 相部
サッカー部
ダンス部
バドミントン部
ダンス部はコンクールで特別賞を受賞したことがある。
柔相部(柔道と相撲)は相撲で関東大会に9年連続出場している。
野球部は2008年(平成20年)の夏の大会に人数が揃わなかったため出場できなかった。
文芸部
茶道 茶華道部
ホームクラフト部

creative commons(wikipedia:栃木県立粟野高等学校

栃木県高等学校一覧

栃木県高等学校一覧(とちぎけんこうとうがっこういちらん)は、栃木県の高等学校の一覧。 全日制課程の存在しない高等学校については、定時制は「○○高等学校{定時制}」通信制は「○○高等学校{通信制}」定時制・通信制共に存在する場合は、定時制表記で記載する。 公立高等学校 学区の廃止(平成27年度入試より)。 中高一貫教育実施校の全日制普通科、全日制普通科・総合学科以外の専門学科、定時制、通信制は、全県一学区。 宇都宮地区 上都賀地区 下都賀地区 安足地区 芳賀地区 塩谷・南那須地区 那須地区 私立高等学校 脚注 関連項目 学校記事一覧 栃木県特別支援学校一覧 栃木県中学校一覧 栃木県小学校一覧 栃木県幼稚園一覧 栃木県高等学校の廃校一覧 旧制中等教育学校の一覧 (栃木県) 日本の男女別学校一覧 外部リンク 栃木県教育委員会。

creative commons(wikipedia:栃木県高等学校一覧

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引