【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

栃木県足利市【地方公共団体・地方自治体】

足利市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、栃木県足利市の紹介です。

栃木県足利市のホームページ

足利市 概要・地域の情報やトピック

足利市

足利市(あしかがし)は、栃木県南西部にある市。古くは足利庄が栄えて清和源氏義家流・足利氏発祥の地としても知られ、フランシスコ・ザビエルが「坂東の大学」と呼んだ有名な足利学校がある。また、足利学校は2015年4月に日本遺産に認定された。 1990年の16万8,217人(国勢調査による)をピークに人口減少が続いている。県庁所在地である宇都宮市に次ぐ規模を誇っていたが、2005年国勢調査にて小山市に、2014年に下都賀郡岩舟町を編入した栃木市に抜かれ、現在は県内4番目の人口規模となっている。 国道407号を南進した群馬県太田市(約21万5000人、合併前約15万人)、埼玉県熊谷市(約20万4000人、合併前約15万8000人)は当市と同規模だったが市町村合併によりこの2市は人口増となった。一方、あしかがフラワーパーク等により2001年(平成13年)は263万人だった観光客入込数が2005年には301万人に増加している。 近年では、様々な映画やドラマなどのロケ地としても多く使われるようになった。 地理 市の北部に足尾山地、南部に関東平野が広がり、中央部を渡良瀬川が流れる。

creative commons(wikipedia:足利市

足利市駅

足利市駅(あしかがしえき)は、栃木県足利市南町にある東武鉄道伊勢崎線の駅である。駅番号はTI 15。 1907年(明治40年)8月27日 - 足利町駅として開業。 1921年(大正10年)1月1日 - 足利郡足利町が市制施行し、足利市となる。 1924年(大正13年)8月25日 - 足利市駅に改称。 1980年(昭和55年)7月23日 - 足利市駅周辺2.98kmの高架化完成。 1981年(昭和56年)12月 - 高架下に新駅舎完成。 2007年(平成19年) 3月18日 - PASMO供用開始。 12月21日 - パーク・アンド・ライドサービスを開始。 2012年(平成24年)3月17日 - TI 15の駅ナンバリングを導入。 2015年(平成27年)7月24日 - 列車接近メロディーを導入。曲は森高千里の「渡良瀬橋」。 駅構造 島式ホーム1面2線を有する高架駅。北側に回送・待避用の側線を持つ。コンコースからホーム間を連絡するエスカレーターとエレベーターが設置されている。

creative commons(wikipedia:足利市駅

足利市総合運動場硬式野球場

スタジアム名称 足利市総合運動場硬式野球場
愛称 Ashikaga Municipal Baseball Stadium
所在地 栃木県足利市田所町1123(足利市総合運動場内)
開場 1955年7月9日(1988年、2001年、2003年改修)
所有者 足利市
管理・運用者 足利市みどりと文化・スポーツ財団(指定管理者)
グラウンド 内野:クレー舗装、外野:芝 天然芝
照明 照明塔:6基最大照度:投捕間1145Lx     内 野 893Lx     外 野 588Lx
設計者
使用チーム、大会 全足利クラブ
収容能力 2,670人
規模 グラウンド面積:13,463.2m²両翼:98 m中堅:122 m
フェンスの高さ
足利市総合運動場硬式野球場(あしかがし・そうごううんどうじょう・こうしきやきゅうじょう)は、栃木県足利市の足利市総合運動場内にある野球場。球場正面の銘板には足利市硬式野球場と表記されている。施設は足利市が所有し、足利市みどりと文化・スポーツ財団が指定管理者として運営管理を行っている。

creative commons(wikipedia:足利市総合運動場硬式野球場

足利市総合運動公園野球場

足利市総合運動場硬式野球場(あしかがし・そうごううんどうじょう・こうしきやきゅうじょう)は、栃木県足利市の足利市総合公園・足利市総合運動場内にある野球場。球場正面の銘板には足利市硬式野球場と表記されている。施設は足利市が所有し、足利市みどりと文化・スポーツ財団が指定管理者として運営管理を行っている。 1955年開場。以来、数度の改築・改修を経て現在も使用されている。主に県内のアマチュア野球で使用されており、高校野球、社会人野球の公式戦が行われるほか、地元の社会人クラブチーム・全足利クラブが練習場として使用している。2006年8月には第31回全日本クラブ野球選手権大会のメイン開催球場として使用された。高校野球では、2010年代から、従来使用されてきた宇都宮市宮原運動公園野球場に変わり春と秋の県大会(関東大会予選)で使用されている。 また、2004年9月11日には足利市では29年ぶりのプロ野球開催となる、イースタンリーグ・ヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツが行なわれた。

creative commons(wikipedia:足利市総合運動公園野球場

足利市総合運動公園陸上競技場

足利市総合運動公園陸上競技場(あしかがしそうごううんどうこうえんりくじょうきょうぎじょう)は、栃木県足利市が運営する足利市総合運動公園の中心施設で、足利市のスポーツの拠点として利用されている。 開場は1947年と歴史があるが、現在のスタジアムは足利市振興計画において日本陸連第二種公認競技場として全面改修され、1999年3月にリニューアルオープンしたものである。以来、J2のザスパ草津、水戸ホーリーホック、栃木SCのホームゲームが開催されている。特に、栃木SCの主催試合では「足利劇場」と呼ばれるほど劇的な試合が展開されていたが、2010年以後はJリーグ開催基準の厳格な規定があるため開催されなくなった。 2010年からはJFLに昇格した栃木ウーヴァFCの準ホームスタジアムにもなっている。ジャパンラグビートップリーグの公式戦も開催されている。 運動公園内には他に、プロ野球も開催される硬式野球場などが立地している。 所在地:栃木県足利市田所町1123 収容人数:7,500人(座席数 3,500・メインスタンドのみ固定座席、他は芝生席) 照明:100~300ルクス(照度の関係でJリーグ・栃木サッカークラブ主催試合はナイターできず) フィールド内面積:7,397m² トラック:一周400m・全天候型8レーン(ゴムチップウレタン舗装) 得点板。

creative commons(wikipedia:足利市総合運動公園陸上競技場

足利市立美術館

足利市立美術館(あしかがしりつびじゅつかん)は、栃木県足利市の中心部、通二丁目にある美術館。 足利市の再開発事業の一環として1994年4月に開館。集合住宅と併設された美術館としては日本国内でも珍しい存在である。企画展を中心とし、読売新聞社などとの協賛展覧展も開催する。 学芸員の江尻潔は、優れた展覧会を企画した学芸員などに贈られる2008年度「美連協大賞」(美術館連絡協議会)にも選ばれている。川島理一郎や大山魯牛など地元足利や両毛地域にゆかりのある芸術家の作品を集め、同地域の文化・芸術の発信地としての役割を担っている。 財政難のため、作品の購入予算は年間数10万円であり、市民などからの寄贈はコレクション充実に大きな意味を持つ。2009年(平成21年)度には日本におけるリトグラフの第一人者・阿部浩の作品を中心に、市民らから388点、評価額5900万円相当の寄贈を受けた。 指定管理者制度の導入と見直し 足利市は地方自治法改正を受け、2006年(平成18年)度に指定管理者制度を導入した。

creative commons(wikipedia:足利市立美術館

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引