【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

栃木県宇都宮市【地方公共団体・地方自治体】

宇都宮市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、栃木県宇都宮市の紹介です。

栃木県宇都宮市のホームページ

宇都宮市 概要・地域の情報やトピック

宇都宮市

宇都宮市(うつのみやし)は、関東地方の北部、栃木県の中部に位置する市で、同県の県庁所在地である。1996年4月1日より、中核市に指定されている。 概略 宇都宮市は、栃木県の県庁所在地で、県の中南部、関東平野の中北部に位置する。中心市街地は日光連山から連なる山地が収束し平野部となる境界域、二荒山神社と宇都宮城址公園付近を中心に形成されている。市域には鬼怒川、田川、釜川、新川、姿川などの河川が流れ、河岸はその河岸段丘と沖積平野となっている。太平洋戦争の終結以来、宇都宮市域(旧宇都宮町や宇都宮市の区域)の拡大などもあって住民人口は激増し、2007年(平成19年)3月31日の河内郡上河内町および河内町の合併直前の宇都宮市人口は46万人前後に達していた。現在、市域人口は50万人を超えており、これは栃木県のみならず、北関東3県で最大である。本市を中心市とする宇都宮都市圏(都市雇用圏 - 2005年)の人口は約108万人と、中核市を中心とする都市圏としては日本国内最大規模となっている。

creative commons(wikipedia:宇都宮市

宇都宮市営清原球場

『宇都宮清原球場』より : 宇都宮清原球場(うつのみや・きよはらきゅうじょう)は、栃木県宇都宮市の清原中央公園内にある野球場。施設は宇都宮市が所有し、公益財団法人宇都宮市スポーツ振興財団が指定管理者として運営管理を行っている。 1988年5月、宇都宮市東郊の宇都宮清原工業団地にある清原中央公園内(「'84とちぎ博」会場跡地)に竣工。フィールドは全面人工芝で、横浜スタジアムと古代ローマのコロッセオをモデルに設計されている。開場以来、中学野球の県大会、関東大会や高校野球、大学野球、社会人野球などアマチュア野球公式戦が行われている。アマチュア第1号本塁打は、当時宇都宮学園高等学校(現:文星芸術大学附属高等学校)3年生であった真中満(のちに日本大学を経てヤクルトスワローズに入団、現在は監督)が放っている。 また、プロ野球も公式戦やオープン戦が不定期ながら開催されており、過去には横浜大洋ホエールズや日本ハムファイターズなどが主催公式戦を開催した事があるが、公式戦は1997年から2007年まで開催されていなかった。

creative commons(wikipedia:宇都宮市営清原球場

宇都宮市立豊郷北小学校

宇都宮市立豊郷北小学校(うつのみやしりつとよさときたしょうがっこう)は、栃木県宇都宮市にある公立小学校。
全校児童241名、教員21名
現在豊郷北小学校は最大で学級数が10学級までの市内でも児童数の少ない学校である
1881年(明治14年)1月12日、借陰舎として河内郡豊郷村大字横山(現宇都宮市横山町)で開校
1885年(明治18年)5月、河内郡第22番学区公立瓦谷学校横山分校となる
1892年(明治25年)~1893年(明治26年)、河内郡豊郷第3~2尋常小学校となる
1900年(明治33年)、河内郡豊郷小学校北校となる
1902年(明治35年)、大暴風により全校舎が倒壊。後に再建。
1941年(昭和16年)、河内郡豊郷北国民学校となる
1947年(昭和22年)、河内郡豊郷北小学校となる

creative commons(wikipedia:宇都宮市立豊郷北小学校

宇都宮市サッカー場

宇都宮市サッカー場(うつのみやしサッカーじょう)は、栃木県宇都宮市が運営するサッカー場。施設は宇都宮市が所有し、公益財団法人宇都宮市スポーツ振興財団が指定管理者として運営管理を行っている。 第35回国民体育大会(栃の葉国体、1980年)のサッカー会場として1979年に建設された。当初は天然芝のグラウンドであったものの芝は数年で剥げ、その後は長年に亘って土のグラウンドとなっていたが、2008年4月に人工芝が敷かれた。隣接地にハーフサイズのサブグラウンドがありこちらは天然芝となっている。 現在は日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する栃木SCが練習場として使用する他、全国高等学校サッカー選手権大会の県予選などで使用される。また、1993年の全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会の会場にもなった。 名称について 2009年4月、宇都宮市は「施設愛称によるプロスポーツ応援事業」により、宇都宮市サッカー場の愛称を「栃木SC宇都宮フィールド」とすることを決定した。

creative commons(wikipedia:宇都宮市サッカー場

宇都宮市立陽西中学校

宇都宮市立陽西中学校(うつのみやしりつようさいちゅうがっこう)は、栃木県宇都宮市にある公立中学校。 制服 冬  男子は上は深緑色のブレザーに赤と緑のネクタイ(取り付け式)と白のYシャツ下はスラックス。女子は上は深緑色のブレザーと赤と緑のリボンに白のブラウス下はスカート。 夏  男子は白のYシャツ(半袖)にスラックス、ネクタイなし。女子は白のブラウス(半袖)にスカート、リボンなし。 通常学級 - 17組 生徒数 - 590人(2010年7月6日現在) 教育目標 人間尊重の精神を基盤に、個性豊かで情操に富んだ人間として、平和で民主的な社会の発展に貢献できる生徒を育成する。 敬愛の心があつく心情豊かな生徒 よく考え主体的に行動できる生徒 体力・気力の充実した健康な生徒     学校課題 ほかを思いやり、自ら考え、主体的に行動する生徒の育成 沿革 1949年(昭和24年)4月-現在地に設立。

creative commons(wikipedia:宇都宮市立陽西中学校

宇都宮市立田原中学校

宇都宮市立田原中学校(うつのみやしりつたわらちゅうがっこう)は栃木県宇都宮市下田原町にある公立中学校。 生徒数はおよそ300人。卒業生は7775名である。 沿革 1947年(昭和22年)4月に栃木県田原村に設立され、2007年の市町村合併に伴い現在の校名に変更された。 年表 1947年(昭和22年) 4月 1日 - 田原村立田原中学校として創立。(田原小学校に併設) 1951年(昭和26年) 1月13日 - 校歌制定。 1951年(昭和26年) 7月 2日 - 現在地に校舎落成。 1955年(昭和30年) 4月 1日 - 町村合併により、河内村立田原中学校となる。 1966年(昭和41年) 4月 1日 - 町制施行により、河内町立田原中学校となる。 1972年(昭和47年) 7月 8日 - プールが完成する。(1,113㎡) 1973年(昭和48年) 3月19日 - 校旗制定樹立。 1976年(昭和51年) 3月20日 - 体育館完成。(1,000㎡) 1978年(昭和53年) 3月10日 - 校舎改築工事起工式。

creative commons(wikipedia:宇都宮市立田原中学校

宇都宮市文化会館

宇都宮市文化会館(うつのみやしぶんかかいかん)は、栃木県宇都宮市明保野町にあるコンサートホールである。また、コンサートホールとして利用されている大ホールのほかにも小ホール、リハーサル室など各種施設を備えている。
大ホール:2,000席(3階層)
小ホール:500席(1階層)
栃木県のホール
宇都宮市 ふんかかいかん
日本のコンサートホール

creative commons(wikipedia:宇都宮市文化会館

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引