【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

栃木県栃木市【地方公共団体・地方自治体】

栃木市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、栃木県栃木市の紹介です。

栃木県栃木市のホームページ

栃木市 概要・地域の情報やトピック

栃木市

栃木市(とちぎし)は、栃木県の南部にある人口約16万人の市。栃木県内人口は宇都宮市、小山市に次ぐ第3位。市街地には蔵造りの家屋が並ぶ街並みが保存されていることから小江戸、小京都、関東の倉敷などと呼ばれ、観光地としての人気も高い。また、市南部にはラムサール条約登録湿地に指定されている渡良瀬遊水地を保有している。 江戸時代には市内を流れる巴波川を利用した江戸との舟運と、朝廷から日光東照宮へと派遣された使者(例幣使)が通行した例幣使街道の宿場町として盛えた商都で、「小江戸」の別名を持つ。戦災を免れたため、歴史的な寺院のほか、市街地には江戸時代から明治時代にかけての蔵や商家などが多く残っており、「美しいまちなみ大賞」を受賞している。こうした歴史資産を観光資源化し、関東地方では埼玉県川越市や千葉県佐原市(現・香取市)とともに小江戸サミットを開くなど「蔵の街」として知られ、「関東の倉敷」とも呼ばれる。また、市西部にある太平山からの景色は「陸の松島」として観光名所ともなっているほか、市南部の渡良瀬遊水地・谷中湖は小型ヨットやウィンドサーフィンに適しており、賑わう。

creative commons(wikipedia:栃木市

栃木市総合運動公園陸上競技場

栃木市総合運動公園陸上競技場(とちぎしそうごううんどうこうえん りくじょうきょうぎじょう)は、栃木県栃木市の栃木市総合運動公園内にある陸上競技場。球技場としても使用される。施設は栃木市が所有し、株式会社メディカルフィットネスとちの木が指定管理者として運営管理を行っている。 1989年3月に開設された。かつて、栃木SCが栃木県グリーンスタジアムの改修工事の際に暫定的にホームスタジアムとして使用し、これまでにも年間数試合ホームゲームが開催されていた。運動公園内には、野球場、総合体育館、多目的運動場(事実上の補助グラウンド)などが隣接している。 日本フットボールリーグ(JFL)に所属する栃木ウーヴァFCがホームスタジアムとして使用している。 施設 日本陸上競技連盟第二種公認 トラック:400m×8レーン 収容人数:5500人(座席数 2500、メインスタンドのみ固定座席、他は芝生席) アクセス 鉄道 東武日光線・新栃木駅より徒歩20分 自動車 東北自動車道・栃木インターチェンジより10分 ギャラリー 脚注 外部リンク 栃木市総合運動公園 - メディカルフィットネスとちの木 栃木市総合運動公園 - 栃木市。

creative commons(wikipedia:栃木市総合運動公園陸上競技場

栃木市立高等学校

栃木県立栃木女子高等学校(とちぎけんりつ とちぎじょしこうとうがっこう)は、栃木県栃木市薗部町にある高等学校。 特色 通称は『栃女(とちじょ)』、『栃女高(とちじょこう)』。創立100年を超える伝統校として知られる。校章はトチの木の葉を象徴としたものである。 設置課程・学科 全日制普通科 教育目標 毅然として心優しい女性の育成を目指し、以下の目標を掲げる。 1.心身ともに健全な女性を育成する。 2.豊かな情操と鋭敏な道徳心を備えた女性を育成する。 3.高い知性と広い教養を身につけた女性を育成する。 4.自主自律の精神に富んだ女性を育成する。 5.国家・社会に対する正しい理解と愛情を持ち,進んで人類社会に貢献することのできる女性を育成する。 校歌 女声二部合唱。ソプラノとアルトに分かれている。作詞は神保幸太郎、作曲は信時潔による。歌詞は3番まである。校名は歌詞に登場しないが、地域の象徴である「大平」・「巴波」・「栃の木」が登場する。

creative commons(wikipedia:栃木市立高等学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引