【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

群馬県【地方公共団体・地方自治体】

群馬県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、群馬県の紹介です。

群馬県のホームページ

群馬県 概要・地域の情報やトピック

群馬県

群馬県(ぐんまけん)は、日本の都道府県の一つで、日本列島の内陸中央部に位置を占め、関東地方の北西部とされる。県庁所在地は前橋市。利根川の上流地域であり県南部に関東平野、県西部・北部に自然豊かな山地を有し、この山嶺によって日本海や奥羽の他県と分けられる。 上代においては「毛野国」(毛の国)を形成し、これを上下に分かち「上毛野国(かみつけぬのくに)」とされ、のちに上野国となる。現在の県域はほぼ上野国と一致し、今でも異称として「上州(じょうしゅう)」「上毛(じょうもう、かみつけ)」を用いることがある。 「からっ風」「雷」「かかあ天下」が名物。海洋国家である日本において、内陸部に位置する数少ない県である。かかあ天下の由来としては、養蚕・製糸・織物といった絹産業による女性の経済力の高さがあったと考えられる。2014年(平成26年)に、富岡市の富岡製糸場など4件が「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録。2015年(平成27年)には、桐生市の桐生織物会館旧館など12件が「かかあ天下 ―ぐんまの絹物語―」の名で日本遺産に認定された。

creative commons(wikipedia:群馬県

群馬県を舞台にしたマンガ作品

『群馬県』より : 日本 > 関東地方 > 群馬県
全国第21位
(2005年10月1日:全国第19位)
(2005年10月1日)
群馬県(ぐんまけん)は、日本の都道府県の一つで、関東地方北部に位置する。県庁所在地は前橋市。上代においては栃木県域とともに「毛野国」(毛の国)を形成し、これを上下に分かち「上毛野国(かみつけぬのくに)」とされ、のちに上野国となる。現在の県域はほぼ上野国と一致し、今でも異称として「上州(じょうしゅう)」「上毛(じょうもう、かみつけ)」を用いることがある。明治時代に県内の群馬郡から名をとって群馬県が置かれた。海洋国家である日本において、内陸側に位置する数少ない県である。

creative commons(wikipedia:群馬県を舞台にしたマンガ作品

群馬県の歴史

『群馬県』より : 群馬県(ぐんまけん)は、日本の都道府県の一つで、日本列島の内陸中央部に位置を占め、関東地方の北西部とされる。県庁所在地は前橋市。利根川の上流地域であり県南部に関東平野、県西部・北部に自然豊かな山地を有し、この山嶺によって日本海や奥羽の他県と分けられる。 上代においては「毛野国」(毛の国)を形成し、これを上下に分かち「上毛野国(かみつけぬのくに)」とされ、のちに上野国となる。現在の県域はほぼ上野国と一致し、今でも異称として「上州(じょうしゅう)」「上毛(じょうもう、かみつけ)」を用いることがある。 「からっ風」「雷」「かかあ天下」が名物。海洋国家である日本において、内陸部に位置する数少ない県である。かかあ天下の由来としては、養蚕・製糸・織物といった絹産業による女性の経済力の高さがあったと考えられる。2014年(平成26年)に、富岡市の富岡製糸場など4件が「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録。2015年(平成27年)には、桐生市の桐生織物会館旧館など12件が「かかあ天下 ―ぐんまの絹物語―」の名で日本遺産に認定された。

creative commons(wikipedia:群馬県の歴史

群馬県令

『群馬県』より : 群馬県(ぐんまけん)は、日本の都道府県の一つで、日本列島の内陸中央部に位置を占め、関東地方の北西部とされる。県庁所在地は前橋市。利根川の上流地域であり県南部に関東平野、県西部・北部に自然豊かな山地を有し、この山嶺によって日本海や奥羽の他県と分けられる。 上代においては「毛野国」(毛の国)を形成し、これを上下に分かち「上毛野国(かみつけぬのくに)」とされ、のちに上野国となる。現在の県域はほぼ上野国と一致し、今でも異称として「上州(じょうしゅう)」「上毛(じょうもう、かみつけ)」を用いることがある。 「からっ風」「雷」「かかあ天下」が名物。海洋国家である日本において、内陸部に位置する数少ない県である。かかあ天下の由来としては、養蚕・製糸・織物といった絹産業による女性の経済力の高さがあったと考えられる。2014年(平成26年)に、富岡市の富岡製糸場など4件が「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録。2015年(平成27年)には、桐生市の桐生織物会館旧館など12件が「かかあ天下 ―ぐんまの絹物語―」の名で日本遺産に認定された。

creative commons(wikipedia:群馬県令

群馬県知事

『群馬県』より : 群馬県知事一覧(ぐんまけんちじいちらん) 群馬県の歴代知事(官選:41代39人/公選:19代7人)の一覧。 官選知事 公選知事 選挙結果 第1回 1947年(昭和22年)4月5日実施※当日有権者数:813,400人 最終投票率:78.34%(前回比:-ポイント) 第2回 1948年(昭和23年)8月10日実施※当日有権者数:835,233人 最終投票率:56.59%(前回比:.ポイント)。

creative commons(wikipedia:群馬県知事

群馬県出身の人物一覧

群馬県出身の人物一覧(ぐんまけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、群馬県出身の人物の一覧表である。原則として「群馬県で生まれた人」を掲載した。群馬県とゆかりの深い人物に関しては群馬県ゆかりの人物一覧を参照せよ。
小渕恵三:吾妻郡中之条町
中曽根康弘:高崎市
福田赳夫:高崎市(旧群馬郡群馬町)
福田康夫:高崎市(旧群馬郡群馬町)
木檜三四郎 参議院仮議長
角田義一 参議院副議長
長谷川四郎 (政治家) 衆議院副議長・農林水産大臣・建設大臣:山田郡
上野公成 内閣官房副長官:高崎市
大河原太一郎 農林水産大臣
尾身幸次 財務大臣、経済企画庁長官・沖縄北方担当大臣:沼田市
金子満広 日本共産党副委員長
久保田円次 防衛庁長官

creative commons(wikipedia:群馬県出身の人物一覧

群馬県出身の有名人一覧

群馬県出身の人物一覧(ぐんまけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する群馬県出身の人物の一覧表である。原則として「群馬県で生まれた人」を掲載した。 公人 政治家 = 内閣総理大臣 = 小渕恵三:吾妻郡中之条町 中曽根康弘:高崎市 福田赳夫:高崎市(旧群馬郡群馬町) 福田康夫:高崎市(旧群馬郡群馬町) = 衆参議長・副議長 = 木檜三四郎 参議院仮議長 角田義一 参議院副議長 長谷川四郎 衆議院副議長・農林水産大臣・建設大臣:山田郡 = 国政で活躍した人物 = == 閣僚経験者等 上野公成 内閣官房副長官:高崎市 大河原太一郎 農林水産大臣 尾身幸次 財務大臣、経済企画庁長官・沖縄北方担当大臣:沼田市 金子満広 日本共産党副委員長 久保田円次 防衛庁長官 木暮武太夫 運輸大臣:伊香保町 佐田玄一郎 内閣府特命担当大臣、衆議院議員・総務副大臣:前橋市 下村博文 衆議院議員、内閣官房副長官:倉渕村(現高崎市) 膳桂之助 第1次吉田内閣国務大臣 田辺誠 日本社会党委員長 鶴見祐輔 厚生大臣 中島知久平 軍需大臣・中島飛行機創業者:太田市(旧新田郡尾島町) 中島源太郎 環境庁長官、映画プロデューサー:太田市(旧新田郡尾島町) 山本富雄 農林水産大臣・自民党参議院幹事長:草津町 谷津義男 農林水産大臣:館林市 山口鶴男 日本社会党書記長・総務庁長官:草津町 山本一太 内閣府特命担当大臣、参議院議員:吾妻郡草津町 == その他の国会議員 青柳秀夫 参議院議員 石井繁丸 前橋市長、衆議院議員、弁護士:勢多郡 石関貴史 衆議院議員、民主党国対副委員長:伊勢崎市 伊藤基隆 参議院議員:富岡市 猪熊重二 参議院議員 今井今助 衆議院議員・川場村長:川場村 小川省吾 衆議院議員・陸軍少尉 小渕光平 衆議院議員・光山社創業者:伊参村(現中之条町) 熊川次男 衆議院議員・大蔵政務次官・日弁連副会長 栗原俊夫 衆議院議員・参議院議員 小峰柳多 衆議院議員:碓氷郡 近藤英一郎 参議院議員・元北海道開発庁政務次官 佐田一郎 参議院議員・佐田建設創業者 塩谷眞康 衆議院議員 鈴木順一 参議院議員 須永徹 参議院議員 竹腰徳蔵 参議院議員 永井英慈 衆議院議員 畑桃作 衆議院議員 羽生田進 衆議院議員、科学技術政務次官 福田宏一 参議院議員:群馬町 丸茂重貞 参議院議員・日本医師会副会長 武藤運十郎 衆議院議員・日本社会党左派 最上進 参議院議員 最上政三 衆議院議員・逓信政務次官 最上英子 衆議院議員 松井豊吉 衆議院議員:桐生市 = 地方自治・地方議会で活躍した人物 = 新井利明(藤岡市長) 石原条(みどり市長) 今井清二郎(前富岡市長) 一場武平(元岩島村長) 伊能芳雄(元群馬県知事・参議院議員) 入内島道隆(中之条町長) 岩井賢太郎(富岡市長) 内山岩太郎(元神奈川県知事) 大澤善隆(前桐生市長) 大林喬任(元群馬県議会議長) 亀山豊文(桐生市長) 北野重雄(元群馬県知事・商工中金理事長) 黒沢丈夫(元上野村長・連続10期当選) 木暮治一(渋川市長) 清水聖義(太田市長) 下村善太郎 初代前橋市長 菅谷勘三郎(元群馬県議会議長) 住谷啓三郎(元高崎市長) 高木政夫(前橋市長・元群馬県議会議長) 高島照治(元群馬県議会議長) 竹腰俊蔵(元群馬県知事) 登坂秀(前渋川市長) 中島勝敬(前館林市長) 萩原弥惣治(元前橋市長) 藤井精一(元前橋市長) 松浦幸雄(高崎市長) 矢島八郎 高崎市長 安楽岡一雄(館林市長) 矢内一雄(伊勢崎市長) 山本龍(元群馬県議会議員・元小渕恵三秘書) 吉川真由美(元群馬県議会議員) 政治運動家 井上日召(血盟団指導者) 江原栄昭(新社会党本部中央執行委員) 小渕岩太郎(第6代日本工業大学後援会会長) 小渕千鶴子(自由民主党員・エッセイスト) 須永好(農民運動家・元衆議院議員) 官僚 石原信雄 - 内閣官房副長官、自治事務次官 入沢肇 -林野庁長官、参議院議員 桜井俊 - 総務省総務審議官 佐藤光夫 - アジア開発銀行総裁 重原久美春 - 経済協力開発機構(OECD)副事務総長 澄田智 - 日本銀行総裁 高瀬侍郎 - 外交官(スリランカ大使)、拓殖大学総長 堤富男 - 中小企業金融公庫総裁 深井英五 日銀総裁・枢密顧問官・貴族院議員 裁判官 大出峻郎(元最高裁判所判事) 弁護士・検事 松本淳 日弁連コンピュータ委員会 委員 中野並助 検事総長 福井盛太(検事総長・プロ野球コミッショナー・日弁連会長) 吉村駿一 軍人 荒木幸雄(子犬を抱いた少年兵) 岩佐直治(軍神岩佐中佐) 岸福治 海軍中将、第七艦隊司令長官 栗原悦蔵 海軍少将、小松フォークリフト会長 東宮鉄男(張作霖爆殺を実行) 議員秘書 野口昭博(群馬県青年団連合会長) 古川俊隆(元小渕恵三秘書、内閣総理大臣首席秘書官) 文化人 画家・版画家 大塚榛山 南画家 加藤アキラ 小室翠雲 日本画家 澁澤卿:日本画家 伊勢崎市 志村立美 挿絵画家 高荷義之 イラストレーター 鶴岡政男:高崎市 トーマス永井 洋画家 南城一夫 洋画家前橋市 福沢一郎 洋画家 文化勲章 富岡市 山口薫 洋画家 湯浅一郎:安中市 書家 大澤雅休 沢田東江 武士桑風 角田無幻 星野聖山 水出子雲 米倉大謙 栗原正峰 写真家 石内都 北沢勉 野村誠一 彫刻家 桑原巨守 分部順治 細谷而楽 三輪途道(旧姓・上原三千代) 鋳金工芸作家 森村酉三 陶芸家 木暮陶句郎 建築家 渡辺真理 法政大学教授 日本建築学会賞 デザイナー・造形作家等 荒川眞一郎 大木紀元 佐藤晃一 中沢英明 高橋盾 対比地一正 ヤマザキミノリ 冨沢ノボル 殿岡康永 NIGO 関口光太郎(第15回岡本太郎現代芸術賞・岡本太郎賞受賞・作品名「感性ネジ」) 塚田堂鬼(ファニチャーデザイナー)塚田修 バレエ・舞踊 清瀧千晴 花柳徳兵衛(日本舞踊家・芸術祭賞4回受賞・徳兵衛日本舞踊学校校長):高崎市 森志乃:太田市 作家・エッセイスト・童話作家 浅田晃彦(小説家、第60回直木賞ノミネート) 新井紀一(労働文学者) 生田紗代 小説家 生方敏郎 作家 おのちゅうこう(児童文学者) 金井美恵子 川原礫 (ライトノベル作家、第15回電撃小説大賞大賞受賞) 木暮正夫 児童文学者 高斎正 作家 金鶴泳 (小説家、多野郡新町) 斎藤肇 小説家 佐藤垢石 随筆家 清水寥人 小説家 高尾栄司 作家 田山花袋(日本自然主義文学の祖) 司修 エッセイスト・詩人 富澤秀機 作家 豊田有恒 作家 中沢静雄 小説家 中町信 推理作家 中山庸子 南木佳士(第100回芥川賞受賞) 橋本純 小説家 樋口有介 推理作家 宮川ひろ(児童文学者) 森田素夫 小説家 詩人 阿部富美子 伊藤信吉 大手拓次(詩人):安中市 岡田刀水士 高橋元吉 萩原恭次郎(詩人・農民文学者):前橋市 萩原朔太郎(口語自由詩を確立):前橋市(旧北曲輪町) 林柳波 平井晩村 星野富弘:みどり市(旧勢多郡東村) 山村暮鳥(詩人「風は草木にささやいた」) 湯浅半月 作詞家 石原和三郎:みどり市(旧勢多郡東村) 佐藤惣之助 森浩美 歌人 江口きち(薄幸の天才歌人):利根郡川場村 住谷三郎 土屋文明(歌人・文化勲章受章者):高崎市(旧群馬郡群馬町) 吉野秀雄:高崎市 俳人 鈴木伸一 長谷川零余子(俳人・立体俳句の提唱) 林桂(俳人・鬣-TATEGAMI主宰) 水野眞由美 翻訳家 瀬沼夏葉(チェーホフ等ロシア文学の翻訳) コピーライター 糸井重里(「おいしい生活」):前橋市 脚本家 伊上勝 田村孟 八木保太郎 評論家・ジャーナリスト 大隅清治(元日本鯨類研究所理事長) 香月利一 音楽評論家、ビートルズ評論 桜井淳 サイエンス・アナリスト 佐藤緑葉(元法政大学教授) 関俊治(文芸評論家) 田村栄太郎(やくざ・風俗・農民一揆研究の第一人者) 塚本哲也 毎日新聞記者、ノンフィクションライター。

creative commons(wikipedia:群馬県出身の有名人一覧

群馬県の廃止市町村一覧

群馬県の廃止市町村一覧(ぐんまけんのはいししちょうそんいちらん)は群馬県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:高崎町 → 高崎市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:群馬県の廃止市町村一覧

群馬県の県道一覧

群馬県の県道一覧(ぐんまけんのけんどういちらん)は、群馬県を通る県道の一覧である。 主要地方道(001-094) 1 沼田檜枝岐線 (尾瀬往還。大清水小屋以北福島県方面は車両通行不可) 2 前橋館林線 (旧・前橋古河線、太田県道、旧・古河街道、館林線) 3 前橋大間々桐生線 (大胡県道) 4 前橋赤城線 (赤城県道) 5 足利太田線 6 前橋箕郷線 (箕郷線) 7 佐野行田線 8 足利館林線 9 佐野古河線 10 前橋安中富岡線 (安中線) 11 前橋玉村線 (玉村線) 12 前橋高崎線 (旧17号、前橋街道) 13 前橋長瀞線 (長瀞線、藤岡県道) 14 伊勢崎深谷線 15 前橋伊香保線 (水沢街道) 16 大胡赤城線 17 前橋停車場線 (けやき並木) 18 伊勢崎本庄線 19 (欠番) 20 足利邑楽行田線 21 (欠番) 22 上里鬼石線 23 藤岡本庄線 24 高崎伊勢崎線 25 高崎渋川線 (高渋線、三国街道、渋川街道) 26 高崎安中渋川線 27 高崎駒形線 (高駒線) 28 高崎東吾妻線 (旧・高崎榛名吾妻線) 29 あら町下室田線 (旧・高崎榛名線、経大前通り) 30 寺尾藤岡線 31 高崎停車場線 32 (欠番) 33 渋川松井田線 34 渋川大胡線 (南面道路) 35 渋川東吾妻線 (旧・渋川吾妻線、日陰道) 36 渋川下新田線 (旧・渋川新治線、三国街道) 37 (欠番) 38 足利千代田線 39 足利伊勢崎線(足利県道) 40 藤岡大胡線 41 神田吉井停車場線 42 (欠番) 43 下仁田軽井沢線 44 下仁田浅科線 45 下仁田上野線 46 富岡神流線 (旧・富岡万場線) 47 一ノ宮妙義線(旧・富岡妙義線) 48 下仁田安中倉渕線 49 藤木高崎線 50 (欠番) 51 松井田下仁田線 52 (欠番) 53 中之条湯河原線 54 長野原倉渕線 55 中之条草津線 56 北軽井沢松井田線 57 館林藤岡線 58 中之条東吾妻線(旧・中之条吾妻線) 59 草津嬬恋線 60 (欠番) 61 沼田水上線 (水上道路) 62 沼田大間々線 63 水上片品線(冬期閉鎖区間あり) 64 平川横塚線(旧・平川沼田線) 65 昭和インター線 66 桐生田沼線 67 桐生岩舟線 68 桐生伊勢崎線 (桐生県道) 69 大間々世良田線(旧・大間々尾島線) 70 大間々上白井線(旧・大間々子持線) 71 高崎神流秩父線 (旧・高崎万場秩父線) 72 (欠番) 73 伊勢崎大間々線 74 伊勢崎大胡線 75 伊勢崎停車場線 76 前橋西久保線 (旧・前橋赤堀線) 77 (欠番) 78 太田大間々線 79 - 82 (欠番) 83 熊谷館林線 84 - 91 (欠番) 92 松井田軽井沢線 93 下仁田臼田線 94 東御嬬恋線 (旧・東部嬬恋線) 一般県道(101-466) 100番台 101 四ツ塚原之郷前橋線 102 三夜沢国定停車場線 103 深津伊勢崎線 104 駒形柴町線 105 総社石倉線 106 新前橋停車場線 107 群馬総社停車場線 108 下仁田佐久穂線 109 石倉前橋停車場線 110 駒形停車場線 111 大胡停車場線 112 大前須坂線 113 粕川停車場線 114 苗ヶ島飯土井線 (旧・宮城前橋線) 115 - 120 (欠番) 121 和田多中倉賀野線 122 八本松松井田線 123 柏木沢大八木線(旧・柏木沢高崎線) 124 上野小海線 125 一本木平小井戸安中線 126 榛名山箕郷線 127 足門前橋線(足門街道) 128 佐野太田線 129 飯玉本町線 130 落合上里見線(旧・落合榛名線) 131 児玉新町線 132 下里見安中線 133 元島名倉賀野線 134 新田町新後閑線 135 井野停車場線 136 綿貫倉賀野停車場線 137 箕郷板鼻線 138 倉賀野停車場線 139 群馬八幡停車場剣崎線 140 (欠番) 141 群馬八幡停車場藤塚線 142 綿貫篠塚線…2014年10月10日群馬県告示第293号により認定(認定告示が掲載されている群馬県報)。

creative commons(wikipedia:群馬県の県道一覧

群馬県道一覧

『群馬県の県道一覧』より : 群馬県の県道一覧(ぐんまけんのけんどういちらん)は、群馬県を通る県道の一覧である。 主要地方道(001-094) 1 沼田檜枝岐線 (尾瀬往還。大清水小屋以北福島県方面は車両通行不可) 2 前橋館林線 (旧・前橋古河線、太田県道、旧・古河街道、館林線) 3 前橋大間々桐生線 (大胡県道) 4 前橋赤城線 (赤城県道) 5 足利太田線 6 前橋箕郷線 (箕郷線) 7 佐野行田線 8 足利館林線 9 佐野古河線 10 前橋安中富岡線 (安中線) 11 前橋玉村線 (玉村線) 12 前橋高崎線 (旧17号、前橋街道) 13 前橋長瀞線 (長瀞線、藤岡県道) 14 伊勢崎深谷線 15 前橋伊香保線 (水沢街道) 16 大胡赤城線 17 前橋停車場線 (けやき並木) 18 伊勢崎本庄線 19 (欠番) 20 足利邑楽行田線 21 (欠番) 22 上里鬼石線 23 藤岡本庄線 24 高崎伊勢崎線 25 高崎渋川線 (高渋線、三国街道、渋川街道) 26 高崎安中渋川線 27 高崎駒形線 (高駒線) 28 高崎東吾妻線 (旧・高崎榛名吾妻線) 29 あら町下室田線 (旧・高崎榛名線、経大前通り) 30 寺尾藤岡線 31 高崎停車場線 32 (欠番) 33 渋川松井田線 34 渋川大胡線 (南面道路) 35 渋川東吾妻線 (旧・渋川吾妻線、日陰道) 36 渋川下新田線 (旧・渋川新治線、三国街道) 37 (欠番) 38 足利千代田線 39 足利伊勢崎線(足利県道) 40 藤岡大胡線 41 神田吉井停車場線 42 (欠番) 43 下仁田軽井沢線 44 下仁田浅科線 45 下仁田上野線 46 富岡神流線 (旧・富岡万場線) 47 一ノ宮妙義線(旧・富岡妙義線) 48 下仁田安中倉渕線 49 藤木高崎線 50 (欠番) 51 松井田下仁田線 52 (欠番) 53 中之条湯河原線 54 長野原倉渕線 55 中之条草津線 56 北軽井沢松井田線 57 館林藤岡線 58 中之条東吾妻線(旧・中之条吾妻線) 59 草津嬬恋線 60 (欠番) 61 沼田水上線 (水上道路) 62 沼田大間々線 63 水上片品線(冬期閉鎖区間あり) 64 平川横塚線(旧・平川沼田線) 65 昭和インター線 66 桐生田沼線 67 桐生岩舟線 68 桐生伊勢崎線 (桐生県道) 69 大間々世良田線(旧・大間々尾島線) 70 大間々上白井線(旧・大間々子持線) 71 高崎神流秩父線 (旧・高崎万場秩父線) 72 (欠番) 73 伊勢崎大間々線 74 伊勢崎大胡線 75 伊勢崎停車場線 76 前橋西久保線 (旧・前橋赤堀線) 77 (欠番) 78 太田大間々線 79 - 82 (欠番) 83 熊谷館林線 84 - 91 (欠番) 92 松井田軽井沢線 93 下仁田臼田線 94 東御嬬恋線 (旧・東部嬬恋線) 一般県道(101-466) 100番台 101 四ツ塚原之郷前橋線 102 三夜沢国定停車場線 103 深津伊勢崎線 104 駒形柴町線 105 総社石倉線 106 新前橋停車場線 107 群馬総社停車場線 108 下仁田佐久穂線 109 石倉前橋停車場線 110 駒形停車場線 111 大胡停車場線 112 大前須坂線 113 粕川停車場線 114 苗ヶ島飯土井線 (旧・宮城前橋線) 115 - 120 (欠番) 121 和田多中倉賀野線 122 八本松松井田線 123 柏木沢大八木線(旧・柏木沢高崎線) 124 上野小海線 125 一本木平小井戸安中線 126 榛名山箕郷線 127 足門前橋線(足門街道) 128 佐野太田線 129 飯玉本町線 130 落合上里見線(旧・落合榛名線) 131 児玉新町線 132 下里見安中線 133 元島名倉賀野線 134 新田町新後閑線 135 井野停車場線 136 綿貫倉賀野停車場線 137 箕郷板鼻線 138 倉賀野停車場線 139 群馬八幡停車場剣崎線 140 (欠番) 141 群馬八幡停車場藤塚線 142 綿貫篠塚線…2014年10月10日群馬県告示第293号により認定(認定告示が掲載されている群馬県報)。

creative commons(wikipedia:群馬県道一覧

群馬県道

『群馬県の県道一覧』より : 群馬県の県道一覧(ぐんまけんのけんどういちらん)は、群馬県を通る県道の一覧である。 主要地方道(001-094) 1 沼田檜枝岐線 (尾瀬往還。大清水小屋以北福島県方面は車両通行不可) 2 前橋館林線 (旧・前橋古河線、太田県道、旧・古河街道、館林線) 3 前橋大間々桐生線 (大胡県道) 4 前橋赤城線 (赤城県道) 5 足利太田線 6 前橋箕郷線 (箕郷線) 7 佐野行田線 8 足利館林線 9 佐野古河線 10 前橋安中富岡線 (安中線) 11 前橋玉村線 (玉村線) 12 前橋高崎線 (旧17号、前橋街道) 13 前橋長瀞線 (長瀞線、藤岡県道) 14 伊勢崎深谷線 15 前橋伊香保線 (水沢街道) 16 大胡赤城線 17 前橋停車場線 (けやき並木) 18 伊勢崎本庄線 19 (欠番) 20 足利邑楽行田線 21 (欠番) 22 上里鬼石線 23 藤岡本庄線 24 高崎伊勢崎線 25 高崎渋川線 (高渋線、三国街道、渋川街道) 26 高崎安中渋川線 27 高崎駒形線 (高駒線) 28 高崎東吾妻線 (旧・高崎榛名吾妻線) 29 あら町下室田線 (旧・高崎榛名線、経大前通り) 30 寺尾藤岡線 31 高崎停車場線 32 (欠番) 33 渋川松井田線 34 渋川大胡線 (南面道路) 35 渋川東吾妻線 (旧・渋川吾妻線、日陰道) 36 渋川下新田線 (旧・渋川新治線、三国街道) 37 (欠番) 38 足利千代田線 39 足利伊勢崎線(足利県道) 40 藤岡大胡線 41 神田吉井停車場線 42 (欠番) 43 下仁田軽井沢線 44 下仁田浅科線 45 下仁田上野線 46 富岡神流線 (旧・富岡万場線) 47 一ノ宮妙義線(旧・富岡妙義線) 48 下仁田安中倉渕線 49 藤木高崎線 50 (欠番) 51 松井田下仁田線 52 (欠番) 53 中之条湯河原線 54 長野原倉渕線 55 中之条草津線 56 北軽井沢松井田線 57 館林藤岡線 58 中之条東吾妻線(旧・中之条吾妻線) 59 草津嬬恋線 60 (欠番) 61 沼田水上線 (水上道路) 62 沼田大間々線 63 水上片品線(冬期閉鎖区間あり) 64 平川横塚線(旧・平川沼田線) 65 昭和インター線 66 桐生田沼線 67 桐生岩舟線 68 桐生伊勢崎線 (桐生県道) 69 大間々世良田線(旧・大間々尾島線) 70 大間々上白井線(旧・大間々子持線) 71 高崎神流秩父線 (旧・高崎万場秩父線) 72 (欠番) 73 伊勢崎大間々線 74 伊勢崎大胡線 75 伊勢崎停車場線 76 前橋西久保線 (旧・前橋赤堀線) 77 (欠番) 78 太田大間々線 79 - 82 (欠番) 83 熊谷館林線 84 - 91 (欠番) 92 松井田軽井沢線 93 下仁田臼田線 94 東御嬬恋線 (旧・東部嬬恋線) 一般県道(101-466) 100番台 101 四ツ塚原之郷前橋線 102 三夜沢国定停車場線 103 深津伊勢崎線 104 駒形柴町線 105 総社石倉線 106 新前橋停車場線 107 群馬総社停車場線 108 下仁田佐久穂線 109 石倉前橋停車場線 110 駒形停車場線 111 大胡停車場線 112 大前須坂線 113 粕川停車場線 114 苗ヶ島飯土井線 (旧・宮城前橋線) 115 - 120 (欠番) 121 和田多中倉賀野線 122 八本松松井田線 123 柏木沢大八木線(旧・柏木沢高崎線) 124 上野小海線 125 一本木平小井戸安中線 126 榛名山箕郷線 127 足門前橋線(足門街道) 128 佐野太田線 129 飯玉本町線 130 落合上里見線(旧・落合榛名線) 131 児玉新町線 132 下里見安中線 133 元島名倉賀野線 134 新田町新後閑線 135 井野停車場線 136 綿貫倉賀野停車場線 137 箕郷板鼻線 138 倉賀野停車場線 139 群馬八幡停車場剣崎線 140 (欠番) 141 群馬八幡停車場藤塚線 142 綿貫篠塚線…2014年10月10日群馬県告示第293号により認定(認定告示が掲載されている群馬県報)。

creative commons(wikipedia:群馬県道

群馬県伊勢崎市

『伊勢崎市』より : 伊勢崎市(いせさきし)は、群馬県南部の市である。2005年(平成17年)1月1日に行われた1市2町1村の合併によって人口が20万人を突破し、2007年(平成19年)4月1日に東に隣接する太田市とともに特例市に移行した。 古くから絹の生産が盛んで、隣接する桐生市と並び絹織物(伊勢崎銘仙)が有名である。現在は市の積極的な誘致により郊外に広大な工場が建設され、北関東有数の工業都市である。製造品出荷額は1兆円を超え、太田市に次いで県内第二位の地位を持つ。 近年は郊外型店舗の進出が著しく、特に伊勢崎オートレース場付近(群馬県道2号前橋館林線沿い)の発展が目立つ。その一方で中心市街の空洞化が進んでいる。 東武鉄道の主力路線で大動脈路線である「東武伊勢崎線」の起終点である。 人口増加率は県内有数の伸びを示している。東に隣接する太田市(人口は約22万人・県下3位)と僅かの差で拮抗しており、両市とも人口は増加している。 地元以外の人からはよく「いせざき」と読み間違えられるが、読み方は清音の「いせさき」である。

creative commons(wikipedia:群馬県伊勢崎市

群馬県立桐生高等学校

群馬県立桐生高等学校(ぐんまけんりつ きりゅうこうとうがっこう)は、群馬県桐生市美原町にある公立学校。通称「桐高(きりたか)」。大正6年の設立から卒業生は2万名を越えている。文部科学省によるスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校。 明治から大正にかけて、県内他市において前橋中学の分校が設立される中、織物の街桐生においては中学ではなく桐生高等染織学校(現・群馬大学工学部)が設立された。従って、桐生の学生達は近隣の太田や佐野、前橋の中学に通うことになり、下宿生活を余儀なくされていた。これを憂えた桐生町民が有志を集めて中学設立に奔走。1917年(大正6年)3月12日に町立桐生中学校として創立された。旧制中学校として「町立」の形式をとっていた学校は、全国においても数えるほどしかない。設立4年目の1921年(大正10年)には県に移管され、1948年(昭和23年)に現在の名称である群馬県立桐生高等学校となった。 近年では、バドミントン部・卓球部・陸上部・少林寺拳法部・吹奏楽部などの活躍が目立っている。

creative commons(wikipedia:群馬県立桐生高等学校

群馬県立太田高等学校

群馬県立太田高等学校(ぐんまけんりつ おおたこうとうがっこう)は、群馬県太田市西本町にある県立高等学校。 東毛(県東部)に所在する伝統校、進学校の一つで創立以来の男子校。毎年東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学、早稲田大学、慶應義塾大学などに多数の合格者がある。 略称は「太高」(たこう・たたか)。職員やOBの一部は「たこう」と称しているが、近接する群馬県立太田工業高等学校(太工)と区別するため生徒のほとんどは「たたか」と略す。 全日制普通科(男子校)のほか、かつては定時制普通科(男女共学)が設置されていたが、平成19年度卒業生をもって定時制は廃止。現在、全日制は1学年7学級、定員は280名。 卒業者数(全日制)は旧制中学校時代を含めると2万人を超える。 制服は一般的な詰め襟の学生服に校章の書かれたボタンと襟にOHSと書かれたバッジをつける。 構内に「稲荷山古墳」と呼ばれる古墳を有する。 同窓会は「金山(きんざん)同窓会」と称する。 学科 全日制課程 普通科 沿革 1897年(明治30年) - 群馬県尋常中学校(現・群馬県立前橋高等学校)新田分校として、新田郡太田町(現・太田市)長念寺の仮校舎で開校 1898年(明治31年) - 新校舎落成、現在地(太田市西本町)へ移転 1900年(明治33年) - 群馬県太田中学校と改称、独立 1900年(明治33年) - 運動会発足(1905年に校友会に改称) 1901年(明治34年) - 邑楽郡館林町(現・館林市)に邑楽分校(現・群馬県立館林高等学校)を設置、群馬県立太田中学校と改称 1902年(明治33年) - 同窓会発足 1904年(明治37年) - 校歌制定(土井晩翠 作歌・楠美恩三郎 作曲) 1912年(明治45年) - 邑楽分校廃止 1948年(昭和23年) - 群馬県立太田高等学校と改称、定時制を開校し、本校および木崎分校(新田郡木崎町/現・太田市)設置 1950年(昭和25年) - 邑楽郡大川村(現・邑楽郡大泉町)に定時制大川分校を設置 1957年(昭和32年) - 大川分校を大泉分校と改称、創立六十周年記念式典を挙行 1961年(昭和36年) - 木崎分校廃止 1983年(昭和58年) - 大泉分校廃止 1987年(昭和62年) - 創立九十周年記念式典を挙行、「太田高校九十年史」刊行 1997年(平成9年) - 創立百周年記念式典を挙行、記念講演に石原信雄を招待、記念誌「金山麓 やまざる流れ」および「学校歌集」刊行 2007年(平成19年) - 創立百十周年記念式典を挙行、記念講演に宮崎緑を招待 2007年(平成19年) - 普通教室にエアコン設置 2008年(平成20年) - 定時制を廃止 2008年(平成20年) - 創立百十一周年記念式典を挙行、記念講演に宮永博史を招待 2009年(平成21年) - 創立百十二周年記念式典を挙行、記念講演に大澤正明を招待 校章 三種の神器の一つ、八咫鏡に「太高」(旧制は「太中」)の文字を配す。

creative commons(wikipedia:群馬県立太田高等学校

群馬県小学校一覧

群馬県小学校一覧(ぐんまけんしょうがっこういちらん)は、群馬県の小学校の一覧。 国立小学校 群馬大学教育学部附属小学校 公立小学校 前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 北群馬郡 多野郡 甘楽郡 吾妻郡 利根郡 佐波郡 邑楽郡 私立小学校 ぐんま国際アカデミー初等部 フェリーチェ玉村国際小学校 関連項目 学校記事一覧 群馬県高等学校一覧 群馬県中学校一覧 群馬県幼稚園一覧 群馬県小学校の廃校一覧 外部リンク 群馬県総合教育センター 県内の学校。

creative commons(wikipedia:群馬県小学校一覧

群馬県立高崎高等学校

群馬県立高崎高等学校(ぐんまけんりつ たかさきこうとうがっこう、Gunma Prefecture Takasaki High School)は、群馬県高崎市八千代町二丁目にある公立高等学校。全日制は男子校、通信制は男女共学である。通称は高高(たかたか)。 沿革 1897年 - 群馬県尋常中学校群馬分校と称し、高崎市大字赤坂長松寺の仮校舎によって創立。 1900年 - 群馬県高崎中学校として独立。 1938年 - 現在の高崎市八千代町の地に校舎新築移転。 1948年 - 学制改革により群馬県立高崎高等学校と改称。 1981年 - 第53回選抜高等学校野球大会出場(甲子園)。 1993年 - 65分授業の導入(一講時ずつが65分)。 1997年 - 創立100周年記念式典を挙行。 1998年 - 高崎高校百年史刊行。 2002年 - 文部科学省より3年間のスーパーサイエンスハイスクールの指定を受ける。 2005年 - 文部科学省より新たに5年間のスーパーサイエンスハイスクールの指定を受ける ヒューマンサイエンス開始。

creative commons(wikipedia:群馬県立高崎高等学校

群馬県立高崎高校

『群馬県立高崎高等学校』より : 群馬県立高崎高等学校(ぐんまけんりつ たかさきこうとうがっこう、Gunma Prefecture Takasaki High School)は、群馬県高崎市八千代町二丁目にある公立高等学校。全日制は男子校、通信制は男女共学である。通称は高高(たかたか)。 沿革 1897年 - 群馬県尋常中学校群馬分校と称し、高崎市大字赤坂長松寺の仮校舎によって創立。 1900年 - 群馬県高崎中学校として独立。 1938年 - 現在の高崎市八千代町の地に校舎新築移転。 1948年 - 学制改革により群馬県立高崎高等学校と改称。 1981年 - 第53回選抜高等学校野球大会出場(甲子園)。 1993年 - 65分授業の導入(一講時ずつが65分)。 1997年 - 創立100周年記念式典を挙行。 1998年 - 高崎高校百年史刊行。 2002年 - 文部科学省より3年間のスーパーサイエンスハイスクールの指定を受ける。 2005年 - 文部科学省より新たに5年間のスーパーサイエンスハイスクールの指定を受ける ヒューマンサイエンス開始。

creative commons(wikipedia:群馬県立高崎高校

群馬県立前橋高等学校

群馬県立前橋高等学校(ぐんまけんりつ まえばしこうとうがっこう)は、群馬県前橋市下沖町に所在する公立高等学校。男子校。 通称は「前高」(マエタカ)。1877年(明治10年)の開校で、卒業生数は3万超。現在は1学年8クラス(1クラス約40名)で、3学年で24クラス、約960名の生徒(男子のみ)と、約60人の職員(他に非常勤講師、学校医等)から成る。 校訓 質実剛健 気宇雄大 教育目標 理想を追求し、未来を切り拓くために、着実に努力する姿勢を育む。 知識を充実させ、思考力、判断力、表現力を伸ばす。 個人の価値を自覚し、自然や文化を尊重する豊かな心を育む。 スポーツを愛好し、心身の健康の保持増進に努める姿勢を育む。 個性や能力を伸ばすために、自らを律する生活態度を育む。 沿革 群馬県立前橋高等学校は、1877年(明治10年)9月、前橋市曲輪町の旧前橋城内に設立された公立の第17番中学利根川学校をルーツとする。

creative commons(wikipedia:群馬県立前橋高等学校

群馬県立ぐんま天文台

群馬県立ぐんま天文台(ぐんまけんりつぐんまてんもんだい)は、群馬県吾妻郡高山村中山に位置する公開天文台である。群馬県の人口が1993年に200万人に達したこと、及び日本人女性初の宇宙飛行士である向井千秋(同県館林市出身)が宇宙に旅立ったことを記念し、県民に宇宙に対する関心を高め、次世代をになう子供たちのための教育のために建設された。 施設概要 施設種別:天文台・観測ドーム・観測棟、宇宙・天文展示、屋外展示、学校教育支援施設、生涯学習施設、研究機関 公開内容:施設見学、天体観望会、天文講演会、天文関連イベント、研究活動 台長 古在由秀(文化功労者、国立天文台初代台長、東京大学・国立天文台・総合研究大学院大学各名誉教授) 教育研究業務活動 観測研究:(1)職員による観測研究。

creative commons(wikipedia:群馬県立ぐんま天文台

群馬県中学校一覧

群馬県中学校一覧(ぐんまけんちゅうがっこういちらん)は、群馬県の中学校及び中等教育学校(前期課程)の一覧。 国立中学校 群馬大学教育学部附属中学校 公立中学校・中等教育学校 前橋市 高崎市 = 県立 = 群馬県立中央中等教育学校 = 市立 = 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 北群馬郡 多野郡 甘楽郡 吾妻郡 利根郡 佐波郡 邑楽郡 私立中学校 関連項目 学校記事一覧 群馬県高等学校一覧 群馬県小学校一覧 群馬県幼稚園一覧 群馬県中学校の廃校一覧 外部リンク 群馬県総合教育センター 県内の学校。

creative commons(wikipedia:群馬県中学校一覧

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引