【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

埼玉県【地方公共団体・地方自治体】

埼玉県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、埼玉県の紹介です。

埼玉県のホームページ

埼玉県 概要・地域の情報やトピック

埼玉県

埼玉県(さいたまけん)は、関東地方の中央西側内陸部に位置する県。県庁所在地はさいたま市。都道府県別の人口は東京、神奈川、大阪、愛知に次ぐ全国第5位。人口密度は全国第4位。 県域は旧国名の武蔵国の北部であり、関東地方では神奈川県以外の1都4県に接する。日本で8つある内陸県の一つ。貿易港や臨海工業地帯を有さないものの、日本の都道府県中、人口は726万5千人(2016年3月1日)、都道府県昼間人口は637万人(2010年)、県内総生産は20兆円強(2006年)でいずれも全国第5位、人口密度は1,910人/km²で東京都、大阪府、神奈川県に次ぐ第4位である(内陸県中ではいずれも第1位。また全て関東地方では東京都、神奈川県に次ぐ第3位)。また農業産出額は第17位(2010年)であるが、ネギやホウレンソウ、ブロッコリーなど産出額が全国5位以内に入る農作物も多い。農業産出額が第2位の茨城県、第3位の千葉県とともに、関東地方における近郊農業の盛んな地域といえる。 面積に占める河川の割合は全国47都道府県で最大の約3.9%となっている。

creative commons(wikipedia:埼玉県

埼玉県の廃止市町村一覧

埼玉県の廃止市町村一覧(さいたまけんのはいししちょうそんいちらん)は、埼玉県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:富士見町→富士見市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:武蔵町→入間市)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:埼玉県の廃止市町村一覧

埼玉県を舞台にしたマンガ作品

『埼玉県』より : 埼玉県を舞台とした作品一覧(さいたまけんをぶたいとしたさくひんいちらん)では、埼玉県内を舞台とした小説、アニメーション、テレビドラマなどを記述する。 文芸 古典 伊勢物語(作者不詳)- 第十段において在原業平が訪れる武蔵国入間郡みよし野の里は坂戸市から川越市にまたがる地域とされている。 発心集(鴨長明)- 巻四第九「武州入間河沈水の事」において入間川の洪水の模様が描かれている。 男衾三郎絵詞(作者不詳)- 武蔵国を舞台にした地方武士の生活ぶりを描いた作品。登場人物の名前は県内に実在する地名から引用されている。 太平記(作者不詳)- 巻第十「新田義貞挙兵の事」、巻第三十一「武蔵野合戦の事」では所沢市とその周辺での合戦の模様が描かれている。 おくのほそ道(松尾芭蕉)- 芭蕉は旅の始めに草加宿(後の草加市)に宿泊したと記しているが、弟子の河合曾良は粕壁宿(後の春日部市)に宿泊したと記している。

creative commons(wikipedia:埼玉県を舞台にしたマンガ作品

埼玉県知事

『埼玉県』より : 埼玉県知事一覧(さいたまけんちじいちらん)は、埼玉県の知事を務めた人物の一覧。 官選制知事時代 公選制知事時代 公選制選挙 データの出所 - 埼玉県選挙管理委員会 『選挙の記録』 候補者の得票率は投票総数に対する得票率を示しているため、合計値が100%とならない(白票・無効票が存在するため) 第1回 1947年4月5日(土曜)執行 天候 - 快晴※当日有権者数:人 最終投票率:71.00%(前回比:ポイント)。

creative commons(wikipedia:埼玉県知事

埼玉県教育委員会

『埼玉県』より : 埼玉県教育委員会(さいたまけんきょういくいいんかい)は、埼玉県の教育委員会である。さいたま市浦和区に本部を置く。 埼玉県内の教育に関する事務を所掌する行政委員会であり、6人の委員で構成される。2015年2月現在の教育委員長は、髙木康夫。近年は、学力向上、高校改革などの教育改革に取り組んでいる。 広義では、教育委員会の事務を担当する執行機関である教育委員会事務局を含めて、教育委員会と呼ぶこともある。教育委員会の事務の執行責任者であり、事務局の長である教育長は、教育委員会の委員を兼任する。2015年2月現在の教育長は、関根郁夫。 組織 教育総務部 総務課 教育政策課 財務課 教職員課 福利課 県立学校部 県立学校人事課 高校教育指導課 生徒指導課 保健体育課 特別支援教育課 高校改革推進課 市町村支援部 小中学校人事課 義務教育指導課 生涯学習文化財課 スポーツ振興課 人権教育課 家庭地域連携課 所在地 〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1 市町村教育委員会 さいたま市教育委員会 関連項目 埼玉県庁 教育委員会 埼玉県立総合教育センター 進学指導重点推進校 参考・外部リンク 埼玉県教育委員会。

creative commons(wikipedia:埼玉県教育委員会

埼玉県議会

『埼玉県』より : 埼玉県議会(さいたまけんぎかい)は、埼玉県の県議会である。 任期 4年。ただし議会解散が実施されれば任期満了前であっても議員任期は終了する。 選出方法 中選挙区制、小選挙区制を実施。 会派 = 会派の要件 = 議案提出権を有する会派:所属議員8名以上 議会運営委員会参加権を有する会派:各会派の議席割合から計算して定める 代表質問権を有する会派:各議会会期前の議会運営委員会においてその都度定める 議会運営委員会参加権と代表質問権については2007年5月、4議席以上の会派に付与する慣例を改め、議会会期ごとにその都度定めることにし、「交渉会派」の概念は廃止された。

creative commons(wikipedia:埼玉県議会

埼玉県小学校一覧

埼玉県小学校一覧(さいたまけんしょうがっこういちらん)は、埼玉県の小学校の一覧。 国立小学校 埼玉大学教育学部附属小学校 公立小学校 さいたま市 = 西区 = = 北区 = = 大宮区 = = 見沼区 = = 中央区 = = 桜区 = = 浦和区 = = 南区 = = 緑区 = = 岩槻区 = 川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市 春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市 上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市 八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市 北足立郡 入間郡 比企郡 秩父郡 児玉郡 大里郡 南埼玉郡 北葛飾郡 私立小学校 浦和ルーテル学院小学校 開智小学校 西武学園文理小学校 さとえ学園小学校 星野学園小学校 関連項目 学校記事一覧 埼玉県高等学校一覧 埼玉県中学校一覧 埼玉県幼稚園一覧 埼玉県小学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:埼玉県小学校一覧

埼玉県立浦和高等学校

埼玉県立浦和高等学校(さいたまけんりつ うらわこうとうがっこうは、埼玉県さいたま市浦和区領家五丁目に所在する県立高等学校。県の進学指導重点校。通称「浦高」(うらこう)。毎年東京大学合格者数が公立高校で国内トップとなることで知られる。1950年から2009年までの東京大合格者数は2407人で、国内13位、公立高校に限れば日比谷、西、戸山に次ぐ国内4位の人数である。スーパーグローバルハイスクール指定校。 1895年(明治28年)、埼玉県第一尋常中学校として創設された旧制浦和中学校を前身とし、戦後、新制埼玉県立浦和高等学校となった。開学以来男子校である。埼玉県の公立高等学校では最古の歴史を有し、これまで各界に卒業生を送り出している。国内有数の進学校として知られ、東京大学合格者数は1990年代まで幾度か全国10位となり、1990年には全国の公立校で最多となる60人が合格した。2000年代以降は私立の追い上げにより15位~20位をさまようが、近年でも2012年(平成24年)に40人が合格し、再び公立校で合格者数全国1位となり、2013年にも46人が合格し、2年連続で1位となった。

creative commons(wikipedia:埼玉県立浦和高等学校

埼玉県の県道一覧

埼玉県の県道一覧(さいたまけんのけんどういちらん)は、埼玉県を通る県道の一覧である。 主要地方道(001-091) 1 埼玉県道1号さいたま川口線(第二産業道路) 2 埼玉県道2号さいたま春日部線(旧国道16号) 3 埼玉県道3号さいたま栗橋線(大栗線、さい栗線、栗橋線) 4 埼玉県道4号東京所沢線(所沢街道) 5 埼玉県道5号さいたま菖蒲線(第二産業道路) 6 埼玉県道6号川越所沢線(かわとこ線) 7 埼玉県道7号佐野行田線(館林道) 8 埼玉県道8号川越入間線(茶つみ通り) 9 埼玉県道9号佐野古河線 10 埼玉県道10号春日部松伏線 11 埼玉県道11号熊谷小川秩父線(小川県道) 12 埼玉県道12号川越栗橋線(川栗線) 13 埼玉県道13号前橋長瀞線 14 埼玉県道14号伊勢崎深谷線 15 埼玉県道15号川越日高線 16 埼玉県道16号立川所沢線 17 埼玉県道17号所沢府中線 18 埼玉県道18号伊勢崎本庄線 19 埼玉県道19号越谷野田線 20 埼玉県道20号足利邑楽行田線 21 埼玉県道21号三郷松伏線 22 埼玉県道22号上里鬼石線 23 埼玉県道23号藤岡本庄線 24 埼玉県道24号練馬所沢線 25 埼玉県道25号飯田橋石神井新座線 26 埼玉県道26号境杉戸線 27 埼玉県道27号東松山鴻巣線(松山街道) 28 埼玉県道28号青梅飯能線 29 埼玉県道29号草加流山線 30 埼玉県道30号飯能寄居線(相模街道) 31 埼玉県道31号本庄寄居線 32 埼玉県道32号鴻巣羽生線 33 埼玉県道33号東松山桶川線 34 埼玉県道34号さいたま草加線 35 埼玉県道35号川口上尾線(産業道路) 36 埼玉県道36号保谷志木線 37 埼玉県道37号皆野両神荒川線 38 埼玉県道38号加須鴻巣線 39 埼玉県道39号川越坂戸毛呂山線 40 埼玉県道40号さいたま東村山線(志木街道) 41 埼玉県道41号東松山越生線(越生街道) 42 埼玉県道42号松伏春日部関宿線 43 埼玉県道43号皆野荒川線 44 埼玉県道44号秩父児玉線 45 埼玉県道45号本庄妻沼線 46 埼玉県道46号加須北川辺線 47 埼玉県道47号深谷東松山線 48 埼玉県道48号越谷岩槻線 49 埼玉県道49号足立越谷線(旧国道4号、日光街道) 50 埼玉県道50号所沢狭山線 51 埼玉県道51号川越上尾線 52 埼玉県道52号越谷流山線 53 埼玉県道53号青梅秩父線 54 埼玉県道54号松戸草加線 55 埼玉県道55号所沢武蔵村山立川線 56 埼玉県道56号さいたまふじみ野所沢線 57 埼玉県道57号さいたま鴻巣線 58 埼玉県道58号台東川口線(第二産業道路) 2012年1月1日に台東鳩ヶ谷線から改称。

creative commons(wikipedia:埼玉県の県道一覧

埼玉県道

『埼玉県の県道一覧』より : 埼玉県の県道一覧(さいたまけんのけんどういちらん)は、埼玉県を通る県道の一覧である。 主要地方道(001-091) 1 埼玉県道1号さいたま川口線(第二産業道路) 2 埼玉県道2号さいたま春日部線(旧国道16号) 3 埼玉県道3号さいたま栗橋線(大栗線、さい栗線、栗橋線) 4 埼玉県道4号東京所沢線(所沢街道) 5 埼玉県道5号さいたま菖蒲線(第二産業道路) 6 埼玉県道6号川越所沢線(かわとこ線) 7 埼玉県道7号佐野行田線(館林道) 8 埼玉県道8号川越入間線(茶つみ通り) 9 埼玉県道9号佐野古河線 10 埼玉県道10号春日部松伏線 11 埼玉県道11号熊谷小川秩父線(小川県道) 12 埼玉県道12号川越栗橋線(川栗線) 13 埼玉県道13号前橋長瀞線 14 埼玉県道14号伊勢崎深谷線 15 埼玉県道15号川越日高線 16 埼玉県道16号立川所沢線 17 埼玉県道17号所沢府中線 18 埼玉県道18号伊勢崎本庄線 19 埼玉県道19号越谷野田線 20 埼玉県道20号足利邑楽行田線 21 埼玉県道21号三郷松伏線 22 埼玉県道22号上里鬼石線 23 埼玉県道23号藤岡本庄線 24 埼玉県道24号練馬所沢線 25 埼玉県道25号飯田橋石神井新座線 26 埼玉県道26号境杉戸線 27 埼玉県道27号東松山鴻巣線(松山街道) 28 埼玉県道28号青梅飯能線 29 埼玉県道29号草加流山線 30 埼玉県道30号飯能寄居線(相模街道) 31 埼玉県道31号本庄寄居線 32 埼玉県道32号鴻巣羽生線 33 埼玉県道33号東松山桶川線 34 埼玉県道34号さいたま草加線 35 埼玉県道35号川口上尾線(産業道路) 36 埼玉県道36号保谷志木線 37 埼玉県道37号皆野両神荒川線 38 埼玉県道38号加須鴻巣線 39 埼玉県道39号川越坂戸毛呂山線 40 埼玉県道40号さいたま東村山線(志木街道) 41 埼玉県道41号東松山越生線(越生街道) 42 埼玉県道42号松伏春日部関宿線 43 埼玉県道43号皆野荒川線 44 埼玉県道44号秩父児玉線 45 埼玉県道45号本庄妻沼線 46 埼玉県道46号加須北川辺線 47 埼玉県道47号深谷東松山線 48 埼玉県道48号越谷岩槻線 49 埼玉県道49号足立越谷線(旧国道4号、日光街道) 50 埼玉県道50号所沢狭山線 51 埼玉県道51号川越上尾線 52 埼玉県道52号越谷流山線 53 埼玉県道53号青梅秩父線 54 埼玉県道54号松戸草加線 55 埼玉県道55号所沢武蔵村山立川線 56 埼玉県道56号さいたまふじみ野所沢線 57 埼玉県道57号さいたま鴻巣線 58 埼玉県道58号台東川口線(第二産業道路) 2012年1月1日に台東鳩ヶ谷線から改称。

creative commons(wikipedia:埼玉県道

埼玉県立川越高等学校

埼玉県立川越高等学校(さいたまけんりつ かわごえこうとうがっこう)は、埼玉県川越市郭町(くるわまち)二丁目にある男子校の県立高等学校。通称は、川高。埼玉県立川越工業高等学校の略称と区別するため、付近住民、在校生とも『かわたか』と表現する。しかし生徒同士や学校内、応援歌や同窓生では『かわこう』と呼ぶ場合も多い。 2006年度スーパーサイエンスハイスクール指定校で、研究テーマは「知の融合」。私服での通学が認められている。最寄駅は、西武新宿線本川越駅徒歩20分、東武東上線川越市駅徒歩25分。 生徒憲章1969年、いわゆる70年安保の社会潮流を背景として、生徒有志によって従来の「生徒心得」を見直そうとする動きが起こり、これがきっかけとなって翌1970年に生徒憲章が制定された。以来、集会への参加やサークル結成の自由、掲示・印刷物の発行等の表現の自由、各自の自由意志に基づく服装(私服校)などを保障している。 授業埼玉県下初の試みとして、2004年度から従来以上の年間取得単位数を確保しながら、休日や行事日、放課後の部活動の時間を犠牲にしない70分授業を展開していた。

creative commons(wikipedia:埼玉県立川越高等学校

埼玉県の古墳一覧

埼玉県の古墳一覧(さいたまけんのこふんいちらん)は、埼玉県内にある古墳をまとめたもの。
大型のものや重要な遺品が出土したものなどは史跡や神社として現存しているが、地殻変動や河川の氾濫(江戸時代まで利根川は東京湾に注いでおり、荒川 (関東) 荒川と利根川は大雨のたびにしばし氾濫した)、干拓などにより、現在8割以上が消滅している。中には早期に崩されたため、無名のものや場所すらも不確定になってしまったものもある。
主な古墳群内の古墳を掲載する。それ以外は各古墳群の記事を参照。
:(埼玉県指定文化財一覧#県選定重要遺跡 県選定重要遺跡)
かね山古墳
権現塚古墳
白鍬塚山古墳
神明寺古墳
塚本塚山古墳
天神山古墳
観音塚古墳
原稲荷古墳

creative commons(wikipedia:埼玉県の古墳一覧

埼玉県立伊奈学園中学校・伊奈学園総合高等学校

校名=埼玉県立伊奈学園中学校・伊奈学園総合高等学校
過去校名=
国公私立=公立学校
設置者=埼玉県
学区=
併合学校=
校訓=自彊創生
設立年月日=1984年
創立記念日=6月8日
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=併設型
課程=全日制課程
二部以上の授業=
単位制・学年制=学年制と単位制 単位制
設置学科=総合選択制普通科
学科内専門コース=人文系理数系語学系(英語・ドイツ語・フランス語・中国語)芸術系(音楽・美術・工芸・書道)体育系生活科学系情報経営系
学期=3学期制
高校コード=11255A

creative commons(wikipedia:埼玉県立伊奈学園中学校・伊奈学園総合高等学校

埼玉県幼稚園一覧

埼玉県幼稚園一覧(さいたまけんようちえんいちらん)は、埼玉県の幼稚園の一覧。
埼玉大学教育学部附属幼稚園
さいたま市立幼児教育センター付属幼稚園
上尾市立平方幼稚園
川口市立南平幼稚園
川口市立舟戸幼稚園
翠ヶ丘幼稚園
坂戸市立北坂戸幼稚園
坂戸市立末広幼稚園
狭山市立入間川幼稚園
狭山市立入曽幼稚園
狭山市立奥富幼稚園
狭山市立柏原幼稚園
狭山市立狭山台幼稚園
狭山市立新狭山幼稚園
狭山市立堀兼幼稚園
狭山市立水富幼稚園
所沢市立所沢幼稚園

creative commons(wikipedia:埼玉県幼稚園一覧

埼玉県出身の人物一覧

埼玉県出身の人物一覧(さいたまけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する埼玉県出身の人物の一覧である。 公人 行政 政治家 = 閣僚 = 今井宏(元総務副大臣):草加市 谷合正明(元経済産業大臣政務官):新座市 並木正芳(元内閣府大臣政務官、環境大臣政務官):所沢市 大島敦(内閣府副大臣):北本市 大野松茂(元文部科学大臣政務官、内閣官房副長官、総務副大臣):狭山市 上原正吉(元科学技術庁長官):杉戸町 片山さつき(元経済産業大臣政務官):旧浦和市 荒舩清十郎(元運輸大臣):現秩父市 三ッ林弥太郎(元科学技術庁長官):幸手市 山口敏夫(元労働大臣):東松山市 武正公一(外務副大臣):旧浦和市 舟山康江(農林水産大臣政務官):越谷市 遠藤柳作(阿部内閣内閣書記官長):幸手市 野原正勝(元労働大臣):現長瀞町 青木正久(元環境庁長官) 石井道子(元環境庁長官):所沢市 関根則之(元消防庁長官):吉見町 中野清(元法務大臣政務官):川越市 和田博雄(元農林大臣):川越市 青木正(元自治庁長官):北埼玉郡 = 国会議員 = = 知事 = == 官選 大野緑一郎(第30代徳島県知事・第19代岐阜県知事):旧浦和市 湯本義憲(第6代岐阜県知事):行田市 遠藤柳作(第16代神奈川県知事・第25代三重県知事・第26代愛知県知事・第29代青森県知事):幸手市 石井保(第23代鳥取県知事):旧浦和市 井上英(第27代佐賀県知事) 田中重之(第35代長崎県知事・第38代石川県知事) 清水重夫(第30代和歌山県知事) == 公選 嘉田由紀子(第8代滋賀県知事):本庄市 大沢雄一(第2代埼玉県知事):吉川市 栗原浩(第3代埼玉県知事):加須市 畑和(第4代埼玉県知事):加須市 佐々木家寿治(第2代宮城県知事) 宮城音五郎(第3代宮城県知事) 山口祥義(第18代佐賀県知事) = 市町村長 = == 現職 小島進(深谷市長):深谷市 清水勇人(さいたま市長):戸田市 鈴木直道(夕張市長):春日部市 頼高英雄(蕨市長):蕨市 奥ノ木信夫(川口市長):川口市 星野信吾(富士見市長):富士見市 高畑博(ふじみ野市長):旧浦和市 川合善明(川越市長):川越市 久喜邦康(秩父市長):秩父市 神保国男(戸田市長):戸田市 富岡勝則(朝霞市長):朝霞市 香川武文(志木市長):志木市 田中和明(草加市長):草加市 高橋努(越谷市長):越谷市 藤本正人(所沢市長):所沢市 渡辺邦夫(幸手市長):幸手市 大久保勝(飯能市長):飯能市 新井保美(吉見町長) 田中龍夫(入間市長):入間市 会田重雄(松伏町長):松伏町 古谷松雄(杉戸町長):杉戸町 == 引退 相川宗一(元浦和市長、前さいたま市長):旧浦和市 綾部利右衛門(初代川越市長) 新井家光(前深谷市長):深谷市 井原勇(第8 - 12代与野市長):旧与野市 梅沢一郎(元加須市長) 鴨田宗一(6~8代熊谷市長):熊谷市 増田敏男(15・16代熊谷市長):熊谷市 中川健吉(14-17代浦和市長):旧浦和市 田中啓一(第5代蕨市長):蕨市 金子吉衛(第4代蕨市長):蕨市 岡田徳輔(第5代蕨町長):蕨市 木下博(第3代入間市長) 小林貞治(初代飯能市長) 沢辺瀞壱(飯能市長):飯能市 品川義雄(鶴ヶ島市長) 新藤享弘(第16 - 18代大宮市長):旧大宮町 岡村幸四郎(川口市市長):川口市 藤縄善朗(鶴ヶ島市長):鶴ヶ島市 双木八郎(初代飯能町長) 双木利一(第5代飯能町長) 武藤博(元上福岡市長):旧浦和市 山田三郎(富士見市長) 穂坂邦夫(志木市長) = 県議会議員 = 小野克典:桶川市 長峰宏芳:鶴ヶ島市 秦哲美:旧大宮市 深井明:川島町 松本安弘:川口市 政治運動家 秋笹政之輔 石川三四郎:本庄市(旧・児玉郡山王堂村) 井上伝蔵:秩父市(旧・下吉田村) 田代栄助:秩父市(旧・秩父郡大宮郷) 軍人・自衛官 法曹 林頼三郎(検事総長、大審院院長、第37代司法大臣):行田市(旧・埼玉郡成田町) 宮城長五郎(第39代司法大臣) 但木敬一(検事総長、元法務事務次官) 卜部喜太郎(「足尾鉱毒事件」、「シーメンス事件」などを担当した弁護士):本庄市(旧・児玉郡沼和田村) 久保利英明(金融庁顧問、日本弁護士連合会副会長) 水野有子(東京地方裁判所判事) 清水勉 文化人 画家 相原求一朗(洋画家) 淡島椿岳 岩崎勝平(洋画家) 落田洋子 金子國義:蕨市 喜多川歌麿:川越市 倉田白羊:旧浦和市 栗原大輔:所沢市 小村雪岱:川越市 小茂田青樹 後藤純男:松伏町 斎藤三郎:熊谷市 斎藤与里:加須市 四方田草炎:本庄市(旧・児玉郡北泉村四方田) 須田剋太:鴻巣市 高田誠:旧浦和市 田中保(洋画家):旧岩槻市 羽川珍重(浮世絵師):川口市 深沢邦朗(童画家) 宮崎敬介(版画家、宮崎駿次男):所沢市 森田恒友(洋画家):熊谷市 山本容子(銅版画家) 大山結子(現代美術家):春日部市 書家 諸井春畦:本庄市(旧・児玉郡本庄宿) 新井飛山:東松山市 里見櫻風:行田市 関口研神:鶴ケ島市 布上清香:鴻巣市(旧・北足立郡吹上町) 小林斗アン 造園家 本多静六(日本初の林学博士。

creative commons(wikipedia:埼玉県出身の人物一覧

埼玉県出身の有名人一覧

『埼玉県出身の人物一覧』より : 埼玉県出身の人物一覧(さいたまけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する埼玉県出身の人物の一覧である。 公人 行政 政治家 = 閣僚 = 今井宏(元総務副大臣):草加市 谷合正明(元経済産業大臣政務官):新座市 並木正芳(元内閣府大臣政務官、環境大臣政務官):所沢市 大島敦(内閣府副大臣):北本市 大野松茂(元文部科学大臣政務官、内閣官房副長官、総務副大臣):狭山市 上原正吉(元科学技術庁長官):杉戸町 片山さつき(元経済産業大臣政務官):旧浦和市 荒舩清十郎(元運輸大臣):現秩父市 三ッ林弥太郎(元科学技術庁長官):幸手市 山口敏夫(元労働大臣):東松山市 武正公一(外務副大臣):旧浦和市 舟山康江(農林水産大臣政務官):越谷市 遠藤柳作(阿部内閣内閣書記官長):幸手市 野原正勝(元労働大臣):現長瀞町 青木正久(元環境庁長官) 石井道子(元環境庁長官):所沢市 関根則之(元消防庁長官):吉見町 中野清(元法務大臣政務官):川越市 和田博雄(元農林大臣):川越市 青木正(元自治庁長官):北埼玉郡 = 国会議員 = = 知事 = == 官選 大野緑一郎(第30代徳島県知事・第19代岐阜県知事):旧浦和市 湯本義憲(第6代岐阜県知事):行田市 遠藤柳作(第16代神奈川県知事・第25代三重県知事・第26代愛知県知事・第29代青森県知事):幸手市 石井保(第23代鳥取県知事):旧浦和市 井上英(第27代佐賀県知事) 田中重之(第35代長崎県知事・第38代石川県知事) 清水重夫(第30代和歌山県知事) == 公選 嘉田由紀子(第8代滋賀県知事):本庄市 大沢雄一(第2代埼玉県知事):吉川市 栗原浩(第3代埼玉県知事):加須市 畑和(第4代埼玉県知事):加須市 佐々木家寿治(第2代宮城県知事) 宮城音五郎(第3代宮城県知事) 山口祥義(第18代佐賀県知事) = 市町村長 = == 現職 小島進(深谷市長):深谷市 清水勇人(さいたま市長):戸田市 鈴木直道(夕張市長):春日部市 頼高英雄(蕨市長):蕨市 奥ノ木信夫(川口市長):川口市 星野信吾(富士見市長):富士見市 高畑博(ふじみ野市長):旧浦和市 川合善明(川越市長):川越市 久喜邦康(秩父市長):秩父市 神保国男(戸田市長):戸田市 富岡勝則(朝霞市長):朝霞市 香川武文(志木市長):志木市 田中和明(草加市長):草加市 高橋努(越谷市長):越谷市 藤本正人(所沢市長):所沢市 渡辺邦夫(幸手市長):幸手市 大久保勝(飯能市長):飯能市 新井保美(吉見町長) 田中龍夫(入間市長):入間市 会田重雄(松伏町長):松伏町 古谷松雄(杉戸町長):杉戸町 == 引退 相川宗一(元浦和市長、前さいたま市長):旧浦和市 綾部利右衛門(初代川越市長) 新井家光(前深谷市長):深谷市 井原勇(第8 - 12代与野市長):旧与野市 梅沢一郎(元加須市長) 鴨田宗一(6~8代熊谷市長):熊谷市 増田敏男(15・16代熊谷市長):熊谷市 中川健吉(14-17代浦和市長):旧浦和市 田中啓一(第5代蕨市長):蕨市 金子吉衛(第4代蕨市長):蕨市 岡田徳輔(第5代蕨町長):蕨市 木下博(第3代入間市長) 小林貞治(初代飯能市長) 沢辺瀞壱(飯能市長):飯能市 品川義雄(鶴ヶ島市長) 新藤享弘(第16 - 18代大宮市長):旧大宮町 岡村幸四郎(川口市市長):川口市 藤縄善朗(鶴ヶ島市長):鶴ヶ島市 双木八郎(初代飯能町長) 双木利一(第5代飯能町長) 武藤博(元上福岡市長):旧浦和市 山田三郎(富士見市長) 穂坂邦夫(志木市長) = 県議会議員 = 小野克典:桶川市 長峰宏芳:鶴ヶ島市 秦哲美:旧大宮市 深井明:川島町 松本安弘:川口市 政治運動家 秋笹政之輔 石川三四郎:本庄市(旧・児玉郡山王堂村) 井上伝蔵:秩父市(旧・下吉田村) 田代栄助:秩父市(旧・秩父郡大宮郷) 軍人・自衛官 法曹 林頼三郎(検事総長、大審院院長、第37代司法大臣):行田市(旧・埼玉郡成田町) 宮城長五郎(第39代司法大臣) 但木敬一(検事総長、元法務事務次官) 卜部喜太郎(「足尾鉱毒事件」、「シーメンス事件」などを担当した弁護士):本庄市(旧・児玉郡沼和田村) 久保利英明(金融庁顧問、日本弁護士連合会副会長) 水野有子(東京地方裁判所判事) 清水勉 文化人 画家 相原求一朗(洋画家) 淡島椿岳 岩崎勝平(洋画家) 落田洋子 金子國義:蕨市 喜多川歌麿:川越市 倉田白羊:旧浦和市 栗原大輔:所沢市 小村雪岱:川越市 小茂田青樹 後藤純男:松伏町 斎藤三郎:熊谷市 斎藤与里:加須市 四方田草炎:本庄市(旧・児玉郡北泉村四方田) 須田剋太:鴻巣市 高田誠:旧浦和市 田中保(洋画家):旧岩槻市 羽川珍重(浮世絵師):川口市 深沢邦朗(童画家) 宮崎敬介(版画家、宮崎駿次男):所沢市 森田恒友(洋画家):熊谷市 山本容子(銅版画家) 大山結子(現代美術家):春日部市 書家 諸井春畦:本庄市(旧・児玉郡本庄宿) 新井飛山:東松山市 里見櫻風:行田市 関口研神:鶴ケ島市 布上清香:鴻巣市(旧・北足立郡吹上町) 小林斗アン 造園家 本多静六(日本初の林学博士。

creative commons(wikipedia:埼玉県出身の有名人一覧

埼玉県中学校一覧

埼玉県中学校一覧(さいたまけんちゅうがっこういちらん)は、埼玉県の中学校の一覧。 国立中学校 埼玉大学教育学部附属中学校 公立中学校 さいたま市 = 西区 = = 北区 = = 大宮区 = = 見沼区 = = 中央区 = = 桜区 = = 浦和区 = = 南区 = = 緑区 = = 岩槻区 = 川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市 春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市 上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市 八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市 北足立郡 = 県立 = 埼玉県立伊奈学園中学校 = 町立 = 入間郡 比企郡 秩父郡 児玉郡 大里郡 南埼玉郡 北葛飾郡 私立中学校 さいたま市 = 西区 = 埼玉栄中学校 = 大宮区 = 大宮開成中学校 = 見沼区 = 栄東中学校 = 中央区 = 淑徳与野中学校 = 浦和区 = 浦和ルーテル学院中学校 = 南区 = 浦和実業学園中学校 = 緑区 = 浦和明の星女子中学校 = 岩槻区 = 開智中学校 川越市 秀明中学校 城北埼玉中学校 城西川越中学校 星野学園中学校 飯能市 自由の森学園中学校 聖望学園中学校 加須市 開智未来中学校 本庄市 本庄東高等学校附属中学校 本庄第一中学校(2016年4月1日開校予定) 東松山市 東京農業大学第三高等学校附属中学校 春日部市 春日部共栄中学校 狭山市 西武学園文理中学校 深谷市 東京成徳大学深谷中学校 越谷市 獨協埼玉中学校 蕨市 武南中学校 入間市 狭山ヶ丘高等学校付属中学校 新座市 西武台新座中学校 立教新座中学校 北足立郡 国際学院中学校 入間郡 埼玉平成中学校 比企郡 大妻嵐山中学校 北葛飾郡 昌平中学校 関連項目 学校記事一覧 埼玉県高等学校一覧 埼玉県小学校一覧 埼玉県幼稚園一覧 埼玉県中学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:埼玉県中学校一覧

埼玉県立不動岡高等学校

埼玉県立不動岡高等学校(さいたまけんりつ ふどうおかこうとうがっこう)は、埼玉県加須市不動岡一丁目に所在する公立の高等学校。通称は「不高」。 1886年に私立学校として創立したが、1921年に埼玉県に移管され県立学校となった。埼玉県の高校では最古の歴史を有する。 校是は「質実剛健」「文武両道」。 かつては羽生分校(羽生市)、菖蒲分校(南埼玉郡菖蒲町)、北川辺分校(北埼玉郡北川辺町)、騎西分校(北埼玉郡騎西町)の4分校が設置されていた。これらのうち騎西分校は廃校、他は埼玉県立羽生高等学校、埼玉県立菖蒲高等学校、埼玉県立北川辺高等学校にそれぞれ改称。さらに、昭和45年4月には不動岡女子高等学校(現埼玉県立誠和福祉高等学校)を、不動岡高校敷地内で仮校舎を用意して開校させている。 埼玉・茨城・千葉・群馬・栃木・福島県教育委員会における「隣接県公立高等学校入学志願者取扱協定」により、群馬県や茨城県方面からの入学者もある。 沿革 1886年 - 私立埼玉英和學校として設立される。 1894年 - 私立埼玉和英學校に改称。

creative commons(wikipedia:埼玉県立不動岡高等学校

埼玉県立春日部高等学校

埼玉県立春日部高等学校(さいたまけんりつ かすかべこうとうがっこう)は、埼玉県春日部市粕壁にある県立高等学校。通称は「春高」(かすこう)。スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校。 明治期に創設された男子校。部活動については、陸上競技部は創部90年を超えており、インターハイ累積得点は埼玉県で第1位。2006年度(平成18年度)の大阪インターハイでは、男子100mで優勝した。また、春高の行事・試合の応援をリードする応援指導部は1924年(大正13年)創部で、浦和・川越・熊谷・松山・不動岡の各高校の応援団と六校合同(六校応援団連盟として組織化)しており、東京六大学応援団連盟主催の「六旗の下に」にならって、毎年1回2月に「日輪の下に」を開催する。埼玉県立浦和高校、川越高校、熊谷高校との交流がある。またオーストラリアのビクトリア州立メルボルン高等学校と国際的な交流を行っている。制服は一般的な金ボタン5個の黒詰襟学生服。食堂も設置。 校訓・教育方針 校訓を「質実剛健」、教育方針を「文武両道」としている。

creative commons(wikipedia:埼玉県立春日部高等学校

埼玉県高等学校一覧

埼玉県高等学校一覧(さいたまけんこうとうがっこういちらん)は、埼玉県の高等学校の一覧。 全日制課程の存在しない高等学校については、定時制は「○○高等学校{定時制}」通信制は「○○高等学校{通信制}」定時制・通信制共に存在する場合は、定時制表記で記載する。 国立高等学校 坂戸市 筑波大学附属坂戸高等学校 県立高等学校 さいたま市 = 西区 = 埼玉県立大宮光陵高等学校 埼玉県立大宮南高等学校 埼玉県立大宮武蔵野高等学校 = 北区 = 埼玉県立大宮工業高等学校 埼玉県立大宮中央高等学校{定時制} = 大宮区 = 埼玉県立大宮高等学校 = 見沼区 = 埼玉県立大宮商業高等学校 埼玉県立大宮東高等学校 = 中央区 = 埼玉県立いずみ高等学校 埼玉県立与野高等学校 = 桜区 = 埼玉県立浦和北高等学校 埼玉県立浦和工業高等学校 埼玉県立常盤高等学校 = 浦和区 = 埼玉県立浦和高等学校 埼玉県立浦和第一女子高等学校 埼玉県立浦和西高等学校 = 南区 = 埼玉県立浦和商業高等学校 = 緑区 = 埼玉県立浦和東高等学校 = 岩槻区 = 埼玉県立岩槻高等学校 埼玉県立岩槻商業高等学校 埼玉県立岩槻北陵高等学校 川口市 埼玉県立川口高等学校 埼玉県立川口北高等学校 埼玉県立川口工業高等学校 埼玉県立川口青陵高等学校 埼玉県立川口東高等学校 埼玉県立鳩ヶ谷高等学校 蕨市 埼玉県立蕨高等学校 戸田市 埼玉県立戸田翔陽高等学校{定時制} 埼玉県立南稜高等学校 上尾市 埼玉県立上尾高等学校 埼玉県立上尾鷹の台高等学校 埼玉県立上尾橘高等学校 埼玉県立上尾南高等学校 桶川市 埼玉県立桶川高等学校 埼玉県立桶川西高等学校 北本市 埼玉県立北本高等学校 鴻巣市 埼玉県立鴻巣高等学校 埼玉県立鴻巣女子高等学校 埼玉県立吹上秋桜高等学校{定時制} 朝霞市 埼玉県立朝霞高等学校 埼玉県立朝霞西高等学校 和光市 埼玉県立和光高等学校 埼玉県立和光国際高等学校 志木市 埼玉県立志木高等学校 新座市 川越市 ふじみ野市 埼玉県立ふじみ野高等学校 富士見市 埼玉県立富士見高等学校 鶴ヶ島市 埼玉県立鶴ヶ島清風高等学校 坂戸市 埼玉県立坂戸高等学校 埼玉県立坂戸西高等学校 所沢市 狭山市 入間市 埼玉県立入間向陽高等学校 埼玉県立豊岡高等学校 飯能市 埼玉県立飯能高等学校 埼玉県立飯能南高等学校 日高市 埼玉県立日高高等学校 東松山市 埼玉県立松山高等学校 埼玉県立松山女子高等学校 秩父市 埼玉県立秩父高等学校 埼玉県立秩父農工科学高等学校 本庄市 熊谷市 深谷市 加須市 埼玉県立不動岡高等学校 行田市 埼玉県立進修館高等学校 羽生市 埼玉県立誠和福祉高等学校 埼玉県立羽生高等学校{定時制} 埼玉県立羽生実業高等学校 埼玉県立羽生第一高等学校 越谷市 草加市 八潮市 埼玉県立八潮高等学校 埼玉県立八潮南高等学校 三郷市 埼玉県立三郷高等学校 埼玉県立三郷北高等学校 埼玉県立三郷工業技術高等学校 吉川市 埼玉県立吉川美南高等学校 春日部市 埼玉県立春日部高等学校 埼玉県立春日部工業高等学校 埼玉県立春日部女子高等学校 埼玉県立春日部東高等学校 埼玉県立庄和高等学校 久喜市 埼玉県立久喜高等学校 埼玉県立久喜工業高等学校 埼玉県立久喜北陽高等学校 埼玉県立栗橋北彩高等学校 埼玉県立鷲宮高等学校 蓮田市 埼玉県立蓮田松韻高等学校 幸手市 埼玉県立幸手桜高等学校 白岡市 埼玉県立白岡高等学校 北足立郡 = 伊奈町 = 埼玉県立伊奈学園総合高等学校 - 併設型中高一貫教育校 入間郡 = 越生町 = 埼玉県立越生高等学校 比企郡 = 小川町 = 埼玉県立小川高等学校 = 滑川町 = 埼玉県立滑川総合高等学校 = 鳩山町 = 埼玉県立鳩山高等学校 秩父郡 = 小鹿野町 = 埼玉県立小鹿野高等学校 - 連携型中高一貫教育校 = 皆野町 = 埼玉県立皆野高等学校 大里郡 = 寄居町 = 埼玉県立寄居城北高等学校 北葛飾郡 = 杉戸町 = 埼玉県立杉戸高等学校 埼玉県立杉戸農業高等学校 = 松伏町 = 埼玉県立松伏高等学校 南埼玉郡 = 宮代町 = 埼玉県立宮代高等学校 市立高等学校 さいたま市 = 北区 = さいたま市立大宮北高等学校 = 大宮区 = さいたま市立大宮西高等学校 = 浦和区 = さいたま市立浦和高等学校 - 併設型中高一貫教育校 = 南区 = さいたま市立浦和南高等学校 川口市 川口市立川口高等学校 川口市立川口総合高等学校 川口市立県陽高等学校 川口市立高等学校 川越市 川越市立川越高等学校 私立高等学校 さいたま市 = 西区 = 埼玉栄高等学校 = 大宮区 = 大宮開成高等学校 = 見沼区 = 栄東高等学校 = 中央区 = 淑徳与野高等学校 = 浦和区 = 浦和麗明高等学校 = 南区 = 浦和実業学園高等学校 = 緑区 = 浦和明の星女子高等学校 浦和ルーテル学院高等学校 浦和学院高等学校 = 岩槻区 = 開智高等学校 蕨市 武南高等学校 上尾市 秀明英光高等学校 志木市 慶應義塾志木高等学校 細田学園高等学校 新座市 西武台高等学校 立教新座高等学校 川越市 坂戸市 山村国際高等学校 狭山市 秋草学園高等学校 西武学園文理高等学校 入間市 東野高等学校 狭山ヶ丘高等学校 武蔵野音楽大学附属高等学校 飯能市 自由の森学園高等学校 聖望学園高等学校 大川学園高等学校 東松山市 東京農業大学第三高等学校 本庄市 本庄第一高等学校 本庄東高等学校 早稲田大学本庄高等学院 深谷市 正智深谷高等学校 東京成徳大学深谷高等学校 創学舎高等学校{通信制} 加須市 開智未来中学校・高等学校 花咲徳栄高等学校 越谷市 叡明高等学校 獨協埼玉高等学校 武蔵野星城高等学校{通信制} 春日部市 春日部共栄高等学校 松栄学園高等学校{通信制} 北足立郡 = 伊奈町 = 国際学院高等学校 栄北高等学校 入間郡 = 越生町 = 武蔵越生高等学校 清和学園高等学校{通信制} = 毛呂山町 = 埼玉平成高等学校 比企郡 = 嵐山町 = 大妻嵐山高等学校 北葛飾郡 = 杉戸町 = 昌平高等学校 志学会高等学校{通信制} 改称した学校 埼玉県立浦和第二女子高等学校→埼玉県立浦和西高等学校 埼玉県立川越農業高等学校→埼玉県立川越総合高等学校 埼玉県立行田高等学校→埼玉県立行田進修館高等学校 児玉農業高等学校→埼玉県立児玉農工高等学校→埼玉県立児玉白楊高等学校 埼玉県立常盤女子高等学校→埼玉県立常盤高等学校 埼玉県立所沢緑ヶ丘高等学校→埼玉県立芸術総合高等学校 埼玉県立深谷女子高等学校→埼玉県立深谷第一高等学校 埼玉県立不動岡女子高等学校→埼玉県立不動岡誠和高等学校 埼玉県立与野農工高等学校→埼玉県立いずみ高等学校 埼玉県立大井高等学校、埼玉県立福岡高等学校→埼玉県立ふじみ野高校 越生工業高等学校→越生高等学校→武蔵越生高等学校 川口市立川口商業高等学校→川口市立川口高等学校 川口市立川口女子高等学校→川口市立川口総合高等学校 川口市立青木高等学校→川口市立県陽高等学校 川越市立川越商業高等学校→川越市立川越高等学校 埼玉栄東高等学校→栄東高等学校 埼玉女子高等学校→埼玉高等学校→埼玉平成高等学校 埼玉第一高等学校→開智高等学校 桜ヶ丘女子高等学校→埼玉工業大学深谷高等学校→正智深谷高等学校 秀明上尾高等学校→秀明英光高等学校 東和大学附属昌平高等学校→昌平高等学校 星野女子高等学校→星野高等学校 細田学園女子高等学校→細田学園高等学校 本庄女子高等学校→本庄第一高等学校 武蔵野女子高等学校→本庄東高等学校 山村女子高等学校→山村学園高等学校 山村第二女子高等学校→山村国際高等学校 嵐山女子高等学校→大妻嵐山高等学校 立教高等学校→立教新座高等学校 彰華学園高等学校→真英舎学院高等学校→志学会高等学校 関連項目 学校記事一覧 埼玉県特別支援学校一覧 埼玉県中学校一覧 埼玉県小学校一覧 埼玉県幼稚園一覧 埼玉県高等学校の廃校一覧 旧制中等教育学校の一覧 (埼玉県) 外部リンク 埼玉県教育委員会 埼玉県学校便覧 名簿の部 (高等学校)(県教育局管理部総務課) 埼玉県高校受験辞典。

creative commons(wikipedia:埼玉県高等学校一覧

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引