【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

埼玉県川越市【地方公共団体・地方自治体】

川越市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、埼玉県川越市の紹介です。

埼玉県川越市のホームページ

川越市 概要・地域の情報やトピック

川越市

川越市(かわごえし)は、埼玉県南西部に位置する人口約35万人の市である。 旧・武蔵国入間郡。東京都特別区部への通勤率は16.3%(平成22年国勢調査)。埼玉県内ではさいたま市、川口市に次ぐ第3位の人口を擁する。中核市と業務核都市、保健所政令市に指定されている。 概要・歴史 江戸時代には親藩・譜代の川越藩の城下町として栄えた都市で、「小江戸」(こえど)の別名を持つ。城跡・神社・寺院・旧跡・歴史的建造物が多く、文化財の数では関東地方で神奈川県鎌倉市、栃木県日光市に次ぐ。歴史まちづくり法により、国から「歴史都市」に認定されている(埼玉県内唯一の認定)。戦災や震災を免れたため歴史的な街並が残っており、市内の観光名所には年間約620万人もの観光客が訪れる観光都市である。海外の旅行ガイドブックに紹介されることも多く、最近では外国人旅行者が多い(例えばニューヨーク・タイムズ紙の「2009年トラベルガイド」の 川越特集)。 武蔵野台地の北端に位置し、荒川と入間川が市内で合流する。地理的な要衝で平安時代には河越館に豪族の河越氏が興り、武蔵国筆頭の御家人として鎌倉幕府で権勢を誇った。

creative commons(wikipedia:川越市

川越市立牛子小学校

川越市立牛子小学校(かわごえしりつうしこしょうがっこう)は、埼玉県川越市牛子 (川越市) 牛子にある公立の小学校。
作詞:高木紅陽、作曲:山本芳樹である。
1977年4月  開校
1977年4月  開校記念日を10月11日と制定
1977年10月 鳥小屋寄贈を受ける
1978年1月  校旗寄贈、PTA初代会長 貫井豊司
1978年2月  校歌制定
1978年3月  擁壁工事北側完成、シュート板寄贈を受ける
1979年3月  校歌碑寄贈を受ける
1979年4月  川越市教育委員会委嘱研究 学校同和教育「ひとりひとりを大切にする同和教育の実践」
1979年6月  管理棟落成(特別教室10 室内運動場 管理室)
1979年8月  国旗・校旗掲揚塔寄贈を受ける
1979年9月  校舎落成、校歌制定祝賀
1980年3月  屋外便所設置

creative commons(wikipedia:川越市立牛子小学校

川越市立川越高等学校

川越市立川越高等学校(かわごえしりつ かわごえこうとうがっこう)は、埼玉県川越市旭町二丁目にある市立高等学校。 県立の埼玉県立川越高等学校とは設置者が違い、学校名が似ているが、特別な関係は有していない。略称は「市立(いちりつ)川越」、市内に限れば「市立」、旧称の川越商業高校から「川商」とも。 1926年に埼玉県川越商業学校として設立された。旧称は、埼玉県川越商業高等学校(通称「川商」)であり、長らく県西部随一の商業高校として多くの人材を輩出してきたが、2002年に現校名に改称され、全日制の課程に普通科、国際経済科、情報処理科を設置した。 生徒数は、2013年5月現在で855名(男子296名・女子559名)で、女子生徒が多い。 全般的に部活動が盛んで、特に女子バレーボール部が県内有数の強豪であるほか、野球部も1989年の第71回全国高等学校野球選手権大会に出場した。その他の部活動も県大会で上位に入賞するなど活躍している。制服は男子は詰め襟、女子は県内ではやや珍しいセーラー服。女子のセーラー服は胸当てがなく、紺×白3ラインというシンプルなデザインで人気がある。

creative commons(wikipedia:川越市立川越高等学校

川越市駅

川越市駅(かわごえしえき)は、埼玉県川越市六軒町一丁目にある、東武鉄道東上本線の駅である。駅番号はTJ 22。 1914年(大正3年)5月1日 - 東上鉄道の川越町駅として開業。六軒町の人々が土地を寄付して駅を誘致したことから、地元では六軒町駅と呼んでいた。 1922年(大正11年)12月1日 - 川越市の市制施行により川越市駅へ改称。 2008年(平成20年)3月18日 - 発車メロディ使用開始。 駅構造 島式ホーム2面4線を有する地上駅。駅舎・改札口は北東側に1か所のみ設置されている。駅舎とホームとの間は跨線橋により連絡している。従来はエレベーター・エスカレーターとも設置されていなかったが、2010年度にエレベーター3基を設置を計画し、2011年4月25日に供用を開始した(エスカレーターは未設置)。 1番線の隣には留置線と東武鉄道川越工場がある。また、寄居方に上下線の線路に挟まれる形で2本の引き上げ線がある。主に同駅終着の列車が使用している。なお、かつての留置線は下り線側に1本のみであった。

creative commons(wikipedia:川越市駅

川越市立初雁中学校

川越市立初雁中学校(かわごえしりつはつかりちゅうがっこう)は、埼玉県川越市にある公立学校 公立中学校。1年生は6クラス、2年生・3年生は5クラス、さらに川越市の特別支援学級が3クラスあるという、中規模校である。
宮元町、神明町、志多町、喜多町、元町1丁目、元町2丁目、幸町、仲町、松江町2丁目、大手町、郭町1丁目、郭町2丁目、宮下町1丁目、宮下町2丁目、氷川町、
御成町、城下町、寺井、末広町1丁目、末広町2丁目、末広町3丁目、月吉町、石原町1丁目、石原町2丁目、今成1丁目、今成2丁目
学び合い 豊かな心で 未来を開く生徒
作詞:勝承夫、作曲:下総皖一である。
1 若き光が たぎりたつ
  初雁の庭 希望の泉
  夢なつかしき 城址のほとり

creative commons(wikipedia:川越市立初雁中学校

川越市立城南中学校

川越市立城南中学校(かわごえしりつじょうなんちゅうがっこう)は、埼玉県川越市にある公立の中学校である。
作詞:吉村比呂詩、作曲:松本民之助である。
学級・評議・生活安全・環境・福祉・放送・給食・図書・体育・保健・選挙管理
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3-19-1
埼玉県の公立中学校
川越市

creative commons(wikipedia:川越市立城南中学校

川越市立川越商業高等学校

『』より :

creative commons(wikipedia:川越市立川越商業高等学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引