【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

埼玉県ときがわ町【地方公共団体・地方自治体】

ときがわ町 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、埼玉県ときがわ町の紹介です。

埼玉県ときがわ町のホームページ

ときがわ町 概要・地域の情報やトピック

ときがわ町

ときがわ町(ときがわまち)は、埼玉県中部にある人口約1万1千人の町である。町名の由来は、両村内を流れる都幾川に因み、読みやすいようにひらがなとした。 地理 町の大部分は外秩父山地に属するが南西部は岩殿丘陵の西端に位置する。 河川:都幾川、雀川 山地:外秩父山地 2006年(平成18年)2月1日 - 比企郡玉川村と比企郡都幾川村が合併し成立した。 人口 行政 町長 町長:関口定男(旧玉川村長・2期目) 町長職務執行者(初代町長選出まで):大沢堯(旧・都幾川村長) 大沢堯氏は、2006年(平成18年)2月10日をもって町長職務執行者を辞任。 町長職務執行者職務代理者:杉田斉理事(旧・都幾川村助役) 町役場 旧・玉川村役場を本庁舎とし、旧・都幾川村役場を第二庁舎とする。 住所 本庁舎 - 埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川2490番地 第二庁舎 - 埼玉県比企郡ときがわ町大字桃木32番地 地域 教育 高等学校 埼玉県立玉川工業高等学校(2013年(平成25年)閉校) 中学校 ときがわ町立都幾川中学校 ときがわ町立玉川中学校 小学校 ときがわ町立明覚小学校 ときがわ町立萩ケ丘小学校 ときがわ町立玉川小学校 公共施設  保健センター・地域包括支援センター 家族相談支援センター 勤労者福祉会館 地域振興室 学校給食センター 文化センター(アスピアたまがわ) 三栖右嗣リトグラフ展示室 都幾川公民館 玉川公民館 玉川トレーニングセンター 玉川保育園 平保育園 図書館 町立図書館(旧玉川村立図書館)と都幾川公民館図書室(旧都幾川村立図書館)があり、どちらでも貸出や返却が可能となっている。

creative commons(wikipedia:ときがわ町

ときがわ町星と緑の創造センター

ときがわ町星と緑の創造センター(ときがわまち ほし-みどり-そうぞう-)とは埼玉県比企郡ときがわ町(旧都幾川村)が国立天文台から、施設の老朽化、周辺環境の悪化や大型観測施設の稼動等によって閉鎖された、堂平観測所の譲渡を受け、キャンプ場等を整備した施設の名称である。
施設種別:観測展示室、宇宙・天文展示、駐車場、食事施設、宿泊施設
公開内容:天文台歴史展示、森林体験
1962年11月1日、東京大学東京天文台堂平観測所開設。
2000年3月31日、国立天文台堂平観測所閉鎖。
2000年9月1日、ときがわ町に移管
2005年4月1日に、星と緑の創造センターとして現在に至る。
国立天文台 三鷹キャンパスを初めとして、東京からの交通のアクセスがよく、かつまた、冬場の晴天率が高いため、岡山天体物理観測所堂平観測所は主に光電観測を主目的としていたのに対して、岡山天体物理観測所は、主として分光観測等を中心に行う観測施設として開設。主口径188センチ反射式望遠鏡は、クーデ焦点によって望遠鏡の光を観測室に導き、分光観測が行われている。91センチ反射式望遠鏡は、測光観測を目的に開発されたものである。現在は、OAO-WFC(岡山天体物理観測所-広視野赤外線カメラ)として改装中。また、京都大学大学院理学系研究科附属飛騨天文台と並んで、日本屈指の光学太陽観測所としても知られている。と並んで、日本の天体観測をリードしてきた観測所であった。現在は撤去されて存在しないが、380ミリ口径のレーザー望遠鏡も設置され、この望遠鏡はアポロ計画によって月に設置された反射器との間でレーザー光線を反射させることで、精密な月との距離測定に用いられることが目的であったが、思うような成果は得られなかった。原因としては、観測地の気流並びに大気の状態がよくないため、レーザー光が散乱されてしまったためであると推定できる。この現象を逆に利用して、大気の観測を行う装置が環境省国立環境研究所(茨城県つくば市)に設置されている。なお、この観測と同様の観測が、海上保安庁海洋情報部附属下里水路観測所(和歌山県那智勝浦町)で今も行われており、理科年表等でもきちんと得られたデータとして公開されている。口径は小さいけれど、惑星観測を初め、小惑星観測、突発天体現象等の観測では多くの成果を上げてきた観測所でもある。天王星のリングの発見の際には、本観測所の望遠鏡も参加したことが知られている。設立以来、様々な観測機器が同地に設置され、数多くの天体現象の観測が行われた。これも現在では撤去されてないが、口径50cmの国産初の大型シュミットカメラ(同じく日本光学工業製)や、人工衛星の軌道追跡用に世界各国に設置されたF1と極めて明るいBaker-Nunn シュミットカメラなどが設置され、観測に使われた。これらの写真の一部分は今でも堂平に展示されている。

creative commons(wikipedia:ときがわ町星と緑の創造センター

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引