【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

千葉県習志野市【地方公共団体・地方自治体】

習志野市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、千葉県習志野市の紹介です。

千葉県習志野市のホームページ

習志野市 概要・地域の情報やトピック

習志野市

習志野市(ならしのし)は、千葉県北西部の葛南地域に位置する都市。下総台地の端であり、東京湾に面する。人口約16万8千人で、千葉県内では流山市に次いで10位である。通勤率は、東京都特別区部へ32.7%・船橋市へ11.7%・千葉市へ10.5%(いずれも平成22年国勢調査)。 地理 下総台地の端であり、海岸部から内陸部にかけて高低差が大きい。東京湾沿いには広大な遠浅の海岸を埋め立てた住宅地や商工業地が広がるが、1ヶ所だけ埋め立てられないで残ったラムサール条約登録地谷津干潟があり、干潟を必要とする渡り鳥の重要な中継飛来地となっている。 原始・古代・中世 千葉市の加曽利貝塚などにも見られるように、千葉県の東京湾岸には多くの縄文時代の遺跡が存在する。習志野市周辺にも藤崎堀込貝塚などの当時の遺跡が多数確認されている。市内には鷺沼古墳群があり、鷺沼地区には有力な豪族がいたことが分かる。律令制下で下総国に属し、古東海道の浮嶋駅を習志野市内に比定する説もあるが詳しくは不明である。

creative commons(wikipedia:習志野市

習志野市秋津公園サッカー場

習志野市秋津サッカー場(ならしのし あきつサッカーじょう)は、千葉県習志野市の秋津総合運動公園にあるサッカー専用スタジアムである。施設は習志野市が所有し、公益財団法人習志野市スポーツ振興協会が指定管理者として運営管理を行っている。 2015年に千葉県船橋市に本社を置くフロンティアが命名権を取得しており、同年4月1日から「フロンティアサッカーフィールド」の呼称を用いている(後述)。 1970年代から造営が始まり、習志野市臨海地区の公園地区の中に1982年に開設された。 1992年にJリーグに参戦を表明した東日本JR古河(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)は、当初、秋津サッカー場を15000人収容のJリーグ公式戦開催基準に合わせたスタジアムに作りかえることで本拠地とすることを計画していた。しかし、競技場周辺の住民が騒音問題の懸念を表明したため、習志野市議会が検討をしているうちに、結局市原市(市原臨海競技場)を本拠とすることになった。

creative commons(wikipedia:習志野市秋津公園サッカー場

習志野市秋津サッカー場

『習志野市秋津公園サッカー場』より : 習志野市秋津公園サッカー場(ならしのし・あきつこうえん・さっかーじょう)は、千葉県習志野市の臨海部に位置する秋津総合運動場内にある習志野市営のサッカーグラウンドである。スタンドはメインスタンドのみの簡素な作りで収容人員は2100人である。
サッカーグラウンド1面
スタンド:メインスタンドのみ。収容人数2100人
照明設備:4機
京葉線新習志野駅から徒歩10分程度
1970年代から造営が始まった、習志野市臨海地区の公園地区の中に1982年に開設されたのが、秋津サッカー場の始まりである。
1992年にJリーグに参戦を表明したジェフユナイテッド市原・千葉 東日本ジェイアール古河サッカークラブ(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)は、当初、秋津サッカー場を15000人収容のJリーグ公式戦開催基準に合わせたサッカー専用スタジアムに作りかえることで本拠地とすることを計画していた。しかし、競技場周辺の住民が騒音問題の懸念を表明したため、習志野市議会もジェフ習志野の受け入れを断念し、結局市原市(市原臨海競技場)を本拠とすることになった。

creative commons(wikipedia:習志野市秋津サッカー場

習志野市立習志野高等学校

習志野市立習志野高等学校(ならしのしりつ ならしのこうとうがっこう)は、千葉県習志野市東習志野一丁目にある市立高等学校。通称は「市立習志野」(いちりつならしの)、略称は「習高」(ならこう)や「市習」(いちなら)。 1957年、初代習志野市長の白鳥義三郎指導のもと創立。全日制・定時制課程にそれぞれ普通科と商業科の2学科を擁する。初代校長は、のちに日本体育協会副会長や八千代松陰中学・高校創立者となった山口久太。習志野高校の校歌は、山口の作詞によるものである。1975年に東習志野に移転するまで、現在の京成津田沼駅周辺(習志野市役所の向かい側)に校舎を構えていた。 部活動が盛んで、サッカー・野球、ボクシング、バレーボールの強豪校である。野球部は甲子園常連校で、公立高校ながら1967年と1975年の夏の甲子園で2度の全国制覇を成し遂げた。卒業生のなかには、前東京ヤクルトスワローズ監督の小川淳司、野球解説者の掛布雅之や谷沢健一などがいる。 サッカー部は1965年と1971年の全国高校サッカー選手権や、1995年のインターハイで全国制覇の経験がある。

creative commons(wikipedia:習志野市立習志野高等学校

習志野市秋津球場

習志野市秋津球場(ならしのしあきつきゅうじょう)は、千葉県習志野市にある野球場である。習志野市秋津総合運動公園の中に存在する。 施設概要 京葉道路に沿ってJR南船橋駅近くからJR新習志野駅まで線路の北沿いに設けられた習志野緩衝緑地内の秋津総合運動公園の中にある。習志野市が所有し、管理・運営は習志野市スポーツ振興協会が行っている。夏の甲子園千葉県予選大会を始め、高校野球では頻繁に利用されるが、大学野球は新習志野駅南口にある千葉工業大学新習志野キャンパス内の千葉工大茜浜校地運動場にて千葉県大学リーグの公式戦が開催される関係で、この球場が使用されることはない。硬式野球としてはもっぱら高校野球で用いられている。また、日本女子ソフトボール機構の主催する公式戦の会場としても使用されている。 基本データ 所在地: 千葉県習志野市秋津3-7-2 アクセス: JR新習志野駅から徒歩10分、JR津田沼駅から京成バス「新習志野駅行き」で「秋津運動公園前」下車、徒歩5分 フィールドサイズ: 両翼92m、中堅122m フィールド: 内野=土、外野=天然芝 収容人員: 公称10,000人 スタンド: 内野=ベンチ・天然芝、外野=天然芝(スタンドには屋根なし) スコアボード: LED式電光表示板 照明塔: 6基 リンク 習志野市ホームページ 秋津野球場 脚注 ==。

creative commons(wikipedia:習志野市秋津球場

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引