【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

東京都【全国の特別地方公共団体・広域連合一覧】

東京都庁及び特別地方公共団体・広域連合・広域行政組合

このページは、東京都特別地方公共団体・広域行政機関の紹介です。

東京都の広域行政機関・広域連合・広域行政組合のホームページ

東京都庁について・概要など

東京都庁

東京都庁(とうきょうとちょう)は、地方自治体(地方公共団体)である東京都の執行機関としての事務を行う行政組織(役所)。 東京都知事が東京都庁の長を務めている。 東京都庁は、一般行政職だけでも18,207人、行政委員会・公営企業・消防吏員・警察官・学校教職員までを含めると総計16万5千人もの職員を抱える巨大な組織である。 沿革 1943年 - 東京都制施行により東京府と東京市が統合し東京都が発足。 1947年 - 地方自治法施行、区部は35区から23区に再編され特別区となる。 1952年 - 特別区長が、公選制から都知事の同意を得て区議会が選任する方式となる。 1957年 - 旧都庁舎が千代田区丸の内三丁目に完成。 1964年 - 福祉事務所を特別区に移管。 1975年 - 特別区長が再び公選制となる。保健所など多くの事務を特別区に移管。 1991年 - 現在の都庁舎が新宿区西新宿二丁目に完成し、丸の内から移転。 2000年 - 清掃事業などが特別区に移管。移管しなかった一部業務を環境保全局(当時)に統合し、環境局と改組・改称する。

creative commons(wikipedia:東京都庁

東京都庁舎

東京都庁舎(とうきょうとちょうしゃ)は、東京都の新宿副都心にある、東京都庁の本庁舎。東京都新都庁舎、東京都本庁舎ともいう。 旧東京都庁舎(東京府・東京市庁舎)である通称丸の内庁舎についてもここで記述する。 丸の内の旧都庁舎は、1970年代には建物の老朽化、狭隘化、分散化といった問題が発生しており、解決が望まれていた。1979年に都知事に就任した鈴木俊一は都庁の新宿移転を強力に推進し、1985年9月に都議会で”東京都庁の位置を定める条例”が可決され新宿副都心に建設されることが決定された。同年10月末には指名設計競技参加者が決定、翌1986年4月に丹下健三(構造設計は武藤清が担当)の設計案が選ばれた。 1988年4月着工、1990年12月完成。翌1991年4月1日に丸の内の旧庁舎から移転し、都庁としての業務をスタートした。第一本庁舎、第二本庁舎、都議会議事堂の3棟からなり、東京都の行政の中枢機能を担っている。 旧淀橋浄水場跡地の再開発により誕生した新宿西口の超高層ビル街区の中央から西南側に位置し、都庁舎は1、4、5号地の3ブロックを占めている。

creative commons(wikipedia:東京都庁舎

東京都庁小包爆弾事件

東京都庁小包爆弾事件(とうきょうとちょうこづつみばくだんじけん)とは、1995年5月16日に発生したテロ事件。オウム真理教が東京都知事青島幸男宛に小包爆弾を送り、東京都新宿区の東京都庁舎内で爆発させ都職員に重傷を負わせた殺人未遂事件である。 犯行 1995年5月16日午後7時頃、都庁の知事秘書室で、当時44歳の東京都職員の男性が青島幸男知事宛の小包の梱包を開封し、中に入っていた単行本を開いたところ、突然本が爆発した。都職員の男性は左手の指全てと、右手の親指が吹き飛ぶ重傷を負った。 小包の中には、中心部分をくりぬいた単行本が入っており、その中にRDXという爆薬を詰め、開封と同時に爆発する仕組みになっていた。 犯人・動機 麻原彰晃から「石油コンビナートを破壊するなどのテロを起こして捜査を攪乱しろ」と指示を受けた井上嘉浩が計画したが、麻原の都庁への爆弾送付について指示や同意が確認できなかったため、裁判では井上が首謀者とされた。

creative commons(wikipedia:東京都庁小包爆弾事件

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引