【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

東京都江戸川区【地方公共団体・地方自治体】

江戸川区 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、東京都江戸川区の紹介です。

東京都江戸川区のホームページ

江戸川区 概要・地域の情報やトピック

江戸川区

江戸川区(えどがわく)は、東京都の特別区のひとつで東京23区の東部に位置する区であり、東京23区内では最東端の自治体にあたる。 郵便番号(上3桁)132・133・134 総面積は49.86km²で、23区内では4番目の広さだが、区民1人当たりの公園面積は23区内で1位である。 また、高齢者が多いが子供も多いので、23区内で最も区民の平均年齢が若く、合計特殊出生率も23区内で最も高い。 東端には江戸川が流れ、千葉県に接する。 コマツナ(小松菜)は江戸川区が発祥の地として知られ、現在の江戸川区小松川で将軍の徳川吉宗が鷹狩の際、名が無かった菜が入った味噌汁を食し、「小松菜」と命名したことに由来。現在では「小松菜アイス」、「小松菜そば」等、小松菜を使った郷土料理が区内の至る所で売られている。 また、朝顔の栽培が盛んで、毎年7月に台東区入谷で開催される朝顔市に出荷される朝顔の6割~7割は江戸川区産の朝顔である。 人口 昼夜間人口 2005年に夜間人口(居住者)は653,805人であるが、区外からの通勤者と通学生および居住者のうちの区内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は534,942人で昼は夜の0.818倍の人口になる。

creative commons(wikipedia:江戸川区

江戸川区陸上競技場

江戸川区陸上競技場(えどがわくりくじょうきょうぎじょう)は、東京都江戸川区清新町にある区立の陸上競技場である。施設は江戸川区が所有し、株式会社オーエンス [1] が指定管理者として運営管理を行っている。 沿革 Jリーグ発足準備時には、三菱自動車工業サッカー部(現浦和レッドダイヤモンズ)が本施設を改築の上で本拠地とする構想があったが、スタジアムの施設スペース上の問題からスタンド増設が出来ず、Jリーグ側の設定する収容人員を確保できないため断念された。 日本フットボールリーグでは、江東区猿江に練習場・クラブ施設をおいていた東京ガスサッカー部がホームゲームを開催していた。1999年、東京ガスサッカー部がFC東京としてプロ化して、Jリーグ ディビジョン2 (J2)へ参加した際も、調布市の東京スタジアム(現:味の素スタジアム)がまだ建設中だったことから西が丘、駒沢とともに暫定的なホームスタジアムとして使用された(2000年のJリーグカップ(ヤマザキナビスコ杯)でも使用)。

creative commons(wikipedia:江戸川区陸上競技場

江戸川区立小岩第三中学校

1.自他を大切にし、思いやりのある人
2.心身ともに健康で、豊かな実践力のある人
3.積極的に学習し、よく考えて行動できる人
4.文化や伝統を尊重し、社会に貢献できる人
1947年 学制改革により開校、中小岩小学校、上小岩小学校に分教場設置。
1952年 上一色分校が江戸川区立小岩第四中学校とされる。
1988年 屋内プール完成。
東京都江戸川区北小岩 8丁目19番1号
京成小岩駅から徒歩10分
運動部
:陸上競技・ソフトテニス・サッカー・野球・ソフトボール・バドミントン・バレーボール・バスケットボール・卓球・柔道・剣道
文化部
:吹奏楽・演劇・美術・理科・工作・英語・料理
校歌の作詞、作曲は文部省唱歌の平城山と同じく、北見志保子、平井康三郎 平井保喜。

creative commons(wikipedia:江戸川区立小岩第三中学校

江戸川区球場

江戸川区球場(えどがわく・きゅうじょう)は、東京都江戸川区にある野球場。施設は江戸川区が所有し、オーエンスが指定管理者として運営管理にあたっている。 1984年完成。球場周辺には江戸川区陸上競技場、江戸川区臨海球技場(軟式野球場)、江戸川レクリエーション公園などがあるが、区球場ではリトルリーグの日本一を決める「全日本リトルリーグ選手権大会」をはじめ、女子野球の日本一決定戦、女子軟式野球日本選手権大会(ジャパンカップ)、夏の甲子園予選東東京大会、東京都東部の高校野球各種大会など主としてアマチュア野球の試合に頻繁に利用されている。また以前はプロ野球のイースタン・リーグ公式戦(主にヤクルトスワローズ主催)も開催されていた。 東京23区内で都と区が管理する野球場で、硬式・軟式野球が可能なのはこの江戸川区球場の他、駒沢オリンピック公園総合運動場硬式野球場と大田スタジアムの3球場だけであり、貴重な存在といえる。

creative commons(wikipedia:江戸川区球場

江戸川区臨海球技場サッカー・ラグビー場

江戸川区臨海球技場サッカー・ラグビー場(えどがわくりんかいきゅうぎじょうサッカー・ラグビーじょう)は、東京都江戸川区が運営する球技場で、サッカー・ラグビー場となっているが、実際には野球場としての使用も可能。スタンドはバックネット裏に設置されている。 施設概要 メイングランド 収容人数 100人(全席座席) 照明設備あり 得点板(野球用)×2 人工芝グラウンド サブグランド(B面) 収容人数 100人(全席座席) 照明設備あり 得点板(野球用)×2 外部リンク 臨海球技場 江戸川区ホームページ。

creative commons(wikipedia:江戸川区臨海球技場サッカー・ラグビー場

江戸川区臨海球技場サッカー・ラグビー場B面

『江戸川区臨海球技場サッカー・ラグビー場』より : 江戸川区臨海球技場サッカー・ラグビー場(えどがわくりんかいきゅうぎじょうサッカー・ラグビーじょう)は、東京都江戸川区が運営する球技場で、サッカー・ラグビー場となっているが、実際には野球場としての使用も可能。スタンドはバックネット裏に設置されている。 施設概要 メイングランド 収容人数 100人(全席座席) 照明設備あり 得点板(野球用)×2 人工芝グラウンド サブグランド(B面) 収容人数 100人(全席座席) 照明設備あり 得点板(野球用)×2 外部リンク 臨海球技場 江戸川区ホームページ。

creative commons(wikipedia:江戸川区臨海球技場サッカー・ラグビー場B面

江戸川区自然動物園

江戸川区自然動物園(えどがわくしぜんどうぶつえん)は、東京都江戸川区の行船公園内にある小型の無料動物園。ワラビー・オタリアやキュウカンチョウといった動物が飼育されている。オグロプレーリードッグ・レッサーパンダや、リスザルも居る。 休憩所には、タナゴ、フナなどが飼育されている。 所在地 東京都江戸川区北葛西3-2-1 外部リンク 江戸川区自然動物園 - 公益財団法人 えどがわ環境財団。

creative commons(wikipedia:江戸川区自然動物園

江戸川区立第二松江小学校

江戸川区立第二松江小学校(えどがわくりつだいにまつえしょうがっこう)は、東京都江戸川区松島にある小学校。通称は「二松」もしくは「二松小」である。
1914年9月1日 荒川放水路開削に伴い松川小学校が廃校となり、南葛飾郡第二松江尋常小学校として開校。
東京都江戸川区松島2-16-20
東京都小学校一覧
東京都の公立小学校 えとかわくりつまつえ
江戸川区 たいにまつえしようかつこう

creative commons(wikipedia:江戸川区立第二松江小学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引