【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

東京都練馬区【地方公共団体・地方自治体】

練馬区 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、東京都練馬区の紹介です。

東京都練馬区のホームページ

練馬区 概要・地域の情報やトピック

練馬区

練馬区(ねりまく)は、東京都の特別区のひとつで、23区西部に区分される。 東京23区の中では最も新しく誕生した区で、板橋区の一部だった旧北豊島郡練馬町・上練馬村・中新井村・石神井村・大泉村の区域が1947年8月1日に分離して発足した。当時、広大な板橋区の区役所までの経路が遠く、著しく不便であったことが分離の要因とされている。板橋区は練馬、石神井に行政派出所(後に、支所)を設けたが、行政サービスは極めて限られていたため、西武池袋線沿線を中心として生活する住民の要望にこたえる形で分離された。 練馬区は緑の多い閑静な住宅街であり、最低居住面積水準未満の世帯率は東京23区で最も低い。練馬区民の男性の平均寿命は81.2歳で全国で第5位、東京23区で第1位である。また刑法犯認知件数は、人口が60万人以上のほぼ同規模の特別区の中で大田区に次いで少ない。人口は約70万人で、23区中世田谷区に次いで多い。近年は副都心線や大江戸線などの開通に伴って、マンション建設ラッシュに沸いている。 東映東京撮影所に付随した東映動画が存在したことから、日本のカラー長編アニメ(又は民間アニメ)の発祥地、日本初の30分連続テレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』(当時は「テレビまんが」と称された)を製作した、日本のアニメ産業の礎となった地である。

creative commons(wikipedia:練馬区

練馬区福祉コミュニティバス

みどりバスは東京都練馬区のコミュニティバス。
これまで成立経緯からの3種類の名称で運行されていたものを2009年7月16日にこの名称に統一した。
当初の成立経緯から、練馬区内のコミュニティバスは区内の行政機関の連絡用の練馬区シャトルバス、交通空白地域の循環バスとして設定された練馬区バス交通実験、福祉施設送迎用バスを出自とし区内病院へのアクセスを主眼とした練馬区福祉コミュニティバスの3種類の名称で運行されていた。この3種類の名称・サービスの統一に際し、「みどりバス」の愛称が制定された。
このうち、練馬区福祉コミュニティバスについては2005年7月に試行運行開始後、2007年3月まで東京福祉バスが練馬区から運行の委託を受け、道路運送法21条の2で運行を行なっていたものを、前年2006年の道路運送法改正を受けて、同年4月からは道路運送法4条の一般乗合旅客自動車運送事業者による運行に変更したものである。

creative commons(wikipedia:練馬区福祉コミュニティバス

練馬区立大泉中学校

練馬区立大泉中学校(ねりまくりつおおいずみちゅうがっこう)は、東京都練馬区東大泉にある公立中学校である。
東京都練馬区東大泉4丁目27-35
大泉学園駅
全校生徒数750人を超し、都内でも有数の人数を有し、区内では最大。生徒の間では「大中」「ズミ中」と呼ばれることが多い。制服がある。通常学級の他に身障学級として「10組」が併設されている。生徒は主に、練馬区立大泉小学校 大泉小・練馬区立大泉第四小学校 大泉四小・練馬区立大泉第六小学校 大泉六小・練馬区立大泉東小学校 大泉東小から、進学してくるが、学校選択制の導入により、それ以外の小学校からの入学が可能になった。
学校選択枠(学区外)からの入学希望者数は多く、2005年度入学者では受入可能数40人に対して118人、2006年度入学者では受入可能数20人に対して93人、2007年度入学者では受入可能数20人に対して95人の応募があり、公開抽選を行っている。

creative commons(wikipedia:練馬区立大泉中学校

練馬区立豊渓中学校

練馬区立豊渓中学校(ねりまくりつ ほうけいちゅうがっこう)は、東京都練馬区旭町三丁目にある公立中学校。 所在地 周辺環境 練馬区の北部、光が丘公園の北に位置し、東側は板橋区、西側は埼玉県和光市に接する地域にある。 最寄り駅 東京メトロ有楽町線(副都心線)地下鉄成増駅 東武東上線 成増駅 以前から土支田にある区立豊渓小学校から名を取った(後述の通り、開校当初は豊渓小を間借りしていたという縁がある)。なお豊渓小と豊渓中は距離が離れており、そこから豊渓中に入学する生徒はあまりいない。 そして名前通り渓谷のような急坂が近くにある。ここから成増方面は23区でも屈指の激坂帯でもある。 生徒や、卒業生などは「渓中」(K中)という呼名を使うのが伝統で比較的多い。 道を挟んだ隣に旭町小学校があり、ほとんどの生徒はそこから進学している。 校風 全校生徒160名弱と小規模な学校で、学校の面積も23区の他校に比べて小さい方である。 その小規模さを活かし数学科では少人数授業を導入し、授業の充実に取り組んでいる。

creative commons(wikipedia:練馬区立豊渓中学校

練馬区シャトルバス

転送 みどりバス

creative commons(wikipedia:練馬区シャトルバス

練馬区立大泉小学校

練馬区立大泉小学校(ねりまくりつおおいずみしょうがっこう)とは、東京都練馬区東大泉4丁目にある小学校。2007年現在、生徒数は500人を切った。
東京都練馬区東大泉4丁目25番地1号
全校生徒数は約490名である。普通学級の他に、固定学級である知的障害学級として「5組」、通級学級である情緒障害学級として「いずみ学級」と言語障害学級として「ことばの教室」が設置されている。職員室が2階にある。この学校には校庭が「下校庭」「中校庭」「上校庭」と3つある。上校庭は、コンクリートとアスファルトからなる。テニスコートとして利用が可能(テニスクラブが使用)。主に、休み時間に使用されるが、1年生しか使うことができない。次に下校庭であるがいちばん広く、7806m²ある。休み時間は2~6年生が使用可能である。近年曜日によってサッカーが可能な日と、そうでない日ができた。中校庭は、植物を育てる為にあるといっても過言でなく、ここで遊ぶ児童はあまりいない。近年、ビオトープができた。

creative commons(wikipedia:練馬区立大泉小学校

練馬区立石神井中学校

練馬区立石神井中学校(ねりまくりつしゃくじいちゅうがっこう)は、東京都練馬区にある公立の中学校である。現地では主に「石中(しゃくちゅう)」の略称で呼ばれる。
所在地:練馬区石神井台1-32-1
電話番号:03-3997-3131~2
電話番号:03-3995-2103(心身障害生学級)
生徒は主に練馬区立石神井小学校 石神井小学校・練馬区立上石神井北小学校 上石神井北小学校・練馬区立石神井台小学校 石神井台小学校・練馬区立大泉東小学校 大泉東小学校・練馬区立光和小学校 光和小学校の出身者であるが、平成16年度より練馬区内で始まった学校選択制により、区内の遠方から通学している生徒もいる。区内でも有数の大規模校であり、生徒数は練馬区立大泉中学校 大泉中に次いで区内で2番目に多く、東京都内でも10番目に位置する。

creative commons(wikipedia:練馬区立石神井中学校

練馬区立中村中学校

練馬区立中村中学校(ねりまくりつ なかむらちゅうがっこう)は東京都練馬区中村南一丁目に設置された公立中学校。 生徒は主に練馬区立中村小学校、練馬区立中村西小学校の出身者であるが、 2004年度より始まった学校選択制により区内をはじめ区外からも生徒が通学している。 施設 校庭は区内有数の面積で野球部、サッカー部、陸上部が同時に活動しても支障をきたさず、また、 野球などの都大会や区大会などの会場となることもあるほか、テニスコートが三面ある。 校舎は鉄筋コンクリート三階建てで、そのほかに体育館、柏教室がある。 体育館の屋根には25mプールが付いている。また体育館の横には格技室がある。 F組 中村中学校には特別支援学級F組があり、普段は通常学級の生徒と同じ校舎にある交流教室で学んでいる。 体育館奥にある柏教室は、美術や通常学級と一緒の授業である選択国語の授業で使われる。 交流クラスに入り、通常学級の生徒達と共に交流授業を受けている生徒もいる。 運動会、合唱コンクールの前には、交流クラスで体育や音楽の授業を受ける。

creative commons(wikipedia:練馬区立中村中学校

練馬区立石神井西中学校

練馬区立石神井西中学校(ねりまくりつ しゃくじいにしちゅうがっこう)とは、東京都練馬区にある公立の中学校である。 全校生徒は約600名、区内では唯一の自由服の学校である。通称「西中」「石西(しゃくにし)」。自由服の代わりとして黒いバッジの着用が義務付けられている。また、校風である「自由と自治」が昔からの伝統であり、文化でもある。しかし、バッチの着用率はかなり低い。 もっとも、1980年代には厳しい管理教育体制が敷かれており、生徒集会で教職員の意に沿わない決定(ゲームなどの娯楽器具の持ち込み自由)がなされたのに対し、生徒会から教職員の指導に沿った案(娯楽器具の一切の持ち込み禁止)が提出され「決めなおし」のための集会が開かれたこともある。 部活と行事が盛ん。6月は「運動会」10月は「合唱コンクール」や、1~3月は学年末のクラス対抗スポーツ大会、通称「クラスマッチ」がある。野球部、男女バスケ部、陸上部は強豪で、その中でも陸上部は区の連合陸上競技大会にて10連覇を成し遂げた。

creative commons(wikipedia:練馬区立石神井西中学校

練馬区立石神井東小学校

練馬区立石神井東小学校(ねりまくりつしゃくじいひがししょうがっこう)は、東京都練馬区にある区立小学校。平成19年4月時点の生徒数は12学級383名。他に情緒障害学級に25名が通級している。
1878年5月18日 谷田(こくでん)小学校開校
1902年 石神井東尋常小学校と改称
1947年 石神井東小学校と改称
1958年 校歌制定、作詞、西條八十、作曲、佐々木すぐる
PC室、家庭科室、図書室、音楽室、図工室などがあり、北校舎、南校舎に分かれている。現在の校舎の色は、南校舎はピンク色、北校舎は黄緑色。それぞれ、桜の花の色、桜の若葉の色である。
東京都練馬区南田中3-9-1
西武池袋線練馬高野台駅から徒歩5分
東京都小学校一覧
東京都の公立小学校
練馬区 しやくしいひかししようかつこう

creative commons(wikipedia:練馬区立石神井東小学校

練馬区立開進第二中学校

練馬区立開進第二中学校(ねりまくりりつかいしんだいにちゅうがっこう)は東京都練馬区にある中学校。略称は開二中(かいにちゅう)。 生徒は主に向山小、開進第二小、南町小の出身者であるが、平成16年度より練馬区内で始まった学校選択制により、区内の遠方から通学している生徒が多数いる。 施設 校庭は区内有数の面積で野球部、サッカー部、陸上部が同時に活動しても支障がきたさない。 野球部などは都大会の出場となることもある。また、テニスコートは無い。 校舎は鉄筋コンクリート四階建てで、他に体育館、松山館(セミナーハウス)がある。体育館の横には25mプールがある。校舎内に難聴学級もある。 建設秘話 開進第二中学校が建設されるまで、ここは松山台という台地(松山のように海岸沿いだったと思われる)だった。その名の通り、松林だったのだが、校舎建設の際伐採された。しかし今も、伐採されたうちの何株かを校舎横に植えてある。また、同じく校舎建設の際の地盤測定の際、縄文時代のものと思われる貝や土器が多数発掘された。

creative commons(wikipedia:練馬区立開進第二中学校

練馬区バス交通実験

みどりバスは東京都練馬区のコミュニティバス。
これまで成立経緯からの3種類の名称で運行されていたものを2009年7月16日にこの名称に統一した。
当初の成立経緯から、練馬区内のコミュニティバスは区内の行政機関の連絡用の練馬区シャトルバス、交通空白地域の循環バスとして設定された練馬区バス交通実験、福祉施設送迎用バスを出自とし区内病院へのアクセスを主眼とした練馬区福祉コミュニティバスの3種類の名称で運行されていた。この3種類の名称・サービスの統一に際し、「みどりバス」の愛称が制定された。
このうち、練馬区福祉コミュニティバスについては2005年7月に試行運行開始後、2007年3月まで東京福祉バスが練馬区から運行の委託を受け、道路運送法21条の2で運行を行なっていたものを、前年2006年の道路運送法改正を受けて、同年4月からは道路運送法4条の一般乗合旅客自動車運送事業者による運行に変更したものである。

creative commons(wikipedia:練馬区バス交通実験

練馬区立開進第四小学校

練馬区立開進第四小学校(ねりまくりつかいしんだいよんしょうがっこう)は、練馬区羽沢にある公立小学校。 戦後、近くの開進第三小学校の児童数が増加し、対応しきれなくなったため新たに設立された。 略称は開四小(かいよんしょう)、開四(かいよん)。 児童数 556名(平成23年9月5日現在) 学級数 18(平成23年度) 校長 中村 隆 所在地 東京都練馬区羽沢2丁目33番地1号 沿革 1952年(昭和27年)12月15日 開進第三小学校の分校として敷地が決定。練馬区南町1丁目3291番地(当時の町名。所在地は現在地と同じ)。 1953年(昭和28年)6月15日 分校落成式および落成祝賀会を行う。 1955年(昭和30年) 3月2日 開進第三小学校の分校から独立することとなり、新設校名は練馬区立開進第四小学校に決まる。 4月1日 開進第四小学校として開校。初代校長 白井盛就任。児童数 男489名、女298名、計887名。 4月6日 開校式を行う。 5月5日 校章制定。 11月3日 体育館兼講堂完成。

creative commons(wikipedia:練馬区立開進第四小学校

練馬区立開進第一小学校

練馬区立開進第一小学校(ねりまくりつかいしんだいいちしょうがっこう)とは、東京都練馬区にある小学校。練馬区内では、生徒数が最多の小学校である。区内で三番目に大きいクスノキがある。略称は開一小(かいいちしょう)、開一(かいいち)。 沿革 1882年(明治15年) 開校 1947年(昭和22年) 練馬区立開進第一小学校となる 所在地 東京都練馬区早宮2-1-31 最寄り駅:東京メトロ有楽町線・副都心線 平和台駅 関連項目 練馬区立開進第一中学校 練馬区立開進第二小学校 練馬区立開進第三小学校 練馬区立開進第四小学校 東京都小学校一覧 外部リンク 練馬区立開進第一小学校。

creative commons(wikipedia:練馬区立開進第一小学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引