【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

東京都大島町【地方公共団体・地方自治体】

大島町 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、東京都大島町の紹介です。

東京都大島町のホームページ

大島町 概要・地域の情報やトピック

大島町

大島町(おおしままち)は、伊豆諸島の北端にある東京都の町である。伊豆大島全域を町域とし、三原山、椿、あんこさんで知られる。気候は温暖であり、 年間平均気温は摂氏15.8度。所属する郡はなく「東京都大島町」が正式な表記である。 地理 東京都心から南に約120km。伊豆諸島最大の島。 山:三原山 年表 1908年(明治41年)4月1日 - 大島島庁の伊豆大島に島嶼町村制施行。岡田村、元村、泉津村、野増村、差木地村、波浮港村が発足。 1926年(大正15年) - 大島島庁から大島支庁になる。 1955年(昭和30年)4月1日 - 岡田村、元村、泉津村、野増村、差木地村、波浮港村が合併し大島町が発足。 1965年(昭和40年)1月11日-1月12日 - 大島大火。日本の火災史上に残る大火事となり、この年の10大ニュースのひとつとなった。しかし、区画整理とともに元町は復興を遂げた。 1986年(昭和61年)11月21日 - 三原山が大噴火。全島民一斉避難。 2013年(平成25年)10月16日 - 台風26号の大雨による土砂崩れにより、元町地区を中心に甚大な被害を受ける。

creative commons(wikipedia:大島町

大島町 (東京都)

自治体名=大島町
区分=町
都道府県=東京都
支庁=大島支庁 (東京都) 大島支庁
郡=なし
コード=13361-2
面積=91.06
境界未定=なし
人口=9,058
人口の時点=2006年2月末
世帯数=4,050
世帯数の時点=2006年1月1日
隣接自治体=なし
シンボル名=他のシンボル
鳥など=

creative commons(wikipedia:大島町 (東京都)

大島町 (長崎県)

『西海市』より : 大島町(おおしまちょう)は、かつて長崎県西彼杵郡にあった町である。 2005年(平成17年)4月1日、大瀬戸町、西彼町、西海町、崎戸町の5町と新設合併し、西海市となった。 地理 長崎県の西彼杵半島北西沖にある大島およびその東側にある寺島などを主な行政区域とした。大島と寺島の間は寺島大橋により結ばれる。また寺島と西彼杵半島の間には大島大橋が架かっており(1999年開通)、大島と西側の蛎浦島(旧崎戸町)の間には中戸橋が架かっている。 1889年4月1日 - 町村制施行により黒瀬村が発足。 1949年4月1日 - 町制施行し黒瀬町となる。 1949年7月1日 - 大島町に改称。 1973年2月7日 - 町内に大島造船所発足 2005年4月1日 - 西海市発足により消滅。 地域 教育 = 高等学校 = 長崎県立大崎高等学校 = 小・中学校 = 大島町立大島中学校 大島町立大島西小学校 大島町立大島東小学校 交通 道路 長崎県道15号崎戸大島線 産業 もともとは炭鉱の町であった。

creative commons(wikipedia:大島町 (長崎県)

大島町 (富山県)

大島町(おおしままち)は、富山県中部の西寄りに位置し射水郡に属していた町。2005年に射水郡内の全町村と新湊市の合併により射水市となり、消滅した。 一時期「ヘチマの街」としていたことがあったが、近年では「絵本の街」として街起こしを図っていた。近年は、富山市・高岡市のベッドタウンとして宅地開発が活発である。 地理 西側は庄川を挟んで高岡市に接し、南は大門町、東は小杉町、北は新湊市に接している。富山平野のうちの射水平野の中央部に位置し、町域は平坦で高低差はほとんどない。 1889年の町村制の施行により、現在の町域内の各聚落が合併して大島村となった。それ以降は、細かな境界線の変更があっただけで、射水市となるまで他の市町村との合併は行われていない。 合併時、中心聚落の名前「小島」を村名にしようとしたが、当時としては人口・面積ともに大きい部類であったことから、村勢の発展への願いも込めて「小」を「大」に変え「大島村」とした。

creative commons(wikipedia:大島町 (富山県)

大島町 (山口県)

大島町(おおしまちょう)は、山口県の周防大島にかつてあった町。大島郡に所属していた。面積は47.29平方キロメートル、人口は7,373人だった。 2004年10月1日に久賀町、橘町、東和町と合併し、周防大島町となり消滅した。 地理 山口県東部の周防大島の西部に位置している。本州とは大畠瀬戸を挟んで対峙しており、現在は1976年7月に開通した大島大橋により対岸の大畠町と連なっている。気候は概ね温暖で、急傾斜地が多く柑橘栽培の適地であり、良質のみかんが生産されている。 1952年(昭和27年)9月15日 - 小松町・屋代村が合併して大島町が発足。 1955年(昭和30年)1月15日 - 蒲野村・沖浦村と合併し、改めて大島町が発足。 1956年(昭和31年)4月5日 - 大字椋野が久賀町に編入。 1956年(昭和31年)4月10日 - 大字秋の一部が橘町に編入。 2004年(平成16年)10月1日 - 久賀町・橘町・東和町と合併して周防大島町が発足。同日大島町廃止。 地域 教育 大島商船高等専門学校 山口県立田布施農業高等学校大島分校 交通 道路 = 国道 = 国道437号 = 橋梁 = 大島大橋 バス 大島線 (中国ジェイアールバス) 船舶 1976年まで、国鉄大島連絡船が運行されていた。

creative commons(wikipedia:大島町 (山口県)

大島町 (曖昧さ回避)

大島町(おおしままち、おおじままち)
大島町 - 東京都大島支庁 (東京都) 大島支庁大島町(おおしままち)
大島町 (富山県) - 富山県射水郡大島町(おおしままち、現射水市)
大島町 (山口県) - 山口県大島郡 (山口県) 大島郡大島町(おおしまちょう、現周防大島町)
大島町 (長崎県) - 長崎県西彼杵郡大島町 (おおしまちょう、現西海市)
大島町 (東京府) - 東京府南葛飾郡大島町 (おおじままち、現江東区)
zh:大島町 (消歧義)

creative commons(wikipedia:大島町 (曖昧さ回避)

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引