【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

神奈川県横浜市【地方公共団体・地方自治体】

横浜市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、神奈川県横浜市の紹介です。

神奈川県横浜市のホームページ

横浜市 概要・地域の情報やトピック

横浜市

横浜市(よこはまし)は、関東地方南部、神奈川県の東部に位置する都市で、同県の県庁所在地。政令指定都市の一つであり、18区の行政区を持つ。現在の総人口は日本の市町村では最も多く、人口集中地区人口も東京23区(東京特別区)に次ぐ。神奈川県内の市町村では、面積が最も広い。市域の過半は旧武蔵国で、南西部は旧相模国。 幕末以降(詳しくは後述)から外国資本が積極的に当地に進出。そのため近代日本において有数の外資獲得力を誇った。関東大震災後は政府による積極的な振興政策により、京浜工業地帯の中核都市となった。 横浜市は東京都心から南南西に約30kmから40km圏内にある、東京湾に面した神奈川県で最大の都市である。横浜市政の中心地は関内地区(中区の関内駅周辺)で、横浜市域の中央駅は横浜駅(西区)、横浜市の経済活動の中心地は横浜駅周辺地域である。経済活動の中心地である横浜駅周辺地域は、横浜市政の中心地である関内地区から北北西に約3kmの所にあり、両地域間は事実上分断されており、横浜市政は両地区の中間に位置する横浜みなとみらい21地区(桜木町駅周辺)の開発を進めて、横浜都心の一体的発展を進めている。

creative commons(wikipedia:横浜市

横浜市営バス港南営業所

横浜市営バス港南営業所(よこはましえいバスこうなんえいぎょうしょ)は、神奈川県横浜市港南区日野南三丁目1-1に所在する横浜市交通局自動車本部の営業所。最寄駅は根岸線港南台駅、最寄バス停留所は港南車庫前である。横浜市営バス路線のうち主に港南区内の各路線と、磯子区・南区・中区内の一部路線の運行を担当している。横浜市営バスの営業所では、旭区に所在する若葉台営業所とともに横浜駅への乗り入れ路線が無い営業所となっている。 沿革 1956年7月1日:浅間町営業所の出張所として南区(当時)日野に開設。 1956年7月26日:日野車庫設置。 1961年5月16日:51系統(初代)、52系統(初代)、53系統(弘明寺 - 戸塚駅)運行開始。 1961年10月1日:磯子営業所開設により、磯子営業所日野出張所に改称。 1961年10月20日:52系統に横浜駅 - 平戸 - 保土ヶ谷駅を新設、53系統の弘明寺 - 横浜駅を延伸。 1963年6月30日:51系統(初代)廃止。 1963年12月:南区下永谷町(現・港南区芹が谷)に詰所を設置。

creative commons(wikipedia:横浜市営バス港南営業所

横浜市営バス保土ヶ谷営業所

横浜市営バス保土ケ谷営業所(よこはましえいバスほどがやえいぎょうしょ)は、神奈川県横浜市保土ケ谷区川辺町4-2に位置する、横浜市営バスの営業所の一つである。当営業所では高速道路走行が可能な貸切専用車を配置しているため、長距離の貸切は一部を除き当営業所にて行う。 担当エリアは保土ケ谷区・西区を中心に広範囲に亘っている。 沿革 1959年6月1日:西営業所として横浜駅東口付近に開業、浅間町営業所のバス部門が移転される。 1961年10月1日:横浜市電浅間町営業所敷地内に浅間町出張所を設置。 1965年7月11日:横浜駅周辺の再開発に伴い西営業所廃止。新営業所として保土ヶ谷営業所が保土ケ谷区川辺町に設置される。 1964年9月10日:62系統運行開始。 1965年12月10日:浅間町出張所を派出所に変更。 1969年7月1日:市電・トロリーバス廃止により浅間町派出所が再び営業所になる。 1972年4月20日:75系統新設。 1975年3月31日:45系統廃止。 1980年2月17日:若葉台派出所を設置。 1990年6月11日:若葉台派出所が営業所として独立。

creative commons(wikipedia:横浜市営バス保土ヶ谷営業所

横浜市営バス

横浜市営バス(よこはましえいバス)は、横浜市交通局自動車本部が運営する公営の路線バスである。 沿革 横浜市営バスのはじまり 横浜市営バスの設立の発端は1923年(大正12年)の関東大震災襲来であった。横浜市電気局(当時)は市電の壊滅的な被害からの復旧に追われ、震災により郊外へ移っていった市民の新たな交通需要に対応することができなかった。1927年(昭和2年)には市に隣接する2町7村が横浜市に編入され、ますます急拡大した市域の足を確保する必要があった。そこで、電気局は"市電の補助機関として"バスの運営に乗り出すこととなったのである。 1928年(昭和3年)4月18日に電気局からバス事業開始についての議案が市会に提出され、市会はこれを原案通り採決した。昭和天皇の即位大礼式が行われるのにあやかり、市営バスは1928年(昭和3年)11月10日、右記の7路線で運行を開始した。 路線の総延長は30.2km、料金は1区間7銭、運転手・車掌合わせて140人、クリーム色に青帯塗装の14人乗りフォードA型バス30台体制にて運行を開始し、一日の利用数は約1万人弱であった。

creative commons(wikipedia:横浜市営バス

横浜市安全管理局

消防本部名 横浜市安全管理局
設置日 1948年3月
管轄区域 横浜市内18区
管轄面積 437.38km²
職員定数 3,365人
消防署数 18
分署数
出張所数 80
分遣所数
所在地 横浜市保土ケ谷区川辺町2-9
横浜市安全管理局(よこはましあんぜんかんりきょく、旧称:横浜市消防局)は、神奈川県横浜市の消防部局(消防本部)。
1948年3月 神奈川県警消防部から分離、自治体消防として横浜市消防局が発足する。
消防局(5課1室)
*総務課・秘書室・予防課・消防課・教養監察課・整備課
消防署(8署)
*鶴見・神奈川・西・中・南・保土ヶ谷・磯子・戸塚
出張所(21ヶ所)
*末吉・矢向・入船・大黒町・東寺尾・安善・子安・綱島・松本・川和・長津田・浅間町・紅葉ヶ丘・伊勢佐木・帷子・大岡・井土ヶ谷・禅馬・谷津・六浦・柏尾

creative commons(wikipedia:横浜市安全管理局

横浜市立大学

横浜市立大学(よこはましりつだいがく、英語: Yokohama City University)は、神奈川県横浜市金沢区瀬戸22番2号に本部を置く日本の公立大学である。1949年に設置された。大学の略称は市大(しだい)・浜大(はまだい) 。 大学全体 横浜市立大学は、横浜市立横浜商業学校(Y校)専修科を母体として、1928(昭和3)年に横浜市立横浜商業専門学校(Y専)として創設された。その後、横浜市立横浜商業専門学校(Y専)、私塾鎌倉アカデミア、横浜医科大学を母体として、1949年の学制改革に伴い新制大学として誕生した。 現在の校名は、学制改革による大学昇格時に決定した名称である。官立の新制大学(前身は旧制横浜経済専門学校・旧制横浜工業専門学校・神奈川師範学校・神奈川青年師範学校)、横浜市立の新制大学(前身は旧制横浜市立経済専門学校)、旧制横浜専門学校の3校がともに「横浜大学」を名称として申請したため、協議を行うこととなった。

creative commons(wikipedia:横浜市立大学

横浜市営バス港北ニュータウン営業所

横浜市営バス港北ニュータウン営業所(よこはましえいバスこうほくニュータウンえいぎょうしょ)は、横浜市都筑区大丸23-21に所在し、港北ニュータウン地域を中心に路線を展開していた横浜市営バスの営業所。 営業所用地は東急バス東山田営業所が現在使用している用地とともに港北ニュータウンの基本計画書である「港北ニュータウン基本計画」に記載が見える。また、日本住宅公団の港北ニュータウン計画土地利用計画にも「バ」という記載とともに営業所用地がはじめから計画されていたことを示す記載がある。 同所は港北ニュータウンの西端部にあり、多摩田園都市計画と隣接していたことから地権者の調整(当時港北ニュータウン計画は失敗すると見られていたため、地権者が多摩田園都市計画による開発を望んでいたことが原因とミニコミ紙が報じている)に手間取り、周辺地域の区画整理が遅延したことから営業所の開設は当初予定されていた1985年から大きく遅れ、1991年に開設された。

creative commons(wikipedia:横浜市営バス港北ニュータウン営業所

横浜市営地下鉄1号線

『横浜市営地下鉄ブルーライン』より : ブルーライン(正式名称:横浜市高速鉄道1号線・3号線〈よこはましこうそくてつどう1ごうせん・3ごうせん〉)は、神奈川県藤沢市の湘南台駅から横浜市青葉区のあざみ野駅までを結ぶ横浜市営地下鉄の鉄道路線である。 路線の正式名称は途中の関内駅を境に分かれており、湘南台駅 - 関内駅間が1号線、関内駅 - あざみ野駅間が3号線であるが、関内駅を始発・終着とする列車は運行されておらず、同駅を通る列車はすべて1号線と3号線を直通している。正式な起点は1号線・3号線とも関内駅であるが、運行系統上、起点は湘南台駅になる。横浜国際港都建設法及び都市計画法等に基づく都市高速鉄道としての名称は、「横浜国際港都建設計画都市高速鉄道第1号市営地下鉄1号線」、「藤沢都市計画都市高速鉄道1号線」及び「横浜国際港都建設計画都市高速鉄道第2号市営地下鉄3号線」である。 4号線(グリーンライン)の開業により、交通局の地下鉄路線が1つでなくなったため、同線が開業した2008年3月30日より、公募で決定した路線愛称ブルーラインの使用を正式に開始した。

creative commons(wikipedia:横浜市営地下鉄1号線

横浜市営地下鉄3号線

『横浜市営地下鉄ブルーライン』より : ブルーライン(正式名称:横浜市高速鉄道1号線・3号線〈よこはましこうそくてつどう1ごうせん・3ごうせん〉)は、神奈川県藤沢市の湘南台駅から横浜市青葉区のあざみ野駅までを結ぶ横浜市営地下鉄の鉄道路線である。 路線の正式名称は途中の関内駅を境に分かれており、湘南台駅 - 関内駅間が1号線、関内駅 - あざみ野駅間が3号線であるが、関内駅を始発・終着とする列車は運行されておらず、同駅を通る列車はすべて1号線と3号線を直通している。正式な起点は1号線・3号線とも関内駅であるが、運行系統上、起点は湘南台駅になる。横浜国際港都建設法及び都市計画法等に基づく都市高速鉄道としての名称は、「横浜国際港都建設計画都市高速鉄道第1号市営地下鉄1号線」、「藤沢都市計画都市高速鉄道1号線」及び「横浜国際港都建設計画都市高速鉄道第2号市営地下鉄3号線」である。 4号線(グリーンライン)の開業により、交通局の地下鉄路線が1つでなくなったため、同線が開業した2008年3月30日より、公募で決定した路線愛称ブルーラインの使用を正式に開始した。

creative commons(wikipedia:横浜市営地下鉄3号線

横浜市営地下鉄ブルーライン

ブルーライン(正式名称:横浜市高速鉄道1号線・3号線〈よこはましこうそくてつどう1ごうせん・3ごうせん〉)は、神奈川県藤沢市の湘南台駅から横浜市青葉区のあざみ野駅までを結ぶ横浜市営地下鉄の鉄道路線である。 路線の正式名称は途中の関内駅を境に分かれており、湘南台駅 - 関内駅間が1号線、関内駅 - あざみ野駅間が3号線であるが、関内駅を始発・終着とする列車は運行されておらず、同駅を通る列車はすべて1号線と3号線を直通している。正式な起点は1号線・3号線とも関内駅であるが、運行系統上、起点は湘南台駅になる。横浜国際港都建設法及び都市計画法等に基づく都市高速鉄道としての名称は、「横浜国際港都建設計画都市高速鉄道第1号市営地下鉄1号線」、「藤沢都市計画都市高速鉄道1号線」及び「横浜国際港都建設計画都市高速鉄道第2号市営地下鉄3号線」である。 4号線(グリーンライン)の開業により、交通局の地下鉄路線が1つでなくなったため、同線が開業した2008年3月30日より、公募で決定した路線愛称ブルーラインの使用を正式に開始した。

creative commons(wikipedia:横浜市営地下鉄ブルーライン

横浜市営地下鉄線

『横浜市営地下鉄ブルーライン』より : 横浜市営地下鉄(よこはましえいちかてつ)は、横浜市交通局が運営する地下鉄である。横浜市の条例では、地下鉄事業は横浜市高速鉄道とされている。 営業路線は53.4kmで、2路線40駅。事業区域は横浜市及び横浜市周辺の区域内とされ、駅は横浜市内11区のほか藤沢市(湘南台駅)にも置かれている。 路線 営業路線 横浜市営地下鉄の営業路線は、1号線、3号線および4号線である。このうち1号線と3号線の、湘南台駅(藤沢市湘南台) - あざみ野駅(横浜市青葉区あざみ野)間は一体的に運行しており、ブルーラインという愛称で呼ばれる。また、4号線の日吉駅(港北区日吉) - 中山駅(緑区中山町)間は、グリーンラインという愛称で呼ばれる。ブルーラインおよびグリーンラインの愛称は、グリーンラインが開業した2008年(平成20年)3月30日から、正式に使用されている。 = ブルーライン = ブルーライン(1号線および3号線)は、湘南台駅 - あざみ野駅間、40.4kmの一体の路線として運行されている。

creative commons(wikipedia:横浜市営地下鉄線

横浜市営バス滝頭営業所

横浜市営バス滝頭営業所(よこはましえいバスたきがしらえいぎょうしょ)は、横浜市磯子区滝頭三丁目に所在する横浜市交通局自動車本部の路線バス営業所である。国道16号線沿いに位置し、最寄駅は根岸駅、最寄バス停留所は滝頭および市電保存館である。横浜市営バス路線のうち市電の代替系統を中心に中区・南区・磯子区などを運行する路線を担当している。遠州鉄道の運行する高速バス「横浜イーライナー」の横浜側の待機場所となっている。 沿革 1972年4月1日: 市電廃止により磯子営業所の出張所として開設。 横浜市電の項もあわせて参照のこと。 1973年5月12日: 営業所に昇格 1973年8月25日: 敷地内に横浜市電保存館が開館 1983年8月13日: 市営住宅竣工。市電保存館を同住宅一階に移設 1996年: 定期遊覧バス「ベイサイドライン」を保土ヶ谷営業所へ移管 1996年3月21日: 10・93系統のツーマン運行を廃止し小型バスによる運行に切換。

creative commons(wikipedia:横浜市営バス滝頭営業所

横浜市営バス78系統

『横浜市営バス滝頭営業所』より : 横浜市営バス滝頭営業所(よこはましえいバスたきがしらえいぎょうしょ)は、横浜市磯子区滝頭三丁目に所在する横浜市交通局自動車本部の路線バス営業所である。国道16号線沿いに位置し、最寄駅は根岸駅、最寄バス停留所は滝頭および市電保存館である。横浜市営バス路線のうち市電の代替系統を中心に中区・南区・磯子区などを運行する路線を担当している。遠州鉄道の運行する高速バス「横浜イーライナー」の横浜側の待機場所となっている。 沿革 1972年4月1日: 市電廃止により磯子営業所の出張所として開設。 横浜市電の項もあわせて参照のこと。 1973年5月12日: 営業所に昇格 1973年8月25日: 敷地内に横浜市電保存館が開館 1983年8月13日: 市営住宅竣工。市電保存館を同住宅一階に移設 1996年: 定期遊覧バス「ベイサイドライン」を保土ヶ谷営業所へ移管 1996年3月21日: 10・93系統のツーマン運行を廃止し小型バスによる運行に切換。

creative commons(wikipedia:横浜市営バス78系統

横浜市営バス浅間町営業所

横浜市営バス浅間町営業所(よこはましえいバスせんげんちょうえいぎょうしょ)は、横浜市西区浅間町4-340-1にある横浜市営バスの営業所の一つ。最寄駅は相鉄線西横浜駅・平沼橋駅、最寄バス停は浅間町車庫前、主な管轄エリアは西区・神奈川区・中区である。 営業所敷地内に東京ガス横浜浅間町天然ガススタンドが置かれており、CNG車が多数配置されている。また、横浜市西スポーツセンターが隣接しており、事務所はスポーツセンターの建物の一部を使用している。 沿革 1928年:開設。横浜市営バス発祥の営業所であり、(初代)鶴見営業所開設までは市営バス路線を一手に引き受けていた。 一時期、市電およびトロリーバスの車庫も置かれ、その際にバス部門が一部、西営業所(のちに移転、保土ヶ谷営業所となる)へ移転していた。 2005年2月28日:みなとみらい線開業による路線再編成により、20系統を本牧営業所へ移管し経路変更を実施。 2006年3月27日:66系統廃止。 2007年3月18日:横浜市営バスの営業所では最も早くPASMOを導入する。

creative commons(wikipedia:横浜市営バス浅間町営業所

横浜市営バス本牧営業所

横浜市営バス本牧営業所(よこはましえいバスほんもくえいぎょうしょ)とは、横浜市中区本牧に位置する横浜市営バスの営業所の一つである。 沿革 1969年6月23日:横浜市営バス磯子営業所の出張所として詰所を昇格。 1970年6月30日:105・106系統を新設。 1971年3月21日:103系統を新設。 1973年5月12日:営業所に昇格。 1990年2月15日:125系統を新設。 1990年7月21日:140系統を新設。 1991年7月29日:141系統を新設。 1994年10月17日:134系統を新設。 1999年9月10日:140系統を廃止。 2001年4月28日:162系統(みなとみらい100円バス横浜駅ルート)運行開始。141系統が休日運休となる。 2002年2月1日:141系統(ポートサイド - 横浜駅)を廃止、桜木町駅 - パシフィコ横浜を142系統に変更。 2002年3月18日:134系統の経路変更実施により「見晴交番」停留所新設。 2002年5月13日:105系統の間門発着便を間門経由本牧車庫前発着に変更。

creative commons(wikipedia:横浜市営バス本牧営業所

横浜市営バス若葉台営業所

横浜市営バス若葉台営業所(よこはましえいバスわかばだいえいぎょうしょ)は、神奈川県横浜市旭区若葉台二丁目に所在する横浜市交通局自動車部の路線バス営業所である。横浜若葉台団地内に旭区若葉台・緑区霧が丘の区境を跨ぐ形で2つの車庫を有しており、事務棟が設置されている車庫は旭区若葉台となっている。最寄バス停留所は若葉台車庫前である。横浜市営バスの路線のうち若葉台団地と鉄道線を結ぶ各路線と、青葉区・都筑区内の一部の路線運行を担当している。 沿革 1980年2月17日:保土ケ谷営業所の派出所として開設。 1982年10月16日:118系統の青葉台駅 - 奈良北団地線運行開始。 1983年5月30日:116系統運行開始。 1987年6月1日:350系統運行開始。 1989年12月18日:360系統運行開始。 1990年6月11日:営業所に昇格。保土ケ谷営業所から独立。 1990年12月3日:123系統運行開始。 1991年2月1日:120系統の奈良町 - 奈良北団地折返場間を延伸。 1991年6月18日:150系統運行開始。

creative commons(wikipedia:横浜市営バス若葉台営業所

横浜市営バス鶴見営業所

横浜市営バス鶴見営業所(よこはましえいバスつるみえいぎょうしょ)は、神奈川県横浜市鶴見区生麦1-3-1に所在する横浜市交通局自動車部の路線バス営業所である。第一京浜国道15号線沿いに位置し、最寄駅は京急線生麦駅、最寄バス停留所は生麦である。敷地内には市営生麦住宅が併存しており、営業所事務室や車庫スペースは当建築物の1・2階部分に収まる構造となっている。横浜市営バス路線網のうち主に鶴見駅を発着する路線の運行を担当している。 沿革 鶴見区内の市営バスの始まり 横浜市街からの交通機関であった横浜市電は生麦を終点としており、国策によって大規模な発展を遂げていた京浜工業地帯の一部であった鶴見区沿岸部とそれに伴い発展していた住宅地・商業地の交通機関はバスが担うこととなった。1931年には下末吉 - 池ノ下 - 鶴見駅西口 - 滝坂 - 生麦線、1932年には生麦 - 鶴見駅 - 市場 - 堀ノ内 - 東潮田 - 汐田小学校 - 栄町三丁目循環(潮田循環線)が開設されている。

creative commons(wikipedia:横浜市営バス鶴見営業所

横浜市営バス野庭営業所

横浜市営バス野庭営業所(よこはましえいバスのばえいぎょうしょ)とは、かつて神奈川県横浜市港南区野庭町637-2にあった横浜市営バスの営業所である。 2003年に港北ニュータウン営業所と共に2007年までに廃止されることが横浜市交通局より発表されたが、2006年1月に予定より1年早い同年3月31日に廃止されることが再度発表された。その後3月26日をもって営業を終了し、4月1日付で廃止された。車庫跡は一部がバス折返場となり、同所にあった停留所名も「野庭車庫前」から「野庭中央公園」に改称された。 2007年1月24日に、跡地を利用して食品スーパー「FRESH DELI tamaya」とドラッグストア「サンドラッグ」をテナントとする複合施設が2008年春に開かれることが発表され、2008年10月7日に開業した。また、はとバスの横浜野庭営業所が2007年3月に開設された。 沿革 1974年12月23日 港南営業所の派出所として開設。それまで派出所だった芹ヶ谷派出所は詰所に格下げ。 1980年10月1日 203系統、204系統、205系統運行開始。

creative commons(wikipedia:横浜市営バス野庭営業所

横浜市営バス磯子営業所

横浜市営バス磯子営業所(よこはましえいバスいそごえいぎょうしょ)は、神奈川県横浜市磯子区森3-1-19に設置されている横浜市交通局自動車本部(横浜市営バス)の路線バス営業所である。 磯子産業道路に面しており、最寄駅は京急本線屏風浦駅、最寄バス停留所は磯子車庫前・磯子車庫である。敷地内には市営住宅が併存しており、営業所事務室や車庫スペースは当建築物の下層部に収まる構造となっている。また、同営業所内には横浜交通開発磯子営業所も置かれており、61系統・117系統は2007年12月9日より、その他の路線は2008年2月9日より、同社によって運行されている。(61・117系統以外は、交通局からの委託の形をとっている。)横浜市営バス路線網のうち主に磯子駅・新杉田駅を発着する路線の運行を担当している。 1955年(昭和30年)6月15日: 浅間町営業所派出所として、当時は市電の車庫だった滝頭営業所敷地内に設置。 1956年(昭和31年)7月1日 出張所に変更。 1961年(昭和36年)10月1日 営業所に昇格。浅間町営業所の出張所だった日野出張所が磯子営業所の管下に入る。

creative commons(wikipedia:横浜市営バス磯子営業所

横浜市中区

『中区 (横浜市)』より : 自治体名=中区
都道府県=神奈川県
支庁=
市=横浜市
コード=14104-6
面積=20.62
境界未定=なし
人口=141,137
人口の時点=2006年7月1日
隣接自治体・行政区=横浜市:西区 (横浜市) 西区、南区 (横浜市) 南区、磯子区
花=チューリップ
シンボル名=他のシンボル
鳥など=
郵便番号=231-0021
所在地=中区日本大通35

creative commons(wikipedia:横浜市中区

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引