【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

新潟県【地方公共団体・地方自治体】

新潟県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、新潟県の紹介です。

新潟県のホームページ

新潟県 概要・地域の情報やトピック

新潟県

新潟県(にいがたけん)は、日本の県の一つ。中部地方の日本海側、北陸地方に位置する。県庁所在地は新潟市。 北陸地方の東部に位置している。県名は県庁所在地の新潟市に由来する。古代には越国の領土であり、五畿七道の北陸道のうち東半分を占め、令制国(旧国)では越後国と佐渡国の全域に相当する。この旧国名から越佐(えっさ)と表現することもある。 県章は「新」の字を崩した物を中央上に置いて、その周りを「ガタ」を丸く図案化したもので囲んだものである。また、県章とは別にシンボルマークも制定されている(参考) 面積は広く、日本海に沿って北と西に折れ曲がっており、長い海岸線をもつ。山や峠が多く立ち並ぶ。地理的要素の違いから、上越地方、中越地方、下越地方、佐渡地方の4地域に大きく分けられている。 新潟の「潟」の字の表記について 江戸時代から、地元を中心に「新(さんずい+写)」という略字(方言字)が使われていた。1981年(昭和56年)に「潟」の字が常用漢字に採用されるまでは、道路標識などでもこの略字が使用されていた。

creative commons(wikipedia:新潟県

新潟県の廃止市町村一覧

新潟県の廃止市町村一覧(にいがたけんのはいししちょうそんいちらん) は、新潟県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(豊栄町→豊栄市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(潟町村→大潟町)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。(例:新井市→妙高市)
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース
編入合併した場合の、存続市町村は廃止に当たらないので一覧に含まれない。

creative commons(wikipedia:新潟県の廃止市町村一覧

新潟県中越地震

新潟県中越地震(にいがたけんちゅうえつじしん)は、2004年(平成16年)10月23日17時56分に、新潟県中越地方を震源として発生したM6.8、震源の深さ13kmの直下型の地震である。1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)以来、観測史上2回目の最大震度7を観測した。 新潟県北魚沼郡川口町(現長岡市)の直下を震源として発生した逆断層型の内陸地殻内地震。震源直上の川口町で最大震度7を観測した。震度7を観測したのは、1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)以来9年ぶり、観測史上2回目。なお、兵庫県南部地震では気象庁などの調査によって震度が判定されたため、震度計で震度7が観測されたのは初めてである。また、M6を越える規模の大きな余震が複数回発生するなど、群発地震活動を呈して頻繁に起きたことも特徴のひとつである。 気象庁はこの地震を平成16年(2004年)新潟県中越地震(英: Mid Niigata Prefecture Earthquake in 2004)と命名した。

creative commons(wikipedia:新潟県中越地震

新潟県中越大震災

『新潟県中越地震』より : 新潟県中越地震(にいがたけんちゅうえつじしん)は、2004年(平成16年)10月23日17時56分に、新潟県中越地方を震源として発生したM6.8、震源の深さ13kmの直下型の地震である。1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)以来、観測史上2回目の最大震度7を観測した。 新潟県北魚沼郡川口町(現長岡市)の直下を震源として発生した逆断層型の内陸地殻内地震。震源直上の川口町で最大震度7を観測した。震度7を観測したのは、1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)以来9年ぶり、観測史上2回目。なお、兵庫県南部地震では気象庁などの調査によって震度が判定されたため、震度計で震度7が観測されたのは初めてである。また、M6を越える規模の大きな余震が複数回発生するなど、群発地震活動を呈して頻繁に起きたことも特徴のひとつである。 気象庁はこの地震を平成16年(2004年)新潟県中越地震(英: Mid Niigata Prefecture Earthquake in 2004)と命名した。

creative commons(wikipedia:新潟県中越大震災

新潟県中越地方地震

『新潟県中越地震』より : 新潟県中越地震(にいがたけんちゅうえつじしん)は、2004年(平成16年)10月23日17時56分に、新潟県中越地方を震源として発生したM6.8、震源の深さ13kmの直下型の地震である。1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)以来、観測史上2回目の最大震度7を観測した。 新潟県北魚沼郡川口町(現長岡市)の直下を震源として発生した逆断層型の内陸地殻内地震。震源直上の川口町で最大震度7を観測した。震度7を観測したのは、1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)以来9年ぶり、観測史上2回目。なお、兵庫県南部地震では気象庁などの調査によって震度が判定されたため、震度計で震度7が観測されたのは初めてである。また、M6を越える規模の大きな余震が複数回発生するなど、群発地震活動を呈して頻繁に起きたことも特徴のひとつである。 気象庁はこの地震を平成16年(2004年)新潟県中越地震(英: Mid Niigata Prefecture Earthquake in 2004)と命名した。

creative commons(wikipedia:新潟県中越地方地震

新潟県の県道一覧

新潟県の県道一覧(にいがたけんのけんどういちらん)は、新潟県を通る県道の一覧である。 2007年4月1日に新潟市が政令指定都市へ移行したのに伴い、同市内の県道と国道(指定区間である国道7号、国道8号、国道49号、国道116号及び前記4路線を重複区間とする国道を除く)の管理は、新潟県から新潟市に移管している。 主要地方道 県道番号のうち1 - 100号は、主要地方道に付与されている。 1 - 50号 1 新潟県道1号新潟小須戸三条線 2 新潟県道2号新潟寺泊線(旧北陸街道) 3 新潟県道3号新潟新発田村上線(旧国道7号) 4 新潟県道4号新潟港横越線 5 新潟県道5号新潟新津線(旧国道49号及び旧国道403号) 6 新潟県道6号山北朝日線 7 新潟県道7号新津村松線 8 新潟県道8号長岡見附三条線 9 新潟県道9号長岡栃尾巻線 10 新潟県道10号長岡片貝小千谷線 11 新潟県道11号柏崎小国線 12 新潟県道12号松代高柳線 13 新潟県道13号上越安塚柏崎線 14 新潟県道14号新発田津川線(旧会津街道) 15 新潟県道15号新潟長浦水原線 16 新潟県道16号新潟亀田内野線 17 新潟県道17号新潟村松三川線 18 新潟県道18号燕地蔵堂線 19 新潟県道19号見附栃尾線 20 新潟県道20号見附中之島線 21 新潟県道21号新発田紫雲寺線 22 新潟県道22号長岡寺泊線 23 新潟県道23号柏崎高浜堀之内線 24 新潟県道24号栃尾山古志線 25 新潟県道25号柿崎小国線 26 新潟県道26号新発田豊栄線 27 新潟県道27号新潟安田線 28 新潟県道28号塩沢大和線 29 新潟県道29号吉田弥彦線 30 新潟県道30号新井柿崎線 31 新潟県道31号相川佐和田線 32 新潟県道32号新発田停車場線 33 新潟県道33号新潟停車場線 34 新潟県道34号新津停車場線 35 新潟県道35号三条停車場線 36 新潟県道36号長岡停車場線 37 新潟県道37号柏崎停車場線 38 新潟県道38号高田停車場線 39 新潟県道39号妙高高原公園線 40 新潟県道40号両津港線 41 新潟県道41号白根安田線 42 新潟県道42号新潟黒埼インター線 43 新潟県道43号上越安塚浦川原線 44 新潟県道44号新潟燕線 45 新潟県道45号佐渡一周線(日本最長の主要地方道) 46 新潟県道46号新潟中央環状線(2012年9月11日、新潟大外環状線から路線名変更) 47 新潟県道47号小出停車場線 48 新潟県道48号長岡西山線 49 新潟県道49号小千谷十日町津南線 50 新潟県道50号小出奥只見線(通称「奥只見シルバーライン」) 51 - 97号 51 新潟県道51号新潟黒埼インター笹口線 52 新潟県道52号山北関川線(山形県道と共通) 53 新潟県道53号胎内二王子公園羽黒線 54 新潟県道54号中条紫雲寺線 55 新潟県道55号新潟五泉間瀬線 56 新潟県道56号小千谷大沢線 57 新潟県道57号栃尾守門線 58 新潟県道58号小千谷大和線 59 新潟県道59号大和焼野線 60 新潟県道60号住吉上館線 61 新潟県道61号柿崎牧線 62 (欠番) 63 新潟県道63号上越新井線 64 (欠番) 65 新潟県道65号両津真野赤泊線 66 新潟県道66号白根西川巻線 67 新潟県道67号村松田上線 68 新潟県道68号燕分水線 69 新潟県道69号長岡和島線 70 新潟県道70号小出守門線 71 新潟県道71号小千谷川口大和線 72 新潟県道72号柏崎越路線 73 新潟県道73号鯨波宮川線 74 新潟県道74号十日町六日町線 75 新潟県道75号十日町川西線 76 新潟県道76号十日町当間塩沢線 77 新潟県道77号上越頸城大潟線 78 新潟県道78号大潟高柳線 79 (欠番) 80 新潟県道80号松代天水島線 81 新潟県道81号佐渡縦貫線 82 新潟県道82号十日町塩沢線 83 新潟県道83号川口塩殿線 84 新潟県道84号堀之内インター線 85 新潟県道85号上越高田インター線 86 新潟県道86号長岡インター線 87 新潟県道87号名立谷浜インター線 88 新潟県道88号能生インター線 89 新潟県道89号津川インター線 90 - 94(欠番) 95 新潟県道95号上越飯山線(長野県道と共通) 96 新潟県道96号飯山妙高高原線(長野県道と共通) 97 新潟県道97号飯山斑尾新井線(長野県道と共通) 都道府県道(一般県道) 県道番号のうち101番以降は、都道府県道(いわゆる一般県道)に付与されている。

creative commons(wikipedia:新潟県の県道一覧

新潟県道の一覧

『新潟県の県道一覧』より : 新潟県の県道一覧(にいがたけんのけんどういちらん)は、新潟県を通る県道の一覧である。 2007年4月1日に新潟市が政令指定都市へ移行したのに伴い、同市内の県道と国道(指定区間である国道7号、国道8号、国道49号、国道116号及び前記4路線を重複区間とする国道を除く)の管理は、新潟県から新潟市に移管している。 主要地方道 県道番号のうち1 - 100号は、主要地方道に付与されている。 1 - 50号 1 新潟県道1号新潟小須戸三条線 2 新潟県道2号新潟寺泊線(旧北陸街道) 3 新潟県道3号新潟新発田村上線(旧国道7号) 4 新潟県道4号新潟港横越線 5 新潟県道5号新潟新津線(旧国道49号及び旧国道403号) 6 新潟県道6号山北朝日線 7 新潟県道7号新津村松線 8 新潟県道8号長岡見附三条線 9 新潟県道9号長岡栃尾巻線 10 新潟県道10号長岡片貝小千谷線 11 新潟県道11号柏崎小国線 12 新潟県道12号松代高柳線 13 新潟県道13号上越安塚柏崎線 14 新潟県道14号新発田津川線(旧会津街道) 15 新潟県道15号新潟長浦水原線 16 新潟県道16号新潟亀田内野線 17 新潟県道17号新潟村松三川線 18 新潟県道18号燕地蔵堂線 19 新潟県道19号見附栃尾線 20 新潟県道20号見附中之島線 21 新潟県道21号新発田紫雲寺線 22 新潟県道22号長岡寺泊線 23 新潟県道23号柏崎高浜堀之内線 24 新潟県道24号栃尾山古志線 25 新潟県道25号柿崎小国線 26 新潟県道26号新発田豊栄線 27 新潟県道27号新潟安田線 28 新潟県道28号塩沢大和線 29 新潟県道29号吉田弥彦線 30 新潟県道30号新井柿崎線 31 新潟県道31号相川佐和田線 32 新潟県道32号新発田停車場線 33 新潟県道33号新潟停車場線 34 新潟県道34号新津停車場線 35 新潟県道35号三条停車場線 36 新潟県道36号長岡停車場線 37 新潟県道37号柏崎停車場線 38 新潟県道38号高田停車場線 39 新潟県道39号妙高高原公園線 40 新潟県道40号両津港線 41 新潟県道41号白根安田線 42 新潟県道42号新潟黒埼インター線 43 新潟県道43号上越安塚浦川原線 44 新潟県道44号新潟燕線 45 新潟県道45号佐渡一周線(日本最長の主要地方道) 46 新潟県道46号新潟中央環状線(2012年9月11日、新潟大外環状線から路線名変更) 47 新潟県道47号小出停車場線 48 新潟県道48号長岡西山線 49 新潟県道49号小千谷十日町津南線 50 新潟県道50号小出奥只見線(通称「奥只見シルバーライン」) 51 - 97号 51 新潟県道51号新潟黒埼インター笹口線 52 新潟県道52号山北関川線(山形県道と共通) 53 新潟県道53号胎内二王子公園羽黒線 54 新潟県道54号中条紫雲寺線 55 新潟県道55号新潟五泉間瀬線 56 新潟県道56号小千谷大沢線 57 新潟県道57号栃尾守門線 58 新潟県道58号小千谷大和線 59 新潟県道59号大和焼野線 60 新潟県道60号住吉上館線 61 新潟県道61号柿崎牧線 62 (欠番) 63 新潟県道63号上越新井線 64 (欠番) 65 新潟県道65号両津真野赤泊線 66 新潟県道66号白根西川巻線 67 新潟県道67号村松田上線 68 新潟県道68号燕分水線 69 新潟県道69号長岡和島線 70 新潟県道70号小出守門線 71 新潟県道71号小千谷川口大和線 72 新潟県道72号柏崎越路線 73 新潟県道73号鯨波宮川線 74 新潟県道74号十日町六日町線 75 新潟県道75号十日町川西線 76 新潟県道76号十日町当間塩沢線 77 新潟県道77号上越頸城大潟線 78 新潟県道78号大潟高柳線 79 (欠番) 80 新潟県道80号松代天水島線 81 新潟県道81号佐渡縦貫線 82 新潟県道82号十日町塩沢線 83 新潟県道83号川口塩殿線 84 新潟県道84号堀之内インター線 85 新潟県道85号上越高田インター線 86 新潟県道86号長岡インター線 87 新潟県道87号名立谷浜インター線 88 新潟県道88号能生インター線 89 新潟県道89号津川インター線 90 - 94(欠番) 95 新潟県道95号上越飯山線(長野県道と共通) 96 新潟県道96号飯山妙高高原線(長野県道と共通) 97 新潟県道97号飯山斑尾新井線(長野県道と共通) 都道府県道(一般県道) 県道番号のうち101番以降は、都道府県道(いわゆる一般県道)に付与されている。

creative commons(wikipedia:新潟県道の一覧

新潟県道

『新潟県の県道一覧』より : 新潟県の県道一覧(にいがたけんのけんどういちらん)は、新潟県を通る県道の一覧である。 2007年4月1日に新潟市が政令指定都市へ移行したのに伴い、同市内の県道と国道(指定区間である国道7号、国道8号、国道49号、国道116号及び前記4路線を重複区間とする国道を除く)の管理は、新潟県から新潟市に移管している。 主要地方道 県道番号のうち1 - 100号は、主要地方道に付与されている。 1 - 50号 1 新潟県道1号新潟小須戸三条線 2 新潟県道2号新潟寺泊線(旧北陸街道) 3 新潟県道3号新潟新発田村上線(旧国道7号) 4 新潟県道4号新潟港横越線 5 新潟県道5号新潟新津線(旧国道49号及び旧国道403号) 6 新潟県道6号山北朝日線 7 新潟県道7号新津村松線 8 新潟県道8号長岡見附三条線 9 新潟県道9号長岡栃尾巻線 10 新潟県道10号長岡片貝小千谷線 11 新潟県道11号柏崎小国線 12 新潟県道12号松代高柳線 13 新潟県道13号上越安塚柏崎線 14 新潟県道14号新発田津川線(旧会津街道) 15 新潟県道15号新潟長浦水原線 16 新潟県道16号新潟亀田内野線 17 新潟県道17号新潟村松三川線 18 新潟県道18号燕地蔵堂線 19 新潟県道19号見附栃尾線 20 新潟県道20号見附中之島線 21 新潟県道21号新発田紫雲寺線 22 新潟県道22号長岡寺泊線 23 新潟県道23号柏崎高浜堀之内線 24 新潟県道24号栃尾山古志線 25 新潟県道25号柿崎小国線 26 新潟県道26号新発田豊栄線 27 新潟県道27号新潟安田線 28 新潟県道28号塩沢大和線 29 新潟県道29号吉田弥彦線 30 新潟県道30号新井柿崎線 31 新潟県道31号相川佐和田線 32 新潟県道32号新発田停車場線 33 新潟県道33号新潟停車場線 34 新潟県道34号新津停車場線 35 新潟県道35号三条停車場線 36 新潟県道36号長岡停車場線 37 新潟県道37号柏崎停車場線 38 新潟県道38号高田停車場線 39 新潟県道39号妙高高原公園線 40 新潟県道40号両津港線 41 新潟県道41号白根安田線 42 新潟県道42号新潟黒埼インター線 43 新潟県道43号上越安塚浦川原線 44 新潟県道44号新潟燕線 45 新潟県道45号佐渡一周線(日本最長の主要地方道) 46 新潟県道46号新潟中央環状線(2012年9月11日、新潟大外環状線から路線名変更) 47 新潟県道47号小出停車場線 48 新潟県道48号長岡西山線 49 新潟県道49号小千谷十日町津南線 50 新潟県道50号小出奥只見線(通称「奥只見シルバーライン」) 51 - 97号 51 新潟県道51号新潟黒埼インター笹口線 52 新潟県道52号山北関川線(山形県道と共通) 53 新潟県道53号胎内二王子公園羽黒線 54 新潟県道54号中条紫雲寺線 55 新潟県道55号新潟五泉間瀬線 56 新潟県道56号小千谷大沢線 57 新潟県道57号栃尾守門線 58 新潟県道58号小千谷大和線 59 新潟県道59号大和焼野線 60 新潟県道60号住吉上館線 61 新潟県道61号柿崎牧線 62 (欠番) 63 新潟県道63号上越新井線 64 (欠番) 65 新潟県道65号両津真野赤泊線 66 新潟県道66号白根西川巻線 67 新潟県道67号村松田上線 68 新潟県道68号燕分水線 69 新潟県道69号長岡和島線 70 新潟県道70号小出守門線 71 新潟県道71号小千谷川口大和線 72 新潟県道72号柏崎越路線 73 新潟県道73号鯨波宮川線 74 新潟県道74号十日町六日町線 75 新潟県道75号十日町川西線 76 新潟県道76号十日町当間塩沢線 77 新潟県道77号上越頸城大潟線 78 新潟県道78号大潟高柳線 79 (欠番) 80 新潟県道80号松代天水島線 81 新潟県道81号佐渡縦貫線 82 新潟県道82号十日町塩沢線 83 新潟県道83号川口塩殿線 84 新潟県道84号堀之内インター線 85 新潟県道85号上越高田インター線 86 新潟県道86号長岡インター線 87 新潟県道87号名立谷浜インター線 88 新潟県道88号能生インター線 89 新潟県道89号津川インター線 90 - 94(欠番) 95 新潟県道95号上越飯山線(長野県道と共通) 96 新潟県道96号飯山妙高高原線(長野県道と共通) 97 新潟県道97号飯山斑尾新井線(長野県道と共通) 都道府県道(一般県道) 県道番号のうち101番以降は、都道府県道(いわゆる一般県道)に付与されている。

creative commons(wikipedia:新潟県道

新潟県出身の有名人一覧

新潟県出身の人物一覧(にいがたけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する新潟県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 有田八郎(元外務大臣):佐渡市 石塚三郎(元衆議院議員):阿賀野市(旧・北蒲原郡安田町) 泉田裕彦(新潟県知事):加茂市 稲葉修(元法務大臣):村上市 稲葉大和(衆議院議員、稲葉修の息子):出生地は東京都 大野市郎(元衆議院議員):長岡市 大渕絹子(元参議院議員):小千谷市 小沢辰男(元厚生大臣、環境庁長官):新潟市 神田坤六(元群馬県知事):新潟市(旧・中蒲原郡横越村) 神田博(元厚生大臣):東蒲原郡阿賀町 菊田真紀子(衆議院議員):加茂市 北昤吉(北一輝の弟):佐渡市 栗原博久(元衆議院議員):新潟市秋葉区(旧・新津市) 黒岩宇洋(参議院議員):南魚沼市(旧・南魚沼郡大和町) 小林進(元衆議院議員) 近藤正道(参議院議員):三島郡出雲崎町 近藤元次(元農林水産大臣):佐渡市 近藤基彦(近藤元次の息子):佐渡市 小柳牧衛(元青森県知事、元福島県知事、元長崎県知事、元兵庫県知事、元新潟市長、元衆議院議員):新発田市(旧・川東村) 桜井新(参議院議員、元衆議院議員):南魚沼市(旧・南魚沼郡大和町) 佐藤隆(元農林水産大臣) 志苫裕(元参議院議員) 白川勝彦(元自治大臣、国家公安委員長):十日町市 高鳥修(元衆議院議員、総務庁長官、経済企画庁長官):糸魚川市(旧・西頸城郡能生町) 高鳥修一(衆議院議員、高鳥修の息子) 建部遯吾(元衆議院議員、元貴族院議員・勅選議員):新潟市(旧・中蒲原郡横越村) 田中角栄(元内閣総理大臣):柏崎市(旧・刈羽郡西山町) 田中真紀子(元科学技術庁長官、外務大臣、出生地は東京都) 塚田十一郎(元郵政大臣、自治庁長官、行政管理庁長官、新潟県知事):上越市 塚田徹(元代議士、塚田十一郎の子息) 筒井信隆(衆議院議員):上越市(旧・中頸城郡三和村) 長島忠美(衆議院議員、元・山古志村村長):長岡市(旧・古志郡山古志村) 西村智奈美(衆議院議員):燕市(旧・西蒲原郡吉田町) 長谷川信(元参議院議員):長岡市 平山征夫(元新潟県知事):柏崎市 藤田憲彦(衆議院議員):上越市(旧・中頸城郡柿崎町) 藤縄清治(元新潟県議会議長、元大潟町長)):上越市(旧・中頸城郡大潟町) 星野行男(元衆議院議員):小千谷市 真島一男(元参議院議員、元通商産業政務次官):長岡市 三宅正一(元衆議院議員、元衆議院副議長):長岡市(出生は岐阜県) 村山達雄(元大蔵大臣、元厚生大臣):長岡市 森裕子(参議院議員):新潟市(旧・新津市) 山本悌二郎(元農林大臣) 芳沢謙吉(元外務大臣):上越市 吉田六左ェ門(元衆議院議員):新潟市 渡辺秀央(参議院議員、元衆議院議員、郵政大臣、内閣官房副長官):長岡市(旧・栃尾市) 渡邊良夫(元厚生大臣) 軍人・自衛官 飯田貞固(陸軍中将) 石黒忠悳(陸軍軍医総監):小千谷市 五十嵐恵(海軍中佐、美保関事件):上越市 伊藤茂(海軍大佐) 岩佐禄郎(陸軍中将) 岩淵三次(海軍中将) 太田質平(海軍少将) 角田覚治(海軍中将、第1航空艦隊司令長官) 小林省三郎(海軍中将、鎮海要港部司令官) 小柳冨次(海軍中将) 佐藤正四郎(海軍少将) 杉田庄一(海軍戦闘機搭乗員、日本を代表するエースパイロットの1人):上越市 鈴木荘六(陸軍大将、参謀総長) 竹垣純信 (海軍機関中佐) 建川美次(陸軍中将) 豊辺新作(陸軍中将) 長嶺喜一(陸軍中将、独立混成第六十二旅団長):上越市 野村貞(海軍少将) 星野庄三郎(陸軍中将) 星野利元(陸軍中将) 本間雅晴(陸軍中将、第14軍司令官):佐渡市 山縣初男(陸軍大佐) 山本五十六(元帥海軍大将、連合艦隊司令長官):長岡市 吉見乾海(海軍中将) 官僚 神田坤六(元内務省官僚):新潟市(旧・中蒲原郡横越村) 小和田恆(外務事務次官、国連大使、国際司法裁判所判事、皇太子徳仁親王妃雅子の実父):新発田市、本籍は村上市 武石章(運輸省貨物流通局長) 丹呉泰健(財務省主計局長、事務次官) 前島密(郵便事業の父):上越市 矢代隆義(警視総監) 政治運動家 北一輝 中村十作(沖縄宮古島における人頭税廃止運動の立役者、上越市板倉区出身) 文化人 学者・教育者 五十嵐一(イスラーム学):新潟市 池上裕子(歴史学):佐渡市 石塚三郎(歯科医学):阿賀野市(旧・北蒲原郡安田町) 伊藤誠哉(植物病理学) 井上円了(仏教哲学):長岡市(旧・三島郡越路町) 猪口孝(政治学):新潟市 大場建治(英文学) 小川陽一(中国古典文学) 小熊虎之助(心理学) 小黒八七郎(医学):長岡市(旧・三島郡寺泊町) 小柳司気太(中国文学) 小野塚喜平次(政治学、東京帝国大学総長):長岡市 海部宣男(天文学):新潟市 金子彦二郎(国文学):新潟市(旧西蒲原郡岩室村) 神林恒道(美学) 北原保雄(国語学) 桑嶋功(有機化学) 後藤鉄男(素粒子物理学):新潟市 小林達雄(考古学):長岡市 近藤直子(中国文学) 坂口謹一郎(微生物学):上越市 佐藤幸治(憲法学):新潟市 眞田芳憲(法学者) 司馬凌海(医学、語学):佐渡市(旧真野町) 柴田善雅(経済学):新潟市 杉捷夫(フランス文学) 鈴木虎雄(中国文学) 曽我朋義(分析化学、生命科学):佐渡市(旧金井町) 曽我量深 (大谷大学学長 真宗教学):新潟市(旧西蒲原郡味方村) 高桑栄松 (医学) 武田隆二(会計学) 建部遯吾(社会学、東京帝国大学社会学講座開設初代担当教授):新潟市(旧・中蒲原郡横越村) 立岩真也(社会学):佐渡市(旧・両津市) 田中美知太郎(哲学):新潟市 谷川敏朗(歴史学):新潟市(旧西蒲原郡白根市) 玉泉八州男(英文学) 長沼重隆(イギリス文学):新潟市(旧西蒲原郡中之口村) 中矢一義 並木頼寿(歴史学):南魚沼市(旧大和町) 鳴海四郎(英文学) 根立研介(美術史学) 野崎歓(フランス文学) 羽鳥徹哉(近代文学) 原久一郎(ロシア文学):阿賀野市(旧・北蒲原郡水原町) 平賀壯太(分子生物学):南魚沼市(旧・南魚沼郡六日町) 平澤興 (脳神経解剖学、京都大学総長 ):新潟市(旧西蒲原郡味方村) 藤沢利喜太郎(数学):佐渡市 村山孚(中国文学) 諸橋轍次(漢学):三条市(旧・南蒲原郡下田村) 吉田修(経営学):十日町市 吉田東伍(歴史地理学):阿賀野市(旧・北蒲原郡安田町) 吉野正三郎(法学):長岡市 建築家 長野宇平治:上越市 前川國男:新潟市 川崎清 三澤千代治(ミサワホーム創業者) 作家・小説家 相場英雄:三条市 青野季吉(文芸評論家) 秋葉千景:長岡市(旧栃尾市) 飛鳥部勝則 阿刀田高:長岡市 綾崎隼(第16回電撃小説大賞選考委員奨励賞受賞):新潟市 新井千裕 新井満:新潟市 新沢克海 石塚友二(俳人、編集者でもある) 岩関昂道:上越市 上杉那郎 おかざき登(第4回MF文庫Jライトノベル新人賞審査員特別賞受賞) 小川未明:上越市(旧高田市) 小田嶽夫 川端誠(絵本作家):上越市(旧高田市) 神林長平:新潟市 櫛木理宇 小林信也:長岡市 斎藤惇夫 : 新潟市 斎藤美奈子(文芸評論家):新潟市 桜井美奈(第19回電撃小説大賞大賞受賞):新潟市 坂口安吾:新潟市 佐藤亜紀 しなな泰之:三条市 涼風涼 : 新潟市 関川夏央:長岡市 瀬下耽 高野喜久雄 瀧澤美恵子 野中柊 長谷川海太郎(林不忘、谷譲次、牧逸馬 のペンネームも持つ):佐渡市(旧・佐渡郡赤泊村) 早川阿栗 林トモアキ(第5回角川学園小説大賞優秀賞受賞) 半藤一利:長岡市(出生地は東京都) 平出修 藤沢周:新潟市(旧西蒲原郡内野町) 降旗学(小学館ノンフィクション大賞受賞) 水島あやめ 森山啓 山藍紫姫子 山岡荘八:魚沼市(旧・北魚沼郡小出町) 吉川良太郎 吉屋信子 若山三郎 鷲尾雨工 映画監督 相沢美羽:長岡市 石井克人 李相日 小林茂 五藤利弘 杉田愉 東條政利 橋本一 山本迪夫 脚本家・演出家 河合義隆(演出家):上越市 杉山義法(脚本家):新発田市 野島伸司(脚本家):柏崎市 山崎忠昭(脚本家) 山本優(脚本家) 眞島浩一(脚本家):新潟市 画家 会田誠:新潟市 安宅安五郎:新潟市 黒井健:新潟市 小林古径:上越市(旧・高田市) 佐藤哲三:長岡市 土田麦僊:佐渡市(旧・佐渡郡新穂村) 蕗谷虹児:新発田市 横山操:燕市(旧・西蒲原郡吉田町) 漫画家 旭凛太郎:新潟市 芦谷あばよ:魚沼市 あだちつよし : 上越市(旧直江津) 安土じょう : 五泉市 有沢遼 : 新潟市 五十嵐かおる:糸魚川市 石田和明 氏賀Y太 牛木義隆 : 上越市 宇田学:五泉市(旧・中蒲原郡村松町) うたたねひろゆき:長岡市 梅澤麻里奈 えんどコイチ:新潟市(旧・白根市) 大井知美:長岡市 大滝よしえもん 岡村賢二:新潟市 小川悦司 小畑健:新潟市 舵英里 片山愁:上越市 叶精作:新潟市 河合一慶 樹原ちさと 鬼魔あづさ 久織ちまき 熊倉裕一 くまき絵里 : 上越市 桑田乃梨子:長岡市 こいしさとし:新潟市 古泉智浩:新潟市(旧・中蒲原郡亀田町) こしのりょう : 三条市 小林裕和 小林まこと:新潟市 小山春夫 近藤ようこ:新潟市 紺野キタ 斉藤富士夫:新潟市(旧・白根市) 里見桂 佐野タカシ SABE:長岡市 しげの秀一:十日町市(旧・東頸城郡松之山町) 信濃川日出雄 新沢基栄:柏崎市 高瀬綾 高野文子:新潟市(旧・新津市) 高橋亮子:西蒲原郡(現・新潟市および燕市) 高橋留美子:新潟市 高橋ゆたか たかもちげん:三島郡出雲崎町 竹林月 谷和也 田巻久雄 佃煮のりお 寺田ヒロオ:新潟市(旧・西蒲原郡巻町) 堂上まさ志:佐渡市 夏海ケイ : 五泉市 魚喃キリコ:燕市(旧・西蒲原郡吉田町) 猫山宮緒 : 新潟市 花見沢Q太郎:阿賀野市(旧・北蒲原郡笹神村) 林ひさお 春田なな:上越市(旧・中頸城郡柿崎町) 聖悠紀:新発田市 藤島じゅん:三条市 藤田和子:長岡市 ほんまりう まことじ 松本剛 : 長岡市 魔夜峰央:新潟市 丸美甘 水島新司:新潟市 水無月真 みなづき由宇:村上市 水森暦 宮園いづみ みよしふるまち むろなが供未 八神ひろき:柏崎市 安田弘之:新潟市(旧・西蒲原郡巻町) 柳沢きみお:五泉市 山田芳裕:新潟市 大和正樹:南魚沼郡(現・南魚沼市) 山本航暉 やまもとかずや : 糸魚川市 RAN わかつきめぐみ:新潟市 渡辺みちお:佐渡市 渡辺祥智 和月伸宏:長岡市(旧・三島郡越路町) イラストレーター 岩崎考司 岩崎美奈子 牛木義隆:上越市 遠藤ケイ:三条市 東京Aリス:柏崎市 とりしも 韮沢靖:長岡市(旧・栃尾市) 松竜 宮坂みゆ アニメーション関係者 青山充(アニメーター) 近藤喜文(アニメ監督):五泉市 坂井久太(アニメーター、キャラクターデザイナー) 月岡貞夫(アニメ作家):新潟市 鶴巻和哉(アニメ監督):五泉市 長井龍雪(アニメ演出家・監督) 中澤一登(アニメーター、キャラクターデザイナー) 難波日登志(アニメ演出家・監督) 藤田しげる(アニメーター、キャラクターデザイナー):長岡市 村田耕一(アニメーター) 山賀博之(アニメ監督、GAINAX代表取締役社長):新潟市 山口康男(アニメ演出家・監督) 鷲尾直広(メカニックデザイナー) 渡辺はじめ(アニメーター、キャラクターデザイナー) 渡邊義弘(アニメーター、キャラクターデザイナー) 工芸家 宮田亮平(金属工芸家、東京藝術大学九代目学長):佐渡市 写真家 石塚三郎:阿賀野市(旧・北蒲原郡安田町) 牛腸茂雄:加茂市 沼澤茂美:村上市(旧・岩船郡神林村) 渡辺義雄:三条市 俳人・詩人・歌人 会津八一:新潟市 江間章子:上越市 相馬御風:糸魚川市 西脇順三郎:小千谷市 宮柊二:魚沼市(旧・北魚沼郡堀之内町) 作詞家・作曲家 岩里祐穂(作詞家、エッセイスト):新潟市 江村夏樹(ピアニスト) 遠藤実(作曲家):新潟市(出生地は東京都) 倉若晴生(作曲家):糸魚川市 たかたかし(作詞家):新発田市 田中賢(作曲家):長岡市 中村千栄子(作詞家) ヒラサワンダ(作曲家):長岡市 ats-(作曲・編曲家):長岡市 Chromatic(作曲・編曲家):上越市 その他の文化人 遠藤諭(ライター) 小野塚秋良(ファッションデザイナー) 金子正輝(麻雀プロ):長岡市 亀倉雄策(グラフィックデザイナー):燕市(旧・西蒲原郡吉田町) 川島蓉子(ifs未来研究所所長、ジャーナリスト):新潟市 小林ハル(最後の越後瞽女):三条市 近藤正和(将棋棋士):柏崎市 坂詰真二(スポーツトレーナー):上越市 たかの友梨(美容研究家):南魚沼郡湯沢町 内藤民治(編集者、ジャーナリスト) 高橋尚子(古楽器演奏家) 中田薫(フリーライター) 二代目引田天功(奇術師):妙高市(旧・新井市) 菱沼良樹(ファッションデザイナー) 藤石修(カメラマン) 三浦展(マーケティングプランナー):上越市 広川サツ(日本最高齢ディスクジョッキー):新潟市(旧・豊栄市) 奥村愛(ヴァイオリン奏者):新潟市 枝並千花(ヴァイオリン奏者) 五十嵐毅(麻雀プロ):新潟市 田中信昭(指揮者) 芸能人 俳優・女優 井口成人:南魚沼市 市川段治郎(歌舞伎役者) 伊藤俊人:新潟市 稲野和子:新潟市(文学座の女優) 遠藤好 大高洋夫:長岡市 小山田サユリ:西蒲原郡巻町 川口敦子 霧島れいか 越乃リュウ(元宝塚歌劇団月組組長):新潟市西区 近衛十四郎(松方弘樹、目黒祐樹の実父):長岡市 笹川功二:五泉市 佐々木剛:新発田市 佐藤栞菜 佐藤佑介:上越市 佐渡稔:佐渡市(旧・佐渡郡相川町) 真月咲(元宝塚歌劇団星組男役):上越市 高沢順子:新発田市 高橋克実:三条市 高橋幸治:十日町市 高山侑子 遠山俊也 ト字たかお 永井大:糸魚川市(旧・西頸城郡青海町) 英太郎:弥彦村(新派・女形) 長谷川慎也 花山佳子 樋口可南子:加茂市 藤井美菜:(出生地はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ) 星野知子:長岡市 三上真史:新潟市 三国一夫:長岡市(旧・栃尾市) 三島雅夫:長岡市(旧・与板町) 水野久美:三条市 三田村邦彦:新発田市 山岸快:(東京都生まれ、新潟市育ち) 横尾三郎:上越市 吉田友一:(埼玉県出身であるが、出生地は長岡市) 和久井映見:(神奈川県出身であるが、出生地は長岡市(旧・栃尾市)) 鷲尾いさ子:新潟市 渡辺謙:魚沼市(旧・北魚沼郡広神村) 渡辺京 渡洋史 NorA(映画「LOVEDEATH」で主演デビュー) 落語家 三遊亭白鳥:上越市 林家こん平:長岡市(旧・刈羽郡小国町←千谷沢村) 柳家さん吉:村松町(現五泉市) 入船亭扇辰:長岡市 瀧川鯉橋:上越市 桂歌助:十日町市 漫才・お笑い 金子学(うしろシティ):津南町 荒木巴 (お笑いマジシャン) 押見泰憲 (犬の心) 山本浩司(タイムマシーン3号):新潟市 俵山栄子(ものまね):十日町市 ダンナ小柳(電撃ネットワーク):十日町市 西野健一(MANZAI-C):十日町市 鈴木Q太郎(ハイキングウォーキング):南魚沼市(旧塩沢町) おかゆ太郎(渡辺ラオウ):新潟市 横澤夏子 :糸魚川市 シンガーソングライター Hánna:新潟市 伊藤敏博:糸魚川市(旧・西頸城郡青海町) いまなりあきよし:長岡市(旧・栃尾市) Emi:魚沼市 笹川美和:新発田市(旧・北蒲原郡紫雲寺町) 高岡奈央:五泉市(旧・中蒲原郡村松町) 真季 五十嵐みずも:新発田市 高野千恵:十日町市 富所正一:見附市 YAMATO:佐渡市 齊藤ジョニー:上越市 星野裕矢:魚沼市 ミュージシャン 飯塚昌明(GRANRODEO) :十日町市 大野敬正(三味線):新潟市 大桃俊樹(ベーシスト) カンケ(kanke):柏崎市 coba:新潟市 佐藤あつし(HΛL):長岡市 スネオヘアー:長岡市 関口和之(サザンオールスターズ):阿賀野市(旧・北蒲原郡水原町) TOKU(歌手、フリューゲルホルン奏者):三条市 長沢ヒロ(ベーシスト) 難波章浩(Hi-STANDARD)(TYUNK):新潟市 HIKAKIN(ヒューマンビートボクサー、YouTuber):妙高市 藤田勉(PERSONZ):新潟市 三原綱木(ジャッキー吉川とブルーコメッツ):阿賀町(旧・東蒲原郡三川村) 渡辺格(ギタリスト) 渡邉貢(PERSONZ):新潟市 Chromatic(ギタリスト) :上越市 バンド/音楽グループ A crowd of rebellion:新潟市 Lastier:新潟市・長岡市 L'luvia: グループデュオ ひなた:長岡市 DOUBLE:新潟市 平川地一丁目:(生まれは静岡県だが、現在は佐渡市に在住) Hilcrhyme(ヒルクライム):新潟市 ぽこぴー:新潟市 歌手 石田燿子:新潟市 上杉香緒里:燕市(旧・西蒲原郡吉田町) 歌川二三子:新潟市 桑原奈々(7bitzVo.の奈々):柏崎市 小唄勝太郎:新潟市 小林幸子:新潟市 三波春夫:長岡市(旧・三島郡越路町) 三船浩:妙高市(旧・新井市) 村上幸子:村上市(旧・岩船郡荒川町) 山田実:佐渡市 アイドル 有村こはる NGT48 小川麻琴(元モーニング娘。

creative commons(wikipedia:新潟県出身の有名人一覧

新潟県出身の人物一覧

新潟県出身の人物一覧(にいがたけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する新潟県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 有田八郎(元外務大臣):佐渡市 石塚三郎(元衆議院議員):阿賀野市(旧・北蒲原郡安田町) 泉田裕彦(新潟県知事):加茂市 稲葉修(元法務大臣):村上市 稲葉大和(衆議院議員、稲葉修の息子):出生地は東京都 大野市郎(元衆議院議員):長岡市 大渕絹子(元参議院議員):小千谷市 小沢辰男(元厚生大臣、環境庁長官):新潟市 神田坤六(元群馬県知事):新潟市(旧・中蒲原郡横越村) 神田博(元厚生大臣):東蒲原郡阿賀町 菊田真紀子(衆議院議員):加茂市 北昤吉(北一輝の弟):佐渡市 栗原博久(元衆議院議員):新潟市秋葉区(旧・新津市) 黒岩宇洋(参議院議員):南魚沼市(旧・南魚沼郡大和町) 小林進(元衆議院議員) 近藤正道(参議院議員):三島郡出雲崎町 近藤元次(元農林水産大臣):佐渡市 近藤基彦(近藤元次の息子):佐渡市 小柳牧衛(元青森県知事、元福島県知事、元長崎県知事、元兵庫県知事、元新潟市長、元衆議院議員):新発田市(旧・川東村) 桜井新(参議院議員、元衆議院議員):南魚沼市(旧・南魚沼郡大和町) 佐藤隆(元農林水産大臣) 志苫裕(元参議院議員) 白川勝彦(元自治大臣、国家公安委員長):十日町市 高鳥修(元衆議院議員、総務庁長官、経済企画庁長官):糸魚川市(旧・西頸城郡能生町) 高鳥修一(衆議院議員、高鳥修の息子) 建部遯吾(元衆議院議員、元貴族院議員・勅選議員):新潟市(旧・中蒲原郡横越村) 田中角栄(元内閣総理大臣):柏崎市(旧・刈羽郡西山町) 田中真紀子(元科学技術庁長官、外務大臣、出生地は東京都) 塚田十一郎(元郵政大臣、自治庁長官、行政管理庁長官、新潟県知事):上越市 塚田徹(元代議士、塚田十一郎の子息) 筒井信隆(衆議院議員):上越市(旧・中頸城郡三和村) 長島忠美(衆議院議員、元・山古志村村長):長岡市(旧・古志郡山古志村) 西村智奈美(衆議院議員):燕市(旧・西蒲原郡吉田町) 長谷川信(元参議院議員):長岡市 平山征夫(元新潟県知事):柏崎市 藤田憲彦(衆議院議員):上越市(旧・中頸城郡柿崎町) 藤縄清治(元新潟県議会議長、元大潟町長)):上越市(旧・中頸城郡大潟町) 星野行男(元衆議院議員):小千谷市 真島一男(元参議院議員、元通商産業政務次官):長岡市 三宅正一(元衆議院議員、元衆議院副議長):長岡市(出生は岐阜県) 村山達雄(元大蔵大臣、元厚生大臣):長岡市 森裕子(参議院議員):新潟市(旧・新津市) 山本悌二郎(元農林大臣) 芳沢謙吉(元外務大臣):上越市 吉田六左ェ門(元衆議院議員):新潟市 渡辺秀央(参議院議員、元衆議院議員、郵政大臣、内閣官房副長官):長岡市(旧・栃尾市) 渡邊良夫(元厚生大臣) 軍人・自衛官 飯田貞固(陸軍中将) 石黒忠悳(陸軍軍医総監):小千谷市 五十嵐恵(海軍中佐、美保関事件):上越市 伊藤茂(海軍大佐) 岩佐禄郎(陸軍中将) 岩淵三次(海軍中将) 太田質平(海軍少将) 角田覚治(海軍中将、第1航空艦隊司令長官) 小林省三郎(海軍中将、鎮海要港部司令官) 小柳冨次(海軍中将) 佐藤正四郎(海軍少将) 杉田庄一(海軍戦闘機搭乗員、日本を代表するエースパイロットの1人):上越市 鈴木荘六(陸軍大将、参謀総長) 竹垣純信 (海軍機関中佐) 建川美次(陸軍中将) 豊辺新作(陸軍中将) 長嶺喜一(陸軍中将、独立混成第六十二旅団長):上越市 野村貞(海軍少将) 星野庄三郎(陸軍中将) 星野利元(陸軍中将) 本間雅晴(陸軍中将、第14軍司令官):佐渡市 山縣初男(陸軍大佐) 山本五十六(元帥海軍大将、連合艦隊司令長官):長岡市 吉見乾海(海軍中将) 官僚 神田坤六(元内務省官僚):新潟市(旧・中蒲原郡横越村) 小和田恆(外務事務次官、国連大使、国際司法裁判所判事、皇太子徳仁親王妃雅子の実父):新発田市、本籍は村上市 武石章(運輸省貨物流通局長) 丹呉泰健(財務省主計局長、事務次官) 前島密(郵便事業の父):上越市 矢代隆義(警視総監) 政治運動家 北一輝 中村十作(沖縄宮古島における人頭税廃止運動の立役者、上越市板倉区出身) 文化人 学者・教育者 五十嵐一(イスラーム学):新潟市 池上裕子(歴史学):佐渡市 石塚三郎(歯科医学):阿賀野市(旧・北蒲原郡安田町) 伊藤誠哉(植物病理学) 井上円了(仏教哲学):長岡市(旧・三島郡越路町) 猪口孝(政治学):新潟市 大場建治(英文学) 小川陽一(中国古典文学) 小熊虎之助(心理学) 小黒八七郎(医学):長岡市(旧・三島郡寺泊町) 小柳司気太(中国文学) 小野塚喜平次(政治学、東京帝国大学総長):長岡市 海部宣男(天文学):新潟市 金子彦二郎(国文学):新潟市(旧西蒲原郡岩室村) 神林恒道(美学) 北原保雄(国語学) 桑嶋功(有機化学) 後藤鉄男(素粒子物理学):新潟市 小林達雄(考古学):長岡市 近藤直子(中国文学) 坂口謹一郎(微生物学):上越市 佐藤幸治(憲法学):新潟市 眞田芳憲(法学者) 司馬凌海(医学、語学):佐渡市(旧真野町) 柴田善雅(経済学):新潟市 杉捷夫(フランス文学) 鈴木虎雄(中国文学) 曽我朋義(分析化学、生命科学):佐渡市(旧金井町) 曽我量深 (大谷大学学長 真宗教学):新潟市(旧西蒲原郡味方村) 高桑栄松 (医学) 武田隆二(会計学) 建部遯吾(社会学、東京帝国大学社会学講座開設初代担当教授):新潟市(旧・中蒲原郡横越村) 立岩真也(社会学):佐渡市(旧・両津市) 田中美知太郎(哲学):新潟市 谷川敏朗(歴史学):新潟市(旧西蒲原郡白根市) 玉泉八州男(英文学) 長沼重隆(イギリス文学):新潟市(旧西蒲原郡中之口村) 中矢一義 並木頼寿(歴史学):南魚沼市(旧大和町) 鳴海四郎(英文学) 根立研介(美術史学) 野崎歓(フランス文学) 羽鳥徹哉(近代文学) 原久一郎(ロシア文学):阿賀野市(旧・北蒲原郡水原町) 平賀壯太(分子生物学):南魚沼市(旧・南魚沼郡六日町) 平澤興 (脳神経解剖学、京都大学総長 ):新潟市(旧西蒲原郡味方村) 藤沢利喜太郎(数学):佐渡市 村山孚(中国文学) 諸橋轍次(漢学):三条市(旧・南蒲原郡下田村) 吉田修(経営学):十日町市 吉田東伍(歴史地理学):阿賀野市(旧・北蒲原郡安田町) 吉野正三郎(法学):長岡市 建築家 長野宇平治:上越市 前川國男:新潟市 川崎清 三澤千代治(ミサワホーム創業者) 作家・小説家 相場英雄:三条市 青野季吉(文芸評論家) 秋葉千景:長岡市(旧栃尾市) 飛鳥部勝則 阿刀田高:長岡市 綾崎隼(第16回電撃小説大賞選考委員奨励賞受賞):新潟市 新井千裕 新井満:新潟市 新沢克海 石塚友二(俳人、編集者でもある) 岩関昂道:上越市 上杉那郎 おかざき登(第4回MF文庫Jライトノベル新人賞審査員特別賞受賞) 小川未明:上越市(旧高田市) 小田嶽夫 川端誠(絵本作家):上越市(旧高田市) 神林長平:新潟市 櫛木理宇 小林信也:長岡市 斎藤惇夫 : 新潟市 斎藤美奈子(文芸評論家):新潟市 桜井美奈(第19回電撃小説大賞大賞受賞):新潟市 坂口安吾:新潟市 佐藤亜紀 しなな泰之:三条市 涼風涼 : 新潟市 関川夏央:長岡市 瀬下耽 高野喜久雄 瀧澤美恵子 野中柊 長谷川海太郎(林不忘、谷譲次、牧逸馬 のペンネームも持つ):佐渡市(旧・佐渡郡赤泊村) 早川阿栗 林トモアキ(第5回角川学園小説大賞優秀賞受賞) 半藤一利:長岡市(出生地は東京都) 平出修 藤沢周:新潟市(旧西蒲原郡内野町) 降旗学(小学館ノンフィクション大賞受賞) 水島あやめ 森山啓 山藍紫姫子 山岡荘八:魚沼市(旧・北魚沼郡小出町) 吉川良太郎 吉屋信子 若山三郎 鷲尾雨工 映画監督 相沢美羽:長岡市 石井克人 李相日 小林茂 五藤利弘 杉田愉 東條政利 橋本一 山本迪夫 脚本家・演出家 河合義隆(演出家):上越市 杉山義法(脚本家):新発田市 野島伸司(脚本家):柏崎市 山崎忠昭(脚本家) 山本優(脚本家) 眞島浩一(脚本家):新潟市 画家 会田誠:新潟市 安宅安五郎:新潟市 黒井健:新潟市 小林古径:上越市(旧・高田市) 佐藤哲三:長岡市 土田麦僊:佐渡市(旧・佐渡郡新穂村) 蕗谷虹児:新発田市 横山操:燕市(旧・西蒲原郡吉田町) 漫画家 旭凛太郎:新潟市 芦谷あばよ:魚沼市 あだちつよし : 上越市(旧直江津) 安土じょう : 五泉市 有沢遼 : 新潟市 五十嵐かおる:糸魚川市 石田和明 氏賀Y太 牛木義隆 : 上越市 宇田学:五泉市(旧・中蒲原郡村松町) うたたねひろゆき:長岡市 梅澤麻里奈 えんどコイチ:新潟市(旧・白根市) 大井知美:長岡市 大滝よしえもん 岡村賢二:新潟市 小川悦司 小畑健:新潟市 舵英里 片山愁:上越市 叶精作:新潟市 河合一慶 樹原ちさと 鬼魔あづさ 久織ちまき 熊倉裕一 くまき絵里 : 上越市 桑田乃梨子:長岡市 こいしさとし:新潟市 古泉智浩:新潟市(旧・中蒲原郡亀田町) こしのりょう : 三条市 小林裕和 小林まこと:新潟市 小山春夫 近藤ようこ:新潟市 紺野キタ 斉藤富士夫:新潟市(旧・白根市) 里見桂 佐野タカシ SABE:長岡市 しげの秀一:十日町市(旧・東頸城郡松之山町) 信濃川日出雄 新沢基栄:柏崎市 高瀬綾 高野文子:新潟市(旧・新津市) 高橋亮子:西蒲原郡(現・新潟市および燕市) 高橋留美子:新潟市 高橋ゆたか たかもちげん:三島郡出雲崎町 竹林月 谷和也 田巻久雄 佃煮のりお 寺田ヒロオ:新潟市(旧・西蒲原郡巻町) 堂上まさ志:佐渡市 夏海ケイ : 五泉市 魚喃キリコ:燕市(旧・西蒲原郡吉田町) 猫山宮緒 : 新潟市 花見沢Q太郎:阿賀野市(旧・北蒲原郡笹神村) 林ひさお 春田なな:上越市(旧・中頸城郡柿崎町) 聖悠紀:新発田市 藤島じゅん:三条市 藤田和子:長岡市 ほんまりう まことじ 松本剛 : 長岡市 魔夜峰央:新潟市 丸美甘 水島新司:新潟市 水無月真 みなづき由宇:村上市 水森暦 宮園いづみ みよしふるまち むろなが供未 八神ひろき:柏崎市 安田弘之:新潟市(旧・西蒲原郡巻町) 柳沢きみお:五泉市 山田芳裕:新潟市 大和正樹:南魚沼郡(現・南魚沼市) 山本航暉 やまもとかずや : 糸魚川市 RAN わかつきめぐみ:新潟市 渡辺みちお:佐渡市 渡辺祥智 和月伸宏:長岡市(旧・三島郡越路町) イラストレーター 岩崎考司 岩崎美奈子 牛木義隆:上越市 遠藤ケイ:三条市 東京Aリス:柏崎市 とりしも 韮沢靖:長岡市(旧・栃尾市) 松竜 宮坂みゆ アニメーション関係者 青山充(アニメーター) 近藤喜文(アニメ監督):五泉市 坂井久太(アニメーター、キャラクターデザイナー) 月岡貞夫(アニメ作家):新潟市 鶴巻和哉(アニメ監督):五泉市 長井龍雪(アニメ演出家・監督) 中澤一登(アニメーター、キャラクターデザイナー) 難波日登志(アニメ演出家・監督) 藤田しげる(アニメーター、キャラクターデザイナー):長岡市 村田耕一(アニメーター) 山賀博之(アニメ監督、GAINAX代表取締役社長):新潟市 山口康男(アニメ演出家・監督) 鷲尾直広(メカニックデザイナー) 渡辺はじめ(アニメーター、キャラクターデザイナー) 渡邊義弘(アニメーター、キャラクターデザイナー) 工芸家 宮田亮平(金属工芸家、東京藝術大学九代目学長):佐渡市 写真家 石塚三郎:阿賀野市(旧・北蒲原郡安田町) 牛腸茂雄:加茂市 沼澤茂美:村上市(旧・岩船郡神林村) 渡辺義雄:三条市 俳人・詩人・歌人 会津八一:新潟市 江間章子:上越市 相馬御風:糸魚川市 西脇順三郎:小千谷市 宮柊二:魚沼市(旧・北魚沼郡堀之内町) 作詞家・作曲家 岩里祐穂(作詞家、エッセイスト):新潟市 江村夏樹(ピアニスト) 遠藤実(作曲家):新潟市(出生地は東京都) 倉若晴生(作曲家):糸魚川市 たかたかし(作詞家):新発田市 田中賢(作曲家):長岡市 中村千栄子(作詞家) ヒラサワンダ(作曲家):長岡市 ats-(作曲・編曲家):長岡市 Chromatic(作曲・編曲家):上越市 その他の文化人 遠藤諭(ライター) 小野塚秋良(ファッションデザイナー) 金子正輝(麻雀プロ):長岡市 亀倉雄策(グラフィックデザイナー):燕市(旧・西蒲原郡吉田町) 川島蓉子(ifs未来研究所所長、ジャーナリスト):新潟市 小林ハル(最後の越後瞽女):三条市 近藤正和(将棋棋士):柏崎市 坂詰真二(スポーツトレーナー):上越市 たかの友梨(美容研究家):南魚沼郡湯沢町 内藤民治(編集者、ジャーナリスト) 高橋尚子(古楽器演奏家) 中田薫(フリーライター) 二代目引田天功(奇術師):妙高市(旧・新井市) 菱沼良樹(ファッションデザイナー) 藤石修(カメラマン) 三浦展(マーケティングプランナー):上越市 広川サツ(日本最高齢ディスクジョッキー):新潟市(旧・豊栄市) 奥村愛(ヴァイオリン奏者):新潟市 枝並千花(ヴァイオリン奏者) 五十嵐毅(麻雀プロ):新潟市 田中信昭(指揮者) 芸能人 俳優・女優 井口成人:南魚沼市 市川段治郎(歌舞伎役者) 伊藤俊人:新潟市 稲野和子:新潟市(文学座の女優) 遠藤好 大高洋夫:長岡市 小山田サユリ:西蒲原郡巻町 川口敦子 霧島れいか 越乃リュウ(元宝塚歌劇団月組組長):新潟市西区 近衛十四郎(松方弘樹、目黒祐樹の実父):長岡市 笹川功二:五泉市 佐々木剛:新発田市 佐藤栞菜 佐藤佑介:上越市 佐渡稔:佐渡市(旧・佐渡郡相川町) 真月咲(元宝塚歌劇団星組男役):上越市 高沢順子:新発田市 高橋克実:三条市 高橋幸治:十日町市 高山侑子 遠山俊也 ト字たかお 永井大:糸魚川市(旧・西頸城郡青海町) 英太郎:弥彦村(新派・女形) 長谷川慎也 花山佳子 樋口可南子:加茂市 藤井美菜:(出生地はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ) 星野知子:長岡市 三上真史:新潟市 三国一夫:長岡市(旧・栃尾市) 三島雅夫:長岡市(旧・与板町) 水野久美:三条市 三田村邦彦:新発田市 山岸快:(東京都生まれ、新潟市育ち) 横尾三郎:上越市 吉田友一:(埼玉県出身であるが、出生地は長岡市) 和久井映見:(神奈川県出身であるが、出生地は長岡市(旧・栃尾市)) 鷲尾いさ子:新潟市 渡辺謙:魚沼市(旧・北魚沼郡広神村) 渡辺京 渡洋史 NorA(映画「LOVEDEATH」で主演デビュー) 落語家 三遊亭白鳥:上越市 林家こん平:長岡市(旧・刈羽郡小国町←千谷沢村) 柳家さん吉:村松町(現五泉市) 入船亭扇辰:長岡市 瀧川鯉橋:上越市 桂歌助:十日町市 漫才・お笑い 金子学(うしろシティ):津南町 荒木巴 (お笑いマジシャン) 押見泰憲 (犬の心) 山本浩司(タイムマシーン3号):新潟市 俵山栄子(ものまね):十日町市 ダンナ小柳(電撃ネットワーク):十日町市 西野健一(MANZAI-C):十日町市 鈴木Q太郎(ハイキングウォーキング):南魚沼市(旧塩沢町) おかゆ太郎(渡辺ラオウ):新潟市 横澤夏子 :糸魚川市 シンガーソングライター Hánna:新潟市 伊藤敏博:糸魚川市(旧・西頸城郡青海町) いまなりあきよし:長岡市(旧・栃尾市) Emi:魚沼市 笹川美和:新発田市(旧・北蒲原郡紫雲寺町) 高岡奈央:五泉市(旧・中蒲原郡村松町) 真季 五十嵐みずも:新発田市 高野千恵:十日町市 富所正一:見附市 YAMATO:佐渡市 齊藤ジョニー:上越市 星野裕矢:魚沼市 ミュージシャン 飯塚昌明(GRANRODEO) :十日町市 大野敬正(三味線):新潟市 大桃俊樹(ベーシスト) カンケ(kanke):柏崎市 coba:新潟市 佐藤あつし(HΛL):長岡市 スネオヘアー:長岡市 関口和之(サザンオールスターズ):阿賀野市(旧・北蒲原郡水原町) TOKU(歌手、フリューゲルホルン奏者):三条市 長沢ヒロ(ベーシスト) 難波章浩(Hi-STANDARD)(TYUNK):新潟市 HIKAKIN(ヒューマンビートボクサー、YouTuber):妙高市 藤田勉(PERSONZ):新潟市 三原綱木(ジャッキー吉川とブルーコメッツ):阿賀町(旧・東蒲原郡三川村) 渡辺格(ギタリスト) 渡邉貢(PERSONZ):新潟市 Chromatic(ギタリスト) :上越市 バンド/音楽グループ A crowd of rebellion:新潟市 Lastier:新潟市・長岡市 L'luvia: グループデュオ ひなた:長岡市 DOUBLE:新潟市 平川地一丁目:(生まれは静岡県だが、現在は佐渡市に在住) Hilcrhyme(ヒルクライム):新潟市 ぽこぴー:新潟市 歌手 石田燿子:新潟市 上杉香緒里:燕市(旧・西蒲原郡吉田町) 歌川二三子:新潟市 桑原奈々(7bitzVo.の奈々):柏崎市 小唄勝太郎:新潟市 小林幸子:新潟市 三波春夫:長岡市(旧・三島郡越路町) 三船浩:妙高市(旧・新井市) 村上幸子:村上市(旧・岩船郡荒川町) 山田実:佐渡市 アイドル 有村こはる NGT48 小川麻琴(元モーニング娘。

creative commons(wikipedia:新潟県出身の人物一覧

新潟県小学校一覧

新潟県小学校一覧(にいがたけんしょうがっこういちらん)は、新潟県の小学校の一覧。 国立小学校 新潟大学教育学部附属新潟小学校 新潟大学教育学部附属長岡小学校 上越教育大学附属小学校 公立小学校 新潟市 = 北区 = = 東区 = = 中央区 = = 江南区 = = 秋葉区 = = 南区 = = 西区 = = 西蒲区 = 長岡市 上越市 三条市 新発田市 柏崎市 燕市 村上市 佐渡市 南魚沼市 十日町市 五泉市 糸魚川市 阿賀野市 見附市 魚沼市 小千谷市 妙高市 胎内市 加茂市 北蒲原郡 聖籠町立亀代小学校 聖籠町立山倉小学校 聖籠町立蓮野小学校 西蒲原郡 弥彦村立弥彦小学校 南蒲原郡 田上町立田上小学校 田上町立羽生田小学校 東蒲原郡 三島郡 出雲崎町立出雲崎小学校 南魚沼郡 湯沢町立湯沢小学校 中魚沼郡 刈羽郡 刈羽村立刈羽小学校 岩船郡 関連項目 学校記事一覧 新潟県高等学校一覧 新潟県中学校一覧 新潟県幼稚園一覧 新潟県小学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:新潟県小学校一覧

新潟県立新潟高等学校

新潟県立新潟高等学校(にいがたけんりつ にいがたこうとうがっこう)は、新潟県新潟市中央区関屋下川原町二丁目に所在する県立高等学校。 1892年(明治25年)に開校した旧制新潟中学校を前身とする県下一の進学校。 通称県高(けんたか)。戦前、新潟市内には旧制中学校が県立新潟中学校のみ存在していたが、1939年(昭和14年)に新潟市立新潟中学校(現新潟南高校)が開校したため、それ以降両校を区別するために「県中(けんちゅう)」と呼ばれるようになった。新制高校となってからは「県高(けんこう)」と呼ばれるようになったが、1970年代頃から徐々に訓読みで呼ばれるようになっていった。 1995年(平成7年)、理数科を設置。2007年度(平成19年度)入学生から1学級増え2学級となる。県内の医師不足を懸念する県教育委員会の方針により、理数科では2年次から「医歯薬コース(メディカルコース)」と呼ばれる国公立・私立大学の医療系を目指すコースが設置される。

creative commons(wikipedia:新潟県立新潟高等学校

新潟県立長岡高等学校

新潟県立長岡高等学校(にいがたけんりつながおかこうとうがっこう)は、新潟県長岡市学校町に所在する県立高等学校。通称は長高(ちょうこう)。 1872年創立の長岡洋學校を直接の起源とする公立高校。校訓は剛健質撲・豪壮快活、文武両道を掲げる。生徒会は和而不同を旨とする。私服登校が可能。中越地域のターミナル駅である長岡駅から近く、県立高校普通科において学区が2001年度に改定、2008年度には廃止されたことなどから、現在では三条・柏崎・十日町・魚沼など広範囲から生徒が通学している。また、新潟大学教育学部附属長岡中学校の出身者が最も多く在籍している。 沿革 1869年5月から1871年8月 - 小林虎三郎、三島億二郎等によって国漢学校が開設される。国漢学校は洋語、医学、兵などの五つの学校群に分かれ、この洋語の流れを汲むのが長岡洋学校である。国漢学校は廃藩置県によって柏崎学校の分校となり廃止。 1872年12月23日(明治5年11月23日) - 三島億二郎等の尽力により、藤野善蔵を迎えて長岡洋学校として開校。

creative commons(wikipedia:新潟県立長岡高等学校

新潟県立高田高等学校

新潟県立高田高等学校(にいがたけんりつたかだこうとうがっこう)は、新潟県上越市南城町にある県立高等学校。 旧制高田中学校を前身とする県内有数の進学校であり、毎年多数の国公立大学、有名私立大学へ卒業生を輩出している。通称は「高田」・「高高(こうこう)」。上越地域全域から生徒が通学している。 2006年にそれまでグラウンドとして使用していた敷地に新校舎が完成し、2007年1月9日より新校舎による授業が開始された。それに伴い、それまで使用していた校舎と第2体育館は2007年2月より解体作業が始まった。2009年3月に大体育館、5月には新グラウンドが完成した。 校是は上杉謙信の言葉でもある「第一義」であり、体育館には「第一義」の掛け軸と上杉謙信の肖像画が掛けられている。 1968年、当時の生徒会が中心となって「校則による服装・髪型の規定」の撤廃を訴え、以後、服装と髪型の規定が撤廃された。このように学校生活は生徒が主体となっている。 2007年、2008年と2年連続で全国高等学校クイズ選手権全国大会に出場している。

creative commons(wikipedia:新潟県立高田高等学校

新潟県中学校一覧

新潟県中学校一覧(にいがたけんちゅうがっこういちらん)は、新潟県の中学校及び中等教育学校(前期課程)の一覧。 国立中学校 新潟大学教育学部附属新潟中学校 新潟大学教育学部附属長岡中学校 上越教育大学附属中学校 公立中学校・中等教育学校 新潟市 = 北区 = = 東区 = = 中央区 = = 江南区 = = 秋葉区 = = 南区 = = 西区 = = 西蒲区 = 長岡市 上越市 = 県立 = 新潟県立直江津中等教育学校 = 市立 = 三条市 新発田市 柏崎市 = 県立 = 新潟県立柏崎翔洋中等教育学校 = 市立 = 燕市 = 県立 = 新潟県立燕中等教育学校 = 市立 = 村上市 = 県立 = 新潟県立村上中等教育学校 = 市立 = 佐渡市 南魚沼市 十日町市 五泉市 糸魚川市 阿賀野市 見附市 魚沼市 小千谷市 妙高市 妙高市立新井中学校 妙高市立妙高高原中学校 妙高市立妙高中学校 胎内市 加茂市 北蒲原郡 聖籠町立聖籠中学校 西蒲原郡 弥彦村立弥彦中学校 南蒲原郡 田上町立田上中学校 東蒲原郡 = 県立 = 新潟県立阿賀黎明中学校 = 町立 = 阿賀町立阿賀津川中学校 阿賀町立三川中学校 三島郡 出雲崎町立出雲崎中学校 南魚沼郡 湯沢町立湯沢中学校 中魚沼郡 = 県立 = 新潟県立津南中等教育学校 = 町立 = 津南町立津南中学校 津南町立上郷中学校 刈羽郡 刈羽村立刈羽中学校 岩船郡 関川村立関川中学校 粟島浦村立粟島浦中学校 私立中学校 関連項目 学校記事一覧 新潟県高等学校一覧 新潟県小学校一覧 新潟県幼稚園一覧 新潟県中学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:新潟県中学校一覧

新潟県立自然科学館

名称=新潟県立自然科学館
正式名称=
愛称=
前身=
専門分野=科学館
事業主体=新潟県
管理運営=自然科学館運営グループ
年運営費=
延床面積=15,314.9m2
研究職員=
開館=1981年11月1日
所在地郵便番号=950-0948
所在地=新潟県新潟市中央区 (新潟市) 中央区女池南3-1-1
電話=025-283-3331
新潟県立自然科学館(にいがたけんりつしぜんかがくかん)は、新潟市中央区 (新潟市) 中央区女池南3丁目にある科学館。アクティオ株式会社、株式会社五藤光学研究所、株式会社トータルメディア開発研究所、株式会社新潟ビルサービスの4社(自然科学館運営グループ)が指定管理者として運営管理を行っている。
多彩なファンタジーサイエンスに「見て、触れて、操作して、遊びながら」科学に対する興味を喚起できるように展示設計された、本格的な参加・体験型の大型総合科学館。鳥屋野潟湖畔に位置し、館内の展示は「自然の科学」「生活の科学」「不思議な広場」「新潟県の移り変わり」の4つの分野に分けられ、自然科学を総合的に理解できるように構成されている。

creative commons(wikipedia:新潟県立自然科学館

新潟県民エフエム放送

新潟県民エフエム放送株式会社(にいがたけんみんエフエムほうそう、Niigata Kenmin FM Broadcast Co.,Ltd.)は、新潟県を放送対象地域として超短波放送(FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。通称「FM PORT」(エフエムポート)。 コールサインはJOWV-FM。地元ではPORTと略されることが多い。FMPORTという名前の由来は港のように(港町新潟で)様様な情報を発信できるようにという願いがこめられてつけられた。 新潟県域放送でテレビ・ラジオ通じて唯一の平成新局である。 基本的には自社制作番組のみを放送している独立FM放送局である。開局当時はJFLへ加入していたがすぐに解消。広大な平野を持ち、福井・石川・富山3県合計の面積に相当し、かつ隣県FM局との混信の少ない新潟県の地勢から実現した、5大都市圏以外の地域では初めての2局目の民間FMラジオ放送局である。

creative commons(wikipedia:新潟県民エフエム放送

新潟県立国際情報高等学校

新潟県立国際情報高等学校(にいがたけんりつこくさいじょうほうこうとうがっこう)は、新潟県南魚沼市浦佐に所在する県立高等学校である。 1980年代、新潟県の大学進学率は20%前後と、当時の全国平均を15ポイント以上下回っており、常に全国ワースト3に入るなど著しく低迷していたことから、県内教育界では早急な対策が求められていた。また当時、中越地方南部の北魚沼郡・南魚沼郡内の進学校は六日町高校しかなく、新たなモデルとなる進学校が求められていた。 こういった背景から、新潟県の大学進学率向上を目的とするモデル校として、県立国際情報高等学校が設置されることとなり、校舎の設置場所は南魚沼郡大和町大字浦佐(現南魚沼市)に決まった。これは同町が北魚沼(魚沼市)の中心地である旧小出町、南魚沼(南魚沼市)の中心地である旧六日町のほぼ中間点に位置していること、小出・六日町とも市街地が既にある程度形成されており、中心地に新たな高校を設置するのが難しいこと、さらに最寄りのJR浦佐駅には上越新幹線が停まるため、長岡・新潟方面などからも生徒を集めやすいなど、通学便宜を図りやすいこと。

creative commons(wikipedia:新潟県立国際情報高等学校

新潟県立国際情報高校

『新潟県立国際情報高等学校』より : 新潟県立国際情報高等学校(にいがたけんりつこくさいじょうほうこうとうがっこう)は、新潟県南魚沼市浦佐に所在する県立高等学校である。 1980年代、新潟県の大学進学率は20%前後と、当時の全国平均を15ポイント以上下回っており、常に全国ワースト3に入るなど著しく低迷していたことから、県内教育界では早急な対策が求められていた。また当時、中越地方南部の北魚沼郡・南魚沼郡内の進学校は六日町高校しかなく、新たなモデルとなる進学校が求められていた。 こういった背景から、新潟県の大学進学率向上を目的とするモデル校として、県立国際情報高等学校が設置されることとなり、校舎の設置場所は南魚沼郡大和町大字浦佐(現南魚沼市)に決まった。これは同町が北魚沼(魚沼市)の中心地である旧小出町、南魚沼(南魚沼市)の中心地である旧六日町のほぼ中間点に位置していること、小出・六日町とも市街地が既にある程度形成されており、中心地に新たな高校を設置するのが難しいこと、さらに最寄りのJR浦佐駅には上越新幹線が停まるため、長岡・新潟方面などからも生徒を集めやすいなど、通学便宜を図りやすいこと。

creative commons(wikipedia:新潟県立国際情報高校

新潟県立三条高等学校

新潟県立三条高等学校(にいがたけんりつさんじょうこうとうがっこう)は、新潟県三条市に所在する県立高等学校。 1901年に新潟県立新潟中学校三条分校として開校した公立高校。通称は三高(さんこう)。校風は非常に自由で、標準服は有るものの事実上の私服校である。 沿革 1901年3月18日 新潟県立新潟中学校三条分校として、南蒲原郡本成寺村大字四日町(現・三条市)に設立。 1902年4月1日 新潟県立新潟中学校三条分校開校認可。 1902年5月1日 第1回入学式、始業式を挙行。この日を創立記念日と定める。 1903年7月20日 校舎竣工式、開校式挙行。 1904年4月1日 新潟県立三条中学校と改称。 1905年10月15日 校歌制定(作詞:平野秀吉)。 1926年7月28日 五十嵐川が破堤(諏訪・曲淵切れの水害)、床上浸水が1週間続き、図書・器械はほぼ全滅など損害甚大。 1947年4月30日 学制改革により新潟県立三条中学校併設中学校(新制)を設置。 1947年10月10日 昭和天皇北越巡幸、生徒がグラウンドに整列して奉迎送。

creative commons(wikipedia:新潟県立三条高等学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引