【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

富山県魚津市【地方公共団体・地方自治体】

魚津市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、富山県魚津市の紹介です。

富山県魚津市のホームページ

魚津市 概要・地域の情報やトピック

魚津市

魚津市(うおづし)は、富山県の東部に位置する市である。 魚津市は、富山市の市街地より北東に約22kmに位置する日本海(富山湾)に面した都市である。 旧越中国の一部であり、かつては北陸街道の宿場町、富山湾の港町、魚津城等城郡の城下町、寺社群の門前町、商業・産業都市として栄えた。現在は新川地方中核都市圏である魚津都市圏の中心都市であり、富山県における7番目の人口規模。 市内の多くが立山黒部ジオパークである。沿岸地域は世界で最も美しい湾クラブに加盟した富山湾に面し、蜃気楼、ホタルイカ、魚津埋没林(国の特別天然記念物)が有名。また、漁業が盛んであり、北洋漁業の根拠地となっている。周辺都市に比べ大型の郊外型商業施設の出店が多い。また、あいの風とやま鉄道線と富山地方鉄道本線の乗り換えが可能なため、立山黒部アルペンルートや黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)など観光地への交通の要衝であり、乗り換え客や宿泊施設が多い。

creative commons(wikipedia:魚津市

魚津市民バス

魚津市民バス(うおづしみんバス)は富山県魚津市で運行されているコミュニティバスである。
午前8時50分から午後5時15分まで
12月31日から1月3日まで
市街地巡回ルート以外は日曜日、祝日運休。
一回 - 100円(未就学児は無料)
一日乗車券 - 300円(全ルート一日乗車可能)
回数券十一枚綴り - 1000円
6つのルートでは特定非営利活動法人 NPO法人が市から委託を受けて運行を担当している。
基本的に西日本旅客鉄道 JR魚津駅に発着する。
: 市街地を一周するルート。行政機関、商店街、ショッピングセンター、魚津水族館などを経由する。
: 東まわりと西まわりの2系統運行されており、一日に各7便運行されている。
松倉地区と市街地を結ぶルート。一日に上下各6便が運行されている。(1往復は区間運行)

creative commons(wikipedia:魚津市民バス

魚津市立吉島小学校

魚津市立吉島小学校(うおづしりつきちじましょうがっこう)は、富山県魚津市吉島にある小学校。
魚津市の加積地区と天神地区を通学区域としている。
本校は加積小学校と天神小学校を統合した学校である。
:加積地区を通学区域とした学校。現在の荒井学園新川高等学校の敷地。
1874年 吉島小学校創設
1892年 加積尋常小学校に改称
1927年 加積尋常高等小学校に改称
1941年 加積国民学校に改称
1947年 加積村立加積小学校に改称
1952年 魚津市立加積小学校に改称
:天神地区を通学区域とした学校。現在の天神公民館の敷地。
1873年 三省小学校創設
1878年 東山村、青柳村を通学区域とした成器小学校設立
1887年 天神野新簡易小学校設立
1890年 天神野新、三省、成器の三小学校が合併。天神簡易小学校となる

creative commons(wikipedia:魚津市立吉島小学校

魚津市立道下小学校

魚津市立道下小学校(うおづしりつ みちしたしょうがっこう)は、富山県魚津市北鬼江にある小学校。 解説 魚津市の道下地区を通学区域としている。元々は木造校舎だったが、1972年(昭和47年)に校舎が全焼したため、1974年(昭和49年)に鉄筋校舎に建て替えられた。また、異学年交流により、思いやりの心をはぐくむことを目指す縦割り班活動も行われている。 現在の校舎は、2008年(平成20年)に建て替えられたものである。 沿革 1873年、仏田小学校として創立。 1875年、成志小学校と改称。 1889年、道下簡易小学校と改称。 1890年、現在地の下新川郡道下村大字北鬼江(現在の魚津市北鬼江)に移転。 1892年、校舎新築。啓達尋常小学校と改称される(その後すぐに道下尋常小学校と改称) 1926年、高等科を併置。道下尋常高等小学校と改称。 1934年、道下農業補習学校を併置。 1941年、道下国民学校と改称。 1947年、道下小学校と改称(一時期のみ海望中学校(後に現在の魚津市立東部中学校に統合される)も併設) 1952年、魚津市の市制施行に伴い、魚津市立道下小学校と改称 1962年、4月から11月の一時期のみ、一部の教室が開校間もなく校舎が完成していなかった富山県立魚津工業高等学校の仮校舎として利用された。

creative commons(wikipedia:魚津市立道下小学校

魚津市消防本部

消防本部名 魚津市消防本部
設置日
管轄区域 魚津市
管轄面積 200.63km²
職員定数 48人
消防署数 1
分署数
出張所数
分遣所数
所在地 魚津市本江3197-1
魚津市消防本部(うおづししょうぼうほんぶ)は、富山県魚津市の消防部局(消防本部)。管轄区域は魚津市全域。
消防本部:魚津市本江3197-1
管内面積:200.63km²
職員定数:48人
消防署1カ所、救難所1カ所
主力機械(2006年3月31日現在)
消防ポンプ自動車:18
小型動力ポンプ:27

creative commons(wikipedia:魚津市消防本部

魚津市立東部中学校

魚津市立東部中学校(うおづしりつ とうぶちゅうがっこう)は、富山県魚津市吉島にある公立中学校。 魚津市の道下、加積、経田、片貝、天神、西布施地区を通学区域としている。元々あった加積中学校と海望中学校を統合して魚津10ヶ村組合立東部中学校として創立された。 なお、この学校にあるテニス部は、隣の市営テニスコートを借りて活動している。 隣には、富山県立魚津高等学校がある。 沿革 1947年4月19日、「海望中学校」「加積中学校」として開校。 1948年10月1日、「魚津町10ヶ村組合立魚津東部中学校」設置。1年後の11月10日、校舎が完成。 1952年4月1日、現校名「魚津市立東部中学校」となる。 1953年10月3日、グラウンド完成 1961年10月25日、鉄筋特別教室棟完成(尚、この建物は1994年2月23日に建て替えられる) 1968年3月15日、旧体育館完成(現在の体育館は1991年3月26日に完成) 1973年7月17日、プール完成(現在はほとんど使われていない) 1982年1月20日、現在の鉄筋4階建ての校舎(管理、教室棟)完成。

creative commons(wikipedia:魚津市立東部中学校

魚津市農業協同組合

魚津市農業協同組合(うおづしのうぎょうきょうどうくみあい)は、富山県魚津市に本店を置く農業協同組合。 魚津市をおもな業務地とする。本部は魚津市農協会館(4階建て。北日本放送の支社も同居。かつてはインテック、チューリップテレビの支店や新川インフォメーションセンターも同居していたが、いずれも2010年に商工会議所ビルに移転した)にある。 1965年4月に市内各所にあった農協を統合し(道下農協と経田農協は平成期に統合された)、魚津市農業協同組合が発足。農協会館は1967年3月に完成(当時は『くみあいマーケット』も併設されていた)。 道下地区にある道下信用農協と経田地区にある経田信用農協は、発足の際に統合に加わらなかったが、1999年4月に道下信用農協が、2001年1月に経田信用農協が統合された。 最近、市内各所にあった農協が5店舗に再編された。 店舗 本店(農協会館) 北部支店(経田) 西部支店(住吉) 東部支部(吉島) 中央支店(村木) 外部リンク JAうおづ 公式ホームページ。

creative commons(wikipedia:魚津市農業協同組合

魚津市立村木小学校

魚津市立村木小学校(うおづしりつむらきしょうがっこう)は、富山県魚津市村木にある小学校。
:魚津市の村木地区(いわゆる、鴨川以北の地域)を通学区域としている。体育館下のピロティーには、日本カーバイド工業魚津工場から魚津市に寄贈された国鉄1245形蒸気機関車 蒸気機関車が置かれている。
1909年、下新川郡魚津町大字金浦町に、魚津尋常小学校として開校
1934年、村木尋常小学校に改称
1941年、村木国民学校に改称
1947年、現在の校名である『村木小学校』に改称
1956年、魚津大火により木造校舎を焼失。
1958年5月、鉄筋校舎新築。当時は北陸一のモデル校であった。この年、富山国体の開催時に昭和天皇、香淳皇后が大火の復興の様子を視察するため新築なった新校舎(当時)の屋上に行幸 行幸啓。

creative commons(wikipedia:魚津市立村木小学校

魚津市立本江小学校

魚津市立本江小学校(うおづしりつほんごうしょうがっこう)は、富山県魚津市本江にある小学校。
魚津市の本江・本江新町・並木町・下村木町・新金屋・大光寺・三田・印田・石垣新・大海寺野(一部)地区を通学区域としている。
市内の小学校で、児童数の多い学校の1つ。
1873年 成業小学校創設
1890年 下野方簡易小学校
1892年 下野方尋常小学校に改称
1947年 下野方村立下野方小学校となる
1952年 魚津市立下野方小学校に改称
1955年 魚津市立本江小学校を新設
1968年 校舎増築
1983年~1986年 校舎、体育館改築
1993年 プール改築(可動屋根、温水シャワー)
富山県道135号富山滑川魚津線(旧国道8号)
富山地方鉄道電鉄魚津駅
魚津市立図書館
魚津市立西部中学校

creative commons(wikipedia:魚津市立本江小学校

魚津市立西部中学校

魚津市立西部中学校(うおづしりつせいぶちゅうがっこう)は、富山県魚津市友道にある中学校。プラネタリウムが設置されている(吉田プラネタリウム)。
魚津市の本江、村木、大町、住吉、上野方、上中島、松倉、坪野地区が通学区域。
3年に1回西中祭が行われる。
1947年4月19日 魚津中学校、角川中学校、加積中学校設立。
1948年10月1日 魚津町外10か村学校組合立魚津西部中学校設立。
1949年12月1日 現在地の旧魚津高等女学校に移転。
1952年4月1日 現校名「魚津市立西部中学校」となる。
1966年3月17日 鉄筋校舎竣工。
1967年6月22日 吉田プラネタリウム開館式。
1971年4月20日 体育館完成。
2000年1月21日 武道館「翔嶺館」(しょうれいかん)竣工。
富山地方鉄道電鉄魚津駅

creative commons(wikipedia:魚津市立西部中学校

魚津市桃山運動公園

魚津桃山運動公園 (うおづももやまうんどうこうえん) は、富山県魚津市にある広域運動公園である。施設は魚津市が所有し、公益財団法人魚津市体育協会が指定管理者として運営管理を行っている。 魚津市都市公園条例による名称は「魚津桃山運動公園」であるが、「魚津市桃山運動公園」との表記も見られる 主な施設 野球場 グラウンド面積:13,010m2 (芝生:8,550m2) 客席 8,246人 (内野席:5,013人、外野席:3,233人) 夜間照明 6基 グラウンド:両翼92m、中堅122m 陸上競技場 日本陸上競技連盟第2種公認 トラック 全天候ウレタン舗装400m×8レーン スタンド:6,420人 (メインスタンド 1,700人、サブスタンド 1,600人、バックスタンド 3,120人) 屋内グラウンド (砂入り人工芝) 多目的広場 (全面芝) テニスコート (8面) スケートパーク 芝生広場 展望の丘 (建築家ダニエル・リベスキンドによる展望プロジェクト) 大時計 (後楽園球場で使われていたものを移設) 開催された主なイベント・大会 野球場 毎年全日本大学女子野球選手権大会に利用されている他、2004年には女子野球世界大会の会場としても利用された。

creative commons(wikipedia:魚津市桃山運動公園

魚津市総合体育館

魚津市総合体育館(うおづしそうごうたいいくかん)は、富山県魚津市本江3311にあるスポーツ施設である。
大体育館
中体育館
小体育館(以上、1975年7月完成)
温水プール(1979年3月完成)
吉田グラウンド(1964年9月完成)
更衣室(×2)(シャワーあり)
指導員室
会議室
ロビー
富山県のスポーツ施設
魚津市

creative commons(wikipedia:魚津市総合体育館

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引