【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

長野県【地方公共団体・地方自治体】

長野県 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、長野県の紹介です。

長野県のホームページ

長野県 概要・地域の情報やトピック

長野県

長野県(ながのけん)は、本州内陸部に位置する日本の県である。令制国名の信濃国に因み「信州」とも呼ばれる。海に面していない、いわゆる内陸県であり、大規模な山岳地があるため可住地面積率は小さい。 県庁所在地は長野市で、善光寺の門前町として発展し、第18回冬季オリンピックの開催地となった自治体である。 令制国の信濃国にほぼ相当する(旧神坂村・旧山口村が岐阜県中津川市に編入される等の僅かな差異はある)ので、「信州」(しんしゅう)と呼ばれることも多く、特に観光ガイドでは「信州」と呼ぶ。古代は、科野(しなの)と書いた。 2010年(平成22年)現在、男女とも都道府県別平均寿命で1位の長寿県となっている。 地理・地域 本州の中部に位置し、周囲8県に隣接する東西約128km、南北約220km、面積13,562.23km²、東西に短く南北に長い地形である。面積は、北海道を除く46都府県のうち、岩手県、福島県に次ぐ面積を持つ。これは南関東1都3県の面積の合計に近い。長野県は群馬県・埼玉県・山梨県・静岡県・愛知県・岐阜県・富山県・新潟県と8つの県と接し、日本で最も多くの都道府県と隣接する県でもある(2位は埼玉県、岐阜県、兵庫県の7都府県。

creative commons(wikipedia:長野県

長野県の廃止市町村一覧

長野県の廃止市町村一覧(ながのけんのはいししちょうそんいちらん)は長野県における市制・町村制施行(1889年4月1日)後に、市町村合併や他の自治体に統合されることなどにより廃止した市町村の一覧である。単なる名称の変更は対象としない。
町村が「町制」・「市制」を施行し町・市となるケース
「市町村」以外の表記名を変更しなかった自治体は一覧に含まれない。(例:松本町→松本市)
町制・市制を施行した際に名称を変更した場合も一覧に含まれない。(例:永明村→ちの町)
市町村が名称変更した場合は一覧に含まれない。
所属郡が変更になった場合は一覧に含まれない。
政令指定都市 政令市の廃止区は一覧に含まれない。
市町村合併で廃止した市町村のケース

creative commons(wikipedia:長野県の廃止市町村一覧

長野県を舞台にしたテレビドラマ

『長野県』より : 長野県を舞台とした作品一覧(ながのけんをぶたいとしたさくひんいちらん)では、長野県内をモチーフあるいはロケーション撮影地にした小説、映画、アニメーション、テレビドラマ等を記述する。 小説 愛の疾走(三島由紀夫) 赤かぶ検事シリーズ「信州あんずの里殺人事件」、他多数(和久峻三) 朝比奈耕作シリーズ「風吹村の惨劇」、他多数(吉村達也) あずさ松本殺人事件(中津文彦) 安曇野(臼井吉見) 熱い絹、他多数(松本清張) 阿弥陀堂だより(南木佳士) 一路(浅田次郎) 犬神家の一族(横溝正史) 陰摩羅鬼の瑕(京極夏彦) 鉛筆部隊と特攻隊-もう一つの戦史-(きむらけん) オーダーメイド殺人クラブ (辻村深月) 凱旋(有島武郎) 餓鬼岳の殺意(太田蘭三) 風立ちぬ、菜穂子、ふるさとびと、聖家族(堀辰雄) 河童(芥川龍之介) 神様のカルテ(夏川草介) 仮面舞踏会(横溝正史) 霧の山荘(横溝正史) 霧の子孫たち、鷲ヶ峰物語(新田次郎) 黒部の太陽(木本正次) 群青色のカンバス(赤川次郎) 刑務所の中の中学校(角谷敏夫) 月光ゲーム Yの悲劇'88(有栖川有栖) 月光の東(宮本輝) 限界集落株式会社(黒野伸一) 香水心中(横溝正史) 琥珀色のダイアリー(赤川次郎) 真田三代(火坂雅志) 真田騒動(池波正太郎) 真田太平記(池波正太郎) 山岳救助隊員・紫門一鬼シリーズ、他多数(梓林太郎) 信濃いにしえ殺人事件(木谷恭介) 信濃塩の道殺人事件(木谷恭介) 信濃のコロンボシリーズ「戸隠伝説殺人事件」、他多数(内田康夫) 重右衛門の最期(田山花袋) 白い華燭(嵯峨島昭) 信州飯田殺人奔流(石川真介) 信州山岳刑事 道原伝吉シリーズ(梓林太郎) 信州諏訪湖殺人事件、他多数(大谷羊太郎) 信州・松本城殺人事件(本城英明) 真珠郎(横溝正史) 親鸞(五木寛之) 聖職の碑(新田次郎) 壮&美緒シリーズ「信州・奥多摩殺人ライン」、他多数(深谷忠記) 大迷宮(横溝正史) 武田勝頼(新田次郎) 武田信玄(新田次郎) 脱獄山脈(太田蘭三) 千草検事シリーズ「天狗の面」、他多数(土屋隆夫) 千曲川のスケッチ(島崎藤村) 沈黙の森(馳星周) 追想五断章(米澤穂信) 月よりの使者(久米正雄) 戸隠伝説(半村良) どくとるマンボウ青春記(北杜夫) 十津川警部シリーズ、他多数(西村京太郎) 特攻隊と(松本)褶曲山脈-鉛筆部隊の軌跡(きむらけん) 長野・上越新幹線四時間三十分の壁(蘇部健一) 流れる星は生きている(藤原てい) 眠れぬ夜を抱いて(野沢尚):清澄(架空の地名)。

creative commons(wikipedia:長野県を舞台にしたテレビドラマ

長野県知事

『長野県』より : 長野県知事一覧(ながのけんちじいちらん)は、長野県の知事を務めた人物の一覧。 なお、長野県と岐阜県(旧飛騨国地域)に分割・統合された筑摩県の歴代権令・参事に関しては、筑摩県#歴代知事を参照のこと。 歴代知事 旧中野県大参事高石和道 1870年旧中野県権知事林友幸 1870年 立木兼善 1871年(県庁の長野移転により、改称) 長野県権令立木兼善 1871年12月31日(明治4年11月20日) - 1873年(明治6年)6月27日長野県参事楢崎寛直 1873年(明治6年)6月27日 - 1875年(明治8年)7月19日長野県権令楢崎寛直 1875年(明治8年)7月19日 - 1878年(明治11年)7月25日(在任中に旧筑摩県の信濃国地域と統合)長野県令楢崎寛直 1878年(明治11年)7月25日 - 1881年(明治14年)6月24日 大野誠 1881年(明治14年)7月7日 - 1884年(明治17年)10月28日 木梨精一郎 1884年11月5日 - 1886年(明治19年)7月19日官選知事木梨精一郎 1886年(明治19年)7月19日 - 1889年(明治22年)12月26日 内海忠勝 1889年(明治22年)12月26日 - 1891年(明治24年)4月9日 浅田徳則 1891年(明治24年)4月9日 - 1896年(明治29年)2月6日 高崎親章 1896年(明治29年)2月6日 - 1897年(明治30年)4月7日 権藤貫一 1897年(明治30年)4月7日 - 1898年(明治31年)7月16日 園山勇 1898年(明治31年)7月16日 - 1899年(明治32年)8月8日 押川則吉 1899年(明治32年)8月8日 - 1902年(明治35年)2月8日 関清英 1902年(明治35年)2月8日 - 1905年(明治38年)9月10日 大山綱昌 1905年(明治38年)9月11日 - 1911年(明治44年)7月4日 千葉貞幹 1911年(明治44年)7月4日 - 1913年(大正2年)3月27日(前日に死去) 依田銈次郎 1913年(大正2年)4月3日 - 1914年(大正3年)4月28日 力石雄一郎 1914年(大正3年)4月28日 - 1915年(大正4年)8月12日 赤星典太 1915年(大正4年)8月12日 - 1921年(大正10年)5月27日 岡田忠彦 1921年(大正10年)5月27日 - 1922年(大正11年)10月16日 本間利雄 1922年(大正11年)10月16日 - 1924年(大正13年)6月24日 梅谷光貞 1924年(大正13年)6月24日 - 1926年8月5日 高橋守雄 1926年(大正15年)8月5日 - 1927年(昭和2年)4月28日 千葉了 1927年(昭和2年)4月28日 - 1929年(昭和4年)7月5日 鈴木信太郎 1929年(昭和4年)7月5日 - 1931年(昭和6年)8月28日 石垣倉治 1931年(昭和6年)8月28日 - 1933年(昭和8年)8月4日 岡田周造 1933年(昭和8年)8月4日 - 1935年(昭和10年)1月15日 大村清一 1935年(昭和10年)1月15日 - 1936年(昭和11年)3月13日 近藤駿介 1936年(昭和11年)3月13日 - 1938年(昭和13年)1月11日 大村清一 1938年(昭和13年)1月11日 - 1938年(昭和13年)12月23日 富田健治 1938年(昭和13年)12月23日 - 1940年(昭和15年)7月22日 鈴木登 1940年(昭和15年)7月24日 - 1942年(昭和17年)1月9日 永安百治 1942年(昭和17年)1月9日 - 1943年(昭和18年)1月10日 郡山義夫 1943年(昭和18年)1月15日 - 1944年(昭和19年)8月1日 大坪保雄 1944年(昭和19年)8月1日 - 1945年(昭和20年)10月27日 物部薫郎 1945年(昭和20年)10月27日 - 1947年(昭和22年)3月12日 伊能芳雄 1947年(昭和22年)3月12日 - 1947年(昭和22年)4月12日公選知事林虎雄(3期) 1947年(昭和22年)4月12日 - 1959年(昭和34年)4月22日 西沢権一郎(6期) 1959年(昭和34年)4月26日 - 1980年(昭和55年)9月11日 吉村午良(5期) 1980年(昭和55年)10月26日 - 2000年(平成12年)10月25日 田中康夫(2期) 2000年(平成12年)10月26日 - 2002年(平成14年)7月15日, 2002年(平成14年)9月1日 - 2006年(平成18年)8月31日 村井仁(1期) 2006年(平成18年)9月1日 - 2010年(平成22年)8月31日 阿部守一(2期目) 2010年(平成22年)9月1日 - 選挙結果 第19回 2014年8月10日執行 ※当日有権者数:1,727,409人 最終投票率:43.56%(前回比:-9.14ポイント) 第18回 2010年8月8日執行 ※当日有権者数:1,745,560人 最終投票率:52.70%(前回比:-13.28ポイント) 第17回 2006年8月6日執行 ※当日有権者数:1,754,738人 最終投票率:65.98%(前回比:-7.8ポイント) 第16回 2002年9月1日執行 ※当日有権者数:1,749,030人 最終投票率:73.78%(前回比:+4.21ポイント)。

creative commons(wikipedia:長野県知事

長野県の県道一覧

長野県の県道一覧(ながのけんのけんどういちらん)は、長野県を通る県道の一覧である。 長野県道が正式に定められたのは1919年(大正8年)の旧道路法に基づき1920年(大正9年)に認定された府県道57路線が最初である。その後も路線の追加認定や改廃が行われているが、長野大町線や長野停車場線といった区間の変更があったものの現在でもそのまま残存する県道も存在する。1959年(昭和34年)8月1日には路線が大きく見直され、1952年(昭和27年)の新道路法に基づいて認定された路線以外のほとんどである335路線がその時に廃止され、新規に286路線の県道が認定された。現在の県道の半数近くは、この時に認定された路線であるが、前記の長野大町線などは、この1959年(昭和34年)の改廃を免れた路線である。 長野県道は、大正 - 昭和20年代までの認定告示の際、すべての路線が「一、○○線」と表記されていたが、1953年(昭和28年)の認定時から整理番号が明記されるようになった。

creative commons(wikipedia:長野県の県道一覧

長野県道

『長野県の県道一覧』より : 長野県の県道一覧(ながのけんのけんどういちらん)は、長野県を通る県道の一覧である。 長野県道が正式に定められたのは1919年(大正8年)の旧道路法に基づき1920年(大正9年)に認定された府県道57路線が最初である。その後も路線の追加認定や改廃が行われているが、長野大町線や長野停車場線といった区間の変更があったものの現在でもそのまま残存する県道も存在する。1959年(昭和34年)8月1日には路線が大きく見直され、1952年(昭和27年)の新道路法に基づいて認定された路線以外のほとんどである335路線がその時に廃止され、新規に286路線の県道が認定された。現在の県道の半数近くは、この時に認定された路線であるが、前記の長野大町線などは、この1959年(昭和34年)の改廃を免れた路線である。 長野県道は、大正 - 昭和20年代までの認定告示の際、すべての路線が「一、○○線」と表記されていたが、1953年(昭和28年)の認定時から整理番号が明記されるようになった。

creative commons(wikipedia:長野県道

長野県松本深志高等学校

長野県松本深志高等学校(ながのけん まつもとふかしこうとうがっこう)は、長野県松本市蟻ケ崎三丁目にある県立高等学校。 授業は1日65分×5時限(木曜日 65分×5時限+LHR50分 土曜日 65分×3時限)を展開する。土曜授業は2013年度から新学習指導要領が完全実施されるのに伴い、生徒の学習時間の確保と平日放課後の自主活動の時間確保のため開始された。ただし、毎週は実施されない。2002年度から2003年度までの夏期は70分授業を実施していたが、従来(1957年~)の65分授業に戻した。校名の「深志」とは松本市の古称「深志郷」に由来し、「扇状地の伏流水がわき出る場所」を意味する。 長野県内の伝統名門校の1つである。 本校管理棟普通教室棟(第一棟)と講堂は、共に2003年4月8日から、国の登録有形文化財となっている。 第一棟(1933年竣工) - 初期のコンクリート造学校建築で、尖った柱の形や尖頭状の正面玄関のアーチ等、ゴシック風意匠に特徴がある。

creative commons(wikipedia:長野県松本深志高等学校

長野県出身の人物一覧

長野県出身の人物一覧(ながのけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する長野県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 = 現職の衆議院議員 = 篠原孝(民進党、中野市) 務台俊介(自由民主党) 井出庸生(民進党) 後藤茂之(自由民主党) 宮下一郎(自由民主党) 小松裕(自由民主党) 木内均(自由民主党) = 現職の参議院議員 = 北澤俊美(民進党) 羽田雄一郎(民進党、上田市) 池口修次(民主党、大桑村) 柳沢光美(民進党) 若林正俊(自由民主党) 吉田博美(自由民主党) 小坂憲次 (元文部科学大臣 自由民主党、長野市) = 国務大臣 = = その他の政治家 = 中央行政 = 官選知事 = 青木重臣(内務官僚) 赤池濃(内務官僚、坂城町) 伊沢多喜男(内務官僚、元東京市長、伊那市、台湾総督) 小田切磐太郎(内務官僚、須坂市) 唐沢俊樹(内務官僚、政治家) 木下信(内務官僚、箕輪町) 栗原美能留(内務官僚、松本市) 小林武治(逓信官僚、小諸市) 近藤壌太郎(内務官僚、千曲市) 篠原英太郎(内務官僚) 高橋庸弥(内務官僚) 相馬敏夫(大蔵官僚) 寺田祐之(内務官僚、飯山市) 西沢正太郎(内務官僚、坂城町) 西村彰一(農林官僚) 早川元(内務官僚) 増田甲子七(内務官僚、政治家) 丸茂藤平(内務官僚) 宮脇倫(内務官僚、飯田市) 三沢寛一(内務官僚、伊那市) 渡辺国武(政治家、子爵) 渡辺千秋(政治家、伯爵) 法曹 飯村義美(最高裁判所裁判官) 石川元也(弁護士) 井上操(大阪控訴院判事、関西大学創設者の一人) 今村信行(大審院判事) 今村力三郎(弁護士、元専修大学総長) 北澤晶(東京高等裁判所判事) 北村晴男(弁護士、千曲市) 熊谷信太郎(弁護士) 才口千晴(最高裁判所裁判官) 関之(最高検察庁検事) 塚原嘉藤(弁護士) 那須弘平(最高裁判所裁判官) 半田靖史(前橋地方裁判所部総括判事) 丸田顕(大阪地方裁判所判事) 山浦善樹(最高裁判所裁判官) 山崎今朝弥(弁護士) 山本草二(国際海洋法裁判所判事、上田市) 横田秀雄(大審院長、元明治大学学長) 渡辺驥(大審院検事長) 軍人 = 陸軍将官 = 安東貞美(大将、台湾総督、男爵、信濃飯田藩 ) 福島安正(大将、男爵、松本藩) 神尾光臣(大将、男爵、高島藩) 栗林忠道(大将、長野市(旧西条村)) 山田乙三(大将) 永田鉄山(中将、統制派) 小須田勝造(中将) 平林盛人(中将) 細見惟雄(中将) 堀内文次郎(中将) 本多政材(中将) 丸山政男(中将) 宮崎周一(中将) 両角業作(中将) 柳田元三(中将) 今井武夫(少将) 木島袈裟雄(少将) 牧野毅(少将、松代藩) = 海軍将官 = 塩沢幸一(大将) 有賀幸作(中将、戦艦大和艦長、辰野町(旧朝日村)) 伊東義五郎(中将、男爵、松代藩) 金子繁治 (中将) 小林宗之助 (中将) 鹿野勇之進(中将、男爵、松代藩) 坂本俊篤(中将、男爵、高島藩) 渋谷紫郎(中将) 清水光美(中将) 中澤佑(中将) 富岡定恭(中将、男爵、松代藩) 樋口修一郎(中将) 藤森康男(中将) 細萱戊子郎(中将) 丸茂邦則(中将) 春日篤(少将) 古村啓蔵(少将) 藤森清一朗(少将) 柳澤蔵之助(少将) = その他の軍人 = 上原良司 小沢豁郎 小平好直 小松慶也 島村信政 西沢広義 原田要 水城圭次 渡辺静 実業家 学者 人文科学系 社会科学系 自然科学系 その他 赤松小三郎(兵学者、上田藩) 佐久間象山(朱子学者、兵学者、松代藩) 太宰春台(儒学者、飯田藩) 田中芳男(博物学者、男爵、飯田藩) 教育者 赤羽一雄(伊那市) 井口喜源治(安曇野市) 市川源三 伊藤和夫 伊藤長七(諏訪市) 川井清一郎(松本市) 河原操子(松本市) 木川達爾 小岩井浄(元愛知大学学長、松本市) 神津専三郎(小諸市) 菰田万一郎 代田昭久 瀧澤菊太郎(千曲市) 徳武敏夫(長野市) 羽田貞義(東御市) 鳩山春子(松本市) 樋口長市(松本市) 本多まつ江 正木直太郎 与良松三郎(小諸市) 文芸 作家 評論家 脚本家 阿木翁助 石井彰(放送作家) 伊藤松雄 大倉利晴(放送作家、伊那市) 上條逸雄 岸田理生 小林英造 小林雄次 田口成光(放送作家) 丸尾聡 翻訳家 畔上賢造 大井数雄 金井為一郎 鈴木徹郎 関根日出男 高山洋吉 土屋政雄 平林広人 保篠龍緒 三浦久 武舎広幸 水野亮 母袋夏生 淀川郁子 編集者 岡茂雄 倉島節尚(国語辞典編集者) 倉島長正(国語辞典編集者) 小林勇 塩澤快浩 武居俊樹 中野幹隆 森山裕之 俳人 相子智恵 青柳志解樹 伊藤松宇 臼田亞浪 栗生純夫 栗林一石路 小澤實 河合曾良 小林一茶 相馬遷子 林翔 藤岡改造 宮入聖 村松友次 矢島渚男 詩人 大島博光 清沢清志 渋沢孝輔 清水澄子 田中清光 橋爪健 日夏耿之介 水野源三 米倉巌 歌人 新井章 太田水穂 小口太郎 奥村晃作 窪田空穂 五味保義 斎藤瀏 四賀光子 島木赤彦 藤森朋夫 松井芒人 武川忠一 芸術家 画家 彫刻家 川村吾蔵 清水多嘉示(諏訪郡原村) 武井直也(岡谷市) 竹内不忘 戸谷成雄 荻原碌山 版画家 小松美羽(坂城町) 辰野登恵子 現代美術家 柿崎順一(千曲市) 草間彌生(松本市) 松澤宥(下諏訪町) 山極満博 書家 上條信山 川村驥山 比田井天来 三井親和 建築家 伊藤寛 遠藤於莵(木曽町) 北川原温 金箱温春 滝沢健児 藤森照信(茅野市) 宮本忠長 柳澤孝彦 渡辺明 写真家 木之下晃 行田哲夫 熊谷元一 小林紀晴 櫻井寛 ハリー・K・シゲタ(上田市) 島田謹介 白鳥真太郎 アキヒロタカヤマ 垂見健吾(南木曽町) 中沢義直 中村梧郎 西澤諭志 藤本四八(飯田市) 樋口健二(フォトジャーナリスト、富士見町) 宮崎学(中川村) 真島満秀 華道家 柿崎順一(千曲市) 永島四郎(長野市) 映画監督 漫画家 作詞家 浅原六朗 伊沢修二 いではく 坂口淳 志賀大介 代田銀太郎 松本礼児 山川啓介(佐久市) 山上武夫 作曲家 赤塩正樹(上田市) 新井理生 伊沢修二 伊藤昇(松本市) 今井光也(諏訪市) 岩垂徳行(松本市) 上松範康 小山清茂 太田美知彦(安曇野市) 海沼實 亀山法男 草川信 諏訪雅彦 中沢伴行 中山晋平(中野市) 羽場仁志 久石譲(中野市) 古川貴浩 三澤康広 矢崎俊輔 横田信夫 横山克 クラシック・ジャズ等 上松美香 アルパ奏者(安曇野市) 有賀誠門 打楽器奏者(塩尻市) 兎束龍夫 ヴァイオリニスト(上田市) 沖仁 フラメンコギター奏者 神田勇哉 フルート奏者(松本市) 工藤千博 ヴァイオリニスト 倉石真 テノール歌手(長野市) 斉田好男 指揮者(松本市) 佐田大陸 ヴァイオリニスト(諏訪市) 佐野成宏 オペラ歌手 猿田泰寛 ピアニスト 鈴木良雄 ジャズミュージシャン 白井光子 メゾ・ソプラノ歌手(佐久市) 津嶋啓一 ピアニスト 永井和子 メゾ・ソプラノ歌手(岡谷市) 中澤きみ子 ヴァイオリニスト(上田市) 中野雄 クラシック音楽プロデューサー(松本市) 花岡千春 ピアニスト(松本市) 丸山勉 ホルン奏者 水野信行 ホルン奏者 嶺貞子 ソプラノ歌手(飯山市) 宮沢昭 ジャズミュージシャン 柳澤寿男 指揮者 山本貴志 ピアニスト(長野市)ショパン・コンクール入賞 吉江忠男 バリトン歌手(岡谷市) デザイナー 竹内良幸(デザイナー、安曇野市) 北沢直樹(キャラクターデザイナー、上田市) ハラヒロシ(ウェブデザイナー、須坂市) 原弘(グラフィックデザイナー、飯田市) アニメーター 井出安軌 新海誠 滝沢敏文 塚田庄英(長野市) 羽山淳一 摩砂雪 水島努 イラストレーター 寄藤文平 河田久雄 西原比呂志 西村博之 ヘアメイクアーティスト 柘植伊佐夫(伊那市) 宮村浩気(長野市) 小椋ケンイチ(飯田市) ゲームクリエイター 青沼英二 赤羽卓美 太田順也(白馬村) 神谷英樹(松本市) 鈴木孝成 須田剛一 倉島一幸(長野市) 小口久雄(岡谷市) 須田剛一(長野市) 鶴見六百 花岡拓也 宮島岳史(長野市) その他の芸術家 白井剛(舞踏家、飯田市) 大森光彦(陶芸家、辰野町) 笠原邦彦 関和亮 髙橋節郎(漆芸家、安曇野市) 松井康成(陶芸家、佐久市) 柳沢京子(切り絵作家) Candle JUNE 芸能・文化人 俳優 ミュージシャン グループ・デュオ・バンド 声優 タレント・モデル 落語家 棋士 木下浩一(囲碁棋士) 小林千寿(囲碁棋士、松本市) 小林覚(囲碁棋士、松本市) 関山仙太夫 - (囲碁棋士) 田中悠一(将棋棋士、長野市) 田丸昇(将棋棋士、東御市) 中山典之(囲碁棋士、上田市) 野本虎次(将棋棋士) 丸田祐三(将棋棋士、長野市) スポーツ選手 力士 御嶽海 大鷲平(佐久市) 木村庄之助 (21代)(立行司、長野市) 式守与太夫 (10代)(三役格行司) 信州山由金 高登渉 雷電爲右エ門(江戸時代の大関・東御市) 若嵐武 柔道 山岸絵美 サッカー 田中隼磨(松本市)【松本山雅FC】元横浜F・マリノス、東京ヴェルディ1969、名古屋グランパス 高橋義希(須坂市)【サガン鳥栖】元ベガルタ仙台 塩沢勝吾(上田市)【AC長野パルセイロ】元水戸ホーリーホック、佐川印刷SC、松本山雅FC 宮田直樹(松本市)【ファジアーノ岡山】 今井昌太(上松町)【ブラウブリッツ秋田】元松本山雅FC 小松憲太(塩尻市)元アユタヤFC、松本山雅FC 宮下周歩(上伊那郡中川村)【サウルコス福井】元松本山雅FC 橋爪勇樹(上田市)【ヴァンフォーレ甲府】 代田敦資【V・ファーレン長崎】 杉本真【栃木SC】 大澤雄樹(伊那市)【FC琉球】元横河武蔵野FC 小湊隆延(須坂市) 【FC琉球ヘッドコーチ】元長野エルザサッカークラブ 赤羽邦彦 元サンフレッチェ広島 景山健司(佐久市)元YKK AP、カターレ富山 勝野正之 元西濃運輸サッカー部、元FC岐阜SECOND監督 三澤慶一(伊那市)元ヴィッセル神戸、ザスパ草津 北原健二(伊那市) 元水戸ホーリーホック ラグビー 細田佳也(飯田市) バレーボール 井上謙 神林正文 高橋有紀子(須坂市) 西堀育実(中野市) 西堀健実(ビーチバレー、中野市) 松本慶彦(長野市、旧上水内郡戸隠村) 丸山裕子 バスケットボール 青沼令子(長野市) 青野和人 池内侑里 宇都宮正(長野市) 大屋秀作 北原憲彦(伊那市) 小松さやか 中川弘子 鳴海亮 平手美樹 松澤希美 丸山健治(松本市) 格闘家 勝俣将寿(空手) 田原しんぺー(総合格闘技、北安曇郡) 戸井田カツヤ(総合格闘技、長野市) 中澤公誉(空手) 村山暁洋(総合格闘技、松本市) ボクシング 小澤瑶生 西澤ヨシノリ (上田市) 宮尾綾香 (千曲市) キックボクシング 小林聡(長野市) 小宮山工介(上田市) プロレスラー アブドーラ小林 (大日本プロレス、千曲市) 小原道由(平成維新軍) 大鷲透(佐久市) \(^o^)/チエ(ハッスル) 小林邦昭 (新日本プロレス、小諸市) 中牧昭二 蒲原唯(長野市):現在は引退している。

creative commons(wikipedia:長野県出身の人物一覧

長野県出身の有名人一覧

『長野県出身の人物一覧』より : 長野県出身の人物一覧(ながのけんしゅっしんのじんぶついちらん)は、Wikipedia日本語版に記事が存在する長野県出身の人物の一覧表である。 公人 政治家 = 現職の衆議院議員 = 篠原孝(民進党、中野市) 務台俊介(自由民主党) 井出庸生(民進党) 後藤茂之(自由民主党) 宮下一郎(自由民主党) 小松裕(自由民主党) 木内均(自由民主党) = 現職の参議院議員 = 北澤俊美(民進党) 羽田雄一郎(民進党、上田市) 池口修次(民主党、大桑村) 柳沢光美(民進党) 若林正俊(自由民主党) 吉田博美(自由民主党) 小坂憲次 (元文部科学大臣 自由民主党、長野市) = 国務大臣 = = その他の政治家 = 中央行政 = 官選知事 = 青木重臣(内務官僚) 赤池濃(内務官僚、坂城町) 伊沢多喜男(内務官僚、元東京市長、伊那市、台湾総督) 小田切磐太郎(内務官僚、須坂市) 唐沢俊樹(内務官僚、政治家) 木下信(内務官僚、箕輪町) 栗原美能留(内務官僚、松本市) 小林武治(逓信官僚、小諸市) 近藤壌太郎(内務官僚、千曲市) 篠原英太郎(内務官僚) 高橋庸弥(内務官僚) 相馬敏夫(大蔵官僚) 寺田祐之(内務官僚、飯山市) 西沢正太郎(内務官僚、坂城町) 西村彰一(農林官僚) 早川元(内務官僚) 増田甲子七(内務官僚、政治家) 丸茂藤平(内務官僚) 宮脇倫(内務官僚、飯田市) 三沢寛一(内務官僚、伊那市) 渡辺国武(政治家、子爵) 渡辺千秋(政治家、伯爵) 法曹 飯村義美(最高裁判所裁判官) 石川元也(弁護士) 井上操(大阪控訴院判事、関西大学創設者の一人) 今村信行(大審院判事) 今村力三郎(弁護士、元専修大学総長) 北澤晶(東京高等裁判所判事) 北村晴男(弁護士、千曲市) 熊谷信太郎(弁護士) 才口千晴(最高裁判所裁判官) 関之(最高検察庁検事) 塚原嘉藤(弁護士) 那須弘平(最高裁判所裁判官) 半田靖史(前橋地方裁判所部総括判事) 丸田顕(大阪地方裁判所判事) 山浦善樹(最高裁判所裁判官) 山崎今朝弥(弁護士) 山本草二(国際海洋法裁判所判事、上田市) 横田秀雄(大審院長、元明治大学学長) 渡辺驥(大審院検事長) 軍人 = 陸軍将官 = 安東貞美(大将、台湾総督、男爵、信濃飯田藩 ) 福島安正(大将、男爵、松本藩) 神尾光臣(大将、男爵、高島藩) 栗林忠道(大将、長野市(旧西条村)) 山田乙三(大将) 永田鉄山(中将、統制派) 小須田勝造(中将) 平林盛人(中将) 細見惟雄(中将) 堀内文次郎(中将) 本多政材(中将) 丸山政男(中将) 宮崎周一(中将) 両角業作(中将) 柳田元三(中将) 今井武夫(少将) 木島袈裟雄(少将) 牧野毅(少将、松代藩) = 海軍将官 = 塩沢幸一(大将) 有賀幸作(中将、戦艦大和艦長、辰野町(旧朝日村)) 伊東義五郎(中将、男爵、松代藩) 金子繁治 (中将) 小林宗之助 (中将) 鹿野勇之進(中将、男爵、松代藩) 坂本俊篤(中将、男爵、高島藩) 渋谷紫郎(中将) 清水光美(中将) 中澤佑(中将) 富岡定恭(中将、男爵、松代藩) 樋口修一郎(中将) 藤森康男(中将) 細萱戊子郎(中将) 丸茂邦則(中将) 春日篤(少将) 古村啓蔵(少将) 藤森清一朗(少将) 柳澤蔵之助(少将) = その他の軍人 = 上原良司 小沢豁郎 小平好直 小松慶也 島村信政 西沢広義 原田要 水城圭次 渡辺静 実業家 学者 人文科学系 社会科学系 自然科学系 その他 赤松小三郎(兵学者、上田藩) 佐久間象山(朱子学者、兵学者、松代藩) 太宰春台(儒学者、飯田藩) 田中芳男(博物学者、男爵、飯田藩) 教育者 赤羽一雄(伊那市) 井口喜源治(安曇野市) 市川源三 伊藤和夫 伊藤長七(諏訪市) 川井清一郎(松本市) 河原操子(松本市) 木川達爾 小岩井浄(元愛知大学学長、松本市) 神津専三郎(小諸市) 菰田万一郎 代田昭久 瀧澤菊太郎(千曲市) 徳武敏夫(長野市) 羽田貞義(東御市) 鳩山春子(松本市) 樋口長市(松本市) 本多まつ江 正木直太郎 与良松三郎(小諸市) 文芸 作家 評論家 脚本家 阿木翁助 石井彰(放送作家) 伊藤松雄 大倉利晴(放送作家、伊那市) 上條逸雄 岸田理生 小林英造 小林雄次 田口成光(放送作家) 丸尾聡 翻訳家 畔上賢造 大井数雄 金井為一郎 鈴木徹郎 関根日出男 高山洋吉 土屋政雄 平林広人 保篠龍緒 三浦久 武舎広幸 水野亮 母袋夏生 淀川郁子 編集者 岡茂雄 倉島節尚(国語辞典編集者) 倉島長正(国語辞典編集者) 小林勇 塩澤快浩 武居俊樹 中野幹隆 森山裕之 俳人 相子智恵 青柳志解樹 伊藤松宇 臼田亞浪 栗生純夫 栗林一石路 小澤實 河合曾良 小林一茶 相馬遷子 林翔 藤岡改造 宮入聖 村松友次 矢島渚男 詩人 大島博光 清沢清志 渋沢孝輔 清水澄子 田中清光 橋爪健 日夏耿之介 水野源三 米倉巌 歌人 新井章 太田水穂 小口太郎 奥村晃作 窪田空穂 五味保義 斎藤瀏 四賀光子 島木赤彦 藤森朋夫 松井芒人 武川忠一 芸術家 画家 彫刻家 川村吾蔵 清水多嘉示(諏訪郡原村) 武井直也(岡谷市) 竹内不忘 戸谷成雄 荻原碌山 版画家 小松美羽(坂城町) 辰野登恵子 現代美術家 柿崎順一(千曲市) 草間彌生(松本市) 松澤宥(下諏訪町) 山極満博 書家 上條信山 川村驥山 比田井天来 三井親和 建築家 伊藤寛 遠藤於莵(木曽町) 北川原温 金箱温春 滝沢健児 藤森照信(茅野市) 宮本忠長 柳澤孝彦 渡辺明 写真家 木之下晃 行田哲夫 熊谷元一 小林紀晴 櫻井寛 ハリー・K・シゲタ(上田市) 島田謹介 白鳥真太郎 アキヒロタカヤマ 垂見健吾(南木曽町) 中沢義直 中村梧郎 西澤諭志 藤本四八(飯田市) 樋口健二(フォトジャーナリスト、富士見町) 宮崎学(中川村) 真島満秀 華道家 柿崎順一(千曲市) 永島四郎(長野市) 映画監督 漫画家 作詞家 浅原六朗 伊沢修二 いではく 坂口淳 志賀大介 代田銀太郎 松本礼児 山川啓介(佐久市) 山上武夫 作曲家 赤塩正樹(上田市) 新井理生 伊沢修二 伊藤昇(松本市) 今井光也(諏訪市) 岩垂徳行(松本市) 上松範康 小山清茂 太田美知彦(安曇野市) 海沼實 亀山法男 草川信 諏訪雅彦 中沢伴行 中山晋平(中野市) 羽場仁志 久石譲(中野市) 古川貴浩 三澤康広 矢崎俊輔 横田信夫 横山克 クラシック・ジャズ等 上松美香 アルパ奏者(安曇野市) 有賀誠門 打楽器奏者(塩尻市) 兎束龍夫 ヴァイオリニスト(上田市) 沖仁 フラメンコギター奏者 神田勇哉 フルート奏者(松本市) 工藤千博 ヴァイオリニスト 倉石真 テノール歌手(長野市) 斉田好男 指揮者(松本市) 佐田大陸 ヴァイオリニスト(諏訪市) 佐野成宏 オペラ歌手 猿田泰寛 ピアニスト 鈴木良雄 ジャズミュージシャン 白井光子 メゾ・ソプラノ歌手(佐久市) 津嶋啓一 ピアニスト 永井和子 メゾ・ソプラノ歌手(岡谷市) 中澤きみ子 ヴァイオリニスト(上田市) 中野雄 クラシック音楽プロデューサー(松本市) 花岡千春 ピアニスト(松本市) 丸山勉 ホルン奏者 水野信行 ホルン奏者 嶺貞子 ソプラノ歌手(飯山市) 宮沢昭 ジャズミュージシャン 柳澤寿男 指揮者 山本貴志 ピアニスト(長野市)ショパン・コンクール入賞 吉江忠男 バリトン歌手(岡谷市) デザイナー 竹内良幸(デザイナー、安曇野市) 北沢直樹(キャラクターデザイナー、上田市) ハラヒロシ(ウェブデザイナー、須坂市) 原弘(グラフィックデザイナー、飯田市) アニメーター 井出安軌 新海誠 滝沢敏文 塚田庄英(長野市) 羽山淳一 摩砂雪 水島努 イラストレーター 寄藤文平 河田久雄 西原比呂志 西村博之 ヘアメイクアーティスト 柘植伊佐夫(伊那市) 宮村浩気(長野市) 小椋ケンイチ(飯田市) ゲームクリエイター 青沼英二 赤羽卓美 太田順也(白馬村) 神谷英樹(松本市) 鈴木孝成 須田剛一 倉島一幸(長野市) 小口久雄(岡谷市) 須田剛一(長野市) 鶴見六百 花岡拓也 宮島岳史(長野市) その他の芸術家 白井剛(舞踏家、飯田市) 大森光彦(陶芸家、辰野町) 笠原邦彦 関和亮 髙橋節郎(漆芸家、安曇野市) 松井康成(陶芸家、佐久市) 柳沢京子(切り絵作家) Candle JUNE 芸能・文化人 俳優 ミュージシャン グループ・デュオ・バンド 声優 タレント・モデル 落語家 棋士 木下浩一(囲碁棋士) 小林千寿(囲碁棋士、松本市) 小林覚(囲碁棋士、松本市) 関山仙太夫 - (囲碁棋士) 田中悠一(将棋棋士、長野市) 田丸昇(将棋棋士、東御市) 中山典之(囲碁棋士、上田市) 野本虎次(将棋棋士) 丸田祐三(将棋棋士、長野市) スポーツ選手 力士 御嶽海 大鷲平(佐久市) 木村庄之助 (21代)(立行司、長野市) 式守与太夫 (10代)(三役格行司) 信州山由金 高登渉 雷電爲右エ門(江戸時代の大関・東御市) 若嵐武 柔道 山岸絵美 サッカー 田中隼磨(松本市)【松本山雅FC】元横浜F・マリノス、東京ヴェルディ1969、名古屋グランパス 高橋義希(須坂市)【サガン鳥栖】元ベガルタ仙台 塩沢勝吾(上田市)【AC長野パルセイロ】元水戸ホーリーホック、佐川印刷SC、松本山雅FC 宮田直樹(松本市)【ファジアーノ岡山】 今井昌太(上松町)【ブラウブリッツ秋田】元松本山雅FC 小松憲太(塩尻市)元アユタヤFC、松本山雅FC 宮下周歩(上伊那郡中川村)【サウルコス福井】元松本山雅FC 橋爪勇樹(上田市)【ヴァンフォーレ甲府】 代田敦資【V・ファーレン長崎】 杉本真【栃木SC】 大澤雄樹(伊那市)【FC琉球】元横河武蔵野FC 小湊隆延(須坂市) 【FC琉球ヘッドコーチ】元長野エルザサッカークラブ 赤羽邦彦 元サンフレッチェ広島 景山健司(佐久市)元YKK AP、カターレ富山 勝野正之 元西濃運輸サッカー部、元FC岐阜SECOND監督 三澤慶一(伊那市)元ヴィッセル神戸、ザスパ草津 北原健二(伊那市) 元水戸ホーリーホック ラグビー 細田佳也(飯田市) バレーボール 井上謙 神林正文 高橋有紀子(須坂市) 西堀育実(中野市) 西堀健実(ビーチバレー、中野市) 松本慶彦(長野市、旧上水内郡戸隠村) 丸山裕子 バスケットボール 青沼令子(長野市) 青野和人 池内侑里 宇都宮正(長野市) 大屋秀作 北原憲彦(伊那市) 小松さやか 中川弘子 鳴海亮 平手美樹 松澤希美 丸山健治(松本市) 格闘家 勝俣将寿(空手) 田原しんぺー(総合格闘技、北安曇郡) 戸井田カツヤ(総合格闘技、長野市) 中澤公誉(空手) 村山暁洋(総合格闘技、松本市) ボクシング 小澤瑶生 西澤ヨシノリ (上田市) 宮尾綾香 (千曲市) キックボクシング 小林聡(長野市) 小宮山工介(上田市) プロレスラー アブドーラ小林 (大日本プロレス、千曲市) 小原道由(平成維新軍) 大鷲透(佐久市) \(^o^)/チエ(ハッスル) 小林邦昭 (新日本プロレス、小諸市) 中牧昭二 蒲原唯(長野市):現在は引退している。

creative commons(wikipedia:長野県出身の有名人一覧

長野県小学校一覧

長野県小学校一覧(ながのけんしょうがっこういちらん)は、長野県の小学校の一覧。 国立小学校 信州大学教育学部附属長野小学校 信州大学教育学部附属松本小学校 公立小学校 長野市 松本市 上田市 岡谷市 飯田市 諏訪市 須坂市 小諸市 伊那市 駒ヶ根市 中野市 大町市 飯山市 茅野市 塩尻市 佐久市 千曲市 東御市 安曇野市 南佐久郡 北佐久郡 小県郡 諏訪郡 上伊那郡 = 組合立小学校 = 辰野町塩尻市小学校組合立両小野小学校 = 町村立小学校 = 下伊那郡 木曽郡 東筑摩郡 北安曇郡 埴科郡 上高井郡 下高井郡 上水内郡 下水内郡 私立小学校 すべて小中一貫校である。

creative commons(wikipedia:長野県小学校一覧

長野県方言

長野県方言(ながのけんほうげん)、または信州弁(しんしゅうべん)は、長野県で話される日本語の方言の総称である。方言区画上の分類としては、東海東山方言に属す。山梨県の方言(甲州弁)や静岡県の方言(静岡弁・遠州弁・伊豆弁)とあわせて「ナヤシ方言」と総称されることもある(都竹通年雄(1949年)の説)。 長野県は南北に長く、隣接する多くの地域からの言葉の流入、また各盆地における文化の違いがみられるため、それぞれの地域に特有の方言と、県全域で通じる方言とに二分される。 話者の方言観として「信州弁(或いは自分の居住する地域の方言)はごく一部の語彙を除けば、共通語や東京周辺の首都圏方言とほぼ同じだ」と錯覚している者の多いことは、長野県下各地の共通項として挙げられる。実際には語彙が東海東山方言的であり、後述するアクセント体系に決定的な違いがある他、文の抑揚(イントネーション)が共通語に比べてやや大きい。また、いわゆる「気がつきにくい方言」や、共通語と同じ語彙でありながら用法がドメスティックなために県外では伝わらないものなども数多く存在する。

creative commons(wikipedia:長野県方言

長野県長野高等学校

長野県長野高等学校(ながのけん ながのこうとうがっこう)は、長野県長野市上松一丁目にある県立高校。全日制普通科と定時制普通科を設置する。略称は長高、県立長野。 以下、特記がない場合には、全日制についてのものである。 郡立中学として開設され、県立中学校に移管の際は3つの支校を持つ県下で唯一専任校長の常勤する本校となったが、県立師範学校と旧制中学 校のどちらを地元の長野町に優先して残すかについての、松本町との駆け引きで、複雑な前史がある(後述)。 同窓会館であり、普段は生徒の学習室などとして利用される金鵄会館(旧南校舎)は、国の登録有形文化財に登録されている。なお、金鵄会館には、同窓会事務局のほか、長野県高等学校体育連盟の事務局も置かれている。 長野県内の名門校の1つである。 校章 「金鵄」(きんし)に高の文字。東京美術學校から東京藝術大學にかけて入学した学生に公募で選出。旧制長野中学校時代の1899年制定のデザインとは顔の向きと足の描写の点で異なる。1949年制定。文化祭は、校章にちなんで「金鵄祭」と称する。

creative commons(wikipedia:長野県長野高等学校

長野県長野北高等学校

『長野県長野高等学校』より : 長野県長野高等学校(ながのけん ながのこうとうがっこう)は、長野県長野市上松一丁目にある県立高校。全日制普通科と定時制普通科を設置する。略称は長高、県立長野。 以下、特記がない場合には、全日制についてのものである。 郡立中学として開設され、県立中学校に移管の際は3つの支校を持つ県下で唯一専任校長の常勤する本校となったが、県立師範学校と旧制中学 校のどちらを地元の長野町に優先して残すかについての、松本町との駆け引きで、複雑な前史がある(後述)。 同窓会館であり、普段は生徒の学習室などとして利用される金鵄会館(旧南校舎)は、国の登録有形文化財に登録されている。なお、金鵄会館には、同窓会事務局のほか、長野県高等学校体育連盟の事務局も置かれている。 長野県内の名門校の1つである。 校章 「金鵄」(きんし)に高の文字。東京美術學校から東京藝術大學にかけて入学した学生に公募で選出。旧制長野中学校時代の1899年制定のデザインとは顔の向きと足の描写の点で異なる。1949年制定。文化祭は、校章にちなんで「金鵄祭」と称する。

creative commons(wikipedia:長野県長野北高等学校

長野県を舞台にした作品

長野県を舞台にした作品(ながのけんをぶたいにしたさくひん)では、長野県内をモチーフあるいはロケーション地にした小説、アニメーション、テレビドラマ等を記述する。
破戒_(小説) 破戒(島崎藤村)
千曲川のスケッチ(島崎藤村)
夜明け前(島崎藤村)
女人焚死(佐藤春夫)
河童 (小説) 河童(芥川龍之介)
風立ちぬ (小説) 風立ちぬ(堀辰雄)
犬神家の一族(横溝正史)
風林火山 (小説) 風林火山
不死蝶(横溝正史)
仮面舞踏会 (小説) 仮面舞踏会(横溝正史)
どくとるマンボウ青春記(北杜夫)
流れる星は生きている(藤原てい)
聖職の碑(新田次郎)
月光の東(宮本輝)
重右衛門の最期(田山花袋)
天狗の面(土屋隆夫)
安曇野#安曇野 (小説) 安曇野(臼井吉見)

creative commons(wikipedia:長野県を舞台にした作品

長野県伊那北高等学校

長野県伊那北高等学校(ながのけん いなきたこうとうがっこう)は、長野県伊那市山寺に位置する公立高等学校である。 略称はなく「伊那北」と呼ばれている。文化祭は「ペン祭」と称し、その名称は校章に由来する。開始当初は9月に行われていたが、進学への影響から1962年の第6回ペン祭から7月開催へ変更された。その後開催時期が早まり、現在は6月後半に開催。 自由な校風をモットーに、生徒の自覚を尊重する中で、生徒会が中心となり1970年7月1日に制服の自由化を実行した。 一般に修学旅行と呼ばれる行事は、本校では「研修旅行」と呼ぶ。1967年に廃止された修学旅行に代わり、教育成果の期待できる研修旅行を生徒が同年に自主的に開催したことが始まりである。目的地については、行き先を生徒が4〜5コースの中から選択することができ、各方面へ分散して旅行していた時期もあったものの、近年では学年でまとまって長崎や沖縄へ行くことになっている。

creative commons(wikipedia:長野県伊那北高等学校

長野県須坂高等学校

長野県須坂高等学校(ながのけんすざかこうとうがっこう、通称:須坂、英文表記名:Prefectural high school of SUZAKA)は、長野県須坂市須坂にある公立(県立)高等学校。 県内有数の進学校として、毎年、国公立・私立大学に多数の進学者を輩出している。 水泳が大正期より盛んで、当時県下では珍しいプールがあった。 細かな校則が存在せず、生活全般は生徒の『自主責任』とされている。 偏差値は60(2012年現在) 文化祭 文化祭は「りんどう祭(龍胆祭)」といい、その名称は校章と近接する臥竜公園(須高城址)に由来する。毎年、龍胆祭では半年をかけて巨大な龍が生徒により製作される。 龍は設計図とともに後夜祭において弓道部の火矢により燃やされるため、毎年、新たに設計図から掘り起こすことが必要となる。そのために龍の様相は年度ごとに変化を遂げている。 文化祭は4日間と高校としては長く、後半2日間の一般公開では来場者が例年4,000人を超える。 また、全国有数の文化祭として有名であり、NHKにんげんドキュメント「天突く龍を作れ~長野 須坂高校文化祭~」(2006年9月8日放映)で紹介され、反響を呼んだ。

creative commons(wikipedia:長野県須坂高等学校

長野県須坂西高等学校

『長野県須坂高等学校』より : 長野県須坂高等学校(ながのけんすざかこうとうがっこう、通称:須坂、英文表記名:Prefectural high school of SUZAKA)は、長野県須坂市須坂にある公立(県立)高等学校。 県内有数の進学校として、毎年、国公立・私立大学に多数の進学者を輩出している。 水泳が大正期より盛んで、当時県下では珍しいプールがあった。 細かな校則が存在せず、生活全般は生徒の『自主責任』とされている。 偏差値は60(2012年現在) 文化祭 文化祭は「りんどう祭(龍胆祭)」といい、その名称は校章と近接する臥竜公園(須高城址)に由来する。毎年、龍胆祭では半年をかけて巨大な龍が生徒により製作される。 龍は設計図とともに後夜祭において弓道部の火矢により燃やされるため、毎年、新たに設計図から掘り起こすことが必要となる。そのために龍の様相は年度ごとに変化を遂げている。 文化祭は4日間と高校としては長く、後半2日間の一般公開では来場者が例年4,000人を超える。 また、全国有数の文化祭として有名であり、NHKにんげんドキュメント「天突く龍を作れ~長野 須坂高校文化祭~」(2006年9月8日放映)で紹介され、反響を呼んだ。

creative commons(wikipedia:長野県須坂西高等学校

長野県大町高等学校

長野県大町高等学校(ながのけん おおまちこうとうがっこう)は、かつて長野県大町市にあった公立高校。前身は旧制大町中学校、1993年には特色学科である理数科が開設された。2016年に、長野県大町北高等学校と再編統合されて長野県大町岳陽高等学校となった。 沿革 1901年 - 長野県立松本中学校大町分校として開校。 1904年4月1日 - 長野県立大町中学校として独立。 1920年4月1日 - 長野県令38号により、長野県大町中学校に改称。 1948年4月1日 - 学制改革により、長野県大町南高等学校となる。 1959年4月1日 - 長野県大町高等学校と改称。 1993年4月1日 - 理数科を設置。 2003年4月 - 文部科学省より学力向上フロンティアハイスクールの指定(3年間)を受ける。 2006年9月15日 - 長野県大町北高等学校との統合案を県議会が否決。 2011年 - 2月県議会において長野県大町北高等学校との統合案が同意される。 2016年 - 廃校。 教育目標 高等学校における教育を徹底し、民主的文化的国家の形成者として、質実剛健にして、豊かな情操と高い知性とを備え、真理を追求し、自主的精神にみちた、心身共に健全な生徒の育成をはかる。

creative commons(wikipedia:長野県大町高等学校

長野県大町南高等学校

『長野県大町高等学校』より : 長野県大町高等学校(ながのけん おおまちこうとうがっこう)は、かつて長野県大町市にあった公立高校。前身は旧制大町中学校、1993年には特色学科である理数科が開設された。2016年に、長野県大町北高等学校と再編統合されて長野県大町岳陽高等学校となった。 沿革 1901年 - 長野県立松本中学校大町分校として開校。 1904年4月1日 - 長野県立大町中学校として独立。 1920年4月1日 - 長野県令38号により、長野県大町中学校に改称。 1948年4月1日 - 学制改革により、長野県大町南高等学校となる。 1959年4月1日 - 長野県大町高等学校と改称。 1993年4月1日 - 理数科を設置。 2003年4月 - 文部科学省より学力向上フロンティアハイスクールの指定(3年間)を受ける。 2006年9月15日 - 長野県大町北高等学校との統合案を県議会が否決。 2011年 - 2月県議会において長野県大町北高等学校との統合案が同意される。 2016年 - 廃校。 教育目標 高等学校における教育を徹底し、民主的文化的国家の形成者として、質実剛健にして、豊かな情操と高い知性とを備え、真理を追求し、自主的精神にみちた、心身共に健全な生徒の育成をはかる。

creative commons(wikipedia:長野県大町南高等学校

長野県中学校一覧

長野県中学校一覧(ながのけんちゅうがっこういちらん)は、長野県の中学校及び中等教育学校及び特別支援学校の一覧。 国立中学校 信州大学教育学部附属長野中学校 信州大学教育学部附属松本中学校 県立中学校 長野県屋代高等学校附属中学校 長野県諏訪清陵高等学校附属中学校 市町村・組合立中学校 長野市 松本市・東筑摩郡 = 組合立 = 松本市山形村朝日村中学校組合立鉢盛中学校 麻績村筑北村学校組合立筑北中学校 = 市立 = = 町村立 = 生坂村立生坂中学校 筑北村立聖南中学校 筑北村立聖北中学校 上田市・小県郡 = 組合立 = 上田市・長和町組合立依田窪南部中学校 = 市立 = = 町村立 = 長和町立和田中学校 青木村立青木中学校 岡谷市 飯田市 諏訪市 須坂市 千曲市 小諸市 小諸市立小諸東中学校 小諸市立芦原中学校 伊那市 駒ヶ根市 駒ヶ根市立赤穂中学校 駒ヶ根市立東中学校 中野市 大町市 飯山市 飯山市立城南中学校 飯山市立城北中学校 茅野市 塩尻市・上伊那郡 = 組合立 = 塩尻市辰野町中学校組合立両小野中学校 = 市立 = = 町村立 = 佐久市 東御市 東御市立東部中学校 東御市立北御牧中学校 安曇野市 南佐久郡 = 組合立 = 小海町北相木村南相木村中学校組合立小海中学校 = 町村立 = 北佐久郡 諏訪郡 下諏訪町立下諏訪中学校 下諏訪町立下諏訪社中学校 富士見町立富士見中学校 原村立原中学校 下伊那郡 木曽郡 北安曇郡 埴科郡 坂城町立坂城中学校 上高井郡 小布施町立小布施中学校 高山村立高山中学校 下高井郡 木島平村立木島平中学校 野沢温泉村立野沢温泉中学校 山ノ内町立山ノ内中学校 上水内郡 信濃町立信濃小中学校 飯綱町立飯綱中学校 小川村立小川中学校 下水内郡 栄村立栄中学校 私立中学校及び私立中等教育学校 中学校課程を有する特別支援学校 関連項目 学校記事一覧 長野県高等学校一覧 長野県小学校一覧 長野県幼稚園一覧 長野県中学校の廃校一覧。

creative commons(wikipedia:長野県中学校一覧

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引