【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

長野県松本市【地方公共団体・地方自治体】

松本市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、長野県松本市の紹介です。

長野県松本市のホームページ

松本市 概要・地域の情報やトピック

松本市

松本市(まつもとし)は、長野県中信地方に位置する市。特例市や国際会議観光都市に指定されている。 国宝松本城を中心とする旧城下町である。幸いにも戦災を免れたことから、旧開智学校(重要文化財)などの歴史的建造物が多く残る。他に戦災を免れた中規模の旧城下町としては、金沢市や川越市などがある。 キャッチフレーズは「文化香るアルプスの城下町」、「三ガク都(楽都、岳都、学都の三つのガク都。音楽、山岳、学問で有名なため)」などがある。市のマスコットはアルプちゃん。 日本で最も古い小学校のひとつ開智学校の開校、改正高等学校令に基づく全国9番目の官立旧制高等学校である松本高等学校の招致など、教育に熱心な面があった。国立大学法人が1県1学の県に於いて本部が県庁所在地以外に置かれているのは、信州大学の他は弘前大学(青森県弘前市)・滋賀大学(滋賀県彦根市)・広島大学(広島県東広島市)・琉球大学(沖縄県西原町)のみである。

creative commons(wikipedia:松本市

松本市歴史の里

松本市歴史の里(まつもとしれきしのさと)は、長野県松本市が設置し運営する松本市立博物館の付属施設。
松本市や信州の近代をテーマに、江戸時代後期から大正時代末期までに建てられた5棟の文化財建造物を移築した、屋外博物館である。
1982年(昭和57年)財団法人日本司法博物館が運営する司法博物館として開設された。2002年(平成14年)4月に財団法人が解散。松本市が約4億円で施設を買い取り、運営を引き継いだ。
旧長野地方裁判所松本支部庁舎(長野県宝)
:1908年(明治41年)築造。かつて、松本城二の丸御殿跡にあった。1982年(昭和57年)市民運動により現在地へ移転された。大日本帝国憲法(明治憲法)下で裁判が行われた法廷で唯一現存するもので、検事が座る位置が壇上であることが特徴である。

creative commons(wikipedia:松本市歴史の里

松本市民会館

まつもと市民芸術館(まつもとしみんげいじゅつかん)は、長野県松本市深志にある音楽ホール・劇場である。 館長兼芸術監督に俳優・演出家の串田和美を迎えて2004年8月に開館した。 設計は日本を代表する建築家の一人伊東豊雄。日本では比較的珍しい4層のバルコニー席を備える馬蹄形の主ホールは、田の字型の巨大な4面舞台を備え、幅広い演出に対応している。音響家が選ぶ優良ホール100選に選ばれている。 日本最大級の音楽祭であるセイジ・オザワ 松本フェスティバル(旧称サイトウ・キネン・フェスティバル松本)の主要会場である。 沿革 現在のまつもと市民芸術館の敷地には、戦後すぐに、第二公民館が建築された。これは同地に建設された初代の公共施設である。この建物は1955年(昭和30年)に焼失した。 その跡地には、1958年(昭和33年)に、2代目の公共施設となる松本市民会館が着工、翌年竣工した。この会館は、約1,300の座席を持つホールとして長く利用された。また、会館前の広場は「ライラック広場」と呼ばれ、大型の噴水と美しい庭園が整備されていた。

creative commons(wikipedia:松本市民会館

松本市あがたの森文化会館

『松本高等学校 (旧制)』より : 旧制松本高等学校(きゅうせいまつもとこうとうがっこう)は、1919年(大正8年)4月、日本の長野県松本市に設立された官立の旧制高等学校である。 改正高等学校令に基づき9番目の官立旧制高等学校として設立された。ナンバースクールの高校に続き設立されたいわゆる「地名スクール」(ネームスクール)の高校のうちで最初のものである。 文科・理科よりなる修業年限3年の高等科が設置、学生寮として思誠寮(しせいりょう)が建てられた。 新制信州大学の発足にあたり、その母体の1つとなり、文理学部に改組された。 現存するかつての校舎は重要文化財に指定されている。 1930年、1932年、1933年、1939年、1940年にかけて五次にわたる思想弾圧事件が起きた(松高事件)。 沿革 1919年4月:設立。初代校長は東京外国語学校校長であった茨木清次郎。 1919年9月:第1回入学式。 1920年7月:新校舎に移転。 1922年10月:落成式挙行。 1930年8月:社研事件。学生30名が検挙され8名退学・2名放学。 1940年9月 - 11月:読書会への弾圧。

creative commons(wikipedia:松本市あがたの森文化会館

松本市野球場

松本市野球場(まつもとし・やきゅうじょう)は、長野県松本市にある野球場。松本市が運営管理を行っている。 1924年の大正天皇、貞明皇后の成婚25周年記念事業として、県知事が県議会に対し図書館と運動場の建設を提案した事に端緒を発する。審議の結果、図書館は長野市に、運動場は松本市に建設される事となった。このうち県営の野球場は松本市東隣、東筑摩郡本郷村の浅間温泉に程近いところで建設が進められ、1926年9月21日、長野県営松本野球場(ながのけんえい・まつもとやきゅうじょう)として開場し、開場以来アマチュア野球公式戦が行われた他、プロ野球公式戦も開催された。 しかし老朽化のため、全面改築される事となった。また、市内にあるもう一つの野球場で松本空港近くにあった松本市営野球場も老朽化したため廃止される事となり、1989年1月1日に県と市との間で施設の相互譲与を行い、県営球場は市に移管して改築工事に着工した。

creative commons(wikipedia:松本市野球場

松本市時計博物館

松本市時計博物館(まつもとしとけいはくぶつかん)は長野県松本市中央にある博物館。松本市立博物館分館として2002年9月1日に開館した。 1974年に時計コレクター本田親蔵(1896年-1985年)から寄贈されたコレクションを中心に約400点を所蔵し、うち110点を常設展示する。外壁に国内最大級(全長11m、振り子5.6m)の振り子時計が設置されている建物は、本町商店街振興組合、町会の本町ホールとの合築になっている。 施設 常設展示室1、2-1、2-2、2-3 企画展示室 古時計ロード 時計工房 講座室 ミュージアムショップ ミュージアムカフェ 利用情報 開館時間 - 9:00~17:00 休館日 - 月曜日、年末年始 建築概要 開館 - 2002年9月1日 構造 - RC造・地上4階(1-3階が時計博物館部分、4階が本町ホール) 敷地面積 - 443.99m²(318.74m²)括弧内は時計博物館部分 建築面積 - 385.47m² 延床面積 - 1,495.64m²(1,037.74m²)括弧内は時計博物館部分 交通アクセス JR・アルピコ交通 松本駅 徒歩10分 脚注 外部リンク 公式ウェブサイト。

creative commons(wikipedia:松本市時計博物館

松本市立大野川小中学校

『松本市立大野川小学校・中学校』より : 松本市立大野川小学校・中学校(まつもとしりつ おおのがわしょうがっこう・ちゅうがっこう)は長野県松本市安曇宮の原にある市立小学校・中学校。 乗鞍岳の東麓、乗鞍高原の東部に位置する。2005年4月1日の市町村合併に伴い、安曇村立から松本市立に移行した。学区が大野川(乗鞍)地区・白骨地区・沢渡地区など旧安曇村西部一帯の広域にわたるため、一部の児童・生徒はバスにより通学している。1968年、沢渡分校の廃校に伴いこれを統合した。 山間部ということもあり、「へき地教育振興法」に基づくへき地2級の指定を受けている。近隣では奈川小中学校は1級、安曇小中学校は未指定である。 施設 小学校及び中学校が同一敷地・同一建物内に併設されている。インターネットの接続が可能な教室、開閉可能な屋根のついたプール、太陽光発電施設など、近代的な施設が整備されている。 大野川タイム(中学校) 大野川タイム(総合的な学習の時間)を使い、地域の自然、人、文化を学ぶ。

creative commons(wikipedia:松本市立大野川小中学校

松本市立大野川小学校・中学校

松本市立大野川小学校・中学校(まつもとしりつ おおのがわしょうがっこう・ちゅうがっこう)は長野県松本市安曇宮の原にある市立小学校・中学校。 乗鞍岳の東麓、乗鞍高原の東部に位置する。2005年4月1日の市町村合併に伴い、安曇村立から松本市立に移行した。学区が大野川(乗鞍)地区・白骨地区・沢渡地区など旧安曇村西部一帯の広域にわたるため、一部の児童・生徒はバスにより通学している。1968年、沢渡分校の廃校に伴いこれを統合した。 山間部ということもあり、「へき地教育振興法」に基づくへき地2級の指定を受けている。近隣では奈川小中学校は1級、安曇小中学校は未指定である。 施設 小学校及び中学校が同一敷地・同一建物内に併設されている。インターネットの接続が可能な教室、開閉可能な屋根のついたプール、太陽光発電施設など、近代的な施設が整備されている。 大野川タイム(中学校) 大野川タイム(総合的な学習の時間)を使い、地域の自然、人、文化を学ぶ。

creative commons(wikipedia:松本市立大野川小学校・中学校

松本市の都市圏

『松本地域』より : 松本地域(まつもとちいき)は、長野県中信地方の松本市を中心とした地域のことを指す名称で、県を10地域に分けるときに用いられる。松本地方と呼ばれることもある。 北安曇郡南部を松本地域に含める場合があり、その場合は都市雇用圏を基準にした中信地方(国土交通省の定義に準ずる)の範囲に一致し、含めない場合は松本広域連合の範囲に一致する。また人口は狭義の場合は432,199人(2005年8月1日現在)、広義の場合は457,350人(同)で、県内の地域では長野地域に次ぐ。 1964年から2001年にかけて諏訪地域や大町市とともに新産業都市に指定されていた。 該当市町村 長野県の定義では以下が該当する。 松本市 塩尻市 安曇野市 東筑摩郡:筑北村、麻績村、生坂村、山形村、朝日村気象庁による区分では、上記のうち松本市の安曇地区・奈川地区および塩尻市の楢川地区は含まれず、安曇・奈川は乗鞍上高地地域とされ、楢川は木曽地域に含まれる。

creative commons(wikipedia:松本市の都市圏

松本市美術館

松本市美術館(まつもとしびじゅつかん)は長野県松本市中央にある美術館。 2002年4月開館。草間彌生、上條信山、田村一男など信州ゆかりの作家を中心とする展示を行っている。玄関横には草間彌生の作品「幻の華」が野外展示されている。 建築概要 設計: 宮本忠長建築設計事務所 敷地面積: 10,185.92m² 建築面積: 3,495.62m² 延床面積: 7,741.87m² 構造: SRC造 規模: 地上3階、一部4階 所在地: 〒390-0811 長野県松本市中央4-2-22 備考: 第44回BCS賞受賞 交通アクセス JR松本駅より徒歩約15分 周辺 まつもと市民芸術館 深志神社 全久院 源智の井戸 外部リンク 松本市美術館。

creative commons(wikipedia:松本市美術館

松本市はかり資料館

松本市はかり資料館(まつもとしはかりしりょうかん)は長野県松本市の中町通りにある博物館。1986年に閉店した旧竹内度量衡店の土蔵造りの店舗と蔵を松本市が博物館として改装し、1989年に開館した。江戸時代から昭和初期のはかり、外国の古いはかりなど約700点を収蔵、展示している。毎年11月3日には「今昔はかり展」が開催される。 利用情報 開館時間― 9時00分~16時30分 定休日― 月曜(祝日の場合は翌日) 交通アクセス JR 松本駅 徒歩12分 脚注 外部リンク 松本市はかり資料館(2013年6月19日閲覧)。

creative commons(wikipedia:松本市はかり資料館

松本市営バス

松本市営バスは、長野県松本市が運営する路線バスである。 いずれも松本電鉄バスが運行していた路線の廃止代替バスで、奈川村・四賀村が運行していたが合併により松本市へ引き継がれた。 運行路線 奈川村営バス継承路線 奈川線 川浦~寄合渡~黒川渡~診療所前~奈川渡ダム~新島々駅 運賃は対距離制を採用している。 松電新島々駅で電車接続に合わせたダイヤになっている。 四賀村営バス継承路線 四賀支所~会田~大木戸~会田~四賀支所~赤松館前~召田~矢久~召田~原山橋~会吉車庫 四賀支所~化石館前~保福寺下町 日曜、祝日は運転しない。 運賃は対距離制を採用している。 外部リンク 松本市ホームページ - 市営バス奈川線 松本市ホームページ - 市営バス四賀線・四賀地域バス。

creative commons(wikipedia:松本市営バス

松本市旧司祭館

松本市旧司祭館(まつもとしきゅうしさいかん)は、長野県松本市に残る明治時代の洋式住宅である。 フランス人の神父・クレマンにより1889年(明治22年)に松本カトリック教会の宣教師用住居として、松本城内三の丸の大名屋敷があった地蔵清水に建設された。松本城北側の街路拡幅事業にともない、1991年に現在の旧開智学校の隣地に移築復元される。アーリー・アメリカン様式を備えた下見板張りの西洋館で、各部屋には暖炉があり、1・2階ともにベランダを備えている。1994年3月の松本市重要文化財指定を経て、2005年3月28日には旧松本カトリック教会司祭館として県宝の指定を受けた。セフラン神父が明治34年から27年の歳月を費やし、日本で初の日仏辞典を編纂した場所でもある。 出典 参考文献 松本市立博物館 (2013年12月20日). “トップページ > 施設案内 > 博物館施設 > 旧司祭館 > 利用案内”. くるくるねっとまつもと. 2015年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。

creative commons(wikipedia:松本市旧司祭館

松本市立博物館

松本市立博物館(まつもとしりつはくぶつかん)は長野県松本市丸の内にある博物館。施設内に日本民俗資料館を併設する。 建物は松本城敷地内にあり、松本城関連の歴史資料と市民から寄贈された民俗資料約10万点を所蔵、常設展示する。前身は松本尋常高等小学校内に1906年に設立された資料館「明治三十七、八年戦役紀念館」である。附属施設に同市中山の松本市立考古博物館及び同市島立の松本市歴史の里がある。 交通アクセス JR松本駅から徒歩約20分 分館 以下の分館が設置されている。 重要文化財旧開智学校校舎 松本民芸館 松本市立考古博物館 松本市はかり資料館 松本市旧司祭館 旧制高等学校記念館 窪田空穂記念館 重要文化財馬場家住宅 松本市歴史の里 松本市時計博物館 松本市山と自然博物館 松本市高橋家住宅 松本市四賀化石館 松本市安曇資料館 脚注 外部リンク 松本市立博物館(松本市のサイト)。

creative commons(wikipedia:松本市立博物館

松本市立並柳小学校

松本市立並柳小学校(まつもとしりつなみやなぎしょうがっこう)は長野県松本市並柳にある小学校。 昭和58年(1982年)に児童が急激に増加した筑摩小学校から分離して開校した。開校当時、児童数は455人、学級数は14学級であった。 校門入口にある銅像は久保田俶通の作で、作品名は「先生あのね」。 校歌 作詞は並柳出身で「あゝ野麦峠」の作者の山本茂実で、作曲は甲斐正人である。 最寄のバス停 近くの交差点にアルピコ交通バス並柳団地線の並柳小学校バス停がある。 南方向 並柳団地方面 北方向 松本バスターミナル方面 周辺項目 並柳団地 西源 並柳店 弘法山古墳 関連項目 松本市立筑摩小学校 外部リンク 松本市立並柳小学校。

creative commons(wikipedia:松本市立並柳小学校

松本市立清水中学校

松本市立清水中学校(まつもとしりつしみずちゅうがっこう)は、長野県松本市清水 (松本市) 清水にある公立の中学校。国内でも珍しい木造校舎の中学校である。
2006年9月に開校60周年を迎えた。
1947年(昭和22年) 開校
長野県松本市清水2丁目7番12号
長野県中学校一覧
長野県の公立中学校 まつもとしりつしみす
松本市 学しみすちゆう

creative commons(wikipedia:松本市立清水中学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引