【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

岐阜県池田町【地方公共団体・地方自治体】

池田町 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、岐阜県池田町の紹介です。

岐阜県池田町のホームページ

池田町 概要・地域の情報やトピック

池田町

池田町 読みは特記以外「いけだちょう」。 自治体名 池田町 (北海道) - 北海道 中川郡 に所在。 池田町 (福井県) - 福井県 今立郡 に所在。 池田町 (長野県) - 長野県 北安曇郡 に所在。(いけだまち) 池田町 (岐阜県) - 岐阜県 揖斐郡 に所在。 池田町 (大阪府) - 大阪府 豊島郡・豊能郡 に所在。 → 池田市 池田町 (徳島県) - 徳島県 三好郡 に所在。現・三好市。 池田町 (香川県) - 香川県 小豆郡 に所在。現・小豆島町。1985年7月、大阪府を除く上記の6町の代表が集まり、「全国池田町サミット」が初開催された。1986年4月に姉妹縁組し、1988年8月には池田市(大阪府)を加えた1市6町で「全国池田サミット」を開催し毎年交流を続けていたが、平成の大合併の余波で2006年にその活動に終止符を打つこととなった。 大字・町丁 池田町 (横須賀市) - 神奈川県 横須賀市 に所在。 池田町 (金沢市) - 石川県 金沢市 に所在。(いけだまち) 池田町 (岐阜市) - 岐阜県 岐阜市 に所在。

creative commons(wikipedia:池田町

池田町 (徳島県)

池田町(いけだちょう)は、徳島県北西部にあった町。2006年3月1日、三好郡内の5町村と合併し、三好市となった。 地理 池田町佐野大宗有安と山城町佐連の間に境界未定区域があるため、町域面積を正確に求めることは出来ない。(現在、地籍調査実施中) 境界未定区域の南(山城町)側は急傾斜地で、山城町からのアクセスが悪いため、この集落(山城町佐連峰畑地区)へは池田町の阿波池田郵便局が郵便配達している。 国道が交差する交通の要衝であり、50km 北東に高松市、70km 東に徳島市、70km 南西に高知市、110km 西に松山市がある。 山:雲辺寺山(うんぺんじさん) 河川:吉野川、祖谷川、松尾川、馬路川、鮎苦谷川(あいくるしだにがわ) 湖沼:池田湖(池田ダム) 荘園:田井荘(西園寺氏の領地。現在の井川町西井川以西) 太古の昔から人が暮らしていた痕跡がある。旧石器時代のナイフ形石器や縄文時代の食料貯蔵庫が発掘されている。 南北朝時代の頃には吉野川の西岸に大西郷、東岸に中西郷が存在したと思われる。

creative commons(wikipedia:池田町 (徳島県)

池田町 (北海道)

池田町(いけだちょう)は、北海道十勝総合振興局管内の中川郡にある町。町営でブドウ栽培・ワイン醸造を行っており、「ワインの町」として知られている。 町名の由来は、町内にある池田農場内池田停車場から。 地理 十勝総合振興局管内東部に位置。十勝平野の東縁にあたり、平坦な土地が多く目立った山はない。南西の幕別町との境界を十勝川が流れ、その支流である利別川が町域中央を南北に貫流する。十勝川の河道が切り替えられるまでは池田町の中心市街付近で利別川と合流しており、明治時代には河港として栄えていた。 山: 河川: 十勝川、利別川 湖沼: 隣接している自治体 十勝総合振興局 中川郡:幕別町、豊頃町、本別町 河東郡:音更町、士幌町 十勝郡:浦幌町 人口 1879年(明治12年)に山梨県出身の武田菊平が入植、その後1896年(明治29年)に開墾が始まり、「池田農場」「高島農場」が設置された。

creative commons(wikipedia:池田町 (北海道)

池田町 (福井県)

池田町(いけだちょう)は、福井県の中央部に位置している町。今立郡に属している。 伝統芸能の能楽、それに伴う能面芸術の文化を受け継いできた町で、総面積の90%は山地である。 地理 主な居住区域は周囲を山で囲まれた海抜150~250m程度の場所に若干広がっている谷間。町全域が特別豪雪地帯の指定を受けており、冬季の降水量が極めて多い。 山: 冠山 (岐阜・福井県境)、部子山 河川:足羽川 隣接している自治体 以下の6市町と隣接している。 福井県福井市(旧美山町) 大野市 南条郡:南越前町 越前市 鯖江市岐阜県揖斐郡:揖斐川町このうち、鯖江市と接しているのは福井市・越前市を含む4市町境となっている山頂1点のみ。南越前町とは一般車両の通行できる道路こそあるが、かなりの悪路である。また、揖斐川町と接続する道路(林道冠山線)は冬季閉鎖となる。 沿革 1955年3月31日 今立郡上池田村、下池田村が合併、池田町として町制施行 人口 行政 町長 杉本博文(任期は2017年2月1日まで) 経済 産業 主な産業  兼業を含め3分の2近くの世帯が農業を営んでいる。

creative commons(wikipedia:池田町 (福井県)

池田町 (香川県)

池田町(いけだちょう)は、香川県の北東に位置する小豆島の中央部にかつて存在していた町。隣町の内海町と2006年(平成18年)3月21日に対等合併して小豆島町となり、消滅した。 地理 山:嶮岨山、飯神山、段山、白浜山、大麻山 池:中山池、新中山池 ダム:殿川ダム 島:弁天島、花寿波島 応神天皇の時代には吉備国児島郡に属する。 平安時代初期から南北朝時代まで皇室の御領地となる。 江戸時代初期までの間は小豆島が4庄に分かれたうち、池田荘(池田郷)となる。 そののち幕府の天領地となり池田郷は11ヶ村に分けられる。 天保年間、津山藩の領地となる。 沿革 町村制実施以降をしるす。 1879年(明治12年)1月31日 - 池田村戸長役場を置く。 1890年(明治23年)2月15日 - 町村制施行 池田村、蒲生村、中山村の3村が合併して池田村誕生。 室生村、二面村が合併して二生村誕生。 吉野村、蒲野村、神浦村の3村が合併して三都村誕生。 1929年(昭和4年)5月5日 - 池田村が町制施行により池田町となる。

creative commons(wikipedia:池田町 (香川県)

池田町 (長野県)

池田町(いけだまち)は、長野県北安曇郡にある町である。安曇野の北部にあたる。北アルプスの眺望が美しい。本項では町制前の名称である池田町村(いけだまちむら)についても述べる。 地理 山:大穴山、大峰高原 河川:高瀬川 1921年(大正10年)4月 - 浅原六朗が唱歌『てるてる坊主』の歌詞を発表 1926年(大正15年)9月 - 池田鉄道(安曇追分-池田間)が開業する(1938年まで営業) 1947年(昭和22年)4月 - 県農業会安曇診療所(現在のあづみ病院)が開設 1952年(昭和27年)8月 - ダイアナ台風により高瀬川が大氾濫する 1968年(昭和43年)12月 - 現在の町公民館が完成 1974年(昭和49年)8月 - 現在の役場庁舎が完成 1985年(昭和60年)4月 - 町民憲章、町花にツツジ、町木にアカマツなどが制定される 1992年(平成4年)3月 - 町ハーブセンターが完成 1994年(平成6年)4月 - 町立美術館(北アルプス展望美術館)が完成 1999年(平成11年)4月 - あづみ野池田クラフトパークが完成 2004年(平成16年)3月 - 町議会が、市町村合併せず自立の道を選択する決議を可決 2013年(平成25年)3月 - 現在の池田保育園が完成 沿革 1875年(明治8年)2月18日 - 筑摩県安曇郡池田町村・宮村入作・堀之内村・正科村が合併して池田町村となる。

creative commons(wikipedia:池田町 (長野県)

池田町村

『池田町 (長野県)』より : 池田町(いけだまち)は、長野県北安曇郡にある町である。安曇野の北部にあたる。北アルプスの眺望が美しい。本項では町制前の名称である池田町村(いけだまちむら)についても述べる。 地理 山:大穴山、大峰高原 河川:高瀬川 1921年(大正10年)4月 - 浅原六朗が唱歌『てるてる坊主』の歌詞を発表 1926年(大正15年)9月 - 池田鉄道(安曇追分-池田間)が開業する(1938年まで営業) 1947年(昭和22年)4月 - 県農業会安曇診療所(現在のあづみ病院)が開設 1952年(昭和27年)8月 - ダイアナ台風により高瀬川が大氾濫する 1968年(昭和43年)12月 - 現在の町公民館が完成 1974年(昭和49年)8月 - 現在の役場庁舎が完成 1985年(昭和60年)4月 - 町民憲章、町花にツツジ、町木にアカマツなどが制定される 1992年(平成4年)3月 - 町ハーブセンターが完成 1994年(平成6年)4月 - 町立美術館(北アルプス展望美術館)が完成 1999年(平成11年)4月 - あづみ野池田クラフトパークが完成 2004年(平成16年)3月 - 町議会が、市町村合併せず自立の道を選択する決議を可決 2013年(平成25年)3月 - 現在の池田保育園が完成 沿革 1875年(明治8年)2月18日 - 筑摩県安曇郡池田町村・宮村入作・堀之内村・正科村が合併して池田町村となる。

creative commons(wikipedia:池田町村

池田町 (岐阜県)

池田町(いけだちょう)は、岐阜県の揖斐郡に属する町。町ぐるみで「ゴキブリ追放運動」を行い、町からゴキブリが消えたというエピソードで知られている。 地理 町の東側を揖斐川が流れ、西側は山地となっている。 山池田山河川揖斐川 杭瀬川 東川 深町川 中川 粕川 隣接している自治体 北 - 揖斐郡揖斐川町 東 - 揖斐郡大野町、安八郡神戸町 西 - 不破郡垂井町 南 - 大垣市 沿革 1954年(昭和29年)町制施行。温知村が池田町になる。 1955年(昭和30年)池田町、八幡村、宮地村が合併して池田町が成立。 1956年(昭和31年)養基村の一部(田中、粕河原、沓井)が池田町に編入された。 2003年2月 大垣市、垂井町、養老町などとの大型中核市合併を話合う西濃圏域合併協議会が発足 2004年12月 西濃圏域合併協議会から離脱 2005年1月23日 合併に関する住民意向調査投票。

creative commons(wikipedia:池田町 (岐阜県)

池田町洋館街

池田町洋館街(いけだまちようかんがい)は滋賀県近江八幡市旧市街の一角の名称。建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが近江八幡で最初に設計した現存する3棟の大正時代築の西洋館で構成される。 旧ウォーターハウス邸 - 1913年(大正2)築 早稲田大学の元教師・ウォーターハウスの住宅。切妻屋根、3階建、煙突と暖炉4箇所の邸宅。旧吉田邸 - 1913年(大正2)築 近江兄弟社創業者の一人、吉田悦蔵の邸宅。滋賀県立八幡商業学校の教え子で、その後近江ミッション(近江兄弟社の前身)をヴォーリズとともに支えた。旧ヴォーリズ邸 - 1914年(大正3)築(現存せず) たねや本店2階喫茶室に旧ヴォーリズ邸在りし時代の洋館街の陶器製模型が展示されており、当時の街の雰囲気にふれることができる。 ダブルハウス - 1921年(大正10)築 近江ミッションの社員用の二世帯用住宅。 所在地 〒523-0877 滋賀県近江八幡市池田町5丁目 交通アクセス JR・近江鉄道 近江八幡駅から徒歩20分、または駅から近江鉄道バス「長命寺」方面行きで「上筋」下車、徒歩3分 周辺情報 アンドリュース記念館(旧近江八幡YMCA会館) 近江八幡市立資料館 郷土資料館 近江八幡市立資料館 歴史民俗資料館 旧八幡郵便局 旧西川家住宅(重要文化財) 旧伴家住宅 白雲館 かわらミュージアム ヴォーリズ記念館 八幡公園 八幡堀 日牟禮八幡宮 本願寺八幡別院 ボーダレス・アートミュージアム NO-MA 酒游舘 外部リンク William Merrell Vories 池田町洋館街 - Architecture jardin~建築散歩座標: 北緯35度8分6秒 東経136度5分16.6秒。

creative commons(wikipedia:池田町洋館街

池田町営バス (長野県)

池田町営バス(いけだちょうえいバス)は、長野県池田町が運営している町営バス。運行は北安観光タクシーに委託している。 池田町内はかつて松本電気鉄道および川中島バスによるバス路線が存在していた。特に、松本電気鉄道は町内に池田営業所を設置していた。しかし、過疎化やモータリゼーションの発展に伴い、乗客の減少が激しくなり、路線の短縮廃止が行われていった。そこで、池田町が町内の公共交通機関確保のためにバスの運営を開始した。その後、町内の路線が段階的に廃止になるとともに、生活に必要と判断された路線は町営バスへと変えられていった。 1988年(昭和63年)3月1日 - 町営バスの運行を開始する。 1994年(平成6年)6月28日 - 安曇野線の運行を開始する。 2001年(平成3年)6月27日 - 町内循環線の運行を開始する。 2002年(平成14年)4月1日 - 明科線の運行を開始する。 2003年(平成15年)4月1日 - 町の直轄運行から、民間に運行委託する。 運行路線 以下の路線を運行している。

creative commons(wikipedia:池田町営バス (長野県)

池田町営バス (長野県)

池田町営バス(いけだちょうえいバス)は、長野県池田町が運営している町営バス。運行は北安観光タクシーに委託している。 池田町内はかつて松本電気鉄道および川中島バスによるバス路線が存在していた。特に、松本電気鉄道は町内に池田営業所を設置していた。しかし、過疎化やモータリゼーションの発展に伴い、乗客の減少が激しくなり、路線の短縮廃止が行われていった。そこで、池田町が町内の公共交通機関確保のためにバスの運営を開始した。その後、町内の路線が段階的に廃止になるとともに、生活に必要と判断された路線は町営バスへと変えられていった。 1988年(昭和63年)3月1日 - 町営バスの運行を開始する。 1994年(平成6年)6月28日 - 安曇野線の運行を開始する。 2001年(平成3年)6月27日 - 町内循環線の運行を開始する。 2002年(平成14年)4月1日 - 明科線の運行を開始する。 2003年(平成15年)4月1日 - 町の直轄運行から、民間に運行委託する。 運行路線 以下の路線を運行している。

creative commons(wikipedia:池田町営バス (長野県)

池田町営バス

池田町営バス 徳島県池田町(現・三好市)の町営バスについては三好市営バスを参照。 長野県池田町の町営バスについては池田町営バス (長野県)を参照。

creative commons(wikipedia:池田町営バス

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引