【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

愛知県刈谷市【地方公共団体・地方自治体】

刈谷市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、愛知県刈谷市の紹介です。

愛知県刈谷市のホームページ

刈谷市 概要・地域の情報やトピック

刈谷市

刈谷市(かりやし)は、愛知県のほぼ中央の西三河地区の西端に位置する市。境川を挟んで尾張地区に対する。江戸時代には土井氏二万三千石の城下町であった。現在はトヨタグループ主要企業の本社・工場が集まる日本有数の自動車工業都市である。 愛知県のほぼ中央、三河地方の最も西に位置する市町村。愛知県では11番目の人口を有する。 刈谷駅北口はトヨタグループの主要企業本社があり、南口は商業施設や公共施設が整っている。 市の名前は、テレビなどでは「かりや」と呼ばれることがあるが、地元では「体」と同じ様に、「かりや」と「りや」にアクセントをおいて呼んでいる。 地理 旧尾張国との国境であった境川が市の西部を流れる。この川に沿って市域は南北に長い形をしており、南北最長は13.2kmとなっている。旧三河国の西端に位置する。市域は海抜10m前後の、全体的に平坦な土地であり、田畑が広がる地域もある。 境川の他にいずれも境川水系の逢妻川、猿渡川等の中小河川が市内を東西に横断するように流れ、それぞれの流域に小規模ながら沖積平野を形成している。

creative commons(wikipedia:刈谷市

刈谷市駅

刈谷市駅(かりやしえき)は、愛知県刈谷市広小路にある名鉄三河線の駅である。manacaが使用可能である。刈谷の旧城下町近くにある。 付近は刈谷市の旧市街にあたり、主要商店街の起点駅としての役割を担ってきたが、商店街の衰退とともに周辺は旧城下町地区を中心とした落ち着いた住宅街へと変貌しつつあり、近年は駅の性格も住宅街近接駅へと移り変わっている。 大正3年2月、刈谷町の有力者達が発起人となって設立した三河鉄道の開業時、刈谷旧来の中心市街地(旧城下町地区)の南端に三河鉄道の主要駅の一つとして設置された。駅名は、当時は周囲が田園地帯であった東海道線の刈谷駅に対して刈谷町駅(かりやまちえき)と命名された。旧駅舎は街の玄関口にふさわしく重厚でモダンな鉄筋コンクリート造りであった。その後昭和25年1月刈谷町が市制施行し刈谷市となったため、昭和27年3月に現在の刈谷市駅へと改名された。 1914年(大正3年)2月5日 - 三河鉄道の刈谷町駅として開業。 1941年(昭和16年)6月1日 - 三河鉄道が名古屋鉄道に合併。

creative commons(wikipedia:刈谷市駅

刈谷市総合運動公園多目的グラウンド

刈谷市総合運動公園多目的グラウンド(かりやしそうごううんどうこうえん たもくてきぐらうんど)は、愛知県刈谷市の刈谷市総合運動公園内にある陸上競技場である。愛称はウェーブスタジアム刈谷。 1993年に開設された当初は1994年のわかしゃち国体のサッカー競技に使用されることを目的とした球技専用グラウンドとしてオープンしたが、その後1999年に全面改修が行われ日本陸連公認第3種トラックを設置した陸上競技場として生まれ変わった。 愛知県では刈谷市が最もサッカーが盛んな地域とあり、同スタジアムはその中心的なスタジアムとされている。FC刈谷(旧・デンソーサッカー部)のホームスタジアムとしても使われている。なお2004年度はスタジアムの座席増築工事が行われている関係で同地での公式戦は行われず、愛知県内各地を転戦して行った。 なお、2007年4月1日より『ウェーブスタジアム刈谷』という愛称が付けられる。と同時に、指定管理者にコナミの関連会社『コナミスポーツ&ライフ』と西三河エリアワングループが選ばれた。

creative commons(wikipedia:刈谷市総合運動公園多目的グラウンド

刈谷市立富士松中学校

校名=刈谷市立富士松中学校
過去校名=
国公私立=公立学校
設置者=刈谷市
併合学校=
校訓=
設立年月日=
記念日名称=
創立記念日=
創立者=
共学・別学=男女共学
分校=
学期=
郵便番号 448-0008
所在地 刈谷市今川町花岡114
電話番号=0566-36-0402
FAX番号=0566-36-9645
刈谷市立富士松中学校(かりやしりつふじまつちゅうがっこう)は愛知県刈谷市今川町 (刈谷市) 今川町にある公立学校 市立中学校。刈谷市北部の泉田町を除く今川町、今岡町、東境町、西境町、井ヶ谷町の中学生が通う。

creative commons(wikipedia:刈谷市立富士松中学校

刈谷市立富士松南小学校

刈谷市立富士松南小学校(かりやしりつふじまつみなみしょうがっこう)は、愛知県刈谷市にある小学校。市内北部に位置し、今川町、泉田町、今岡町の3つの町の小学生が通う。 沿革 1908年(明治41年) - 富士松第一尋常高等小学校として創立 1911年(明治44年) - 木造平屋建の校舎を新築 1934年(昭和9年) - 木造平屋建の校舎を新築 1941年(昭和16年) - 富士松村南国民学校に改名 1947年(昭和22年) - 富士松村立富士松南小学校に改名 1955年(昭和30年) - 刈谷市立富士松南小学校に改名 1958年(昭和33年) - 創立50周年 1971年(昭和46年) - かりがね小学校が分離独立し学区変更 1972年(昭和47年) - 25mプール完成 1977年(昭和52年) - 鉄筋コンクリートの校舎を新築(北舎) 1979年(昭和54年) - 鉄筋コンクリートの校舎を新築(南舎) 2008年(平成20年) - 創立100周年 周辺 名鉄名古屋本線 富士松駅 富士松郵便局 刈谷市総合運動公園 刈谷紙器刈谷工場 アクセス 名鉄名古屋本線 富士松駅から南西に徒歩約8分 国道23号からすぐ その他 1979年(昭和54年)から児童がひまわりの栽培を行っている。

creative commons(wikipedia:刈谷市立富士松南小学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引