【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

愛知県御津町【地方公共団体・地方自治体】

御津町 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、愛知県御津町の紹介です。

愛知県御津町のホームページ

御津町 概要・地域の情報やトピック

御津町

御津町 御津町 (愛知県) - 愛知県 宝飯郡 に所在。現・豊川市。(みとちょう) 御津町 (兵庫県) - 兵庫県 揖保郡 に所在。現・たつの市。(みつちょう) 御津町 (岡山県) - 岡山県 御津郡 に所在。現・岡山市(北区)。(みつちょう) → 御津。

creative commons(wikipedia:御津町

御津町 (岡山県)

御津(みつ)は、岡山県岡山市北区にある地域である。かつての御津郡御津町(みつちょう)に相当する。2005年3月22日に岡山市へ編入合併した。本項では御津郡御津町についても述べる。 住所表記において、大字として御津の名称を存続している。 地勢 吉備高原の南部に位置し、丘陵と山林で占められている。町のほぼ中央部を旭川が北から南に貫流し、町の中心部である金川でその支流の宇甘川と合流する。 産業は県営御津工業団地と2つの町営工業団地を中心とした工業と、ヤマイモ・シイタケ・ブドウの栽培を中心とした農業で成り立っている。また、町内には岡山県運転免許センターがある。 沿革 年表 1953年(昭和28年)4月1日 御津郡金川町・牧山村・宇垣村・宇甘東村・宇甘西村、赤磐郡五城村・葛城村の1町6村が合併し御津町が発足する。 1954年(昭和29年)4月1日 町内の旧・牧山村の一部が岡山市に編入される。 1956年(昭和31年)9月30日 赤磐郡布都美村の一部(残りは赤坂町・吉井町(ともに現・赤磐市))が編入となる。

creative commons(wikipedia:御津町 (岡山県)

御津町 (兵庫県)

御津町(みつちょう)は、かつて兵庫県南西部に存在した町。揖保郡に属した。西播磨県民局管内であるが、中播磨県民局(2001年3月31日までは西播磨県民局)管内の姫路市への通勤者が多かった(同市の一部も、かつては揖保郡に属した)。姫路市への通勤率は42.8%(平成12年国勢調査による)。本項では町制前の名称である御津村(みつむら)についても述べる。 2005年10月1日に、龍野市と揖保郡新宮町・揖保川町・御津町の1市3町で合併し、たつの市となったため消滅した。「御津町」の地名は「たつの市御津町○○」として残る。 室津地区は大変古い港町で、奈良時代には「摂播五泊」(1を参照)の一つに指定された。綾部山梅林、新舞子の遠浅海岸などがある。 地理 東端を揖保川が流れる。 西部は山並が播磨灘へと迫る狭隘地で、七曲りと呼ばれる海岸沿いの屈曲した道(国道250号)が、室津を経て相生市へ向かっている。 龍野市へ10.2km・姫路市へ13.9km(いずれも、マップファン調べ)。 隣接していた自治体 姫路市 相生市 揖保郡:揖保川町 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、揖東郡朝臣村・岩見村・碇岩村・釜屋村・苅屋村・黒崎村・中島村の区域をもって御津村が発足。

creative commons(wikipedia:御津町 (兵庫県)

御津町 (愛知県)

御津町(みとちょう)は愛知県南東部、宝飯郡にあった町である。豊川市に、音羽町も含めて編入合併を申し入れ、2008年1月15日、同町と共に編入された。 現在は、旧御津町域の住所表示を「豊川市御津町」とすることにより、旧町名を残している。 地理 三河湾に面している。温暖な気候と豊かな自然に育まれ、海から町の歴史が拓かれた。 町域は東西7.73km、南北7.53km。北西から南東にかけて広がっており、その形は湾曲している。北西部は山林が広がり、音羽町との境界には宮路山が聳えている。 主な山: 御津山、宮路山、新宮山 主な河川: 御津川、音羽川 - 白川 気候 太平洋側気候に属し、比較的温暖な気候である。ただし冬場(12月~3月頃)の最低気温に関しては、摂氏0度を下回るのが一般的である。 土地利用 地目別面積の推移は以下のとおり。 都市計画 行政区域の全てが都市計画区域内にあった。市街化区域は389haで、行政区域全体の20.8%。残り79.2%を市街化調整区域が占めていた。

creative commons(wikipedia:御津町 (愛知県)

御津町 (岡山県)

御津(みつ)は、岡山県岡山市北区にある地域である。かつての御津郡御津町(みつちょう)に相当する。2005年3月22日に岡山市へ編入合併した。本項では御津郡御津町についても述べる。 住所表記において、大字として御津の名称を存続している。 地勢 吉備高原の南部に位置し、丘陵と山林で占められている。町のほぼ中央部を旭川が北から南に貫流し、町の中心部である金川でその支流の宇甘川と合流する。 産業は県営御津工業団地と2つの町営工業団地を中心とした工業と、ヤマイモ・シイタケ・ブドウの栽培を中心とした農業で成り立っている。また、町内には岡山県運転免許センターがある。 沿革 年表 1953年(昭和28年)4月1日 御津郡金川町・牧山村・宇垣村・宇甘東村・宇甘西村、赤磐郡五城村・葛城村の1町6村が合併し御津町が発足する。 1954年(昭和29年)4月1日 町内の旧・牧山村の一部が岡山市に編入される。 1956年(昭和31年)9月30日 赤磐郡布都美村の一部(残りは赤坂町・吉井町(ともに現・赤磐市))が編入となる。

creative commons(wikipedia:御津町 (岡山県)

御津町立御津中学校

御津町立御津中学校(みつちゅうがっこう、みとちゅうがっこう)
御津町立御津中学校 (愛知県) - 豊川市立御津中学校
御津町立御津中学校 (兵庫県) - たつの市立御津中学校
御津町立御津中学校 (岡山県) - 岡山市立御津中学校
日本の公立中学校

creative commons(wikipedia:御津町立御津中学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引