【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

三重県亀山市【地方公共団体・地方自治体】

亀山市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、三重県亀山市の紹介です。

三重県亀山市のホームページ

亀山市 概要・地域の情報やトピック

亀山市

亀山市(かめやまし)は、三重県中北部に位置する市。 江戸時代には伊勢亀山藩の城下町として、東海道で鈴鹿峠越えを控えた亀山宿の宿場町として栄えた。 明治以降は、関西鉄道(かんせいてつどう)の開通や、旧国鉄の参宮線への分岐点として、機関区も置かれた鉄道の街としても栄えたが、伊勢方面への優等列車は伊勢鉄道(旧国鉄伊勢線)経由の短絡ルートを用いるようになったために、かつての隆盛は無い。 地場産業として、蝋燭の生産が大きなシェアを持ち、カメヤマローソク(本社は大阪市に移転した)が存在する。 三重県のハイテク企業誘致策により建設されたシャープ亀山工場では、世界初の液晶パネルからテレビまでの一貫生産が行われ、大手家電量販店などでは「AQUOSは世界の亀山モデル」というキャッチコピーで売り出され人気を博した。 地理 三重県の北中部に位置し、東は鈴鹿市、西は伊賀市、南は津市、北は滋賀県甲賀市とそれぞれ接している。市内の北西部には鈴鹿山脈が、南西部には布引山地が連なる。市の面積の半分以上は山林であるが、産業別就業人口では、第一次産業よりも第二次産業就業者の割合が多い(約10倍)。

creative commons(wikipedia:亀山市

亀山市立亀山中学校

亀山市立亀山中学校(かめやましりつかめやまちゅうがっこう)は、三重県亀山市にある中学校である。大正6年に亀山第一・第二両尋常高等小学校を廃止して設置された亀山尋常高等小学校の高等科の現在の姿である。亀山城天守台跡を挟んで隣接する亀山西小学校とは、戦後の学校教育法の施行以前は同じ学校だった。 亀山中学校は亀山城天守台の南側の内堀や藩校明倫舎の跡地一帯に立地し、亀山西、亀山東、亀山南、神辺、白川、昼生の各小学校の卒業生の主な進学先となっている。 沿革 1873年2月 亀山藩校明倫館跡に亀山学校を創立。 1882年3月 亀山学校と亀街学校が合併し、友徳学校を創立。 1887年4月 友徳学校を廃止し、新たに亀山尋常小学校を創立。 1887年5月 郡内の尋常小学校卒業者の受け入れを目的として、友徳学園旧館に鈴鹿郡高等小学校を創立。 1892年11月 鈴鹿郡高等小学校を鈴鹿郡町村立高等小学校と改称。関、深伊沢、石薬師の3箇所の分教場を設置。 1896年4月 鈴鹿郡町村立高等小学校を亀山町外9ヶ村学校組合高等小学校と改称。

creative commons(wikipedia:亀山市立亀山中学校

亀山市立川崎小学校

亀山市立川崎小学校(かめやましりつかわさきしょうがっこう)は、三重県亀山市にある小学校。亀山市北東部に位置し、校区内には旧陸軍の北伊勢飛行場跡や日本武尊の能褒野墓などがある。
1946(昭和21)年の移転以来、旧陸軍の北伊勢飛行場の兵舎跡に立地しており、そのため敷地内には兵舎の正門や噴水池、格納庫の基礎部分など当時の遺構が随所に残る。
1875年11月 鈴鹿郡川崎村長善寺に川崎学校を創立。
1887年1月 川崎学校小学簡易授業所を川崎村に、また分教場を太森村に設置。
1889年5月 前月の町村制施行に伴い簡易授業所は廃止され、川崎尋常小学校と改称。
1903年4月 川崎尋常小学校を川崎尋常高等小学校と改称し、高等科(修業4ヵ年程度)を併設。
1908年4月 小学校令の一部改正で義務教育6ヵ年の尋常科と希望者のみ修学年限2ヵ年の高等科を設置。

creative commons(wikipedia:亀山市立川崎小学校

亀山市立亀山西小学校

亀山市立亀山西小学校(かめやましりつ かめやまにししょうがっこう)は、三重県亀山市本丸町にある公立小学校。大正6年に亀山第一・第二両尋常高等小学校を廃止して設置された亀山尋常高等小学校の初等科を引き継いでいる。 亀山市役所の向かい側に立地し、住所の本丸町が示す通り、一帯はかつての亀山城の敷地にあたる。そのため敷地内からは亀山城の遺構などが多数発見されている。 沿革 1873年2月 - 亀山藩校明倫館跡に亀山学校を創立。 1882年3月 - 亀山学校と亀街学校が合併し、友徳学校を創立。 1887年4月 - 友徳学校を廃止し、新たに亀山尋常小学校を創立。 1887年5月 - 郡内の尋常小学校卒業者の受け入れを目的として、友徳学園旧館に鈴鹿郡高等小学校を創立。 1892年11月 - 鈴鹿郡高等小学校を鈴鹿郡町村立高等小学校と改称。関、深伊沢、石薬師の3箇所の分教場を設置。 1896年4月 - 鈴鹿郡町村立高等小学校を亀山町外9ヶ村学校組合高等小学校と改称。 1903年4月 - 亀山町外9ヶ村学校組合高等小学校を亀山町外5ヶ村学校組合高等小学校と改称。

creative commons(wikipedia:亀山市立亀山西小学校

亀山市立白川小学校

亀山市立白川小学校(かめやましりつ しらかわしょうがっこう)は、三重県亀山市白木町にある公立小学校。亀山市の中部の山間に位置し、校区内にはシャープ亀山工場がある。白川小学校の名は、校区のある白木及び小川の両地名に由来する。木造平屋建て校舎の小規模な学校である。校舎南棟・北棟は国の登録有形文化財に登録されている。 沿革 1876年1月 - 白木村に白木学校創立。 1887年4月 - 白木学校、白木簡易授業所となる。 1889年4月 - 町村制施行に伴い白木、小川、鷲山の3村が合併し、白川村が誕生。白川簡易授業所となる。 1889年5月 - 前月の町村制施行に伴い簡易授業所が廃止され、白川尋常小学校と改称。 1889年8月 - 白川尋常小学校を字中里に新築移転。 1899年5月 - 現在地に校舎を設置。 1915年4月 - 白川尋常小学校に高等科を併設し、白川尋常高等小学校と改称。 1941年4月 - 学制改革により尋常高等小学校を国民学校と改称。 1947年4月 - 学制改革により、国民学校が廃止され、初等科が小学校に、高等科が中学校になる。

creative commons(wikipedia:亀山市立白川小学校

亀山市立井田川小学校

亀山市立井田川小学校(かめやましりつ いだがわしょうがっこう)は、三重県亀山市みどり町にある公立小学校。 亀山市内のみどり町、みずほ台と呼ばれる団地の中に立地し、団地に居住する児童を多数抱えるが、学校自体は団地より先に設立されている。敷地面積は30,684m2。 沿革 1875年(明治8年)3月 - 田村、長明寺、海善寺の3村で田村に田村学校創立。 1876年(明治9年)8月 - 西冨田、中冨田、小田、和泉の4村で西冨田村に西冨田学校創立。 1876年(明治9年)8月 - 和田、井尻、川合の3村で和田村に和田学校創立。 1883年(明治16年)7月 - 田村学校、西冨田学校、和田学校の3校が合併し、せん穀学校と改称。 1891年(明治24年)4月 - 鈴鹿郡井田川尋常小学校と改称。 1915年(大正4年)2月 - 海善寺に校舎新築、移転。 1941年(昭和16年)4月 - 鈴鹿郡井田川村国民学校と改称。 1947年(昭和22年)4月 - 鈴鹿郡井田川村立井田川小学校と改称。井田川中学校併設。 1954年(昭和29年)9月 - 亀山市制施行。

creative commons(wikipedia:亀山市立井田川小学校

亀山市立中部中学校

亀山市立中部中学校(かめやましりつちゅうぶちゅうがっこう)は、三重県亀山市にある中学校である。校区内にある井田川、川崎、野登の各小学校とは同じ起源を持ち、これらの小学校の卒業生の主な進学先となっている。 沿革 1947年4月 学制改革により、鈴鹿郡井田川村、川崎村、野登村の各国民学校の高等科がそれぞれ村立の井田川中学校、川崎中学校、野登中学校となる。 1947年7月 学校再配置により、井田川、川崎、野登の各村立中学校を廃止。3ヵ村組合立中学校として中部中学校が創立。 1951年12月 川崎村長明寺に新校舎が完成。野登分校を除く全生徒を移転。 1954年9月 亀山市制施行。亀山市立中部中学校と改称。 1954年12月 校区の東部地区が鈴鹿市に編入される。亀山市と鈴鹿市による学校組合がおかれ、亀山市鈴鹿市学校組合立中部中学校と改称。野登分校は亀山中学校の分校となる。 1956年4月 組合立中学校解散。鈴鹿地区の生徒は白鳥中学校へ転校。 1962年1月 野登分校を再び本校の分校とする。 1962年4月 野登分校を廃止し、全生徒が本校に転校。

creative commons(wikipedia:亀山市立中部中学校

亀山市立亀山東小学校

亀山市立亀山東小学校(かめやましりつ かめやまひがししょうがっこう)は、三重県亀山市本町一丁目にある公立小学校。三重大学学芸学部附属亀山小・中学校の跡地を利用して創立された学校である。 豊かな自然に囲まれた環境の中にあり、敷地内南側には校庭と接続された陰涼寺山がある。陰涼寺山は児童の遊び場として親しまれている。 沿革 1904年4月 - 鈴鹿郡亀山町の陰涼寺山北側に三重県女子師範学校が開校。 1943年4月 - 女子師範学校が国立の専門学校となり、三重師範学校女子部と改称。(男子部は三重県津市) 1949年5月 - 三重大学三重師範学校亀山分校と改称。 1950年3月 - 三重大学三重師範学校亀山分校を廃止。亀山分校附属の小・中学校は三重大学学芸学部の附属となる。 1952年5月 - 不慮の火災により全焼。 1953年11月 - 前年の火災により消失した校舎が再建竣工。 1963年3月 - 三重大学学芸学部附属亀山小・中学校が廃止され、津市の附属小・中学校に統合。 1963年4月 - 三重大学学芸学部附属亀山小・中学校跡地に三重県亀山市立亀山東小学校が創立。

creative commons(wikipedia:亀山市立亀山東小学校

亀山市立亀山南小学校

亀山市立亀山南小学校(かめやましりつ かめやまみなみしょうがっこう)は、三重県亀山市天神三丁目にある公立小学校。亀山西小学校の児童数の増加を受けて昭和57年に新設された学校である。 南側に通称:観音山があり、4月上旬に春祭りで地元の人々でにぎわう。 学校方針 学校の教育目標は「自ら学ぶ力・仲間とみがき合う力を育み、地域とともに歩む明るい学校」である。この目標を達成するために、以下のような点を定めている。 学校像 「のびよう ともに たくましく」 一人ひとりに「確かな学力」をつける学校 一人ひとりに「豊かな心」の育成を図る学校 保護者や地域の人から信頼され、活力がある学校 児童像 「よく考え、よく学ぶ子ども」 基礎基本の定着を図り、学習に継続して取り組む子ども 読書に親しみ、自主的に学ぶ子ども「認め合い、高め合う子ども」 考えや思いを伝えあい、自分のことばで表現できる子ども 互いに信頼し、高め合いながら仲間とのつながりを深めようとする子ども「心身とも健康でたくましい子ども」 自他の命を大切にし、健康・安全な生活を送ることに努める子ども 基本的な生活習慣を身につけようとする子ども 教職員像 互いに信頼し合い、支え合い、働きがいのある職場を形成しようとする教職員 自己研鑽に努め、能力や資質を高めようとする教職員 優しさと厳しさを持ち、教育への情熱と使命感を持つ教職員 家庭や地域と積極的にコミュニケーションを図り信頼関係を構築しようとする教職員 校庭芝生化 平成22年度の「亀山南小学校校庭芝生化モデル事業」により、ソフトボールの内野部分を除いた4870平方メートルに芝生が張られた。

creative commons(wikipedia:亀山市立亀山南小学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引