【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

京都府京都市【地方公共団体・地方自治体】

京都市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、京都府京都市の紹介です。

京都府京都市のホームページ

京都市 概要・地域の情報やトピック

京都市

京都市(きょうとし)は、京都府南部に位置する同府最大の市で、府庁所在地である。政令指定都市に指定されており、11区を置く。日本の市で8番目の人口を有する。 市域は、山城国の葛野郡・愛宕郡・紀伊郡の全域、山城国の宇治郡・乙訓郡と丹波国桑田郡の一部、さらには山城国の久世郡・綴喜郡にもくい込んでいる。昼間人口では神戸市を抜き第6位である。京都府最大の都市であり、府の人口の56.5%を占める(2016年2月1日)。都道府県全体の人口の過半数を占める都市は、東京23区を一つの都市として考えない場合は京都市のみである。 都市雇用圏の基準では、京都市を中心として京都府南部・滋賀県南西部に広がる京都都市圏(京滋)は都市雇用圏として全国第4位の人口を擁し、また1.5%都市圏の基準では、京阪神大都市圏の一角を担う。 794年(延暦13年)に日本の首都になった平安京を基礎とする都市で、明治天皇が東京に行幸するまでの約1080年に渡って天皇家および公家が集住したため「千年の都」との雅称で呼ばれる(首都に関する議論は「日本の首都」を参照)。

creative commons(wikipedia:京都市

京都市営バスの路線一覧

京都市営バスの路線一覧(きょうとしえいばすのろせんいちらん)は、京都市営バスの路線の一覧である。廃止された系統も含めて記載している。ただし、始発や最終などでの入庫運用については、特に記載していない。
2001年3月24日、出町柳駅前〜洛北高校前〜北大路バスターミナル〜千本北大路〜玄琢下〜大宮総門口町〜西賀茂車庫前
1997年10月12日、三条京阪前〜河原町三条〜洛北高校前〜北大路バスターミナル〜千本北大路〜玄琢下〜大宮総門口町〜西賀茂車庫前
1981年5月29日、三条京阪前〜河原町三条〜洛北高校前〜北大路バスターミナル〜千本北大路〜玄琢下〜大宮総門口町〜西賀茂車庫前

creative commons(wikipedia:京都市営バスの路線一覧

京都市営バス梅津営業所

京都市営バス梅津営業所(きょうとしえいばすうめづえいぎょうしょ)は京都市右京区西院笠目町にある京都市営バスの営業所である。
右京区と市内中心部を結ぶ路線を伝統的に受け持つ。また、旧五条営業所の担当であったみぶ操車場を経由する循環系統、右京区北部(宇多野・御室地区)と市内中心部を結ぶ路線も受け持つ。なお、以前担当していた右京区と市内中心部を結ぶ多区間系統の一部は、他営業所(京都市営バス洛西営業所 洛西、京都市営バス横大路営業所 横大路)に移管された。
合理化に伴い、敷地の一部は隣接する京都外国語大学に売却され、それに伴って最寄り停留所名も「梅津車庫前」から「京都外大前」に改称されている。しかし五条営業所の廃止で201号系統や宇多野・山越方面への系統と京都定期観光バスを受け持つようになったことから、再び一部のみ増設された。

creative commons(wikipedia:京都市営バス梅津営業所

京都市電

京都市電(きょうとしでん)は、京都市交通局が運営していた市電(路面電車)である。1895年に京都電気鉄道によって日本最初の一般営業用電気鉄道として開業され、1912年の市営路線開設、1918年の全面市営化を経た後、1978年9月30日限りで全廃された。 1895年(明治28年)、民間企業である京都電気鉄道により第1期区間が開業。日本最初の一般営業用の電車となった。京都に日本初の電車が開業した背景には、国内に先駆けて(世界でも2番目ともいう)水力発電が行われたことが挙げられる。京都は東京奠都に伴って天皇の膝下という地位を失い、市民の間で衰退が懸念されたことから、その挽回策として政府からの下賜金をもとに琵琶湖疏水が計画された。当初水車に利用する予定であった水力が発電に使えると知った設計者田辺朔郎は、急遽渡米して世界初といわれる水力発電設備を調査の上、帰国後ただちに設計を変更して蹴上に水力発電所を建設した。

creative commons(wikipedia:京都市電

京都市営バス九条営業所

京都市営バス九条営業所(きょうとしえいバスくじょうえいぎょうしょ)は、京都市電九条車庫の跡地である京都市南区 (京都市) 南区東九条下殿田町にある京都市営バスの営業所である。担当路線は、九条車庫を経由する循環系統、京都駅を発着する均一系統である。2007年3月からは、北区 (京都市) 北区西部とと市内中心部を結ぶ路線も新たに担当するようになった。なお、2005年3月から2007年3月までは左京区東部と市内中心部を結ぶ路線も担当していたが、回送距離が長いことが問題となり、現在は京都市営バス西賀茂営業所 西賀茂営業所の担当となっている。
操車業務は、三哲操車場(最寄停留所は下京区総合庁舎前)、衣笠操車場(最寄停留所は立命館大学前)でも行なっている。

creative commons(wikipedia:京都市営バス九条営業所

京都市営バス烏丸営業所

京都市営バス烏丸営業所(きょうとしえいばすからすまえいぎょうしょ)は、京都市北区 (京都市) 北区小山北上総町にある京都市営バスの営業所である。なお、管轄下に京都市営バス錦林出張所がある。
1978年10月1日 - 京都市電烏丸営業所跡地に京都市営バス烏丸営業所を開設する。なおこのとき、烏丸営業所の支所として北野に営業所が設置される。
1979年5月20日 - 北野支所を廃止する。また、八条営業所の廃止、洛西営業所の開設に伴い、担当系統が変更となる。烏丸営業所の担当系統が(旧)6甲、(旧)203、206甲乙、215、222甲乙、M1となる。
1981年5月29日 - 京都市営地下鉄京都市営地下鉄烏丸線 烏丸線開業に合わせて開設された北大路駅上に北大路バスターミナルが、烏丸営業所に併設される。またこの日に大幅な路線再編が実施され、担当系統が変更となる。烏丸営業所の担当系統は、北1、北2、北3、北4、北5、47、51、206、M1の各系統となる。

creative commons(wikipedia:京都市営バス烏丸営業所

京都市営バス

京都市営バス(きょうとしえいバス、英: Kyoto City Bus)は、京都市交通局が運営する路線バスである。地元では単に市バス(しバス)と呼ばれることが多い。 市内交通の主要な位置をしめる。京都市内を中心に走っているが、一部長岡京市と向日市にも停留所がある。 なお、京都府内には京都交通、京阪京都交通・京都バス・京都京阪バスという京都の冠がついた民間バス会社が存在するが、これらはいずれも京都市営バスとは別事業体である。うち前者は日本交通の、後者3社は京阪電気鉄道のグループ会社である。他にも、京都市内中心部から京都女子大学との間を結ぶ路線バス「プリンセスラインバス」を運行している京都急行バスがある。 2005年に京都市に編入された旧・京北町の京北町営バスは、編入後は市営バスとしてではなく、「きょうと京北ふるさと公社(京北ふるさとバス)」として引き続き運行されている。 沿革 京都におけるバス事業の始まり 京都市によるバス事業は、1928年5月10日に出町柳 - 植物園間の2.5kmで運行を開始したのが始まりである。

creative commons(wikipedia:京都市営バス

京都市バス

『京都市営バス』より : 京都市営バス(きょうとしえいバス、英: Kyoto City Bus)は、京都市交通局が運営する路線バスである。地元では単に市バス(しバス)と呼ばれることが多い。 市内交通の主要な位置をしめる。京都市内を中心に走っているが、一部長岡京市と向日市にも停留所がある。 なお、京都府内には京都交通、京阪京都交通・京都バス・京都京阪バスという京都の冠がついた民間バス会社が存在するが、これらはいずれも京都市営バスとは別事業体である。うち前者は日本交通の、後者3社は京阪電気鉄道のグループ会社である。他にも、京都市内中心部から京都女子大学との間を結ぶ路線バス「プリンセスラインバス」を運行している京都急行バスがある。 2005年に京都市に編入された旧・京北町の京北町営バスは、編入後は市営バスとしてではなく、「きょうと京北ふるさと公社(京北ふるさとバス)」として引き続き運行されている。 沿革 京都におけるバス事業の始まり 京都市によるバス事業は、1928年5月10日に出町柳 - 植物園間の2.5kmで運行を開始したのが始まりである。

creative commons(wikipedia:京都市バス

京都市交通局500形電車

京都市交通局500形電車は、かつて京都市交通局が所有していた路面電車車両である。1924年から1928年にかけて40両が製造された。
大正時代 大正期の京都市は、日本の他の大都市と同様、拡大の時代であった。明治時代 明治期に実施された琵琶湖疏水の建設や水力発電の開始、その電力を活用して京都市街と京都の河港である伏見を結んだ、日本最初の営業用の電車である京都電気軌道の開業と市内中心部への路線網の拡大、明治末年に行われた三大事業(道路拡幅、京都市電 市電の建設、上下水道の整備)などによって近代都市にふさわしい都市インフラを整備した。また、京都大学 京都帝大をはじめとした高等教育機関の設置は、現在に続く「大学のまち・京都」の原型を作るもととなった。こうした施策の結果、京都市は明治初年の東京奠都のショックを克服して、京都市とその周辺部に人口や産業の集積が見られるようになり、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸といった都市とともに六大都市と称されるようになった。そして、京都市域からあぶれた人口や産業は、北部の周辺地域を中心に住宅立地がさかんとなり、西南部を中心に繊維関係の工場が多く立地するようになり、どちらの地域も京都市とのつながりは日常不可欠なものとなった。このような状況を踏まえて、京都市は1918年に周辺の町村を合併して市域を拡大し、1921年には市街地のスプロール化を防ぐためにこれらの新市街地と従来からの京都市街地を含めた形で都市計画決定を実施し、現在の京都市街の骨格を形作る西大路通や九条通などの外郭線や、その外周道路となる北山通や十条通などの建設・道路拡幅が決定された。

creative commons(wikipedia:京都市交通局500形電車

京都市営地下鉄東西線

東西線(とうざいせん)は、京都府宇治市の六地蔵駅から京都市右京区の太秦天神川駅までを結ぶ京都市営地下鉄の路線である。ラインカラーは 朱色。 京都市で2番目の市営地下鉄路線として開業した。京都市中心部と同市東南部の山科区・伏見区との通勤輸送、および滋賀県大津市との都市間輸送の一部を担う路線であり、1日平均12万人が利用している。 1997年に醍醐駅 - 二条駅間が開業し、2004年に醍醐駅から六地蔵駅まで延伸、2008年1月16日には二条駅から太秦天神川駅までが開業した。同駅からはさらに西京区の洛西付近までの延伸が予定されている。市の郊外に洛西ニュータウンが建設された際、「将来ここまで地下鉄が来る」という話を聞いて入居した人が多く、住民から延伸を望む声が強いが、京都市の財政事情が厳しいことから建設の見通しは立っていない(西部への延伸構想節も参照)。

creative commons(wikipedia:京都市営地下鉄東西線

京都市交通局600形電車

京都市交通局600形電車(きょうとしこうつうきょく600がたでんしゃ)は、京都市電の路面電車である。1937年から1942年にかけて95両が製造された。 本項目では600形の改造による派生形式である京都市交通局1600形電車および京都市交通局2600形電車についても取り扱う。 昭和初期は、日本の路面電車事業者にとって一大転換期であった。昭和初年からの大恐慌によって乗客が減少しただけでなく、この時期は日本においてもモータリゼーションの揺籃期にあったことから、バスやタクシーがこの時期から飛躍的に発達することになった。地方の路面電車事業者の中にはバスの前に敗退を余儀なくされて路線を廃止するところも出てきたほか、大都市においても大阪市のように民間バスと市電・市バスが熾烈な競争を繰り広げてついには市電の収益が赤字に転ずるところも出てきた。その一方で、大都市においては都市化の拡大に伴って市電の路線網を拡大し、住民サービスの向上を図ることが求められていた。また、これらの新設路線では、東京都電5000形、横浜市電1000形、大阪市電1001,1081形・1501形・1601形、神戸市電J車、K車、L車(後の500形)といったような大正末期~昭和初期に多く製造された3扉大型ボギー車では輸送力過剰になることが予想されたことから、東京都電1000形、大阪市電801形・901形、神戸市電600形などのように、汎用性の高い中小型車を増備する方針に切り替えるようになった。

creative commons(wikipedia:京都市交通局600形電車

京都市交通局2000形電車

『伊予鉄道モハ2000形電車』より : 京都市交通局2000形電車(きょうとしこうつうきょく2000がたでんしゃ)は、1964年より新造され、京都市交通局(京都市電)に在籍した路面電車車両。 京都市電の全廃を待たずして1977年9月に全車廃車となったが、本形式のうち5両が伊予鉄道へ譲渡され、同社モハ2000形電車として導入された。本項では京都市交通局在籍当時のみならず、伊予鉄道譲渡後の変遷についても併せて記述する。 ラッシュ時のための連結運転と閑散時のワンマン運転の双方に対応可能なよう設計された中型車である。 1964年から1965年にかけて2001 - 2006の計6両がナニワ工機(現アルナ車両)で製造された。 なお、1965年に新造された2003 - 2006の4両は京都市交通局が市電用として新造した最後の車両である。 導入経緯 公共交通事業者の多くが、ラッシュ時に備えた設備投資を行うことを余儀なくされているが、その一方で、ラッシュ対策の車両や施設、あるいは要員が、昼間の閑散時には遊休化してしまうといった二律背反に悩まされる事例が、しばしば見受けられる。

creative commons(wikipedia:京都市交通局2000形電車

京都市交通局1600形電車

京都市交通局1600形電車(きょうとしこうつうきょく1600がたでんしゃ)は、かつて京都市交通局に在籍していた路面電車車両である。
1966年(昭和41年)から1968年(昭和43年)にかけて63両が京都市交通局600形電車 600形から改造された。
京都市電でのワンマンカーの導入は、連結ワンマンカーである伊予鉄道モハ2000形電車 2000形の新造や600形の京都市交通局2600形電車 2600形への改造など、日本初の路面電車のワンマン運転を開始した名古屋市電や新造車としては日本初のワンマンカーである呉市交通局2000形電車 2000形を導入した呉市電などと並んで、路面電車事業者の中では比較的早い時期から進められ合理化と経費の節減に効果を上げた。しかし、これらの車両はラッシュ時の大量輸送力の確保とデータイムの合理化を兼ねた連結運行可能な車両としたために、2600形では新造に近い改造工事を実施するなど高価な車両となってしまった。ワンマン化推進のためには改造経費を低減したワンマンカーを導入することが求められていた。そこで2600形同様600形を種車としながらも、より簡易な改造にとどめた1600形を登場させることになった。その改造概念 コンセプトは下記のとおりである。

creative commons(wikipedia:京都市交通局1600形電車

京都市交通局700形電車

京都市交通局700形電車(きょうとしこうつうきょく700がたでんしゃ)は、京都市電(京都市交通局)の路面電車車両。1958年から1962年にかけてナニワ工機(現アルナ車両)などで48両が製造された。 登場及び形態 700形は、当時残存していた200形・300形単車を置き換えるために投入され、その後は乗客増に合わせて年間数両単位で増備された。 車体は900形までの京都市電スタイルを継承しつつも、基本設計を担当したナニワ工機が開発した準張殻構造の軽量車体を採用した。浅い屋根と大きなアルミサッシ窓、そして何より700形を特徴づける幅1mの4枚折戸が、明るいクリーム色とライトグリーンの新塗装とあいまって、それまでの重厚な京都市電スタイルとは異なる、軽快で近代的、なおかつ美しい車両に仕立て上げた。車体長は12.3mで、12.8mの900形と11.9mの800形の中間に当たり、青電と呼ばれた600形以来の京都市電スタイルの一つの頂点に達した。

creative commons(wikipedia:京都市交通局700形電車

京都市電700形電車

『京都市交通局700形電車』より : 京都市交通局700形電車(きょうとしこうつうきょく700がたでんしゃ)は、京都市電(京都市交通局)の路面電車車両。1958年から1962年にかけてナニワ工機(現アルナ車両)などで48両が製造された。 登場及び形態 700形は、当時残存していた200形・300形単車を置き換えるために投入され、その後は乗客増に合わせて年間数両単位で増備された。 車体は900形までの京都市電スタイルを継承しつつも、基本設計を担当したナニワ工機が開発した準張殻構造の軽量車体を採用した。浅い屋根と大きなアルミサッシ窓、そして何より700形を特徴づける幅1mの4枚折戸が、明るいクリーム色とライトグリーンの新塗装とあいまって、それまでの重厚な京都市電スタイルとは異なる、軽快で近代的、なおかつ美しい車両に仕立て上げた。車体長は12.3mで、12.8mの900形と11.9mの800形の中間に当たり、青電と呼ばれた600形以来の京都市電スタイルの一つの頂点に達した。

creative commons(wikipedia:京都市電700形電車

京都市立芸術大学

京都市立芸術大学(きょうとしりつげいじゅつだいがく、英語: Kyoto City University of Arts)は、京都市西京区大枝沓掛町13-6に本部を置く日本の公立大学である。1950年に設置された。 日本では初の公立の絵画専門学校を母体に設立された。 大学の略称は京芸。 創立 美術学部は、1880年(明治13年)に創設の京都府の画学校が起源。6月に太政大臣三条実美により「日本最初京都画学校」と命名され、7月に京都御苑内の旧准后里御殿仮校舎で開校式が行われた。 背景には、事実上の東京遷都によるパトロンの喪失・文明開化による伝統文化の冷遇などから、円山派・四条派といった京都画壇の諸派が危機に陥ったことにある。美術を立て直すために市民の間から美術家養成機関としての近代的な「学校」を作ろうという声が高まり、その熱意の結果創立されたものである。これには同じく文明開化で低迷していた京都の主力産業である伝統工芸の近代化を支援するため、密接な関係にある美術界を盛んにする目的もあった。

creative commons(wikipedia:京都市立芸術大学

京都市立美術大学

『京都市立芸術大学』より : 京都市立芸術大学(きょうとしりつげいじゅつだいがく、英語: Kyoto City University of Arts)は、京都市西京区大枝沓掛町13-6に本部を置く日本の公立大学である。1950年に設置された。 日本では初の公立の絵画専門学校を母体に設立された。 大学の略称は京芸。 創立 美術学部は、1880年(明治13年)に創設の京都府の画学校が起源。6月に太政大臣三条実美により「日本最初京都画学校」と命名され、7月に京都御苑内の旧准后里御殿仮校舎で開校式が行われた。 背景には、事実上の東京遷都によるパトロンの喪失・文明開化による伝統文化の冷遇などから、円山派・四条派といった京都画壇の諸派が危機に陥ったことにある。美術を立て直すために市民の間から美術家養成機関としての近代的な「学校」を作ろうという声が高まり、その熱意の結果創立されたものである。これには同じく文明開化で低迷していた京都の主力産業である伝統工芸の近代化を支援するため、密接な関係にある美術界を盛んにする目的もあった。

creative commons(wikipedia:京都市立美術大学

京都市営バス横大路営業所

京都市営バス横大路営業所(きょうとしえいバスよこおおじえいぎょうしょ)は、京都市伏見区横大路橋本にある京都市営バスの営業所である。全国で初めて公営交通の運行を民間(最初は阪急バスのみ)に委託した営業所で、伏見区、南区のほか、かつては四条烏丸、四条大宮を起点とする右京区や北区など営業所からかなり離れた不採算路線も運行していた。 13、特13、臨13、18、特18、19、20、22、43、69、81、特81、南1、南2、特南2、南3、南5、100円循環バスの各系統が阪急バス、16、84、臨南5、南8の各系統はエムケイにて運行している。所轄の系統が多いこともあり、運転席後部に掲示しているバスの路線案内表は、阪急バス委託用とエムケイ委託用の2種類がある。 操車業務は、竹田操車場(最寄停留所は竹田駅西口)、壬生操車場(最寄停留所はみぶ操車場前)、二条操車場(最寄停留所は二条駅西口)、三哲操車場(最寄停留所は下京区総合庁舎前)でも行なっている。

creative commons(wikipedia:京都市営バス横大路営業所

京都市営バス醍醐営業所

京都市営バス醍醐営業所(きょうとしえいバスだいごえいぎょうしょ)は、京都市伏見区醍醐にかつて存在していた、京都市営バスの営業所である。醍醐、山科地区を運行する路線を担当していた。京都市営地下鉄東西線の開業により、京阪バスに同営業所の管轄内の路線を移管する形で廃止された。なお、跡地はマンション(DELPA醍醐)となっている。開設時から1983年の移転前まで使用していた土地は、京都市醍醐西市営住宅となっている。
1971年7月25日 - 京都市営バス醍醐営業所を開設する。
1979年5月21日 - 八条営業所、北野支所の廃止、洛西営業所の開設に伴い、担当系統が変更となる。担当系統は、39、39乙、40、40甲、40乙、41甲乙、44、44甲、49、56、57C、64の各系統である。

creative commons(wikipedia:京都市営バス醍醐営業所

京都市営地下鉄烏丸線

烏丸線(からすません)は、京都府京都市左京区の国際会館駅から同市伏見区の竹田駅までを結ぶ京都市営地下鉄の路線である。ラインカラーは グリーン。 京都市初の市営地下鉄路線である。1981年(昭和56年)に北大路駅 - 京都駅間が開業した。1988年(昭和63年)に京都駅 - 竹田駅間、1990年(平成2年)に北山駅 - 北大路駅間、1997年(平成9年)に国際会館駅 - 北山駅間と順次延伸されている。北大路駅 - 十条駅間は烏丸通の地下を通り、同市中心部を南北に貫いている。開業当初は4両編成で運行されていたが、竹田駅への南進開業後は全列車が6両編成で運行されている。竹田開業の約2か月後から近鉄京都線との相互乗り入れを行い、当初は国際会館駅 - 新田辺駅間で、後に近鉄奈良駅まで直通運転区間が拡大されている。烏丸線内はすべての駅が将来の増結に対応したホーム長となっている。 路線データ 路線距離(営業キロ):13.7km 軌間:1435mm 駅数:15駅(起終点駅含む) 複線区間:全線 電化区間:全線電化(直流1500V・架空電車線方式) 地上区間:竹田駅付近 閉塞方式:車内信号式(ATC) 最高速度:75km/h 総建設費:3054億円 路線の特徴 京都市内の主要観光地のうち、沿線に所在するものは京都御所(今出川駅、丸太町駅)や東本願寺(京都駅、五条駅)などにとどまっており、その他の主要観光地へは地下鉄東西線や京都市バス・京都バスなどの路線バス利用となることが多い。

creative commons(wikipedia:京都市営地下鉄烏丸線

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引