【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

大阪府大阪市【地方公共団体・地方自治体】

大阪市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、大阪府大阪市の紹介です。

大阪府大阪市のホームページ

大阪市 概要・地域の情報やトピック

大阪市

大阪市(おおさかし)は、日本の近畿地方、大阪府のほぼ中央に位置する市で、同府の府庁所在地である。政令指定都市に指定されている。 大阪市は、近畿地方および西日本の行政・経済・文化・交通の中心都市であり、市域を中心として、大阪都市圏および京阪神大都市圏が形成されている。大阪市の2014年度の市内総生産は約22兆円で、政令指定都市中最大であり2倍から3倍の人口を擁する北海道や千葉県、兵庫県など1つの道府県の県内総生産を上回る。京阪神大都市圏の圏内総生産は、国内では首都圏に次ぎ、世界的にも上位にある。また市内の従業者数、事業所数、上場企業本社数は共に東京23区に次いで国内2位である。夜間人口は横浜市に次いで全国2位の約267万人、人口密度は全国の市で5位(政令指定都市中で1位)、昼間人口は市外から多くの通勤通学者が流入するため東京23区に次ぐ約369万人となる。近年では都心回帰が顕著で、中心部三区を中心に増加傾向にある。 古代から瀬戸内海・大阪湾に面した当時の国際的な港である住吉津や難波津などのある外交に関連した港湾都市として栄え、古代の首都としての難波宮、難波京などの都城も造営された。

creative commons(wikipedia:大阪市

大阪市営バス

大阪市営バス(おおさかしえいバス)は、大阪府大阪市が経営するバス(公営バス)である。大阪市営地下鉄とともに大阪市交通局が担当する。 大阪市全域を運行エリアとするほか、隣接する守口市(営業所も所在)、門真市、東大阪市、堺市、松原市、摂津市にも乗り入れている。かつては豊中市や八尾市にも乗り入れていたが、現在は廃止されている。 総営業キロ数は648.5km(平成21年3月31日当時)、保有車両数は719両(平成22年9月1日当時)であったが、赤バスの廃止を含めた路線再編により縮小により、2013年度の車両数は556台である。 2002年1月の路線改編以降は、一部営業所を外郭団体の大阪シティバス(旧・大阪運輸振興)株式会社に管理委託しており、運営コストの削減を進めている。また、2007年4月から井高野営業所を南海バスに委託している。 かつては日本初のワンマンバスや、「赤バス」と呼ばれる100円料金のコミュニティバスの運行を行い、現在でもカード乗車券に限り地下鉄との乗継割引制度の導入など、サービス改善にも積極的な部分がある。

creative commons(wikipedia:大阪市営バス

大阪市立大学

大阪市立大学(おおさかしりつだいがく、英語: Osaka City University)は、大阪府大阪市住吉区杉本3-3-138に本部を置く日本の公立大学である。1949年に設置された。大学の略称は市大(しだい・いちだい)。 なお、大阪市を廃止して大阪都を設置する大阪都構想についての是非が議論されており、それと並行して大阪府立大学と大阪市立大学を統合して新大学を設置することも検討されており、2015年2月には両大学間で『「新・公立大学」大阪モデル(基本構想)』が取りまとめられた(大阪都立大学構想)。 大学全体 大阪市立大学の主な母体である旧制大阪商科大学は日本最初の市立大学として創立された。2011年時点で公立大学としては最も規模が大きく、8学部10研究科を設置している。2005年5月1日時点で、大学学部所属学生7,105人、大学院研究科所属学生2,063人、教員852人。 旧制大阪商科大学設立時の大阪市長である關一が大学開設にあたって発表した「大学は都市とともにあり、都市は大学とともにある」および「国立大学の"コッピー"であってはならぬ」という発言は現在でも大阪市立大学の理念とされている。

creative commons(wikipedia:大阪市立大学

大阪市立医科大学

『大阪市立大学』より : 大阪市立医科大学(おおさかしりついかだいがく、公用語表記: 大阪市立医科大学)は、大阪府大阪市阿倍野区旭町一に本部を置いていた日本の公立大学である。1947年に設置された。 1955年に大阪市立大学に編入され、医学部となった。 本項では、前身の旧制大阪市立医学専門学校を含めて記述する。 第二次世界大戦中に設置された旧制大阪市立医学専門学校が前身。 戦後、戦時期に設立された他の公立旧制医学専門学校11校と同時期に旧制大学に昇格し、大阪市立医科大学となった。 新制大学に移行した後、新制大阪市立大学医学部となった(前身校以来の設立経緯より、いわゆる「旧設医科大学」の一つに数えられている)。 同窓会は 「大阪市立大学医学部同窓会」 と称し、旧制・新制合同の会である。 現存する新制・私立の大阪医科大学、および大阪大学医学部の前身校である旧制・府立の大阪医科大学と混同しないよう、注意を要する。 沿革 大阪市立医学専門学校時代 1944年2月29日: 大阪市立医学専門学校 (旧制) 設立許可。

creative commons(wikipedia:大阪市立医科大学

大阪市立高等商業学校

『大阪商科大学 (旧制)』より : 旧制大阪商科大学(きゅうせいおおさかしょうかだいがく、英語: Osaka University of Commerce)は、1928年(昭和3年)に設立された公立の旧制大学。略称は「大阪商大」。 本項では、市立大阪高等商業学校(大阪高商)など前身の諸校を含めて記述する。 日本初の市立大学。前身の大阪市立高等商業学校も日本初の市立専門学校であった。 学部のほか予科・高等商業部を設置した。学部には、当時としては珍しい市政科が設置された。 第二次世界大戦中、他の商大・高商の校名から 「商」 の文字が消えた中、校名を守り通した。高等商業部は大阪工業経営専門学校と改称されたが、戦後、高等商業部に復称した。 新制大阪市立大学 商学部・経済学部・法学部 の前身である。建学の精神は、同大学に受け継がれた。大阪市立大学#建学の精神 を参照。 同窓会は 「有恒会」 と称する(1953年、「大阪商科大学同窓会」 から改称し、新制卒業生と合同した)。 沿革 源流諸校の時代 1880年11月: 門田三郎兵衛、五代友厚ら財界人の寄付により 私立大阪商業講習所を設立。

creative commons(wikipedia:大阪市立高等商業学校

大阪市電気局100形電車 (地下鉄)

大阪市電気局100形電車(おおさかしでんききょく100がたでんしゃ)は、大阪市電気局(現・大阪市交通局)が1933年5月の高速電気軌道1号線(現・大阪市営地下鉄御堂筋線)の部分開業に際して製造した電車 電動客車である。
1号線部分開業に備え、神戸市 神戸の川崎重工業 川崎車輛で101~104、大阪市 大阪京橋の近畿車輌 田中車輌で105・106、名古屋市 名古屋の日本車輌製造本店で107・108、東京市 東京の汽車製造東京支店で109・110の合計10両が新造された。
当時、近畿地方 関西の私鉄各社が競って導入しつつあった大型高速電車の要素技術を巧みに組み合わせて基本設計が実施された。ニューヨーク市地下鉄など欧米の先進的地下鉄の事例にならった各種保安機器等を付加してあり、以後の大阪市営地下鉄における車両設計の基本を確立した。

creative commons(wikipedia:大阪市電気局100形電車 (地下鉄)

大阪市交通局30系電車

大阪市交通局30系電車(おおさかしこうつうきょく30けいでんしゃ)は、1967年から1984年にかけて製造され、かつて大阪市交通局で使用されていた、地下鉄(高速電気軌道)用通勤形電車である。 本項では30系に編入された7000・8000形、および北大阪急行電鉄7000・8000系についても記述する。 7000・8000形の登場 1967年9月30日、2号線・谷町線 東梅田駅 - 谷町四丁目駅間(3.5 km)、4号線・中央線 谷町四丁目駅 - 森ノ宮駅間(1.3 km)が開業。保安装置である地上信号方式のWS-ATC・列車集中制御装置(CTC)を市営地下鉄で初採用した。 この開業用に2両9編成18両(7001F - 7009F)が製造される。車体長は最大の18mで4つの両開き扉を備える。車体は構体が普通鋼で外板が無塗装のステンレス鋼であるスキンステンレス(セミンステンレス)車体とした。本形式は30系の実質的な試作車両の役割を担っていた。 万博輸送に向けて 1970年3月14日(一般公開開始は翌15日)より180日間の日程で千里丘陵で日本万国博覧会(大阪万博 EXPO'70)が開催されることとなり、これに対応すべく大阪市は6路線で総延長64.2kmの新線建設を含む地下鉄網整備緊急5カ年計画を立案、日本国有鉄道(国鉄)大阪環状線内の地下鉄網の緊急整備と路面電車網の全廃、それに当時東海道新幹線との連絡駅である新大阪まで到達していた大阪市交通局高速電気軌道1号線を江坂まで延伸、そこから先を大阪府や阪急電鉄などが出資した第3セクターである北大阪急行電鉄が万国博中央口まで建設し、1号線と北大阪急行電鉄の間で相互乗り入れ運転とすることで万博会場へのメインアクセス機関とすることが決定された。

creative commons(wikipedia:大阪市交通局30系電車

大阪市交通局7000形電車

『大阪市交通局30系電車』より : 大阪市交通局30系電車(おおさかしこうつうきょく30けいでんしゃ)は、1967年から1984年にかけて製造され、かつて大阪市交通局で使用されていた、地下鉄(高速電気軌道)用通勤形電車である。 本項では30系に編入された7000・8000形、および北大阪急行電鉄7000・8000系についても記述する。 7000・8000形の登場 1967年9月30日、2号線・谷町線 東梅田駅 - 谷町四丁目駅間(3.5 km)、4号線・中央線 谷町四丁目駅 - 森ノ宮駅間(1.3 km)が開業。保安装置である地上信号方式のWS-ATC・列車集中制御装置(CTC)を市営地下鉄で初採用した。 この開業用に2両9編成18両(7001F - 7009F)が製造される。車体長は最大の18mで4つの両開き扉を備える。車体は構体が普通鋼で外板が無塗装のステンレス鋼であるスキンステンレス(セミンステンレス)車体とした。本形式は30系の実質的な試作車両の役割を担っていた。 万博輸送に向けて 1970年3月14日(一般公開開始は翌15日)より180日間の日程で千里丘陵で日本万国博覧会(大阪万博 EXPO'70)が開催されることとなり、これに対応すべく大阪市は6路線で総延長64.2kmの新線建設を含む地下鉄網整備緊急5カ年計画を立案、日本国有鉄道(国鉄)大阪環状線内の地下鉄網の緊急整備と路面電車網の全廃、それに当時東海道新幹線との連絡駅である新大阪まで到達していた大阪市交通局高速電気軌道1号線を江坂まで延伸、そこから先を大阪府や阪急電鉄などが出資した第3セクターである北大阪急行電鉄が万国博中央口まで建設し、1号線と北大阪急行電鉄の間で相互乗り入れ運転とすることで万博会場へのメインアクセス機関とすることが決定された。

creative commons(wikipedia:大阪市交通局7000形電車

大阪市交通局8000形電車

『大阪市交通局30系電車』より : 大阪市交通局30系電車(おおさかしこうつうきょく30けいでんしゃ)は、1967年から1984年にかけて製造され、かつて大阪市交通局で使用されていた、地下鉄(高速電気軌道)用通勤形電車である。 本項では30系に編入された7000・8000形、および北大阪急行電鉄7000・8000系についても記述する。 7000・8000形の登場 1967年9月30日、2号線・谷町線 東梅田駅 - 谷町四丁目駅間(3.5 km)、4号線・中央線 谷町四丁目駅 - 森ノ宮駅間(1.3 km)が開業。保安装置である地上信号方式のWS-ATC・列車集中制御装置(CTC)を市営地下鉄で初採用した。 この開業用に2両9編成18両(7001F - 7009F)が製造される。車体長は最大の18mで4つの両開き扉を備える。車体は構体が普通鋼で外板が無塗装のステンレス鋼であるスキンステンレス(セミンステンレス)車体とした。本形式は30系の実質的な試作車両の役割を担っていた。 万博輸送に向けて 1970年3月14日(一般公開開始は翌15日)より180日間の日程で千里丘陵で日本万国博覧会(大阪万博 EXPO'70)が開催されることとなり、これに対応すべく大阪市は6路線で総延長64.2kmの新線建設を含む地下鉄網整備緊急5カ年計画を立案、日本国有鉄道(国鉄)大阪環状線内の地下鉄網の緊急整備と路面電車網の全廃、それに当時東海道新幹線との連絡駅である新大阪まで到達していた大阪市交通局高速電気軌道1号線を江坂まで延伸、そこから先を大阪府や阪急電鉄などが出資した第3セクターである北大阪急行電鉄が万国博中央口まで建設し、1号線と北大阪急行電鉄の間で相互乗り入れ運転とすることで万博会場へのメインアクセス機関とすることが決定された。

creative commons(wikipedia:大阪市交通局8000形電車

大阪市交通局7000形・8000形電車

『大阪市交通局30系電車』より : 大阪市交通局30系電車(おおさかしこうつうきょく30けいでんしゃ)は、1967年から1984年にかけて製造され、かつて大阪市交通局で使用されていた、地下鉄(高速電気軌道)用通勤形電車である。 本項では30系に編入された7000・8000形、および北大阪急行電鉄7000・8000系についても記述する。 7000・8000形の登場 1967年9月30日、2号線・谷町線 東梅田駅 - 谷町四丁目駅間(3.5 km)、4号線・中央線 谷町四丁目駅 - 森ノ宮駅間(1.3 km)が開業。保安装置である地上信号方式のWS-ATC・列車集中制御装置(CTC)を市営地下鉄で初採用した。 この開業用に2両9編成18両(7001F - 7009F)が製造される。車体長は最大の18mで4つの両開き扉を備える。車体は構体が普通鋼で外板が無塗装のステンレス鋼であるスキンステンレス(セミンステンレス)車体とした。本形式は30系の実質的な試作車両の役割を担っていた。 万博輸送に向けて 1970年3月14日(一般公開開始は翌15日)より180日間の日程で千里丘陵で日本万国博覧会(大阪万博 EXPO'70)が開催されることとなり、これに対応すべく大阪市は6路線で総延長64.2kmの新線建設を含む地下鉄網整備緊急5カ年計画を立案、日本国有鉄道(国鉄)大阪環状線内の地下鉄網の緊急整備と路面電車網の全廃、それに当時東海道新幹線との連絡駅である新大阪まで到達していた大阪市交通局高速電気軌道1号線を江坂まで延伸、そこから先を大阪府や阪急電鉄などが出資した第3セクターである北大阪急行電鉄が万国博中央口まで建設し、1号線と北大阪急行電鉄の間で相互乗り入れ運転とすることで万博会場へのメインアクセス機関とすることが決定された。

creative commons(wikipedia:大阪市交通局7000形・8000形電車

大阪市消防局

消防本部名 大阪市消防局
設置日 1948年3月
管轄区域 大阪市内24区
管轄面積 222.30km²
職員定数 3,570人
消防署数 25
分署数 なし
出張所数 64
分遣所数 なし
所在地 大阪市西区 (大阪市) 西区九条南1-12-54
大阪市消防局(おおさかししょうぼうきょく)は、大阪市(大阪市役所)の消防部局(消防本部)。
東京消防庁に次ぐ規模で、装備も人員も充実している。消防大学校にも講師を送り込んでいる。
規模が大きいため、日頃から周辺市や兵庫県への出動はもちろん、大規模災害時には大阪府外や海外へ派遣される場合もある。阪神大震災でも活躍しており、活動記録は専門書として出版されている『阪神・淡路大震災 大阪市消防活動記録』(平成8年1月発行、編集/著作:大阪市消防局、発行:(財)大阪市消防振興協会)。

creative commons(wikipedia:大阪市消防局

大阪市営地下鉄

大阪市営地下鉄(おおさかしえいちかてつ、英称:Osaka Municipal SubwayまたはOsaka City Subway)は、大阪市交通局が運営する地下鉄。日本初の公営地下鉄として、1933年に御堂筋線の梅田 - 心斎橋間が開業したのが始まり。2015年現在、8路線(1 - 8号線)が営業中で、此花区、西淀川区をのぞく大阪市22区と守口市、吹田市、東大阪市、堺市北区、八尾市、門真市に路線を持つ。公営地下鉄としては日本最大で、民営・第三セクターを含めても東京地下鉄(東京メトロ)に次ぐ規模(路線数・営業距離・駅数)である。 例規上の正式な呼称は「大阪市高速鉄道」であり、また同市の地下鉄は、都市計画道路と一体的に整備するという市政方針上、全線が軌道法による軌道線区として建設、経営され(ただし大阪港トランスポートシステムから移管された区間については鉄道事業法による鉄道線)、線区については「高速電気軌道第○号線」の呼称を例規上用いている。

creative commons(wikipedia:大阪市営地下鉄

大阪市高速鉄道

『大阪市営地下鉄』より : 大阪市営地下鉄(おおさかしえいちかてつ、英称:Osaka Municipal SubwayまたはOsaka City Subway)は、大阪市交通局が運営する地下鉄。日本初の公営地下鉄として、1933年に御堂筋線の梅田 - 心斎橋間が開業したのが始まり。2015年現在、8路線(1 - 8号線)が営業中で、此花区、西淀川区をのぞく大阪市22区と守口市、吹田市、東大阪市、堺市北区、八尾市、門真市に路線を持つ。公営地下鉄としては日本最大で、民営・第三セクターを含めても東京地下鉄(東京メトロ)に次ぐ規模(路線数・営業距離・駅数)である。 例規上の正式な呼称は「大阪市高速鉄道」であり、また同市の地下鉄は、都市計画道路と一体的に整備するという市政方針上、全線が軌道法による軌道線区として建設、経営され(ただし大阪港トランスポートシステムから移管された区間については鉄道事業法による鉄道線)、線区については「高速電気軌道第○号線」の呼称を例規上用いている。

creative commons(wikipedia:大阪市高速鉄道

大阪市史

大阪市史(おおさかしし)は、大阪市の市史で、日本で最初に編纂された自治体史。市史中の白眉といわれる。
1901年、東京商科大学 (旧制) 東京商科大学教授で当時まだ28歳であった歴史家・幸田成友(幸田露伴・郡司成忠の弟)が編纂長をつとめ、ドイツ・イタリアなどの市史を参考に、収集・選択された史料を年次別に系列化し、8年間かけて『大阪編年史料』131冊分を作成した(このうち古代から江戸時代までの92冊分は『大阪編年史』として活字化された)。続いて執筆と編集に取りかかり、1911年の第1巻刊行以後、1915年(大正4年)までに全5巻7冊1帙が完成し、名著と称された。
以後、市史は『明治大正大阪市史』『昭和大阪市史』『昭和大阪市史続編』とつくられる。

creative commons(wikipedia:大阪市史

大阪市営地下鉄御堂筋線

御堂筋線(みどうすじせん)は、大阪府吹田市の江坂駅から大阪市内を経て大阪府堺市北区の中百舌鳥(なかもず)駅までを結ぶ大阪市営地下鉄の路線。正式名称は高速電気軌道第1号線、大阪市交通局では大阪市高速鉄道第1号線と称し、『鉄道要覧』では1号線(御堂筋線)と記載されている。駅番号を表す際に用いられる路線記号は「M」。北大阪急行電鉄南北線と相互直通運転を行っている。 路線愛称の由来は大阪市のメインストリート御堂筋の地下を走ることから。ラインカラーは都市の大動脈をイメージした臙脂色(えんじいろ、赤、クリムゾンレッド M )である。 新大阪駅 - 梅田駅 - 難波駅 - 天王寺駅を直線的に結ぶ御堂筋線は、大阪初の地下鉄、かつ日本初の公営地下鉄として1933年(昭和8年)に梅田駅(仮) - 心斎橋駅間が開業して以来、大阪市の主要な都市交通機関となっている。

creative commons(wikipedia:大阪市営地下鉄御堂筋線

大阪市交通局

大阪市交通局(おおさかしこうつうきょく、英称:Osaka Municipal Transportation Bureau)は、大阪府大阪市内およびその周辺地域で公営交通事業を行う大阪市の地方公営企業の一つである。地下鉄・新交通システム・路線バスを運営している。かつては市電(路面電車)や無軌条電車(トロリーバス)も運営していた。本局は大阪市西区九条南1丁目に所在する。 スルッとKANSAIでカードに印字される符号は入場記録用は大交で、降車記録用がOCである(降車記録では、縦に並べて表記される。これは降車記録にも時刻が印字されるため)。 事業 各事業の詳細は以下の項目を参照。 現在の事業 高速鉄道(地下鉄):大阪市営地下鉄(8路線 129.9km) 中量軌道(新交通システム):ニュートラム 南港ポートタウン線(1路線 7.9km) 自動車運送事業(路線バス):大阪市営バス(2007年12月現在174系統。

creative commons(wikipedia:大阪市交通局

大阪市交

『大阪市交通局』より : 大阪市交通局(おおさかしこうつうきょく、英称:Osaka Municipal Transportation Bureau)は、大阪府大阪市内およびその周辺地域で公営交通事業を行う大阪市の地方公営企業の一つである。地下鉄・新交通システム・路線バスを運営している。かつては市電(路面電車)や無軌条電車(トロリーバス)も運営していた。本局は大阪市西区九条南1丁目に所在する。 スルッとKANSAIでカードに印字される符号は入場記録用は大交で、降車記録用がOCである(降車記録では、縦に並べて表記される。これは降車記録にも時刻が印字されるため)。 事業 各事業の詳細は以下の項目を参照。 現在の事業 高速鉄道(地下鉄):大阪市営地下鉄(8路線 129.9km) 中量軌道(新交通システム):ニュートラム 南港ポートタウン線(1路線 7.9km) 自動車運送事業(路線バス):大阪市営バス(2007年12月現在174系統。

creative commons(wikipedia:大阪市交

大阪市営交通

『大阪市交通局』より : 大阪市交通局(おおさかしこうつうきょく、英称:Osaka Municipal Transportation Bureau)は、大阪府大阪市内およびその周辺地域で公営交通事業を行う大阪市の地方公営企業の一つである。地下鉄・新交通システム・路線バスを運営している。かつては市電(路面電車)や無軌条電車(トロリーバス)も運営していた。本局は大阪市西区九条南1丁目に所在する。 スルッとKANSAIでカードに印字される符号は入場記録用は大交で、降車記録用がOCである(降車記録では、縦に並べて表記される。これは降車記録にも時刻が印字されるため)。 事業 各事業の詳細は以下の項目を参照。 現在の事業 高速鉄道(地下鉄):大阪市営地下鉄(8路線 129.9km) 中量軌道(新交通システム):ニュートラム 南港ポートタウン線(1路線 7.9km) 自動車運送事業(路線バス):大阪市営バス(2007年12月現在174系統。

creative commons(wikipedia:大阪市営交通

大阪市交通局801形電車

大阪市交通局801形電車(おおさかしこうつうきょく801がたでんしゃ)は、大阪市交通局が保有していた路面電車車両で、1932年~1936年にかけて、大阪市交通局1001形電車 1001形(初代)を鋼体化改造した80両と、同型の車体で新造された10両の合計90両が登場した。鋼体化改造車の中には、後の大阪市交通局901形電車 901形と同一の車体を持ち、後年901形に編入された車両も存在するが、登場当時は801形の続番であったので、このページでは改造当時から編入までの歩みを紹介する。
大正末期から昭和初期にかけては日本におけるモータリゼーションの揺籃期であった。当時の社会・経済状況から個人所有のマイカー普及とまではいかなかったが、トラックやバス・タクシーといった商業用の車両は比較的速く普及し、人力や畜力の輸送手段を置き換えつつあったほか、路面電車や地方小鉄道にとって手強い競争相手に成長しつつあった。大阪市においても、市電と1924年から営業を開始した民営の大阪乗合バス(青バス)との競争が激化し、更に、1929年からは1927年の創業以来、市電の路線エリア外で走っていた市バスも市内路線に入ってきて三つ巴の競争が繰り広げられるようになった。そこに追い討ちをかけたのが昭和初期の大恐慌で、不況とモータリゼーションのダブルパンチによって乗客数が減少したことから市電の収益は低下、1931年には開業以来初の赤字決算となり、翌1932年には赤字幅が増大してしまった。

creative commons(wikipedia:大阪市交通局801形電車

大阪市営地下鉄中央線

中央線(ちゅうおうせん)は、大阪府大阪市住之江区のコスモスクエア駅から大阪府東大阪市の長田駅までを結ぶ大阪市営地下鉄の路線。正式名称は高速電気軌道第4号線、大阪市交通局では大阪市高速鉄道第4号線と称し、『鉄道要覧』では4号線(中央線)と記載されている。駅番号を表す際に用いられる路線記号は「C」。 路線愛称の由来は中央大通の地下を走ることから。ラインカラーは大阪城公園の木々をイメージした緑(スペクトリウムグリーン C )である。なお、直通運転している近畿日本鉄道(近鉄)のけいはんな線と相互直通運転実施を機に、両線とあわせて「ゆめはんな」の愛称が名付けられている。 大阪市中心部の船場のほぼ中央を横断する中央大通に沿って走り、大阪港に至る。1961年に一部区間が開通して以来、大阪市街の東西方向の交通を担っており、ニュートラムを含めた大阪市交通局のすべての路線との乗り換えが可能な唯一の路線である。 大阪市営地下鉄では5番目に利用者が多い(2004年度)。また、2008年度の経常収支では御堂筋線、谷町線に次ぐ黒字を達成している(大阪市営地下鉄の経営状況も参照)。

creative commons(wikipedia:大阪市営地下鉄中央線

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引