【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

大阪府和泉市【地方公共団体・地方自治体】

和泉市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、大阪府和泉市の紹介です。

大阪府和泉市のホームページ

和泉市 概要・地域の情報やトピック

和泉市

和泉市(いずみし)は、大阪府泉北地域に位置する市。 古くより和泉国の中心地であり国府があったことから、近代に入り「和泉町」と名付けられた。その後、市制を施行し、更に周辺町村と合併して現在に至っている。市域は全域和泉国和泉郡に属し、国府の他に国分寺と総社もある。なお、和泉国の歴史は「和泉国」を参照のこと。 大阪府下の市では、人口・世帯数ともに隣の岸和田市に次いで12番目である(2008年(平成20年)2月末日時点)。昭和50年代頃から大阪都心のベッドタウンとして開発が進み、人口増減については、2014年現在は横ばいが続いているが、過去には目覚しい増加を記録した。よって市では、人口増加の再来を期待しつつ将来の単独での特例市へ昇格も視野に入れ、新しい道路や施設の整備、様々なサービス改善に力を入れている。 和泉市は、2006年(平成18年)9月1日の市制50周年に際し「50年 活かして拓く ゆめ和泉」をキャッチフレーズに採択した。 地理 和泉市の地勢 大阪府南西部に位置し、南北に細長い市域(東西6.9 km、南北18.8 km)を形成している。

creative commons(wikipedia:和泉市

和泉市久保惣記念美術館

和泉市久保惣記念美術館 (いずみしくぼそうきねんびじゅつかん) は、大阪府和泉市内田町にある、東洋古美術を中心とした市立美術館である。 地元和泉市で明治より代々綿織物業を営んでいた「久保惣」(久保惣株式会社)の社長・3代目久保惣太郎(1926-1984)が、古美術品のコレクション約500点と、土地、建物(本館、茶室)、基金3億円を和泉市に寄付し、1982年(昭和57年)開館した。1997年(平成9年)には久保惣5代目の久保恒彦(3代惣太郎の弟)により新館が完成し寄贈されている。このほか、1999年には久保惣記念文化財団を経て、音楽ホール、創作教室、市民ギャラリーが寄贈され、2006年には同財団から研究棟が寄贈された。現在、久保恒彦が名誉館長をつとめる。 所蔵品も順次寄贈され、現在は国宝2件、国の重要文化財29件を含む、所蔵総数は約11000点。作品の大半は久保惣コレクションで、収集年代や経緯によって第一次から第五次久保惣コレクションと呼んでいる。これ以外に館の事業や運営に賛成したコレクターからの寄贈や、指定寄付金などを使った購入品がある。

creative commons(wikipedia:和泉市久保惣記念美術館

和泉市立南池田小学校

和泉市立南池田小学校(いずみしりつ みなみいけだしょうがっこう)は、大阪府和泉市納花町にある小学校。和泉市で唯一文部科学省認定のフロンティアスクールである。 沿革 1873年 - 納花村に43番小学校創立。 1873年 - 納花小学校に改称。 1874年 - 国分村に国分小学校創立。 1887年 - 両校合併し納花尋常小学校に改称。 1889年 - 南池田尋常小学校に改称。 1908年 - 高等科を併設。南池田尋常高等小学校に改称。 1941年 - 国民学校令により、泉北郡南池田国民学校に改称。 1947年 - 学制改革により、泉北郡南池田村立南池田小学校に改称。 1956年 - 南池田村が合併で和泉市となったことに伴い、和泉市立南池田小学校に改称。 1973年 - 和泉市立緑ヶ丘小学校を分離。 通学区域 和泉市 三林町、黒石町、浦田町、鍛治屋町、納花町、平井町、国分町の全域。 和泉市 和田町、万町の一部。 卒業生は基本的に和泉市立南池田中学校へ進学する。 交通 泉北高速鉄道和泉中央駅から南東へ約30分 南海バス和泉中央駅2番乗り場から槙尾山口行き、父鬼行き、和泉青葉台行きで約20分、南池田小学校前バス停。

creative commons(wikipedia:和泉市立南池田小学校

和泉市立緑ケ丘小学校

和泉市立緑ヶ丘小学校(いずみしりつ みどりがおかしょうがっこう) は、大阪府和泉市南部の緑ケ丘地区にある公立小学校。 沿革 1973年4月1日 - 和泉市立南池田小学校より分離開校。当初は南池田小学校内に仮校舎を置く。 1973年12月 - 校舎完成に伴い現在地に移転。 2006年 - 児童数の増加に伴い、和泉市立青葉はつが野小学校を分離。 通学区域 和泉市 緑ケ丘、のぞみ野、まなび野の全域。 和泉市 万町、内田町の一部。 交通 泉北高速鉄道 和泉中央駅 南海バス はつが野2丁目バス停、緑ケ丘団地バス停。 関連項目 大阪府小学校一覧。

creative commons(wikipedia:和泉市立緑ケ丘小学校

和泉市立北池田小学校

和泉市立北池田小学校(いずみしりつ きたいけだしょうがっこう)は、大阪府和泉市池田下町にある小学校。大阪府の「水辺の学校」指定校。 沿革 1947年 - 学制改革により、泉北郡北池田村立池田小学校に改称。 1956年 - 北池田村が合併で和泉市となったことに伴い、和泉市立北池田小学校に改称。 通学区域 和泉市池田下町 和泉市伏屋町 卒業生は基本的に和泉市立北池田中学校に進学する。 交通 泉北高速鉄道 和泉中央駅 北東へ約1.7km。 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 和泉市立北池田小学校。

creative commons(wikipedia:和泉市立北池田小学校

和泉市立富秋中学校

校名=和泉市立富秋中学校
過去校名=
国公私立=公立学校
設置者=和泉市
併合学校=和泉市立山手中学校
校訓=
設立年月日=1976年4月1日
記念日名称=
創立記念日=
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=3学期制
中学校コード=
郵便番号=594-0082
所在地=大阪府和泉市富秋町123
電話番号=0725-45-3000

creative commons(wikipedia:和泉市立富秋中学校

和泉市立槇尾中学校

校名=和泉市立槇尾中学校
過去校名=和泉市立第三中学校
国公私立=公立学校
設置者=和泉市
併合学校=和泉市立横山中学校和泉市立南横山中学校
校訓=
設立年月日=1964年4月1日
記念日名称=
創立記念日=
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=
中学校コード=
郵便番号=594-1136
所在地=大阪府和泉市仏並町198番地
電話番号=0725-92-0004

creative commons(wikipedia:和泉市立槇尾中学校

和泉市立緑ヶ丘小学校

校名=和泉市立緑ヶ丘小学校
過去校名=
国公私立=公立学校
設置者=和泉市
併合学校=
校訓=
設立年月日=1973年
記念日名称=
創立記念日=
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=3学期制
中学校コード=
郵便番号=543-0036
所在地=大阪府和泉市緑ヶ丘3丁目4番地1号
電話番号=0725-54-2366

creative commons(wikipedia:和泉市立緑ヶ丘小学校

和泉市立光明台中学校

和泉市立光明台中学校(いずみしりつ こうみょうだい ちゅうがっこう)は、大阪府和泉市にある公立中学校。 泉北ニュータウン光明池地区の南に隣接する新興住宅地「光明台」の新設校。さらに南に隣接する「みずき台」が新たに校区に加わった。 和泉市立の中学校には、校区に旧村と新興住宅地双方を含むケースが多いが、当校の校区は、ごく一部に調整区域があるもののほぼ完全に新興住宅地のみとなっている。 略称は主に「光中(こうちゅう)」だが、外部では「光明(こうみょう)」も用いられる。 沿革 1978年4月1日 - 和泉市立光明台中学校として、現在地に開校。 1981年11月16日 - 体育館落成 1983年7月23日 - プール落成 通学区域 和泉市立光明台南小学校、和泉市立光明台北小学校の通学区域。 交通 泉北高速鉄道 光明池駅から2.9km。 南海バス光明台1丁目バス停から350m。 和泉市コミュニティバスめぐ~る光明台中学校前バス停からすぐ。 出身者 森富美 - 日本テレビアナウンサー 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 和泉市立光明台中学校。

creative commons(wikipedia:和泉市立光明台中学校

和泉市立信太中学校

和泉市立信太中学校(いずみしりつ しのだちゅうがっこう)は、大阪府和泉市にある公立中学校。 旧泉北郡信太村の学校として、1947年に創立した。和泉市北部、旧信太村の区域のうち阪和線以東と、新興住宅地「鶴山台」を校区としている。 沿革 1947年4月21日 - 泉北郡信太村立中学校として開校。 1960年8月1日 - 合併で和泉市が発足したことに伴い、和泉市立信太中学校に改称。 1969年5月10日 - 和泉市太町978番地(現在地・当時の住所表示)に移転。 1976年4月1日 - 和泉市立富秋中学校の開校に伴い、従来の信太中学校校区の一部を富秋中学校校区へ分離編入。 通学区域 和泉市立鶴山台北小学校、和泉市立鶴山台南小学校の通学区域全域。 和泉市立信太小学校の通学区域の一部。 交通 JR阪和線北信太駅から南東へ徒歩15分 南海バス北信太駅筋バス停から鶴山台回りで信太中学校前バス停下車。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 和泉市立信太中学校。

creative commons(wikipedia:和泉市立信太中学校

和泉市立南池田中学校

和泉市立南池田中学校(いずみしりつ みなみいけだちゅうがっこう)は、大阪府和泉市にある公立中学校。 旧泉北郡南池田村(万町の一部、光明台、みずき台を除く)とトリヴェール和泉の一部を校区とする。和泉市立石尾中学校の学校規模過大化に伴い、1983年に同校から分離開校した。 なお、かつて地域には同名の南池田中学校があったが、(旧)南池田中学校は1961年に周辺校と統合し、和泉市立第二中学校(現在の和泉市立石尾中学校)となった。 沿革 1983年1月 - 校名決定。 1983年4月1日 - 和泉市立石尾中学校から分離。開校。 1983年6月 - 体育館落成。 通学区域 和泉市立南池田小学校の通学区域。 和泉市立青葉はつが野小学校の通学区域。 和泉市立緑ヶ丘小学校の通学区域の一部。 交通 泉北高速鉄道 和泉中央駅 南へ約2.5km。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 和泉市立南池田中学校。

creative commons(wikipedia:和泉市立南池田中学校

和泉市立和泉中学校

和泉市立和泉中学校(いずみしりつ いずみ ちゅうがっこう)は、大阪府和泉市にある公立中学校。 学制改革と同時の1947年に、当時の泉北郡和泉町に開設された。和泉府中駅周辺を校区としている。 沿革 1947年4月1日 - 和泉町立和泉中学校として開校。和泉町立国府小学校に併設。 1951年 - 泉北郡和泉町府中115番地(現在地・当時の住所表示)に移転。 1952年 - 学校施設優良として、文部省から表彰を受ける。 1956年9月1日 - 和泉町など7町村合併で和泉市が発足したことに伴い、和泉市立和泉中学校に改称。 1962年 - 学校火災により木造校舎を焼失。 1973年4月1日 - 従来の校区の一部を、新設の和泉市立郷荘中学校の校区へ分離。 1976年4月1日 - 従来の校区の一部を、新設の和泉市立富秋中学校の校区へ分離。 2011年 - 4棟完成。 通学区域 和泉市立国府小学校、和泉市立伯太小学校、和泉市立黒鳥小学校の通学区域。 和泉市 府中町、肥子町、井ノ口町、繁和町、和気町2丁目(一部)、伯太町(都市計画道路池上下宮線以南)、黒鳥町(一部を除く)、山荘町。

creative commons(wikipedia:和泉市立和泉中学校

和泉市立石尾中学校

和泉市立石尾中学校(いずみしりつ いしおちゅうがっこう)は、大阪府和泉市にある公立中学校。 市中部の石尾山と呼ばれる丘陵上に位置し、旧 北松尾村(寺田町を除く)および南池田村(万町の一部のみ)の旧村部と、トリヴェール和泉の一部・のぞみ野・緑ヶ丘などの新興住宅地を校区としている。1961年に従来の和泉市立の3中学校を統合して設立された。 沿革 1961年 - 北池田中学校(旧)・南池田中学校(旧)・北松尾中学校の3校を統合し、和泉市立第二中学校として設立。当初は従来の3校の校舎を分校として授業をおこなう。 1962年 - 和泉市立石尾中学校に改称。校舎竣工し、現在地に移転統合。 1965年 - 大阪府教育委員会より、「国語理解度調査」の指定を受ける。 1967年 - 文部省・大阪府教育委員会より、道徳教育の研究校に指定される。 1983年 - 和泉市立南池田中学校を分離。 1992年 - 和泉市立北池田中学校を分離。コンピュータ室設置。 北池田中学校分離の際、「北松尾中学校」に改称(復活)する案が検討されたが、校名が定着していることや、所在地(和泉市万町)が南池田地区である等の理由から見送られた。

creative commons(wikipedia:和泉市立石尾中学校

和泉市立槙尾中学校

和泉市立槇尾中学校(いずみしりつ まきおちゅうがっこう)は、大阪府和泉市にある公立中学校。 和泉市南部の山間部に位置する。従来の和泉市立の2中学校を統合して1964年に創立した。 沿革 1964年4月 - 和泉市立横山中学校・和泉市立南横山中学校の2校統合、和泉市立第三中学校として開校。従来の校舎を分教場として使用。 1965年9月 - 和泉市立槇尾中学校に改称。現在地に校舎完成、統合移転。 1970年8月 - 大阪府教育委員会・和泉市教育委員会より、生徒指導の研究校に指定される。 通学区域 和泉市立横山小学校、和泉市立南横山小学校、和泉市立南池田小学校の通学区域。 和泉市 福瀬町、善正町、南面利町、岡町、九鬼町、槇尾山町、北田中町、小野田町、下宮町、仏並町、坪井町、大野町、父鬼町。 交通(南海バス槙尾中学校前) 泉北高速鉄道和泉中央駅2番乗り場槙尾山口行き・父鬼行き、3番乗り場槙尾山口行き 南海本線泉大津駅1番乗り場、JR阪和線和泉府中駅2番乗り場槙尾山口行き・父鬼行き 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 槇尾中学校/和泉市ホームページ。

creative commons(wikipedia:和泉市立槙尾中学校

和泉市立北池田中学校

和泉市立北池田中学校(いずみしりつ きたいけだちゅうがっこう)は、大阪府和泉市にある公立中学校。 和泉市池田下町・室堂町・伏屋町とトリヴェール和泉の一部を校区としている。創立記念日は6月15日。隣に和泉市立いぶき野小学校がある。 1992年に和泉市立石尾中学校から分離開校した。トリヴェール和泉の新設校ではあるが、旧北池田村や、石尾中学校に統合される以前にあった北池田中学校(旧)を考慮して、校名には「北池田」が採用されている。 沿革 1992年4月 - 和泉市立石尾中学校から分離。開校。 通学区域 和泉市立北池田小学校の通学区域。 和泉市立いぶき野小学校の通学区域。 交通 泉北高速鉄道 和泉中央駅 北へ約850m。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 和泉市立北池田中学校。

creative commons(wikipedia:和泉市立北池田中学校

和泉市立郷荘中学校

校名=和泉市立郷荘中学校Gosho junior high school
過去校名=
国公私立=公立学校
設置者=和泉市
併合学校=
校訓=
設立年月日=1973年
創立記念日=
創立者=和泉市
閉校年月日=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=
中学校コード=
郵便番号=594-0004
所在地=大阪府和泉市寺門町1丁目14-35
電話番号=0725-44-2256

creative commons(wikipedia:和泉市立郷荘中学校

和泉市立南松尾中学校

和泉市立南松尾中学校(いずみしりつみなみまつお-)は、大阪府和泉市にある公立の中学校である。岸和田市との境界近くに位置し蜻蛉池公園が約2km離れたところにある。生徒数は04年時点で約120人と和泉市の中学校で最も小規模校である。
〒594-1141 大阪府和泉市春木町615-4
大阪府中学校一覧
大阪府の公立中学校 いすみしりつみなみまつお
和泉市 みなみまつおちゆうかつこう

creative commons(wikipedia:和泉市立南松尾中学校

和泉市立光明台北小学校

和泉市立光明台北小学校(いずみしりつ こうみょうだいきた しょうがっこう)は、大阪府和泉市にある公立小学校。和泉市立光明台小学校(現・和泉市立光明台南小学校)の児童数増加に伴い、1985年に光明台小学校から分離、設立された。 沿革 1985年4月1日開校 交通 泉北高速鉄道光明池駅6番乗り場から光明池車庫行き、泉大津駅前行き、光明台右回り、光明台左回りに乗車し、光明台北小学校前下車。 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 和泉市立光明台北小学校。

creative commons(wikipedia:和泉市立光明台北小学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引