【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

大阪府柏原市【地方公共団体・地方自治体】

柏原市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、大阪府柏原市の紹介です。

大阪府柏原市のホームページ

柏原市 概要・地域の情報やトピック

柏原市

柏原市(かしわらし)は、大阪府中河内地域に位置する市である。 ぶどう栽培が盛ん。また古墳や遺跡も多く、市内にある横穴墓(高井田横穴群、玉手山横穴群の2箇所)は大阪府内では、現在柏原市でしか発見されていない。近隣にある奈良県橿原市(かしはらし)や奈良県御所市柏原(かしはら)と混同、また地名を兵庫県丹波市柏原町(かいばらちょう)、滋賀県米原市柏原(かしわばら)などと誤読されることが多い。2006年11月、構造改革特区(「生きる学力育成」小中一貫教育特区)に認定された。 地理 大阪都心部から約20キロメートルほどの距離に位置する大阪市のベッドタウン。市全体の2/3が山間部である。 また、中央部には一級河川である大和川が流れている。市役所の近くで石川と合流する。 山: 高尾山、小松山 河川: 大和川、石川、長瀬川 地形 市域北西部は比較的平坦である。市域北部には生駒山系から続く山がそびえている。大和川を挟んで南側は金剛山系に連なる山地となる。 市域東部の亀の瀬(峠地区)近辺は軟弱地盤であり、大雨になれば大和路線(関西本線)の列車が運休になることや国道25号が通行止めになることがある。

creative commons(wikipedia:柏原市

柏原市立堅下南中学校

校名=柏原市立堅下南中学校
過去校名=
国公私立=公立学校
設置者=柏原市
併合学校=
校訓=
設立年月日=1982年4月1日
記念日名称=創立記念日
創立記念日=10月30日
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=
中学校コード=
郵便番号=582-0016
所在地=大阪府柏原市安堂町878番地
電話番号=072-973-2715

creative commons(wikipedia:柏原市立堅下南中学校

柏原市立玉手中学校

柏原市立玉手中学校(かしわらしりつ たまてちゅうがっこう)は、大阪府柏原市にある公立中学校。 沿革 1985年4月1日 - 柏原市立国分中学校より分離開校。 1985年11月5日 - 開校記念式典を実施。この日を創立記念日とする。 1995年 - 文部省・柏原市教育委員会から、心身障害児理解推進校に指定される。 通学区域 柏原市立玉手小学校と柏原市立旭ヶ丘小学校の通学区域。 柏原市 玉手町、片山町、石川町、円明町、国分西1-2丁目、旭ヶ丘1-4丁目。 交通 近鉄大阪線 河内国分駅 西へ約1.3km。 近鉄南大阪線・道明寺線 道明寺駅 東へ約1km。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 柏原市立玉手中学校。

creative commons(wikipedia:柏原市立玉手中学校

柏原市立国分小学校

柏原市立国分小学校(かしわらしりつ こくぶしょうがっこう)は、大阪府柏原市にある公立小学校。 沿革 明治時代初期の学制発布に伴い、安宿部郡国分村に1873年3月22日、堺県第二十五番小学校として開校した。開校当時の通学区域は、安宿部郡国分村・片山村(町村制実施で玉手村の一部)・高井田村(町村制実施で堅下村の一部)だった。 その後学校制度の変遷を経て、国分尋常高等小学校となった。1887年には安宿部郡玉手村および円明村(町村制実施で玉手村に合併)を通学区域に編入し、さらに町村制の実施により安宿部郡(1896年南河内郡)国分村・玉手村の2村を校区とした。国分村・玉手村は1931年6月1日に合併し、南河内郡国分村(1941年4月1日町制施行で国分町)となっている。 1941年4月1日には国民学校令の実施により、南河内郡国分国民学校となった。さらに1947年の学制改革では、国分町立小学校に改編している。 南河内郡国分町は1956年9月30日、合併によって中河内郡柏原町となった。これに伴い同日付で柏原町立国分小学校に改称した。さらに柏原町は1958年10月1日に市制を施行して柏原市となり、同日付で柏原市立国分小学校に改称した。

creative commons(wikipedia:柏原市立国分小学校

柏原市立堅上小学校

柏原市立堅上小学校(かしわらしりつ かたかみ しょうがっこう)は、大阪府柏原市にある公立小学校。 柏原市の山間部に位置する小規模校である。特認校となっており、柏原市在住の児童については校区外からの通学が可能である。 2007年度からは、柏原市立堅上中学校との間で小中一貫教育を実施している。小学校1年からの週1回の英語学習をおこなう「えいご科」と、コミュニケーション能力の向上を目指す「表現科」を独自に設置する。また少人数指導やキャリア教育にも力を入れる。小学校1年~中学校3年の児童・生徒を縦割りグループに編成して異年齢交流を図り、学校行事などは小中合同でおこなう。 沿革 1872年 - 前身の雁多尾畑小学校が開校。 1875年 - 前身の青谷小学校が開校。 1887年 - 雁多尾畑尋常小学校に改称。 1908年 - 前身校の2校合併により、中河内郡堅上尋常小学校として開校。 1920年 - 中河内郡堅上尋常高等小学校に改称。 1941年4月1日 - 国民学校令により、中河内郡柏原町堅上国民学校に改称。

creative commons(wikipedia:柏原市立堅上小学校

柏原市立堅上中学校

柏原市立堅上中学校(かしわらしりつ かたかみ ちゅうがっこう)は、大阪府柏原市にある公立中学校。 柏原市の山間部に位置し、小規模の学校となっている。また、2007年度からは小規模特認校に指定され、柏原市在住の生徒で特に希望する者については校区外からの通学も可能である。 2007年度からは、柏原市立堅上小学校との間で9年間の小中一貫教育を実施している。小学校1年~中学校3年の児童・生徒を縦割りグループに分けて異年齢交流を図り、また体育大会などの行事も合同でおこなう。 沿革 1947年の学制改革に伴い、当時の中河内郡柏原町に柏原町立中学校(現在の柏原市立柏原中学校)が発足した。柏原町立中学校は柏原町全域を校区としたが、本校のほかに堅上分校を開設した。堅上分校は柏原町立堅上小学校(現在の柏原市立堅上小学校)内に併設された。 翌1948年に堅上分校は独立校となり、柏原町立堅上中学校と称した。1965年には現在地に移転している。 年表 1947年4月22日 - 柏原町立中学校堅上分校として発足。

creative commons(wikipedia:柏原市立堅上中学校

柏原市立国分中学校

柏原市立国分中学校(かしわらしりつこくぶちゅうがっこう)は、大阪府柏原市にある公立中学校。 1950年に現在地に設置された。毎朝10分間の読書活動を実施している。 沿革 1947年の学制改革の際、当時の南河内郡国分町の中学校として(旧)国分町立中学校が設置された。(旧)国分町立中学校は国分町立小学校(現在の柏原市立国分小学校)内に校舎を設置していた。 翌1948年には、近隣の南河内郡古市町(現・羽曳野市)にあった学校組合立誉田中学校(現在の羽曳野市立誉田中学校)に合流する形で(旧)国分町立中学校は廃校となっている。しかし国分町在住の生徒にとって通学が不便で学校教育上の効果が上がりにくいとして、再び町独自の中学校を設置する計画が持ち上がった。 現在地に校地を求め、1950年に国分町立中学校として開校している。その後1985年には柏原市立玉手中学校を分離している。 1950年4月10日 - 国分町立中学校として設立。 1956年9月1日 - 合併で柏原町となったことに伴い、柏原町立国分中学校と改称。

creative commons(wikipedia:柏原市立国分中学校

柏原市立堅下北中学校

柏原市立堅下北中学校(かしわらしりつ かたしもきた ちゅうがっこう)は、大阪府柏原市にある公立中学校。 沿革 1976年4月1日 - 開校。 1976年11月21日 - 開校記念式典を実施。 1982年11月30日 - 文部省から格技指導推進校に指定され、研究発表を実施。 1983年4月1日 柏原市立堅下南中学校を分離。 1984年 - 大阪府教育委員会から、技術家庭科教育推進校に指定される(1985年度まで)。 1995年4月1日 - 柏原市教育委員会から「特色ある学校」研究校に指定される。 1998年 - 大阪府教育委員会・柏原市教育委員会から、国際理解教育の研究校に指定される(1999年度まで) 通学区域 柏原市立堅下小学校と柏原市立堅下北小学校の通学区域。 柏原市 平野1-2丁目、法善寺1-4丁目(1丁目の一部を除く)、山ノ井町 交通 近鉄大阪線 法善寺駅 東へ約1.2km。

creative commons(wikipedia:柏原市立堅下北中学校

柏原市立柏原中学校

柏原市立柏原中学校(かしわらしりつ かしわら ちゅうがっこう)は、大阪府柏原市の公立中学校。 地域の清掃活動や住民の訪問・学校開放など、地域に根ざした取り組みに力を入れている。また地域の協力を得て、大阪府で初めてとなる職業体験学習を1998年に実施した。 沿革 学制改革に伴い、1947年に柏原町立中学校として創立した。当初は旧青年学校跡を本校とし、柏原小学校・堅下小学校・堅上小学校の3ヶ所に分校を設置していた。 しかし分校が広範囲に散らばっていることで教育活動に支障が出るとして、1948年1月に八尾市田井中・旧軍八尾飛行場兵舎2棟の払い下げを受け、校舎としての改造のうえで統合移転する予定にしていた。しかし改造工事中に火災にあって全焼し、旧兵舎跡への移転は実現しなかった。その直後の1948年2月には、柏原機械製作所の工場跡など(現在地)を買収し、整備の上で1948年6月に本校と2分校を移転統合している。分校として残った堅上分校は、1948年9月に柏原町立堅上中学校(現在の柏原市立堅上中学校)として独立した。

creative commons(wikipedia:柏原市立柏原中学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引