【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

大阪府門真市【地方公共団体・地方自治体】

門真市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、大阪府門真市の紹介です。

大阪府門真市のホームページ

門真市 概要・地域の情報やトピック

門真市

門真市(かどまし)は、大阪府北河内地域に位置する市。本項では発足時の名称である門真村(かどまむら)、市制前の名称である門真町(かどまちょう)についても述べる。 地名の由来は「潟沼(かたぬま)」や「門間(かどま/船だまりや寺や神社の門前の土地を表す言葉)」から転じたなど諸説あり、室町時代初期までは「普賢寺荘」、室町時代末期には現在の名が使われ、戦国時代には「門真荘」と呼ばれた。 地理 大阪市の東端部に接し、そのベッドタウンを形成する衛星都市の一つであると同時に、大阪都市圏における都市雇用圏の中心にも含まれる。 パナソニック、タイガー魔法瓶、海洋堂、東和薬品等の本社がある。 水郷農村であった事を背景に栽培されている伝統野菜は蓮根とくわい。 地域通貨「蓮」が発行されている。PRマスコットキャラクター(ゆるキャラ)は「蓮ちゃん」と「ガラスケ」。 市域は約4 - 5km四方の正方形状で、東西に「京阪電気鉄道京阪本線」と「国道163号」、南北に「大阪中央環状線」と「大阪モノレール線」が走る。

creative commons(wikipedia:門真市

門真市駅

門真市駅(かどましえき)は、大阪府門真市にある、京阪電気鉄道・大阪高速鉄道の駅。 利用可能な鉄道路線 京阪電気鉄道 京阪本線(駅番号はKH13) 大阪高速鉄道(大阪モノレール) 大阪モノレール線(本線、駅番号は24) 1971年6月20日 京阪本線の門真 - 古川橋間の中央環状線との交差部に「新門真駅」として開業、開業当初より相対式ホーム2面4線で内側2線は通過線だった。門真駅の廃止と西三荘駅の開業に伴い1975年3月「門真市駅」と改称、以後1976年9月に当駅と守口市間が複々線化、1980年3月には当駅から萱島駅が高架複々線化された。 1997年大阪モノレールの延伸に伴い乗換え駅として橋上駅舎化される、併せてバリアフリー対策がとられ第6回「大阪・心ふれあうまちづくり賞」で『大阪府知事賞』を受賞した。 1971年(昭和46年)6月20日 -新門真駅として開業。 1975年(昭和50年)3月23日 - 門真市駅に改称。 1976年(昭和51年)9月12日 - 天満橋駅から当駅まで複々線化。

creative commons(wikipedia:門真市駅

門真市立大和田小学校

門真市立大和田小学校(かどましりつ おおわだしょうがっこう)は、大阪府門真市にある公立小学校。 沿革 明治時代初期に設置された「河内国第九区郷学分校」を起源としている。1960年代後半から1970年代初頭にかけて、地域の宅地化などを背景に児童数1700人を超えるマンモス校となり、2小学校を相次いで分離している。 1872年 - 河内国第九区郷学分校として開設。 1875年5月 - 古橋小学校に改称。 1878年5月 - 大和田小学校に改称。 1886年11月 - 北河内郡大和田尋常小学校に改称。 1909年5月20日 - 大和田村大字打越(現在地)に移転し、新校舎落成記念式典を開催。この日を創立記念日とする。 1924年4月 - 高等科を併設。北河内郡大和田尋常高等小学校に改称。 1941年4月1日 - 国民学校令により、北河内郡大和田国民学校に改称。 1947年4月1日 - 学制改革により、大和田村立小学校に改称。 1956年9月30日 - 大和田村が門真町に編入したことに伴い、門真町立大和田小学校に改称。

creative commons(wikipedia:門真市立大和田小学校

門真市立門真小学校

門真市立門真小学校(かどましりつ かどま しょうがっこう)は、大阪府門真市にある公立小学校。 沿革 明治時代初期に設置された学校を起源とし、門真市ではもっとも歴史の古い学校の一つともなっている。地域の宅地化に伴って児童数が増加したため、1960年代以降4小学校を分離している。 1872年(明治5年)6月 - 堺県第九区郷学校として開校。 1873年(明治6年)6月5日 - 第七十二番小学校に改称。 1878年(明治11年)5月14日 - 茨田郡公立門真小学校に改称。 1887年(明治20年)4月1日 - 茨田郡門真尋常小学校に改称。 1889年(明治22年)10月19日 - 校舎を新築移転し、この日を創立記念日に決定する。 1896年 (明治29年)- 北河内郡門真尋常小学校に改称。 1910年(明治43年)4月1日 - 高等科を併設。北河内郡門真尋常高等小学校に改称。 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令により、北河内郡門真国民学校に改称。 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革により、門真町立小学校に改称。

creative commons(wikipedia:門真市立門真小学校

門真市立第三中学校

門真市立第三中学校(かどましりつだいさんちゅうがっこう)は、大阪府門真市にある公立中学校。 1968年に門真市立第一中学校から分離開校した。 沿革 1968年4月1日 - 門真市立第三中学校として開校。当初の1年間は門真市立第一中学校内に仮校舎を設置。 1968年6月10日 - 校舎第一期工事着工。この日を創立記念日とする。 1969年3月5日 - 現在地に校舎完成、移転。 1969年7月25日 - プール完工 1969年9月15日 - 校旗制定 1971年1月10日 - 校歌発表会 1978年4月1日 - 従来の校区の一部(門真市元町)を、門真市立第六中学校校区へ編入。 1991年9月27日 - コンピュータ教室新設 2003年4月1日 - 従来の門真市立第六中学校校区の一部(門真市元町)を、当校校区へ編入。 通学区域 門真市立門真小学校と門真市立速見小学校の通学区域。 門真市 元町、本町、栄町、新橋町、柳町、殿島町、速見町、末広町、古川町、寿町、松生町、深田町、一番町、柳田町、桑才新町(府道深野南寺方大阪線以北)。

creative commons(wikipedia:門真市立第三中学校

門真市立二島小学校

門真市立二島小学校(かどましりつ ふたしましょうがっこう)は、大阪府門真市にある公立小学校。 門真市南部の住宅地および農村部を校区とする。明治時代初期に設置された三ツ島郷学校に起源を持つ。 沿革 1872年 - 三ツ島郷学校を開設 1873年 - 堺県河内国第十区第五十五番三ツ島小学校へ改編。 1875年4月 - 茨田郡三ツ島小学校として創立。 1893年4月 - 茨田郡村立三ツ島尋常小学校に改称。 1896年4月 - 郡の合併により、北河内郡村立三ツ島尋常小学校に改称。 1923年3月 - 高等科を併置。北河内郡三ッ島尋常高等小学校に改称。 1924年3月 - 北河内郡二島尋常高等小学校に改称。 1941年4月1日 - 国民学校令により、北河内郡二島国民学校に改称。 1947年4月1日 - 学制改革により、北河内郡二島村立二島小学校に改称。 1956年10月 - 二島村の門真町への編入に伴い、北河内郡門真町立二島小学校に改称。 1957年11月 - 給食室設置。 1959年7月 - プール完成。 1963年8月1日 - 門真市の市制施行により、門真市立二島小学校に改称 1974年4月 - 養護学級新設。

creative commons(wikipedia:門真市立二島小学校

門真市立第一中学校

門真市立第一中学校(かどましりつ だいいちちゅうがっこう)は、かつて大阪府門真市にあった公立中学校。 沿革 学制改革により、当時の北河内郡門真町・四宮村・二島村・大和田村・庭窪村の5町村学校組合立で1947年に設置された「学校組合立澱南中学校」を学校の源流としている。現在の守口市立庭窪中学校とは起源を同じくしている。 澱南中学校は門真町立小学校(現・門真市立門真小学校)内に本校を置き、庭窪村立小学校(現・守口市立庭窪小学校)・大和田村立小学校(現・門真市立大和田小学校)の2ヶ所に分教場を置いていた。 翌1948年に学校組合は解散し、澱南中学校は門真町立中学校(のち門真町立門真中学校)、四宮村立中学校(のち門真町立四宮中学校)、大和田村二島村学校組合立二和中学校(のち門真町立二和中学校)、庭窪町立中学校(現在の守口市立庭窪中学校)の4校に分離した。

creative commons(wikipedia:門真市立第一中学校

門真市立四宮小学校

門真市立四宮小学校(かどましりつ しのみやしょうがっこう)は、大阪府門真市にある公立小学校。 明治時代初期に、当時の茨田郡岸和田村(町村制施行で四宮村)に設置された小学校を起源としている。 沿革 1874年10月 - 開校。 1887年 - 茨田郡岸和田尋常小学校と名称決定。 1894年4月 - 茨田郡四宮尋常小学校と改称。 1896年4月 - 北河内郡四宮尋常小学校と改称。 1906年4月28日 - 現在地に校舎新築。この日を創立記念日とする。 1934年9月21日 - 室戸台風で校舎倒壊。 1941年4月1日 - 国民学校令により、北河内郡四宮国民学校と改称。 1947年4月1日 - 学制改革により、四宮村立四宮小学校と改称。 1950年9月- ジェーン台風で校舎損壊。 1954年2月- 校歌制定。 1956年9月20日 - 四宮村が門真市に編入されたことに伴い、門真町立四宮小学校と改称。 1963年8月1日 - 門真市の市制施行により、門真市立四宮小学校と改称。 1965年4月1日 - 門真市立古川橋小学校を分離。

creative commons(wikipedia:門真市立四宮小学校

門真市立沖小学校

門真市立沖小学校(かどましりつおきしょうがっこう)は、大阪府門真市にある公立小学校。 沿革 地域の宅地化に伴う児童数の激増に伴う門真市立大和田小学校の過大規模解消のため、従来の同校の校区を分離する形で1970年に開校した。開校当初は校舎建設が間に合わず、全校舎プレハブでの発足となった。翌1971年1月に校舎が完成している。 開校直後より児童数の急増傾向は続き、すぐに沖小学校も過大規模となった。開校6年後の1976年には従来の校区を分割し、門真市立五月田小学校が開校している。 1970年4月1日 - 門真市立大和田小学校より分離開校 1976年4月1日 - 門真市立五月田小学校を分離 1999年2月26日 - 体育館改装工事完了 交通 京阪本線 大和田駅より南へ約1.5km 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 門真市立沖小学校。

creative commons(wikipedia:門真市立沖小学校

門真市立第二中学校

門真市立第二中学校(かどましりつ だいに ちゅうがっこう)は、大阪府門真市にある公立中学校。 当時の北河内郡門真町で2番目の公立中学校として、1963年に門真町立中学校(現在の門真市立第一中学校)より分離開校した。大阪府の中学校としては珍しく給食を実施(自校調理方式)している。 沿革 1963年4月1日 - 門真町立第二中学校として開校。 1963年8月1日 - 門真市の市制施行により、門真市立第二中学校と改称。 1964年1月5日 - 現在地に移転。 1964年2月1日 - 校章を制定。 1964年3月8日 - 校旗を制定。 1964年7月20日 - プール完成。 1965年3月6日 - 校歌を制定。 1966年3月31日 - 校舎を増築。 1968年7月30日 - 校地を拡張。 1969年2月25日 - 校舎を増築。 1972年4月1日 - 門真市立第四中学校を分離。 1973年4月1日 - 門真市立第五中学校を分離。 1978年4月1日 - 門真市立第七中学校を分離。 2010年4月1日 - 大橋町・常盤町を門真市立第七中学校校区より編入。

creative commons(wikipedia:門真市立第二中学校

門真市立第六中学校

門真市立第六中学校(かどましりつ だいろく ちゅうがっこう)は、かつて大阪府門真市にあった公立中学校。1978年に門真市立第一中学校より分離開校した。他の門真市立中学校と同様、大阪府の中学校としては珍しく給食を実施(自校調理方式)していた。 2012年に門真市立第一中学校と再統合し、門真市中町(旧門真市立中央小学校跡地および隣接地)に門真市立門真はすはな中学校が設置された。 沿革 1977年5月25日 - 門真市立第一中学校分校を設置。1年生を収容する学年分校とする。 1978年4月1日 - 門真市立第六中学校として独立開校。 1978年6月20日 - 校章制定 1978年7月25日 - 体育館(プール)竣工 1979年3月 - 校歌・校旗制定 通学区域 門真市立北小学校の通学区域全域。 門真市立浜町中央小学校の通学区域の一部。 門真市 小路町、堂山町、月出町、泉町、松葉町、向島町、中町、浜町。 交通 京阪本線 古川橋駅下車 西へ約650m。 京阪本線・大阪モノレール 門真市駅下車 東へ約550m。

creative commons(wikipedia:門真市立第六中学校

門真市立第五中学校

門真市立第五中学校(かどましりつ だいご ちゅうがっこう)は、大阪府門真市の東部に位置する公立中学校。略称「五中」。 門真市立第二中学校より分離し、1973年に開校した。大阪府の中学校としては珍しく学校給食を実施している。生徒急増期にはプレハブ校舎が建設された。 沿革 1973年4月1日 - 開校 1973年5月16日 - 校章制定 1973年7月31日 - プール竣工 1973年9月21日 - 創立記念日制定 1974年8月15日 - 防球ネット竣工(グラウンド東側) 1975年1月11日 - 校歌制定 1975年2月26日 - 体育館竣工 1975年3月11日 - 校旗制定 1976年3月 - プレハブ校舎を建設 1978年3月 - 校舎(第2期)を増築、プレハブ校舎を撤去 1979年4月 - プレハブ校舎を建設 1980年10月 - グラウンドを拡張 1982年2月 - 校舎(第3期)を増築、プレハブ校舎を撤去 1985年3月 - プレハブ校舎を建設 1990年3月 - プレハブ校舎を完全解消 通学区域 門真市立四宮小学校と門真市立北巣本小学校の通学区域全域。

creative commons(wikipedia:門真市立第五中学校

門真市立北巣本小学校

門真市立北巣本小学校(かどましりつ きたすもとしょうがっこう)は、大阪府門真市にある公立小学校。門真市の北東部、寝屋川市との境界付近を校区とする。 地域の児童数の増加により、1974年に門真市立四宮小学校より分離し、現在地に開校した。 通学区域 門真市 上島町、城垣町、北巣本町1-34番。 卒業生は基本的に門真市立第五中学校に進学する。 交通 京阪本線 萱島駅 南東へ約1km。 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 門真市立北巣本小学校。

creative commons(wikipedia:門真市立北巣本小学校

門真市立砂子小学校

門真市立砂子小学校(かどましりつすなごしょうがっこう)は、大阪府門真市の南部に位置する公立小学校。 従来の門真市立南小学校(門真市千石西町12-18)と門真市立水島小学校を統合し、2005年に開校した。学校敷地は旧水島小学校敷地を引き継いでいる。 校区には、外国にルーツを持つ人や外国から帰国した人が多く在住しているという校区の事情から、外国籍児童や帰国児童などが全校児童の約2割(2009年時点)在籍している。このため外国籍児童・帰国児童を対象にした日本語指導や母国語指導(中国語)も実施されている。 沿革 2005年4月 - 門真市立砂子小学校開校 門真市立南小学校 1967年4月 - 門真市立四宮小学校より分離し、門真市立南小学校開校 2005年3月 - 門真市立南小学校閉校 門真市立水島小学校 1976年4月 - 門真市立南小学校より分離し、門真市立水島小学校開校 1976年7月 - プール完成 1978年4月 - 古タイヤ200個設置 1979年3月 - 校舎西側に4教室増築 1981年11月 - 校内緑化の功績をたたえ、市長から感謝状を贈られる 1982年10月 - 修学旅行を伊勢から広島へ変更 1983年1月 - グラウンドにバックネットを設置 1983年6月 - 学校農園を開設 1983年7月 - 臨海学習を由良から琴引浜へ変更 2005年3月 - 門真市立水島小学校閉校 通学区域 門真市 千石西町、下八箇荘水路以東の三ツ島、島頭4丁目1-7番・11-16番 卒業生は基本的に門真市立第四中学校に進学する。

creative commons(wikipedia:門真市立砂子小学校

門真市立第七中学校

門真市立第七中学校(かどましりつ だいなな ちゅうがっこう)は、大阪府門真市にある公立中学校。門真市立第二中学校より分離し、1978年に開校した。 各教科で少人数指導や習熟度別学習を取り入れるなど、学力の定着・向上に重点をおいている。また小中連携にも力を入れ、校区内の小学校とは算数・数学で教員を相互乗り入れして授業を実施している。 沿革 1978年4月1日 - 門真市立第七中学校として開校。当初は第二中学校内に仮校舎を設置。 1979年1月9日 - 現在地に校舎完成。移転。 1992年4月8日 - 大阪府教育委員会から、生徒指導の研究校に指定される。 2003年 - 門真市教育委員会から、教育課程の研究校に指定される。 2010年 - 校区変更。常盤町・大橋町(門真市立大和田小学校の通学区域の一部)を第二中学校校区に変更。 通学区域 門真市立二島小学校と門真市立五月田小学校の通学区域。 交通 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線 門真南駅 北東へ約1.4km。

creative commons(wikipedia:門真市立第七中学校

門真市立速見小学校

門真市立速見小学校(かどましりつはやみしょうがっこう)は、大阪府門真市にある公立小学校。 門真市立門真小学校の児童数増加により、同校から分離する形で1971年に新設開校した。開校時、5年生以下の児童が門真小学校から移る形になった。 沿革 1971年4月1日 - 門真市立速見小学校として開校。 1971年6月18日 - 校舎・給食棟工事開始。 1972年7月15日 - プール完成。 1972年9月26日 - 体育館工事開始。 1974年3月4日 - 校歌制定。 通学区域 門真市 速見町、末広町、古川町、寿町、松生町、深田町、一番町、柳田町、桑才新町(府道深野南寺方大阪線以北)。 卒業生は基本的に門真市立第三中学校に進学する。 交通 京阪本線 古川橋駅 南へ約600m。 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 門真市立速見小学校。

creative commons(wikipedia:門真市立速見小学校

門真市立古川橋小学校

門真市立古川橋小学校(かどましりつ ふるかわばし しょうがっこう)は、大阪府門真市にある公立小学校。 門真市立四宮小学校から分離し、1965年に開校した。 沿革 1965年4月1日 - 門真市立古川橋小学校として開校。 1965年5月20日 - 給食調理室竣工。 1965年7月12日 - プール竣工式。 2003年9月7日 - 校内LAN敷設。 通学区域 門真市 御堂町、常称寺町、宮野町、朝日町。 卒業生は基本的に門真市立第一中学校へ進学する。 交通 京阪本線 大和田駅 西へ約800m。 京阪本線 古川橋駅 北東へ約800m。 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 門真市立古川橋小学校。

creative commons(wikipedia:門真市立古川橋小学校

門真市立第四中学校

門真市立第四中学校(かどましりつだいよんちゅうがっこう)は、大阪府門真市の南東部に位置する公立中学校である。 沿革 1972年4月 門真市立第二中学校より分離開校 1973年3月 校舎・給食調理室落成 同7月 プール・体育館落成 交通 京阪本線大和田駅から、京阪バス門真団地バス停 京阪本線萱島駅・片町線住道駅から、近鉄バス江端バス停 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 門真市立第四中学校。

creative commons(wikipedia:門真市立第四中学校

門真市立五月田小学校

門真市立五月田小学校(かどましりつ さつきだしょうがっこう)は、大阪府門真市にある公立小学校。創立記念日は11月22日。校名は、敷地の小字から来ている。 沿革 1976年4月1日 門真市立沖小学校より分離開校。 1976年7月 プール完成。 1978年2月19日 校歌・校章制定。 通学区域 門真市 打越町、五月田町、北島町。 卒業生は基本的に門真市立第七中学校に進学する。 交通 京阪バス 試験場前バス停 南東へ約900m。 京阪バス・近鉄バス 門真団地バス停 西へ約900m。 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線 門真南駅 北へ約1.6km。 京阪本線 古川橋駅 南東へ約2km。 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 門真市立五月田小学校。

creative commons(wikipedia:門真市立五月田小学校

門真市立上野口小学校

門真市立上野口小学校(かどましりつ かみのぐちしょうがっこう)は、大阪府門真市にある公立小学校。通称「上小」(かみしょう)。 沿革 1971年4月 - 門真市立大和田小学校内にプレハブ校舎を併設し分離開校 1971年6月 - 校章決定 1971年7月 - プール完成 1971年9月 - 新校舎(現在地)に移転 1972年2月 - 創立記念日制定 1972年4月 - 体育倉庫、資材倉庫、自転車置き場完成 1973年2月 - 校歌制定 1973年3月 - 体育館完成、校舎を増築 1977年11月 - 校舎を増築 1982年4月 - 校訓制定 1987年8月 - 体育館の屋根を補修 1988年8月 - 校地北側のフェンスを全面改修。

creative commons(wikipedia:門真市立上野口小学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引