【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

大阪府高槻市【地方公共団体・地方自治体】

高槻市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、大阪府高槻市の紹介です。

大阪府高槻市のホームページ

高槻市 概要・地域の情報やトピック

高槻市

高槻市(たかつきし)は、日本の大阪府三島地域に位置する市。東大阪市、豊中市、枚方市とともに中核市に指定されている。「水とみどりの生活文化都市」がキャッチフレーズ。本項では発足時の名称である高槻村(たかつきむら)、市制前の名称である高槻町(たかつきちょう)についても述べる。 政令指定都市である大阪市と京都市とのちょうど中間に位置し、北摂のベッドタウンとして発展している。市章も、京都市と大阪市の市章を融合させたデザインとなっている。また、市章は街区表示板にも描かれている。 地名の由来 高槻の地名の由来は、2つの説がある。 『古事記』や『日本書紀』にある神武東征の時に、大和で長髄彦一族に苦しめられた。そこで道臣命と可美真手命を東征軍の長に任じ、征伐に成功したことから天皇は三島の土地を与えた。その軍隊の旗印が月をかたどっていたので、褒美に貰った土地を高月と呼ぶようになったという説。 安満庄にあった天月弓杜(あめのつきゆみのやしろ)が高月読杜(たかのつきよみのやしろ)とも呼ばれ、そこからその一帯は高月と呼ばれたという説。

creative commons(wikipedia:高槻市

高槻市交通部

高槻市交通部(たかつきしこうつうぶ)は、大阪府高槻市の行政組織のひとつで、自動車運送事業を運営する部署(公営企業)である。 一般に高槻市営バスと呼ばれる。 全国で44の自治体が市営バスを運行させているが、大阪府下では2012年現在、大阪市と高槻市の2つの自治体しか市営バスを運行していない。1954年に民営の日の出バスを市が買収し、市営バスとなった。高齢者への無料パス等の配布等により、昼間人口の大半を占める人々らの足として、市の活性化と社会福祉の一環として見かけ以上に重要な部門となっている。 営業区域がJR東海道本線(JR京都線)を境に南北地域に分かれており、原則、南地域は芝生営業所、北地域は緑が丘営業所の管轄となっており、JR線を境にそれぞれの営業所ごとに独立した運行形態となっている。このため、管轄営業所が重複している路線や区間・停留所がほとんど見られない。現在、重複している区間・停留所は北地域の芝谷東 - 寺谷町間とJR富田駅、日吉台口の2ヶ所の停留所のみである。

creative commons(wikipedia:高槻市交通部

高槻市営バス

『高槻市交通部』より : 高槻市交通部(たかつきしこうつうぶ)は、大阪府高槻市の行政組織のひとつで、自動車運送事業を運営する部署(公営企業)である。 一般に高槻市営バスと呼ばれる。 全国で44の自治体が市営バスを運行させているが、大阪府下では2012年現在、大阪市と高槻市の2つの自治体しか市営バスを運行していない。1954年に民営の日の出バスを市が買収し、市営バスとなった。高齢者への無料パス等の配布等により、昼間人口の大半を占める人々らの足として、市の活性化と社会福祉の一環として見かけ以上に重要な部門となっている。 営業区域がJR東海道本線(JR京都線)を境に南北地域に分かれており、原則、南地域は芝生営業所、北地域は緑が丘営業所の管轄となっており、JR線を境にそれぞれの営業所ごとに独立した運行形態となっている。このため、管轄営業所が重複している路線や区間・停留所がほとんど見られない。現在、重複している区間・停留所は北地域の芝谷東 - 寺谷町間とJR富田駅、日吉台口の2ヶ所の停留所のみである。

creative commons(wikipedia:高槻市営バス

高槻市交

『高槻市交通部』より : 高槻市交通部(たかつきしこうつうぶ)は、大阪府高槻市の行政組織のひとつで、自動車運送事業を運営する部署(公営企業)である。 一般に高槻市営バスと呼ばれる。 全国で44の自治体が市営バスを運行させているが、大阪府下では2012年現在、大阪市と高槻市の2つの自治体しか市営バスを運行していない。1954年に民営の日の出バスを市が買収し、市営バスとなった。高齢者への無料パス等の配布等により、昼間人口の大半を占める人々らの足として、市の活性化と社会福祉の一環として見かけ以上に重要な部門となっている。 営業区域がJR東海道本線(JR京都線)を境に南北地域に分かれており、原則、南地域は芝生営業所、北地域は緑が丘営業所の管轄となっており、JR線を境にそれぞれの営業所ごとに独立した運行形態となっている。このため、管轄営業所が重複している路線や区間・停留所がほとんど見られない。現在、重複している区間・停留所は北地域の芝谷東 - 寺谷町間とJR富田駅、日吉台口の2ヶ所の停留所のみである。

creative commons(wikipedia:高槻市交

高槻市駅

高槻市駅(たかつきしえき)は、大阪府高槻市城北町二丁目にある、阪急電鉄京都本線の駅。駅番号はHK-72。 東隣の上牧駅との駅間距離は4.3kmで、阪急線内では最も長い。 大阪と京都の中間に位置する高槻市は戦後より市街地の開発が進行し人口が急増、このためラッシュ時の混雑を緩和する必要があり駅の高架化が企図されてきた。1980年(昭和55年)には朝夕のみ稼働する定期券専用改札口を設置するなど臨時の対策を講じていたが、翌年より連続立体交差事業が進められ、1994年(平成6年)に高架化工事が完了した。 1928年(昭和3年) 1月16日 - 新京阪鉄道の淡路駅 - 高槻町駅間延伸と同時に高槻町駅(たかつきまちえき)として開業。 11月1日 - 新京阪鉄道が京都西院駅(現在の西院駅)まで延伸。途中駅となる。 1930年(昭和5年)9月15日 - 会社合併により京阪電気鉄道新京阪線の駅となる。 1943年(昭和18年) 1月1日 - 高槻町の市制施行に伴い高槻市駅に改称。 10月1日 - 会社合併により京阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)の駅となる。

creative commons(wikipedia:高槻市駅

高槻市立阿武山中学校

高槻市立阿武山中学校(たかつきしりつ あぶやまちゅうがっこう)は、大阪府高槻市奈佐原一丁目にある公立中学校。 沿革 1989年4月1日 - 創立開校(高槻市立阿武野中学校より分離) 1989年4月8日 - 開校式 1989年6月22日 - 創立記念日(校旗制定、開校記念式典) 1990年6月16日 - 校歌制定式 1991年9月25日 - 校舎増築工事着工 1992年2月28日 - 校舎増築工事竣工(コンピューター教室など完成) 1993年4月1日 - 校区変更、奈佐原4丁目を校区に編入 1999年1月11日 - 創立10周年記念式典 2001年8月末日 - 校舎増築工事着工(第3期) 2002年3月15日 - 校舎増築工事竣工 2003年3月10日 - 玄関上屋設置 2003年6月16日 - 職員室空調機設置 2004年8月27日 - 普通教室及び養護学級(学習室)空調機設置 2006年1月10日 - 校内Local Area Network|LAN完成 2006年12月 - 新教室(第二美術室)完成(多目的ホールを改築) 学校教育目標 自立できる生徒、共生できる生徒の育成 めざす学校像 笑顔で会える学校 いきいき活動する学校 開かれた学校 めざす生徒像 自ら学習し、自己表現できる生徒 自らを律し、行動に責任を持つ生徒 人の思いを共有でき、互いに高めあえる生徒 心身ともに健康な生徒 生徒数 平成25年6月現在 1年生 8クラス 290名 2年生 7クラス 286名 3年生 8クラス 293名 合計 13クラス 868名 部活 運動系 野球部 サッカー部 ハンドボール部 男子バスケットボール部 女子バスケットボール部 女子ソフトテニス部 女子バレーボール部 水泳部 卓球部 剣道部文化系 吹奏楽部 家庭科部 美術部 科学部過去に存在した部活 柔道部 体操部 演劇部 囲碁将棋同好会 委員会 代議員会 体育委員会 文化委員会 生活委員会 図書委員会 環境委員会 保健委員会 放送委員会 選挙管理委員会 校外活動委員会 宿泊行事 1年 神鍋合宿 神鍋高原 1泊2日 2年 近江八幡合宿 近江八幡 1泊2日 3年 修学旅行 飛騨高山 2泊3日 新学習指導要領 新学習指導要領による学校内の変化 平成24年から文化祭が完全に廃止。

creative commons(wikipedia:高槻市立阿武山中学校

高槻市立芝谷中学校

高槻市立芝谷中学校(たかつきしりつ しばたにちゅうがっこう)は、大阪府高槻市芝谷町にある公立中学校。 沿革 地域の宅地化とそれに伴う生徒数の増加により、従来の高槻市立第二中学校、高槻市立第八中学校、高槻市立第九中学校の3中学校の校区を再編し、高槻市で18番目の公立中学校として1982年に開校した。 開校当初の校区は、日吉台小学校校区および安岡寺・清水両小学校校区の一部だったが、2001年度に校区変更をおこない、清水小学校校区を中学校区から外している。 1982年4月1日 - 高槻市立芝谷中学校として開校。 1984年3月5日 - 隠岐尚武らにより校歌制定。 1999年4月 - スクールカウンセラーの配置。 2001年 - 校区変更。従来芝谷中学校校区だった浦堂本町・浦堂2丁目-3丁目(高槻市立清水小学校校区)を高槻市立第九中学校校区に変更。 2004年9月 - 太陽光発電システムを設置。 通学区域 高槻市立日吉台小学校、高槻市立北日吉台小学校校区の全てと、安岡寺小学校校区の一部 出身者 金丸祐三 村上信五 - 関ジャニ∞ 西紀寛 - サッカー選手 東口順昭 - サッカー選手 竹清剛治 - プロ野球選手 交通 高槻市営バス 芝谷古墳前バス停。

creative commons(wikipedia:高槻市立芝谷中学校

高槻市立冠中学校

校名=高槻市立冠中学校
過去校名=
国公私立=公立学校
設置者=高槻市
併合学校=
設立年月日=1980年
記念日名称=創立記念日
創立記念日=
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=2学期制
中学校コード=
郵便番号=569-0031
所在地=大阪府高槻市大冠町2丁目24番地
電話番号=072-676-2567
FAX番号=072-676-2569

creative commons(wikipedia:高槻市立冠中学校

高槻市立第八中学校

高槻市立第八中学校(たかつきしりつ だいはちちゅうがっこう)は、大阪府高槻市紅茸町にある公立中学校。学校敷地は紅茸山遺跡の上に立地し、敷地の片隅に古墳が復元されている。 高槻市中心部に隣接する住宅地、および北部の新興住宅地を校区としている。略称は八中、第八中、高槻八中など。 沿革 1971年4月1日 - 高槻市立第一中学校、高槻市立第二中学校、高槻市立第六中学校より分離開校 1973年2月13日 - 正門左側に古墳復元 1975年4月1日 - 養護学級(現、特別支援学級)発足 1977年4月1日 - 校歌制定 1982年4月1日 - 高槻市立芝谷中学校を分離 1996年 - 高槻市教育委員会研究指定校 1997年 - 高槻市教育委員会研究指定校,高槻市教育センター調査研究委嘱校 1998年 - 高槻市教育センター調査研究委嘱校 2014年 - 給食開始 高槻市立第二中学校と親子方式。

creative commons(wikipedia:高槻市立第八中学校

高槻市立富田小学校

高槻市立富田小学校(たかつきしりつ とんだしょうがっこう)は、大阪府高槻市昭和台町一丁目にある公立小学校。通称は「富小」(とんしょう)。 沿革 1873年7月21日 - 第9大区3小区第1番小学校として創立 1882年4月25日 - 島上郡第3学区富田小学校に改称 1885年1月26日 - 島上郡第4学区富田小学校に改称 1893年4月1日 - 三島郡富田町立富田尋常小学校に改称 1904年7月1日 - 三島郡富田尋常高等小学校に改称 1941年4月1日 - 三島郡富田国民学校に改称 1947年4月1日 - 三島郡富田町立小学校に改称 1950年3月10日 - 校歌制定 1956年9月30日 - 高槻市富田小学校に改称 1958年7月15日 - プール竣工 1962年5月1日 - 養護学級設置 1968年 - 高槻市立柳川小学校を分離 1969年1月1日 - 体育館竣工 1973年4月1日 - 高槻市立赤大路小学校を分離 通学区域 高槻市 昭和台町1・2丁目、富田町2~6丁目 卒業生は基本的に高槻市立第四中学校へ進学する。

creative commons(wikipedia:高槻市立富田小学校

高槻市立第六中学校

高槻市立第六中学校(たかつきしりつ だいろくちゅうがっこう)は、大阪府高槻市永楽町にある公立中学校。略称は六中、高槻六中、高六など。 高槻市の南東部、商業地・新興住宅地・農村部などが混在した地域を校区としている。学校は東海道新幹線の線路近くに位置し、新幹線の騒音対策が施されている。 地域の宅地開発に伴う生徒数増加に伴い、1963年に高槻市立第一中学校から分離開校する形で創立した。その後も生徒数が増加して学校規模が過大となったため、当校から高槻市立第八中学校・高槻市立第十中学校・高槻市立五領中学校・高槻市立冠中学校の4中学校を分離開校させている。 沿革 1963年4月1日 - 高槻市立第六中学校として開校。高槻市立第一中学校を仮校舎とする。 1964年2月1日 - 現在地に校舎完成、移転。この日を創立記念日とする。 1971年4月1日 - 高槻市立第八中学校を分離。 1972年4月1日 - 高槻市立第十中学校を分離。 1974年4月1日 - 高槻市立五領中学校を分離。 1978年 - 東海道新幹線の騒音対策として、送風・換気装置が設置される。

creative commons(wikipedia:高槻市立第六中学校

高槻市立如是小学校

高槻市立如是小学校(たかつきしりつ にょぜしょうがっこう)は、大阪府高槻市如是町にある公立小学校。 高槻市の市立小学校としては、最も広い運動場を有している。 沿革 学制発布に伴い、1874年に当時の島上郡津之江村に設置された小学校を起源としている。町村制実施により津之江・東五百住・西五百住・芝生・庄所の5村が合併して如是村となったことに伴い、如是小学校となった。学校設置の経緯から、町村制に基づく如是村発足後も大字(旧村)によっては別の村の学校に通学していたが、後年になって如是小学校の校区に編入されている。 村名および学校名は、地域を流れる女瀬川(にょぜがわ、現在は「如是川」とも表記する)から、経典の同音の「如是我聞」の字をあてて名付けられている。 1934年の室戸台風では校舎が倒壊し、児童30名と教員2名が死亡するなどの大きな被害を出した。校内には室戸台風殉難之碑が建立されている。 地域の宅地化により1960年代以降には児童数が急増した。このことに伴い1970年以降、芝生・津之江・五百住の3小学校を相次いで分離している。

creative commons(wikipedia:高槻市立如是小学校

高槻市立高槻小学校

高槻市立高槻小学校(たかつきしりつ たかつき しょうがっこう)は、大阪府高槻市本町にある公立小学校。高槻市の中心部、阪急京都線高槻市駅周辺を校区としている。 沿革 明治時代初期の1873年、島上郡の各村の連合で「島上郡第九大区第二小区第一番小学校」を創設したことに始まる。現在の高槻市の中心部~中南部にあたる地域を校区とし、円成寺(現在の高槻市京口町)に仮校舎を設置した。現在の高槻市域では最初に設置された小学校でもある。翌1874年4月に旧高槻藩の藩校・文武館跡(菁莪堂跡とも。現在の高槻市城内町、高槻市立第一中学校付近)に移転している。 周辺校との分離や再統合などを繰り返したのち、1887年には高槻尋常小学校となった。この間の1876年に安満小学校(現在の高槻市立磐手小学校)が当校から分離開校している。 1928年には現在地に移転している。地域の児童数の増加に伴い、1950年代以降5つの小学校が当校より分離開校している。 1873年3月7日 - 島上郡第九大区第二小区第一番小学校として創立。 1874年4月 - 旧高槻藩文武館跡に移転。

creative commons(wikipedia:高槻市立高槻小学校

高槻市立第九中学校

高槻市立第九中学校(たかつきしりつ だいきゅうちゅうがっこう)は、大阪府高槻市松が丘一丁目にある公立中学校。高槻市北部の新興住宅地および山間部を校区とする。略称は九中、高槻九中、第九中など。 沿革 地域の住宅開発と、それに伴う生徒数の増加により、高槻市立第二中学校より分離する形で1972年に開校した。その後1982年には高槻市立芝谷中学校を分離し、また1995年には高槻市立第五中学校を統合している。 1972年4月1日 - 高槻市立第九中学校として設立。 1972年4月5日 - 高槻市立第十中学校との合同完成式を実施。 1972年4月8日 - 開校式。 1977年4月1日 - 障害児学級を設置。 1982年4月1日 - 高槻市立芝谷中学校を分離。 1995年4月1日 - 高槻市立第五中学校を統合、樫田地区を校区に編入。 旧・第五中学校 旧・高槻市立第五中学校は樫田小学校内に併設されていた。1947年の学制改革の際に樫田村立樫田中学校として、当時の京都府南桑田郡樫田村(現在の高槻市樫田地区)に開校した。

creative commons(wikipedia:高槻市立第九中学校

高槻市立第一中学校

高槻市立第一中学校(たかつきしりつ だいいちちゅうがっこう)は、大阪府高槻市城内町にある公立中学校。略称は一中、第一中、高槻一中、高一など。 高槻市の中心部・東海道本線(JR京都線)よりも南側の一帯を校区としている。 学校敷地は高槻城内にあり、1909年から1945年にかけて駐屯した工兵第四連隊(当初は大隊。第四師団隷下)の跡地に立地する。かつて構内にあった工兵第四連隊営門を分離して史跡として保存している。 沿革 1947年の学制改革とともに、高槻市(当時の市域)で唯一の中学校・高槻市立中学校として設置された。翌1948年には高槻市立第一中学校に改称し、1949年には高槻市立第二中学校を分離した。 その後地域の人口増加に伴い、1970年代には高槻市立第十中学校・高槻市立城南中学校の2校が分離開校している。 年表 1947年 - 高槻市立中学校として開校。 1948年 - 高槻市立第一中学校に改称。 1949年 - 高槻市立第二中学校を分離。 1956年 - 講堂兼体育館竣工。 1961年 - 如是地区を高槻市立第三中学校校区へ分離編入。

creative commons(wikipedia:高槻市立第一中学校

高槻市立第十中学校

高槻市立第十中学校(たかつきしりつ だいじゅうちゅうがっこう)は、大阪府高槻市竹の内町にある公立中学校。略称は十中、第十中、高槻十中など。 高槻市南部の公団住宅・府営住宅や準工業地帯を校区としている。地域の生徒数増加に伴い、1972年に高槻市立第一中学校・高槻市立第六中学校の2校の校区の一部を分離再編して設置された。その後生徒数増加で学校規模が過密になったため、1980年に高槻市立冠中学校を分離した。 沿革 1972年4月1日 - 高槻市立第十中学校として現在地に開校。高槻市立第一中学校、高槻市立第六中学校より分離開校。 1976年4月9日 - 養護学級新設。 1980年4月1日 - 高槻市立冠中学校を分離。 1991年 - 高槻市教育委員会から、養護教育の研究校に指定される。 1996年 - 文部省から、スクールカウンセラー活用調査の研究校に指定される。 2000年12月 - 教育相談室を設置。 通学区域 高槻市立桜台小学校と高槻市立竹の内小学校の通学区域。

creative commons(wikipedia:高槻市立第十中学校

高槻市立五領中学校

高槻市立五領中学校(たかつきしりつ ごりょうちゅうがっこう)は、大阪府高槻市道鵜町三丁目にある公立中学校。 創立記念日は2月3日。学校の目標は「自分が好き 仲間が好き,豊かな人権感覚を育てよう 地域に学び 地域に育つ 自然を愛し地域の人から学ぼう よく考え 進んで実行」である。 沿革 1974年4月1日 - 高槻市立第六中学校より分離開校 1983年11月10日 - 校歌制定 2007年4月 - 2学期制を導入(高槻市立小中学校ではこの年から一斉導入)。 交通 阪急京都線上牧駅 南西へ2.2km。 高槻市営バス 道鵜町北口バス停(12番系統)徒歩5分 通学区域 高槻市立五領小学校、高槻市立上牧小学校の通学区域。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 高槻市立五領中学校。

creative commons(wikipedia:高槻市立五領中学校

高槻市立第七中学校

高槻市立第七中学校(たかつきしりつ だいななちゅうがっこう)は、大阪府高槻市西面北一丁目にある公立中学校。 本校ではノーチャイムや、いじめを防止するためにJASMIN運動と呼ばれる運動を生徒会が中心となって行われている。 沿革 1970年4月8日 - 開校式 1971年1月29日 - 体育館完工 1979年4月1日 - 障害児学級設置 1990年10月20日 - 視聴覚教室完成 1992年3月30日 - コンピュータ室完工 通学区域 高槻市立三箇牧小学校と高槻市立柱本小学校の通学区域。 交通 高槻市営バス 玉川口バス停。 阪急バス 西面・西面大橋バス停。 阪急京都線 茨木市駅 南東へ約3.5km。 阪急京都線 高槻市駅 南西へ約5.7km。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 高槻市立第七中学校。

creative commons(wikipedia:高槻市立第七中学校

高槻市立芥川小学校

高槻市立芥川小学校(たかつきしりつ あくたがわしょうがっこう)は、大阪府高槻市真上町一丁目にある公立小学校。 1873年に当時の島上郡芥川村(のち三島郡芥川町)に設置された小学校を起源とし、高槻市ではもっとも歴史の古い学校の一つとなっている。JR高槻駅北側の商業地や住宅地を校区としている。 沿革 1873年12月6日に島上郡芥川村144番屋敷萬福寺に島上郡芥川小学校として創設されたことが学校の起源となっている。学校創立当初は芥川村を校区としていたが、のちに周辺の郡家村(町村制実施で芥川村に合併し芥川村大字郡家)および真上村(町村制実施で清水村に合併し清水村大字真上)を校区に編入している。 1894年には清水村大字真上(旧真上村)を清水村の清水尋常小学校(現在の高槻市立清水小学校)の校区に変更し、当時の芥川村1村を校区とした。しかし1931年1月1日付で芥川町(1929年町制施行)・清水村などが高槻町に編入されたことに伴い、直後の1931年4月には再び真上地区(高槻町大字真上)を清水小学校校区から芥川小学校校区に編入している。

creative commons(wikipedia:高槻市立芥川小学校

高槻市立如是中学校

高槻市立如是中学校(たかつきしりつ にょぜちゅうがっこう)は、大阪府高槻市如是町にある公立中学校。校区の都市化に伴う生徒数増加により、1980年に高槻市立第三中学校から分離開校した。 沿革 1980年4月1日 - 現在地に創立。高槻市立第三中学校から分離開校。鉄筋四階建校舎竣工 1980年6月24日 - 開校式を実施(この日を開校記念日とする) 1980年10月7日 - 校歌・校旗制定 1993年2月 - コンピュータ室完成 1998年10月 - ノート型パソコン設置 通学区域 高槻市立如是小学校と高槻市立五百住小学校の通学区域。 交通 阪急京都線 富田駅 東へ約1km。 東海道本線(JR京都線) 摂津富田駅 南東へ約1km。 高槻市営バス 如是校前バス停 出身者 梅鉢貴秀 - サッカー選手。 寺田努 - 神戸大学准教授。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 高槻市立如是中学校。

creative commons(wikipedia:高槻市立如是中学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引