【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

大阪府富田林市【地方公共団体・地方自治体】

富田林市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、大阪府富田林市の紹介です。

大阪府富田林市のホームページ

富田林市 概要・地域の情報やトピック

富田林市

富田林市(とんだばやしし)は、大阪府南河内地域に位置する市。本項では発足時の名称である富田林村(とんだばやしむら)、市制施行前の名称である富田林町(とんだばやしちょう)についても述べる。 古くは、紀伊国(和歌山県)へ続く街道の宿場町として栄え、戦国末期より、京都興正寺別院を中心とする寺内町として発展した。南河内地域の中心都市とされる。その他の新市街地は、主にUR都市機構や近鉄と南海電鉄によって開発された、典型的なベッドタウンとなっている。近年は、施設や基盤の整備も一段落し、落ち着いた良好な自然環境を有する、いきいきと健やかに暮らせる郊外都市として成熟しつつある。 「富田林寺内町」は戦国時代に起源をもち、歴史的建造物からなる街並みがよく保存されており、重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。 人口は高度成長期以降増加が続き、2000年には126,558人に達したが、それ以降は大阪市の都心回帰や周囲の自治体との競合などにより微減傾向にある。

creative commons(wikipedia:富田林市

富田林市立東条小学校

校名=富田林市立東条小学校
過去校名=有備尋常小学校有備尋常高等小学校南河内郡東條国民学校東條村立小学校
国公私立=公立学校
設置者=富田林市
併合学校=
校訓=
設立年月日=
記念日名称=
創立記念日=
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=
中学校コード=
郵便番号=548-0053
所在地=大阪府富田林市大字龍泉566
電話番号=0721-34-3108

creative commons(wikipedia:富田林市立東条小学校

富田林市立第二中学校

富田林市立第二中学校(とんだばやししりつだいにちゅうがっこう)は、大阪府富田林市にある公立中学校。 1950年4月1日の富田林市の市制施行と同時に、富田林町立中学校(同日富田林市立第一中学校に改称)から分離開校した。 沿革 1950年4月1日 - 富田林市立第一中学校から分離開校 1967年12月 - 富田林市立金剛中学校を分離 1974年 - 校区の一部を富田林市立第三中学校へ分離 1989年7月 - プール完成 通学区域 富田林市立小学校及び中学校の通学区域に関する規則(富田林市教育委員会)を参照。 交通 近鉄長野線 川西駅から徒歩約5分。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 富田林第二中学校。

creative commons(wikipedia:富田林市立第二中学校

富田林市立明治池中学校

富田林市立明治池中学校(とんだばやししりつ めいじいけ ちゅうがっこう)は、大阪府富田林市にある公立中学校。 従来の富田林市立藤陽中学校の校区を分離し、富田林市で8番目の公立中学校として1990年に開校した。 沿革 1989年6月28日 - 富田林市議会が、仮称第8中学校建設工事請合契約締結を承認。この日を創立記念日とする。 1989年7月15日 - 校名を「富田林市立明治池中学校」と決定。 1989年12月27日 - 校区が決定。 1990年4月1日 - 富田林市立明治池中学校として開校。 1990年4月4日 - 校舎竣工式を実施。 1990年4月5日 - 開校式を実施。 1991年4月1日 - 養護学級を設置。 出身者 佐藤和馬 (サッカー選手・ 奈良クラブ 所属) 通学区域 富田林市立小金台小学校の通学区域。 富田林市 小金台1丁目~4丁目、津々山台1丁目~5丁目(1丁目の一部を除く)、廿山1丁目・2丁目(2丁目の一部を除く)、美山台(一部)、宮甲田町18番、大字廿山(一部を除く)。

creative commons(wikipedia:富田林市立明治池中学校

富田林市立金剛中学校

富田林市立金剛中学校(とんだばやししりつこんごうちゅうがっこう)は、大阪府富田林市にある公立中学校。 沿革 金剛ニュータウンの入居開始により、ニュータウンの学校として1967年12月16日付で設置され、翌1968年1月8日に生徒7人と教職員7人で開校した。ニュータウンの人口増加に伴う生徒急増により、1980年には富田林市立葛城中学校を分離している。 通学区域 富田林市立寺池台小学校・富田林市立伏山台小学校の通学区域全域。 富田林市立久野喜台小学校の通学区域の一部。 富田林市立錦織小学校の通学区域の一部。 出身者 宮本恒靖 - 元サッカー日本代表キャンプテン 大西ユカリ - 歌手 交通 南海高野線 金剛駅から徒歩約10分。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 富田林市立金剛中学校。

creative commons(wikipedia:富田林市立金剛中学校

富田林市立葛城中学校

校名=富田林市立葛城中学校
過去校名=
国公私立=公立学校
設置者=富田林市
併合学校=
校訓=
設立年月日=1980年
記念日名称=創立記念日
創立記念日=1月31日
創立者=
共学・別学=男女共学
中高一貫教育=
分校=
学期=3学期制
中学校コード=
郵便番号=584-0071
所在地=大阪府富田林市藤沢台3丁目4番1号
電話番号=0721-28-3761

creative commons(wikipedia:富田林市立葛城中学校

富田林市立第三中学校

富田林市立第三中学校(とんだばやししりつだいさんちゅうがっこう)は、大阪府富田林市にある公立中学校。 1971年4月22日開校。佐備の丘陵に位置し、富田林市南東部の新興住宅地および農村部を校区とする。周囲は金剛・葛城連峰を背景に佐備川・石川など自然環境に恵まれている。同市内の中学校と比べて校区が広く、多くの生徒が自転車やバスで通学している。 出身者 板尾創路(お笑い芸人、130R) 田中雅彦(プロ野球・千葉ロッテマリーンズ捕手) 交通 金剛バス 第三中学校前バス停下車 東へ約200m。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 富田林市立第三中学校。

creative commons(wikipedia:富田林市立第三中学校

富田林市立第一中学校

富田林市立第一中学校(とんだばやししりつ だいいち ちゅうがっこう)は、大阪府富田林市にある公立中学校。 富田林市(当時・南河内郡富田林町)で最初の中学校として、1947年に設立された。富田林市の中心部を校区とし、富田林寺内町が同校の校区に含まれている。 学校敷地は、旧制大阪府立富田林高等女学校(現在の大阪府立河南高等学校、1942年まで当地に所在)および大阪第二師範学校女子部(大阪教育大学の前身校の一つ、1942年設置・1951年廃止)の旧敷地を継承している。なお、現在地に移転する前の一時期、仮校舎として現在の大阪府立河南高等学校校舎を使用していたこともあった。 沿革 1947年4月1日 - 大阪府南河内郡富田林町立中学校として設立。 1948年4月 - 大阪府立河南高等学校を仮校舎とする。 1950年4月1日 - 富田林市の市制施行および富田林市立第二中学校の分離により、富田林市立第一中学校に改称。 1951年 - 現在地に移転。 1957年 - 校歌制定 1974年4月1日 - 校区の一部を富田林市立第三中学校に分離。

creative commons(wikipedia:富田林市立第一中学校

富田林市立川西小学校

富田林市立川西小学校(とんだばやししりつかわにししょうがっこう)は、大阪府富田林市にある公立小学校。 沿革 1893年4月1日 - 岬尋常小学校として創立 1901年8月30日 - 川西尋常小学校に改称 1934年4月1日 - 川西尋常高等小学校に改称 1941年4月1日 - 川西国民学校に改称 1947年4月1日 - 富田林町立川西小学校に改称 1950年4月1日 - 富田林市立川西小学校に改称 交通 近鉄長野線 川西駅から徒歩約5分。 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 川西小学校。

creative commons(wikipedia:富田林市立川西小学校

富田林市立喜志中学校

富田林市立喜志中学校(とんだばやししりつきしちゅうがっこう)は、大阪府富田林市にある公立中学校。 交通 近鉄長野線 喜志駅から徒歩約15分。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 富田林市立喜志中学校。

creative commons(wikipedia:富田林市立喜志中学校

富田林市立小金台小学校

富田林市立小金台小学校(とんだばやししりつこがねだいしょうがっこう)は、大阪府富田林市にある公立小学校。 ニュータウン・金剛東団地の開発により、富田林市で15番目の公立小学校として1989年に開校した。校舎は、大阪府の学校で初めてとなるオープンスペース形式を取り入れている。 また開校以来ノー・チャイム制度を取り入れている。 通学区域 富田林市 小金台一丁目~四丁目、津々山台一丁目~五丁目(一丁目1番を除く)、廿山一丁目~二丁目(二丁目11番37号を除く)、美山台4番~10番、宮甲田町18番、大字廿山(一部)。 卒業生進学先:富田林市立明治池中学校 交通 近鉄長野線 川西駅から徒歩約20分。 近鉄長野線 富田林駅から近鉄バス 小金台二丁目南バス停下車。 南海高野線 金剛駅から南海バス 小金台二丁目南バス停下車。 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 富田林市立小金台小学校。

creative commons(wikipedia:富田林市立小金台小学校

富田林市立向陽台小学校

富田林市立向陽台小学校(とんだばやししりつ こうようだい しょうがっこう)は、大阪府富田林市にある公立小学校。 沿革 1989年6月28日 - 学校建設工事の契約について、富田林市議会で決議。この日を創立記念日とする。 1989年7月14日 - 建設工事起工式を実施。 1989年12月26日 - 富田林市教育委員会により、通学区域が決定。 1989年12月27日 - 「富田林市立向陽台小学校」の校名が富田林市議会で議決され、校名が正式決定。 1990年4月1日 - 富田林市立向陽台小学校として、現在地に開校。 1990年4月5日 - 開校記念式典および第1回入学式を実施。 1990年11月8日 - 校歌制定。 1993年11月26日 - 文部省から生活科の研究校に指定され、研究発表を実施。 2006年4月1日 - 富田林市教育委員会から、英語教育推進校に指定される。 通学区域 富田林市 向陽台1丁目-5丁目の全域、および大字廿山の一部。 卒業生は基本的に富田林市立藤陽中学校に進学する。 交通 南海バス・近鉄バス 向陽台2丁目バス停。

creative commons(wikipedia:富田林市立向陽台小学校

富田林市立藤陽中学校

富田林市立藤陽中学校(とんだばやししりつとうようちゅうがっこう)は、大阪府富田林市にある公立中学校。 ニュータウンに位置する。旧住宅公団が開発した金剛東団地の、藤沢台と向陽台の2つの地域の名称を合わせ「藤陽」の校名が名づけられている。 沿革 1986年4月1日 - 開校 1990年4月1日 - 富田林市立明治池中学校を分離 交通 近鉄バス・南海バス 向陽台二丁目バス停下車。 近鉄長野線 富田林駅 西へ約2.5km。 南海高野線 金剛駅 北東へ約2.9km。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 富田林市立籐陽中学校。

creative commons(wikipedia:富田林市立藤陽中学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引