【 47都道府県・786市 757町 184村 23特別区 170行政区 】

地方公共団体・全国地方自治体一覧 - 地域広報サービス

日本全国の地方公共団体・地方自治体一覧。
全国の基礎自治体・広域自治体と特別地方公共団体(広域連合組織・広域行政組合などの広域行政機関)の一覧と所在・地図、並びに各地方公共団体の概要、及び各地域の生活・ビジネス情報など。

地方公共団体の各ページへは、左列の「都道府県メニュー」または「サイトマップ」での各地方公共団体一覧をご利用下さい。

Cuteki kawaii eCards

日本の地理

日本の総人口:127,767,994人(「国勢調査」平成17年10月1日)
日本の総面積:377,946.51km2(「国土地理院」平成21年)
※利用内訳(「総務省統計局」平成19年)
森林:66.4%/農用地:12.5%/宅地:4.9%/道路:3.5%/水面・河川・水路:3.5%/その他:9.1%

日本の海岸線:33,889km(海上保安庁)
日本の最東端:南鳥島(東京都)
日本の最西端:与那国島(沖縄県)
日本の最南端:沖ノ鳥島(東京都)
日本の最北端:択捉島(北海道)

Public Relations Services - agency management local information links

大阪府松原市【地方公共団体・地方自治体】

松原市 (地方公共団体・全国の地方自治体)

このページは、大阪府松原市の紹介です。

大阪府松原市のホームページ

松原市 概要・地域の情報やトピック

松原市

松原市(まつばらし)は、大阪府南河内地域に位置する市である。 地理 大阪府の中南部に位置し、大阪市・堺市等に隣接している。現在の大阪府の地域区分では南河内地域に含まれるが、丹南・河合の2大字以外は旧中河内郡の町村である。 河川: 大和川、西除川、東除川 隣接している自治体・行政区 大阪市(東住吉区、平野区) 堺市(北区、美原区) 八尾市 藤井寺市 羽曳野市 5世紀頃、反正天皇が「丹比柴籬宮」(たじひしばがきのみや)を置いたとされている(現・松原市上田)。 江戸時代には丹南藩の陣屋が置かれていた(現・松原市丹南)。 1955年(昭和30年)2月1日 - 中河内郡松原町・天美町・布忍村・恵我村・三宅村が合併して発足。大阪府下で21番目の市制施行。 1957年(昭和32年)4月1日 - 南河内郡美原町の一部(大字丹南)を編入。 1957年(昭和32年)10月15日 - 南河内郡北八下村の一部(大字河合)を編入。 1964年(昭和39年)4月1日 - 大字若林・大堀の一部(大和川右岸の北若林地区)を八尾市に編入。

creative commons(wikipedia:松原市

松原市 (吉林省)

name 松原市
shortname
nickname
usedname
nameorigin
map_caption 吉林省中の松原市の位置
latd latm lats latNS=N
longd longm longs longEW=E
simplified 松原
traditional 松原
pinyin Sōngyuán
katakana ソンユエン
class 地級市
subdivision_type 国家
subdivision_name 中華人民共和国
subdivision_type1 省
subdivision_name1 吉林
subdivision_type2

creative commons(wikipedia:松原市 (吉林省)

松原市 (中国)

松原(しょうげん、ピン音 ピンイン:Sōngyuán、ソンユワン)市は中華人民共和国吉林省中北部に位置する地級市の一つで、吉林省で4番目の大きさの都市。面積は22,034km²。人口約260万人。
前漢から北魏までの時代は扶余の土地だった。清の光緒三十二年(1906年)伯都訥庁から新城府へ昇格。1913年に新城県に、1914年に扶余県に改称し、1987年10月市制施行。1992年松原市に改組。
松花江上流の松江と嫩江の間の松嫩平原にあり、両方の川とハルビン市のちょうど中間に位置する。2001年に中央電視台が孫中山の記念番組を作った時、早くも建市の70年前に孫中山はすでにこの一帯を中国東北部の中心地帯とみて、東鎮市の建設を計画して地域の発展を促そうとしたが、惜しくもその夢は惜しくも実現しなかった。後に都市の建設中に多くの遼金 (王朝) 金時代の遺跡が発見され、早くも一千年前にこのあたりが経済の中心となっていたことが証明された。

creative commons(wikipedia:松原市 (中国)

松原市立天美西小学校

松原市立天美西小学校(まつばらしりつ あまみにし しょうがっこう)は、大阪府松原市にある公立小学校。 松原市立天美小学校の過大規模解消のため、1971年に同校の西分校として開設されたことが学校の起源となっている。翌1972年に独立校として開校した。 沿革 1971年 - 松原市立天美小学校西分校が発足。 1972年4月1日 - 松原市立天美西小学校として独立開校。2-4年生を天美小学校より移籍。 1972年6月28日 - 開校式を実施。この日を創立記念日とする。 1973年4月1日 - 6年生を天美小学校より移籍(全学年がそろう)。 1974年4月1日 - 養護学級を設置。 1982年8月3日 - 集中豪雨により校庭浸水被害。 1986年3月31日 - 従来の校区の一部を天美小学校校区へ変更。これに伴い該当地域在住の児童が天美小学校へ移籍。 通学区域 松原市 天美我堂(5丁目を除く)、天美西(1丁目を除く)。 卒業生は松原市立松原第五中学校に進学する。 交通 南海バス 天美西バス停。

creative commons(wikipedia:松原市立天美西小学校

松原市立天美南小学校

松原市立天美南小学校(まつばらしりつ あまみみなみしょうがっこう)は、大阪府松原市にある公立小学校。 沿革 1969年 - 松原市立天美小学校より分離開校 1976年 - 松原市立天美北小学校を分離 交通 近鉄南大阪線 河内天美駅。 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 松原市立天美南小学校。

creative commons(wikipedia:松原市立天美南小学校

松原市立天美小学校

松原市立天美小学校(まつばらしりつ あまみしょうがっこう)は、大阪府松原市にある公立小学校。 沿革 1873年に当時の丹北郡池内村(町村制施行以降は中河内郡天美村→天美町)に設置された堺県河洲89番小学校を起源とする。学校制度の変遷を経て校名も幾度か変更され、明治時代中期には天美尋常高等小学校となった。 1941年には天美国民学校となり、1947年の学制改革によって天美町立小学校となった。町村合併による松原市の発足により、1955年に現在の校名となっている。 1958年には鉄筋校舎が竣工した。南河内地域で初めて鉄筋校舎が建てられた小学校でもある。 また1960年、松原市立小学校としては最初にプールが設置された。プールはPTA経費で設置され、設置後しばらくの間はPTA会計から維持費を負担していたが、 12年後の1972年からは松原市が直接管理・経費負担をおこなうようになった。 1960年代後半以降、地域の宅地化に伴って児童数が激増してマンモス校となったため、松原市立天美南小学校・松原市立天美西小学校の2校を分離開校している。

creative commons(wikipedia:松原市立天美小学校

松原市立松原第六中学校

松原市立松原第六中学校(まつばらしりつ まつばらだいろく ちゅうがっこう)は、大阪府松原市にある公立中学校。略称は「六中」。校地は宮の池を埋め立てて造成された。 沿革 1978年4月1日 - 松原市立松原第六中学校として開校。 1979年3月1日 - 校章・校歌制定 1979年6月29日 - 開校記念式典を実施。 通学区域 松原市立松原南小学校と松原市立松原東小学校の通学区域。 交通 近鉄南大阪線 河内松原駅 南へ約1.7km。 参考文献 松原市史編さん委員会『松原市史 第二巻』2008年、p.685、709。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 松原市立松原第六中学校。

creative commons(wikipedia:松原市立松原第六中学校

松原市立松原中学校

松原市立松原中学校(まつばらしりつ まつばらちゅうがっこう)は、大阪府松原市にある公立中学校。 沿革 1947年の学制改革の際、松原町立中学校として開校した。当初は松原町立小学校(現在の松原市立松原小学校)の校舎の一部を借用していたが、1947年6月には松原町阿保・旧高射砲陣地跡に移転した。さらに1948年には松原町大字上田217番地(現在の松原市上田3丁目)に移転した。 1951年には学校敷地を共用する形で、大阪府立河南高等学校定時制松原分校が開校した。当時近隣に公立高校がなかったという背景に基づき、地域の生徒に高校教育の機会を与えるためとして、当時の松原町議会が誘致して開校している。中学校はさらに1956年12月、現在地に移転している。 旧敷地はしばらく河南高校定時制松原分校の単独校舎として使用されていたが、同分校廃校後は松原市立第三保育所などに転用されている。 年表 1947年4月1日 - 松原町立中学校として開校。 1948年4月8日 - 大字上田に移転。 1955年2月1日 - 合併による松原市の市制施行に伴い、松原市立松原中学校に改称。

creative commons(wikipedia:松原市立松原中学校

松原市立松原第七中学校

松原市立松原第七中学校(まつばらしりつ まつばらだいななちゅうがっこう)は、大阪府松原市一津屋二丁目にある公立中学校。 従来の松原市立松原第四中学校の校区を分離する形で、1985年に開校した。 沿革 1985年4月1日 - 開校。 1995年 - 文部省より帰国子女教育研究協力校に指定される(1996年度まで) 2002年 - 文部科学省より人権教育総合推進事業の指定を受ける(恵我小学校・恵我南小学校・松原高校との4校共同)。 通学区域 松原市立恵我小学校と松原市立恵我南小学校の通学区域。 大堀1丁目-5丁目、別所2丁目、一津屋1丁目-6丁目、小川1丁目-6丁目、若林1丁目・2丁目、松ヶ丘1丁目・4丁目、西野々1丁目・2丁目。 交通 近鉄南大阪線 河内松原駅 東北東へ約1.3km。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 松原市立松原第七中学校。

creative commons(wikipedia:松原市立松原第七中学校

松原市立松原第三中学校

松原市立松原第三中学校(まつばらしりつ まつばらだいさん ちゅうがっこう)は、大阪府松原市にある公立中学校。 学制改革に伴い、当時の中河内郡布忍村に1947年に創立した。 沿革 1947年4月1日 - 布忍村立布忍中学校として設立。 1955年2月1日 - 布忍村など合併で松原市となったことに伴い、松原市立布忍中学校に改称。 1963年9月1日 - 松原市立松原第三中学校に改称。 1978年4月 - 文部省・大阪府教育委員会から、同和教育の研究校に指定される。 通学区域 松原市立布忍小学校と松原市立中央小学校の通学区域。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 松原市立松原第三中学校。

creative commons(wikipedia:松原市立松原第三中学校

松原市立松原第二中学校

松原市立松原第二中学校(まつばらしりつ まつばらだいにちゅうがっこう)は、大阪府松原市にある公立中学校。1963年開校。2012年6月1日に創立50周年を迎えた。 通学区域 松原市立天美南小学校と松原市立天美北小学校の通学区域。 交通アクセス 近鉄南大阪線河内天美駅より徒歩10分程度。 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 松原市立松原第二中学校。

creative commons(wikipedia:松原市立松原第二中学校

松原市立松原第四中学校

松原市立松原第四中学校(まつばらしりつ まつばらだいよんちゅうがっこう)は、大阪府松原市にある公立中学校。 沿革 1975年4月1日 - 発足 1976年5月2日 - 体育館落成 1977年7月2日 - プール竣工 1985年4月1日 - 松原市立松原第七中学校を分離 通学区域 松原市立松原北小学校・松原市立恵我小学校・松原市立三宅小学校の通学区域。 交通 近鉄南大阪線 河内松原駅 北東へ約1.8km。 主な出身者 山村隆太(flumpool) 阪井一生(flumpool) 尼川元気(flumpool) 叶美香西崎ゴウシ(カルメラ) 関連項目 大阪府中学校一覧 外部リンク 松原市立松原第四中学校。

creative commons(wikipedia:松原市立松原第四中学校

松原市立松原第五中学校

松原市立松原第五中学校(まつばらしりつまつばらだいご-)は、大阪府松原市にある公立の中学校である。
近隣に堺市立五箇荘東小学校がある。生徒数は04年時点で約560人。
〒580-0026 松原市天美我堂3-124-2
最寄り駅は、大阪市営地下鉄御堂筋線 北花田駅
大阪府の公立中学校 まつはらしりつまつはらたい5
松原市 まつはらしりつまつはらたい5

creative commons(wikipedia:松原市立松原第五中学校

松原市立天美北小学校

松原市立天美北小学校(まつばらしりつ あまみきたしょうがっこう)は、大阪府松原市にある公立小学校。 松原市立天美南小学校の校区を分離する形で、1976年に開校した。校区は住宅地となっている。 通学区域 松原市 天美東2丁目-6丁目、天美北1丁目-6丁目、三宅西5丁目-7丁目 卒業生は松原市立松原第二中学校に進学する。 交通 近鉄南大阪線 河内天美駅 北東へ約1km。 関連項目 大阪府小学校一覧 外部リンク 松原市立天美北小学校。

creative commons(wikipedia:松原市立天美北小学校

地域広報サービス - Public Relations Services - Proamics では、日本全国の地方公共団体(地方自治体)をリストアップして、地方公共団体(地方自治体)、並びに特別地方公共団体、広域連合・組合などの一覧、及び各々のホームページなどを紹介します。


株取引